FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

シックス・センス

シックス・センスについて語りましょう。
http://mentai.2ch.net/movie/kako/961/961599653.html
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無しでいいとも!:2007/07/07(土) 09:32:54.08 ID:YEHgPEUu
(1999年アメリカ)第六感を呼び覚ます傑作ホラーダイハードな男が見た仰天ラスト


5 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/06/22(木) 05:18
今日ね、観たよ、久々に良くできた映画を見たってかんじ。」

6 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/06/22(木) 07:29
映画館で何回も見た。
お化け登場のシーンが楽しみだったのよ。
自分は知ってるけど、周りの人は知らないから、ビビッて体が動くのが面白かった。
特に最初のババァ出てきたときなんか、音も効果的だった。

136 名前: 名無しさん@そうだ選挙にいこう 投稿日: 2000/07/06(木) 11:18
ようやくビデオ借りてみたよ。あのオチは衝撃でした。
で、オチがわかった上でもう一度みると、すごく悲しい映画
だとわかる。でも全体的にちょっと退屈だったかな。
感動はあまりない。いい映画だとは思う。

9 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/06/22(木) 17:25
私の周りには最後の”おち”が分からない人が何人かいました。
普通分かりそうなもんですが...。
そうい人、いませんでしたか?

私にはちょっと怖い映画でしたが凝っていて良かったです。

12 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/06/22(木) 18:56
あれでオチわからないやつは白痴。

14 名前: ブルースは幽霊なんだよ 投稿日: 2000/06/22(木) 19:27
普通、オープニングのシーンでわかるだろ。あのオチは。

17 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/06/23(金) 01:50
初めの5分でオチがわかったから、2時間苦痛で仕方なかった。
何であの少年はあいつにだけは普通に接してたの?
ほかの幽霊のときは死ぬほど怖がってたのに・・・
アレで泣いたとか、面白かったなんて言ってるやつ
ホンマ頭おかしんとちゃうか?

19 名前: >17 投稿日: 2000/06/23(金) 02:37
最初の数分間でオチわかっちゃった奴って
悪いけど全然スゲーとか思わねえよ。
むしろ哀れ。

24 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/06/23(金) 12:11
落ちがわかったっていうのは映画の手法みたいな部分で予想した感じだろ。
ストーリーが最初の5分で流れまでつかめるわけないじゃん。
人が盛り上がってると水ぶっかけたがるやつのたわごとだって。

39 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/06/24(土) 01:35
幽霊のお話いちいち聞いてあげなきゃいけないコールの人生って大変だと思った。大忙しじゃん。

2ちゃんねる映画ブログ

117 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/06/29(木) 19:35
コールきもい。かわいい言ってる奴信じられん。

50 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/06/26(月) 00:26
シックスセンスは音楽が良かったね。
ホラーっぽくない悲しげで綺麗なピアノのメロディが最高。

57 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/06/26(月) 02:13
娘さんのビデオのシーンがすごい怖かったです
今でも怖い‥リアルで
それを見た時の父親の顔もすごい印象に残ってます

70 名前: 私は友人とふたりで観に行きました。 投稿日: 2000/06/26(月) 13:00
 私は上映5分くらいに「オチ」に気付き、友人は最後の最後で
「オチ」に気付きました。
でも、ふたりともそれぞれに楽しめました。
そして、上映後に会話が盛りあがった映画でした。
「登場する死者達は凄惨な姿でコール少年の前に現れるけれど、
実はマルコムもコールの目にはおどろおどろしい姿に見えてたりして。
マルコムにはその自覚が無いだけで。」
「お腹血まみれな死者に追いかけられたら、こわいよ。教会に逃げ込むよね。」などと。
 重箱の隅をつつくような話ですけどね。
良い意味で 想像の余地がたくさんあっておもしろかったです。

2ちゃんねる映画ブログ

 一番恐かったのは、ビデオに映っていた母親の姿でした。
葬式の黒い服の人達の中、ひとりだけ真っ赤なワンピースで浮いている
姿も異様で印象的。生きている人間が一番恐かった…。

 確かにうまいオチのある映画に出会うのは楽しいけれど
オチが全て、とは言えないかもしれません。(あくまで個人的には)
オチからさかのぼって想像できるだけの材料がたくさん用意されてた
のはうれしかったかな。映画にはいつも
「数時間虚構の世界で、うまくだましてくれよ。」と思ってます。

74 名前: うーん・・・ 投稿日: 2000/06/26(月) 15:31
俺は正直面白くなかったです。淡々としすぎ。
眠くて眠くてしょうがなかった。みんな面白いという意見ばっかりで
否定的意見がほとんどなかったのがかえって怖いよ。
もうちょっとコケオドシ的な要素がはいってれば退屈しなかったかも
しれない。劇場で観たのがいけなかったのかも。
今度ビデオで観なおして見ます。

116 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/06/29(木) 16:24
おれは、前知識なしで観たから、最後ぞくぞくする興奮を味わえた。
殺されても尚、一番心残りだったのが、犯人の子供を助けられなかったことだっていうのが
泣かせる。仕事にプライド持ってる人だったら、ここにぐっとくるんじゃないかなぁ。
仕事への愛、夫婦の愛、親子の愛。愛がテーマって言うのがいい。
日本のホラーは、謎解きにごりすぎ。

132 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/07/01(土) 11:24
本筋とは関係ないと思うけど、途中でウィリスの妻の宝石店に
婚約指輪の買い物に来ていたインド人風のカップルは、何だっ
たんだろう。監督がインド系ということと関係があるのかしらん。
どうでもいいけど、あのインド風の女性はものすごい美人だった
ような気がする。

2ちゃんねる映画ブログ

134 名前: 132 投稿日: 2000/07/01(土) 11:49
>Samia Shoaib
そうそう。

135 名前: >132 投稿日: 2000/07/01(土) 14:44
確かにインド系カップルって、ハリウッド映画ではかなり唐突だよね。
やっぱり監督がインド系だから、アメリカのインド系をアピールしたかったんでしょう。
plain ring for plain fiancee
っていうのは、笑った。

227 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/07/10(月) 07:31
>132
サミアはたしかパキスタン系。πにも出てる。
少し太めだけど、ものすごい美人。

222 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/07/10(月) 02:54
質問1
ブルースのかみさんとレストランに行ってるところ
かみさんには、見えてないというのがわかるが、
その中で、彼女は結婚記念日は思い出に浸りたいため、1人できて
独り言を言っていたのか?偶然シーンとかみあっただけ?
質問2
なぜ、あの部屋のノブはあけれなかったの?

224 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/07/10(月) 03:37
あのドアノブはね、ずーーーとドアの前にテーブルが置かれていて
引き戸だし、いくらウイルスが引いてもあかなかったの。
でもウイルスは死んでるのに気付いていない間はそのテーブルが見えなかったとみえなか
のですね。

225 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/07/10(月) 03:54
>224
だからテーブルが見えない(意識していない)
理由が分からないんだよぉ

228 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/07/10(月) 08:42
>225
「奴等は見たいと思っている物しか見えない」(コール少年)

マルコムは自分が死んだことに気付いていない。
死後も生前のようにあの地下の書斎(?)で毎日調べ物をしている。
彼にはあのドアの前にテーブルを置く理由がない=テーブルが存在
している必要がない→「見る」必要がない。
・・・ので、ドアが開かないな?=鍵が掛かってるんだ、という発想に
なっていたのではないかと。
で、「もしかしたら自分は死人なのか?」と意識した時、何故あの
ドアが素直に開かないのか考えてみた(つまり、開かない理由を
知りたいと思った)ら、テーブルが置いてあるのが見えた。

240 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/07/11(火) 03:41
>222
質問2
なぜ、あの部屋のノブはあけれなかったの?
ですがウィリスは合い鍵持ってたから開けられたんだよ。
だから鍵掛かってるノブ回してポケットに手つっこむ
シーンが出てくる。(鍵をポケットからまさぐるシーン)
妻は何度鍵を掛けてもドアが開いてるので
ウィリスの存在が家の中に残ってることにうすうす気がついてる。
精神安定剤を飲んでるのはそのせい。
で最後には鍵掛けても掛けても開いてるんで
テーブルでバリケード作って入れないようにしたんだと思う。
自分が幽霊だって気がついたから見えなかったテーブルが
見えるようになったという解釈はちと強引すぎる。

230 名前: >222 投稿日: 2000/07/10(月) 13:02
質問1の方。
彼女が喋ったのって、最後にHappy anniversary.ってだけだよね。
結婚記念日に一人で思い出に浸っていたってことだよね。
マルコムは一方的に喋ってたけど、彼女は別にそれに反応してなかったし。
見えてなかったとしても、そんなに不自然じゃないと思う。

233 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/07/10(月) 20:40

2ちゃんねる映画ブログ

何故ウィリスはあの少年の所に行ったの?
誰にも依頼されてないよね?
それとさ、少年は最初からウィリスがゴーストだって知ってたの??

235 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/07/10(月) 22:38
>233

私が思ったことね。
まず、依頼の件。
あれは、最初に「98年」とか言ってたので、たぶん死ぬ直前ぐらいに
依頼があったんじゃないか、と思う。
それに、コール少年が死んだヒトを見えるから余計に行ったんじゃないかな。

コール少年はゴーストだって知ってたと思うよ。
既出(がいしゅつ、と読む)だったらごめんだけど、
始めてコール少年とウィリスが会った時、コール少年は
足早に教会に逃げて行ったでしょ。教会なら悪い幽霊は来れない
と思ってたんじゃないかな。だけど、教会に簡単に入ってきたし、
おばあちゃんの幽霊とはお話してたみたいだから、
悪い、怖い霊との見分けがほんの少しだけどつくんじゃないかな。
それに、教会出る時にお人形を持っていくでしょ。
あれは、幽霊に会った証拠だと思うよ。
もう一度、ウィリスが幽霊だと思って見ると、すごくわかりやすい
動きをコール少年はしてます。

247 名前: 名無しさん@そうだ選挙にいこう 投稿日: 2000/07/11(火) 15:30
キラ(げろ吐き少女)が母親に殺された理由なんですが、
あれは単なる母親の虐待なのでしょうか?
キラと父親の近親相姦に、母親が嫉妬してだと思ってました。
例のビデオの前で行う人形劇がなんだかそれっぽかったので。

248 名前: >247 投稿日: 2000/07/11(火) 16:52
 アレはおそらく、母親が、「ミュンヒハウゼン症候群」という精神病
なのでしょう。自分の自己顕示欲を満足させるために、自分や、自分の
子供を傷つけるという病気です。海外では、自分の子供の点滴に、糞尿
を混入させつづけていた母親などの例があります。
 この場合は、「病気の子供がいて可哀想」などと、周りの注目を浴び
ることが目的で、近親相姦云々はないと思います。キラの姉も病死して
いるという話が出たと思いますが、それも母親のしわざでしょう。この
ままでは、妹も同じように殺されてしまうだろうということが心残りで、
コールのところに現れたのだと思っています。

270 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/07/14(金) 12:42
幽霊は自分が死んだ事に気付いていないはずなのに、キラがテープをコールに渡すのは自分が殺された事に気付いているからだと思うが、あれは死んだ後に殺された事に気付いたのか?

271 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/07/14(金) 14:49
ビデオを撮っていたところから、自分の母親に殺されようとしている
ことには気付いていたんじゃないかな。で、とにかくそのことを父や
妹に知らせずに死んでしまったのが心残りで、コールの前に姿を現す
ことになったのでは。

コールの祖母も、自分が死んでいることを認識しているっぽいし。

シックスセンスの幽霊ってかなり日本的なんだよね。

272 名前: >271 投稿日: 2000/07/14(金) 16:17
インド的。

277 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/07/14(金) 18:48
この映画の演出で残念なのが幽霊の筈のマルコムに影があるんですよ。
室内でも電灯の光や、外を歩く時(キラの葬式の時でも)マルコムには
きっちりと影が付いていて。

あれは処理して消して欲しかったなあ・・・・

286 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/07/16(日) 00:44
>277
あのハゲの影は消さなかったのはワザとです。
だって、それだともう観客がきづいちゃうもの。
そういったところが、この映画の一回みたら、ケッとなるのです。(わたしはですよ)

226 名前: 初心者 投稿日: 2001/02/19(月) 12:46
ところで、コールが学校で教師に「僕を見るな。しゃべり方が変だ!」
などというシーンがありましたが、あれは一体なんだったんでしょう?

229 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/02/19(月) 13:17
>>226

2ちゃんねる映画ブログ

あの教師はガキの頃吃音が酷かったんだよ。
そのことを、火事で焼け死んだあの教師の担任の幽霊
(舞台の楽屋にいた、顔半分やけどしたおばちゃん)
に聞いて知ってたんだね。

7 名前: 映画小僧 投稿日: 2000/06/22(木) 13:09
劇中では赤い色が幽霊を引き寄せるんです

126 名前: 名無しさん@そうだ選挙にいこう 投稿日: 2000/06/30(金) 19:39
知り合いに劇中の”赤”はいったいなにを表してるのかって聞かれてたんだけど
ぜんぜんわかんないんすよ。
このスレに書いてあった幽霊をおびき寄せるだけ?
他にも意味あるのかな?
だれかおしえて

127 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/06/30(金) 20:14
DVDで監督がインタビューに答えてたよ。
感情が高まる場面で、赤をかなり意識的に使ったって。
隠れ家みたいなテント、葬式のときの花、子供を殺した母親が着ていた服。etc
あと、DVD版にカットシーンがたくさんあった。
監督が泣く泣くカットした、「本当のラストシーン」も一見の価値あり。

95 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/06/27(火) 12:11
近所のビデオレンタル店にはDVDが入荷していない・・・
別エンディングが見たいのに・・・

96 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/06/27(火) 12:20
レンタル専用のDVDには別エンディングは入っていません。販売用のみに入っているようです。

98 名前: 名無しさん@1周年 投稿日: 2000/06/27(火) 15:34
別エンディングってのは、どんなの?

528 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/09(金) 03:46
>>98
ブルースが消えた後、
かかりっぱなしの結婚式ビデオの映像の中で
ブルースがスピーチする。
ビデオの中での「愛してる」って台詞が
別れの言葉になるという趣向。
蛇足な上に辛すぎるエンディングだとの監督の判断でカットされた。

ちなみにネタだとか思わないでくれよ。

529 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/10(土) 18:56
ありがとう528



http://cocoa.2ch.net/movie/kako/982/982128200.html
2ちゃんねる映画ブログ

3 名前: 初心者 投稿日: 2001/02/14(水) 14:26
まず、1回通してみて、マルコムが実はゴーストだったという
ことが判ってから、もう一度不自然な点がないかチェックして
みました。
たしかにコールの母親と一度も目を合わせていないし、
椅子も動かしていないのですが、マルコムはいったい
どうやってコールの家に侵入したのでしょう?
そして、コールが学校から家に帰るまでの間
マルコムと母親はどうやって過ごしていたのか?
まったく会話がなければ不自然でしょ?

5 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/02/14(水) 14:35
>>3
至極ごもっとも
ま、他にもいろいろ不自然な点はあるけど、説明はありません。
要するに、ラストのどんでん返しをやりたいが為に
不自然にならざるを得なかった描写が多々あるってこと。
別にラストで驚いてナンボの映画でもないんだから、
観客には彼がゴーストであることを隠さない方が、きれいに纏まったと思うよ

6 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/02/14(水) 14:38
というかゴーストはてめえが死んでることに気付いていない事が多いって作中で言及してただろうが

7 名前: 初心者 投稿日: 2001/02/14(水) 14:42
>6
いや、妻がまったく会話してくれなければ
いくらなんでも自分の異変に気づくでしょ?
撃たれてから次の秋まで気づかないのは
あまりにも不自然だということを俺は言いたいのです。

9 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/02/14(水) 14:48
気付かないからゴーストなんだろ。
自分が死んだことに気付いちゃったら成仏してるって

10 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/02/14(水) 14:48
>いや、妻がまったく会話してくれなければ
>いくらなんでも自分の異変に気づくでしょ?

そんな家庭も少なくないってことで。

11 名前: 初心者 投稿日: 2001/02/14(水) 14:50
>9
いや、一度くらいは妻に触れるハズだ!!

39 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/02/15(木) 09:47
>撃たれてから次の秋まで気づかないのは
>あまりにも不自然だということを俺は言いたいのです。

撃たれて死んでからすぐにゴーストになったのではなくて、
コールと合う前くらいにゴーストになったのでは?

撃たれた時期は明確にされてなかったけど、コールと会ったのが死んでから
ちょうど一年目だとすれば、そのちょうど一年間の記憶は頭からすっ飛んで
いたってことで。自分に都合の悪いことは気付かないそうだから。
死んだのが仮に98年9月1日だとすると、ゴーストになって現れたのが
99年の9月2日という感じで。

これだと、マルコムがコールに会った時に言った台詞「遅れてすまない」
というのもなんとなく分かる気が・・・しないか。
いい加減な解釈でゴメン。

41 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/02/15(木) 10:26
幽霊の意識ってうちらが夢を見ているような感覚なんじゃないの?。
地縛霊なんかズーとそこにいて時間の感覚がないわけだし。
って別に私は幽霊になった経験はないけどさ。

32 名前: 26じゃないが。 投稿日: 2001/02/15(木) 02:39

2ちゃんねる映画ブログ

奥さん、最高に綺麗だよな。
「ポストマン」でオッパイさらしてた頃から好きな女優だったよ。

36 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/02/15(木) 06:04
>>32
あの奥さん、確か「天才マックスの世界」でもイイ感じでしたよね。

84 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/02/16(金) 00:47
あの撃った奴って子供の頃、幽霊が見えたんだよな?

2ちゃんねる映画ブログ

85 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/02/16(金) 00:51
そうだよ

174 名前: なまえをいれてください 投稿日: 2001/02/18(日) 05:14
青年が幽霊を見る事が出来たと言うのがどこから読みとれたか教えて?

177 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/02/18(日) 05:18
>>174
冒頭のセリフと録音テープ

91 名前: 初心者 投稿日: 2001/02/16(金) 14:09
最初に撃ったヴィんセントとかいう男がコールと同じ症状
だったとしたらなぜ裸になってるの?

92 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/02/16(金) 14:17
自分の血で服汚したくなかったんじゃねーの?
そんで、他人の家の床や壁汚さないように風呂場なんだろ?

118 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/02/17(土) 14:27
ブルース撃った奴が誰なのかっていうのは重要な問題だぞ!

説1.オスメントのガキの成長した姿
説2.全然知らない奴
説3.幽霊?

いずれが正解にしろ結構ストーリーの意味がかわってくると思うが。
もうちょっとアタマ使ってくれ。

120 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/02/17(土) 14:51
説3は無理があるぞ。
だったら、
「ブルースは霊感がある」「オスメント少年は幽霊だった」
説が急浮上。うーん意外にふかい映画かも。

170 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/02/18(日) 05:03
だからブルースを殺した奴は別人だって!
あれは2人の幽霊を見れた少年が出てくる。
1人は失敗作で大人になってブルースを殺しにくる。
もう1人はオスメントでブルースと仲良くなるんだ。
それくらい解れよ!

171 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/02/18(日) 05:05
マルコム殺した男=少年?っていかにも思わせて
目くらまししただけだと思う。

172 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/02/18(日) 05:06
ひっかかった人おおいみたいだな。
シャマラン、高度すぎるんだ!

121 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/02/17(土) 14:55
撃ったのはただのドキュン。
ドキュンって音がしてました。


関連記事

  1. 2010/11/13(土) 22:09:15|
  2. さ行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<グエムル -漢江の怪物- | ホーム | 食堂かたつむり>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1486-dcfd9192
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR