FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

グエムル -漢江の怪物-

【お父さん】グエムル 漢江の怪物 3匹目【助けて!】
http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1157171415/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :ワールド名無しサテライト:2008/05/03(土) 23:13:51.93 ID:Te95w3vh
グエムル-漢江の怪物-◇06年、韓国。ソン・ガンホ。

ソウルを流れる川、漢江に正体不明の巨大怪物が現れ、河川敷で売店を営む一家の娘が連れ去られた。怪物のウイルスに感染したと疑われ隔離された一家は病院から抜け出し、
娘を救出するため怪物に決死の戦いを挑む。ポン・ジュノ監督。


74 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 15:47:29 ID:VLtTNaF7
昼から見てきた。
地方都市だけど、客の入りは2~3割ってとこ。

最初の大暴れシーンはよかった。でも、そこだけってキガス。
米軍の黄色いガスが意味不明だった。
中途半端な終わり方で消化不良。
 (ハッピーエンドか、全員惨殺、怪物生き残るとか。。)
次男、長女復活するな~(思わずホロリとして損した)
アーチェリーの長女、ちょっと(・∀・)イイ!!

2ちゃんねる映画ブログ

123 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 18:15:53 :5owCK59f [4/30]
走るペ・ドゥナの姿は美しいなぁ。

124 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 18:17:07 :5owCK59f [5/30]
普通に面白かったよね。ただ普通の怪獣映画だと思うと
コミカルとダークな微妙なさじ加減に戸惑うはず。

145 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 18:37:09 :5owCK59f [16/30]
親父さんが殺されるまでは コメディタッチが強かったんで
後半のシリアスな展開には少し戸惑ったね。
これは「殺人の追憶」と同じ手法だけどさ、
この映画はコメディタッチのまま突っ走ってほしかったが、
ポン監督はそれでは満足しなかったんだろうな。

132 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 18:22:16 :Omg4+BML [2/2]
皆が期待するカタルシスを外されて、映画が終わった瞬間の射精感はないけど、
も一回、内容を考えてしまうんだよな。あの音楽が頭の中から離れない。

152 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 18:43:08 :2nXy7BfJ [5/15]
また観たくなる映画だよまったく。観たあとじわじわ来るものがあるよ。

188 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 19:23:16 :5owCK59f [26/30]
見ても損はない。てゆーか見たほうがいい。
しかし「殺人の追憶」がA+クラスだとすると
この映画はB+かAーというところだと思う。

208 :380の母:2006/09/02(土) 20:05:12 :An0AS3aP [4/4]
>188
屁で判断した?

139 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 18:30:45 :5owCK59f [13/30]
「殺人の追憶」の足蹴り刑事と
頭の弱い容疑者がそれぞれいい味をだしてたね。
ポンの次作にも出てほしいな。是非。

147 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 18:38:19 :5owCK59f [17/30]
あの親父さんが死ぬ直前に見せる笑顔が良かったな。
ポン監督の常連だよね。今回が一番いい役かな。
演技のしがいがあっただろう。

2ちゃんねる映画ブログ

154 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 18:50:31 :2nXy7BfJ [6/15]
お父さんの説教のすぐ後の死。泣けたよ。
お父さんあのくだらん説教をしていたシーンが思い出されて心を打った。(泣)

142 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 18:33:13 :owHIIFg6 [1/2]
またみたい。

怪物を、政府サイドも追いかけてる感じが遠景でも、もう少しあるといいのになあと思った。
あと、娘は最後、死んだのか生きているのか、分からなかったよ。
壁には新しめな娘の2ショット写真があるので、あの場所を離れて暮らしてるのかなと思ったんだけど
どうなんだろう?

ラストの闘いは、ハイスピードで家族をヒロイックに見せすぎで、そこまでは乗れない感じかなあ。
怪物も哀れにみえるから、客観的にクールに、画にすればもっと好きになっただろうけど、
そこは好みの別れる所だろうなあ。

162 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 18:58:17 :oxlfTYdb [1/4]
見てきた
単純に面白かった
あの女の子は氏んじゃったんだね
それにしても韓国政府と韓国警察もバカすぎw

164 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 19:04:52 :5P2560BN [1/4]
観て来た。
いや、滅茶苦茶面白かったぞ。最後がカタルシス不足だけども。
前半の襲撃シーンはかなり強烈。怪物が人を次々跳ね飛ばして行くのはもう
圧巻だったわ。
コメディ色が強い気も確かにするんだが、このレベルなら全然アリ。

父親が最後までダメダメで、本当に最後の最後で大活躍。
って言うのはカタルシスに欠けてちょっと残念だったけどな。
やっぱりあの巣の中で一度は娘を守って欲しかった。

しかし娘はやっぱり死んでたのか?1回目を開けていた気がするのは
別の人物と勘違いしたのか俺が。

181 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 19:19:11 ID:3vxwY+Fu
実は嘘なんだけど、ウイルスがあるから手が出せないって設定になんでしたんだろうな?
あんだけ被害与えて、ガスまく以外手が出せないってのもな・・・。

187 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 19:22:19 ID:xlS7TIRx
>>181
怪物が廃棄したホルマリンで生まれたって知られたくなかったんだろう

210 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 20:09:51 :0PQdyxWN [1/2]
実際にアメリカ軍がハンガンに毒物を垂れ流す事件があったんだそうだ>王様のブランチより

211 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 20:10:15 :2enG4+WU [2/3]
「菊花の香り」とか「殺人の追憶」とか、ナヨッとした美青年風のイメージがある
パク・ヘイルも、金髪頭の冴えないおっさんも、スルメ焼くじーさんも、ライフル
持つと全員ナチュラルに型が決まるところが、さすが兵役義務国家だ。
ライフルのある売店・・・こわすぎ。

896 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 19:16:05 :2RjwfGlo [1/3]
>>211
あーそれ気付かなかった。
そうかあ、ひびりもせず撃ってるの「まあ映画だから」と思ってたけど、
あちらではあの方がリアルなんだね。
日本なら反動で鉄砲取り落とすぐらいしないと嘘くさいか

212 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 20:16:45 :5P2560BN [4/4]
そういや、初登場シーンが橋にぶら下がってるってのも、
ある意味怖いよなぁ。
遠目から見たら単なる吊られている物にしか見えない物が生物だったとか。

2ちゃんねる映画ブログ

私生活の中で「ただの物」だと思っていたものが
実は違う得体の知れない何かだった…
なんて、現実でももしかしたらあるかも知れないし。

338 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 23:28:13 ID:AFSeTBgx
怪物が最初に目撃されるシーン

橋桁に何かがぶら下がってる。。

あの不気味さがたまらなく好きだ。

342 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 23:30:43 ID:YXgVGNAx
>>338
グエムルって川で育ってて、橋っ子だから、
橋の扱いうまいよね。
尻尾で捕まって、クルンと反動で進んだりw

214 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 20:18:32 :0PQdyxWN [2/2]
一匹だけってのはおかしいよな
毒物垂れ流しならもっといっぱい怪物が出てきてもおかしくない


ハッw
パート2か!!!

218 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 20:59:24 :doNM/8pZ [1/4]
なんかグエムルの行動パターンが良くわからない
その場で人を飲み込むこともあれば生餌を備蓄したり
父ちゃんみたいに尻尾でたたきつけて殺すだけだったり

挙句には最後の長男の投げつけた火炎瓶から逃げ惑う割には
ホームレスのガソリンには口あけて飲んだり よくワカラン

219 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 21:00:57 :ABIP6A7X [1/2]
監督によると

怪物の精神年齢は10代後半の若者
何をするかわからない

>ホームレスのガソリンには口あけて飲んだり
口あけて雨飲んでたじゃん

220 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 21:04:44 ID:QdIcVUGs
韓国の知人が言ってたけど、映画を観てから、
漢江を通るたびに怪物を思い出すようになったそうだ。
そういう意味では、身近に感じるところで、いきなり怪物が出て来た!ってことに新鮮味があったんだろうね。
俺も自分ちの近くの川でいきなり怪物出たら驚くわ。

222 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 21:09:40 ID:Sme0AIGk
東京 TOHO府中 初回(09:50~)  入りは全席数の20~30%程度。

この監督の映画としては「殺人の追憶」の方が断然、自分の評価は高い。
寝不足だったこともあるが、途中欠伸をすること数回。でも眠ることはなかった。

娯楽作品としては、?だけど、内容を韓国の社会や歴史とオーバーラップして、思い起こしてみた。
監督が生まれ育った朴政権以降の韓国の歴史は、実際には書物でしか知らない。
そんな浅薄な自分の知識だけを背景に、見てみると。
・仰々しかったり、偉そうな態度をとっていても、国家は頼りにならないどころか裏切りもする。
 (怪獣退治は結局出来ないヘナチョコ軍・警察)
・自分の身や家族は、最終的には自分で守る必要がある。
・国民の人権を蹂躙する国家(朴政権等軍事政権)を、冷戦下であるということを理由に容認したアメリカとは、
 冷戦終結後も引き続き陰に陽に影響を及ぼし、うまい関係を構築できないでいる。等など

日本人である自分でさえ、こんな印象を持つのだから、韓国人にとっては、もっと深い印象を与えたのだと思う。
だけど、日本ではヒットしないだろうな。

233 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 22:03:53 ID:oss3Avfx
怪獣に対して愛が足りない。
そういった点だけはシム・ヒョンレ監督を見習え。

241 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 22:16:05 :9sqtQEuS [1/3]
内容は面白味が少なく、すこし退屈

新鮮味の無い、まるで昔から続いてるマンネリドラマの様に安心して見れる映画

韓国というアジアが作ったほぼ初めてのハリウッドナイズされて、注目されたB級モンスターパニック映画だから、新鮮味を感じるのだろう

だからと言って面白くないわけじゃない
せめて、何故娘だけ連れてかれたのかの説明があるとよかった

評価できるのは、ハリウッドに丸投げして作ったCG
日中下でのモンスター系CGは背景との違和感を無くすのが物凄く難しいし大変な作業だ

日本もハリウッドに丸投げした方がいい

243 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 22:19:52 :sRoTbk7G [12/15]
>>241
ああ、あれハリウッド製作なんだ。
どうりで手馴れた感じがでてるよな。

274 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 23:16:03 :ABIP6A7X [2/2]
WETAってハリウッドじゃねーだろ

258 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 22:51:32 :9sqtQEuS [3/3]
ハリウッドCGってのはやっぱ高いのかね?
後半エキストラが全くいなくなったのはワラタ

260 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 22:55:26 :UjAqXkNI [2/5]
>>258
WETAはニュージーランドの会社だ

281 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 23:26:09 ID:wKFDGQ5Y
想定外のモンスターに、軍隊や市民が振り回される作品。
着眼点は、良かったと思うが・・・、映像が安っぽい。

川(の中の怪物)にゴミをポイポイ投げつける、クリーニング屋
から背広を万引きするなど、韓国人の民度の低さに”?”と、
感じてしまう。

しかし、韓国映画で食事のシーンを見ると、汚く見えちゃうのは
気のせいなんでしょうか。

283 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 23:29:14 :sRoTbk7G [14/15]
>>281
>汚く見えちゃう
あ、それ俺も感じた。
なんでだろうね?

288 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 23:35:53 :GtLWKlnq [4/8]
>>283
器のせいだろ。
日本ではアレがアルマイトの安物弁当箱を連想させるから。

305 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 23:51:09 ID:9TuucI+z
enjoyでグエムルがパトレイバーのパクリではないか?の大論争ww


585 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 10:49:14 :8lmwESMB [1/3]
enjoy koreaでは、パクリ論争が大きな問題になりつつあるな。

307 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 23:53:12 :UjAqXkNI [5/5]
確かにクリーチャーのデザインはそっくりだけど、
映画のテーマとかストーリーとか別物やん

313 :名無シネマ@上映中:2006/09/02(土) 23:58:57 :GtLWKlnq [8/8]
>>307
米軍が作り上げた怪物で河川を根城にしてる設定は一緒だな

379 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 01:21:44 :SjS411X1 [2/2]
★★★韓国映画「グエムル」と日本アニメの恐るべき類似点★★★

■「機動警察パトレイバー 廃棄物13号」(2002年)
1.米軍が秘密裏に作った生物兵器が逃げ出す
2.反米の描写がある
3.下水溝を舞台にしたパニック作品
4.騒動の末、火炎放射器で焼かれて死ぬ

■「グエムル」(2006年)
1.米軍の汚染物質による突然変異で怪物が現れる
2.反米の描写がある
3.下水溝を舞台にしたパニック作品
4.騒動の末、火炎瓶で焼かれて死ぬ(とどめは鉄パイプ)

327 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 00:10:54 ID:Vhs/Yk12
パトレイバーのあれ自体、怪獣ものへのオマージュみたいなもんだと思ったんだけど
確かに、クリーチャーは激似だけど、それで映画全体がパクリみたいに言われるんはなあ

334 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 00:22:39 ID:ugdNUl7i
廃棄物13号よりも「ゴジラ対ヘドラ」を思い出した俺は一体。
パクリつーか、よくあるパターンとは思ったが。

いわゆるめでたしめでたしじゃない終わり方はあれでOKと
思った。ちょっとユルイのもB級パニックものとしては良い。
でも、人に薦めるかと言われたら微妙。

340 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 00:30:55 ID:l+IjRUGy
レイトショー 3~4割の入りだった。

なんか観てて「トレマーズ」思い出した、アレの国民性を韓国に置き換えたみたいな。

347 :RRD ◆3MranranlY :2006/09/03(日) 00:50:10 ID:UTeJSvBn
つーことで初日レイト見てきた。
客入りは可もなく不可もなくといったところ。
まー、まずチャチいんだけどリアルだね。
怪物の登場シーン、目の前で信じられないことが起きてたら、現実はあんなもんだと思う。
現実は映画と違って効果音もないし伏線もない。ヘッドホン外した女の子のあたりの描きかたは
上手いと感心した。
シリアスにギャグが交じるってのも現実的で本当にリアル。葬式の最中に屁をこく奴がいたりして
笑いを堪えるのに必死だったりとか、そういうことあるもん。
クライマックスに向けて暗い。それが今の韓国なのかもしれないけど、ちょっと雰囲気が
古い日本って感じがする。
あとはこの雰囲気が好きか嫌いかってことだろう。

ところで俺が見た劇場では重低音がまったくなかったんだけど、もともとそういう作品なんだろうか?
そこがちょっと不安。

348 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 00:52:48 :LUcFSKEV [1/18]
久々に本気で恐い実写怪物見た気がした。
遠くから人間蹴倒しつつズンズン迫ってする白昼堂々の
出現シーンには鳥肌立つ思いだった。

374 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 01:17:23 ID:ASpR3bu3
CGだけでいうとハリウッド版ゴジラくらいの凄みはあったな。

ストーリーは個人的には中盤以降ダルかったな。
父親がもう一回捕まっちゃうあたりから。


それにしてもこの家族はちょっと破天荒すぎないか・・・。
娘をさらわれた家族が必死になるのは理解できるのだが
それにしてもちょっと・・・。

俺ちょっと真剣に見すぎたかな・・・。
肩の力抜いてバカ映画として楽しむべきだった。

407 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:01:40 :7KNRRwP4 [1/8]
ふつーにB級映画。
ボート3台並べて、川に石灰?消毒液?を撒いてるシーンには、あまりに馬鹿馬鹿しすぎて、笑いかけた。
ウィルスがあったとしても、原因の怪物を探して殺すなり、捕まえるなりする方が先だろw
川辺にどう猛な猛獣が居るのに、民間の会社ってwそれも賄賂w
体長20メートル?の化け物が暴れた後なのに、誰も怖がらない。ある意味スゲーな。
象よりでかい、かなりの猛スピードで人喰う生き物が、暴れまくってるんだぞ。
民間の消毒会社に護衛も付けずに、放り込むなんて、あれ餌付けだろw

リアリティーの欠片もない映画なのに、コメディータッチに物事進めて、女の子殺しチャーまずいだろ。
あれで興ざめ。
B級なのに後味の悪い映画だったな。

413 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:16:23 :CFrXLnUk [5/14]
>>407
それは韓国の社会が真面目にやっても馬鹿を見るだけという
風刺だろ。娘が死ぬのも頑張っても報われないって事じゃねえの

415 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 02:16:53 ID:FyfruSNP

2ちゃんねる映画ブログ

オッサンが金髪の必要ある?

510 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 09:14:35 :LUcFSKEV [9/18]
ラストでガンホの髪が黒に戻ってて、しっかり親父に
なってる所は、まあお約束とはいえちょっとほろり。

660 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 13:17:06  :1cRX8e3W [3/3]
「グエムル」って完全な造語?
それともなにか由来でもある?

作中で怪物を「グエムル」と命名するシーンや台詞が一言も無かったので
もし造語なら命名する台詞が欲しかった。

662 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 13:21:33  :4LKUT2df [6/6]
>>660
韓国語で怪物って意味

663 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 13:24:10 :eQEn4FqY [2/4]
つまり日本だと
怪物
ー荒川の怪物ー

673 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 14:00:09 :vQ4FGe41 [1/2]
>>663
大阪だと
「バケモン -道頓堀川の怪物-」

493 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 01:38:23 ID:GwH8xnjC

2ちゃんねる映画ブログ

しかしグエムルはあんだけでかくなるまで人知れず人間を食っていたのか???

657 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 12:57:55 :cFL0ptpM [2/2]
「本当はウィルスなんていないんだよ」と語る米人どっかで見覚えあるなと思い調べたら、
「羊たちの沈黙」で蝶や蛾の研究者役を演じてた人だった。
Paul Lazar
http://www.imdb.com/name/nm0493684/

667 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 13:36:02 ID:M6P/7/Tp
一番不思議なのは鯖がなんであんな手足が生えて、
獲物を巣に持ち帰る習性を持って、
尻尾があんなに自在に使える様になったのかの
説明が無かった事だった。

668 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 13:42:25 :53Yv67yO [1/2]
>>667
そんな説明いらんだろ。意味ないじゃん。

691 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 15:21:12 ID:nniCOqDB
葬式で泣いて転げまわる様子とか、ゴミを怪物にぶつける住民、
喧嘩の時すぐに足がでる国民性。
怪物よりも韓国人の方が面白いです。
1800円は高いからDVDでいいよ。

695 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 15:31:11  :n3beCuc3 [5/35]
>>691
弟のドロップキックワロタ

468 :名無シネマ@上映中:2006/09/04(月) 01:01:57 ID:BcBY87jc
次男役の俳優めちゃくちゃかっこよかった~濡れた。

2ちゃんねる映画ブログ

745 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 17:03:19 :YXgVGNAx [1/2]
怪物登場シーンから救出決意、病院脱出、親父アボーンまでの流れは結構よい。
音楽もいい。
ただユーモアのセンスには文化の差を感じたw
ここで笑いはさむかな。。。と思った所も多々あった。

318 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 23:12:51 ID:AFSeTBgx
娘が片手で怪物の牙を掴んでるのに泣けた。。両手なら脱出できたかもしれないのに最後まで男の子を放さなかったなんてー
やっぱもう一回観るわ。

331 :名無シネマ@上映中:2006/09/03(日) 23:24:55 ID:YXgVGNAx
>318
うわ、そこ気付かなかった。
男の子を最後まで抱いてたのはジンと来たけど。
2回目はしかと見てこよう。


関連記事

  1. 2010/11/14(日) 21:32:37|
  2. か行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<エアベンダー | ホーム | シックス・センス>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1506-4509e2f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR