fc2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

BANDAGE バンデイジ

【赤西仁】 BANDAGE 1曲目 【北乃きい】
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1232238911/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中:2009/01/18(日) 09:35:11 ID:ra9JZojR
監督・音楽・プロデューサー:小林武史/脚本・プロデュース:岩井俊二/原作:菅 智香(「BANDAGE」)
キャスト:赤西 仁、北乃きい、高良健吾、柴本 幸、金子ノブアキ、笠原秀幸、杏、伊藤 歩、財津和夫
製作:「BANDAGE」製作委員会
劇場:全国東宝系(2010年1月公開)
ttp://www.toho.co.jp/lineup/bandage/

【ストーリー】
空前のバンドブームが吹き荒れる1990年代。
主人公のナツは東京でバンド「LANDS(ランズ)」のボーカルをつとめる、明るく繊細な青年です。
ナツの人気とユキヤの才能で念願のメジャーデビューが決まったランズの前に、メンバー交代など様々な試練が……。
成功への階段を昇り始めたバンドの中で巻き起こる、メンバーの友情・確執・崩壊、周囲の大人たちの葛藤・欲望や、
ひょんなことからバンドのマネージャーとなった女子高生アサコの視線など、人生の光と影を瑞々しい映像で描き出します。


919 :名無シネマ@上映中:2010/01/13(水) 16:46:12 ID:zERJbE9L
試写会見てきた赤西ハマってたよ
ダメ男地でいけるなんてさすが赤西w声量がないのが惜しい
後周りが細いだけにバンドマンにしては赤西1人太りすぎ

934 :927:2010/01/14(木) 23:20:39 ID:5SN0pZA2
冒頭の長回しでもないのに手ブレカメラのエセ岩井俊二に赤西の演技が全くエセキムタクにあちゃーと思ったけど
途中からはやっぱりアカンわと改心したのか演出や演技がエセじゃなくなったんで予想したより悪くなかった。
異次元90年代が舞台だったけど、今の時代だとして見てもなんら関係ない。
とにかく高良健吾の意味不なところ、金子ノブアキの立ち振る舞い、柴本幸の一挙一動がカッコよすぎる。
あとマネ役の伊藤歩の姉御肌に惚れた、キレテ打つドラムに惚れた。
友人役のスーパーウーマン杏が全てにおいて癒し効果、歌上手いな。
赤西と北乃がアレなだけに他メンバーが際立って良く見えた。

伊藤歩のロケットボインと太ももばかり見てたwww

968 :名無シネマ@上映中:2010/01/16(土) 13:47:28 ID:DixWEKrW
ドキュメンタリータッチ
皆、演技をしているという感じは無くナチュラル。
台詞も普通に喋っている感じ。赤西も役そのものに見えて良い。

音楽業界を知っている人が撮った事が伝わる佳作。

977 :名無シネマ@上映中:2010/01/16(土) 18:33:05 ID:CnlzXgnk
観てきた
なんかこの映画を作る意味あったのかなとか思った
ドキュメンタリー風の映画とか観たことなかったけど最後のグズグズ感とか
こういう映画って何かを伝えたいとかは何も考えなければいいのかな?
ただ昔のバンドのドキュメントなんだとそれ以外に何かを求めちゃいけないのかな

980 :名無シネマ@上映中:2010/01/16(土) 20:34:38 ID:JJelx5sk
>>977
同意。月並みだけど何が言いたかったんだこの映画は・・・
唯一マネージャーが常にエロい格好をしてたのだけ良かった

998 :名無シネマ@上映中:2010/01/17(日) 16:25:02 ID:vTcj6SwG
クソ映画と思って観に行ったら言うほど悪くなかったw
まぁあくまでもクソ映画として観たからだけど

999 :名無シネマ@上映中:2010/01/17(日) 16:29:55 ID:HyswcaVU
ああそんな感じ



http://toki.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1263786388/
2ちゃんねる映画ブログ

11 名前:名無シネマ@上映中 [2010/01/18(月) 19:29:08 ID:4VZR0ef4]
Bandやってた人は懐かしい感じと言ってました。
男子にはファッションが参考になるらしい。金子と赤西はさすがにカッケーらしいです。
女子はもちろんイケメン狙いですが青春時代のウダウダ感に共感できるようです。
意外と昭和世代に受けそうな作りです。

12 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/01/18(月) 19:43:30 ID:57sHnyd8]
>>11
そう、「感じ」なんだよな。
テーマやストーリーを受け止めてどうこうする内容じゃない。
赤西のPV映画ではなかったが、ロックバンドのPV映画に過ぎなかったってオチ。

ただ雰囲気だけのケータイ小説みたいな世界が好きな乙女層には受けるかもしれん。

13 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/01/18(月) 20:13:23 ID:lAMT1tu5]
ただケータイ小説になれた層はラストが理解できないらしいな。

16 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/01/18(月) 21:05:41 ID:IjOJZOwC]
>>12
最近のわかりやすいドラマばっかり見てるような上辺だけ楽しむやつには
理解できず面白くないと思うけど。

23 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/01/19(火) 00:59:21 ID:RZIdHsZP]
結局LANDSは解散したの?

33 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/01/19(火) 10:45:10 ID:d8OfeF9u]
>>23
最後なつは二十歳の戦争を歌ってたから解散してないと思う
ユキヤ「LANDSはなくならない。でも俺たちの好きにさせてくれないなら
事務所はやめる」
アルミ「結局アマチュアだったてことよ。」

って台詞からも事務所をやめてメジャーを引退するって
意味だったんじゃないかな。だからゆかりだけ泣いてた。
二年後またゆかりがマネになってるからまたメジャーに戻ってきた
ってとこで終わりじゃないの

私の解釈だけど

28 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/01/19(火) 05:27:44 ID:T0hhsNmc]
自分を好きになれないナツとアサコは、似た者同士故ぶつかり合う。
ラストシーンでアサコが見たナツは輝いているが、それは言い換えれば、
ナツと似た者同士であるアサコ自身の今の姿でもあった。
要するに、LANDSがまだ続いているかどうかはわからないが、
アサコとナツ、LANDSメンバーの出会いは、彼らにとって間違いなくプラスだったと言える。
アサコがLANDSというバンドに関わることによって成長していく、その過程を描いたのがBANDAGE
主演はナツを演じる赤西だが、物語の焦点はアサコにある。
と自分は思った。
ラストシーンの捉え方はさまざまだとしても、「意味がわからない」なんて、単に考えようとしてないだけだろ。

35 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/01/19(火) 11:48:32 ID:IUO7vxAD]
ラストシーンの話からずいぶん脱線するが…

>>28
これは歴然とアサコのお話に見えるよ。のだめ(映画は見てない、漫画の話ね)が基本、千秋の話である以上に。
だけど、後半のアサコが出て行った後でのナツの弾き語り、ラス前の練習スタジオでのバンドのシーンという
重要な場面が、アサコのあずかり知らぬ場所で起きている。そこが問題なんだな。
別に一人称小説じゃないんだから、全てをアサコが知っている必要はない。
だけど、一番か、二番ぐらいに重要な場面は、アサコの知ってること、
あるいは知ったであろうこととして描かれなくちゃ、視点が拡散する。つまり、アサコの経験として描かれなくちゃね。
作り手側は「いや、これはアサコとバンドの青春群像劇で、そのことは始まって間もなく
アサコの知らない場所でのバンドのシーンを幾つか描くことでフラグを立てている」と言うかも知れないが、
そんなことで簡単にフラグが立つほど群像劇って甘くないよ。
群像劇作るよりは、ある一人の経験談を作る方が簡単で、観客も引っ張りやすく、
実際この映画はほとんど後者になっちゃってる。
経験談からシフトして群像劇に持って行くほど、作者たちの力量があるとは思えないですよ。

148 名前:名無シネマ@上映中 [2010/01/25(月) 23:59:32 ID:V17sGA+z]
アサコの映画と考えてもナツの映画だと考えても消化不良だけど、
ユカリさんの映画だと考えると割と最後まで見て納得いった。

ランズは正式に解散したというよりメンバーの結束が全然なくなって
崩壊したという感じだね。
最後にナツがスタジオで歌ってたラストは解散の時点でダメ人間
だったナツがそれなりの試練を乗り越えようとしてもがき続けている姿を
描いているのだと思う。

149 名前:名無シネマ@上映中 [2010/01/26(火) 00:04:13 ID:V17sGA+z]
148続き

だからランズは他のメンバーの中では終わってるけど
ナツの中では終わってない。
今後はSUPERFLYみたいに「一人でもランズ」みたいな形で
継続するという描写だと解釈した。

150 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/01/26(火) 00:20:34 ID:nxE960n4]
>>149
二十歳の戦争を作曲したのはユキヤと考えられる。
この曲を最後のシーンでレコーディングしているので、LANDSは解散していない。

37 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/01/19(火) 12:52:53 ID:kru+3PC4]
岩井ファミリー(監督は違う)の映画をみるのは4作目
似てるところもあるがそれぞれテーマもまるで違う作品
長回しの掛け合いシーンが好きで「BANDAGE」もそれがあるというので楽しみにしていたが
なかなか迫力があってよかった
ナツが「帰れ」というシーンも愛おしさが滲み出てて表現力のある役者だと思った
過去の演技経験で台詞臭かったりしない自然な演技ができる役者が多かったのも自分には好印象
ロックバンドの音楽をBGMでなく楽器に語らせ展開に関わらせていくあたりもカッコイイ
バンド好きな人だけでなくバンドやりたがってる人が身内とか周囲にいて
よくわからんと思ってる人とかに見せたいです

41 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/01/19(火) 13:31:55 ID:vfBm6OqJ]

2ちゃんねる映画ブログ

アサコはおとなしくまじめな子って設定だけど、冒頭の所で北乃がアドリブで
思いきりサッカーボール蹴飛ばしてたから、あれ?ってなるなw

42 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/01/19(火) 14:00:06 ID:d8OfeF9u]
ボール蹴るとこはサービスシーンかと思ったけどアドリブなんだ

208 名前:名無シネマ@上映中 [2010/01/28(木) 08:30:55 ID:7Wu/WeJ2]
冒頭のサッカーボールの蹴り方が素晴らしい

43 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/01/19(火) 14:21:16 ID:IUO7vxAD]
あのシーンでは仲のいい友だちと二人だから、
あの年頃の女の子なら、あんなもんでいいだろう。
(手持ちの狙いにしても見苦しいカメラが嫌だったけど、それは別の話ねw)
ただ、全体的にアサコは自分が嫌いで悩んでいるようには見えないよね。
北野きいはこれと、いじめのテレビドラマを部分的にしか見てないけど、
割と明るく単純な女の子だってのが透けて見える。
それはOKなんだよ。そういう子が敢えて違う設定の役をやって、
その役が暗くなり過ぎるのを救うことがあるから。
それにしても、設定の部分をもうちょい脚本・演出的に作り込んだ方が良かったかな。
最初にランズの曲を聴いたとき、涙を流すでしょ。
見ている側としちゃ(少なくとも俺は)この話を、いつかナツにするな…と思って、
ああ、ここでするのか、うまいな…と思ったのは良かったんだけど、
その後の自分語りがスムーズにつながっていかなかった嫌いはあるな。

44 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/01/19(火) 14:28:59 ID:59C4osni]
確かにあそこでいきなり自分が嫌いだとかお互い似てるとか言われても
ちょっと意味不明だったな。

45 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/01/19(火) 14:53:49 ID:IUO7vxAD]
現実にああいうこと言う子はいるんだよね。
作り手側としては、アサコがランズを聴いて泣いた…その理由が必要と思って、
いちばん「ありそうな」話を持ってきたんだと思うんだよ。モデルがいるのかも。
それが主人公二人の関係につながって、破局に至る…というドラマにしたかった。
(で、現実のそういう女の子があのシーンを見たらグッと来るかもねw)
でもそれが、その時点までに映画の中で消化されてないから、唐突に思えてしまうんだ。

46 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/01/19(火) 14:54:51 ID:59C4osni]
交換日記をもっと上手く使えなかったのかね。

2ちゃんねる映画ブログ

52 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/01/19(火) 15:27:09 ID:IUO7vxAD]
>>46
ああ、それはあるよね!
俺はアイパッチ(ブラックジャック)の件を、もう一押ししても良かったと思う。
コンタクトがキッカケになるあのエピソードは、この映画の最良の部分ではないかと思うし。
ナツが一人でいるシーンなんかでね、さりげなく、ナツ自身が自分にアイパッチをつけてみるの。
それをアサコが見る…とまでいうとやりすぎかも知れないけど、
言葉ではなく視覚的に二人が相似形に見えてきていいんじゃないかと思う。
その直後に、何らかの、アサコのネガティブさを示すシーンを入れればバッチリかと。
まあ、見てから、「ああすりゃいい、こうすりゃいい」と他人が言うのは楽だけどさw
それにしても、せっかく用意したいろんな材料を使い切れてない気はするね。

53 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/01/19(火) 16:02:31 ID:d8OfeF9u]
なつがコンタクトなめて目に入れるの
「汚ねぇっ」って思ったんだけどアサコそのまま入れてたね。
これで好きじゃないなんて嘘だ。

54 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/01/19(火) 16:09:21 ID:IUO7vxAD]
>>53
まあ、ギリギリ、あの時点では雲の上の人が現れてアレヨアレヨという間に…
ということになってたと思うし、一応、最初の方でナツの奔放な人物を示さなきゃいけないところだしね。
というか、あれはもうセックスであって、
行為としてではなくイメージとしてセックスを示すのは面白いと思う。

59 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/01/19(火) 17:17:07 ID:u0q2KLAQ]
きぃちゃんファンの自分なんですが、
ラブシーンとか多いんですか・

61 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/01/19(火) 18:23:01 ID:d8OfeF9u]
きいちゃんはキスシーン多いよw

2ちゃんねる映画ブログ2ちゃんねる映画ブログ

62 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/01/19(火) 18:28:23 ID:xucStLvV]
3回だっけ、キスは

63 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/01/19(火) 18:34:21 ID:/j0EuaTZ]
少なくとも伊藤歩への口移しはいらんかったw

64 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/01/19(火) 18:37:45 ID:xucStLvV]
確かに必要性は感じなかったな、口移しw

81 名前: [2010/01/20(水) 11:46:22 ID:IKjdua1J]
アサコちゃんが18歳と考えて、ナツ(赤西)は何歳なの?
酒飲んでたから20代なのはわかるが?

83 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/01/20(水) 12:23:14 ID:/kixqdpb]
22か23歳って設定だったはず
赤西老けてるけど撮影時24歳だから

91 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/01/21(木) 13:46:16 ID:WPazjEQZ]
アリキリの人ってどこで出てきた?

95 :名無シネマ@上映中:2010/01/21(木) 15:54:42 ID:x4KiRQXp
>>91
キタキはわかったんだけどアリキリの人は自分もわからなかった。
アリキリの小さいほうかな?

100 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/01/21(木) 19:25:33 ID:tZ3iSwUS]
>>91
アリキリはマネージャー宅に駆けつけた救急隊員だったよ

108 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/01/22(金) 01:31:06 ID:2kgCXX6h]
>>95>>100
あー救急隊の人だったのか、サンクス。
キタキマユは病院の看護婦さんだよね。

111 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/01/22(金) 14:14:12 ID:Jjv+UGEs]
バンド的には ハッピーズがよかったです 以上。

206 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/01/28(木) 03:47:14 ID:xlJzq3FQ]
ハッピーズがかなり良くてワロタwwww

153 名前:名無シネマ@上映中 [2010/01/26(火) 00:56:45 ID:eHC3D/zW]

2ちゃんねる映画ブログ

金子ノブアキのドラムだけ見てればそんなに不快にならない。
つか吹き替えなしって金子だけじゃね?w

151 名前:名無シネマ@上映中 [2010/01/26(火) 00:42:12 ID:eHC3D/zW]
アイドル路線の「元気」でオリコン1位になったから次は「勇気」だって笑ってしまった。
実際こういう安易な二番煎じの曲多かったしな。

172 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/01/27(水) 08:27:55 ID:XcsIqSu3]
ラブレターやスワロウテイルで岩井俊二のファンだったけど
赤西はどうしても好きになれないし
あんなに連日クラブ遊びや好き勝手してモデルハーフ女遊びしてる奴に
何で何回も観に行って貢げるのか全くオタ真理がわからんな。

174 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/01/27(水) 13:11:32 ID:Vpo4HipI]
まあまあ整ってるけど、何にも考えないで生きてきたって感じの魂の抜けたような顔してるよな
悪い意味で10後半にしか見えない
なんでこんなの主役に選んだろう?
北川や小林に監督させたり
プロデューサーになってからの岩井のセンスには首を傾げざるを得ない

175 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/01/27(水) 13:30:25 ID:K42dOvWg]
何にも考えないで生きてきたって感じの魂の抜けたような役だからだろ

177 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/01/27(水) 14:27:20 ID:BuLkO7vh]
今日観てきたけど意外と良かった
出てくる男はみんな情があって可愛い 女は北野きいを筆頭にみんな強くたくましい
ナツが赤西なのか赤西がナツなのか ちょっと分からなくなってしまって
キャスティングにぶれがなくて良かった

195 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/01/27(水) 19:15:19 ID:8/AqvbD0]
監督が映画慣れしてなくて、構成に無駄が多かったが、惹かれるものがあった。
皆が言うほど悪くない。
赤西はじめ、役者は誰も浮いてなかった。
この映画の世界に溶け込んでいた。
もっと、しっかりした監督ならどう撮ったのか気になった。
ただ、音楽に実際かかわった者だけが作りうる感性は感じた。

190 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/01/27(水) 18:15:53 ID:1xdkEkdE]

2ちゃんねる映画ブログ

なんで高良健吾はあんなきもい見るからにそれとわかるカツラかぶってるの?
結構好きな俳優なので赤西ファンと思われるのも覚悟の上で劇場に行こうかと思ったけどあのカツラはちょっとww
伊藤歩と高良健吾はソラニンでも共演してるね
BECKも含め同じバンド映画で毛色は全く違うような、でもどこか似てるような……

192 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/01/27(水) 18:39:47 ID:XsXRcNLH]
>>190
主役よりかっこよかったらダメだからw

202 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/01/27(水) 22:38:18 ID:W/17r+7U]
>>190
マジレスすると、どっかのインタビューで、高良本人が長髪を提案したって書いてた
坊主や短髪のイメージが強いから変えてみたらってことだったみたい

244 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/01/30(土) 02:00:51 ID:9Bf2sf6H]
90年代の音楽業界について
妙にリアルなわりに
ありえない展開にフイタ
始めはただヤリ目的だったのに
ナツは意外に純粋にアサコを好きらしい
いつマジになったのか…
気持ちの揺れが
まったく伝わってこない
意味不明な映画

成宮だったら
もっと違ったのかな…

262 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/01/31(日) 11:20:41 ID:wr+V+M9j]
映画として語るならあまりおすすめはできないかなぁ。

観る人の解釈によって赤西と北野の関係やラストシーンの意味とか違うのは別にいいよ。
ただ、そういう効果を狙って作ったっていうよりも
監督や役者の力量不足できちんと描けてなくて観客丸投げになった感がある。

以前、「何で作ったんだろう」って感想を読んだことあるが、確かに誰得?な作品だった。
脚本前半が少女漫画みたいだから北野を主役にして女子中高生やロリコンオヤジが楽しめる映画にするとか
赤西主役ならもっと赤西の顔がはっきり見えるようにして赤西プロモに徹するとか
バンドメンバーを厳選して本人演奏にしてもっときちんと音楽業界を描くとか
とにかくあれこれ欲張ってゴチャゴチャにせずにもっと的を絞った作品にして欲しかった。

マニアックなくらい映画が好きとか音楽が好きとかいう人は観ておいてもいいかもしれない。
良い意味でも悪い意味でもアルバムの丸々プロモみたいだった。
唯一この映画で得をする人がいるとしたらこの映画がきっかけでアルバム売れた?監督だけ。

褒めるとしたら・・・北野が可愛かった、
制服でボール蹴ってパンチラ?とか意味も無く女同士キスとかマネージャーの美脚とか
男性客に対するサービスは感じられた、
高良って初めて観たけどすごく良かった、
音楽がアルバムに比べて良かった、くらいかなぁ。

263 名前:名無シネマ@上映中 [2010/01/31(日) 13:14:32 ID:fZQ7vJd7]
>>262
確かに小林は儲かったろうな
映画はコケてもTVとDVDに売れば制作費は回収できるし
ジャニタレが歌えばあんなアルバムでも10万は売れて印税も入る。
最近じゃあ小林自身存在を忘れられかけてたけど
またTVで取上げられて健在をアピールできた。
良かったね。

265 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/01/31(日) 13:40:59 ID:b3rH97WA]

2ちゃんねる映画ブログ

アルミ役の両津姫こと柴本幸は地味にいい仕事してたよな
両津と高良と金子と伊藤歩と杏目当てで見に行った

266 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/01/31(日) 13:45:28 ID:chx9lJJ3]
確かに柴本に与えられた台詞とか、演出の方針とか、最悪なのに、
何とか救われたのは柴本自身の力。
きっと誠実な人なんだろう。
たとえ音楽やってる人が本当にああいう台詞を吐くとしても、
映画の台詞としてああいう風にするのは凄く恥ずかしいということ、
分からないんだろうかな…。

268 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/01/31(日) 14:11:27 ID:VWYl++Gp]
大河ドラマそのまんまの凄みのある台詞でしたねアルミ姫

277 名前:名無シネマ@上映中 [2010/02/01(月) 01:22:53 ID:RdfMiCpj]
カツンファンだけど
アルミがナツを「お前は何でも遊びなんだよ!」
と叱りつける所、本物の赤西仁が怒られてるみたいだった
だって最近またやる気無しな感じなんだもん
アルミ役とカツラ頭の役者スゴく良かったよ。
仁は役作りほとんどしてなくて素に近いように感じた

711 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/08/21(土) 17:12:53 ID:5s9ewbgs]
伊藤歩が好きなんだけど彼女目当てで、この映画見てもいいぐらい登場してる?

712 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/08/21(土) 17:58:06 ID:dIzKq/4c]
>>711

2ちゃんねる映画ブログ

ランズのマネージャーだし沢山登場してるよ。
レズ設定じゃないけど、きいちゃんと伊藤さんの口移しシーンが無駄にエロい

713 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/08/21(土) 20:21:18 ID:5s9ewbgs]
>>712
ありがとう。見てみるよ
女同士で口移しとかけしからんですねww

422 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/02/25(木) 02:40:22 ID:Y3/CherL]
昨日この映画見た、普段から映画とかまったくみない自分の見た感想

・杏の演技が浮いてる
・赤西のカツゼツが悪い、ヨイショってお前何回いった?
 顔が見えなくて主演でそれでいいのか
・北乃は演技の問題ではなく配役ミス、明らかに子供っぽくて絡みがおかしい
・海辺での天才ロン毛と北乃のやり取りがいきなり異次元で
 なんだコレとついてけなくて退屈になる
・もっと北乃が泣いてる理由とか自分と似てると思ったところを描かないと
・ラストは案外アリ


関連記事

  1. 2010/10/10(日) 02:08:30|
  2. は行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<男と女の不都合な真実 | ホーム | インベージョン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1468-f083a15f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (286)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 香港映画 韓国映画 ニコラス・ケイジ 高良健吾 竹中直人 谷村美月 ジョニー・デップ 麻生久美子 妻夫木聡 西田敏行 ミュージカル サミュエル・L・ジャクソン 加瀬亮 ブルース・ウィリス リーアム・ニーソン 阿部寛 松山ケンイチ ジャッキー・チェン 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ハリソン・フォード スペイン映画 マット・デイモン ドキュメンタリー 浅野忠信 ARATA 山田孝之 三浦友和 役所広司 岡田将生 中村獅童 小出恵介 ブラッド・ピット 戸田恵梨香 ユアン・マクレガー レイフ・ファインズ 宮藤官九郎 小池栄子 瑛太 藤原竜也 小栗旬 蒼井優 満島ひかり 玉山鉄二 宮崎あおい スティーヴン・セガール スカーレット・ヨハンソン 長澤まさみ 吉高由里子 アーノルド・シュワルツェネッガー 堤真一 ジョン・トラヴォルタ 成宮寛貴 谷原章介 大沢たかお 樹木希林 犬映画 ジェイソン・ステイサム ゲイリー・オールドマン ロバート・ダウニーJr. ユースケ・サンタマリア 特撮 ジョージ・ルーカス キャメロン・ディアス 鈴木京香 田中麗奈 西島秀俊 中国映画 カナダ映画 佐々木蔵之介 伊勢谷友介 モーガン・フリーマン 渡辺謙 薬師丸ひろ子 トム・クルーズ トム・ハンクス エマ・ワトソン 窪塚洋介 椎名桔平 広末涼子 ガイ・ピアース アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 綾瀬はるか 宮崎駿 田辺誠一 香里奈 堺雅人 柳葉敏郎 園子温 アンソニー・ホプキンス ジョージ・クルーニー 北乃きい 深田恭子 ヒュー・ジャックマン 市原隼人 香取慎吾 井上真央 仲里依紗 オーストラリア映画 シガーニー・ウィーバー 玉木宏 中井貴一 サンドラ・ブロック ラッセル・クロウ 石原さとみ 伊藤英明 阿部サダヲ ダコタ・ファニング ハル・ベリー ジョディ・フォスター 草なぎ剛 竹内結子 クリント・イーストウッド アン・ハサウェイ 仲間由紀恵 ミラ・ジョヴォヴィッチ ユマ・サーマン 成海璃子 佐藤隆太 ミッキー・ローク 上野樹里 仲村トオル ウィル・スミス 松田龍平 水川あさみ イライジャ・ウッド クリスチャン・ベール シルヴェスター・スタローン 大泉洋 豊川悦司 トミー・リー・ジョーンズ 木村佳乃 木村多江 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ 林遣都 ベン・アフレック ケイト・ベッキンセイル 深津絵里 ケヴィン・スペイシー 堀北真希 大竹しのぶ 柴咲コウ リチャード・ギア キアヌ・リーブス ジュード・ロウ 吉瀬美智子 白石美帆 ナタリー・ポートマン 永山絢斗 スティーヴ・ブシェーミ 岡田准一 黒木メイサ 栗山千明 コリン・ファレル ヴィン・ディーゼル ブラッドリー・クーパー メリル・ストリープ ティム・バートン 松田翔太 オーランド・ブルーム 江口洋介 哀川翔 ジュリア・ロバーツ 小雪 ダスティン・ホフマン 小西真奈美 松本人志 マイケル・J・フォックス 森山未來 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン 松雪泰子 唐沢寿明 及川光博 佐藤健 ロバート・ゼメキス マイケル・ベイ 中村蒼 北野武 リュック・べッソン ペネロペ・クルス 西部劇 佐藤江梨子 北川景子 竹野内豊 クエンティン・タランティーノ アレック・ボールドウィン ザ・ロック マイコ 香椎由宇 寺島しのぶ ベルギー映画 宮迫博之 ケヴィン・ベーコン ベニチオ・デル・トロ イタリア映画 グウィネス・パルトロウ ショーン・ペン 中谷美紀 デニス・クエイド 菊地凛子 ヒース・レジャー 松たか子 ジャン・クロード・ヴァン・ダム 織田裕二 生田斗真 多部未華子 アビゲイル・ブレスリン キャシー・ベイツ ジェームズ・キャメロン 小林聡美 オーストリア映画 桐谷健太 ビル・マーレイ 向井理 ウィノナ・ライダー 篠原涼子 ロバート・パティンソン ジャック・ブラック サラ・ジェシカ・パーカー チャーリー・シーン ポール・バーホーベン 市川由衣 マイケル・ダグラス 三浦春馬 ジェフ・ブリッジズ 猫映画 イーサン・ホーク シャーリーズ・セロン 溝端淳平 ケヴィン・コスナー ジム・キャリー 永作博美 ダニエル・クレイグ ジェット・リー 芦田愛菜 ダニエル・ラドクリフ クライヴ・オーウェン 真田広之 オーウェン・ウィルソン ベン・スティラー ピアース・ブロスナン ジェラード・バトラー イ・ビョンホン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジョン・マルコヴィッチ 小泉今日子 スーザン・サランドン 新垣結衣 エディ・マーフィ 吉川晃司 ケイト・ウィンスレット 岡村隆史 上戸彩 原田知世 二宮和也 ガイ・リッチー リブ・タイラー 中居正広 ヒュー・グラント 山田洋次 榮倉奈々 シャイア・ラブーフ 木村拓哉 小池徹平 アンドリュー・ガーフィールド エドワード・ノートン 福田沙紀 星野真里 中村雅俊 ダニエル・デイ・ルイス 稲垣吾郎 クリステン・スチュワート クリス・パイン ジェシカ・アルバ 水谷豊 ナオミ・ワッツ 笑福亭鶴瓶 ジャック・ニコルソン マーク・ウォールバーグ チェコ映画 桜庭ななみ キーファー・サザーランド リバー・フェニックス ティム・ロビンス オダギリジョー ロビン・ウィリアムズ 三谷幸喜 M・ナイト・シャマラン アントニオ・バンデラス メキシコ映画 平野綾 内田有紀 夏帆  ジェームズ・マカヴォイ エミリオ・エステベス 松田優作 マシュー・マコノヒー 水嶋ヒロ ソン・ガンホ オリヴァー・ストーン エイドリアン・ブロディ 井ノ原快彦 高倉健 シャロン・ストーン ミシェル・ファイファー ポーランド映画 ジェラルド・バトラー 庵野秀明 三浦翔平 キーラ・ナイトレイ ジェイミー・フォックス メグ・ライアン 速水もこみち ペ・ドゥナ キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート ウィリアム・ハート デミ・ムーア 寺尾聰 長谷川京子 福山雅治 東山紀之 アンディ・ガルシア ジョシュ・ハートネット 相武紗季 アル・パチーノ 前田敦子 ドリュー・バリモア スティーブン・キング ブレンダン・フレイザー オードリー・ヘプバーン ジャン・レノ ジョン・キューザック 押井守 ショーン・コネリー 反町隆史 ホアキン・フェニックス メル・ギブソン 武井咲 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ マーティン・スコセッシ ウーピー・ゴールドバーグ ハーレイ・ジョエル・オスメント 吉永小百合 マコーレー・カルキン アダム・サンドラー 渥美清 井筒和幸 大島優子 つるの剛士 ジェニファー・アニストン 武田鉄矢 藤木直人 米倉涼子 中島哲也 リンジー・ローハン ノルウェー映画 松嶋菜々子 奥菜恵 ピーター・ウェラー スウェーデン映画 タイ映画 マイク・マイヤーズ 松下奈緒 大倉忠義 ウェズリー・スナイプス チョン・ウソン 加藤あい リーズ・ウィザースプーン アシュトン・カッチャー オランダ映画 吉岡秀隆 ポール・ニューマン 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア マドンナ 沢尻エリカ チャック・ノリス 安藤政信 金城武 チャン・ツィイー 櫻井翔 ルクセンブルク映画 陣内孝則 中山美穂 チョン・ジヒョン 市川海老蔵 マット・ディロン 菅野美穂 クリス・タッカー スティーヴ・マーティン ウォンビン 佐々木希 カート・ラッセル コロンビア映画 アルゼンチン映画 アシュレイ・ジャッド ハンガリー映画 台湾映画 イスラエル映画 山下智久 シェール 照英 赤西仁 ブルース・リー 亀梨和也 ソン・スンホン 新海誠 長瀬智也 山下敦弘 スイス映画 マイケル・ムーア 伊東美咲 錦戸亮 松平健 本木雅弘 フィンランド映画 シガニー・ウィーバー イラン映画 丸山隆平 スイス映画 キーラ・ナイトレイ ドルフ・ラングレン インド映画 松坂桃李 高橋克典 松岡昌宏 大野智 村上信五 スロベニア映画 ポール・ウォーカー デンマーク映画 ロバート・レッドフォード ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン スロバキア映画 キルスティン・ダンスト 森且行 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR