FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

幸福な食卓

【北乃きい/勝地涼】幸福な食卓【くるみ -for the Film-幸福な食卓】
http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1163949965/
2ちゃんねる映画ブログ

1 名前:名無シネマ@上映中 [2006/11/20(月) 00:26:05 ID:R5xuMo3w]
「父さんは今日で父さんを辞めようと思う」
 ――春休み最後の日、朝の食卓で父さんが言った。

父さんが自殺を失敗したときも、母さんが家を出たときも、朝は普通にやってきた。そし
て、その悲しい出来事のあとも…。泣きたくなるのはなぜだろう?優しすぎるストーリー。

あなたは今朝、家族と食卓を囲みましたか?
崩壊した家族を健気に支えてきた佐和子の身に起こる突然の悲劇。しかし、皮肉にもその
悲劇により、家族は再生の道を歩み始める…。ひとりの少女の視点を通じてその家族の崩
壊と再生を綴った、注目の作家・瀬尾まいこが放つゆっくりと静かに伝える、おかしくて
心が温まる話題の小説『幸福な食卓』、ついに映画化!!


キャスト:北乃きい、勝地涼、平岡祐太、さくら、羽場裕一、石田ゆり子 ほか
原作:瀬尾まいこ(講談社) 脚本:長谷川康夫 音楽:小林武史 監督:小松隆志
主題歌:Mr.Children 『くるみ -for the Film- 幸福な食卓』
製作:「幸福な食卓」ASSOCIATES 2006年/カラー108分/Dolby SRD 配給:松竹 

東京国際シネシティフェスティバル2006、招待作品(日本映画元気印)
2007年1月27日(土)、東劇ほか全国松竹系にて公開


320 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/01/31(水) 18:38:09 ID:0ovnJcJ/]
くだらない質問ですが、
「しあわせ」?
「こうふく」?
どっち?

321 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/01/31(水) 18:39:39 ID:qD0JOCCJ]
『こうふく』です。

16 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/11/23(木) 21:28:05 ID:354qa34b]
幸運にもチケット当たったからシネフェスで観てきたよ。
結論から言うとタダでよかったなという感じ。
ゆるい雰囲気とかまったりした雰囲気の映画は好きだけどこれはただ淡々としてるだけにしか感じなかったし、
原作がどういうもんかは知らないけどプロットにしろ台詞にしろなんかズレてて入り込めない。
当然感動もなかった。
他の人の感想も聞いてみたいな。
目の前で見る北乃きいは結構かわいかったよ。

17 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/11/24(金) 00:50:02 ID:FUOR+zTM]
同じく、今日シネフェスで見て来た。

自分は良かったけど。
主人公の彼氏の笑顔の写真を見て泣けてしまった・・・

また、観に行くよ。

20 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/11/26(日) 07:29:56 ID:31Q8P18M]
ラストでミスチルの曲がフルコーラスかかるけど、そのままエンドタイトルで
いいじゃないか?あのシーン自体は好きだけど、別にクレジットが流れても違
和感はない。

21 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/11/27(月) 23:22:36 ID:wTZEMAkx]
>>20
同意。
エンドロール2回見せられたような感じだった。
歌をバックに流してもよかったのにな。

佐和子と大浦君の純な恋は良かったな~~
自分の高校の頃を思い出すよ。

30 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/12/04(月) 13:58:41 ID:TF7yDmYC]
作品にたいして音楽が大きすぎやしないか?
何で「くるみ」だったんだろう?

31 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/12/04(月) 22:58:43 ID:SDSCMj+3]
歌詞がストーリーに合ってるからと書いてあったような気がする。
特に、最後の『振り帰えちゃいけないよね、進もう、君のいない道の上』がピッタリ!

34 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/12/09(土) 11:45:46 ID:J8rreW3o]
きのう試写会で見た。
期待しないで行ったせいなのか、すごくよかった。
淡々としていたところがかえってリアルに感じられて何度か泣いた。

「気づかないところで誰かに守られてるってこと」いい言葉だ。

35 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/12/09(土) 23:32:39 ID:hvU1ZTQc]
私も試写会で見た。
原作を読んでから見たけど、原作が損なわれてなくて良かった。

『気づかないところで誰かに守られてるってこと』さりげない気遣い、イイね!

42 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/12/16(土) 22:43:39 ID:WaD/JJVu]
ところで、父親が突然「父さんを止めようと思う」って言い出したのはなぜなの?
出だしのところからさっぱり分からないよ。

2ちゃんねる映画ブログ

43 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/12/20(水) 18:37:40 ID:45TjSWQL]
>>42
佐和子以外の皆が、父さんの自殺をきっかけにして何かが崩壊してしまった。
んで、「父さん」としてその役割を果たすことさえも嫌になってしまったんじゃな
いのかな。

44 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/12/21(木) 23:26:26 ID:oy//rRC9]
>>「父さん」としてその役割を果たすことさえも嫌になってしまったんじゃないのかな。

なんとなくは分かるんだけど…
でも、そのわりには、自分の自殺未遂で心に大きな傷を負った佐和子にすげー気を使ってる。
そんな人が佐和子に対して「父親としての役割、義務を放棄する」なんて宣言することがイマイチしっくりこない。

オレがもしあの父親だったら、佐和子に対して済まないと思うあまり
それまで以上に父親役を完璧にこなそうと努力して、結局は同じ過ちを繰り返してしまう気がするんだけど。

55 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/12/24(日) 00:50:11 ID:lpjZOCV6]
>>44
>オレが~
なるほど、そういう考え方もあったか。

自分が思うには、勉学の一件が起こるまでは、佐和子を除いて家族みなそれ
ぞれのネジが狂い始めていた。父さんとしては自分のネジをこれ以上狂わせ
ないことで、佐和子たちに気を遣ったのかなぁって。佐和子は気兼ねなく甘え
させてくれる存在だし。

54 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/12/23(土) 23:56:21 ID:alebJyUT]
勝地の中学生には無理があったがよかったと思うよ。
原作は知らないけどいい映画だとは思った。
感動はないけど。。。

55 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/12/24(日) 00:50:11 ID:lpjZOCV6]
>>54
勝地と北乃は同じ事務所。キャスティングはそういう理由でしょう、きっと。

56 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/12/24(日) 01:42:31 ID:Ej84cSUj]
主人公2人はとてもさわやかでいいね。

2ちゃんねる映画ブログ

話自体はけっこう判りにくいかな?アニキの彼女の存在もイマイチよくわからん。
二股かけてそれでも家にきて勝手に上がりこんで説教して帰っていく。
もう一回観たらわかるかなあ。

92 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/01/14(日) 21:45:15 ID:1zSNcB8a]
今日試写会観て来たよ。観ていたら「耳をすませば」と凄く雰囲気が
似た感じがして来た。恋物語としては良かったんだけどね・・・。
物語の内容はあんまり良くなかったかな。内容が薄い。もっと深堀りすべし。

96 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/01/15(月) 14:04:24 ID:BqIzh5x+]
試写会行ってきた。
一番よかったところは最後に流れた『くるみ』かな。
泣いた。
画面見なくても泣けそうだった

97 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/01/15(月) 14:32:04 ID:oWeVg/AA]
『くるみ』のためにCDを買ったけど。『しるし』も良かった。
そして、『しるし』も『幸福な食卓』に合ってるなぁ、と思った。

♪共に生きれない日が来たって、どうせ愛してしまうと思うんだ・・♪

これって、大浦君の手紙の内容にピッタリだ~~

99 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/01/16(火) 02:09:32 ID:qZa8pubt]
>>97
その歌詞は原作から影響を受けたものかもな。
・・・「くるみ」はやっぱりこの映画には勿体無いと思う。
音楽が映画に勝ってるもん。

130 名前:名無シネマ@上映中 [2007/01/21(日) 19:29:34 ID:uyV+pqR7]
ミスチルの中でもくるみの破壊力は異常

101 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/01/16(火) 12:26:56 ID:oM9tWntN]
まだ中高生の苦悩に「くるみ」。
「くるみ」って30代以降の人間の歌に聴こえるから、すごく違和感がある。

112 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/01/19(金) 01:03:07 ID:kp6W8Crd]
なんか見終わった後は「青春ってええなぁ~」と思ってしまった。
私は女子校だったから、こんな淡い恋愛経験なんてないし。

全然期待していなかった映画だけど、ホント観て良かったよ。
今でもミスチルの「くるみ」を聴くと泣きそうになる・・・

300 名前:名無シネマ@上映中 [2007/01/30(火) 09:21:53 ID:AcnrmrX7]
くるみは長過ぎたな。まぁ最近観た邦画よりは感動したけど。
家帰ってからミスチルヲタの姉に聞いたところ、「くるみ」という意味は
「(もうすぐ)来る未来」という文の略語なのだそうだ。
桜井が誰かしらの女のために作った曲だと思っていたので、
映画見てたときしっくり来なかったが・・・

260 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/01/29(月) 03:07:33 ID:JFDozoGO]
ミスチルの歌は長すぎるけど、きいちゃんが何回か振り向く表情がよかった。
私は色々あったから、夫や父を大切にしたいなあ、って強く思った。

262 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/01/29(月) 10:16:58 ID:CxAttpv4]
>>260
皿を並べる前の振り返りと、その後の振り返りの違いがよかったね。
前者は葬式の時の振り返りみたいにチョット悲しげで、
後者は決意とか優しさが感じられる顔してた。

勝地はああゆう三枚目的な性格のヤツには老け顔が多いイメージがあったので、
なんか自然だった(後で亡国のイージスの人って気付いたけど)。

263 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/01/29(月) 10:24:00 ID:nWbev1Wu]
ミスチルの曲も良かったしあの振り返りながら歩いていく絵も凄くいいんだけど
何故あそこでキャストスタッフを流して終わらせないかなぁ。
その後にエンドロールが来るからダラダラ長く感じるんだよね
ミスチルでスパっと終われば感動も倍だったのに勿体無い

264 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/01/29(月) 11:30:25 ID:AbHF9nqi]
>>263
>感動も倍

大浦勉学か! 誰がうまいこと言(rya

265 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/01/29(月) 12:15:26 ID:nWbev1Wu]
>>264
無意識に書いてたが狙って書いた事にしておくw

398 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/02/02(金) 22:24:05 ID:cbnTCDkU]
賛否両論あるラストのシーンだけど
監督が一番撮りたかった画だったんだと思うぞ!

大浦君(過去)振り返りながらも
それでも前にむかって歩いていく・・・
だからエンドロールの文字なんか
いれられないだろう

グラビアアイドルの初主演がこのような
良作であるのは石田ゆり子がコメントしてたけど
幸福なことだと思うぞ
きいちゃん、よかったね!

133 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/01/23(火) 00:29:23 ID:pwWKCBL9]
合格発表を見にいく前の、そっと手をつなぐシーンが好き

253 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/01/28(日) 23:06:42 ID:7l/P4wW3]
キスのシーン
女の子は落ち着いてて男の子は言い訳しつつアタフタ
中学の頃思い出してキュンとなった

258 名前:名無シネマ@上映中 [2007/01/29(月) 01:29:44 ID:N8Utdwnh]
>>253「あたしだって大浦君のこと好きなんだよ?」とタメイキまじりに
いうあたりなんか微笑ましかった。

119 名前:名無シネマ@上映中 [2007/01/20(土) 01:02:50 ID:53iOfKZg]

2ちゃんねる映画ブログ

うわぁー勉学ーーーー!!
だからマックでバイトした方が良かったのにーーー!!

305 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/01/30(火) 15:36:22 ID:65LZAxvN]
勝地君に中学生役はさすがにちょっと…w でも演技はok。西田敏行っぽかった。
きいちゃんは三日もかからずに慣れてしまうブs(ry 初主演だからまああんなもんでしょ。

306 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/01/30(火) 21:18:40 ID:HRrHyDSe]
勝地くん、映画を撮る前に監督から「寅さん」を見るように言われた。って
インタビューで答えてたから、イメージ的に西田敏行は遠くないんじゃない?

284 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/01/29(月) 22:34:17 ID:OKvVWjPc]
ファミマだかで売ってるシュークリーム食べたヤツいる?

285 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/01/29(月) 22:45:13 ID:ICH8D5Sx]
まあまあだよ
甘党の俺としてはもう少し甘くてもヨカタ

286 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/01/29(月) 22:51:59 ID:KdNf26zE]
>>284
昨日ファミマで買って食べたけど普通のシュークリームだった。
シュークリームの上にアーモンドスライスが乗ってるんだけど
これが「幸福のかけら」という事らしい。
玉子の殻のイメージなのかな?

291 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/01/29(月) 23:25:24 ID:CxAttpv4]

2ちゃんねる映画ブログ

生クリーム蕎麦もちょっと食いたかったかな、
あと、ガブリエルの(略

310 名前:名無シネマ@上映中 [2007/01/31(水) 00:02:32 ID:viHKat7n]
直=母さん似 頭脳・「あらまぁ」
佐和子=父さん似 甘いモノ好き(シュークリーム・プリン)

311 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/01/31(水) 00:11:28 ID:in+lYlzy]
直=母さん似
佐和子=父さん似

これはオレも思った。
母さんとか直ちゃんって、自分がヤバくなりそうだって感じたらさっさと逃げちゃうもんね。
世の中を器用に渡り歩けるんじゃないのかな?
特に、年頃の息子・娘を置き去りにして家を出る母さんなんて、並の神経じゃ出来ない。

312 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/01/31(水) 01:17:12 ID:6HB+hpmH]
>>311

2ちゃんねる映画ブログ2ちゃんねる映画ブログ

いや、母も直も全然世渡り上手じゃないと思うよ。
母は、入りもしないアパートの風呂を掃除してるし、精神的にかなりヤバイって
(たぶん、夫の自殺現場を掃除しようとしてるのかも…)。
直も、真面目さを捨てて自殺への道を回避したけど、「この方法は間違ってるかもしれない」って言ってるし。

中原家全員、自分の役割を完璧にこなそうとして、それぞれ壊れてるし。
だから、父・母・直は完璧さを捨てる(直曰く「役割を放棄」)ことで、なんとか緊急避難した。
でも、一人完璧さを捨てない佐和子が壊れかけたとき、
完璧じゃなくてもいいから、役割を少しずつ果たしていくことが必要と、3人は感じたんだろうね(これが家族の再生)。

と解釈したが。

322 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/01/31(水) 18:42:36 ID:HTKaydeE]
今日観てきたけど良かったよ
偉いよ佐和子ちゃんは
いい人生送りそうな子だな
サッカー部の男に協力してもらう所とか
流石と思ったな サッカー部の性格を見抜いていたのか
頼られると嬉しい人っているんだな

2ちゃんねる映画ブログ

323 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/01/31(水) 19:41:55 ID:6HB+hpmH]
>>322
あの策と人選は、勉学が佐和子に授けたものだったような?
ともかく、人生にあんまり真正面からぶつからないようにはなっただろうね。
うん、佐和子はいい人生送りそうだね。
(勉学が成長したら、元気の良い営業マンにでもなったかも。意外と芸人かw)

332 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/02/01(木) 00:18:05 ID:O1zX4JU2]
息子を亡くしたばかりの母親の態度が理解できなかったな。
「これもらってくださる?」
「せっかくだから使ってもらったほうが良いと思って」
彼女のセリフにいちいち「は?」「えっ?」だったよ。勉学と佐和子かよ>自分

333 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/02/01(木) 00:51:36 ID:jImXznBz]
漏れは、やっぱ勉学の親だけあるなと思ったよ。

339 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/02/01(木) 08:42:57 ID:d9wm4OaZ]
タイトルから察するにどっぷり家族の話だと思って見に行ったのに
淡い恋愛押しのストーリーだったのがなあ。
家族の方の話が薄すぎるし、じゃあせめて陳腐でもいいから
家族間のエピソード数をもうちょい増やせばいいのにと思った。
彼とのキスのくだりとか、とってもいいんだけど
メインの家族話とは全然関係ないような・・・。
肝心の主題ほっといて、淡い青春の1ページ描きすぎ。

あと、この彼死ぬなって早い段階で勘付いちゃった人、多そう。
でも淡々とした映画だから、中盤でキャラの死なんつードラマは起こらないかも・・・
と自分は期待してみたんだが、やっぱり死んでしまってなんだかなあと思ったです。
それでもまあ恋愛部分は、ベタながら結構よかったです。
が、肝心の家族再生ものとしては酷い映画だと言うしかない・・・。

340 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/02/01(木) 09:48:43 ID:b9o5nDZs]
家族は多くを語らない映画だからな。
予備校で窓ガラスに映る自分を見る父さんとか、
観ている側に想像を委ねるのが多かった、静止画的というか。
他方、恋愛部分は動画的で時間的にも長かった。
「再生」部分で、父さん・直ちゃんとのからみはあったけど、
母さんも最後に出てきて欲しかったかな、母子の会話として。
くるみの間奏部分の母さんにはかなりグッときたけどさ。

343 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/02/01(木) 12:01:57 ID:DJ5lD0Ed]
原作にはあるね、父との修復の後、シュークリームを持って母を訪ねる話。
ヨシコには気を付けなよ姑として、みたいな佐和子の言葉が面白い。
未来を語れるっていいよな

362 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/02/01(木) 22:13:14 ID:LgrwTOyZ]
今日、原作を読み終わった。
映画では、原作ではちゃんと説明してた部分を
あえて映像だけにして観客に想像させて
いるのな・・・
だから、ちょっとわかりにくいとこも・・・

映画の大浦君は、坂戸君との二個一だったのネ(笑)

直ちゃんの頭がよくて淡白で妹思いなのは
映画のシーンになかった
佐和子からの絶交宣言を一時間に
値切るところなんかがあって
あたりまえだけど原作のほうが
よく表現されていると思う。

興味があれば、読んでみて。

367 名前:名無シネマ@上映中 [2007/02/01(木) 22:52:05 ID:3dUrjGHy]
>>362の言うように原作→映画じゃないと完全には楽しめない映画だと思う。
時間無くて直ちゃんとか中途半端にしか描かれてなかったし
坂戸君を消すなら合唱のくだりもいらないんじゃないか?
高校生があそこまでまともに歌ってると逆にわざとらしさが・・・

370 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/02/01(木) 23:13:10 ID:b9o5nDZs]
>>367
映画→原作→映画と見たけどさ、原作を基準にしちゃうとそうなるわな。
あの時間の中ではよくまとめたと思うけど、別物として見た方がいいよ。
丁寧に描写できるのが小説の持ち味だからな。
それを映画でやろうとすると無理が出てくるだろう。
(合唱は、合唱部の撮影協力があったからチョット上手すぎたね)

373 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/02/01(木) 23:20:43 ID:xw0SBAup]
自転車シーンの為に坂のある街に設定変更したのは良かったね
全体通してみると50点くらいなんだけどシーンごとで見ると100点なシーンが多い
キーアイティムや「おう」みたいなセリフ上手く使ってるよね

374 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/02/01(木) 23:25:19 ID:6KOpZSzF]
おうより
え?の方が多くなかったか

330 名前:名無シネマ@上映中 [2007/01/31(水) 23:53:03 ID:odo9dAz+]
>>374
おう

380 名前:名無シネマ@上映中 [2007/02/02(金) 02:23:58 ID:0lCHiyIx]

2ちゃんねる映画ブログ

主演の女の子が最初可愛くないンだけど、
だんだん話が進むにつれ可愛くなっていく!
地味だけど、面白かったですね。

原作読んで無いンですが、カンタロウ(クワガタ好きな弟)は
何か障害とかあるって設定ですか?
最後にいきなり出て来て、なんか気になる。

381 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/02/02(金) 05:34:16 ID:WckCMu4a]
クワガタの精に取り付かれてる模様です

383 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/02/02(金) 09:22:05 ID:QoQlrH1V]
小学生高学年くらいの男の子は、年上のお姉さんにはあれくらい人見知りすると思うけどなぁ。
後であの態度はまずいと思って、追いかけてフォローしてるから、
不器用だけど、ちゃんと人の心情を慮ることはできてるよね。
俺は、あの優しさに大浦勉学的なものを感じてチョイ感動したな。
クワガタ柄はいいギャグだったな。

384 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/02/02(金) 12:40:55 ID:cCcYOs9l]
私も人見知りする、何かに熱中するととことんハマるタイプの子ってだけに見えたけどな。
あとお母さんの前では気恥ずかしさもあってうまく感謝の気持ちを表面に出せなかったけど、
佐和子にありがとうって思ってることをちゃんと伝えたかったんだなぁ、いい子だなぁって思った。

385 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/02/02(金) 12:51:06 ID:5MfaVg1X]
「大丈夫、大きくなるから」って良いよな。
大きくなる=未来があるって意味だよね。
失ってはならないものを失ったけど、まだ大切なモノは佐和子にもあって、それとの未来はある…
弟の言葉で救われた気がする

388 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/02/02(金) 17:25:55 ID:hzkGl4Dt]
コバヤシヨシコとかんたろう君が良かった。イメージ通り。
佐和子もいい演技してたけど、「えっ?」ていうのがやけに気になったな。多すぎ&大げさ。

それにしても、勉学の言葉
あんな良いお母さんなのに「うちの家庭、崩壊してんだよなあ」はないよ。どんだけ贅沢なんだよ。

389 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/02/02(金) 18:00:07 ID:ABXvj9gJ]
父親が医大を目指してると知って、
「それじゃ父さんをやめたことになってないよ」っていうセリフがあったけど、
あれはどういう意味?
佐和子は何か病気でも抱えてるの?

399 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/02/02(金) 22:40:42 ID:y1ocShkl]
>>389
医大を目指すこと自体はいいんだけど、
夜遅くまで、必死になって辛そうに体を酷使して勉強するのは、
真面目すぎて行き詰まり、自殺を試みたときの『父さん』そのものなんだろ。
それを指して「全然『父さん』をやめられてない」ってこと。


関連記事

  1. 2010/10/21(木) 09:08:33|
  2. か行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<オーケストラ! | ホーム | ハンニバル・ライジング>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1415-6269d614
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR