fc2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

サハラに舞う羽根

【文学作品?】サハラに舞う羽根
http://tv3.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1062328603/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中:03/08/31 20:16 ID:xX43Lnn/
製作国 アメリカ/イギリス 09/20公開
監督:シェカール・カプール「エリザベス」
出演
ヒース・レッジャー 「パトリオット」「チョコレート」
ケイト・ハドソン 「あの頃ペニー・レインと」「10日間で男を上手にフル方法」
ウェス・ベントリー 「アメリカン・ビューティー」「めぐり逢う大地」
ジャイモン・ハンスゥ  「アミスタッド」「グラディエーター」
参考作品:四枚の羽根 (1939)

アメリカではとうの昔に公開済み


11 :名無シネマ@上映中:03/09/06 21:42 ID:SnDfng+/
「エリザベス」の監督さんだ

17 :名無シネマ@上映中:03/09/08 17:14 ID:XFjIKiwR
「四枚の羽根」のリメイク?

18 :名無シネマ@上映中:03/09/08 17:42 ID:ZDXTFZEM
>17
YES!

14 :名無シネマ@上映中:03/09/07 21:43 ID:6HcmXUwh
Production Budget: $35 million
Total Gross:     $18,306,166 コケてるな

15 :名無シネマ@上映中:03/09/07 22:28 ID:nF4liDyw
興行収入などどうでもいい

25 :名無シネマ@上映中:03/09/10 21:41 ID:H081CvE1
試写会いってきました。
自腹では見ないなというのが正直な感想。

48 :名無シネマ@上映中:03/09/18 03:14 ID:b9ETuX+V
私はすすめません。
退屈で退屈で、死にました。
カプール監督って、インド人のくせに、ヨーロッパ白人の味方なんだね。頭に来る。

2ちゃんねる映画ブログ

56 :名無シネマ@上映中:03/09/20 15:20 ID:uO0T+Drj
見てきた。メタメタな出来と予想していたので思ったよりよかった
主役の二人より、ジャックとアブーが良い
ヒゲのハリーには戦場のピアニストを思い出した。
原作ではサッチ中尉がハリーを見守る役だが
映画ではアブーがその役回りのようでそれでが効果的であったと思う。

63 :名無シネマ@上映中:03/09/21 18:47 ID:BmrhxlkY
客をなめるなと強く言いたい映画。
金を払ってまでこのようなごくありふれた茶番劇を見たい観客はいないだろう。
上映開始三十分ほどで結末が予想できる映画である。
(私は試写会で見た。)


【ネタばれ】
こんなにもご都合主義の映画はそうはない。
いったいあのスーパーお助け黒人は何だったのだ。
彼のせいで、主人公は一つも男らしいところを見せられなかったではないか。
主人公の彼との出会い、黒人の主人公の窮地を救うアクロバット的活躍他
数々の腑に落ちない偶然をすべて神の思し召しとするならば、
私は宗教を理解できない。
神は恐怖と戦いながら戦地に赴いた男と、
その恐怖に負けたがために女にふられ、
慌てて戦場へ向かい自分では何一つ出来なかった男の
どちらを評価するだろうか。
(哲学的と言うよりも倫理的世俗的神のイメージとして)

良いところといえば戦闘シーンの迫力ぐらいのものだが、
金かければあのぐらいは出来るだろう。

この作品はアラビアのロレンスと比べるのもおこがましい駄作だと思う。

66 :名無シネマ@上映中:03/09/21 21:06 ID:aNDKli/7
>>63
平凡な作品だと思うけどご都合主義でないフィクションはありえないし
主人公の設定はどこまで行ってもヘタレなのだから。

aa_20110831194248.gif

67 :名無シネマ@上映中:03/09/21 21:53 ID:lTOpGIxK
原作ではハリーはただのヘタレというわけではないのだが、やっぱ映画じゃそんな違いは表現できないよな。

68 :名無シネマ@上映中:03/09/22 00:37 ID:zoJZ3zB7
戦闘中にラグビーのタックルが飛び出したりして面白かったです。
ヒロインのあまりの自分勝手振りに我慢できず声あげて大笑いしてしまいました。
(後ろの人ゴメンナサイ)
”ギャグ映画”ですよねこれ?

70 :名無シネマ@上映中:03/09/22 01:09 ID:QI6y7YNl
今日観に行ってきたけど、冒頭のラグビーの場面、スローモーション
入れまくりで、嫌な予感がしたんだけど、当たったな。
エリザベスは面白かったけど、この作品はなんか中途半端な出来だった。

71 :名無シネマ@上映中:03/09/22 01:30 ID:GfpWGfiU
「戦争に行くのを拒否するのが勇気あること」の映画のはずが、
ハリーも(形はどうあれ)戦争で大英帝国に加担しちゃうって???
どうなってるの?

76 :(;゚∀゚):03/09/22 02:43 ID:+OtOt5Vo
観て来た。
エンドロールの♪あ~~あ~~~♪が

観客のうわぁああああってのを代弁してると思った。

あのスーパー黒人が全く解らない。奴隷商人が連れていた
香具師とは違うみたいだし。ヒロインも老けてて、不細工で
おまけに性悪だし・・・もうアフォかと馬鹿かと
やたらとスローモーションが入るのは只単にテンポを悪くしてるだけ。
映像美の表現とか演出のつもりなんだろうけども
なんだかなぁ・・・砂埃で戦闘シーンのショボさを誤魔化すのも頂けない。
流石は情報捏造と侵略行為を繰り返していた国の映画だと思った。

2点だな。

97 :名無シネマ@上映中:03/09/23 19:34 ID:KO5441jI
aa_20110831194115.gif

81 :名無シネマ@上映中:03/09/22 17:58 ID:BHjkwpgv
昨日見てきて結構良かった!と思ってこのスレに来たんですが…
ひ、評判悪いとは思わなかった。
まあ確かにあの黒人の献身ぶりとスーパーマンぶりは?って感じ
でしたが…しかしヒースレジャーは良かったなあ。
あの英国軍スクエアが崩壊するさまを上空から撮ったシーンは
圧巻で鳥肌立ちました。

82 :名無シネマ@上映中:03/09/22 18:28 ID:8+NhwR8L
戦争後のダラダラした展開がなければ
普通に楽しめたんだが…戦争シーン、素で熱かったし
おしいな

126 :名無シネマ@上映中:03/09/27 18:01 ID:ccyEqXLP
画面構成が堂々としていて、とくに戦地での映像には圧倒されるね。
ストーリー的には、時間の問題もあってなのか、
ところどころ原作のストーリーを省略しちゃってて
整合性が取れていないと感じる部分がいくつもあった。
ただひたすら筋を追っていくような見方をする人には辛いかも。
が、それを差し引いても、十分な佳作かと。

85 : :03/09/22 20:23 ID:xLPWpYeD

ネタバレ
意味の無い描写が多すぎ
最初のヒロインの御転婆娘的な描写はその後の彼女のキャラと一致してない
アブーの頭の白い羽根わざわざ付けるならなんか関連付けろよ
臆病者に贈られる白い羽根と人を殺した証の白い羽根ってなんか対比してるの?
ジャックがエスネと結婚したいと言った時に戦死した友達の1人が見せた寂しげな表情


戦闘シーンは良かった

95 :名無シネマ@上映中:03/09/23 17:14 ID:990fQjUI
>ジャックがエスネと結婚したいと言った時に戦死した友達の1人が見せた
>寂しげな表情

これって、てっきり「えっハリーの婚約者と結婚しちゃうの?
それじゃハリーの帰る場所ほんとに無くなっちゃう…
仕方無いことかもしれないけど、お前一応あいつの親友だったのに」
というような気持ちが出た、あの表情かと思ってました。
あの人って、最初ハリーが軍やめた時にブチ切れてた人だっけ?

96 : :03/09/23 18:56 ID:WbtHVcjE
>>95
なるほどそういう解釈もあるね
実は彼もエスネを好きだったっていう表情かと思った
あと彼はブチ切れてたのとは違う
ブチ切れてたのはクライマックスの戦闘シーンで
ずっと上官のとなりに立ってfireとか言ってたけど
上官が弾に当たって死んで途方にくれて軍勢を壊滅状態に追いこんで
後にハリーから忠告したのにって責められるもみあげの長い人

88 :名無シネマ@上映中:03/09/22 22:00 ID:bjTyCQnE
私はわりと面白かったし、もう1回観てもいいくらいだけど
(主人公がかっこよかったので)
あそこで黒人を使者に使うなら、名前言って羽根でも持たし
とけば良いのになあと思ったりしました。

90 :名無シネマ@上映中:03/09/23 00:58 ID:IuBomzJz
漏れはケイト・ハドソンが見れただけで満足してしまいました。

2ちゃんねる映画ブログ

91 :名無シネマ@上映中:03/09/23 01:21 ID:YZu6vTRY
>>90
アゴばかり気になったよ

128 :名無シネマ@上映中:03/09/27 21:28 ID:Xp0RLy5s
ケイト・ハドソンはかわいいよ

173 :名無シネマ@上映中:03/10/02 01:01 ID:kwdW8MKy
ケイト・ハドソンは母親(ゴールディ・ホーン)譲りでコメディはいいのかも
シリアスな演技の人ではないのだろうか?

175 :名無シネマ@上映中:03/10/02 01:06 ID:b32CRmUh
ケイト・ハドソン → 母親(ゴールディ・ホーン)

ホントですか、知らなかった。。(恥

93 :名無シネマ@上映中:03/09/23 13:13 ID:ENL1aHuK
試写会で無料で観れたけど時間の無駄だった。
登場人物の行動が説得力なくてわけわからんかった。
中盤から隣の席の女がずっと泣いてたけど泣く理由もわからんかった。

101 :名無シネマ@上映中:03/09/24 00:36 ID:lEntw1gD
戦闘シーンと、あぶー、ジャックの演技は良かったけど、肝心な連中には全然感情移入出来ない作品だった。
編集も悪いしもったいない

102 : :03/09/24 19:27 ID:EO/NsRRK
ジャックはいい奴だけど役者の顔がどう見ても悪人面で感情移入出来なかった

2ちゃんねる映画ブログ

116 :名無シネマ@上映中:03/09/26 00:08 ID:YhTTXytZ
>>102
ウェス様を悪人顔とは何事だ!
他の映画でもレイプしたり、ハッパ売ったりで悪人モード全開だけどな!

122 :名無シネマ@上映中:03/09/26 23:51 ID:Kj8UlsN0
>>102
ハリーとエスネの婚約発表の場面で、その悪人面(w が
ひとりドヨーンとしてるので、
「悪人面のジャックが主人公を陥れて卑怯者に仕立て上げる展開か」
と誤解した。

傑作ではないが駄作でもない。普通。

110 :名無シネマ@上映中:03/09/25 00:33 ID:bW/4ZARx
レイトで観てきた。お客は8人ぐらい
映像はまあ良かったんじゃないだろうか。特に黒人は奇麗だった。
登場人物の行動原理、十分まともだと思いましたが?
(アブーは「女王の戦士」だから強くて当然だと思ってました…)

…しかし、自分には「砂漠」が感じられなかったなぁ。そのために映画館まで足を運んだのに。
戦闘シーンも悪くはないんだが、いまいちこじんまりというのか、俯瞰での映像があまり無かったのは残念。
少なくとも冒頭のハリーは屁垂れそのものだった。俺でも羽を送りつける。

結論、臆病風に吹かれるのも時と場合を考えないとな。
ロレンス、リバイバルしないかな…アカバー!

112 :名無シネマ@上映中:03/09/25 20:51 ID:e2AtvdfT
今日みてきた。

イングリッシュ・ペイシェントを想像していったら
むしろブラックホーク・ダウンですた。
(どちらも大好き。エリザベスも好きだ)
個人的にはかなり楽しめた。

なんかあんまりもりあがってないので……
軍服フェチにはおすすめ。
戦争映画好きにもアピールするとこあると思う。
筋的にはかなりトンデモなところがあるのは否めないけどねw
まあ大河ロマンを期待するむきにはちょっと期待はずれかもね。

後半、主役二人は稲垣吾郎と管野美穂がやっているというのは
ガイシュツでつか? ww

195 :名無シネマ@上映中:03/10/03 01:16 ID:uGWCr63u
>>112
>軍服フェチにはおすすめ。
英軍モノはいいよなぁ。暁のジェット戦闘機隊とか好きだ。

119 :あらみん:03/09/26 21:59 ID:3bxx9x5N
チョットだけ「アラビアのロレンス」を期待していたけど、アボ~ンしました。
舞台が壮大な分だけつまらなさが引き立った。
「ブラックホーク・ダウン」みたいに欧米人の傲慢さだけが印象に残る作品
男の誇りは理解できるのだが、もう少し異文化の理解も描いて欲しかったな。
エスネ、最悪の女だね
良かった所は、戦闘シーンとサバクの美しさ位かな。

115 :名無シネマ@上映中:03/09/25 23:47 ID:vvY65vV2
ハリーが失明したジャックを救っても名を告げなかった時
「あ、名を名乗らず、不名誉を拭わず、こっそり助けるんだ」
と感心してたら、その後、あっさり姿を現してガッカリした。
そして対策を取らなかった事を責める前にアブーの心配をしろと思った。
しかも金をよこせとは何だ。捕虜のトレンチを救うためとはいえ、
何で退役したお前に軍が金を出さなけりゃならんのだ。

結論:真の主役はアブー。

117 :名無シネマ@上映中:03/09/26 03:49 ID:/8g386uy
ここのスレを流し読んだこともあって、全然期待してなかったんだけど、ものすごくよかった!!
文芸作品とは(おれも見る前はそう思ってた)違うのだよ!
この映画は熱いよ。熱い男の、いや漢の映画だね。
男ならぜひ見に行け。男ならではの友情の絆が描かれていて、思わずジーンと来るシーンがいくつもある。
逆に女性が見に行った場合、ヒロインが女から見てもちょっとアレだから、
感情移入できる対象が全くなくてちょっとつらいかもね。ああいう無条件の友情ってのもピンとこないだろうし。
しかし主役のヒース・レッジャーが、ものすごくカッコよく撮られているから
少しでも彼のことを気になっている人なら見て損はない!!
ただ格好いいだけじゃなく、彼の演技は本当に素晴らしかったよ。

2ちゃんねる映画ブログ

149 :名無シネマ@上映中:03/09/30 01:59 ID:fgFKn47t
彼氏の隣で見てたのに、ヒースタンにハァハァしっぱなしでした。
そんなヒースタンの自前長髪が見れるのもこれが最後かもしれないんでつね・・・。

150 :名無シネマ@上映中:03/09/30 12:01 ID:DSW8BrID
>>149
あれはズラだよ

118 :名無シネマ@上映中:03/09/26 21:01 ID:FxPPLycm
とりあえずクリス・マーシャルに惚れました

2ちゃんねる映画ブログ

121 :名無シネマ@上映中:03/09/26 23:39 ID:lLdGECre
クリス・マーシャル、デスフロント観てキモイと思ったけど、
5日後にサハラ観て好きになっちゃった。

125 :名無シネマ@上映中:03/09/27 02:26 ID:53Fobqzk
>>121
羽の送り主の中で唯一まともな人物描写が出来てたのがキャナントカ君だった。
繊細で敬虔なクリスチャンって設定は良かったのかな。
マーシャル、出番少ないのにいい仕事したよね。
というか、主人公がキャンプ行きなんて危険を犯して助けるトレンチ、印象薄すぎ。

あと、あの黒人のネーチャン、美人だとは思ったけど
スーパーモデルさんだったとはねー。
砂漠も綺麗だった。砂がさらさらで。

ストーリーは滅茶苦茶。主人公とヒロインが最低だと思った。
わざわざ劇場で見る価値があるかどうかは人によるだろうけど、
自分はレンタルを待てば良かったかな。

でもスクリーンで観ずにテレビで観たら
もっと激しくツマンネーと感じることでしょう。

127 :名無シネマ@上映中:03/09/27 21:15 ID:W7o1lIqu
みんな、ヒロインが酷いって言うけど、そんなに酷いか?
普通の人間なら結構まともな(それに19世紀だし)反応ではないかと…
て、言うと叩かれるんだろうな(藁)原作も読んでないし。

131 :24:03/09/27 22:50 ID:xik+Zke7
>>127
自分は映画は未見なのでよくわかりませんけど、原作のエスネは信じられんぐらい酷い女だと思いました。
「溜めなし」で酷いことを言ったりしたりするんですよ。それがどうも…

132 :名無シネマ@上映中:03/09/28 01:25 ID:Z37jG8jg
>127
原作はどうか知らないけど、映画では、
ハリーに対する仕打ちは特に酷いとも思わなかったな。
あんなヘタレっぷりを見せ付けられたら羽根を送りつけたくもなるというもの。
むしろジャックに対する態度が気にかかる。
結婚をためらったのは、ハリーに未練があるからなのか?
まさか失明したからじゃないだろうな?と邪推してしまった。
まあ、エスネに限らず、登場人物の内面まで踏み込んだ描写が全然ないので、
本当のところはよく分からないけどね。

133 :名無シネマ@上映中:03/09/28 06:12 ID:U5d8lI/6
エリザベスでもそんなとこあったけど、この監督は登場人物の心理描写を、役者の演技に頼る傾向があるみたいね。
役者が十分な表現力を持っているなら、深みのあるシーンが出来上がるし、
そうでないなら意味不明で曖昧なシーンになる。
ヒース・レジャーは総じてがんばっていたとは思うが、ケイト・ハドソンは物足りなかったかなあ。

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/09/28 22:55 ID:pxioqpPo
エスネは原作でも異質の存在として描かれてたような・・・。
羽根送りつけた奴の死を喜んだりとか(つーかお前もだろ)。
あれが当時の一般的な価値観だとは思えないけどな。

138 :名無シネマ@上映中:03/09/28 22:58 ID:tOg9kg9p
>羽根送りつけた奴の死を喜んだり

( ゚д゚)ポカーン
ケイト・ハドソンのナマイキ顔が好きなもんで、エスネには
点甘いんだけど、そりゃさすがにすげーなw

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:03/09/28 23:03 ID:pxioqpPo
>>138
原作の話だけどね。
さすがにジャックも引いてたよ(W

158 :名無シネマ@上映中:03/10/01 01:43 ID:cW6twmHv
エスネたんは女だねぇ。

まさしく女とはああいう生き物。

164 :24:03/10/01 23:12 ID:OlY7jr2w
今日新宿で観てきました。
客入り少ないって聞いてたのに一番目で観るハメに(泣
やっぱ一日は別ってことか・・・。

で、内容ですけど所々大分端折ってますね。そんで戦争シーンとか入れちゃって。
それはどうでもいいんですけど、
肝心なのはヒロインですが(笑)、そぉうとぉぉうましになってました。
原作にないシーンやセリフなどをこまめに散りばめてカナーリ口当たりがよくなって
ました。
羽根渡すシーンの直接描写も避けてたし。ラストはきっちり謝罪もしてたし。
やっぱ製作者側もわかってるね。まんまじゃダメだってこと。
あれでは流石の私も腹の立ちようがありませんでした(笑)。
ただひとつ気になったのは教会での再開時のエスネのセリフ
「皆があなたは変わったって言ったけど、私は信じなかったわ」
これが不可解。何でこんなこと言ったんだろう?

あと、アブーがハリーに尽くす理由も不鮮明だと思った。

2ちゃんねる映画ブログ

221 :名無シネマ@上映中:03/10/07 02:43 ID:S8mSwSJj
アブーったら、「トゥームレイダー2」ではララ・クロフトの現地ガイドを務めているのね。

222 :名無シネマ@上映中:03/10/08 20:04 ID:8vOQZukl
現地人役が多いんだな。>>221

199 :名無シネマ@上映中:03/10/03 13:44 ID:+mvNNB9Q
すまん、この映画見たんだが最終的にエスネはジャックと結婚しなくて
ハリーを選んだってこと? なんか曖昧で分からなかった。

201 :名無シネマ@上映中:03/10/03 18:16 ID:oPRWTCcA
>>200
 確かにはっきりと描写してないよね。
 「僕は本当は勇気がないわけじゃないんだということを証明してやる!」という感じでしょうか。

205 :24:03/10/03 21:53 ID:0t9fvUqp
>>199
>>201
その通りです。ジャックがエスネを説得して婚約を解消し、エスネはハリーと
結婚します。その際ジャックは付添人を務め、その後アフリカに渡ります。

208 :名無シネマ@上映中:03/10/04 10:50 ID:q1Eq+D99
>>205
ジャック… ノД`)・゜・

209 :24:03/10/04 13:42 ID:Kvvm32Au
>>208
ちなみに原作のジャックはハリー親子の仲も取り持っちます。

211 :199:03/10/04 19:27 ID:z3ARD/ho
>>205 >>209
サンクス。 ジャック(・∀・)カコイイ!! 男だな。


関連記事

  1. 2010/09/30(木) 09:26:51|
  2. さ行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ザ・ロード | ホーム | マイマイ新子と千年の魔法>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1452-05d8ea06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (286)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 香港映画 韓国映画 ニコラス・ケイジ 高良健吾 竹中直人 谷村美月 ジョニー・デップ 麻生久美子 妻夫木聡 西田敏行 ミュージカル サミュエル・L・ジャクソン 加瀬亮 ブルース・ウィリス リーアム・ニーソン 阿部寛 松山ケンイチ ジャッキー・チェン 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ハリソン・フォード スペイン映画 マット・デイモン ドキュメンタリー 浅野忠信 ARATA 山田孝之 三浦友和 役所広司 岡田将生 中村獅童 小出恵介 ブラッド・ピット 戸田恵梨香 ユアン・マクレガー レイフ・ファインズ 宮藤官九郎 小池栄子 瑛太 藤原竜也 小栗旬 蒼井優 満島ひかり 玉山鉄二 宮崎あおい スティーヴン・セガール スカーレット・ヨハンソン 長澤まさみ 吉高由里子 アーノルド・シュワルツェネッガー 堤真一 ジョン・トラヴォルタ 成宮寛貴 谷原章介 大沢たかお 樹木希林 犬映画 ジェイソン・ステイサム ゲイリー・オールドマン ロバート・ダウニーJr. ユースケ・サンタマリア 特撮 ジョージ・ルーカス キャメロン・ディアス 鈴木京香 田中麗奈 西島秀俊 中国映画 カナダ映画 佐々木蔵之介 伊勢谷友介 モーガン・フリーマン 渡辺謙 薬師丸ひろ子 トム・クルーズ トム・ハンクス エマ・ワトソン 窪塚洋介 椎名桔平 広末涼子 ガイ・ピアース アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 綾瀬はるか 宮崎駿 田辺誠一 香里奈 堺雅人 柳葉敏郎 園子温 アンソニー・ホプキンス ジョージ・クルーニー 北乃きい 深田恭子 ヒュー・ジャックマン 市原隼人 香取慎吾 井上真央 仲里依紗 オーストラリア映画 シガーニー・ウィーバー 玉木宏 中井貴一 サンドラ・ブロック ラッセル・クロウ 石原さとみ 伊藤英明 阿部サダヲ ダコタ・ファニング ハル・ベリー ジョディ・フォスター 草なぎ剛 竹内結子 クリント・イーストウッド アン・ハサウェイ 仲間由紀恵 ミラ・ジョヴォヴィッチ ユマ・サーマン 成海璃子 佐藤隆太 ミッキー・ローク 上野樹里 仲村トオル ウィル・スミス 松田龍平 水川あさみ イライジャ・ウッド クリスチャン・ベール シルヴェスター・スタローン 大泉洋 豊川悦司 トミー・リー・ジョーンズ 木村佳乃 木村多江 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ 林遣都 ベン・アフレック ケイト・ベッキンセイル 深津絵里 ケヴィン・スペイシー 堀北真希 大竹しのぶ 柴咲コウ リチャード・ギア キアヌ・リーブス ジュード・ロウ 吉瀬美智子 白石美帆 ナタリー・ポートマン 永山絢斗 スティーヴ・ブシェーミ 岡田准一 黒木メイサ 栗山千明 コリン・ファレル ヴィン・ディーゼル ブラッドリー・クーパー メリル・ストリープ ティム・バートン 松田翔太 オーランド・ブルーム 江口洋介 哀川翔 ジュリア・ロバーツ 小雪 ダスティン・ホフマン 小西真奈美 松本人志 マイケル・J・フォックス 森山未來 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン 松雪泰子 唐沢寿明 及川光博 佐藤健 ロバート・ゼメキス マイケル・ベイ 中村蒼 北野武 リュック・べッソン ペネロペ・クルス 西部劇 佐藤江梨子 北川景子 竹野内豊 クエンティン・タランティーノ アレック・ボールドウィン ザ・ロック マイコ 香椎由宇 寺島しのぶ ベルギー映画 宮迫博之 ケヴィン・ベーコン ベニチオ・デル・トロ イタリア映画 グウィネス・パルトロウ ショーン・ペン 中谷美紀 デニス・クエイド 菊地凛子 ヒース・レジャー 松たか子 ジャン・クロード・ヴァン・ダム 織田裕二 生田斗真 多部未華子 アビゲイル・ブレスリン キャシー・ベイツ ジェームズ・キャメロン 小林聡美 オーストリア映画 桐谷健太 ビル・マーレイ 向井理 ウィノナ・ライダー 篠原涼子 ロバート・パティンソン ジャック・ブラック サラ・ジェシカ・パーカー チャーリー・シーン ポール・バーホーベン 市川由衣 マイケル・ダグラス 三浦春馬 ジェフ・ブリッジズ 猫映画 イーサン・ホーク シャーリーズ・セロン 溝端淳平 ケヴィン・コスナー ジム・キャリー 永作博美 ダニエル・クレイグ ジェット・リー 芦田愛菜 ダニエル・ラドクリフ クライヴ・オーウェン 真田広之 オーウェン・ウィルソン ベン・スティラー ピアース・ブロスナン ジェラード・バトラー イ・ビョンホン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジョン・マルコヴィッチ 小泉今日子 スーザン・サランドン 新垣結衣 エディ・マーフィ 吉川晃司 ケイト・ウィンスレット 岡村隆史 上戸彩 原田知世 二宮和也 ガイ・リッチー リブ・タイラー 中居正広 ヒュー・グラント 山田洋次 榮倉奈々 シャイア・ラブーフ 木村拓哉 小池徹平 アンドリュー・ガーフィールド エドワード・ノートン 福田沙紀 星野真里 中村雅俊 ダニエル・デイ・ルイス 稲垣吾郎 クリステン・スチュワート クリス・パイン ジェシカ・アルバ 水谷豊 ナオミ・ワッツ 笑福亭鶴瓶 ジャック・ニコルソン マーク・ウォールバーグ チェコ映画 桜庭ななみ キーファー・サザーランド リバー・フェニックス ティム・ロビンス オダギリジョー ロビン・ウィリアムズ 三谷幸喜 M・ナイト・シャマラン アントニオ・バンデラス メキシコ映画 平野綾 内田有紀 夏帆  ジェームズ・マカヴォイ エミリオ・エステベス 松田優作 マシュー・マコノヒー 水嶋ヒロ ソン・ガンホ オリヴァー・ストーン エイドリアン・ブロディ 井ノ原快彦 高倉健 シャロン・ストーン ミシェル・ファイファー ポーランド映画 ジェラルド・バトラー 庵野秀明 三浦翔平 キーラ・ナイトレイ ジェイミー・フォックス メグ・ライアン 速水もこみち ペ・ドゥナ キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート ウィリアム・ハート デミ・ムーア 寺尾聰 長谷川京子 福山雅治 東山紀之 アンディ・ガルシア ジョシュ・ハートネット 相武紗季 アル・パチーノ 前田敦子 ドリュー・バリモア スティーブン・キング ブレンダン・フレイザー オードリー・ヘプバーン ジャン・レノ ジョン・キューザック 押井守 ショーン・コネリー 反町隆史 ホアキン・フェニックス メル・ギブソン 武井咲 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ マーティン・スコセッシ ウーピー・ゴールドバーグ ハーレイ・ジョエル・オスメント 吉永小百合 マコーレー・カルキン アダム・サンドラー 渥美清 井筒和幸 大島優子 つるの剛士 ジェニファー・アニストン 武田鉄矢 藤木直人 米倉涼子 中島哲也 リンジー・ローハン ノルウェー映画 松嶋菜々子 奥菜恵 ピーター・ウェラー スウェーデン映画 タイ映画 マイク・マイヤーズ 松下奈緒 大倉忠義 ウェズリー・スナイプス チョン・ウソン 加藤あい リーズ・ウィザースプーン アシュトン・カッチャー オランダ映画 吉岡秀隆 ポール・ニューマン 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア マドンナ 沢尻エリカ チャック・ノリス 安藤政信 金城武 チャン・ツィイー 櫻井翔 ルクセンブルク映画 陣内孝則 中山美穂 チョン・ジヒョン 市川海老蔵 マット・ディロン 菅野美穂 クリス・タッカー スティーヴ・マーティン ウォンビン 佐々木希 カート・ラッセル コロンビア映画 アルゼンチン映画 アシュレイ・ジャッド ハンガリー映画 台湾映画 イスラエル映画 山下智久 シェール 照英 赤西仁 ブルース・リー 亀梨和也 ソン・スンホン 新海誠 長瀬智也 山下敦弘 スイス映画 マイケル・ムーア 伊東美咲 錦戸亮 松平健 本木雅弘 フィンランド映画 シガニー・ウィーバー イラン映画 丸山隆平 スイス映画 キーラ・ナイトレイ ドルフ・ラングレン インド映画 松坂桃李 高橋克典 松岡昌宏 大野智 村上信五 スロベニア映画 ポール・ウォーカー デンマーク映画 ロバート・レッドフォード ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン スロバキア映画 キルスティン・ダンスト 森且行 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR