FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

春との旅

春との旅 PART1
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1272815845/
2ちゃんねる映画ブログ

1 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/05/03(月) 00:57:25 ID:XTRPL6ws]
2010.5/22(土)全国ロードショー

公式サイト
http://haru-tabi.com/

 やがて涙は、生きる歓びに…
 春を越えて初夏五月、魂を震わす日本映画をお届けします。

 春を待ち、春を越え__ 人は人に寄り添って生きて行く。


【キャスト】
仲代達矢、徳永えり
大滝秀治、菅井きん、小林薫、田中裕子、淡島千景、柄本明、美保純、戸田菜穂、香川照之


2 名前:名無シネマ@上映中 [2010/05/03(月) 10:32:49 ID:VVn4fJy3]
ロードムービー好きなので楽しみだ。豪華キャストなのに全く話題になってないねw

3 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/05/03(月) 11:17:28 ID:nHcyUWVx]
確かに凄いキャストだよね

9 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/05/04(火) 21:57:23 ID:DjZKjSFE]
主役の若い女性だけ知らない

2ちゃんねる映画ブログ

10 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/05/04(火) 22:01:40 ID:Dbbx14n7]
自分も女の子知らないな
仲代さんは脚本に惚れ込んで出演したらしいね
こういう映画がヒットするといいんだが

21 名前:名無シネマ@上映中 [2010/05/12(水) 09:44:15 ID:0+V9TSiF]
昨夜の試写会で見た。

とにかく豪華ベテラン陣の掛け合いは凄いよ。
徳永えりもがんばってる。
映画の出来は……ちと不満も。

32 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/05/20(木) 12:47:02 ID:ypv2KuI0]
今朝、ラジオでおすぎが大絶賛してたぞ
今年度邦画No1だって。
テレビドラマの延長の俳優とは違うって言ってた。
ものすごく楽しみ。

37 名前:名無シネマ@上映中 [2010/05/21(金) 23:36:36 ID:PThOUVtY]
>>32
おすぎって影響力あるのかな?
映画の楽しさも期待するけど、ベテラン俳優陣の演技や迫力にも期待してますわ。
これだけのメンバーが集まるって、もう中々無さそうだもんね。

36 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/05/21(金) 13:31:39 ID:D0E0oFD9]
中盤以降で仲代と柄本がケンカする場面があるんだが不覚にも爆笑しちまったよ。
互いの顔面がおよそ1センチくらいまで接近して、
そこからエモちゃんが無表情でバカヤローバカヤロー連呼しててクソワロタww

ちなみにとてもシリアスなシーンなので周りに客多いときは笑うの我慢してね。

2ちゃんねる映画ブログ

(エモちゃんじゃなけりゃ俺だって我慢できたんだが…)

38 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/05/22(土) 16:10:12 ID:/q8t6kZo]
徳永だが、フラガールでは、たしか蒼井優より先に登場して
ボタ山登ってたよな。ずいぶん太ったんでわからなかった。

で、ガニ股は演技か?

39 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/05/22(土) 18:00:45 ID:SYU86nmP]
監督から演技指導があってああいう歩き方になったらしいよ

41 名前:名無シネマ@上映中 [2010/05/22(土) 21:10:26 ID:/q8t6kZo]
>>39
そうか。オープニングから、仲代のオーバーアクションや
ちょっときつめのアレンジのBGMと共に気になっていた。
じきに慣れたけどな。とにかく、あの面子の中で
堂々と演じ切っている徳永は今後が楽しみだ。

で、とにかく泣いた。いい作品なので周囲に広めておく。
と言っても、いい作品だから口コミで、なんてのは、
良い作品であることへの甘えかと。

口コミでは届かない人も多い。
こういう作品こそ、きちんと宣伝して、より多くの人に
届ける努力をすべきだと思うよ。
予算の制約があるのは分かるが。
関係者がここを見てたら考え直してくれ。

40 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/05/22(土) 21:06:48 ID:XWBmTzK1]
>>38
参考までにどぞ


『春との旅』徳永えり インタビュー

本編を拝見させていただき、春が19歳とは思えないほど幼く感じました。
そこは演じる際に気をつけた部分でもあるのでしょうか?

徳永:「それは私の顔の作りとか、醸し出している雰囲気が…(笑)。
いや、でも、春の赤いジャンパーや、大きいリュック、ぴょこぴょこ歩くちょっと垢抜けないしぐさは、
小林監督はじめスタッフさんに用意していただいたもので、
皆さんの協力があってこそ作り上げれたキャラクターなんだと思います。
逆に今回演じるとき、私の考えはゼロにしようと決めていました。
いろんな方からいただいたヒントを元に、春になることだけをずっと考えて演じていました」


特に歩き方が印象に残っています

徳永:「あれは監督の演出ですね。「春はこう歩くんだ」と教えていただいて。
監督の春のイメージは、あんな風にがに股で、ちょっと猫背で歩くという感じだったので、
それをなるべく忠実にやろうとしました」

48 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/05/22(土) 22:59:27 ID:K5eQhTT9]
ガニマタには違和感
美保純にはもっこりひょうたん島

2ちゃんねる映画ブログ

50 名前:名無シネマ@上映中 [2010/05/24(月) 02:05:02 ID:V+xkCcll]
いい映画だったが、なんか微妙だったな・・・。
巨匠じゃない人が背伸びして巨匠風味に作ったような感じというか。
でも経歴見ると凄い監督みたいだけど。

撮影も一見イケてるようで、よく見るとイケてないような・・・。
至る所に使ってる長回しも、ラストのそば屋以外は効果的に「?」って感じだったし、
そのそば屋シーンも山田洋次丸パクリのような画作りだし。
まあ山田洋次好きだから、それが俺にとっては良かったんだけどw
音楽が語り過ぎというか冗長な感じは、悪い意味で「おくりびと」を思い出した。

でもいい映画だった。
老人の最期を描いたロードムービーってことで「春にして君を想う」を思い出した。
俺は37歳だけど、老人が観たらもっといろいろ感じるものがあるんだろうな。

52 名前:名無シネマ@上映中 [2010/05/24(月) 13:16:03 ID:LjVtl3ck]
見てきた
全体としては「まずまず」の映画
最後まで見切ってこその内容なので
はじめから1時間半は甘ったれた糞じじいの介護映画なので
痴呆じいさんの世話などしたことある人はイライラが爆発してしまうかも
そのどうしようもないわがまま糞加減が最後の最後に味っぽくなるというね
演技は皆最高

53 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/05/24(月) 13:38:27 ID:kKuNU2kk]
一言で惜しいんだよな。

自分で書いた脚本はまあまあだし、前作の「ワカラナイ」を観る限り、そう変な監督でもない。
ただ今回は独りよがりが過ぎる。
観客に媚びろとは言わないが、もっと観客の視線に立っても少しも問題ないと言うか、その方が感動できたと思う。

2ちゃんねる映画ブログ

せっかくの小林薫はロングの横顔だけで、よく本人は怒らなかったもんだ。
二人を同一画面に収めるときも、片方にだけピントを合わせて、それが喋ってる方じゃなくて聞いてる方だから苛苛する。
パンフォーカスを使えっての。
意図的にやってるのはわかるがその意図が判らん。
伊丹かトニー・スコット映画かと思うようなドアップの連続もキツい。
しかも二人のアップの切り返しは視線が見事にずれてる。
音楽のやかましさも不快だ。

役者の芝居がいいから、こういう文句を言いたくなる。
斬って捨てるには惜しすぎるんだよな。

豪華キャストに舞い上がったとしか思えない。

あと、あのガニ股歩きはいくら説明されても変です。

55 名前:名無シネマ@上映中 [2010/05/24(月) 17:24:20 ID:LjVtl3ck]
他人のじいさんの身を寄せる家探しなんざどうでもよくて
客をひきつけたいならあんなに単調に進めたりオナニー風景をここぞとばかりに見せつけたりするべきでないとは思った
この甘ったれ糞爺の彷徨いを見させるには何かきっかけがほしかったよ
1人客の爺さんが帰って行くのを見たし
お姉さんの言葉に人生についてのメッセージがこめられてるね
若者目線として孫はもっと爺さんにキレてほしかった
糞爺は糞爺のままで終わっちゃったね

56 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/05/24(月) 20:02:23 ID:NAdr0ra4]
あれはあれでいいのよ
あのわがまま爺さんの存在意義が最後でわかるんだから

58 名前:名無シネマ@上映中 [2010/05/24(月) 20:49:59 ID:9hYQeEb0]
仲代さんの演技が過剰。
徳永さんの歩き方が変過ぎる。
過剰すぎると
観客の意識が全てそこに向いてしまう。

60 名前:名無シネマ@上映中 [2010/05/24(月) 21:05:09 ID:LyDavHhr]
毎度のことながら仲代の過剰すぎる糞演技は物語の邪魔になるな

2ちゃんねる映画ブログ

61 名前:名無シネマ@上映中 [2010/05/24(月) 23:13:55 ID:LjVtl3ck]
あ、あとリアリティないなと思ったのは「おじいちゃん!おじいちゃぁん!」を連呼するシーンがやたらにあったこと
何なのあれ。純粋に気持ち悪いんだけど。あれ人間のする行為なの?

63 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/05/25(火) 17:46:37 ID:w7Oe/5hC]
がに股理解不能

最初ずっと 歩き方の不自然さから知恵遅れ気味の子なのかって
勘違いしてしまったけど 同じこと感じてる人絶対多いはず

65 名前:名無シネマ@上映中 [2010/05/25(火) 20:28:47 ID:2CuzMLL4]
春ちゃんが歩くのを観る度に
「リュックが重いからこんな歩き方なのかな」
「足に少し障害があるからなのかな」とかを考えてしまう。
監督がこのシーンで観客に感じてほしいこととは違うことを
観客は考えてしまう。

66 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/05/25(火) 20:34:43 ID:zcScrEHy]
田舎のまだそこまで年じゃないおばちゃんもこの映画の春みたいな歩き方してた
田舎でも若い子はふつうに歩いてるんだけど
春は若い子とは違って、おばちゃんよりの若者なんだなぁというのは感じた
たしかにふつうに歩くより、若干歩き方に特徴があるほうが自然に見えるかも…
ただちょっとあのがに股歩きは下手かなって思った

75 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/05/26(水) 00:13:41 ID:SVsUcUu8]
仲代の演技では、徳永とそばを食いながらしゃべるところはさすがだなと思った。
つか、年寄り役者たちに囲まれて徳永が堂々と春をやっていたのが一番素晴らしい。

78 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/05/26(水) 09:33:43 ID:7sgP8K0l]
理解不能といえば 春のあのスリップのようなスカート
化粧すらしないような女が 寒い時期に
何故あんな下着みたいなスカート履くんだ?

しかも超蟹股なのに 同考えても変だろう

自閉症で あのスカートにこだわってるのかとか
母の遺品とか意味があるのかと思った

79 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/05/26(水) 19:04:57 ID:dg7Y2CZP]
田中裕子の息子についての話しで、
春が「私と同級だから、19歳です」みたいなこと言ってたと思うが、
どういう設定なんだ? 理解不可能なことが多すぎる。

タイトルや、エンドロールでの名前の出し方もスカしすぎ。隅っこに出して
視力検査してるのかってw しかも、50名くらいのリストをバーっと出して2秒弱くらいで消したりもしてるしw

117 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/05/31(月) 14:35:58 ID:1wT8yQNn]
あの、黒地で左上に小さい字で、特にお年寄りには読みづらい、
エンドロールは、何を表してるんだ ?
この映画の出演者は、名前で勝負しない、演技で勝負するんだ、
だから名前は読めなくていい。
という意味とか、いろいろ意味を考えたんだが。。。
まさか、がに股と同じで、大した意味はなく、
ちょっと奇抜な事をやってみたかったってオチじゃないだろうな ?

83 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/05/27(木) 16:09:07 ID:aLMGeIBi]
オチが唐突というか、ありきたりなのが気に入らないが、面白かった。
あのあと春ちゃんがどうなったか気になる。
まだ未成年だし気の毒だ。
宮崎県より春ちゃんになにかおくってあげたい

86 名前:名無シネマ@上映中 [2010/05/27(木) 21:06:09 ID:TTzbZ4m5]
>>83春ちゃんのその後は小説版で読めますよ。

120 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/05/31(月) 21:54:22 ID:INdUw0lS]
>>86
小説版を立ち読みしてきたけど、
映画と全然違うんですね。

97 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/05/29(土) 08:58:26 ID:iKFztodm]
あの年齢でコーヒーを飲むのが初めって設定は無理がないだろうか


あー、おそば屋さんの場面を思い出したら、また切なくなってきた。
春ちゃん、かわいそう。

98 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/05/29(土) 09:05:15 ID:WTXt61JT]
意外とそういうのってあるし、機会がないととことんなく年取るもんだよ

108 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/05/30(日) 16:41:11 ID:JxLIyMJj]
観てきた。いや~良い映画だったな。
自分はどう死ぬか、を考えさせらた。どう死ぬか=どう生きるか、なんだろうけどさ。

春の歩き方は大して気にならなかった。田舎っぽい歩き方が出来なかったので
極端な歩き方を指導したんじゃないかな、と思った。真相は知らんが。
どっちかというと仙台市民やフェリー降り場の人の冷たさが「ありえない」と思い気になった。

当たり前だがベテラン陣の演技は安心して観れた。
それと田中さん、淡島さん、美保さんとかの美しさも印象に残った。
無理した若作りの美しさでなく、歳相応の美しさというか。綺麗に歳を重ねて見えるというか。

春は感情的になるシーンの演技力が足りないかも。「おじいちゃん」連呼とか、父親のとことか。
他のシーンは良い演技してたと思うから立派な女優さんになってください。応援します。
ラストはあれで良かったんじゃないかな。異論はあるかも知れないけどハッピーエンドだと思う。

昼過ぎの回で50人くらい入ってたと思う。頑張ってるほうじゃない?客の年齢層が高かった。
これはDVD買っちゃうだろうな。たぶんボーナス出ないので今から節約しておこうw

109 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/05/30(日) 17:25:40 ID:w3oUs7tu]
泣くと思って化粧せずに行って、
しかも始まる前にちゃんと膝の上にハンカチを
出しておいたのに全く使わなかった
やっぱり私もがに股気になっちゃったよ、
あとおじいちゃんはどっちの足が悪いんだ?
って分かんなくなるとこあった
階段の上り下りとか。坂道とか。
で、足の悪いじいちゃんに追いつけない春の冒頭シーン…。

戸田菜穂の発言にも興醒めだったし耳悪い設定は必要?と思ったし
ホテル探すシーンはあまりのカメラのブレに気分が悪くなったり。

110 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/05/30(日) 21:01:22 ID:JxLIyMJj]
>>109
上りと下りで違う手で手すりをつかんでたもんねw
歩いてる時は左手が胸の前なのに、別の場面じゃ普通に使ってたし。
そういう設定は適当だなぁとは思った。

114 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/05/30(日) 23:45:41 ID:exFv14Km]
観てから一週間
感涙を流したのに
一番に思い出すのは・・・ガニ股

124 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/01(火) 13:27:55 ID:AvtYyhji]
つまんなかったです。本当に。最初の仲代爺が杖を二回放り投げるところで少し不安になった。
一回目は春が拾うのに、何で二回目で諦めてそのまま捨てていくのだろう。春が持ってついていけばいいのに。
リアリティとか難しいことではなく、演出がすごく雑というか、線になっていない。

2ちゃんねる映画ブログ

言いだすといくらでもあるが、たとえば田中祐子に偶然入った大衆食堂で出会うのはいい。
ただ、その後なぜアパートに寄る必要があるのか?その際、「最近は閉めているほうがましなくらい」
とか言っていたけど、結構常連客が入っていなかったか?

アパートに二人を招待してお茶を出した後、すぐ店に戻るなら、最初から店を閉めて、
店で話せばいいのに。で、アパートを出た後、なぜ田中祐子の店の方向と二人の進む方向が逆なのよ。

駅から離れた場所に食堂があって、「駅に帰るなら、家に寄ってください」ということなのか、
と善意に解釈しようとしたけど、それなら一緒に駅まで行けよと思う。そもそも、なぜ駅から離れた食堂で昼食を
とろうとしたのよ。

お姉さんの旅館も、「今日は猫の手も借りたいくらい」と言うわりには、客の姿は見えないし、他の従業員も一人しかいない。
女将の姉が板前を兼任しているのか?その姉も仲代爺とコーヒーを飲みに行って日が落ちて帰ってくるし。忙しいんじゃなかったのか?

二日目の旅館のロビーで仲代爺が弁当を食って、春が文庫を読むところも、何で向かい合って座らないのよ。
カメラの都合か?

最後のそば屋も、そのそばはスペシャル特大盛りかわんこそばか?いつまで食ってんだよ。

本当に、心の底からつまらなかった。これを読んで気分を悪くした方、すいません。
ただ、この映画を観て、私も負けないくらいに気分が悪くなったので、つい書いてしまいました。

131 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/02(水) 00:02:23 ID:dUTaBL6r]
>>124

神 同感すぐる

132 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/02(水) 00:04:28 ID:U39LVQeX]
>>124
「最近は閉めているほうがましなくらい」
は、
昼食時と夕食時のあいだが暇ということでしょ。
工場労働者相手の食堂なんかで13:30~16:30は準備中というのは実際にあるから。

136 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/02(水) 02:20:22 ID:MAHnyHu5]
>>124
杖>どうせ持っていても使わないだろうとそのときは判断した

アパート>意外と長くあの2人と過ごしたのかもしれん。また店を開けるというのも2人を追い出す口実かも。
方向が逆なのは単に離れていく田中裕子と仲代・徳永のロングショットを撮りたかっただけだと思う。
そのまま心の距離と重なるし、徳永が振り返ることもできる。一方で仲代は振り返らない。要は演出の都合。

2ちゃんねる映画ブログ

俺も淡島千景以外の仲居がいないのは変だと思った。忙しいというのは口実で単に徳永えりの実力を測りたかったんだと思う。
訪ねてきた段階で雇うことを考え、それでやっていけるか試したとか。

最後のそば屋のシーンはとてもいいシーンだと思う。俺もウルッてなりそうだったがいつまでも減らないそばの量の方が気になった。
腹減ったので大盛り頼んだってことでいいじゃね?

138 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/02(水) 09:48:09 ID:FRiaEnBa]
>>136
>要は演出の都合。

まあ、そういうことだわな。杖の件も、自分の肉体の衰えに抗う老人の頑固さを演出したのだろう。
そういうのは、すごくベタだからわかりやすい。「母のない子のように」を歌わせて春の孤独を演出するとか。

問題は、その演出が前後で繋がっていかずばらばらだということ。線になっていないので、見ているとどんどん欲求不満がたまっていった。

旅館の件も、春を試すといっても温泉卵を運んでお新香を取り分けるだけ。それを見て満足そうな表情を見せるお姉さん。
それで一体何がわかるのよ。それにしてもあのお新香の量ははんぱなかった。

そういうのが気にならない人にはいいのだろうけど、私はダメだった。

他にも本当にたくさんある。最後に戸田が「いっしょに住みましょう」というのも唐突すぎる。
「あの人、お父さんのこと大好きなんですよ」ってなんなのよ。サラブレッド育成という夢を追いかける香川が
ニシン漁という夢を追いかけてきた仲代に共感したということなのか?その点については映像的説明も
台詞的説明も全くない。台詞で「あの人、お父さんのこと好きなんですよ」と言うだけ。そんなの映画じゃね~、
と思った。

276 名前:名無シネマ@上映中 [2010/06/14(月) 21:49:57 ID:G00DDUaS]
信子と忠男のやり取りの場面は、もっとタメを入れて欲しかったな。
「お父さん」とか「一緒に暮らしませんか?」なんて、あんなにスラスラと出てこないし
もっといい淀むとか、恥ずかしそうな感情をより以上に表出した方が伝わってきたと思った。
芸達者が集う中、どうも戸田菜穂だけが下手くそに見えて仕方なかったんだけど。

2ちゃんねる映画ブログ

139 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/02(水) 09:59:17 ID:8y1rJkvg]
これっていつの時代の話なの?
仙台でホテル探してかけまわる春みて
携帯は? 楽天使えとか思った

なんで仙台みたいな大都市で野宿してんの 
MACとかネカフェとかファミレスなんで行かないの
ホテル泊まる金はあるっていうならさ

140 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/02(水) 10:22:49 ID:FRiaEnBa]
>>139

2ちゃんねる映画ブログ

そういうのも、ベンチで眠る二人を映像に撮りたかったという演出の問題なんだろうね。
なんだかなぁ。

ロビーを追い出されるときも、仲代爺はコンビニ弁当をがっついて、春はのんびり文庫本を読んでいるから、
てっきりフロントに断りを入れているのかと思った。結局追い出されるのかよ。

フェリーで突き飛ばされた件もそうだけど、世間ってそんなに冷たいのか?
お姉さんも、薪割りすれば住まわせてくれるんじゃねえの?春を雇うっていってるのだから
春と一緒に住めるだろう。戸田も一緒に住もうと言ってくれてるし、春の実父なんだし、
一緒に住めばいいでしょう。何でとんずらすることを決めて「俺達、気が合うな」なのよ。

147 名前:135 mailto:sage [2010/06/03(木) 02:13:42 ID:sZwk4UEq]
頑張って行ってきました
思ったほど観てて退屈さや不快さは感じなかった
かなりあっというまに135分過ぎた 途中で時計を何度か見たけど
それは「あれっもうこんな時間?」って意味で見てたw


観た後、このスレで言われているいろいろな「どうして○○なの?」と皆が突っ込んでいることが
いちいち実感できた
ほんとにこれだけの人々が「なんでそうなの?」と思っているのに
撮影現場では誰も気づかなかったんだろうか…?

一言でいうならほんとに「惜しい」映画だよね。心に残る映画であることは確かだが。

201 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2010/06/05(土) 22:46:21 ID:Cwrerf8B]
自分は満足したけど、色々と突っ込みどころが多いのは認めざるをえないw


関連記事

  1. 2010/10/08(金) 09:17:38|
  2. は行映画
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:1
<<ルパン三世 カリオストロの城 | ホーム | K-19>>

コメント

映画の見方分かってない

みなの意見をここまで読んだが、映画の見方が根本的に違うよ。いちいち細かい所を指摘するなよ。そういう映画じゃないんだって。
  1. URL |
  2. 2011/04/06(水) 03:02:17 |
  3. のすとらだむす #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1462-a63a9b53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

試写会「春との旅」

新宿明治安田生命ホールで「春との旅」の試写会を観てきました“家族を見つめ、生きることの素晴らしさを探る人間賛歌の傑作”ということで、かなり大きな期待を持って観させてもら...
  1. 2010/10/08(金) 12:01:50 |
  2. 流れ流れて八丈島

『春との旅』

&amp;nbsp&#59; □作品オフィシャルサイト 「春との旅」□監督・原作・脚本 小林政広 □キャスト 仲代達矢、徳永えり、大滝秀治、菅井きん、小林 薫、田中裕子、淡島千景、柄本 明、美保 純、戸田菜穂、香川照之■鑑賞日 5月29日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満
  1. 2010/10/08(金) 12:04:22 |
  2. 京の昼寝?♪

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR