FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

K-19

http://tv3.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1038404680/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無しステーション:2005/05/22(日) 17:48:12 ID:5U2LX2dk
◇02年、米。ハリソン・フォード。
米ソ冷戦下、ソ連の原子力潜水艦K-19で実際に起きた事故を基に、最悪の事態に立ち向かう乗組員たちの姿を描く。
キャスリン・ビグロー監督。


2 :試写見てきたよ:02/11/27 23:09 ID:pEIIChFf
ニーソンはともかくハリソン・フォードはどうみてもロシア人に見えないのだが・・・
一生懸命にアメリカンイングリッシュを抑えて頑張ってたね

32 :名無シネマ@上映中:02/12/03 23:35 ID:jExylbIe
まぁ、ロシア語なまりの英語なので許せてしまうわけだが。スターリン
グラードはそのままの英語だったような記憶が。
戦闘シーンがなくただのパニック映画になってしまったのは残念。
カタルシスがねぇよな、この映画。
アメ公に放射能の怖さを思い知らせることができたら成功だったのでは?

5 :名無シネマ@上映中:02/11/28 11:22 ID:XA3sWfU7
戦闘シーンの無い潜水艦映画に価値は無い

うしろのじいちゃん二人組が終了後
「放射能って浴びたら死ぬんやなぁ」
って話してたのが面白かった。
あと
「ロシア語って英語みたいやなぁ」
とも言ってた

7 :名無シネマ@上映中:02/11/28 14:10 ID:yAw+l5WZ
戦闘シーン全然ないの?

10 :名無シネマ@上映中:02/11/28 14:52 ID:XA3sWfU7
>>7
皆無。ゼロ。

17 :名無シネマ@上映中:02/11/28 22:26 ID:LWYvWaU1
こないだ試写会で見てきたけど、はっきり言って面白くない。
長いし暗いし、大袈裟だし・・・。
昔やってた「驚き桃の木20世紀」の100億円版って感じの映画やね。
ただ、唯一感心したのは、ハリウッド映画にしては珍しく
放射能の恐怖をかなりねちっこく、リアルに描いていた所かな。
それこそ夏にやってた「トータル・フィアーズ」のそれとは雲泥の差。
まあ、こっちは実話がベースなんだから当然と言えば当然なんだが、
もしかしてハリソンが「トータル」蹴ってこっちに出演したのは
その点がポイントだったのかも、なんて勘ぐってしまいますな(w

18 :名無シネマ@上映中:02/11/29 01:19 ID:zIVHRp4+
先ほど試写会で観て来ました。そんな広いところじゃ
なかったけど満席でした。
内容は…金かかってる割には地味?放射能ってあんなに
すぐに、はっきり体に変化をもたらす物なんですね。
直は怖い…

20 :名無シネマ@上映中:02/11/29 01:55 ID:vFk1AtwQ

2ちゃんねる映画ブログ

ハリソン君は生身で放射能浴びたのに、
なんであの年まで生きながらえてたの?
でも、オレは面白い映画だと思ったよ!

21 :名無シネマ@上映中:02/11/29 02:13 ID:4P3QU4GT
潜水艦映画には駄作は無いという定説が覆されようとしている?
やはり女性監督だからだろうか人間の葛藤に気を入れすぎて軍事物であれば
当然期待されるアクションやメカニック関連がないのが期待を外す。
というか真実を描いたこの脚本ではそうなるのもやむ負えないか。
むしろ人間物語として宣伝しないといけないよね。

>>20
俺もそう思った<はりそん
何でだ???
不死身なのか?
やっぱりアメリカンヒーローは死なない!と脚本変えたのかな

22 :名無シネマ@上映中:02/11/29 11:47 ID:u4Prq0Kv
>>20
あのケミカルスーツは気休めにしかならないから着てる着てないは関係ないけどね。
だから、ハリソンもそうだがヒゲもおかしい

23 :名無シネマ@上映中:02/11/29 11:59 ID:KKCyAONV
>>20
いや、実際モデルになった艦長さんはあの通り長生きしたらしいよ。
ハリソンが会おうとした直前に亡くなってしまったらしいけど。

138 :名無シネマ@上映中:02/12/16 12:20 ID:j0lLEY60
ハリソンは老人メークしなくても十分ジジイでした

139 :名無シネマ@上映中:02/12/16 12:27 ID:kAPdUUbo
>>138
貫禄って言ってくれよ!ヽ(`Д´)ノウワァァァァァン

16 :名無シネマ@上映中:02/11/28 20:06 ID:KKfAHeeL
何気に泣いている人が多かった気がする。
冷戦の最中でもソ連の潜水艦はボロかった・・・
という認識でいいのでしょうか?
単純に泣けるような映画じゃないと思うんだが・・・

27 :名無シネマ@上映中:02/12/02 14:38 ID:skBpNHUK
みんな若者たちが可哀想で泣いてたよね・・・
あれは結構エゲツク放射能を描いてたから・・・
原子炉から出てくる若者が皆高熱で顔が焼け爛れた上に放射能でやられてゲロ吐く・・・
リアルさという意味では身に迫るものがあったけど、ラストの爽快感ではクリムゾン態度の方が上かな。

29 :名無シネマ@上映中:02/12/03 13:45 ID:Q13Gh56Q
艦長だけ残して自沈だったら熱かっただろうなぁ・・

34 :名無シネマ@上映中:02/12/04 12:24 ID:PN4ew79y
>>29
ベタベタっすね..........

31 :名無シネマ@上映中:02/12/03 23:19 ID:Spx0yqnF
あのゲロ、トラウマになりそう

46 :名無シネマ@上映中:02/12/07 23:34 ID:2LRzg4pa
ゲロだけでお腹いっぱいです。他はいらない

39 :名無シネマ@上映中:02/12/06 00:22 ID:1Z4QrX5M
暗い映画でしたね。
監督さんはジェームズキャメロンの元妻らしいですね。

2ちゃんねる映画ブログ

73 :----:02/12/10 14:31 ID:t04C7wYY
「パールハーバー」を撮ったマイケルベイより
「K-19」のキャサリンビグローの方が
男らしい.....。

74 :名無シネマ@上映中:02/12/10 15:27 ID:jeTeBiHZ
>>73
禿げしく同意

キャサリンビグロー監督は美人 ハァハァ

59 :名無シネマ@上映中:02/12/08 16:39 ID:/htF+Lae
ハンソロとクワイガン共演ってのもなんだかなあ・・・
好きだからいいけど。

69 :名無シネマ@上映中:02/12/09 16:28 ID:Mw4A+Fwm
何気に良い映画だった。

時代背景とおかれた立場
艦長と副艦長の関係
乗組員の士気や、上官との間の信頼関係
良く描けていたと思う。

130 :名無シネマ@上映中:02/12/15 22:30 ID:e674gMGI
そりゃ過去の潜水艦映画の焼き直し風だったり、リアリティに疑問符が
付けられたり、オリジナリティがあるわけでもなく、テンポが早すぎで
演出過剰だったりとケチつけりゃ切りがない映画だとは思うけど…
やっぱり自分の生活と重ね合わせて感情移入しちゃう映画ってあるわけ
で、自分にとってこれはそんな作品。
ハリソンとリーアムの葛藤とか乗組員の反逆場面とか手に汗握ったし、
死を覚悟で放射能処理を敢行した7人にはウルッとしてしもうた。
「ザ・ダイバー」見たときと似た感慨を受けたな。
「マイノリティ・リポート」より感動はすると思うが…

125 :名無シネマ@上映中:02/12/15 18:33 ID:yBQy1FsL
角川文庫から出てるノンフィクション(P・ハクソーゼン著)読んだ。
当時のソ連海軍が無理をしてアメリカに対抗しようとする為、
安全性が犠牲にされていた状況が詳細に書かれてます。
(読み物としては同じ著者の「敵対水域」の方が面白い)

映画のハリソン結構嫌な奴だったけど、この本での艦長は
いい人っぽい。本人の手記による部分が多いので当たり前だけど。

映画にあったような艦長と副長の対立のドラマとか
結構フィクション入ってて、実話とは違ってます。

「ハリソン艦長は何故あんなに長生きできたのか?」って
疑問に思う人多いと思うんだけど、実際にはあの艦長は
原子炉室に入って乗組員を救助したりはしてません。
ホントにあんなことしたら絶対早死にしてるよね。

124 :名無シネマ@上映中:02/12/15 15:14 ID:flUmoS1I
国、時代に関係無く「ケツ」を出すのがオトコの性なんですね。

2ちゃんねる映画ブログ

132 :名無シネマ@上映中:02/12/16 00:18 ID:RIQWLj/9
>>124
ワロタ

149 :名無シネマ@上映中:02/12/16 21:26 ID:10Z3SUvQ
最後ハリソンが情にほだされて米軍の援護を要請しちゃうとこがなあ。
やっぱり最後までソ連軍人の忠誠と誇りを貫いてほしかった。
あれじゃ放射能浴びた決死の7人がそれこそ犬死になっちゃう。

167 :名無シネマ@上映中:02/12/17 22:48 ID:cFov1ibB
ニーソンもしかし途中までハリソンに盾突きながら、
なんで最後ああなっちゃったんだろうね。
ちょっと中途半端というか微妙な立場というか…

168 :エル:02/12/17 23:08 ID:vYmBtCav
個人的にはハリソン・フォードよりリーアム・ニーソンの方が
ミスキャスかと・・・・。
だってあの顔、腹黒そうなんで(失礼)
最後に凄い裏切りをするのかと思い込んでた。

2ちゃんねる映画ブログ

ホントにいい人役なんでびっくり。
ついでに予告編のイメージと本編のギャップは
「ビューティフル・マインド」並みですわね。
全部、訓練かよ! みたいな感じで。

169 :nori:02/12/18 00:18 ID:yXGL45A+
そうか?? シンドラー・ニーソンはわざとらしくない表情が最高だと思うが・・
どの映画でも。。
ハリソン食ってるよ。

157 :名無シネマ@上映中:02/12/17 13:27 ID:9k63z5al
この板の乗組員サイコー。
いい評価も悪い評価もほぼ全部同意するよ~。言いたいこと代弁してくれてる。
ただ、冷戦、マルクス主義、コミュニズム、国家
歴史、思想、資本主義とそのカウンターカルチャー、それらを超えた普遍的人間性
とかいう視点があるともっと深いテーマ(この言葉はあまり安易に使わない主義だけど今回は使う)
が見えてくると思うよ。
ぼくは艦長がミッションの説明でニューヨークまで偵察に行くといったとき、
911を想起してドキッとした。
巨視的に、冷戦だから戦闘シーンないのは当たり前だと思うし、
この映画は20世紀の歴史と21世紀の事件のすべてが集約されていると思う。
ただし、コサックダンスのシーンは「おいおい、未だにそんなステレオタイプかよ」
と後で思ってしまった。監督的には意識を払ってなかったわけではないと思うけど
中途半端な通からはハリウッド映画的悪癖と勘違いされるので失敗だと思う。
ハリポタやマイノリティに隠れて影が薄れたのは潜水艦らしくていいじゃん(?w)
けど総じていい映画だ。インテリじゃない人には良さがわからんだろうな。
映画館中で鼻ススリの音がしてたし、ぼくも泣いちゃいました。

178 :名無シネマ@上映中:02/12/18 18:29 ID:4alarexO
>>157
>ただ、冷戦、マルクス主義、コミュニズム、国家
>歴史、思想、資本主義とそのカウンターカルチャー、それらを超えた普遍的人間性
>とかいう視点があるともっと深いテーマ(この言葉はあまり安易に使わない主義だけど今回は使う)
>が見えてくると思うよ。
当然、ただのパニック映画ではない。これがこの映画の実話であるという見所だ。
言わせてもらうが、これをどうやって表現して伝えるかが重要。
テンポ良く飽きさせずに進むのはさすがだが、、、
やはり肝心な部分は中途半端と言わざるおえない。
しかも、ありきたりなストーリー展開。

>インテリじゃない人には良さがわからんだろうな
、、、呆れて言葉が出ないよw
自分がインテリだと言いたいのね。。。(汗
俺は逆に、あまり映画観てない方や
中途半端なインテリにしか感動できない映画だと。。。

>映画館中で鼻ススリの音がしてたし、ぼくも泣いちゃいました。
俺も知人が鼻をすすってるから泣いてるかと・・・
が、後から聞いたら風邪気味なだけらしいw
俺の知人も悪い映画だとは思わなかったが、どこかで観かけたような
「ま!いいんじゃないの?」って感じの評価だった。

172 :名無シネマ@上映中:02/12/18 01:56 ID:h5VVzp5O
それほど感動したとかいい映画だったとはおもわなんだが
ハリソンが部下に銃を向けられた瞬間、ジーン八苦マンと、デンゼル和紙んとん
を思い出したのは俺だけか?

173 :名無シネマ@上映中:02/12/18 07:34 ID:HFirEs2S
>>172
君だけじゃない。
俺も一瞬、そう思った。

152 :名無シネマ@上映中:02/12/16 23:53 ID:Od9y1DGy

2ちゃんねる映画ブログ

順番待ち中の原子炉担当士官のガタガタ((((゚Д゚;))))ブルブルっぷりは名演。
目の前であんなの見せられたら普通ああなるわな。

171 :名無シネマ@上映中:02/12/18 01:41 ID:aIN7diYO
>>152 同意。 「あー!何やってんだ根性なし!」と思いつつ「そーしたいのもよくわかる……」と、説得力あるダメっぷりでした。

181 :名無シネマ@上映中:02/12/18 19:57 ID:Wj8eUR7M
冷却水漏れでそんな簡単に「核爆発」に至るもんナン?

183 :名無シネマ@上映中:02/12/18 21:18 ID:vFNeW8jG
>>181
そんなに簡単には核爆発しない。せいぜいチェルノブイリの時と同じ
水蒸気爆発が起きる程度だと思う。潜水艦はバラバラになるだろうけど。

184 :名無シネマ@上映中:02/12/18 21:26 ID:+h4YvX6J
>>183
やっぱそうだよね。
世界を救ったは言い過ぎだよな。

207 :名無シネマ@上映中:02/12/19 22:23 ID:RjjO7L5r
本日最終で鑑賞。副長がええのう。彼を慕う部下もよかった。
が、軍律はわかるんだがあの部下の処分はちょっと同情したなあ。
副長に「裏切り」とまで言われたのはあんまりだ。

事故の原因は不明とされてたがまあ冒頭から出来の悪い欠陥品であることの
暗示されてたからいいんだけど…
最後の引き金になったのがハリソンの命令で限界深度を超える潜水訓練を
したせいでは?と思ってしまう俺は愚かものですか?メカくわしくないんで
的外れなのかもしれないが

208 :?:02/12/19 23:45 ID:hQHZU9mU
あの訓練が原因だとしょうがないが他の原因なら
あの訓練がなければみんな助かってなかっただろうよ

212 :名無シネマ@上映中:02/12/20 10:04 ID:ggXoUee0
>>207
原子炉は水圧に耐えられる区画にあるから問題ないはず
訓練の内容も原子炉には関係ないものだったしね
あの訓練で機械が不調になった可能性はあるけど
やってることは戦闘時には必要なことだからねー
もしそうなら建造方法や設計の方に問題があると思われ

232 :名無シネマ@上映中:02/12/21 08:44 ID:GlwgEeoc
「総員、中に戻れ!」って言ってるときに、

「おれはイヤだ! 絶対戻らないぞ~! イヤだぁ~!!!」

とか言って海に飛び込む艦員萌え。

233 :名無シネマ@上映中:02/12/21 09:14 ID:BCdf248c
>>232
アレがいちばんウソ臭い。
最新鋭の潜水艦の乗組員っていったら海軍のエリートだろ
あんな質の悪い水兵が含まれてるなんて・・・

だいいち、放射能の怖さを知ってるロシア人なんてほとんど
いないだろ。水兵が放射能なんて知ってるわけない。

235 :名無シネマ@上映中:02/12/21 12:49 ID:VPrKM+5X
>>233
旧ソ連では水兵の質は悪かったようだよ。ついこないだまで畑を耕していたような
若者が兵役で集められてきて、3ヶ月~半年くらいの訓練を終えていきなり原潜に
配属される、なんて事が珍しくも無かったそうだ。
あと、放射能の怖さは知らなくても、原子炉の修理をした連中の惨状を見れば
かなりヤバイ状況だと感じるのが普通では?

236 :名無シネマ@上映中:02/12/21 12:58 ID:9LTAzPRJ
潜水艦乗務員が錯乱して船外に出たがるのはUボートなどでもさんざんガイシュツ
「またかよ」って感じですた

276 :名無シネマ@上映中:02/12/23 06:41 ID:Os00ITjR
気になるので質問です。

修理に行った人たち全員皮膚がただれてしましたよね?
あれは蒸気などの高熱によるやけどですか?
放射能の刺激による損傷ですか?

2ちゃんねる映画ブログ

細かいところですが気になったので
みなさんどう思いますか?

277 :名無シネマ@上映中:02/12/23 08:55 ID:oFK851Nj
>>276
放射能による火傷でしょうね、原作にもそう書いてました。

281 :名無シネマ@上映中:02/12/23 12:58 ID:/mnw1/Mn
放射能による火傷といえば東海村で被爆した作業員、
皮膚が全身べろんとむけちゃって
皮膚を移植しても全然着かなかったらしい。
何ヶ月だったか忘れたけど、生きてる間ずっと皮膚なし肉剥き出し。

K-19で実際に炉心から出てきた子達の状態ってたぶん映画より酷かったと思う。
観客が不快に感じないように抑え目な特殊メイクにしといたって感じ。

まぁ何つうか、広島長崎は置いといても放射能はほんとに怖いよね。

316 :名無シネマ@上映中:02/12/25 05:22 ID:2kV+/XLM
>>281
そうそう、映画では、あの作業した人達の被爆の症状は抑え目に表現した、
とパンフに書かれていた。
実際はもっとすごかったハズだ、と。
確かに映画観た時、自分もそう思ったよ。
実際はあんなもんじゃ済まんかっただろ、と。

284 :名無シネマ@上映中:02/12/23 17:27 ID:uJ+2RfqO
K-19ってなんだ?潜水艦の名前?

285 :名無シネマ@上映中:02/12/23 18:04 ID:DiezyaoR
>>284
潜水艦の名前です。別名 ウィドーメーカーと呼ばれてたらしいです。

452 :名無シネマ@上映中:03/01/09 13:56 ID:VGDBYHtu
で結局K19はどうなったんだろ?あの潜水艦に牽引されてったのだろか?それだけ気になった。

2ちゃんねる映画ブログ

462 :名無シネマ@上映中:03/01/10 01:16 ID:Xe6k7Hbx
>452
あの後も使われて何度も事故を起こしたらしい。

300 :名無シネマ@上映中:02/12/24 00:18 ID:8Asc5lxO
裁判のシーンのハリソンは髪がやたら薄かったですが
メイクじゃなくて地毛なんすか?

301 :名無シネマ@上映中:02/12/24 00:34 ID:6H/V0ptC
>>300
放射線浴びたって設定だと思った。

でも、地毛かもね。

325 :名無シネマ@上映中:02/12/26 06:30 ID:WFnWnl8G
ところで、あの事故は、十字架のネックレスを持っていた人のせいで起こったとゆうわけではないんですよね?
何回かメーターを気にしてコンコン叩いてるシーンがありましたけど、意味がよく分かりませんでした。

328 :名無シネマ@上映中:02/12/26 14:05 ID:eRpIJioN
>>325
冷却水ポンプの電力メータが異常値を示してたのでトントン叩いてたのです。

それで、計器の異常かと思っていたら、実は漏水していて
フィードバック機構が流水量を一定にする為にポンプの出力を上げていた
→結果としてポンプに負荷がかかり電力消費が増えていた。

329 :325:02/12/26 16:10 ID:VOwwDwvs
そうなんですか。
なんでそんな重大なこと報告しないんだ…

456 :名無シネマ@上映中:03/01/09 20:53 ID:HNV17O4i
遅ればせながら今日観てきました。
個人的にキタのは、ビビった新人に換わって
原子炉に入ったチーフの姿。
なんか「ここは俺の現場」という感じが伝わって
ウルウルしてしまった。おかげでここから最後まで
ウルウルしっぱなし。
「背負う者の美学」を感じる映画でした

286 :名無シネマ@上映中:02/12/23 20:48 ID:4wu2h/7c
このスレsage進行のほうが潜水艦らしくていいと思う

287 :艦長:02/12/23 21:01 ID:O62sJClH
限界までsageで進行だ。

288 :艦長:02/12/23 21:11 ID:O62sJClH
ageの急浮上はこの板の限界までいってからだ。
言っておくが、これは訓練だ。

289 :名無シネマ@上映中:02/12/23 21:34 ID:kC/Zojjk
現在深度94

293 :名無シネマ@上映中:02/12/23 21:59 ID:uJ+2RfqO
現在順調に潜航中です

295 :名無シネマ@上映中:02/12/23 23:32 ID:uJ+2RfqO
現在深度 142

428 :ボストリコフ :03/01/06 17:06 ID:jY0l8hu5
深度300まで潜行する!

501 :名無シネマ@上映中:03/01/15 01:24 ID:G4w/6Vme
現在深度351……艦長、圧壊危険深度です!

502 :艦長:03/01/15 01:43 ID:LOeJk5PH
(ピキメキメキ・・・)
本艦と諸君の限界を知らねばならない。
さらに深度150メートルまで潜航維持だ!

503 :名無シネマ@上映中:03/01/15 02:13 ID:7oddgbhC
やめてください、艦長! このスレを落とす気ですか!!


関連記事

  1. 2010/10/07(木) 22:10:13|
  2. か行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<春との旅 | ホーム | ソラニン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1467-107772c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR