FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ハンニバル・ライジング

最新作 ★ハンニバル・ライジング★ 2007 4月下旬公開
http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1176908069/
2ちゃんねる映画ブログ

12 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/04/19(木) 22:07:47 ID:4yf7Yerv]
ちょww若いときのレクターハンサム過ぎwww


15 名前:名無シネマ@上映中 [2007/04/20(金) 00:02:06 ID:QRLivTmN]
どう頑張って見てもヤングハンニバルがアンソニーおじいちゃんにつながっていかないんだが。

18 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/04/20(金) 01:50:10 ID:LHqfWX8a]
ウリエルが美しいからもうなんでもいいよ

24 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/04/20(金) 08:01:28 ID:ktsIG0tD]
ウリエルかっこいよウリエル

99 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/04/22(日) 01:00:53 ID:cgKSHMBu]
まぁ、ぶっちゃげスターウォーズEP3でアナキンがダースベイダーなるって
わかってて見にいくのと同じかな。。。
羊シリーズとして見てはいけません

13 名前:名無シネマ@上映中 [2007/04/19(木) 23:34:13 ID:DLX3M+SA]
原作を読んでから、映画を見るとあまりにも期待はずれの出来で、がっかりします。
B級映画以下の作りこみ。ただの原作のあらすじ紹介にすぎない。
丹念に描写した、主人公の心理状況の変化や、むりやり物語に突っ込んだような紫の日本的な繊細な表現が、まったく描かれていない。身銭を切って見る必要なし!製作関係は、レクター氏がもし実在すれば、惨殺されるだろう。

66 名前:名無シネマ@上映中 [2007/04/21(土) 19:22:55 ID:32JZurQD]
見てきたー。ネタバレ無しで感想。

過去3作みたいなのを期待してるなら見るの止めとけ。
色んな部分がご都合主義の全くの別物。
CMの「全てを解く鍵は日本にあった」は全くの嘘。
日本人女性である必要も無いし、コン・リーである必要も無い。
1つの映画として見るなら前半までならgood。後半はなんかご都合主義。
もっと描いて欲しい部分がいっぱいあったのに描ききれてないなという印象も。
主演の演技は良かった。狂気に満ちてて俺はアンソニーと繋がった。
まぁ過去作品のファンで気になるなら見てみて。

191 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/04/23(月) 12:12:40 ID:hiWjW3wx]
>>66
日本人女性である必要は、あるんだよ。
欧米人からみると、楚々とした大和撫子というイメージの女性が
ライダースーツでバイクかっ飛ばす(映画は未見だけど原作にあるシーン)っていう
古典的な落差が萌え要素。

74 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/04/21(土) 20:07:16 ID:huUgNZ9k]
ハンニバルシリーズを見た事ないせいか
この映画結構楽しめた

75 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/04/21(土) 20:12:43 ID:/THGLV6W]
基本的には楽しめたが、物証アリアリなのに全然捕まらないってところがちょっと…。
レクターの天才的犯罪・逃亡テクが際立たない。ただ単に捕まらないという印象。
あのナントカ刑事の存在が中途半端。

78 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/04/21(土) 20:44:30 ID:FD60OtXD]
いきなり戦争映画で驚いた。金かけすぎ。チェコで撮ると安くいけるのか。
ユーゴ内戦をテーマにした映画が一時期たくさんあったが、それに似た
雰囲気。歴史としちゃ、独ソ戦のほうが先だけど。東欧、ロシア地域って
本当に無事だった時代がないんじゃないかと思うよなあ。

レクターが捕まらないのは、まあ、刑事さんのほうも自白をアレしたりして
戦争犯罪への復讐なら脱法行為も黙認していた時代のせいでしょう。確かに
ミステリーというよりは戦争がらみのサスペンス。カニバリズムにすら観客
が納得してしまう理由づけしてていいのかとは思うけどね。

89 名前:名無シネマさん [2007/04/22(日) 00:18:03 ID:8ZjKS98e]
憎き仇を1人また1人と狩っていく展開は
ダークヒーロー物っぽくて好みだったんだけど、
どうせなら意味深に登場した日本刀をメイン・ウェポンとして
活用してくれるぐらいの徹底振りを見せてくれたなら、もっと良かった。
この際、「羊たちの沈黙」に連なる作品であることは忘れてさ。
あと、レディ・ムラサキはてっきりお師匠さんとして
レクターを鍛えてくれるのかと思ったら
(「バットマンビギンズ」のリーアム・ニーソンみたいな感じで)
正直、いてもいなくても余り関係のない役どころだったような・・・。

96 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/04/22(日) 00:47:47 ID:0DFuZy1F]
ハンニバルシリーズは羊たちの沈黙しか見てない

作品自体は後味悪かったけど割とおもしろかった
ただ、レディー・ムラサキに突っ込みどころが…

2ちゃんねる映画ブログ

役者がそうだからしかたないんだけど
中国人にしか見えない
きちんと演技ができて英語もできる日本人女優はいなかったのだろうか
後、鎧に祈るってのは百歩譲ってあるかもしれない
でもなんで能面をわざわざ天井からぶらさげているのだろう

他、家族は鎧兜は嫁入り道具?
もしくは実家が広島なわけではなく
嫁入り後に別の地域にいた血族が送ってきたのか?

どうでもいいといえばどうでもいいのだが、妙に気になった

105 名前:名無シネマ@上映中 [2007/04/22(日) 01:37:45 ID:zzX5Ie7q]
>>96原作は伊達正宗の子孫(母方?)で実家(父方?)は広島にあって外交官令嬢かな。
原作読むと混乱してくる

118 名前:名無シネマ@上映中 [2007/04/22(日) 03:38:23 ID:EQ271hWs]
ムラサキの中の人、中国人なのか?
そうなら、かなりガッカリなんだが・・・

119 名前:名無シネマ@上映中 [2007/04/22(日) 03:43:49 ID:bsdOH8Yl]
コン・リー知らない映画板住人なんているのか。

249 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/04/24(火) 04:59:39 ID:DAwS2pFA]
ちょっと質問!
ハンニバルレクターとコンリーの役柄って血縁関係なんだっけ?

250 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/04/24(火) 08:26:41 ID:Jk3DbD7+]
>>249
ハンニバルの叔父の妻だから、親戚だけど血のつながりはないのじゃないか?

112 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/04/22(日) 02:36:44 ID:dokjChxJ]
最後は偶然助かったシーンだったから萎えた。
もっと計算して乗りこんでいくのかと思ってたのに。

113 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/04/22(日) 02:54:28 ID:6MlrGUHm]
後半はなんか行き当たりばったりで偶然何とかなってるって感じだな。レクターも若いからしょうが
ないんだろうか。見た目はいいんだけど

120 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/04/22(日) 04:15:57 ID:bXOldDmu]
ここまで無茶しまくってフランス警察にもマークされてしまったのに
グレアムに捕まるまでよく無事でいられたものだ
本作単品なら普通に楽しめると思うが
これレッドドラゴン以降に絶対つながらないね

ひょっとして原作では最後にあの刑事を出し抜いて
警察のマークを外したりするの?

122 名前:名無シネマ@上映中 [2007/04/22(日) 05:01:50 ID:mPIY1TyW]
>>120
その手のトリックとか見せ場は原作にも無いよ。

今回はトマス・ハリス本人が脚本も書いたんだね。
原作を乱暴に捻じ曲げることもなく、無難にまとめたんじゃない?
コン・リーは綺麗だった。

しかしまあ、映画の見せ場が全て殺人シーンって感じ、でげんなり。
ハンニバルvs警部でもっと盛り上げれば普通に面白い映画になったかも。
羊たちの沈黙の脱獄シーンのようなのが見せ場が欲しかったよ。

123 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/04/22(日) 05:41:36 ID:xZo9XRAl]
コン・リーが冨永愛に見えて仕方ありません。あと、ハンニバルの頬にエクボというか…彼の左頬が気になります

2ちゃんねる映画ブログ

149 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/04/22(日) 19:32:20 ID:8doA0+AJ]
>>123
ドーベルマンに襲われたときの傷の跡らしいよ

443 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/04/28(土) 04:22:47 ID:zXktkjVW]
>>123
「左頬には6歳の時にドーベルマンに襲われて出来たキズが今も残っている」だとさ。

474 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/04/28(土) 19:40:17 ID:OaiHU8fi]
あんな美しい顔に生まれて
ドーベルマンに襲われて傷を負うなんて
神様もイジワル

190 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/04/23(月) 01:51:44 ID:tPR70qrQ]
研究室で侵入者に気付くシーン
窓からの風で気付くように演出されてたけど
やっぱりあそこは原作通りに臭いで気付くように描いて欲しかったな
レクターが人並みはずれた嗅覚を持ってるってのを知ってる『羊たち~』から
のファンがニンマリできたシーンになったと思うのだが。

194 名前:名無シネマ@上映中 [2007/04/23(月) 13:05:23 ID:SmvUMSJB]

2ちゃんねる映画ブログ

甲冑を口に付けたとき、
「ウッヒョォォォォォォォォォォォ!!レクターはかせぇぇぇぇぇぇぇぇ!」
と叫びそうになったのは俺だけではないはず。

204 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/04/23(月) 15:31:59 ID:KStL/Ivt]
山小屋で完全に覚醒させて
後もうは、グレアム・ヤングとかブッチャー・ボーイにして
施設だかのところをもっと引っ張ってくれると良かったな
で、ムラサキには審美眼から体術から徹底して教え込ませて
最後には自分を喰わせるとかしてたら正直崇めた

205 名前:名無シネマ@上映中 [2007/04/23(月) 15:35:49 ID:/nDrd4lw]
>>204
それいいな。
紫を食わせるっていうアイディア。

208 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/04/23(月) 16:05:05 ID:3R0bKBHf]
>>204
いいね。ハンニバルの変態性が良く出てるとおもう

220 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/04/23(月) 21:06:57 ID:MUYSHTPy]
ギャスパー・ウリエルの演技は中々いいね。
ちょっと細身で美形すぎる感はあるが、レクター博士の若い頃はこんな感じなのかなと思った。

それでも…A・ホプキンスと比較してしまうのは酷か。
ワインの縁を拭う仕草ひとつ取っても、あのおっさんは魅せるからなぁ。

222 名前:名無シネマ@上映中 [2007/04/23(月) 21:16:05 ID:y6eRvfkt]
レクターって、殺人鬼なのに非常に高知能ってのが売りじゃん?
グラハムが逮捕できたのも奇跡だったみたいな。
でもこの映画ではすぐ足が付く様な行動ばっかじゃん?
賢さを表してたのは『医学校に最年少で入れた』ってとこだけだったような……

227 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/04/23(月) 21:51:11 ID:GFo50DTB]
>>222
原作ではタイルでピタゴラスの定理を証明できるくらい賢い
というのも幼少時代からかなりの計算好きなんだけど
あいにく映画では幼少時代はロッジの描写以外ごっそり削られてるからね

302 名前:名無シネマ@上映中 [2007/04/25(水) 16:45:13 ID:PYB/Esg2]
つうか「ハンニバル」の頃からいきあたりばったりだったような。

そもそもレクターって警察にもメイスン一味にも捕まってるし
相手が殺そうと思えば殺せた場面は結構ある。

242 名前:名無シネマ@上映中 [2007/04/24(火) 00:48:33 ID:L1lvC2yJ]
ベルリンの壁(だったような気がするが、とりあえず東西世界分断の境界)を、どうやって超えたか
見て覚えてる人いる?
もしいたら教えて。
越えた直後に、監視塔の真下に潜って銃撃をかわしたといった描写しか覚えていず
有刺鉄線の境界をどうやって越えたかは覚えていない。
よろしく頼んます。

245 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/04/24(火) 00:56:23 ID:dzbLif4G]
壁を越えるシーンはいい加減だったよーな。
おいおいと思ったことは覚えてる…

246 名前:名無シネマ@上映中 [2007/04/24(火) 00:59:29 ID:WNVkP9AW]
リトアニアからフランスまで行くの、いくら陸続きだとは言え
結構、無理があったと思う。
お金ももってなかっただろうし。

283 名前:名無シネマ@上映中 [2007/04/25(水) 06:02:04 ID:dsMNO1Z+]
とりあえず、あんなにかわいい妹を食い殺されたら、
そりゃキレるわなぁと思った。

2ちゃんねる映画ブログ

284 名前:名無シネマ@上映中 [2007/04/25(水) 06:06:13 ID:5nLwxoUu]
確かにミーシャテラカワユス

333 名前:名無シネマ@上映中 [2007/04/25(水) 23:38:38 ID:+0v8gUNz]
正直レクターには「絶対悪」であってほしかった。
妹の件はカニバリズムていう方向性が定まったきっかけくらいにして、そもそも生まれつき一般的な価値観を持てなかった純粋な異常者って方がよかったな。

342 名前:名無シネマ@上映中 [2007/04/26(木) 00:55:28 ID:U6MAQ/wB]
>>333
同意
トラウマによって怪物になったなんてあまりにも人間すぎる
それにレクターって今作ではどっちかっていうと正義のヒーローじゃん

343 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/04/26(木) 01:07:39 ID:XFH0BgSa]
>>333
同意だな。
この映画だと、普通に正義感みたいなの感じちゃってるもんねw

344 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/04/26(木) 01:24:09 ID:VS6+RZd0]
レクターは羊たちでもハンニバルでも、絶対悪とは程遠いが。

298 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/04/25(水) 15:18:27 ID:NxVR2wa+]
万が一コルナスが銃を取らなかったら許してたと思う?

354 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/04/26(木) 02:52:26 ID:HAfqHY7u]
>>298
ハンニバルの行動パターンから言えば、
コルナスが銃を取るのを確信した上で面白がってたんだと思う。

353 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/04/26(木) 02:43:19 ID:VS6+RZd0]
銃を取らなかったら許してただろうよ。

まぁ許す気がさらさら無いのは、これ見よがしに銃を置いた点から明白だが。

355 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/04/26(木) 05:55:56 ID:fNS8N3Tz]
>>352
拳銃とらなくても許す気なんてねえだろなぁ、きっと。

362 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/04/26(木) 10:55:56 ID:k91Vvq+j]
ミーシャは食べられた事によってグルータス達の血となり肉となったのに、
ハンニバルが奴らを殺してしまったらミーシャをも殺した事にならない?

366 名前:名無シネマ@上映中 [2007/04/26(木) 12:45:10 ID:zH48tYkk]
>>362 ハンニバルはそこまで考えてなかったんじゃないかな?とにかくミーシャを殺したあいつらに復讐がしたかったんだろうから。

371 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/04/26(木) 15:04:25 ID:kNvd9WzK]
>>362
ハンニバルもミーシャを食べてるし、
グルータスを食べることでミーシャを食べることにもなってるからおk

255 名前:名無シネマ@上映中 [2007/04/24(火) 13:03:09 ID:HEMuMBR2]
アンソニー・ホブキンスはカメオ出演とかないの?

2ちゃんねる映画ブログ

256 名前:名無シネマ@上映中 [2007/04/24(火) 13:29:44 ID:N/1GlBsl]
>>255
全く出演してません。

291 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/04/25(水) 10:12:02 ID:PYW5lDV+]
アンソニー・ホブキンスがどこかの避暑地でくつろぐ中、ふと過去の記憶に想いを巡らす。
といった導入とかがあれば映画の格も上がるし、レクターシリーズのファンと
しては嬉しかったんだが

306 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/04/25(水) 17:42:23 ID:cZgK5CM9]
ムラサキに鈴虫をプレゼントするところが好きだったのに、テラはしょられてる(´・ω・)ス

307 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/04/25(水) 17:45:15 ID:KrOatgxd]
え。。。レンタル鈴虫のエピないのん・・・(´・ω・`)ショボーン

321 名前:名無シネマ@上映中 [2007/04/25(水) 20:10:10 ID:VW4+P7xd]
俺も原作の日本描写で一番好きなのは鈴虫のエピソードだな。
虫の声を好む日本人の風情を上手く描いていた。
映画では鈴虫カットで剣道になっちゃってガッカリ。

322 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/04/25(水) 21:03:14 ID:23bbz3jT]
剣道シーンには随分笑わせてもらったよ…(剣道経験者)
二人とも腰引けすぎwww
映像のつなぎとかで処理してごまかしてんだろうなと思った。
まあ、ツッコミどころはそんなもんじゃ済まなかったけどねw
竹刀の持ち方やら足裁きやら…。
クレジットの『KENDO TEACHERS』にも笑わせてもらった。
やっぱり一週間ぐらいの付け焼刃じゃいかんね。

個人的には水墨画風の絵も出してもらいたかった。
スケッチだけだとつまんなかったなー。
あとビミョウスらしい書道も。

328 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/04/25(水) 22:27:04 ID:rA0MSsZV]
見てきた。羊シリーズとは別物として見た方がいいっていうのは超同意。
まあまあ良かったんだけど何か物足りない感じですた。
こっちとしては芸術的な殺し方を求めてたんだけど、思ったよりあっさり
してたというか(いらんとこをどアップにするのはあったけど)
最後の頬肉食いちぎるのとか、もっと凄惨にしてほしかった。
あんなアイス掬った後みたいな穴じゃなんかなあ。
警視とムラサキは今までクラリスが担ってた役割を二分したような感じだけど
どっちの役割も中途半端でいてもいなくても…って印象なのが残念。

2ちゃんねる映画ブログ

あと日本刀はもっと重たそうに扱ってほしい。

331 名前:名無シネマ@上映中 [2007/04/25(水) 23:23:10 ID:kApIDB1Q]
映画のシーンのことだけど、最後のほうで船に乗ったレディムラサキが、ハンニバルをかばう為か、
階段から降りてきたふつーのおじさんの首をナイフで刺したじゃん? その後で、
「彼ら(グルータスら)を赦すのよ」とか言ってたけど、全然説得力ないと思うんですけど。
全く罪のない人を殺しておいてさ。
あのシーン見て、すんごい冷めた。

332 名前:名無シネマ@上映中 [2007/04/25(水) 23:32:51 ID:rT1KOFHz]
映画未見、原作既読だけどあれはたしか、殺されそうになったからじゃなかったけ?
それに比べてグルータスはもう抵抗できないくらい痛めつけてるから、許せって意味だとおもったけど

346 名前:名無シネマ@上映中 mailto:age [2007/04/26(木) 01:51:59 ID:B/nIdLpI]
ムラサキたんが悪者にやられちゃって
愛するが故にキティになって食べちゃったりした方が
後のレクター博士っぽいかな?ってオモタ。

334 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/04/25(水) 23:38:56 ID:2yurKybB]
なんか評価低いね。
レクターシリーズは今まで全部観てるけど
レクター博士萌えなオレとしてはメチャメチャ面白かった。
ミステリーや推理描写など不要!博士のサイコさが全面に押だされてればそれでイイッ!!
若レクター博士(美形スギッ)が妹の仇を惨たらしく殺してるとこは
終始ニヤニヤ、ってかレクター博士張りの邪悪な笑みを浮かべてみてたよ。
平日夕方で最後オレ以外誰も居なくなっちゃったから一人エンドクレジットが
流れるなか拍手してた。
レクター博士が結構アフォな事でピンチなったりしたけどオレは博士は
「ラプラスの魔」の保持者で全ての可能性を見越してるから知ってて敢えて
敵の罠に落ちたと解釈した。(ハンニバルで似たような描写があるし)
兎に角この映画サイコー!!DVD出たら絶対借りてもう一回観るッッ!!

340 名前:名無シネマ@上映中 [2007/04/26(木) 00:33:19 ID:CtwsuLaK]
レクタ―シリーズで一番きれいで良かった。主役の効果かもしれないけどきれいは怖いに
通じると思った。ヨーロッパの陰影に満ちた景色がこれまた殺人の闇の深さに拍車。コン
・リ―の癒しムードが素敵

389 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/04/27(金) 01:50:16 ID:ORBqArPD]
レクター出過ぎるとつまんないね。もっと出し惜しみして
影で人の無意識を操ってるイメージの方が似合ってると思う。

402 名前:名無シネマ@上映中 [2007/04/27(金) 11:46:31 ID:Ptzr16pd]
だいたいレクターは主役格じゃない。究極の脇役。それがいいのに。
人気が出過ぎて完全にハンニバルから主役になってしまった。残念。
私の中では羊>レッド>ハンニ>>>>(別物)ライジング

393 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/04/27(金) 05:33:02 ID:fueyLu2P]

2ちゃんねる映画ブログ

コルナスの娘を呼んで歌ってるシーン。
ホントに気持ち悪くて怖かった…!!ウリエルの眼が綺麗すぎるからなのかな…
「どう見ても変態です。本当に有り難うございました!」と言いたくなった。

416 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/04/27(金) 18:16:30 ID:37wtkNMZ]
数々の惨殺シーンより、レディ・ムラサキがハンニバルの指の傷を
縫合するシーンのほうがグロかった。

417 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/04/27(金) 18:41:48 ID:fsygq6fr]
>>416
指が骨までぱっくり裂けて縫合したことあるけど麻酔してるので痛くなかった。
しかし麻酔注射を裂けた中にぶっ刺すのが絶叫ものに痛かった。

418 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/04/27(金) 19:13:12 ID:qysQUObl]
過去作DVD見直して気付いた最大の違い。

過去作のレクター・・・シーンごとに何を考えてるかも、次に何をしようと企んでいるかもイマイチ読めない。
ライジングのレクター・・・どのシーンでも内心をおおよそ把握できるし、次に何をしようと企んでいるかがハッキリ分かる。

419 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/04/27(金) 19:25:33 ID:fsygq6fr]
>>418
それはレクター視点の作品だからじゃないか?
ハンニバルはまだクラリスが主人公でレクターを追う話だったが
今回はレクター目線で語ってるので主役の行動が意味不明
ではお話が成り立たない。
もっとも主役視点にもってきた時点でただのアンチヒーローものに
なってしまい、レクターのキャラ台無しかも知れない。

420 名前:名無シネマ@上映中 [2007/04/27(金) 21:41:17 ID:MfCY5m0h]
使用人がいるとはいえ、ほぼ二人きりで屋敷に住む美しく熟したおばと美しく狂気に満ちた甥
舞台はフランス


パロAVマダー

421 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/04/27(金) 21:48:26 ID:DuDw/zwn]
>>420
ハンニバル・エロティック

422 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/04/27(金) 22:40:54 ID:DuDw/zwn]
★公開済み
☆今後公開?

★ハンニバル・ライジング
☆ハンニバル・ハーフタイム
★レッド・ドラゴン
★羊達の沈黙
★ハンニバル
☆ラスト・ハンニバラー

冗談は置いといて、レッド・ドラゴンで逮捕される前に
「いつも殺人事件のたびに討論し合ってきた」時期のサイコサスペンス物語を
ホプキンスとエドワード・ノートンとでやれそうな気がする。

423 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/04/27(金) 22:46:35 ID:qysQUObl]
ハンニバルの誕生からライジングまでの幸せな日々を描いた、『The Birth of Hannibal』もキボン


関連記事

  1. 2010/10/20(水) 22:11:11|
  2. は行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<幸福な食卓 | ホーム | レッド・ドラゴン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1463-d6ab565b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR