FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

セブン

http://cocoa.2ch.net/movie/kako/974/974703072.html
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無しステーション:2007/01/22(月) 02:51:37.79 ID:+J+z5ugU
キリスト教が戒める7つの大罪に基づいて実行される残忍な連続殺人事件。
1週間後に退職を控えたベテラン刑事と血気盛んな新人刑事が事件を追うが、
いつしか2人には犯人の仕掛けたわなが迫っていた。

監督:デヴィッド・フィンチャー
出演:ブラッド・ピット、モーガン・フリーマン、グウィネス・パルトロウ 他…  『95年 米』


5 名前: 高校生 投稿日: 2000/11/20(月) 16:12
この映画めっちゃ深いよ~

6 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/11/20(月) 16:14
あれ、マジぶっとぶよな。
人生観変わっちゃったもん、俺。
聖書読んで、ちょっと勉強しよっかな?

7 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/11/20(月) 16:16
私は犯人の動機が全くピンとこなくて、これは私が聖書に
造詣が深くないせいなのか?と思ってしまった。
いや、ピンときたら面白くなるわけでもないだろうけど。

それにしてもあのクライマックス、モーガン・フリーマンが
止める振りして煽ってるようにしか見えなくて苦笑。
「撃ったらオマエの負けだ~!」って言ってるだけ。
止めるならもっと本気で止めなよ~。

10 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/11/20(月) 16:24
>>7
動機なんてあって無いようなもんだろ。
ようするに犯人は社会に対してのうっぷんを晴らすための殺人を
聖書の七つの大罪に見立てて無理やり正当化しようとしたんだろ。

あっ、違います?

21 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/11/20(月) 16:45
ブラッドピットがでてるからそれでいい。難しく考えすぎ。

32 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 2000/11/22(水) 00:51
映像のシャープさが命

47 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/11/22(水) 04:09
どーでもいいが、自分は犯人の異常さ加減が楽しめた。
死ぬまで食わせるとか、鼻もいで片手に電話・片手に薬とか、殆ど腐るまで監禁とか、
かなり手間隙かかるが、結構楽しめたんだろうな、しこみ作業中。

148 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/11/22(水) 07:34

2ちゃんねる映画ブログ

しかしケビン・スペイシーは普通の顔してても怖い。
ひとつしか表情がないし。

48 :名無シネマ@上映中:2006/10/26(木) 23:03:54 ID:tq+DgNtc
当時ケビンスペイシーはそんな有名じゃなかったから
「なんだこの安っぽい犯人は!?存在感ねえな」と思ってしまった、ゴメンナサイ

165 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/11/22(水) 08:45
オープニングの映像はきれいだった。

誰かも書いていたけど、犯人に魅力が欠けていた。
もう少し犯人側を書いて欲しかった。

最後、(あの黒人刑事、「その箱は爆弾が入ってるから離れろ!」
とか言ったら最悪の結果は回避できるのに。ったく。とっさの判断が
出来ない人間だ)と思った。

171 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/11/22(水) 11:47
っていうか大食いだったり、守銭奴だったり、高慢ちき美人だったりするだけで、
殺すなよ。

あと、犯人が血だらけの手で警察にやってきたけど、どうやって宅急便で、
首を送ったんだ?
送った後、また手を血で汚したのか。わざわざ。。。

173 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/11/22(水) 13:17
>>171
実際に起きている猟奇殺人ってそういう理由で殺してるヤツ多くない?
「犬に命令されたので殺した」とかいうようなのもあった。

179 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/11/22(水) 18:29
犯人を追いかけるシーンはなかなか良かったブレードランナーのぱくりっぽいけど
内容は下らない

180 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/11/22(水) 18:50
期待はずれだけど、絵は綺麗だな。
ブラピがぶん殴られて倒されるシーンが一番好きだが・・・。
ラストはなあ。
もうちょっとで面白くなりそうな気もする。

181 名前: 179 投稿日: 2000/11/22(水) 18:54
>180
殴られたあと犯人の姿が水溜りに映ってるところをみて
なかなかやるじゃねーか、こいつと思ったでも内容はくそ
ラストの展開も読めた

199 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 2000/11/23(木) 02:43
観客の多くは劇中、ドゥの被害者について「こんな奴らはこんな目に遭って当然」
と思っている。自らの周りに被害者に似た人物を思い描き殺してやりたいとさえ思っているかもしれない。
そして観客は、あまりにも入念に(美しく)それを成し遂げるドゥに「嫉妬」するのだ。

201 名前: >199 投稿日: 2000/11/23(木) 02:48
なんじゃそら精神異常者に共感して感情移入するお前は相当最悪な
生活をしてるんだね頭の悪い引き篭もりがこの映画にはまってるのか
君の発言できずいたよありがとう・・・

203 名前: >201 投稿日: 2000/11/23(木) 02:55
いや199は的を得てるよ。

この映画を「おもしろい」っていてるやつはようするに・・
売春婦や悪徳弁護士などなどが殺され、それに刑事が振り回されるのが
「おもしろい」んだよ。

殺人者のジョンドウに共感している。
単純明解。ただそれだけ。
この映画がヒットしたってことはジョンドウに大なり小なり共感した
人間がいっぱいいたってこと。

ジョンドウのように社会を嫌悪しってる人間が多いんだろうね。

210 名前: >199 投稿日: 2000/11/23(木) 03:19
その考え面白いなあ。
ほんとに最後の罪を観客が感じるようになってたら傑作になったかもね。

223 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/11/23(木) 04:38
社会への嫌悪、絶望っていうのがこの映画のテーマだと思うな。

モーガンも最初から最後まで社会に絶望してる。
刑事なんか辞めて隠居するっていてるし。延々と薄汚れた
社会への愚痴をブラピに聞かせる。正義などないという。
(プラピはそれに反発し「正義」の象徴になってるけどラストで打ち砕かれる。
つまり「正義」の敗北。)

モーテルの店主のセリフが印象的。
「この仕事が好きかって?好きなわけねえ。
けどそれが人生ってもんさ」
(・・これには共感してしまうんだよな。)

社会には正義などない利己主義者の集まり・・とかそういう社会への
漠然とした嫌悪感、絶望感を持っている人間には深く共感する映画
だと思う。

224 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 投稿日: 2000/11/23(木) 04:40
>>223

あんたいいこというねえ。久々にまともな意見聞いた。
俺もあのモーテルの店主のセリフは印象に残ってるよ。

228 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/11/23(木) 04:59
セブンの主人公ってモーガン?

2ちゃんねる映画ブログ

241 名前: >228 投稿日: 2000/11/23(木) 09:18
シナリオの構造から考えると、
主人公はモーガンフリーマン。

で、クライマックス直前に
「ようし、俺はこの一件をかたずけてみせるぞぉ」
と決意したものの、以降はたんなる傍観者と
化してしまうところがね。面白いんだってば。

とにかく、この映画、途中までは一般的な
エンターテイメントのシナリオ作法にのっとって
話を展開させといて、クライマックスのところで
そのシナリオ作法を徹底的に裏切るんだよ。

そこが面白いの。
で、それはちゃんとテーマを語るための道具として
機能してるとこが偉いのよ。

243 名前: 一観客 投稿日: 2000/11/23(木) 09:39
>241
その裏切り方に説得力を感じなかった。
すかしっ屁を食らわされたようにしか思えなかった。
べつに希望的であれとは思わないけどね。

245 名前: 241>243 投稿日: 2000/11/23(木) 09:57
うん。

普通だったら、あの車の中でのシーンで
モーガンフリーマンはジョンドウの演説に対して
反論しなきゃならないんだけど。
通常のパターンで、映画を盛り上げるためにはね。

でも、彼は反論できないんだよね。
ジョンドウの行動はともかく、考えや言葉に
共感を覚えてしまっちゃうからだ。

理性的なヒーローになるはずのモーガンフリーマンが
最後に悪役の思想に共感をおぼえ、からめとられてゆく
あたりがね。お膳立てが足りないせいで、
チョイ説得力不足かなって感は、あるなぁ。

259 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/11/23(木) 19:38
いやー、このスレ、いい展開になってますねー。勉強になります。
ところでみなさんにお聞きしたいのですが、ラストのモーガン・フリーマンのセリフ
「”世界は美しい。闘う価値がある。”あとの言葉には賛成だ」(このとおりじゃなかったかも)
とありますが、ここんとこを皆さんはどう理解されてますか?
結局フリーマンは、世界を肯定しているのか?否定しているのか?お聞かせください。

260 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/11/23(木) 19:53
>259
パンフレットには、
「この世界は絶望に満ち溢れている。が、だからこそ戦う価値がある」
って書いてあるぞ。
映画では、「世界は美しい」っていうの?

267 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/11/23(木) 21:48
Ernest Hemingway once wrote:
The world is fine place and worth fighting for.
I agree with second part.

「世界は素晴らしい。そして(世界の為に)戦うだけの価値がある。」
とヘミングウェイは言った。
私は後の方に賛成だ。

つまりモーガン・フリーマンは世界はクソだと思っているが
それでも戦う価値があると言っている >260

325 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/11/24(金) 20:51
この映画はフィンチャーというより脚本のアンドリュー・ケビン・ウォーカー
の色が濃い映画だと思うよ。

341 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/11/25(土) 01:50
セブンってケヴィンウォーカーの映画だからねえ。
タワレコの店員やりながら、しこしこ書き溜めてた話なんでしょ。

40 :名無シネマ@上映中:2006/10/24(火) 03:53:02 ID:Pxzd9RaT
セブンの脚本家目当てで見た「8mm」はつまんなかったぁ

300 名前: グウィネス 投稿日: 2000/11/24(金) 18:10
この映画のグウィネスが一番すき。「妊娠した」ってモーガンフリーマンに言うシーンがよかったなー。

2ちゃんねる映画ブログ

175 :名無シネマ@上映中:2006/12/10(日) 16:37:16 ID:mCgLY4rk
ブラピの妻役はグイネスだったんだね
あの当時は綺麗な女優さんだなと思っていた

359 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/11/25(土) 13:38
ところで、舞台となった街ってどこでしたっけ?

361 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2000/11/25(土) 14:14
>359
劇中では時代や場所は特に限定せず、文明社会ならどこにでも
起こりうる話としていたよね。(これは全作品共通)
悪夢っぽいふわふわしたリアリティを持った街がなんとも。

ちなみにロケ地は「セブン」がNY、「ファイトクラブ」がLAだそうな。



http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1160229124/
2ちゃんねる映画ブログ

12 :名無シネマ@上映中:2006/10/11(水) 11:35:49 ID:HXQhm5Xm
デブってだけで惨殺されるとは恐ろしい世の中ですね

14 :名無シネマ@上映中:2006/10/11(水) 19:49:00 ID:MFL+1g60
>>12
太るのもほどほどに。
大食は7つの大罪です。

2ちゃんねる映画ブログ

17 :名無シネマ@上映中:2006/10/13(金) 09:25:58 ID:hrlJj+NH
6個目の「嫉妬」と7個目の「憤怒」は
罪人と被害者とが一致してないから
この映画は破綻してる

18 :名無シネマ@上映中:2006/10/13(金) 09:30:27 ID:jl/tGmcJ
>17
お前の精神ほどじゃないから無問題

20 :名無シネマ@上映中:2006/10/13(金) 15:34:50 ID:kVW+cVb1
>>17
「嫉妬」の罪によりジョンは死罪になった。
「憤怒」により殺人を犯したミルズも、これから裁かれる(刑罰は知らん)。
で良いんじゃないの。違ったっけ?
それよりも、ホントに「嫉妬」なんかしてねーだろってツッコミは入れたいが。

22 :名無シネマ@上映中:2006/10/13(金) 16:21:35 ID:hrrfM3TW
正直最初ずっと奥さんが犯人だと思って観てた
「この街が嫌い」って言ってたし、犯人がブラピを撃たなかったのもその伏線だと思った

47 :名無シネマ@上映中:2006/10/26(木) 20:16:21 ID:7wQLqFOF
>>22
俺と同じ人発見!

36 :名無シネマ@上映中:2006/10/23(月) 05:58:47 ID:JT5dLk0I
この映画、デンゼル・ワシントンが脚本読んで「邪悪な映画だ」って
断ったらしいなw

37 :名無シネマ@上映中:2006/10/23(月) 09:48:01 ID:6N4fHN+e
デンゼルが出てたたら何かつまらなそうだな。
フリーマンでよかた。

41 :名無シネマ@上映中:2006/10/24(火) 20:42:27 ID:7ht8F9/S
ミルズの髪が雨でぬれたときにやってる仕草がかっこよすぎてマネしようと試みるが
うまくできずに嘆いてるやつおれの他にいる?

42 :名無シネマ@上映中:2006/10/25(水) 02:44:40 ID:64l+0oUf
骨折しなきゃダメ

43 :名無シネマ@上映中:2006/10/25(水) 11:45:15 ID:qExGhHOT
>>41
俺かと思った。
濡れた髪をわしゃわしゃってするアレだよな?
俺もあれに憧れて短髪にしたことあるよ。
自分じゃあの仕草完璧にマネできてたつもりだけど…

44 :名無シネマ@上映中:2006/10/25(水) 20:04:52 ID:JmmuTZcH
>>43
そうそれ。君はマスターできたのか・・・
おれがやると何か違うんだよな・・・

45 :43:2006/10/26(木) 01:00:35 ID:dKNy3qKt
なんだろうな…
とりあえず肘を目の高さくらいまで持ってきて
手の平全体で頭頂部をなでる感じで。

46 :名無シネマ@上映中:2006/10/26(木) 20:01:14 ID:ZdcP1hX8
>>41>>43
あるあるw

50 :名無シネマ@上映中:2006/10/27(金) 19:14:29 ID:cAkOYp/M
俺がこの映画で影響受けたことと言えばマグライトを買ったことかな。
持ち方も真似てみたりw
映画の中では接触が悪いのか消えそうになったりして不安を煽る演出が良かった。

51 :名無シネマ@上映中:2006/10/27(金) 19:25:53 ID:0ht4ZcpW

2ちゃんねる映画ブログ

この映画のブラピはほんとかっこいい。
女性ファンなら当時から大勢いただろうが
これで男性ファンも一気に増えたんじゃないかな。

最近のブラピはなんか丸くなった気がするよ。
作品選びも外見も。

74 :名無シネマ@上映中:2006/11/03(金) 00:25:46 ID:Xagdz6VG
この映画は映像の雰囲気が最高にいい
あのばっちいジメジメ感がたまらん
ラストではやっと雨が上がり、乾いた空気感に包まれるが
主人公には逆に最悪の結末が待っているという展開もこの世の救われなさ
をよく表現しているように感じた。 ブラピの仕草もイチイチかっこいいしね

78 :名無シネマ@上映中:2006/11/03(金) 01:51:19 ID:SitWCbk9
この映画は雨でも傘を差さない徹底したところにハードボイルドさを感じれただけでも価値がある。

196 :名無シネマ@上映中:2006/12/14(木) 03:58:50 ID:2PczNLCJ
ラストが晴天だったおかげで宅配バンの砂けむりが恐怖心を煽ってくれたと思う。

197 :名無シネマ@上映中:2006/12/14(木) 22:14:07 ID:AMznWea6
犬の死体があって
ジョンドゥのそれは俺じゃない的な発言が
妙にツボってたあのころ

65 :名無シネマ@上映中:2006/11/02(木) 20:27:33 ID:vOnUEarq
この後ブラピは女の首見たのかな?やっぱ見るよね。

66 :名無シネマ@上映中:2006/11/02(木) 20:53:54 ID:jQW7XZkq
見たから膝から落ちたんだろう

93 :名無シネマ@上映中:2006/11/07(火) 10:32:59 ID:+lCCAjmG
奥さん無事で
箱の中は無関係の胎児で
あのハゲがミスリードでミルズ発砲まで仕向けたんなら天才やな
死人の数も余分にならんし

94 :名無シネマ@上映中:2006/11/07(火) 12:59:11 ID:S4r1tlAU
>>93
その無関係の胎児どっから調達してくんだw

まぁ奥さん無事ならまだ救いはあるが
とことん救いがないからこそ名作になったと思うよ。

67 :名無シネマ@上映中:2006/11/02(木) 22:25:12 ID:aZTYZcq0
ブラピはどうなったの?犯人ぬ殺したけど、刑事だし捕まらないよね

68 :名無シネマ@上映中:2006/11/02(木) 22:29:17 ID:uhuDkWJI
いや、捕まるだろう。
捕縛した無抵抗な容疑者を撃ち殺してしまったんだから。
情状酌量はされるだろうが。

ただ、最も大切なものをあんな形で奪われた以上、刑事として
いや人間としても復帰できるかはわからないな。

69 :名無シネマ@上映中:2006/11/02(木) 22:34:56 ID:aZTYZcq0
>>68
そうか・・・犯人の思うつぼか
本当に救えないね。。そこがいいけど

70 :名無シネマ@上映中:2006/11/02(木) 23:32:31 ID:R6F5Cxiw

2ちゃんねる映画ブログ

あの腐ったのが生きてたのはビビった

71 :名無シネマ@上映中:2006/11/02(木) 23:45:20 ID:1nj3kzkd
あのシーン映画館でみんな一瞬席からはね上がったからなW

72 :名無シネマ@上映中:2006/11/02(木) 23:48:25 ID:UHaQuzjw
>>71
あるあるwwww

73 :名無シネマ@上映中:2006/11/02(木) 23:55:23 ID:/6gQJjM3
野暮だけどリストカットで自殺するやつがいるのに、手首切り落とされて生きてるもんなのか?

110 :名無シネマ@上映中:2006/11/11(土) 19:47:20 ID:EFNLcg20
モーガンが子供の出産問題で悩むブラピに
「子供は思いっきり甘やかして育てろ」て言ったろ?
俺は今だにそれがわからないんだ

ふつう、子供はきびしく躾けるもんだろ。。。

112 :名無シネマ@上映中:2006/11/11(土) 23:50:49 ID:h5C8+cfN
>>110
サマセットは腐った世の中を見すぎて
子供を奥さんに産ませなかった。
でもそのことを後悔している気持ちが心のどこかにある。

だから子供を産むブラピの妻に
自分の気持ちを込めて「子供を愛してやってくれ」っていう意味で
ああいったんだよ。
ほんとの子供の躾けについて語ったわけじゃないと思うよ。

113 :名無シネマ@上映中:2006/11/12(日) 00:45:24 ID:N0s4LhcN
っていうか、それが正しいかどうかは別として
この酷い世の中で生きていくという
不幸を背負うことになる子供に
それ以上嫌な思いはさせないでってことだと思う。
悪いことしても強く怒らないであげてとか
欲しいものは出来るだけ買い与えてあげてとか
悪く言うとひいき目に見てあげてってことだ。

163 :名無シネマ@上映中:2006/12/07(木) 18:34:21 ID:48UIYFeo
フリーマン演じる黒人刑事が黒幕であるという説が、
アメリカのサスペンスマニアの間では根強いらしい。

166 :名無シネマ@上映中:2006/12/07(木) 19:56:08 ID:chxw78UL
>>163
レベル低いサスペンスマニアだな

168 :名無シネマ@上映中:2006/12/08(金) 11:44:21 ID:gFohDO5A
どうしても黒人を犯人にしたいんだろ


関連記事

  1. 2010/09/19(日) 10:57:01|
  2. さ行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<僕の初恋をキミに捧ぐ | ホーム | ノッティングヒルの恋人>>

コメント

DVD収録の音声解説によると、改稿前の最初の脚本では、ラストはフリーマンが耐えきれなくなって犯人を撃つストーリーだったらしい。だからフリーマン黒幕説は完全にでっち上げなんだけどね。
  1. URL |
  2. 2012/02/03(金) 16:22:21 |
  3. 名無しさま #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1419-824e0b5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR