FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

チョコレート

●◎○ チョコレート >
http://tv3.2ch.net/cinema/kako/1027/10270/1027006522.html
2ちゃんねる映画ブログ

4 :名無しさんにズームイン!:2010/10/26(火) 00:03:31.96 ID:pfUgmRpo
チョコレート MONSTER'S BALL(2001年 アメリカ)
黒人として、アカデミー史上初の最優秀主演女優賞を受賞したハル・ベリー主演。深い喪失の淵から、愛を知ることによって人生を取り戻す男と女の新たな出発の物語。
死刑囚の夫と幼い息子を相次いで亡くした女(ハル・ベリー)と、愛を注ぐことを知る前に息子(ヒース・レジャー)を目の前で失った人種差別主義者の孤独な男(ビリー・ボブ・ソーントン)、それぞれの家族の死をきっかけに、交わるはずのない二人が心を通じ合わせていく。
深い喪失の淵から、愛を知ることによって人生を取り戻す男と女の新たな出発を描いた、心に染み入るビターなラヴ・ストーリー。

<監督>
マーク・フォースター

<キャスト>
ビリー・ボブ・ソーントン、ハル・ベリー、ピーター・ボイル
ヒース・レジャー、ショーン・コムズ、モス・デフ


10 名前: ?@?@ 投稿日: 02/07/21 00:42 ID:brMvNXAi
今日観てきた。

感想としては、「社会派でエロ」これ最強。
えんえん続く、ハル・ベリーのなまなましいセックスに、こりゃビリーの嫁の
アンジェリーナ・ジョリーが激怒するのは当たり前と思ってしまった。

まー、なかなかしみじみとして、個人的には好きな映画だな。
乗れない人にはすげー退屈なはず。

11 名前: 投稿日: 02/07/21 00:53 ID:2CXeFl7Q
10> 確かにダメな人にはダメだろうね。漏れなんかまた見ようかとも思ってる。

35 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/07/26 11:40 ID:m13Xecrh
ごめん、おれ全然納得いかなかったんだけどこの映画。
ダラダラ濡れ場やるより、もっとストーリーの上でキッチリ描くべきことがあった
んじゃないのかと小一時間問い詰めたくなったよ。

たとえばハンクの息子への屈折した想い。「ああ、ずっと昔から嫌いだった」と言って
追いつめた末に死なせたのだから、その複雑な愛憎と悔悟の情がないまぜになって
死後に重くのしかかってくるはず。その点をきっちり描くべきなのに、ほとんどそれを
素通りする(せいぜい売春婦との「今日はできないよ」という陳腐なやりとりぐらい)
のには呆れた。これは「描かない」んじゃなくて「描けない」んじゃないのか単に。

あと、主人公の黒人に対する差別意識。幼い頃から父親に刷り込まれてきた根強い偏見
が、美人の黒人女性とねんごろになっただけでそう都合よく解消されるものなのか。
そこに必ず立ち現れるはずの葛藤をこそ描かなければならないんじゃないのか。レティ
シアにしても、父親に侮辱されたことをああも簡単に許すのは結局、経済的に追い
つめられた挙げ句すがれる男がいたから妥協しただけにしか見えない。差別問題を肌で
感じるはずのアメリカの観客はあんな安直さで納得するのかね。

要するに、「喪失と再生の物語」の名になど値しない、単なる欲望と妥協の産物として
の男女関係が生成するさまを描いただけとしか思えなかった。いや、そういう話だよと
言われればそうなのかもしれないけど。というより、明らかな脚本の練り込み不足じゃ
ないのか。

前半の緊迫感が良かっただけに残念でした。あとどうでもいいけど、息子と父親が
同じ女呼んで同じ体位で同じようにセックスしてたってのは・・・
ちょっとゾッとしたわ。

36 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/07/27 02:44 ID:hr04nD44
>>35
確かに同意する部分も大きい。

そのような指摘、どこかのレビューでも読んだ。確かにそうだと思う。
描写不足でありながら、行間を読ませるつくりでもないし。

基本的に、アカデミーで俳優の賞だけノミネートされてる作品って
作品的には怪しいものが多い気がする。 当たり前か。

4 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/07/19 21:24 ID:M24KrGZT
なんで邦題がチョコレート?
怒ってる人いたよー

89 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/08/17 18:15 ID:WT4CfYf6

2ちゃんねる映画ブログ

ハルベリ=褐色の美味しい食べ物=チョコレートって連想してしまった。
人種差別ととられかねんぞ、この邦題。
いいのか?

92 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/08/20 10:46 ID:cT6j/1M7
>>89
チョコレートは黒人の差別用語の1つだったはず・・・ 多分だけど。

94 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/08/21 01:06 ID:maJ2AQxF
チョコレートは人種差別用語ですね。

37 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/07/27 03:17 ID:xvRsPNoV
チョコレート、というタイトルは一見口当たりも良いし、
チョコバーやチョコアイス、黒人の肌の色とも相関関係があり
とても良いタイトルに思える。

が、よくよく映画を観てみれば
まさに原題のとおりの非常にエグい話。
到底甘くほろ苦い、なんていうレベルのものじゃない。

息子を追い詰め、悩みながらも結局は父も見捨て、
大事にしていきたいと思った女に真実も告げられないハンク。
彼の自己中心的な思考と行動には、正直不快感を覚えた。

悲劇のヒロインであるのは事実として、
結果として社会的弱者であるが故に、
いわくつきのハンクを頼ったレティシアの狡さ。
そして、最後に葛藤しながらもハンクを責めは出来ない
レティシアの弱さと強さ。
これにも、ある種の苛立ちを覚えた。

だが、綺麗事ではない何かを描こうとしたら
こういう手法になるのだろう、とも思う。
人間、誰しもそんなに清く正しくなんて生きられないものだから。

だからこそ、こんなショコラのばったもんみたいな
媚びた甘ったるいタイトルを付けられたのでは
物語の核心がぼやけてしまう気がする。

懊悩と葛藤の中でセックスだけがリアルに感じられる瞬間、
これの描写に関しては確かに秀逸だと感じただけに、
本当にもったいない。
そして、そういう男と女のなまなましく愚かな様こそが
Monster's Ball(Ballはセックスの意も含む言葉だったはず)
なのでは?

>>35
解釈の仕方は違うけど、見え方としては
近い見え方だったのかな?
極論を言うと、
単なる欲望と妥協の産物としての男女関係=Monster's Ball
だったんじゃないかな、と自分は思うのだけれどね。

38 名前: 37 投稿日: 02/07/27 07:46 ID:xvRsPNoV
あ、ちなみに原題の本来的な意味は
死刑囚のために行われる刑執行前夜のパーティのこと、
だそうです。

37で書いた解釈はあくまで個人的なものなので、あしからず。

41 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/07/28 09:17 ID:K9fmqr9e
気の利いたレスが書けなくて悔しいけど、>>37さんのコメントはすばらしい。
新聞や雑誌の批評も、これくらい簡潔で的を射ているといいのだけど。

44 名前: 35 投稿日: 02/07/28 13:47 ID:dr5j7i9B
>>37
なるほど。たしかにあなたの解釈の方がより一歩踏み込んでる感じはするね。

>だが、綺麗事ではない何かを描こうとしたら
>こういう手法になるのだろう、とも思う。
>人間、誰しもそんなに清く正しくなんて生きられないものだから。

これには半分だけ同意。あの映画には「綺麗事ではない何か」を描こうという
姿勢は感じられても、そのための「手法」としてあのような語り口を選び取った
という積極性のようなものは見受けられなかった。繰り返しになるけど、やはり
脚本と演出の力不足ではないかと思う。核となるはずの「葛藤」にきちんと
向き合っていない。

なんてエラソーに言ってるけど、リアルな「葛藤」をきっちり描いてなおかつ
それを甘ったるい綺麗事のレベルに落とさないためには、やはり相当な力量と
クオリティが必要とされるんだよね。生半可なことではないっす。

40 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/07/28 02:46 ID:GHyM/Hv7
土曜に、日比谷で16:55の回を見た。ゲロ混み。

作品だけど、第一印象としては「甘い」と思った。
既出だけど、葛藤が全然描けてない。
見終わったあと、「重い」とか感想もらしてる若い男がいたが
「お前の人生って軽いんだなー」。

2ちゃんねる映画ブログ

で、チョコアイスを一口もらって納得してハッピーエンドか?
そりゃねーだろ。
でも馬鹿そうなOL客が多かったから、彼女達的には
Monster's Ballの意味を考えることもなく、
重い状況がうまくまとまって良かったね、
と好評を得るのではないかな。
GAGAも馬鹿OL狙いだから「チョコレート」って邦題にしたんでしょ。
それはそれで悪い邦題とは思わないな。

ハル・ベリー自身は好演。アカデミの価値はあると思う。
体張ったし、夫と息子の絵をハントに見せて語る場面の
泣き笑いとか、凄いと思った。
ソーントンもやっぱ渋いな。それだけに脚本の甘さが痛い。

以下、細かい点。
松浦美奈、stick shiftの意味知ってるか?
オートマ車の対義語としてのマニュアル車だろが。

親子双方を客に取る売春婦はUGA(ジョージア大学)の学生か?
ハントがやりに行く直前にUGA COURT みたいな看板が出た。

SEXシーンで織り込まれる檻(?)の映像って何?
ハントが回送してるムショかな?

ハントの父親、極端。あんな危険思想の持ち主、いまどきそうはいない。
あと、死刑囚の未亡人があんなにスレンダーで美人てのもリアリティないなー。
息子同様、太ってるケースが多そう。

2ちゃんねる映画ブログ

刑務所の看守って給料いいのかな。なんで直ぐにGSを買収してオーナーに
なれるのだろ。

撮影はルイジアナでしたらしいけど、実際、見ててジョージアらしくない
風景だった。ジョージアにはあんな平原、めったにない。
ジョージアってもっと森が鬱蒼と茂ってる感じ。

あ、漏れ、昔ジョージアに住んでたの。アトランタ近郊。

あとグロコウスキ家の連中が銃を簡単に手にしてるのも変だと思った。
ジョージア州は銃所持禁止。

55 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/08/03 01:28 ID:AkJCkqix
>40
死刑囚の妻が太いって固定観念はどっからくるの?わたし的には貧乏してて苦労
してるっぽいからガリガリってイメージあるけど。だからハルバリーの体型は
ぴったりだった。あと彼女のスッピン顔プラス安そうな服・カバン・靴も
あ~、こんな人いる~って感じであってたと思う。NYに住んでるけどあんな感じの
黒人いっぱいいるから。

あと人種差別バリバリの親父。アメリカあんなんばっかじゃ~ん。なにいってんの?
普段はそう見えない人も実際自分の子供が有色人種連れてきたら発狂する親って
実際にはいっぱいいると思うよ。

あ、んであんな糞田舎の寂れたGCなんか安いもんっしょ。マジメに看守をどうせ
20~30年勤めてきてたんでしょ。家買ったくらいであとはたいした贅沢
してないだろうし。そりゃ貯金くらいあるっちゅうねん。

114 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/09/02 01:33 ID:NrlCc0TE
>>40
遅レスですが、まだ誰も答えてないみたいなので。
>SEXシーンで織り込まれる檻(?)の映像って何?
>ハントが回送してるムショかな?
あれは多分、その直前にレティシァの元夫の絵を見てハントが気付いた
証拠みたいなものじゃないでしょうか?
私はそう受け取りました。

43 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/07/28 12:39 ID:T9I/sJle
>>40

『チョコレート』っていう甘ったるい邦題は好きではないが、
確かに商売としては巧い付け方だとは思う。

ところで、
ハル・ベリーの泣き演技は、個人的には
アカデミー受賞のスピーチと被ってしまい微妙に萎えた。

2ちゃんねる映画ブログ

ヒース・レジャーが少ない出番ながら
なかなか良い演技してたのは意外だった。
あまり生かされてなかったけど(w

120 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/09/08 21:45 ID:Eoqn/tD0
aa_20110831175702.gif

127 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/09/13 21:50 ID:FkvcE6UO
自分の子供に「あんたはずっと俺を憎んでいたんだろうけど
俺はあんたをずっと愛していた。」なんて言われて目の前で自殺なんてされたら・・・
俺だったら、残りの人生で女にかまけるなんて絶対にできないと思う。
まさに一生宇津田氏脳の世界だ。

131 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/09/16 02:04 ID:23u7fada
>>127
あのシーンはあごが外れそうなくらい残酷だった。
償うことを許されないって、最悪の罰だと思った。

76 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/08/11 11:45 ID:8Om4oYl2
昨日観た。
一緒に行ったカミさんは感動しとったよ。
思った以上にヘビーな内容だった。
でも今後、あの二人うまくいくんかいな?

庭にお墓が三つあったね。母と息子とあと誰なんだろう?

79 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/08/12 01:06 ID:LiKgyQ4U
>>76
じいさんの奥さん

81 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/08/13 11:36 ID:notS/h0p
昨日見てきました。女子です。

個人的には
前半の緊迫感と後半のトントン拍子に進んでいく不安定なストーリーの流れ、
ちょっと無意味に多すぎるセックスシーン、など、微妙な部分は多いけれども
最後、何も言わずに一緒に生きていくと決めるハル・ベリーが賢くて良いな。
と思いました。あれで別れたりしたら最悪映画になるとこだった。
この良いんだけどちょっと微妙な感じがやっぱり単館なのかと思いました。

しかし簡単に親を施設に入れるシーンにはびっくり。物語上、ああしてる
のかと思ったけど、あれはアメリカ人的には普通なのですか?

85 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/08/16 21:10 ID:Lm47ltXl
いざとなったら親を捨ててもいいんだなーって
目からウロコが落ちました。

82 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/08/15 22:01 ID:1bCrdi1t
女子です。ていうかハル・ベリーと同い年、、。
最後のシーンの解釈が一緒にいった友人と違った。
あれってハッピーエンドなのか、あらたな不幸の始まりなのか。。

83 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/08/16 05:39 ID:c4UX3WnM
ハッピーエンドでしょ。お互いに必要なものを得るために一緒になった二人。
人は1人では生きていけないってマジで感じた映画でした。男は精神的に、
女は物質的に。でもそれで一緒になってもいいんじゃないの?って思った。

84 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/08/16 14:54 ID:GX6m8YVs
別にいいけどさ、それってハッピーか?
個人的にはバッドじゃないけど、ハッピーじゃないなって思った。

103 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/08/28 20:37 ID:FWyFmn6/
本日鑑賞。
タイトルから、甘いストーリーかと思いきや
あっとゆうまにエンディング。
あと1時間は必要。
もっと心理描写があればよかったのに。
それとやっぱり
親を簡単に捨てたりするあたりが、日本人として
理解に苦しんだ。
そこまでして手に入れたいのは・・・・・?!
旦那の死刑にも、意外とアサーリだし。

でもラストは如何様にも解釈できるので、個人的に好きっす。

106 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/08/30 21:09 ID:rbUoN6IT
水曜日からずーっと考えてるんだが、
誰か、お願い。
納得できる解釈を、誰か説明してくれ。
結局ハルベリーはどう思ってたんだろう・・・・

115 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/09/02 01:48 ID:HqZSl0JF
>>106
おいおいそんな事他人に聞くなよ。
それをいろいろと考えるのもまた映画の楽しみ方だろ?

109 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/09/01 01:43 ID:8Ej2J70d
>>106
ややネタバレ気味ですので、未見の人はとばして下さい。


この映画、淡々とした語り口からも推察出来るとは思いますが
おそらくは「人生の一コマ」を映し出しているだけなので
誰もが納得出来る最終的な解釈というのは存在しないと思います。
ただ私は、今はともかくとして、彼等がお互いの傷をなめあっている間に
愛を育む事が出来なければ、結局は上手く行かなくなると解釈しました。
何故なら、二人が結びついたのは愛では無く同情と感傷からだと感じたから。
そして今の彼女は、とても不安定な状態で、色々と思うところは有るにしても
自分に対して差し伸べられた手を振り払う勇気はないだろうと思ったし。

けれども、その後彼女が落ち着いた時、どう反応するかが予想がつかない。
彼が彼女の夫に引導を渡した人物と知ってショックを受けた事は描いていても
その感情をどう処理して行くかについては描かれる事無く終わってしまったので。
だから、その事で彼女は彼に対して憎しみを抱くのかどうかもよく分からない。
もしかしたら、その事実から彼女が、彼が彼女に対して愛では無くて
罪の意識を抱いた為、彼女に優しくしているだけだと解釈したかも知れないし。

そんな二人が共に生活して行く上でどういう関係が築かれるのか?
彼と生活していく間に確執を超えるだけの、ある種の愛情が芽生えるのか?
それとも、その事がわだかまって結局、彼に嫌気がさすのか?
嫌になっても、元の生活に戻る決心がつかず仮面夫婦で居るのか?
あるいは、彼の家系の呪縛に捕われるのを恐れて逃げ出すのか?
(近親者に三人も自殺者が居るという事実は、キリスト教圏では相当衝撃だろう)
彼等の行く末は分かりません。けれど唯一、おぼろげながらも私が予想出来たのは
いずれにしても彼等の進む道は、まだまだ険しいのであろうという事だけでした。

133 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/09/20 00:27 ID:EqjfP+6w
>>109
いわれてみれば3人とも自殺なんだね。
恐ろしい家だ・・・

124 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/09/10 14:17 ID:hQKh7lTa
「説明不足」「行間を読ませるつくりでもない」等の批判があるようだけど
私は逆に「説明しすぎない」点が逆に潔くて好きだった。
「行間を読ませるつくりでない」とは私は思わなかった。
淡々と進んでいく日常のなかで、彼らの心情を色々想像する映画だと思う。
ビリー・ボブがガソリンスタンドの名を「レティシア」にする下りなんて、
恋に浮かれた男という描写に見えなくもないが、
そういう「形」を作ることで過去の自分を贖罪してもらいたいという
打算があったり?なんて色々考えた。
(もちろんそんなことで贖罪されるわけもないし、
 長年築いてきた黒人差別の感情が根絶できるとも思えないが)
あれで彼らの心の葛藤をいちいち説明されるとじっとりと暗く鬱陶しい映画だと
思う。淡々と乾いていて暗い、それが私はよかった。

この映画をハッピーエンドととるのは自由だけど、
ハッピーエンドと思った人はつまらないと感じたんじゃないだろうか?
ラストの彼女の決断には同情や期待もあれば打算もある、欲望もある。
あれであの二人の将来がハッピー♪と思うとただの甘ったるい
ラブストーリーになっちゃって深みは感じられないんじゃ?
あの二人が傷の舐めあいを、Monster's Ballを終えた時にどうなるのか、
それを想像するのもこの映画の結末の味わい方だと思う。

まぁ百人観たら百通りの解釈があるとは思うけど、
私は最後に二人が見上げた空が晴れ渡っておらず
どんよりしていたところがこの後を暗示していると感じました。
だけどあの時のあの二人には寄り添うことが必要だったのでしょう。

2ちゃんねる映画ブログ

128 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/09/13 23:31 ID:ijTDevAI
ビリー・ボブが黒人の女性にやさしくするのは、
黒人少年に優しかった息子への罪滅ぼしの意識がある。
かたや、ハル・ベリーは、チョコレートバーを隠れて食べてた息子と
チョコレートアイス好きのビリー・ボブを重ね合わせてる。

二人を惹きつけ合わせているのは罪の意識。
まあ、始まりはどうであれ、その後いかに愛を育てていくかが重要なわけで
ラストのハル・ベリーは、そのことに気付いて
新たな人生を歩み出す決意をしたように見えたよ、俺は。

129 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/09/15 23:55 ID:YCfMOk9/
>128
明るめの結末と解釈した人の感想は今まで全く受け入れなかったんですが、
あなたの感想には納得いきました。
そういう前向きな解釈も確かにできますね。
私はいつか終わるとわかっているけどしばらくは続くであろう
優しい暮らしをとりあえず受け入れた…というふうにやや後ろ向きに解釈しました。

138 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/09/20 03:59 ID:E1Hc7C44
1か月程前に見ました。
ラストでハルベリーは旦那を処刑したのはボブだと知るけど、
知り合って割りとすぐ知ってお互いどうしようと葛藤する映画
だと見る前思ってたのでびっくりした。
もうちょっと二人の心理描写が上手く描けてたらなって思う。
せめてガソリンスタンドがオープンして二人で働いてるとこまで
描いてほしかったな。ラストはハッピーエンド?でもハルベリーは
何も言わずにずっと悶々としながら生きて行くのかと思うとちと
切ないね。

146 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/09/26 22:47 ID:yYyCvLrO
なんか後味悪い映画だった。
主人公の男って結局自分以外の人間を愛せない人だと思った。
ハルベリーと出会ってから変わったかというと、平気で親を捨てるあたりから
して本質は変わってないし。
私がハルベリーだったらこの男には深入りしないよ。

147 名前: 名無シネマ@上映中 投稿日: 02/09/26 22:49 ID:OkN7/gJa
深く出し入れされますた


関連記事

  1. 2010/10/28(木) 08:58:03|
  2. た行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<劇場版Fate / stay night Unlimited Blade Works | ホーム | ウィッチマウンテン/地図から消された山>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1511-3deccafb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR