FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

縞模様のパジャマの少年

http://toki.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1250082293/
2ちゃんねる映画ブログ

1 名前:名無シネマ@上映中 [2009/08/12(水) 22:04:53 ID:vw1Q2ahC]
第二次大戦下のドイツ―フェンス越しに生まれた禁じられた友情。
「どうして君は、昼でもパジャマを着ているの?

公式
http://www.movies.co.jp/pyjamas/


2 名前:名無シネマ@上映中 [2009/08/13(木) 00:30:49 ID:HCAPt6Rs]
これ、すごく気になってる

もう観た人いますか?

4 名前:名無シネマ@上映中 [2009/08/13(木) 02:18:19 ID:38BOU8Yd]
興味があるなら観るべき
それなりに覚悟していたつもりだったがそれを上回るエンディングに打ちのめされた
時間が経って自分の中で整理がついたら感想の交換をしたい

18 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/08/14(金) 09:48:31 ID:UI1IIMv5]
PG-12なのは何で?
エロ(は考えられないが)・グロでなければ
中学生連れて観に行きたいのですが。

19 名前:名無シネマ@上映中 [2009/08/14(金) 10:44:59 ID:sezKhsMa]
>>18
ユダヤ人差別の描写が結構キッツいので、子供には刺激が強いからだと思う。

24 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/08/14(金) 20:25:42 ID:vx+8apKO]
PG-12だけど、原作は児童書なんだよな
出てすぐに読んでしばらく落ち込んだよ
映画も評判良いみたいだな

264 名前:名無シネマ@上映中 [2009/11/01(日) 01:18:10 ID:KZC1SBdU]
18禁にするべきだね。
メンタル的にウツになるし

265 名前:名無シネマ@上映中 [2009/11/03(火) 17:35:05 ID:3tkJYg8a]
監督はブルーノと同世代の子たちに見てもらいたいと言ってるが。

5 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/08/13(木) 08:58:30 ID:eUMR2eQx]
同じ8歳の少年なのにドイツ人とユダヤ人というだけでものすごい格差があるのだが
最後には平等になるという心温まる映画。

11 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/08/13(木) 17:05:33 ID:Sba12IWO]
>>5
あのラストで「心温まる」のか・・・w

256 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/10/16(金) 07:01:19 ID:4OnO0DSt]
単純にショック度で言うと今年一番だったなあ…
悲しいとかいうレベルじゃなくてもう呆然としたわ

257 名前:名無シネマ@上映中 [2009/10/16(金) 07:51:24 ID:/9k/1Mg2]
あの展開でああなるパターンってあんまり無いよね。

30 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/08/15(土) 21:41:46 ID:5YfrHBHO]
今、見てきた。
親父は最後になって殺される側の気持ちを知ったってことか。
心が折れたよ。しばらく再起不能だわ

36 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/08/16(日) 00:38:49 ID:065+5IqG]
チクロンって実際苦しまないで、コロッと逝けるんでしょ?
あそこで苦しんでるシーンとか入れたらマジで死ねる

51 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/08/17(月) 17:00:42 ID:yd0fniw4]
部下でおやじがドイツから逃げたことを正直に話したのはなぜ?
ワインこぼしてボコられた人はなぜ1人であの家で働いていたの?
メイドがいたのに。

53 名前:名無シネマ@上映中 [2009/08/17(月) 23:54:48 ID:tsn1INd5]
>>51
親父はうすうす部下の父の事を知ってたんじゃないの?で部下もそういう認識でいた。

60 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/08/20(木) 05:07:37 ID:xlsW2I7m]
>>51
話の流れでつい言っちゃっただけじゃないのかな。場を和ませる為に。
場の空気が重くなったから打開しよう→子供に話しかけて笑い話にでも。
→上司から突っ込み→しまったー、喋っちまったーゴベリバー。そんな。
あとあの人はただの使用人でしょう。裏庭の畑仕事までメイドがやるとは思えないし。
あとボコられた→殺されたじゃね?あれからあの人出てなかったような・・・。

65 名前:名無しシネマ@上映中 mailto:sage [2009/08/20(木) 12:42:29 ID:W0s4+7b5]
よくある反ナチス映画かと思ったら、最後でやられた
子供であることの残酷さを映画だった
そういう意味では禁じられた遊びとかに近いかな

91 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/08/28(金) 04:05:12 ID:T8PE7kGW]
今日鑑賞してきた
これは好みが分かれる作品なのかな?
個人的には多くの人に観てもらいたいけど無闇にオススメは危険かね?

92 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/08/28(金) 09:55:54 ID:3tW8bZVT]
良い作品と思うが、自分は設定があざとくて嫌いだ。原作小説よりはよかったけどね。

93 名前:名無シネマ@上映中 [2009/08/28(金) 23:18:46 ID:CgglhdsP]
年に数本ある「鬱エンド」の映画のひとつ。
脚本は良くできてると思うけど、人には薦めにくいなぁ・・・。

95 名前:名無シネマ@上映中 [2009/08/29(土) 06:53:10 ID:kN+a9cVH]
>>93
「鬱エンド」かなあ・・・。俺はあのミラクルに微かな希望を見出だしたんだが

96 名前:名無シネマ@上映中 [2009/08/29(土) 07:00:15 ID:PgAjBM2y]
あのミラクルって?

98 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/08/29(土) 12:40:17 ID:+SrhuboM]
>>95
何か救いをしめす物なんかあったか?
あの母親の悲痛な叫びが全てを物語ってると思うが。

99 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/08/30(日) 00:13:55 ID:/rOLDppm]
悲痛ではあるが、「鬱」「救いようのない」という形容詞は当てはまらない気がする

101 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう [2009/08/30(日) 05:13:51 ID:DNVJGfPu]
「鬱」で「救いようのない」映画、以外の形容が思いつかないんですけど。

100 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/08/30(日) 00:46:39 ID:3iAuo7Hq]
親父ざまあというみかたもある

2ちゃんねる映画ブログ

103 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう [2009/08/30(日) 16:21:07 ID:dZIRLuPI]
いやいや、ラストをああいう風に実際にはあり得ないファンタジックな展開にした事で、
観客に「これはつくり話ですよ」というメッセージを伝えてるんだと思うよ

102 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう mailto:sage [2009/08/30(日) 15:59:49 ID:/rOLDppm]
テーマ音楽がすばらしいね
モリコーネのニュー・シネマ・パラダイスみたいな普遍さ
ジェームズ・ホーナーって誰だっけ、と思ったらタイタニックか

105 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/08/30(日) 21:45:28 ID:0Ge8rT/G]
そもそも子供とはいえ収容者が監視の目を盗んでフェンスの外の人間と遊んだり食べ物貰ったりできるのかよ!!

106 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/08/31(月) 00:10:15 ID:VFVXM/0d]
強制収容所がガス室による殺戮をはじめたのは、戦局が悪化してからのはず
(それまでは拡大した前線で重労働をさせれば勝手に力つきてくれた。証拠に
収容所はほとんど現在のドイツ国境よりも外にあった)なので、監視の人員は
それほど多く確保できていなかったと推測される。そこまで不自然ではない。

120 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/09/04(金) 13:58:13 ID:MqdB58Mv]
なんとなく中途半端な映画だった。
父親がブルーノを溺愛していた描写が不足していたせいで、ラストもいまいち。
あとナチの将校が英語を話すのはどうしても違和感を拭えない。まあ配給がイギリスだから仕方ないのだが。

125 名前:名無シネマ@上映中 [2009/09/04(金) 20:26:50 ID:HXAEVT80]
>>120
イギリス・アメリカ合作だってば。

配給はアメリカはミラマックス。日本はディズニー・ジャパン。

126 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/09/04(金) 21:17:17 ID:MqdB58Mv]
>>125
配給の使い方を間違えた。
英・米合作だから英語でも仕方ないけど、ナチの将校やユダヤ人捕虜が英語喋る時点でシラけた。

128 名前:名無シネマ@上映中 [2009/09/05(土) 18:35:48 ID:O1vEouRb]
>>126
ドイツ映画じゃないから仕方ないよ。

「ワルキューレ」「愛を読むひと」「イングロリアス・バスターズ」
どれもアメリカ・ドイツ合作だけどみな英語。

ドイツ映画でも世界市場を狙う映画は全編英語でやってるし。

121 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/09/04(金) 14:52:57 ID:+5Gp4EfK]

2ちゃんねる映画ブログ

つかブルーノが8歳ということを差し引いてもさすがに馬鹿すぎないか?
あのプロパガンダ映像を覗き観るシーンもなんかとってつけたようで嫌だ。
誰かが書いてたけどシュマール(だっけ?)は間違いなく誘ってるw

133 名前:名無シネマ@上映中 [2009/09/06(日) 23:05:34 ID:JqnPCX33]
映画評がよかったので予備知識なしに今日観てきました

やられた。とってもイギリスらしいラストだ。
途中までは良くできた少年冒険小説のタッチで、最後にこうきたか、と。

ドイツ人とかユダヤ人は 異論があるだろうけど、戦争を題材にして
1つの寓話を作り上げたと思えば許せるのでは?

原作も読んでみよう

134 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/09/06(日) 23:11:19 ID:6PWDhxyk]
>>133
原作はアイルランドの小説

136 名前:名無シネマ@上映中 [2009/09/07(月) 06:23:40 ID:Q3u7A0oF]
ドイツの観客はこの映画を観て何を思う・・・

137 名前:名無シネマ@上映中 [2009/09/07(月) 08:32:05 ID:gJG3sbtD]
結構 ドイツ人を小ばかにしているんじゃないかと思われる書き方だったりするんじゃないかな

この映画だけじゃなく BBCあたりのコメディで ドイツ(ナチス)が出たときの描き方もそう

142 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/09/08(火) 19:53:42 ID:AIbFD9ZG BE:645955643-2BP(1551)]
>>137
おれもそう思った。
あのラストにはそこはかとない悪意を感じる。

143 名前:名無シネマ@上映中 [2009/09/08(火) 21:44:18 ID:J1FC5BpJ]
どう考えても悪意だろ。

144 名前:名無シネマ@上映中 [2009/09/10(木) 00:31:18 ID:JM4QRs0D]
最後のシーンでぎゃーっと声が出そうになった。
怖すぎ。
俺は、戦争が終わって何年後かに父親が処刑され、
戦争犯罪や貧困になったブルーノをユダヤ青年が
食べ物を施してやるところで物語が
終わると読んだが甘すぎた。

恐怖の戦慄。
こっけいなような、抗すことのできぬ時間の流れ。

怖すぎ!!

219 名前:名無シネマ@上映中 [2009/10/06(火) 23:33:58 ID:jNw/Jhac]
ホラーとか全然怖くないが、この映画は
強く後に引きずりまくる。
子供に見せていいのかなww

199 名前:名無シネマ@上映中 [2009/10/02(金) 23:15:25 ID:4knYemug]
子供にみせられんわ。自分は大人でもラスト、腰がぬけそうに気が遠くなった。

202 名前:名無シネマ@上映中 [2009/10/05(月) 18:40:44 ID:5PeFvHjR]
ラスト、
あの子が「くぐった」時点で予想はつくよね。
自分としては
ぎっしりと立錐の余地もない裸の男たちの描写がとてつもなく怖かった。

207 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/10/05(月) 23:57:55 ID:xgpoMtrC]
今日観てきました
これはひどいトラウマ映画…
ラストは予想した通りだったのに、ショックが半端じゃなかった
戦争ごっこで撃ち殺されて倒れたブルーノの姿がやたら印象的だったんだけど、あれもフラグみたいなもんだったのか…
ブランコやってる後ろを過ぎていくトラックとか、何気ないシーンがまた残酷ですね

208 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/10/06(火) 00:15:24 ID:mcE8NVVu]
ちょっと前に観た。ユダヤがどういうのかわかんなくて期待してたんだけど最後の方は辛すぎて観なかった。映画が終わっても人目を憚らず泣きじゃくった。映画を観に行ってから一週間ちょっと過ぎた今でも忘れようとしてるのに思い出すし・観に行かなきゃよかったって後悔してる。

209 名前:207 mailto:sage [2009/10/06(火) 00:20:06 ID:0bNcu2by]
>>208
自分も涙と震えが止まらんかったです
さっきから本読んでてももう映画のことばっか思い出して落ち込んでしまう
風呂に入るのがなんか怖い…シャワー浴びたくない…

211 名前:名無シネマ@上映中 [2009/10/06(火) 06:30:33 ID:zHnJnYKi]
ブルーノがシュミエルの手をぎゅっと握り締めているショットが
脳裏に焼きついている。

2ちゃんねる映画ブログ

ところで、ここに書いてる方たちは比較的若い人が多いのかな?
確かにこの映画はかなり重いと思いますが、同じテーマを扱った内容の
映画で他にも気が滅入ってしばらく立ち直れないような映画を観ている
私は比較的(?)大丈夫でした。
 以前の映画「ソフィーの選択」、「シンドラーのリスト」「さよなら
子どもたち」なんかもかなりつらい映画だったのを思い出しました。

212 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/10/06(火) 09:20:59 ID:XHH8adrj]
>>211
いやあ、若くなくても衝撃的だよ。何というか、疑似体験してるような感覚だからね・・・・

213 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/10/06(火) 12:50:58 ID:0bNcu2by]
重い映画自体は大好きだったはずなんだけどな…
ほぼ一貫してブルーノ視点で話が書かれてたせいか、子供の無邪気な世界と、その周りの酷な世界と結末の落差がきつくてもうねorz

215 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/10/06(火) 18:36:58 ID:VASLsCOb]
自分の家の外に別の世界があって
好奇心旺盛な少年が扉を開けて未知の世界に足を踏み入れ、
行き来する…

この物語の枠組みってまんまファンタジー。
自分はF・ピアスのファンタジー小説「トムは真夜中の庭で」
が大好きなんだけど、同じ英国で作られた映画として妙に重ね合わせて
見てしまい、それだけにラストに戦慄した。
今年見た映画でいちばんショッキングな一本になりそう…

221 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/10/07(水) 09:21:11 ID:lAEUMYAw]
絶滅収容所の話だし、気がめいるといえばそもそもそうなんだよね
でもそこに子供+構成に悪意を加算されるt
実際子供囚人相手にしゃれにならない事も起きてる事実あるから余計やだな
あんまり知られてないようなあまりにむごいこと

227 名前:名無シネマ@上映中 [2009/10/08(木) 06:41:17 ID:z9gNsNfG]
いつのまにかブルーノが助かりさえすれば
シュミエル(他のユダヤ人)は仕方がない、って感覚になっていかないか?
たくさんの脱いだパジャマが写し出されたけど、ひとりひとりのかけがえの
人生があった、と思わせられてほんとにやりきれない。

295 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/03/04(木) 11:20:08 ID:OIC0O+lG]
>>227
>いつのまにかブルーノが助かりさえすれば
シュミエル(他のユダヤ人)は仕方がない、って感覚になっていかないか?

この着眼はビンゴだと思う。

296 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/03/04(木) 21:18:25 ID:H8eDSCAp]
そういう着眼になっていくということはそれでいいんじゃないかなあ?
映画見てるときは他の囚人に自然と気持ちがむかなかったということだし
他のホロコースト映画もしだいに主役が助かれば、と思うよやっぱり
無理に他を思おうと力むのも白々しい気がする

37 名前:名無シネマ@上映中 [2009/08/16(日) 01:02:31 ID:oEa1dSNS]
お母さんがブランコに乗ってる場面怖いよぉ

236 名前:名無シネマ@上映中 [2009/10/12(月) 02:10:46 ID:QYlJmOkN]

2ちゃんねる映画ブログ

エスターとコレをハシゴしたんだが、どっちにもヴェラ・ファーミガが出てた。
あっちでは結構脱いでくれるから彼女のファンはぜひ観に行け!

・・・とか高いテンションで書こうと思ったが、思い出しちまったよ・・・。

この映画はあれだな。
「ナチスのユダヤ人虐殺を描いた映画」というより、
生きるも死ぬも紙一重、生死に意味なんて無い、っつう無常を描いた話だな。

鉄条網を挟んで語り合う二人を横から捉えたショット。
生きるか死ぬかを決めるのは、ドイツ人かユダヤ人かの違いではなく、
こっち側にいるか向こう側にいるかの違いでしかない。

この映画が後味悪いのは、単に○○が死んだからではなく、
ドイツ人が一人混じってようがお構いなしに事務的に執行される虐殺が、
生きる側と死ぬ側なんて紙一重、そこに理由や意味なんて無い、
という空恐ろしさや虚しさを描いていて、
その空恐ろしさや虚しさってのは俺らが生きていく中で直面する、
「あんな悪党が長生きしてるのに、あんないい人が事故で・・・」
みたいな理不尽さで、極力目を背けたいものだからじゃないかね?

2ちゃんねる映画ブログ

あの鉄条網は三途の川みたいなもんだ。

238 名前:名無シネマ@上映中 [2009/10/12(月) 12:35:09 ID:fUf7b0gZ]
無知も罪、というか…悪でもなく…無知故の悲劇というか。
着替えたところで、顔を背けてしまった。もうそれからは、本当に…

本当に、戦争じゃなくて虐殺だ。本当にこんなことが起こったというのが信じられない。日本の原爆もそうだけど。
今の自分たちがどれだけ恵まれた時代に生まれたのか考えるべきだと思うし、まだそういう信じられないことが起こっている国や土地に対して出来ることをするべきだ、自分も、そう感じているみんなも


スレチならすまん。でもそれくらい考えさせられたんだ。

242 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/10/13(火) 16:44:46 ID:w345A8Fp]
第一どこの収容所がモデルなのかなこの映画
なんか釈然としないんだよなあ

243 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/10/13(火) 16:50:06 ID:avlLLjUe]
強制収容所の枠組みを使った、一種のファンタジーだよね

244 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/10/13(火) 16:55:16 ID:w345A8Fp]
そうだよね、事実どこの収容所かが問題じゃないんだな

245 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/10/14(水) 09:28:36 ID:O2PcJIcs]
ブルーノがシュムエルとガス室へいけた事自体がファンタジー枠じゃないか?
恐ろしいラストだけど実際はそんな混同などぜったい起きないよう入念に陰湿なまでに
冷静に区画や経路を考え込まれて作られていたと思うからなぁ

と言い聞かせつつラストの恐怖を「アーアーアリエナイアリエナイ((∩;>д<))」と緩和したい俺

247 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/10/14(水) 17:43:44 ID:O2PcJIcs]

2ちゃんねる映画ブログ

バレでみたブルーノの若いナチ相手に色気づく姉も気にかかったな
恋であっというまにナチ化するって殺伐としているよね…
仕方ないのかもしれないけど

297 名前:名無シネマ@上映中 [2010/03/05(金) 11:58:25 ID:DdM1sZmB]
ホロコーストの酷さだけを伝えたい映画だったな。
逆をいえばホロコーストの非道さをもっとも効果的に伝えるための構成、ラストを選んだといえる。

子ども同士の友情をあまり深く描かなかったのはそこに重点がなかったからだろうな。

知らない事への悪意やナチス自体への復讐も意図していると思う。ある意味ではブルーノの無邪気さが1番の悪意の対象だったかもしれない。
全体的に皮肉っぽい。

あのラストもいわゆる『泣ける』感動ではない。

ブルーノをユダヤ人ホロコーストに放り込むアイディアは秀逸。あれでホロコーストの意味が浮き出てくる。


姉ちゃんが可愛かったのとドイツ人青年将校がブランコに好印象だったのが1番心に残った。

255 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/10/16(金) 06:56:31 ID:SVDPD21z]
ブルーノのお父ちゃん、ハリポタのイメージが強かったんで
「ルーピン先生が怖いよ…!」
と妹と一緒にびびってました
しかしラストでもうそれどころじゃなくなってしまった…

258 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/10/16(金) 10:20:54 ID:oh8NsRQh]
>>255
彼は14年くらい前にディカプリオと共演した「太陽と月にそむいて」でもっとすごい
自分は逆にあのド変態がルーピン先生かよ!とおもたぞ
彼はいろいろ挑戦しすぎだよ
アレで出会うならルーピン先生役でであいたかったくらいだなw

271 名前:名無シネマ@上映中 [2009/11/23(月) 05:10:16 ID:U002KZcl]
既出かもしれないけど、シュムールとブルーノが入ったガス室の中で
ブルーノのことを訝しげに見ていた痩せせてるおじさん居たよね?
あれってブルーノの家で働いていたポテト剥いてたおじさん?

2ちゃんねる映画ブログ

あの人がもしあそこで「ジャーマンが一人混ざってる!」
とか言ってたら何か変わってたんだろうか。あまりにも衝撃的だったから、
自分で勝手に色々想像して何とか良いラストを導き出そうとしてしまう…
だけどあそこでブルーノが助かったとしても、きっと彼を中に入れたシュムールはただじゃおかないだろうなあ。
ガスよりもさらに怖い拷問をされて殺されてしまいそうだ

274 名前:名無シネマ@上映中 [2009/12/07(月) 12:46:08 ID:THPfoWRk]
>>271
ポテトのおじいさんは親父の部下に殴り殺されたはず。
明示されてないけど、メイドが床を掃除してたから。

277 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/12/13(日) 23:50:14 ID:j00eX0ki]
>>271
あれって殺されたの?
その後にも出てきてなかった?

279 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/12/21(月) 20:23:33 ID:raXvVGyJ]
あれは「直接映さなかったけど、あんなに血が出るまで酷い殴り方をされましたよ」ってことじゃないか?
最後のガス室にいたのはやっぱりあのおじいちゃんだと思う

286 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/01/24(日) 01:38:40 ID:M0FGffth]
神戸で上映してくれたので、やっと観られた。
第二次大戦で収容所がらみとはいえ、
ディズニー配給で少年主役だからって甘く見てましたごめんなさいもうしません
昨日「誰がため」「カティンの森」も観たからキッツイわぁ

で、おすすめリスト的には、

フェンス越しの友情!ラスト、垣根が無くなった二人の未来に涙が止まらない!

287 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/01/26(火) 14:14:26 ID:3s86m7wz]
>>286
ディズニーだったのか。やるな…

後々ランドのほうにアトラクションとかやってほしいね

288 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/01/28(木) 02:26:33 ID:k2Ku+mkL]
夢と魔法の王国に?


関連記事

  1. 2010/11/12(金) 13:01:52|
  2. さ行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<食堂かたつむり | ホーム | 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1522-bd57123a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR