2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブロードキャスト・ニュース

http://bubble6.2ch.net/test/read.cgi/kinema/1119879476
2ちゃんねる映画ブログ

1 :無名画座@リバイバル上映中:2005/06/27(月) 22:37:56 ID:xy4XdnMc
 アカデミー賞を制覇した「愛と追憶の日々」のジェームス・L・
ブルックス脚本・監督の隠れた?名作。
 私は、この「ブロードキャスト~」の方が好きです。
こちらの方はまだ、あまり語られていないと思うので、スレタイに
付けてみました。


5 :無名画座@リバイバル上映中:2005/06/28(火) 11:54:25 ID:PIVh+9K8
1987年 ニューヨーク批評家協会賞 作品賞・受賞
1988?年 ベルリン国際映画祭 女優賞(ホリー・ハンター)

 アカデミー賞でも、作品、主演女優、主演男優、助演男優賞、
 オリジナル脚本賞などに、ノミネートされたが、
「ラスト・エンペラー」という強力なライバルの存在で、ほとんど無冠。

7 名前:無名画座@リバイバル上映中 [2005/06/29(水) 11:13:04 ID:3PEwlVji]

 ジェームス・L・ブルックス(以下JLB)脚本・監督の80年代の映画は、
好きだったな。
「愛と追憶の日々」も「ブロードキャスト・ニュース」も。
 表向きはホノボノした雰囲気だけど、
実はケッコウ辛口でシニカルなテイストがある。
映画音楽とかビデオのジャケットとかも、「愛と~」でも「ブロード~」でも
爽やかな絵だよね。だけど、登場人物はケッコウ毒舌なんだよね。

15 名前:無名画座@リバイバル上映中 [2005/06/30(木) 22:03:01 ID:l9iHE6/v]
私の好きなシーンは仕事から帰った主人公が、まず、ぐぁーっと泣いてスッキリするところ。すんげー気持ち分かる。意味無く涙でるよね。仕事忙しいと‥

16 名前:無名画座@リバイバル上映中 [2005/06/30(木) 22:47:40 ID:EryzWAXu]
>>15

 二、三回、くりかえし、出てきますよね。そのシーン。
 一番最初に見たのは、テレビの吹き替え版だったので、
かなりカットされて、泣くシーンは最初の一回だけ。
だからイマイチ意味が分からなかった。
 オリジナルのノーカット版の方を見て、なるほど、と思いました。


 吹き替え版の方も、台詞の微妙な感じが良く分かって、
けっこう好きなのですが。
 DVDだと、両方楽しめる。私が買ったDVDには、あの時のテレビ版の
吹き替えが、そのまま入っている。ところどころ、英語に戻るんだけど。

17 名前:無名画座@リバイバル上映中 mailto:sage [2005/06/30(木) 23:23:19 ID:SFB2w78V]
日テレだったかのドミノ倒しの番組が引用されてなかったっけ?

18 名前:無名画座@リバイバル上映中 [2005/07/01(金) 00:37:43 ID:M4dwr5qY]
>>17
 ああ、そうそう。
 アレは可笑しいですよね。何か他に政治的な大問題があったのに、
ニュース番組がトップで報じたのがこれでした、って。
 日本人としては、どんな顔をしてアレを観ればいいのやら。

19 名前:無名画座@リバイバル上映中 [2005/07/01(金) 15:09:21 ID:oQpf+gbA]
主人公たち、みんなひとりもんなのに、
それぞれいい住居環境で羨ましかった。
さすがアメリカだなって思ったよ。
もちろん、テレビ関係者だからサラリーはいいんだろうけどね。

20 名前:無名画座@リバイバル上映中 [2005/07/01(金) 17:12:10 ID:M4dwr5qY]
>>19
 オープニングで三人の子供時代が、出てくるんだけど、
アルバート・ブルックスが演じるアーロンの高校卒業時代に、
彼が卒業式の挨拶で生意気なこと言って、
皆から殴られるシーンがありましたよね。

「僕は、年収何十万ドルを稼ぐ。君達はせいぜい何万ドルだ!ハッハッハ!」
ってアーロンが言うと、
皆が「その金額を稼げるんなら、悪くないよなぁ」と答えて去っていく。
あの辺が面白かった。

21 名前:無名画座@リバイバル上映中 mailto:sage [2005/07/01(金) 19:29:39 ID:cqq3tyTC]
笑える場面もたくさんあったけど、
うそ泣きを話のポイントに使ったのが何よりうまいと思う。
やらせが話題になるたびにこの映画を思い出す。

22 名前:無名画座@リバイバル上映中 [2005/07/01(金) 19:56:12 ID:M4dwr5qY]
>>21
 後半の方で、ホリー・ハンターがウィリアム・ハートに、
「皆が悲しんでいるのに、貴方は平気なの?」みたいなことを言うと
「悲しくもないのに、泣けって言うのかい?」って言うんですよね。
 ああいうところは、ゾッとするんだけど、作品全体は爽やかなトーンで、
みたいなところが好きですね。

25 名前:無名画座@リバイバル上映中 mailto:sage [2005/07/02(土) 18:32:05 ID:6QPyvt6y]
アルバート・ブルックスが、ウィリアム・ハートのような人間が物事の基準を
少しずつ下げていって、長い目で見ると世の中に悪い影響を与える、
みたいに言う台詞が印象に残ってる。

26 名前:無名画座@リバイバル上映中 [2005/07/02(土) 19:27:06 ID:5IKtpsLN]
>>25
 あのシーンは、この映画のひとつの山場ですね。カッコいい台詞が
たくさん出てくる。
 言いたいことを全部ブチまけた後、毒舌の彼が急に紳士的になるところがイイ。

27 名前:無名画座@リバイバル上映中 mailto:sage [2005/07/03(日) 14:07:03 ID:2EdWff/O]
セリフは全体にわたっていいですね。

この映画の不思議:ソール・バスがタイトル・デザインを担当してるのに、
ごく普通のタイトルだということ(笑)。

28 名前:無名画座@リバイバル上映中 [2005/07/03(日) 16:49:10 ID:HclXuzVp]
>>27 >ソール・バス

 オープニングで、タイトルが出るまでのところで、
凝ってる箇所があるとすれば、
ホリー・ハンターの少女時代の姿が、大人になった姿にオーバーラップする
ところくらいですか。
あれは、ソール・バスの提案なのか、もともと脚本がああいう風になってたの
かは、知りたいところですね。

29 名前:無名画座@リバイバル上映中 [2005/07/04(月) 02:16:15 ID:zh1zDtEh]
オープニングで出てくる子役が3人とも大人の俳優にそっくり。
最後に出てくるアルバート・ブルックスの子どもも髪型だけでなく
顔つきもブルックスに似てる。

2ちゃんねる映画ブログ

こういう点をおろそかにしないのがハリウッド映画らしいね。
去年「ミスティック・リバー」を見たときも感じたことだけど。

32 名前:無名画座@リバイバル上映中 [2005/07/04(月) 22:25:56 ID:F96x96Un]
ホリー・ハンターがロイス・チャイルズをアラスカに飛ばすところが面白い。
ワシントンから離れたところに取材に行かせてウィリアム・ハートに会えなくする
ためなんだろうけど、よりによってアラスカで連続殺人って、あれは一種のジョーク?
あんな人口の少ないところで。

33 名前:無名画座@リバイバル上映中 [2005/07/04(月) 22:29:41 ID:sugUr1bR]
>>32
 ありましたね。
 テレビで見たときはそこはカットされてて、ビデオで見たときに笑った。

39 名前:無名画座@リバイバル上映中 [2005/07/05(火) 16:12:20 ID:ijvoYUWM]
ウィリアム・ハートのペニスのシルエット。
あれって本物?
だとしたらうれしいプレゼント。

41 名前:無名画座@リバイバル上映中 [2005/07/05(火) 23:05:42 ID:i9EOzV1C]
>>39
本物かどうか知らないけど、
この頃のウィリアム・ハートってよく裸になってたな。
「アルタード・ステーツ」
「白いドレスの女」
「蜘蛛女のキス」等
むだ毛の少ないきれいな裸だったね。

40 名前:無名画座@リバイバル上映中 mailto:sage [2005/07/05(火) 18:27:32 ID:av/EGGgw]
うれしいプレゼントといえば
ジャック・ニコルソンのカメオ出演だな。

2ちゃんねる映画ブログ

42 名前:無名画座@リバイバル上映中 [2005/07/06(水) 00:05:48 ID:y3txFBN9]
 >>39>>40から導き出される結論は、
ウィリアム・ハートのP=ジャック・ニコルソン ってこと? w

43 名前:無名画座@リバイバル上映中 [2005/07/07(木) 00:10:29 ID:cjGr5EvA]
ウィリアム・ハートは
きわめて普通のアメリカ人って感じが
魅力的だね。

47 名前:無名画座@リバイバル上映中 [2005/07/08(金) 17:52:03 ID:bc2qDuys]
ウィリアム・ハートは
アメリカではドル箱スターというわけじゃないけど、
驚くほど佳作に恵まれたスターですよね。

2ちゃんねる映画ブログ

オスカー候補も何度もなってますし。
ホント、好きだな~。

50 名前:無名画座@リバイバル上映中 mailto:sage [2005/07/09(土) 03:22:35 ID:ZZZOkojw]
ウィリアム・ハートもホリー・ハンターもブロードウェイの舞台出身なのに、
それを感じさせない演技をしてると思う。
アメリカの俳優は器用な人が多いね。

56 名前:無名画座@リバイバル上映中 [2005/07/10(日) 00:36:10 ID:ru/Iuw8M]
ラストのシーンはロバート・レッドフォードの
「追憶」と一部だぶったなあ・・

57 名前:無名画座@リバイバル上映中 [2005/07/10(日) 01:31:56 ID:S99VjxZ9]
「追憶」と「ブロード~」は似てますよね。>>56

(共通点)
インテリで勇ましい女と、ハンサム男の恋。
ロイス・チャイルズが、ハンサム男を奪う役。

 唯一違うのは、アーロン(アルバート・ブルックス)
みたいな皮肉屋の存在で、「追憶」みたいな話を皮肉屋の目から
書き直したら、「ブロード~」になった、という面もあると思います。
もちろん、「ブロード~」の魅力はそういうパロディ的なところに
あるわけじゃないんだけど。

59 名前:無名画座@リバイバル上映中 mailto:sage [2005/07/11(月) 00:50:40 ID:wMa3ODhH]
「追憶」は結婚して子どもも出来たのに別れた2人が再会するからラストが盛り上がるけど、
「ブロードキャスト・ニュース」でホリー・ハンターは結局2人のどちらとも寝てない
わけだから、再会しても淡々としていて、これで終わりなのって拍子抜けした人もいると思う。

60 名前:無名画座@リバイバル上映中 [2005/07/11(月) 01:28:02 ID:8aPAD2jg]
>>59
 だから、生徒会を描いた、学園物のラブコメディみたいなノリもありますね。
 女生徒会長と運動部のヒーローと秀才の副会長の三角関係、みたいな。
 実際、アメリカのTVニュースの業界(というか知的な業界で)
働いている人たちって、ああいうノリなのかな、と思ったりして。
 ジョーン・キューザックが演じている大女の同僚も、なんか子供っぽいし。

2ちゃんねる映画ブログ

「追憶」は、やっぱり大人っぽい。

61 名前:無名画座@リバイバル上映中 [2005/07/11(月) 17:57:05 ID:BZ4gxq1Y]
>>57
>>59-60
ブロードキャストニュースがもしも、追憶のようなベタベタなメロドラマなら
こんなに胸に残る映画になってないな。
ジェームズLブルックスの映画は「愛と追憶の日々」にしても女性の真の自立がさらりと描かれていたりするけど、
真の魅力は完璧な脚本とセリフの素晴らしさだったりする。
悪いけど「追憶」はどこまでも陳腐なのでは。
いいのはラストシーンと主題歌だけなんじゃないのw?
ブロードキャストニュースは、堪らなく惹かれていながら、
不正をした尊敬できないアホ男と最後まで寝ないからこそ、数年後笑って会える。
ハート扮する男は、知性はないが処世術に足けてニュースの内容も理解できないアンカーマンとして成功し、出世していく皮肉が面白い。
一方A・ブルックスは知性と理想を持ちながら、花の無さから地方局で地味なキャリアを辿る。
思想の違いから結ばれない彼等に報道マンとして理想の高さ、そして何とも言えない切なさを感じるラストだった。
ブロードキャストニュースはラブストーリーではなくテレビ界を辛口に描いた男女の恋と友情を描いてるのが魅力。
追憶はメロドラマで、嫌いじゃないけど比べる必要は全くないと思うんだが。

64 名前:無名画座@リバイバル上映中 mailto:sage [2005/07/12(火) 06:08:25 ID:Q8CIImdR]
おお、この映画のスレあったのか。
大好きだよこれ。
ホリー・ハンター最高。

2ちゃんねる映画ブログ

65 名前:無名画座@リバイバル上映中 mailto:sage [2005/07/12(火) 21:26:09 ID:cAOSbPqK]
モニター越しにジャック・ニコルソンの表情の変化を見て、
自分たちの仕事が評価されたかどうか気にしていたのが印象的。
視聴率の数字よりアンカーの評価を期待してるってことかな?

68 名前:無名画座@リバイバル上映中 [2005/07/13(水) 02:43:29 ID:rkKF3r3n]
>>65
W・ハートの嘘泣きのときも、ニコルソンが怪訝な顔をしてるところが映る。
アルバート・ブルックスもあの時点で気づいてたらしく、ハッとしたような
顔をする。ホリー・ハンターも感動しながらも(ハートに感想を訊かれて)
違和感を表明する。
 ああいうのは、プロだな、って感じでカッコいいですね。

72 名前:無名画座@リバイバル上映中 [2005/07/16(土) 03:28:19 ID:S37gFz2h]

2ちゃんねる映画ブログ

 アルバート・ブルックスはレポーター兼ライター(ニュースの原稿書き)
という肩書きだったけど、いっそのことライターに専念する。
それで、キャスターがハート、プロデューサーがハンター、ライターが
アルバートという黄金のトリオで協働する、というのがベストのパターンです
よね。
 実際、DVDジャケットの写真を見ると、そういう話(職場の友情物語)
の映画のように見える。ところがフタを開けてみるとちょっと違う。
 この辺が面白い。

74 名前:無名画座@リバイバル上映中 [2005/07/17(日) 20:57:52 ID:UD/Kwbc5]
わたしはホリーハンターのクレバーで厳しいけど可愛いプロデューサーっぷりを堪能した。
あんな女の人大好きだ。

75 名前:無名画座@リバイバル上映中 [2005/07/18(月) 00:21:44 ID:UV24dg/7]
>>74
もともとプロデューサーの役は、「愛と追憶の~」のデブラ・ウィンガーが
やる予定で、ハンターは代役。デブラ版も見てみたい気がするけど、厳しい
感じはともかく、可愛い感じはハンターの方が向いてますね。子供みたいな
風貌の彼女が、敏腕プロデューサーというところが、イイ。

あと、オーディションには、シガニー・ウィーバーやジェシカ・ラングが
参加したという噂。彼女達だったら、だいぶ違う映画になってたかな。

76 名前:無名画座@リバイバル上映中 [2005/07/18(月) 05:01:12 ID:BD9MAt+U]
>>75
そうでしたねー。
代役だったんでしたね。ハンター。
デブラは好きな女優だけどワシントン局のニュース番組を仕切る
女性プロデューサーの痛快なまでの敏腕さぶりやジャーナリズムへの真摯な理想、知性まで表現しきれたかな。
良くも悪くも、感情表現の深い人だから。
返ってハンターのこどもっぽい仕草や風貌がイヤミにならなくて、
優秀すぎる上司ぶりさえ、爽やかで良かったです。
理屈ではなく、冒頭の少女時代の彼女が同じ歩き方で毅然と歩いて行く後ろ姿・・・
バックで流れるテーマ曲・・・あれだけでなぜか傑作の予感でした。
これは、わたしにはホリーハンターという女優のデビューの為になるような映画ですね。

77 名前:無名画座@リバイバル上映中 [2005/07/18(月) 07:01:17 ID:UV24dg/7]
>>76
 初めて見た時に、やっぱり冒頭のシーンから魅了されましたね。
その時、ウィリアム・ハートは「アルタード・ステーツ」や「白いドレスの女」
などで知っていました。いい俳優だと思っていた。
アルバート・ブルックスも「プライベート・ベンジャミン」で顔だけは
見た事があった。
ハンターは初めて見ました。(当時、代表作はコーエン兄弟の「赤ちゃん泥棒」
くらいだったのではないかな)だけど、一体この素敵な女優は誰なんだ?
と一目見て思いましたね。
 テレビ雑誌の映画欄に「(他に有名な女優の候補がいるのに、当時あまり
知られてなかったハンターを大抜擢した)J・L・ブルックス監督は、ハンターや
D・ウィンガーのように、小柄でキビキビした女性が好きなのだろう。彼の
一貫した女優の好みがよく表れている」という評が載っていたのを思い出し
ます。

84 名前:無名画座@リバイバル上映中 [2005/07/19(火) 17:42:52 ID:nBUeIqPk]
みなさん、記憶力バツグンなんですね。
ジャック・ニコルソンが出ていたなんてすっかり忘れていた!
DVD買ったので、今度じっくり見てみます。

90 名前:無名画座@リバイバル上映中 [2005/07/20(水) 01:53:48 ID:VfGzJu8A]
好きなシーン・・山ほどあるんですが、
勝手に挙げさせてもらうと

*少女時代のハンターが父親に「とり付かれる」とは「医学用語で他のことに手がつけられなくなることだから、
以後言葉に注意して!」といきなり秀才ぶりを発揮するシーン。
*パーティーでウィリアム・ハートがケーキを口からこぼす、のんびり屋さんのシーン。
*集団解雇が決まり、ブルックスが地方に転勤になる別れのシーン。
カフェでハンターが「いつかわたしを許してくれる?」とブルックスに聴き「そうしたい」と答えるシーン。
*数年後、再会シーンでブルックスの子どもがハートの言葉を「イヤな奴」とニコニコ言われてブルックスも平気で微笑むシーン。
*そして、カメラがパーンして画面が小さくなるラストシーン。
血気盛んな若い時期をすごしたそれぞれが愛し合い、尊敬し合いながら、別々の相手と違う人生を歩いていく現在と将来を暗示した名ラストシーン。

91 名前:無名画座@リバイバル上映中 [2005/07/20(水) 02:51:25 ID:64fNulPf]
>>90
>カフェでハンターが「いつかわたしを許してくれる?」とブルックスに
聴き「そうしたい」と答えるシーン。

 その直前に、「何年後かに君に会ったら、僕は自分の子供に『オールドミス
をからかっちゃイカン』と注意するだろう」って、ああいう台詞のセンスが
巧いですよね。
 別れ際にヤラセ疑惑の件を話すべきかどうか、ブルックスが戸惑うところも
彼が根っこのところでは紳士なのだと感じさせて良かった。

 ラストにニューヨーク支局のアンカーマンになったハートが、ブルックスに
「オレゴンが退屈だったら、電話してくれ」と言ったら、
ブルックスが強がって「何のために?」と言う。ああ、変わってないな、彼は、
という感じで、安心しました。

92 名前:無名画座@リバイバル上映中 [2005/07/21(木) 01:05:23 ID:RJjpdez/]
>>91
正直何回くらい観てらっしゃいますか?
わたしは多分w30回は観てると思います。
ホリーハンターの仕草や姿を観ているだけで自分まで元気になれるし、
ジャーナリズムの観点からだけでなく、人としての生き方や、誠実さ、自由などを実感してしまいます。
そして何度観てもほんのり淋しくなるラストシーンのこれまた音楽が元気をくれる。
周りは知らないか、さほどピンと来ない人が多いのですが、
実は好きな映画の5本に入っていたりしますw。

93 名前:無名画座@リバイバル上映中 [2005/07/21(木) 04:22:07 ID:qHOznTLS]
>>92
私も、30回くらいは見てるんじゃないかな。
テレビでカット版を見たのが最初で、後にビデオテープで繰り返し見ました。
A・ブルックスがH・ハンターに「トム(W・ハート)は悪魔だ。~君が今まで
戦ってきたのはまさにあの手の人間だったはずだ」と忠告するシーンの英語の
台詞を知りたくてDVDを購入してからは、一回しか見てませんが。
その時も英語字幕がちゃんと出るかどうか確認するために、ちょっとだけ見る
つもりだったのが、結局最後まで見てしまいました。

アカデミー賞では「ラスト・エンペラー」の影に隠れてしまって、
賞を取れなかった。それが、いまひとつ、この作品の知名度が低い原因だと
思います。
 私にとっても「ブロード~」はベスト5のうちの一本ですね。

95 名前:無名画座@リバイバル上映中 mailto:sage [2005/07/23(土) 12:46:39 ID:JrNdrbpl]
生涯のベストとかいうほどじゃないけど、まあ好きです。
アカデミー賞を1つか2つは獲ってほしかったな。
同じ年の候補では「戦場の小さな天使たち」がいちばん好きだったけど、
どちらも無冠でした。
「ブロードキャスト・ニュース」というと思い出すのは、
ジョーン・キューザックがビデオテープを持って走るシーン。
編集が見事だし、全編でいちばん派手な見せ場じゃないでしょうか。

96 名前:無名画座@リバイバル上映中 [2005/07/23(土) 14:53:35 ID:BFNIGIks]
>>95
キューザックが解雇されたときに、ハンターと抱き合うシーンが良かった。

ジョーン・キューザックは「ワーキング・ガール」でも似たような役をやって
たような記憶がありますね

97 名前:無名画座@リバイバル上映中 [2005/07/23(土) 15:18:21 ID:xkjeA6TV]
急遽ハートがアンカーとしてデビューする事になった時、
ハートは原稿を自分で書けないから、
H・ハンターのアドリブをイヤフォンでそのままハートが話したシーンも素晴らしかった。
ハートの起用に最後まで反対しながらも、いざとなったら、プロのテレビマンとして危機を乗り切るハンターの有能さとハートの天性の度胸に興奮しました。
成功に湧くスタジオとブースに突然、ニュース音楽の売込みふたり組が現れて歌い出すのも笑った。

98 名前:無名画座@リバイバル上映中 [2005/07/23(土) 15:43:57 ID:BFNIGIks]
>>97
>成功に湧くスタジオとブースに突然、ニュース音楽の売込みふたり組が現れ
て歌い出すのも笑った。

エンドロールであの歌がまた出てきますよね。
あと、ホリー・ハンターがタクシーの運転手に細かく行き先を指示するシーン
でもあの歌と同じメロディの曲が使用される。

99 名前:無名画座@リバイバル上映中 [2005/07/24(日) 04:43:58 ID:zKZehkbh]
初めの方の不評だった講演会の後ハートとホリーが出逢うシーン。
彼が演説を褒め、勘違いしたホリーがハートを口説こうと自室に誘ったシーンで・・・。
ハートは始めから実は仕事に悩んでいて
「自分の読んでいるニュース原稿の内容が理解できない。」などと言う呆れた相談をする。
そのハートに対してホリーは態度を変え、手厳しいアドバイスをするが
ハートは「きみの言葉は傷つく。正しいけどとても傷つく。」と部屋を後にしますね。
あの辺もふたりの優位性が現れていて面白かったです。
仕事のできる女が学歴やスキルに自信のない二枚目男を口説こうとして、失敗。
学歴なし、新聞記者もムリ、そんな甘えた痛い相談を受け、
はっきりとアドバイスをするハンターは間違っていないのに、
恋愛の能力のあるハートはホリーの下心も承知の上なので「傷つく」と言って帰ってしまう。
それで落ち込んで泣いてしまうホリーの正直さとアンバランスな可愛らしさ。
どのシーンを切り取っても面白い。

100 名前:無名画座@リバイバル上映中 [2005/07/24(日) 05:05:37 ID:YZKrQAiA]
>>99
 そうですね。
 あのシーンで、
「これじゃダメよ、ボク学歴なし、文章も書けない、認めるから許してぇー」
ってハンターが馬鹿にするような口調で言うんだけど、あの口調が凄く良かっ
た。子供の言い方なんですよね。

101 名前:無名画座@リバイバル上映中 [2005/07/24(日) 17:35:12 ID:zKZehkbh]
それでもそのスタイルを変えないで出世コースに乗れてしまうハートw。
その辺の皮肉と、あくまで真摯にジャーナリズムの正義を貫くブルックスやハンターの潔さ、
そしてそんなハートを責めもせず、笑い合うラストの彼等の関係が優しくて好きだな。
それぞれがそれぞれの道を行くみたいな。

102 名前:無名画座@リバイバル上映中 [2005/07/25(月) 11:59:48 ID:wrqkx3Ww]
>>101
>それでもそのスタイルを変えないで出世コースに乗れてしまうハートw。

ああいうキャラクターって映画史上初めて、ってほどでもないけど、珍しい
ですよね。しかも、必ずしも否定的に描いてるわけではないところが面白い。

103 名前:無名画座@リバイバル上映中 [2005/07/25(月) 16:22:20 ID:fbMLeyi0]
このスレって、めざましく延びていて、
なおかつ内容が充実しているので、
スレッド・オブ・ジ・イヤーを進呈したい。

みなさん、細かい分析で感心するよ。
私もこの映画大好きなのだけど、
だいぶ昔のことなのでかなり忘れかけている。
封切り当時、その年のベストワンと決めたのに。
焦って、DVDでまた鑑賞したいと思う。


関連記事

  1. 2010/11/24(水) 22:07:15|
  2. は行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<バイオハザードIV アフターライフ | ホーム | 交渉人 THE MOVIE/タイムリミット 高度10000mの頭脳戦>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1407-2fceaa26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (284)
か行映画 (266)
さ行映画 (288)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ クリスチャン・ベール 水川あさみ 松田龍平 ミッキー・ローク 仲村トオル イライジャ・ウッド 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ シルヴェスター・スタローン リチャード・ギア デンゼル・ワシントン 松田翔太 ニコール・キッドマン 小西真奈美 江口洋介 ジュード・ロウ キアヌ・リーブス 黒木メイサ 岡田准一 哀川翔 松雪泰子 ナタリー・ポートマン ケヴィン・スペイシー コリン・ファレル 小雪 柴咲コウ 堀北真希 松本人志 ダスティン・ホフマン ジュリア・ロバーツ 大竹しのぶ 森山未來 オーランド・ブルーム マイケル・J・フォックス ケイト・ベッキンセイル ヴィン・ディーゼル 栗山千明 ティム・バートン ベン・アフレック 永山絢斗 メリル・ストリープ 吉瀬美智子 白石美帆 ブラッドリー・クーパー スティーヴ・ブシェーミ 深津絵里 ショーン・ペン 中谷美紀 菊地凛子 宮迫博之 及川光博 ヒース・レジャー ジャン・クロード・ヴァン・ダム ロバート・ゼメキス 多部未華子 ケヴィン・ベーコン 竹野内豊 佐藤健 ペネロペ・クルス ベニチオ・デル・トロ リュック・べッソン 西部劇 デニス・クエイド イタリア映画 マイケル・ベイ グウィネス・パルトロウ 北野武 北川景子 松たか子 唐沢寿明 織田裕二 キャシー・ベイツ ザ・ロック 香椎由宇 アビゲイル・ブレスリン 佐藤江梨子 マイコ ベルギー映画 アレック・ボールドウィン 寺島しのぶ 生田斗真 ジェームズ・キャメロン 中村蒼 クエンティン・タランティーノ サラ・ジェシカ・パーカー ジャック・ブラック 桐谷健太 リバー・フェニックス 芦田愛菜 ポール・バーホーベン 向井理 ピアース・ブロスナン ジェフ・ブリッジズ ダニエル・ラドクリフ オーストリア映画 ケヴィン・コスナー 猫映画 イ・ビョンホン 永作博美 ロバート・パティンソン ウィノナ・ライダー ベン・スティラー ダニエル・クレイグ ビル・マーレイ チャーリー・シーン ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット ジョン・マルコヴィッチ 三浦春馬 ジェット・リー 真田広之 シャーリーズ・セロン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジェラード・バトラー 溝端淳平 篠原涼子 オーウェン・ウィルソン 小林聡美 スーザン・サランドン マイケル・ダグラス キーファー・サザーランド 新垣結衣 吉川晃司 クライヴ・オーウェン エディ・マーフィ 市川由衣 イーサン・ホーク 小泉今日子 原田知世 ガイ・リッチー クリステン・スチュワート 星野真里 中村雅俊 木村拓哉 小池徹平 三谷幸喜 福田沙紀 アンドリュー・ガーフィールド 上戸彩 ティム・ロビンス ジャック・ニコルソン ヒュー・グラント クリス・パイン ダニエル・デイ・ルイス 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 マーク・ウォールバーグ オダギリジョー 中居正広 M・ナイト・シャマラン シャイア・ラブーフ 内田有紀 スティーブン・キング ジョン・キューザック ロビン・ウィリアムズ 岡村隆史 アントニオ・バンデラス 水谷豊 エドワード・ノートン ナオミ・ワッツ ジェームズ・マカヴォイ 榮倉奈々 リブ・タイラー 二宮和也  山田洋次 夏帆 平野綾 チェコ映画 桜庭ななみ メキシコ映画 ジェシカ・アルバ 前田敦子 キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート デミ・ムーア エイドリアン・ブロディ オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ マコーレー・カルキン メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ポーランド映画 松田優作 ウーピー・ゴールドバーグ エミリオ・エステベス 福山雅治 水嶋ヒロ オリヴァー・ストーン 吉永小百合 井ノ原快彦 アンディ・ガルシア ミシェル・ファイファー 高倉健 マシュー・マコノヒー 東山紀之 ハーレイ・ジョエル・オスメント 寺尾聰 シャロン・ストーン アル・パチーノ マドンナ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 大倉忠義 中山美穂 ノルウェー映画 金城武 武田鉄矢 安藤政信 櫻井翔 奥菜恵 沢尻エリカ タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン スウェーデン映画 チョン・ウソン 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 陣内孝則 ウェズリー・スナイプス 加藤あい アダム・サンドラー 市川海老蔵 松嶋菜々子 チョン・ジヒョン マイク・マイヤーズ 佐々木希 スティーヴ・マーティン 菅野美穂 つるの剛士 吉岡秀隆 リーズ・ウィザースプーン オランダ映画 クリス・タッカー 渥美清 松下奈緒 ジェニファー・アニストン 井筒和幸 ポール・ニューマン 大島優子 ウォンビン トビー・マグワイア 上地雄輔 アシュトン・カッチャー 木梨憲武 錦戸亮 イスラエル映画 シェール インド映画 イラン映画 シガニー・ウィーバー ブラジル映画 長瀬智也 フィンランド映画 高橋克典 松坂桃李 松平健 キルスティン・ダンスト コロンビア映画 ドルフ・ラングレン マイケル・ムーア ブルース・リー 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 村上信五 ロバート・レッドフォード アシュレイ・ジャッド デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー ハンガリー映画 台湾映画 森且行 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 山下敦弘 大野智 伊東美咲 丸山隆平 スロバキア映画 スイス映画 照英 松岡昌宏 スロベニア映画 赤西仁 ソン・スンホン アルゼンチン映画 本木雅弘 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。