FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ハンニバル

http://cocoa.2ch.net/movie/kako/985/985156860.html
2ちゃんねる映画ブログ

1 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/01/07(日) 04:30
「羊達の沈黙」の続編
アンソニー・ホプキンス主演
ジョディー・フォスターは出てません。
北米公開2月、日本公開4月。同時にやらんかい!


27 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/29(木) 23:53
観ましたー。

どのシーンでもどこか漂う異常感がたまりませんね。
昼間から見ることはお勧めしません。
好きな人にはたまらない一品かも。

31 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/30(金) 03:08
”最後の晩餐”のFBI捜査官(スターリングじゃない方)はいい演技してると思った。

2ちゃんねる映画ブログ

32 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/30(金) 03:10
[>>31]レイ・リオッタのことかい?

36 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/30(金) 03:46
>>31
なんか、感じが出てるよね。上手く言えないけど。

33 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/30(金) 03:27
あれはむごかった・・・ね

583 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/04/10(火) 01:11
ところで、レイ・リオッタ(=クレンドラー)の半分脳みそは、合成CGだと思うが、
どうなのか?だれか知っている人がいたら教えてほしい。

586 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/04/10(火) 01:18
[>>583]合成したカットと、リオッタのレプリカモデルを使ったカットとをうまくつないでると思われ。

40 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/31(土) 01:26
俺は人間が豚に食われるシーンが怖かったな

47 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/31(土) 20:51
コレ前作と全然違うね~。
オレは『羊~』の方が好きかな・・・
ただやっぱりレクターは格好よい。それだけでも見る価値ありだね。

50 名前: もしもの為の名無しさん 投稿日: 2001/03/31(土) 21:39
話の舞台が飛びすぎって気がした

あとやたら日本人が目立った気が...

あのどっかのデパートの監視カメラ映像の「カメラ」と言う字の字体を
みてブレードランナーがこみ上げてきた

51 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/31(土) 22:10
今見てきました。
ほぼ原作に忠実だったですね。
脚本だれ?あれだけ長いのをよくまとめたと感心したよ。
>50さん指摘のように日本人&日本語が気になった。

52 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/31(土) 22:34
次回作の舞台が日本だからだよ。

56 名前: なまえをいれてください 投稿日: 2001/03/31(土) 23:26
けっこう原作に忠実だったけど、レクターの心世界とか
過去に妹を殺されたとか言う部分はなかった。
飛行機の中で子供に往生するシーンも、全然違うし。

ラストの変更は、単に続編が作れるようにしたかっただけのような気がする。

64 名前: 60 投稿日: 2001/04/01(日) 00:19
私は楽しめたけど、リドリー・スコットの話法が
合わない人にはつまんないと思う。
極力セリフをそぎおとして画と効果音で説明してるから、
知的なセリフのやりとりを期待して観る人にはダメかも。
「羊~」はまさにレクター博士のセリフそのものに
恐さやストーリーのおもしろさが詰まってた。
「ハンニバル」は、それとは全然違うつくりだと思う。

66 名前: 正直者。 投稿日: 2001/04/01(日) 01:06
先行オールナイト観てきました。
当たり前だけど「映画」でしたね、良くも悪くも。
与えられた時間で分かりやすく表現するという
姿勢が、おせっかいに感じました。
一番期待が大きかった例のラストシーンは、
私の想像していたものとは掛け離れた映像でした。
60点。

72 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/04/01(日) 12:45
グロさでは前作を超えてるけど、
張りつめた緊張感は「羊たち~」の方があったよね。

レクターも、残忍だけど不気味さがなくなった感じ。

でも面白かったよ。
1800円の元はとったと思う。

73 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/04/01(日) 13:19
前作はわりかし理詰めな展開だったとおもうんですよ。
ま、レクターとビルが知古の間柄だった!って反則技はあったけどさ。
『ハンニバル』って全然ちがう。力押しストーリーじゃないか、こんなの。

でもまぁ楽しかったですよ。

67 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/04/01(日) 01:24
俺も先行みたけど
監督がリドリースコットだけにタッチがすきだけど
内容がいまいち。
ジョディーフォスターだったらもう少し良かったと思う。

82 名前: なんかね 投稿日: 2001/04/01(日) 18:20
フォスター>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>ムーア

2ちゃんねる映画ブログ

表情性豊かでない ババア過ぎ
最も期待していた正義感溢れる主人公が描けてない

パンツ刑事がナカナカ好演技!

83 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/04/01(日) 18:24
クラリス肌汚すぎ

84 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/04/01(日) 19:23
それが意外と良いのだよ。

85 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/04/01(日) 19:29
同感>84

86 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/04/01(日) 19:39
>>84同意。
あのドレスは、ジュリアン・ムーアの方が似合うような気がするな。
まあ、女優が変われば相応のものを用意するから野暮な感想だろうが。

154 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/04/03(火) 05:08
観てる間ずっと「あのおばさんがジョディーだったら、、」と
考えてた。

254 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/04/06(金) 22:30
ジョディの方がいいのに、と思っているみなさん、
ジュリアンがやってくれてよかったじゃないですか。
今のジョディも立派なおばさんです。
「アンナと王様」のジョディを観ましたか?
本当に歳をとったクラリス見てしまったら、もっと落胆したでしょう。

107 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/04/02(月) 04:07
ヴァージャーの顔、うちのばあちゃんが
亡くなる何日かまえの顔に似てる。
思わず親近感わいた。

108 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/04/02(月) 04:12
ヨカッタじゃん>107

326 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/04/08(日) 01:46
ある雑誌で、「レクターを狙うメイスンを、ある個性派俳優が演じているのだが
クレジットロールには全くでてこない」って書いてたんだけど、でてたよね?

2ちゃんねる映画ブログ

メイスン役ってゲイリーオールドマンでしょ?

328 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/04/08(日) 02:07
[>>326]エンドロールには出てるが、オープニングとパンフのクレジットには出てない。

365 名前: 名なしのごんべ 投稿日: 2001/04/08(日) 17:32
ゲイリー・オールドマン 出てるとわかっていても、あまりよくわか
らなかった。いや、誰やってたかは知ってるよ。でも彼で無ければな
らない役ではないような気がしたもんで....あのメークでは....

337 名前: 名無しマーゴ 投稿日: 2001/04/08(日) 03:42
レイトショー同じく見てきた。
ゲーリー・オールドマンだったのか~
どこかで聞いた声だったんだけど、わかんなかったんだよね
私的にはジュリアン気に入りましたよ
散々言われてるけど、好きだな
悪いのはリドリー、レクターがどうやって逃げたかちゃんと描け!
前作の救急車は心臓が飛び出るかと思ったもん

110 名前: 名無しさん 投稿日: 2001/04/02(月) 09:33
丸の内ルーブルで見ました。
期待してただけに激つまらなくて残念。

イタリア人刑事とヴァージャーの出番が多すぎて
まるでこの2人が主役みたい。

10年たったにしてもクラリスがおばさん過ぎ。
FBI捜査官にしては生活感あり過ぎ。まるで主婦。

「痛い」か「グロい」だけ。恐怖感とかドキドキ感
はなかった。脳みそのCG見せられても。B級ホラー
じゃないんだから。

レクター、捕まるときはあっさり、殺すときはメチャ
メチャ強い。
前作のように何で飛行機に乗れたのかとかの説明がなく、
ツッコミどころがいっぱい。

最大のツッコミどころは「レクター面割れてるじゃん。
整形したほうがつかまらないと思うよ」

112 名前: 110 投稿日: 2001/04/02(月) 09:43

2ちゃんねる映画ブログ

レクターとクラリスの心の交流が全然なかった。
ジョディ・フォスターとジョナサン・デミ監督が
2作目をやりたくない理由がなんとなく分かった。
やっぱり『羊たちの沈黙』は超えられないよ。

118 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/04/02(月) 15:57
俺もイマイチだと思った。理由は
1.なんといっても、ジョディーフォスターが出ていないこと。あの女優では魅力無し。
 Dr.レクターとのからみに、実感が湧かない。
2.前作は心理的スリル感がメインで、残虐シーンは隠し味程度だったが、こんどは
 残虐シーンがメインになってしまってる。ここまでやると、恐怖心が逆に
 麻痺してしまった。

ああ、それにしても、なんでジョディーフォスターは断ったのかなぁ。
彼女が出てれば、許せる範囲だったかもね。
前作を知らない人がこの映画だけ観ても、きっと楽しめないと思います。

130 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/04/02(月) 23:02
フォスターもさることながら
実はレクターが
ヒーローになりすぎたこと。
つまり。ジョウズ2の鮫。
駄作。

140 名前: >130 投稿日: 2001/04/02(月) 23:42
>ジョウズ2の鮫。

そう、それ!まさにそれだよ!!

162 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/04/03(火) 16:05
原作読んでないけど、不満あり。前作と比較しちゃうからかな。
ただ、レクター役のサー・ホプキンスは、観といて損はないと思う。
彼とこの役の出合いは、奇跡と言っていいほどだから。
そこを堪能するのがよろしいかと。

2ちゃんねる映画ブログ

147 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/04/03(火) 00:41
レクターの人物像を掘り下げるために格調高いシーンを盛り込み過ぎで
タルイ。アンタ人食ってりゃいいんだよ。インテリぶるのはやめて
食え食え!!

601 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/04/10(火) 03:34
ホプキンズのハゲは気になる。

602 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/04/10(火) 05:58
高貴な禿げ

185 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/04/03(火) 22:14
「羊」がスリリングだったのは
クラリスが主人公だったからではないかな。
「ハンニバル」もクラリス主人公で脚本練り直したら
どうだろう?

187 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/04/03(火) 22:17
>>185
激しく同意。
もし続編を日本で作るなら、彼は脇に徹するべき。

151 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/04/03(火) 02:02
ニホンの香水店のBGMが頂けなかった。
つーか、あんなBGMが流れてる店なんて入りたくねえよ。

152 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/04/03(火) 02:22
あ~それ私も気になったー。あんなBGMねえよ!みたいな。
まぁあるかもしれないけどさ、頂けなかったね。

210 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/04/04(水) 13:02
映画にはマーゴ・ヴァージャーがいないと聞いたのだが本当だろうか。
あの兄妹のやりとりをスクリーンで見たいと思っていたのだが・・

213 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/04/04(水) 14:07
>>210
マーゴ出ませんよ。
だからつまんない。

214 名前: 210 投稿日: 2001/04/04(水) 14:18
>>213
有難う。出ないのか、マーゴ。何故だろうな。
彼女も重要な登場人物の一人であると思うのに。
いかにもメイスンの妹という感じがして良かっただけに残念だ。
マーゴとバーニーのやり取りも好きだった。

320 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/04/08(日) 00:33
マーゴがいないのが残念だな。マーゴが兄の口にウナギを突っ込んで殺す所も見たかった。

246 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/04/06(金) 12:57
FBIのサイト行ったら、映画に出てきたような指名手配犯
のページあったよ。けっこうどきどきするね。

イタリア人刑事、ユーザー名とパスワードてきとーに
入力したの?「guest」よりは長めに打ってた気がする
んだけど。
んで、おばはんクラリスが最初は「あなたのパソコンから
ログインされてます」って言って「他のヤツじゃ?ここは
色んな人が使ってるから」って言ったら「ご自宅のパソ
コンです」って言ったのには、性格悪いと思いました。

248 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/04/06(金) 15:22
原作を先に読んでしまったからか、『羊たち~』で期待し過ぎたからか、とにかくガッカリな出来。
マーゴがヴァージャーを殺す心理も、それによって得られる幸福と財産あるからわかるけど
あの人がヴァージャーを殺す心理はわからん。見に行きたくないって言ったのに
ついて来いって言われたから??殺して得られるメリットがあるとは思えない。
レクターもただの恋愛バカになっちゃってるし・・・手首切らずに手錠切ればいいじゃん。
輪っか残ってたって、ボールペンの針金あれば開けられる人なんだから。

原作を超えたラストかな~?あれが。原作のラストが特別好きってわけじゃないけど
わざわざああいう風に変える必要もなかったんじゃ??ジョディー・フォスターは
断って正解。

413 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/04/09(月) 13:39

2ちゃんねる映画ブログ

パッツィがかっこよかったね
俳優の名前が覚えられないけど(藁

555 名前: イギー 投稿日: 2001/04/10(火) 00:14
パツィオ警部はほんとにいいキャラしてた(ファッションとか最高)
でもその濃い風貌をフルに発揮せずに逝った。
途中でブタ使いの片方とごっちゃになった。
あとスリのシーンもほんとに流れるようなスリルを味わった。

557 名前: ロコ 投稿日: 2001/04/10(火) 00:19
フィレンツェでの、スリのシーンはよかったよねえ.

558 名前: イギー 投稿日: 2001/04/10(火) 00:24
スリの演出がまたいいんだよね
あのあとしばらく股間がこしょばい感じがした。

393 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/04/09(月) 02:10
全くの駄作。
全く怖くない!レクター博士は知能指数が高くても
一応は連続殺人犯。それがなんだかジェームズボンド張りの
なんでもできる殺しのスペシャリストって感じになってしまっている。
それとクラリスのレクターへの気持ちとレクターのクラリスへの気持ち
がうまく描かれていない。
「羊たちの沈黙」ではクラリスを主人公にしたことで感情移入しやすかったが
「ハンニバル」ではレクター博士とクラリスを同等に扱ってしまったため
どっちつかずで感情移入しずらい。

394 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/04/09(月) 02:24
>>393
最初の脚本ではクラリスが主人公だった。上司のクロフォードも再
登場し、司法局やFBI内の政治的暗闘が細かく描かれていたとい
う。
が、制作のラウレンティスもリドリー監督も「観客はレクターを観
たがっている筈だ」と気に入らず、「シンドラーのリスト」のテ
ィーブン・ザイリアンに新たに書き直させた。その結果、レクター
博士の超人的活躍を全面に押し出したストーリーに変化したのだ。

415 名前: 名無しシネマさん 投稿日: 2001/04/09(月) 14:35
>>394
その通り。まったくアホなプロデューサーだ。
「羊たち~」の映画化権を手放したのがよっぽど悔しかったんでしょう。
「ハンニバル」の映画化権が取れて喜んだのもつかの間、前作の監督、主演女優に
次々とオファーを断られ「絶対、前作を超えたるでぇー」と逆ギレ。
アンソニーとリドリーが組めば大丈夫!って短絡的に思ったんだろうね。

416 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/04/09(月) 14:45
ラウレンティスが製作と聞いた時点で嫌な予感がしてたが、やっぱりそうなった。あのジジイは山師だ。

142 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/04/02(月) 23:59
やっぱ、あのラストはイヤダ……
グロくて面白いのかどうかも分からなかった……

402 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/04/09(月) 05:37
2chで死体画像に慣らされた俺にはどうということはない
などとは彼女に言えなくて、気持ち悪がるフリをしたりして、相手もそうだったら鬱

403 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/04/09(月) 08:32
>402
自分が2chネラーなんて言えないよな(藁

404 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/04/09(月) 08:34
>>402
同じく全く平気であった。

405 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/04/09(月) 08:45
おれもグロシーンはどうってことなかったな。
そーいやいま思い出したけど、終わってからステーキ食いに行ったし。

507 名前: イギー 投稿日: 2001/04/09(月) 19:12
レクターは手錠の鎖を切ったのかそれとも腕を切ったのか

510 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/04/09(月) 19:15
腕も切ったっつうのが自然だな。
俺はなんでやねんと思うが。

513 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/04/09(月) 19:19
あのクラリスの腕を切ると見せかけて自分の腕を切ったところで遅ればせながらクソ映画と判断しました

514 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/04/09(月) 19:20
↑同意

647 名前: なんで? 投稿日: 2001/04/11(水) 00:35

2ちゃんねる映画ブログ

レクターとクラリスは豚っ子に食べられなかったの?

649 名前: イギー 投稿日: 2001/04/11(水) 00:37
>>647
ぶたがカセットの叫び声に突っ込む習性があったからじゃない?

652 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/04/11(水) 00:44
>>649
いや、豚はレクターが怖かったんです。

653 名前: イギー 投稿日: 2001/04/11(水) 00:44
多分。
おじいさんが食べられたのは、ブタが他の獲物を探しモードになったから。
おれはあのシーンで泣いていたかもしれない。

655 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/04/11(水) 00:50
>>647
小説通りなら652が正解。

656 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/04/11(水) 00:53
犬も怯えてたしね。

657 名前: イギー 投稿日: 2001/04/11(水) 00:57
犬ならまだわかるけどあれだけ興奮したブタが・・・うーん
レクターにびびったんなら一斉に足を止めると思うんだけどなぁ
レクターなんか目に入らなくて横を素通りしたって印象が強かった

616 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/04/10(火) 16:13
原作読者からすると、ジャック・クロフォードが名前さえ出てこなかったのが
納得いかん。レクター以外で唯一と言っていい、三部作すべてに登場するキャラ
なのに。
もちろん、もう一度スコット・グレンに演じてほしかったな。

2ちゃんねる映画ブログ

617 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/04/10(火) 16:20
前作ではクロフォードの存在が一種の清涼剤になっていた。ハンニバルでは前作以上にイカれたやつらばかりが登場するのに、クロフォードのようないい人が一人もいないのでつらい。

619 名前: どポップ 投稿日: 2001/04/10(火) 16:28
>>616-617
たしかに。出演は殆どなくても、せめて存在させときゃ
FBIでのクラリスの立場が追い込まれていく過程に悲壮感が出てくる。
となりゃクレンドラーももっとキャラが立ってきたろうし。
なんか、クレンドラーが小物っぽくて、食われんの可哀想な気もしたな。
話がズレたか。

623 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/04/10(火) 17:01
>>617>>619
同意。クロフォードは三部作を通じて、ともすれば均衡を崩して過剰に同一化しそう
になる主役(グレアム、クラリス)と敵役(レクター)の関係性のバランスを取る役割を
果たしているんだよね。客観性を生じさせるというか。じつは重要なキャラなんだよ。

まあ『ハンニバル』に関しては原作でさえその客観性がかなり消えかかってしまって
いたんだけど、キャラそのものすら消してしまった映画版のバランスの悪さは、それは
もういかんともしがたいことになってるよなあ。


関連記事

  1. 2010/10/18(月) 21:58:07|
  2. は行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<映画ドラえもん のび太の人魚大海戦 | ホーム | 羊たちの沈黙>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1448-c6373ca5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR