fc2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

人間失格

【太宰治】■□■人間失格part3■□■【2010年02月20日公開】
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1264579335/
2ちゃんねる映画ブログ

1 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/01/27(水) 17:02:15 ID:PvVuj3V+]
≪監督≫ 荒戸源次郎
≪プロデューサー≫ 井上文雄
≪脚本≫ 鈴木棟也・浦沢義雄
≪撮影≫ 浜田毅
≪美術≫ 今村力
≪衣装デザイン≫ 宮本まさ江
≪音楽≫ 中島ノブユキ
≪音楽プロデューサー≫ 佐々木次彦
≪絵画≫ 寺門孝之
≪製作総指揮≫ 角川歴彦
≪制作・配給≫ 角川映画

2 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/01/27(水) 17:03:28 ID:PvVuj3V+]
公式サイト
http://www.ns-movie.jp/

≪出演≫
大庭葉蔵…生田斗真
堀木…伊勢谷友介
常子…寺島しのぶ
良子…石原さとみ
静子…小池栄子
礼子(下宿先の娘)…坂井真紀

寿(薬屋奥)…室井滋
ヒラメ…石橋蓮司
中原中也…森田剛 
律子(マダム)…大楠道代
鉄…三田佳子

神宮寺太郎 柄本佑 馬渕英俚可 ほか


291 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/02/20(土) 13:53:14 ID:3YShLzkp]
見てきた
つ、疲れる…w
挑まれてるような気がしたよ
分かるか?これはどうだ、これは?みたいな感じ
ストーリーはさすがに分かるけど、場面毎の解釈ね
見終えて放心状態で、一番最初に浮かんだ感想が
三田さん怖ええええ…だったw

2ちゃんねる映画ブログ

296 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/02/20(土) 14:48:36 ID:gb70U+N6]
見てきた。荒戸って事で身構えてたが、予想外にさっぱりと見やすかった。
あくまで監督比で普通よりは確実に濃いがw
役者は皆良かった。生田はよし子パートが過ぎたあたりがからグッと良くなった。
伊勢谷の堀木もハマり役。ラストセリフが効いた。
森田もいいアクセントだった。
女優は三田が濃く怖かった分w寺島があっさり可愛く見えた。
色々賛否はあるかと思うが、久々に見終わった後ドーンと余韻が残る邦画になってたと思う。

297 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/02/20(土) 15:04:39 ID:Za+dWr7m]
見てきたぞ。自分的には良かった。
疲れるが見応えあるし見終わった後の余韻まじ半端ない。
昭和初期の世界にどっぷりなので、劇場出たら別世界の平成でびっくりw
自分が雑踏から取り残されたようなおかしな感覚に。
葉臓にでもなったつもりかのような・・・w

313 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/02/20(土) 21:32:00 ID:UVS91xNf]
観てきた。
観終わった後に監督のコメントの、映画は絵と音だけですから
を真っ先に思い出した。
わかりにくいストーリーの展開かもしれないが、
(原作読んでない人は追いついていくのに大変かも)
葉蔵の心情は演じている生田から感じ取ることが出来た。
生田、主役でよかった。

2ちゃんねる映画ブログ

また観にいくつもり。
もっと深い所を感じたい。
次また観たら違うものを見つけることが出来るだろう。

310 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/02/20(土) 20:18:50 ID:VTkrLFGz]
カフェ遊びから心中までダレるけど、俳優の演技見てるだけで楽しい
中也や男女の川はまだしも他の文豪は要らなくね?
赤は生、黒は死の象徴なんだね
堀木の赤絵の具とか金魚とか、細かいネタを探すのも面白かった
病院で堀木が渡すのって、おもちゃの注射?
バーで葉蔵が指名されてたけど、青い花ってゲイバーではないよね?w

314 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/02/20(土) 21:52:48 ID:hcC6zfeR]
私は太宰ファンでも文学好きでもなく、歳も若いのですが
今日「人間失格」観に行きました。
がっかりでした。
私は、生田さんを美しいとは感じられませんでした。
もっと痛みを感じたかったです。
この映画の主人公は、どうしてそんなに死を望むのか?
それは私が感じるのではなく、
原作を読み知識をもっている事が必要だったのでしょうか?

315 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/02/20(土) 22:07:15 ID:QmsFc1ey]
>>314
確かに今の若い人が(もちろん皆とは言わない)
あの時代の文化人等に蔓延した死に対する憧れみたいのを
理解するのは難しいかもね。
痛みと言うよりは倦怠感から死を望む感じだし。
主人公の行動の理由がわからないとポカーンとしちゃうだろうし。

318 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/02/20(土) 22:50:23 ID:kFunziye]
>>314 >>315
他の作家はどうだかわからないけど、太宰の場合あの時代だからとか文化人だからとかじゃなくて
もともとの気質みたいなものなんじゃないの?
死にあこがれてるとかじゃなくて、普通に生活してることが辛いという
今だったらアスペルガーとかボーダーとかカテゴライズされて、他にもそういう人が
いるんだと理解できるから、少しは楽に生きられると思う

319 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/02/20(土) 22:52:59 ID:Q3sJiwEp]
原作読んでないと伝わらない部分多いと思う
自分的には中原中也はいらない
良子の事で最大にダメージ食らったんだから
もっと良子絡みの事多くてもいいかなと

2ちゃんねる映画ブログ

321 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/02/20(土) 23:08:49 ID:UVS91xNf]
>319
良子の場面は自分もそう思った
でも葉蔵にとっては良子でさえも沢山通り過ぎていった女の
一人に過ぎなかったのかも
そう考えると良子もあの尺でいいと。
鉄が活きるしね

316 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/02/20(土) 22:38:50 ID:kw1sCTdP]
今日映画見てきた
生田演じる葉蔵がピュア過ぎてそれが却って嫌味に見え
自分は葉蔵にとても嫌悪感を感じた。
そういう意味ではエキセントリックな表現をせず「人間失格な人間」を
演じる事が出来た生田は良かったと思う

2ちゃんねる映画ブログ

堀木が凄く良かったな伊勢谷さんには賞を取ってもらいたい

301 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/02/20(土) 16:15:16 ID:HJFakhW/]
三田と生田のカラミはありましたか?

328 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/02/20(土) 23:51:56 ID:4IZcGuQv]
>>301
三田と生田のからみはあったよ。
日本昔話みたいな妖怪婆みたいだったのが
男女の仲になって豹変、若返って恋する少女みたいになった。

329 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/02/21(日) 00:04:52 ID:0rPZv7pl]
石原さとみと何もやれなくて室井や三田と絡まされる生田カワイソスw

535 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/02/27(土) 22:50:44 ID:TLvvGTie]
女優が多数出てくるんだけど
石原さとみ以外はオバサンかお婆さんばかりなのは何故なんだろう?

生田は女にもてるというより単なるオバサンキラーにしか見えない。
あのキャスト相手にキスシーンとかベッドシーンとか生田も気の毒だ。

536 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/02/27(土) 23:25:26 ID:NGuIcdO4]
インタビューを総合すると
大楠、石橋、寺島、坂井は監督のオファーみたいね
監督からすると坂井小池は生田石原と同世代感覚なのではw
見た目がアレな寺島は別として

505 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/02/26(金) 17:31:51 ID:p0mi7us+]

2ちゃんねる映画ブログ

大楠道代カッコいいなあ。
小池栄子と馬渕えりかが「古き良き時代の女優さん」て感じでびっくり。
柄本Jrは竹一にぴったりだな。
主人公の子役もいい表情してた。

507 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/02/26(金) 20:25:31 ID:o6oIOBMW]
そういえば馬渕えりかがすごいよかった。
あの子は地道に生き残るだろうね

342 名前:名無シネマ@上映中 [2010/02/21(日) 00:55:10 ID:TpVmsgde]
観てきた。
原作は一応常識程度に斜め読みしただけだけど、別に原作に思い入れなくても面白かったよ。
最後の津軽の場面がああいう展開になるとは思わなかった。
津軽に行く場面の最初で時計見たらまだあと25分あったんでこの先まだ何かあるのかと思ったら、
下痢Pになるところをああいう形に変えちゃうとはびっくりした。ある意味衝撃のラスト30分だった。
ただそのせいで、「ただ一切は過ぎてゆきます」のニュアンスはだいぶ変わってしまったような。
兵隊と一緒の列車に乗っているのは、『けんかえれじい』の226のシーンと同じような意味合いなのかなあ。
取ってつけたような台詞のやり取りが好きじゃないけど。
『ツィゴイネルワイゼン』がロードショーされた時に東京タワーのシネマプラセットに観に行って、
やっぱ清順伝説に取り憑かれた友達と劇場から出てきて「鈴木清順を今日初めて観た!素晴らしい」って
2人で抱き合って狂喜したんだけど、この映画見たら『ツィゴイネルワイゼン』で清順っぽいって
思ったところは全部荒戸源次郎の個性なんだって気づいてビックリしました。

351 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/02/21(日) 05:32:55 ID:tITAWCS5]
>>342
「ただ一切は過ぎて行きます」
今日最終のを観て来て、風呂入って音楽聴いててもずっと今日観た映像や
台詞の数々が頭の中とっ散らかってて、思いを巡らせてたのだけど、
後々、気になったのがツネ子と寿司食うシーンと、あと数シーンに汽車の幻影や音が使われていて
最後の最後に、葉蔵と関わった人間が同じ汽車に乗り合わせてるシーン。
直後は走馬灯か?と軽く解釈したが、「汽車=過ぎゆく時」なのかと。
苦しかろうが、悲しかろうが、幸せであろうが、ただ一切は過ぎてゆく。最後に辿り着いた真理。
過ぎて行った一切が最期のあの汽車。あー、もう一回見るとまた違った見方しそうだなぁ。

358 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/02/21(日) 09:38:27 ID:Pr4wOsix]
観てきた。
『人間失格』が太宰文学の最高傑作と称され映像化は困難と言われ続けた真髄を、
解りやすく思想や時代背景含めて映像で象徴化した映画作品、と感じた。
小説『人間失格』を紐解く為の映像化ではなく、生誕100年のメモリアルとして太宰文学の不腐さや敬愛尊厳を込めた作品。

極端に言えば、葉蔵は主人公ではなくただのストーリーテラーでしかない。
登場人物全ての人間失格の部分を描き、最後は国家そのものの人間失格を描いている。
が、それでも現代は豊かで幸せな時代となってる…、と夜明けへの希望を乗せている。

最後の列車は、葉蔵の生きた時代そのものが乗った空間と進行、の象徴。

…私はこんな風に解釈した。

360 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/02/21(日) 09:49:15 ID:Pr4wOsix]
観賞の分り易いヒントとして、
和服は葉蔵の無垢な良心の時
洋服は欲望の邪悪な状態の時

なのかな。

368 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/02/21(日) 17:37:29 ID:ebX7sRp+]
・・・原作を読めば、葉蔵がどれだけ失望してるのかがわかるけど
あの物を語らぬ生田君を見ててもさっぱりわかんない。
いきなり死を口にする場面とか、誰も違和感感じないのかなあ。
どうして死を望むのか、映画としてそこは描くべきじゃないのかなあ。

379 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/02/21(日) 22:00:22 ID:G47IzRZI]
>>368
葉蔵が死を望む事に対してそれ相応の理由や苦悩があったら別に
「人間として失格」って訳じゃないと思うよ
簡単に死んでもいいやと思えたり誰の事も大して好きじゃなさそうな
あの映画の生田には、生気が全くなく何の感情も起伏もなかった
だからこそ自分は見ていて「こいつは生きている価値のない人間失格な奴だ」と思ったよ
あの映画が退屈に感じたならそれは葉蔵が自分の人生に対して感じている印象そのものなんだから
それでいいかと。そもそも人間失格なんて原作に感動したりしちゃいけないよw

370 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/02/21(日) 17:43:12 ID:UdOV6x0P]
死を口にする場面までの生田の演技が妙に明るいから、なんでそこで唐突に死?とは思ったなー。
原作読んでると脳内で補っちゃうから、読んでない人の感想がききたいと思う。

402 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/02/22(月) 20:21:13 ID:NiK0+Oun]
たまたま見たブログで

よく分からなかった
でもイケでした\(^▽^)/

とか書いてあってクラクラしたw

502 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/02/26(金) 15:36:54 ID:2PCmJXGY]
アイドル映画であんなの作っちゃダメだろ
生田ファンらしき連中みんな「わかんなーい」大合唱だったぞw

392 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/02/22(月) 01:10:16 ID:cnyuHBib]
小説読んでない人の「葉蔵意味わかんねー」っていう感想を読んで、
葉蔵の周りの人たちもそうやって葉蔵を見てのかなぁと思った。
やっぱり葉蔵と周りの人間のギャップって物凄いものがあるんだろうな。

378 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/02/21(日) 21:22:58 ID:U7caENdG]
誰でも楽しめるようには作ってないなと思った。
原作を読んでないと分かりにくいシーンとか、唐突に感じる台詞とか結構あるし。
中原中也や太宰や、他にもバーの常連だった作家連中の作家論なんかを読みあさった
事のある人は、その辺ちょっと楽しめるよね。
あー、あのシーンは本当は中也と小林秀雄なのにーとか、本当は太宰の枕元で騒いで
その後雪道に投げ飛ばされたんだよなーとか、云々。
この映画がきっかけで、太宰やら中也の作品に興味持つ人が少しでもいれば、それは
素晴らしいことと思う。

467 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/02/24(水) 21:48:52 ID:bt7Hw09Z]
今日観て来た。
原作の一部をナレーションとして各シーンごとに朗読するような形を取れば、ぐっと引き締まって良かったんじゃないかな?
今の映画のままだと、話が唐突に飛び過ぎで、原作読んでない人にはよくわからんだろうし。
しかも詳しく描くべきところが省略されていて、いらんところが長かったような気がする。
役者さんは、まぁ良いかと。

474 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/02/24(水) 23:45:40 ID:i4u5h2Un]
>>467
はげ上がるほど同意。一緒に死のうか。

380 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/02/21(日) 22:07:01 ID:UePIVwz+]
バーで隣りになった同士なのに
片や、死に損なって、夢を諦めて画集を売り
片や、成功を納めて、書きたい事が山ほどあるのに、死が迫ってる
その対比は面白かったけどね
同様に、裕福ではない堀木が家族と同居してるのと、孤独な葉蔵の対比も
確かに時代背景が理解出来るエピソードはもう少し欲しかったけど

469 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/02/24(水) 22:23:17 ID:W6a0cGf+]
>>380
中也の人生もかなり挫折の連続だと思う。

2ちゃんねる映画ブログ

343 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/02/21(日) 01:01:04 ID:jwYlC5HD]
映画版で面白いなと思ったのは葉蔵の画家としての面をクローズアップしたこと。
中也との場面や畳鰯、同じ場にいても他人とはちがう感覚でものを見ていたから
お化けの絵、画家になろうという感性があったというのは、なるほど。
原作では絵描きを目指すにいたる動機はちょっと薄いから。
欲をいえば、後半の恍惚と孤独の中で葉蔵に見えた世界もビジュアル化したら、
芸術家は命がけで遊ばなければという堀木と葉蔵の考えに説得力が付加できたのでは。

384 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/02/21(日) 22:31:25 ID:U7caENdG]
>>343
自分も画家としてのクローズアップは映画ならではと思った。
活字だと、読んでて葉蔵が漫画家なの忘れがちだった。
更に時間が経つと、画家志望だったのすら忘れちゃって、作家志望
だったっけ?と記憶がすり替わってたw

382 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/02/21(日) 22:18:48 ID:sWCWdfPB]
小説と映画の根本的な違いは
小説は<葉蔵>の<自意識の内側>…あくまで葉蔵から見える世界
映画は<葉蔵>の<自意識の外側>…人間失格という小説の世界の中で葉蔵もたくさんいる登場人物の一人である世界
の違いが大きいと思った。
小説既読者にとっては葉蔵がなぜ、ああなのか内面描写が解説につくし
小説未読者にはそれぞれの感じ方で解釈が異なる。
ただ、主役目当て?の小学生のような少女たちが
林檎を向いて黙るアネさや歴史
大人にならないとわからない色んなことを
どう咀嚼して頑張って見ていたのかと、少し気の毒に思った。

385 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/02/21(日) 22:40:24 ID:sWCWdfPB]
もし葉蔵の<自意識の内側>を描くとしたら
葉蔵の姿は登場せず、葉蔵から見た周囲の人々、周囲の世界を描くことになり
映像としては葉蔵カメラで撮るドキュメンタリーのような
葉蔵の登場しないものになったのではないだろうか?
そうすると、それって映画として面白いのか?小説読めば?ということになり
長年、映画化をされなかった理由ではないか。
小説では葉蔵の<自意識の内側>と周囲の人間の葉蔵に対する認識の<乖離>が肝だから
厄介な<自意識>を抱えた葉蔵が周りには<神様みたいないいこ>、<いい人>に見えていた
<外側の世界>を描いた作品だと思うよ。

388 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/02/22(月) 00:27:52 ID:nhmeTDHV]
>>385
同意。
映画は、葉蔵の醜さ(自意識の内側)ではなく美しさ(外側)を
描くのが主眼なんだろうね。
だから、竹一とのエピソード(呼んだのではなく押しかけてくる)や
ヨシコのエピソード(レイプではなく浮気)を原作と
変えてるんだろうな。
中也とかラストとかの要素もあるし
人によっては、原作と全然別物と感じるかも。

ちょっと混乱したんで、それら含めてもう1回見てみようと思う。

389 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/02/22(月) 00:39:20 ID:mpR0nNXC]
>>388
ヨシ子のあれは浮気とはいいきれないと思うな
煙草屋の前でヨシ子にベタついて嫌がられてたのはあの編集者だけど
無理矢理な鈍痛でしばらく立ち上がれないヨシ子だから
原作のように、無理矢理かもしかして常習か?
葉蔵というより観客に疑わせるためにどっちにも取れるようにしたのでは

390 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/02/22(月) 00:56:37 ID:FjzeDSra]
>>388
美しさを描くというのはキャッチセールスであって、映画の主眼ではないと思う。
耳だれの竹一を殴って痛がってる姿を見下ろして
浮かべる歪んだ微笑み。
あれは葉蔵の自意識が一瞬表層にあらわれた瞬間で
後半にいくに従って葉蔵の描いた自意識まるだしの肖像画に
葉蔵の風貌はどんどん似ていく。
自意識が少しずつ表面にあらわれて
薬屋のところでむき出しになる過程が
芸妓たちの騒ぐ傍らで闇に沈む瞬間や堀木の隣に座ったツネコを笑う瞬間に
徐々に顔をだしていたように見えた。

433 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/02/23(火) 21:52:42 ID:m/elN7gL]
見た後、ご飯食べたんだけど何故か胸いっぱいで残した・・・
浸ってたら最後の文章も読み終わらず後悔
良子にそら豆一緒に食べようって言うとこ、葉蔵の顔せつな過ぎる
ある意味葉蔵を救ってあげてる映画
だって全然悪い人に見えない
むしろ回りが悪いだろ?って感じた
四角い変なお菓子から黒いの出てきて葉蔵がびっくりして放り出して
ヒラメが何の抵抗もなくバリバリ食べてるの怖い
千と千尋の神隠しの千の親が豚になる場面思い出した

439 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/02/23(火) 22:40:29 ID:N8CR751r]
>>433
ほう~なるほど。
自分はあの菓子は要蔵がヒラメを嫌う深層心理が幻覚をみせてると思った。

434 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/02/23(火) 22:08:15 ID:GouWcSxb]
確かに、葉蔵が無垢に見える描き方なせいか
周りの人間が(特に一部女性陣)が妖怪っぽくてゾワゾワして楽しい。
でも女性達や堀木やヒラメとか、
いかにも自分の我欲に忠実な人達こそが普通の人間で、
普通でいられない葉蔵が自分を人間失格と
思ってしまうのが哀しいんだなあと。
こういうとらえ方は原作を読んだ時には出来なかったので
ある意味面白かった。

436 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/02/23(火) 22:23:16 ID:/xo/bQTz]
とりあえずもうタタミイワシ食えない

437 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/02/23(火) 22:38:29 ID:QY3b1l29]
タタミイワシの目がジャキン!となるのは、麻薬中毒患者の幻覚みたいで
凄くイヤーな気持ちになるよね。

442 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/02/23(火) 22:57:07 ID:/xo/bQTz]
葉蔵は自分が生きてることに対して罪悪感があるから、
自分とは反対に、死にたくないのに殺された(かは分かんないけど)
タタミイワシにまで後ろめたさを感じちゃうんだなーと自分は思った。
それにしてもあのCGは気持ち悪いw

435 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/02/23(火) 22:23:09 ID:KGqH8yrm]
最後、戸を開けて雪景色を見たテツの安堵の表情がわからない。
わかる必要はないのかもしれないけど。
その後の葉蔵のいる世界の答えにも繋がるんだろうな。

441 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/02/23(火) 22:55:52 ID:nx9DyFF9]
>>435
勝利の笑みだと思った。
欲しいものを手に入れて満足と言うか。

446 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/02/24(水) 00:46:05 ID:7ZFPQC6Q]
>>435
>>441と被るけど自分も鉄は欲しいものを手に入れたって意味だと思った
お腹の中に居るようなイメージ映像とその後の真っ白な世界は葉蔵が新しく産まれ変わった事の象徴で
その葉蔵を産んだ母親が鉄で、鉄は母親になれて満足したって事かと思ったがどうだろう

450 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/02/24(水) 09:50:20 ID:qp38Yubd]

2ちゃんねる映画ブログ

自分は鉄と裸で眠るシーンを見て「おおお、地獄!」と思ったよ。
さすが三田さん大女優だけあって、大勢の人に強い印象を残すもんだなあ。

453 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/02/24(水) 13:53:02 ID:NZaIk7Pl]
>>450
そのシーン、直前のカットと2人の身体の向きが違って変・・・と思わなかった?
どうやら文字を表しているらしい。

454 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/02/24(水) 14:32:47 ID:L721l6rk]
>>453
人文字作ってるってこと??
敢えて挙げるなら「死」に似てたかなあ…
確かに格好(特に脚)が少し不自然というか大変そうだったけど、うーんワカラン。

501 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/02/26(金) 15:36:30 ID:iQ8lrwY8]
3度目くらいが1番面白いと言った監督の言葉に納得。
観る度に発見があるし、余韻も違う。おもしろい。
鉄の子守唄
山に一本あるとちの木
一羽のカラスがカーと鳴けば
とちの実がボダーっと落ちる

怖い

503 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/02/26(金) 15:50:50 ID:4NBqDkQ4]
>>501
そうそう鉄は熟女の美しさと怖さを兼ねていて、発言もホラーだったわw
とちの実ってすごく堅いんだよね

505 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/02/26(金) 17:31:51 ID:p0mi7us+]
>3度目くらいが1番面白いと言った監督
荒戸氏スゲーw


関連記事

  1. 2010/11/17(水) 09:02:53|
  2. な行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<マレーナ | ホーム | 死霊のはらわた>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1520-c843c2f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (286)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 香港映画 韓国映画 ニコラス・ケイジ 高良健吾 竹中直人 谷村美月 ジョニー・デップ 麻生久美子 妻夫木聡 西田敏行 ミュージカル サミュエル・L・ジャクソン 加瀬亮 ブルース・ウィリス リーアム・ニーソン 阿部寛 松山ケンイチ ジャッキー・チェン 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ハリソン・フォード スペイン映画 マット・デイモン ドキュメンタリー 浅野忠信 ARATA 山田孝之 三浦友和 役所広司 岡田将生 中村獅童 小出恵介 ブラッド・ピット 戸田恵梨香 ユアン・マクレガー レイフ・ファインズ 宮藤官九郎 小池栄子 瑛太 藤原竜也 小栗旬 蒼井優 満島ひかり 玉山鉄二 宮崎あおい スティーヴン・セガール スカーレット・ヨハンソン 長澤まさみ 吉高由里子 アーノルド・シュワルツェネッガー 堤真一 ジョン・トラヴォルタ 成宮寛貴 谷原章介 大沢たかお 樹木希林 犬映画 ジェイソン・ステイサム ゲイリー・オールドマン ロバート・ダウニーJr. ユースケ・サンタマリア 特撮 ジョージ・ルーカス キャメロン・ディアス 鈴木京香 田中麗奈 西島秀俊 中国映画 カナダ映画 佐々木蔵之介 伊勢谷友介 モーガン・フリーマン 渡辺謙 薬師丸ひろ子 トム・クルーズ トム・ハンクス エマ・ワトソン 窪塚洋介 椎名桔平 広末涼子 ガイ・ピアース アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 綾瀬はるか 宮崎駿 田辺誠一 香里奈 堺雅人 柳葉敏郎 園子温 アンソニー・ホプキンス ジョージ・クルーニー 北乃きい 深田恭子 ヒュー・ジャックマン 市原隼人 香取慎吾 井上真央 仲里依紗 オーストラリア映画 シガーニー・ウィーバー 玉木宏 中井貴一 サンドラ・ブロック ラッセル・クロウ 石原さとみ 伊藤英明 阿部サダヲ ダコタ・ファニング ハル・ベリー ジョディ・フォスター 草なぎ剛 竹内結子 クリント・イーストウッド アン・ハサウェイ 仲間由紀恵 ミラ・ジョヴォヴィッチ ユマ・サーマン 成海璃子 佐藤隆太 ミッキー・ローク 上野樹里 仲村トオル ウィル・スミス 松田龍平 水川あさみ イライジャ・ウッド クリスチャン・ベール シルヴェスター・スタローン 大泉洋 豊川悦司 トミー・リー・ジョーンズ 木村佳乃 木村多江 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ 林遣都 ベン・アフレック ケイト・ベッキンセイル 深津絵里 ケヴィン・スペイシー 堀北真希 大竹しのぶ 柴咲コウ リチャード・ギア キアヌ・リーブス ジュード・ロウ 吉瀬美智子 白石美帆 ナタリー・ポートマン 永山絢斗 スティーヴ・ブシェーミ 岡田准一 黒木メイサ 栗山千明 コリン・ファレル ヴィン・ディーゼル ブラッドリー・クーパー メリル・ストリープ ティム・バートン 松田翔太 オーランド・ブルーム 江口洋介 哀川翔 ジュリア・ロバーツ 小雪 ダスティン・ホフマン 小西真奈美 松本人志 マイケル・J・フォックス 森山未來 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン 松雪泰子 唐沢寿明 及川光博 佐藤健 ロバート・ゼメキス マイケル・ベイ 中村蒼 北野武 リュック・べッソン ペネロペ・クルス 西部劇 佐藤江梨子 北川景子 竹野内豊 クエンティン・タランティーノ アレック・ボールドウィン ザ・ロック マイコ 香椎由宇 寺島しのぶ ベルギー映画 宮迫博之 ケヴィン・ベーコン ベニチオ・デル・トロ イタリア映画 グウィネス・パルトロウ ショーン・ペン 中谷美紀 デニス・クエイド 菊地凛子 ヒース・レジャー 松たか子 ジャン・クロード・ヴァン・ダム 織田裕二 生田斗真 多部未華子 アビゲイル・ブレスリン キャシー・ベイツ ジェームズ・キャメロン 小林聡美 オーストリア映画 桐谷健太 ビル・マーレイ 向井理 ウィノナ・ライダー 篠原涼子 ロバート・パティンソン ジャック・ブラック サラ・ジェシカ・パーカー チャーリー・シーン ポール・バーホーベン 市川由衣 マイケル・ダグラス 三浦春馬 ジェフ・ブリッジズ 猫映画 イーサン・ホーク シャーリーズ・セロン 溝端淳平 ケヴィン・コスナー ジム・キャリー 永作博美 ダニエル・クレイグ ジェット・リー 芦田愛菜 ダニエル・ラドクリフ クライヴ・オーウェン 真田広之 オーウェン・ウィルソン ベン・スティラー ピアース・ブロスナン ジェラード・バトラー イ・ビョンホン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジョン・マルコヴィッチ 小泉今日子 スーザン・サランドン 新垣結衣 エディ・マーフィ 吉川晃司 ケイト・ウィンスレット 岡村隆史 上戸彩 原田知世 二宮和也 ガイ・リッチー リブ・タイラー 中居正広 ヒュー・グラント 山田洋次 榮倉奈々 シャイア・ラブーフ 木村拓哉 小池徹平 アンドリュー・ガーフィールド エドワード・ノートン 福田沙紀 星野真里 中村雅俊 ダニエル・デイ・ルイス 稲垣吾郎 クリステン・スチュワート クリス・パイン ジェシカ・アルバ 水谷豊 ナオミ・ワッツ 笑福亭鶴瓶 ジャック・ニコルソン マーク・ウォールバーグ チェコ映画 桜庭ななみ キーファー・サザーランド リバー・フェニックス ティム・ロビンス オダギリジョー ロビン・ウィリアムズ 三谷幸喜 M・ナイト・シャマラン アントニオ・バンデラス メキシコ映画 平野綾 内田有紀 夏帆  ジェームズ・マカヴォイ エミリオ・エステベス 松田優作 マシュー・マコノヒー 水嶋ヒロ ソン・ガンホ オリヴァー・ストーン エイドリアン・ブロディ 井ノ原快彦 高倉健 シャロン・ストーン ミシェル・ファイファー ポーランド映画 ジェラルド・バトラー 庵野秀明 三浦翔平 キーラ・ナイトレイ ジェイミー・フォックス メグ・ライアン 速水もこみち ペ・ドゥナ キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート ウィリアム・ハート デミ・ムーア 寺尾聰 長谷川京子 福山雅治 東山紀之 アンディ・ガルシア ジョシュ・ハートネット 相武紗季 アル・パチーノ 前田敦子 ドリュー・バリモア スティーブン・キング ブレンダン・フレイザー オードリー・ヘプバーン ジャン・レノ ジョン・キューザック 押井守 ショーン・コネリー 反町隆史 ホアキン・フェニックス メル・ギブソン 武井咲 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ マーティン・スコセッシ ウーピー・ゴールドバーグ ハーレイ・ジョエル・オスメント 吉永小百合 マコーレー・カルキン アダム・サンドラー 渥美清 井筒和幸 大島優子 つるの剛士 ジェニファー・アニストン 武田鉄矢 藤木直人 米倉涼子 中島哲也 リンジー・ローハン ノルウェー映画 松嶋菜々子 奥菜恵 ピーター・ウェラー スウェーデン映画 タイ映画 マイク・マイヤーズ 松下奈緒 大倉忠義 ウェズリー・スナイプス チョン・ウソン 加藤あい リーズ・ウィザースプーン アシュトン・カッチャー オランダ映画 吉岡秀隆 ポール・ニューマン 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア マドンナ 沢尻エリカ チャック・ノリス 安藤政信 金城武 チャン・ツィイー 櫻井翔 ルクセンブルク映画 陣内孝則 中山美穂 チョン・ジヒョン 市川海老蔵 マット・ディロン 菅野美穂 クリス・タッカー スティーヴ・マーティン ウォンビン 佐々木希 カート・ラッセル コロンビア映画 アルゼンチン映画 アシュレイ・ジャッド ハンガリー映画 台湾映画 イスラエル映画 山下智久 シェール 照英 赤西仁 ブルース・リー 亀梨和也 ソン・スンホン 新海誠 長瀬智也 山下敦弘 スイス映画 マイケル・ムーア 伊東美咲 錦戸亮 松平健 本木雅弘 フィンランド映画 シガニー・ウィーバー イラン映画 丸山隆平 スイス映画 キーラ・ナイトレイ ドルフ・ラングレン インド映画 松坂桃李 高橋克典 松岡昌宏 大野智 村上信五 スロベニア映画 ポール・ウォーカー デンマーク映画 ロバート・レッドフォード ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン スロバキア映画 キルスティン・ダンスト 森且行 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR