fc2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

フォレスト・ガンプ/一期一会

http://cocoa.2ch.net/movie/kako/985/985012002.html 
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無しでいいとも!:05/02/19 17:31:34 ID:OiU8/abz
【監督】ロバート・ゼメキス
【製作】ウェンディ・フィネルマン、スティーヴ・ティッシュ、スティーヴ・スターキー
【脚本】エリック・ロス 【原作】ウィンストン・グルーム
【特撮】ILM 【音楽】アラン・シルヴェストリ

第67回アカデミー賞で作品、監督、主演男優、脚色、編集、視覚効果の6部門を受賞。
アメリカの現代史の真ん中を駆け抜けた男の数奇な人生を、笑いと感動豊かにつづったヒューマン・ドラマ。
30年に及ぶ物語の背景として、年代によって移りゆく風俗・文化・流行が丹念に描き込まれているほか、
ボブ・ディランの『風に吹かれて』、ドアーズの『ハロー、アイ・ラブ・ユー』など、
全32曲に及ぶ当時のフォーク、ロックのヒット曲や名曲満載されているのも聞きもの。


13 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/19(月) 23:40
初めて観たときは、トムのコメディー映画かと思った。
2回目観たときは、ジェニーに感情移入しまくって
悲しくて悲しくてやりきれなかった。
フォレストとジェニーが結ばれるシーンがすごく好き。

14 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/19(月) 23:44
映画館で観た時は全く感動しなかった。先に情報でこの映画は感動すると
聞いて行ったしね。2回目ビデオで観たらはじめの音楽だけで泣けたよ。鬱だ。

15 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/19(月) 23:46
そういやサントラが結構売れたな

16 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/19(月) 23:48
俺はメインテーマと笑点のテーマがシンクロしてならない

19 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/19(月) 23:55
実に滑稽な映画だ。有名になりたい女はがんばっても有名になれず
なにも考えていない男はどんどん有名に金持ちになっていく。
しかも欲が全くない。
欲がある人間より、そうでない人間のほうがよくなっていく。

25 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/20(火) 00:14

2ちゃんねる映画ブログ

ジェニーの病名はエイズだったのではないか?とある映画雑誌に
のっていました。(マジレス)

31 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/20(火) 00:55
>>25
あれって?だよな

ガンプとジュニアに感染してんじゃねーか?
ハッピーエンドじゃねーよ

32 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/20(火) 00:59
>>31
そう考えるとすごく怖い...

4 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/11(土) 23:34
エイズって考えるのが妥当でしょうね。
アメリカの歴史としても。

81 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/03/22(水) 03:10
ジェニーが死んだのは墓標によると1982年。アメリカで免疫不全症患者が
表面化し、「AIDS」と称されたのがちょうどこの頃です。
ジェニーが感染したのは、フリーセックスとドラッグによるものでしょう。
当時はエイズについての知識は(感染経路とか)まだまだ浸透しておらず
ジェニーは自分がHIVキャリアである自覚すらないまま、フォレストと
結ばれたと自分は思います。純粋にフォレストとの子供が欲しかったん
じゃないでしょうか。その行為がどういう結果(=フォレストもジュニアも
HIVキャリアであるかもしれない事)をもたらすか知らずにね。
映画はそれを示唆しないまま終わりますが、この映画が公開された
1995年には既にフォレストもジュニアも他界しているかもしれない
かも…という事。これもゼメキス監督の痛烈な皮肉?
光が闇によって葬られる、アメリカの暗い未来……って深読みしすぎ?

20 名前: 名無しシネマさん 投稿日: 2001/03/19(月) 23:58
で、フォレストガンプの意味は?

21 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/19(月) 23:59
個人名です。

22 名前: 名無しさん@競馬板の住民 投稿日: 2001/03/20(火) 00:00
>20
映画の冒頭部分で言ってたね。なんでもKKKの創設者の名前から来たとか。

29 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/20(火) 00:33
ベトナム戦争、大統領、ビートルズ、反戦運動、全部アメリカ的映画

30 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/20(火) 00:42
>>29
おいおい、ビートルズはちゃうやろ(藁

34 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/21(水) 00:49
人生はチョコレートの箱、開けてみるまでわからないって
なにがわからないわけ?
チョコだってわかってるんじゃないの?

35 名前: なまえをいれてください 投稿日: 2001/03/21(水) 00:51
>>34
食べてみるまでわからないチョコが多いなぁ、向こうのチョコ。
ヌガーでグニャっとしてしまった!と、思う事が何度か。
アーモンドやコーヒー味だとラッキー。

36 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/21(水) 01:51
わたしはこの映画好きだけど。
作り話っぽいんだけど人間味にあふれてるとこがすき。
すがすがしい映画だ。
ゲイリー・シニーズってアポロ13にも出てたよね。

37 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/21(水) 02:06
確かに皆(って主にアメリカ人)を楽しませよう、感動させようって
姿勢はエインタテインメントとして歓迎するべきだと思うけど、
あまりにもそれをやりすぎて荒唐無稽で偽善者的な綺麗ごとを
ノスタルジックに演出してる映画って感じ。ただ、歴史的な
出来事を個人の人生に反映させるシナリオの力技には見るべき所が
あった。でも、これを二十世紀後半のアメリカの英雄ちんじ詩だと
見るとすれば、あまりにもチープだね。

38 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/21(水) 09:52
トム・ハンクスより、ゲイリー・シニーズが(・∀・)イイ!

2ちゃんねる映画ブログ

39 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/21(水) 10:14
>>38
同意  あと足切断の特撮が気になる

79 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/09 23:08 ID:onz.yOUE
ゲイリー・シニーズはブルーのタイツを履いたまま演技していたそうです。

64 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/21(水) 17:13
ダン中尉の足は本当にないんだと思ったよ
SF以外でこんな風に特撮使うのが新鮮だった
アップル株は暴落しているだろうか
ガンプ危うし

52 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/21(水) 13:09
ダン中尉がラストに東洋人の女性と結婚して義足で登場したのが
よかったなぁ...

57 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/21(水) 14:58
>>52
スーザンだっけ?

2ちゃんねる映画ブログ

他の映画でもたまに見るぜあのブス

60 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/21(水) 16:20
>>52
いや、足がないと東洋人としか結婚できないのかなと。。。
差別はいかんということを訴えたかったのでしょうか。。。

44 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/05 03:12 ID:C0BAR/Q.
あれはやっぱり
「以前は敵対したクリンゴンも今では仲間ですよ」
みたいな事を表現したかっただけではないかねえ。
ほとんど米人にしかわからねえ例えだけど。

43 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/05 03:08 ID:XVAlrsak
ダン中尉の奥さんの名はスーザンだったな

アジア系だったがベトナム人という設定では無いだろう
ベトナムにいるときに知り合ったはずなら、脚を切断した時に
心の支えになったはず。なのに、病院のシーン・NYの廃人シーン
にも出てこないし

あの女、フェイスオフにも出てた

54 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/05 13:39 ID:Q5XrjPjY
ベトナム人では無いな、たぶん中国人だと…

実際あの女優は中国系

45 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/21(水) 11:29
なんかゼメキスとタランティーノとの対談でタラちゃんが、なんかアメリカ的なヒーローじゃなくああいうのを主人公にしたのがシニカルだみたいな事言ってた。

44 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/21(水) 11:26
ロビンライトペン萌え~!

46 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/21(水) 11:32
面白い、とても好きな映画だ
でもあの女、現実にいたら殴るな
あまりにも身勝手すぎる

47 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/21(水) 11:41
フォレストは、女にキスされてタバコが嫌いだと投げた押したが、
ダン中尉はスパスパ吸っていたぞ(笑)

56 名前: 名無しさん23 投稿日: 2001/03/21(水) 14:52
アメリカの民でないとわからないギャグがさらっと入ってるのは好感。
泣ける映画なんか? と勘違いして見に行ったのが懐かしい。

#コメディ映画だ!

シックスセンスのがきんちょはどっかで見たことあるなと思ってたが、この
映画でフォレスト・ガンプの息子を演じてたんだね。

50 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/21(水) 11:53

2ちゃんねる映画ブログ

あのころのガンプjrはめちゃくちゃ可愛かったのに・・・
数年後にあんな小生意気なガキになって悲しかった。

62 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/21(水) 17:01
終わりそうでなかなか終わらない映画。やりすぎた。

66 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/21(水) 17:15
意外と勘違いされているが、この映画のテーマは「どんなに心がきれいでも、金持ちになれなきゃ意味がない」ということだ。

76 名前: この映画好き 投稿日: 2001/03/21(水) 22:35
この映画は主に第2次大戦後のアメリカ社会の生活、政治、文化等を時系
列的に語った作品です。

ガンプが歴史の表舞台の大きな流れを、一方、ジェニーが裏歴史を体現し
ています。

その意味では登場人物は記号、もしくは狂言回しでしかなく、普通の人間
ドラマとして見ると辛いものがあると思います。

でも、この映画の主人公は飽くまで「アメリカの近代史そのもの」なので
、そこに描かれている時代を生きてきたアメリカ人にとっては、「ああ、
あの事件があった頃は私はこんなことしてたな・・・・。」などと自分の人生
を重ね会わせて多いに感動したことでしょう。
だからアカデミー賞でも票を集めたのだと思う。

日本でもこんな映画が出来ればいいなと思います。(だって敗戦国日本の
方が劇的な歴史を歩んだのだから。)

121 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/04/10(火) 12:09
76さんの言う事に賛成~

(本当は自分で書きたかった)

77 名前: なまえをいれてください 投稿日: 2001/03/21(水) 22:37
この映画で思い出すのはエビ料理の
オンパレードを語るシーン。
映画を見終わったあとやけにエビが食べたくなりました。

90 名前: 名無しさん 投稿日: 2001/03/22(木) 13:39
全く面白いと思えなかった。
トム・ハンクス自体に魅力を感じたことがないせいもあるけど、「善」というのはつまらない。

2ちゃんねる映画ブログ

91 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/22(木) 17:52
>>90
「善」じゃなくて「無垢」ではないかなぁ。
ついでに、この映画では「正義」も語られてない。
それはそれでいさぎよい。

92 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/22(木) 21:49
コーラーをあんなに飲めるのはすごいと思ふ

93 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/22(木) 23:18
>>92
ドクターペッパーじゃなかったっけ?

104 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/30(金) 00:17
見せ方が上手いよな~。

主人公を白痴にして淡々としゃべらせることで
時代の波を突き放した目で見てるもんな。

主人公を白紙の状態にして偏った見方を排除し
ようとしているね。

108 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/31(土) 02:29
ガンプの一途な愛情に泣ける。
ジェニーは奔放で身勝手で全然いい女じゃないのに、子供の頃隣に座らせてくれたという、
ジェニーの中の只それだけの優しさ忘れずに一生愛し続けた。
白痴ゆえなんだろうけど、そういう単純な愛し方もいいなと思う。
結局ほとんど報われないのに。

113 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/04/06(金) 20:45
馬鹿ってのは、なにも考えずにある意味幸せなんだと思う。

114 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/04/06(金) 22:23
>>113
幸せかどうかを感じるのは頭の良し悪しぢゃないよ。
はぁとだよ、はぁと。

110 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/04/01(日) 04:34
何度も見ると味が出るよ。1度目はそんなにいいとは思わなかったけどね。



http://cocoa.2ch.net/movie/kako/999/999362957.html
2ちゃんねる映画ブログ

3 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/02 02:06 ID:Gd4Rp/qY
なんでガンプは走り出したんだろ??
てかなんで俺はそんな意味不明な場面で
無償に泣きたくなったんだろ。。

4 名前: 名無しさん 投稿日: 01/09/02 02:08 ID:XX.PwXlU
え~~…

これで泣けたの?
感動したの?

5 名前: 名無氏 投稿日: 01/09/02 02:09 ID:/dnVTXOc
漏れも好きだ・・ 最初観た時はすげー感動したのを覚えてる。
特に足をなくした隊長(?)がフォレストに感謝するとこかな。

また音楽がイイんだよな~。

8 名前: 1 投稿日: 01/09/02 02:14 ID:Gd4Rp/qY
>5
音楽良いよね!
良い映画ってのはオープニングから引き込まれるよなぁ。

16 名前: 悪魔の毒毒モンスター 投稿日: 01/09/03 02:33 ID:TUqHs87.
エンタティーメントだけど、うがった見方を
すれば、戦争に従事した奴は良で反戦運動で
音楽に身を投じた奴はバカという二じくだけ
で描かれていたね。

46 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/05 03:27 ID:XVAlrsak
ばっばの母親が白人のメイドをやとってるシーンを入れたりもしてたな。

23 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/03 19:37 ID:clpFRtP2
小説もイイ!

28 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/03 23:10 ID:OHjmugGE
>>23
ストーリーが違うから、原作はまた違った魅力があるよね。
映画しか観てない人はぜひ読んで欲しい。

小説は、「フォレスト・ガンプ2」もある。
映画化の予定もあるらしいが、いつになることやら…

134 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/20 03:04 ID:hfds7PY2
原作ではジェニーも母親も死なないんだって?

135 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/20 16:50 ID:Uzz7ta9o
>134
ジェニーも母親も死ぬよ。あっけなく。
映画と原作は全然登場人物とか違うから、読んでみると面白いよ。

47 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/05 04:25 ID:sDeqXj8c
俺もこの映画好き。

この映画は、「アメリカの重大事件に何故かガンプがかかわる」アメリカンジョークと、
「ガンプの無垢な愛情と努力」、そして「人生の中で起こる出会いの喜びと別れの悲しみ」
の三つの要素が上手い具合に絡みあった、傑作だと思う。

まぁ、いかにも「アメリカ」映画だけど、そこが(・∀・)イイ!!。

日本語の副題の「一期一会」は、(過去にも同様の議論があったと思うが)、
個人的には、結構上手いと思う。そのまんま過ぎるけどね(藁。

31 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/04 00:47 ID:x0K7brbQ
なにはともあれアメリカの現実を
純粋無垢な存在であるフォレストの目を通して描写した、
見方によっては非常にシニカルな作品だね。

66 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/06 02:06 ID:GilIqz9s
個人的には>31の意見に頷けるものがあります。

フォレストの目を通してアメリカの20世紀後半や自然を描いている映画と
いう感じを受けました。フォレストが空っぽで無垢なのも、それぞれの
事柄について余計な判断を挟まないという意味があるのでしょう。

ただ、ベトナム戦争やAIDSを含めてあまりにも美しく描きすぎているので、
アメリカの平均的な価値観を持ち、同じ時代を共有してきた人間には涙が
出るほど素晴らしいけれど、そうでない人々、例えば黒人、ベトナム人、
身障者、AIDS患者が見たら違った印象を受けるかも知れません。

それがこのスレでも「東洋人の花嫁」の話題で盛り上がっている理由かもね。

68 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/07 02:34
日本版フォレスト・ガンプも作ってほしい。

70 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/07 04:24
>>68
お、おにぎりが、す、すきなんだなぁ。

2ちゃんねる映画ブログ

73 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/07 12:48
ファイトクラブで、タイラーが「走れ!フォレスト・ガンプ!」って言ってた
けど強烈な皮肉だったよね。

90 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/10 10:17 ID:nco8dohY
Run! Forrest! Run!

ファイトクラブでブラピが言ってたね。
コンビニの中国系のアルバイトを拳銃で脅して、
さっさと家に帰れ、って走らせてる時に。

印象深いセリフを逆手にとった例でしょうか。

88 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/10 10:08 ID:I6f9OW7E
これと、バックトゥーザフューチャーとショーシャンクの空には
俺の中での映画ベスト3かな

走って!フォレスト!走って!
声を鮮明に覚えてる。。やっぱり吹き替えでみてたからかな

93 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/11 00:10 ID:9PwQjR9U
フォレストが演説してた時に、
マイクの端子が抜かれて音が聞こえなくなったよね。
最後に「僕に言えるのはこれだけです」って言ったやつ。
あの時フォレストは何を喋ってたんだろう?

94 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/11 20:31 ID:qM0txWB6
>>93
フォレストはベトナム戦争で体験した事とか
戦争はあってはならない事だとかそういう話をしたのかなと思います。

95 名前:  投稿日: 01/09/11 20:36 ID:WNNxA.Wc
>>94
フォレストらしく「親友はエビが好きでした」とか「お尻に噛みつかれました」
とかわけわからんことを言ったんじゃない?
平和運動家が勝手に感動しただけなんじゃないかと

140 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/22 07:16 ID:lpQSQVLY
ジェニーの子供って本当にガンプが父親?
何か人のいいガンプを騙して
うまく押しつけたんじゃないかって思ったんだけど。

どうせすぐ死ぬからってからガンプを呼び寄せる辺り
本当にガンプを愛してるようには思えないんだよな~

143 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/22 14:45 ID:kdhveQuM
>>140
親子でテレビ見ながら同じ動作してたろう。
あれがハリウッド語で「血がつながってます」て意味なんだよ。
「ツインズ」でも同じことやってる。

144 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/22 20:23 ID:RR5Degeo
あと親子で釣りに行った時も同じ動作してる。

2ちゃんねる映画ブログ

98 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/11 21:06 ID:pevFl9hQ
公開当時、確かナイキかなんかの宣伝で
「フォレスト・ガンプは靴を観ろ」とかいうのがあったような…

で、改めてみてみると。
ガンプは30年くらいずっと同じスニーカーで通してるのに、
ジェニーはピンヒールだったりサボだったりで時代に流されていてさ。


細かい所に気をくばってるな~と感心した。
映画鑑賞初心者の頃の自分でした。

99 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/11 21:26 ID:uxofgIkY
>>98
ガンプのスニーカーがナイキだと知っていたけど
ジェニーの履物は気が付かなかった。

101 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/12 17:19 ID:mI2/afxc
>98
そんな楽しみ方があったのか?!
う~ん、これはもう一度借りてみる必要が…


関連記事

  1. 2010/12/27(月) 00:38:37|
  2. は行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<マッハ!弐 | ホーム | 仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイドMOVIE大戦2010>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1405-eb594126
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (286)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 香港映画 韓国映画 ニコラス・ケイジ 高良健吾 竹中直人 谷村美月 ジョニー・デップ 麻生久美子 妻夫木聡 西田敏行 ミュージカル サミュエル・L・ジャクソン 加瀬亮 ブルース・ウィリス リーアム・ニーソン 阿部寛 松山ケンイチ ジャッキー・チェン 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ハリソン・フォード スペイン映画 マット・デイモン ドキュメンタリー 浅野忠信 ARATA 山田孝之 三浦友和 役所広司 岡田将生 中村獅童 小出恵介 ブラッド・ピット 戸田恵梨香 ユアン・マクレガー レイフ・ファインズ 宮藤官九郎 小池栄子 瑛太 藤原竜也 小栗旬 蒼井優 満島ひかり 玉山鉄二 宮崎あおい スティーヴン・セガール スカーレット・ヨハンソン 長澤まさみ 吉高由里子 アーノルド・シュワルツェネッガー 堤真一 ジョン・トラヴォルタ 成宮寛貴 谷原章介 大沢たかお 樹木希林 犬映画 ジェイソン・ステイサム ゲイリー・オールドマン ロバート・ダウニーJr. ユースケ・サンタマリア 特撮 ジョージ・ルーカス キャメロン・ディアス 鈴木京香 田中麗奈 西島秀俊 中国映画 カナダ映画 佐々木蔵之介 伊勢谷友介 モーガン・フリーマン 渡辺謙 薬師丸ひろ子 トム・クルーズ トム・ハンクス エマ・ワトソン 窪塚洋介 椎名桔平 広末涼子 ガイ・ピアース アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 綾瀬はるか 宮崎駿 田辺誠一 香里奈 堺雅人 柳葉敏郎 園子温 アンソニー・ホプキンス ジョージ・クルーニー 北乃きい 深田恭子 ヒュー・ジャックマン 市原隼人 香取慎吾 井上真央 仲里依紗 オーストラリア映画 シガーニー・ウィーバー 玉木宏 中井貴一 サンドラ・ブロック ラッセル・クロウ 石原さとみ 伊藤英明 阿部サダヲ ダコタ・ファニング ハル・ベリー ジョディ・フォスター 草なぎ剛 竹内結子 クリント・イーストウッド アン・ハサウェイ 仲間由紀恵 ミラ・ジョヴォヴィッチ ユマ・サーマン 成海璃子 佐藤隆太 ミッキー・ローク 上野樹里 仲村トオル ウィル・スミス 松田龍平 水川あさみ イライジャ・ウッド クリスチャン・ベール シルヴェスター・スタローン 大泉洋 豊川悦司 トミー・リー・ジョーンズ 木村佳乃 木村多江 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ 林遣都 ベン・アフレック ケイト・ベッキンセイル 深津絵里 ケヴィン・スペイシー 堀北真希 大竹しのぶ 柴咲コウ リチャード・ギア キアヌ・リーブス ジュード・ロウ 吉瀬美智子 白石美帆 ナタリー・ポートマン 永山絢斗 スティーヴ・ブシェーミ 岡田准一 黒木メイサ 栗山千明 コリン・ファレル ヴィン・ディーゼル ブラッドリー・クーパー メリル・ストリープ ティム・バートン 松田翔太 オーランド・ブルーム 江口洋介 哀川翔 ジュリア・ロバーツ 小雪 ダスティン・ホフマン 小西真奈美 松本人志 マイケル・J・フォックス 森山未來 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン 松雪泰子 唐沢寿明 及川光博 佐藤健 ロバート・ゼメキス マイケル・ベイ 中村蒼 北野武 リュック・べッソン ペネロペ・クルス 西部劇 佐藤江梨子 北川景子 竹野内豊 クエンティン・タランティーノ アレック・ボールドウィン ザ・ロック マイコ 香椎由宇 寺島しのぶ ベルギー映画 宮迫博之 ケヴィン・ベーコン ベニチオ・デル・トロ イタリア映画 グウィネス・パルトロウ ショーン・ペン 中谷美紀 デニス・クエイド 菊地凛子 ヒース・レジャー 松たか子 ジャン・クロード・ヴァン・ダム 織田裕二 生田斗真 多部未華子 アビゲイル・ブレスリン キャシー・ベイツ ジェームズ・キャメロン 小林聡美 オーストリア映画 桐谷健太 ビル・マーレイ 向井理 ウィノナ・ライダー 篠原涼子 ロバート・パティンソン ジャック・ブラック サラ・ジェシカ・パーカー チャーリー・シーン ポール・バーホーベン 市川由衣 マイケル・ダグラス 三浦春馬 ジェフ・ブリッジズ 猫映画 イーサン・ホーク シャーリーズ・セロン 溝端淳平 ケヴィン・コスナー ジム・キャリー 永作博美 ダニエル・クレイグ ジェット・リー 芦田愛菜 ダニエル・ラドクリフ クライヴ・オーウェン 真田広之 オーウェン・ウィルソン ベン・スティラー ピアース・ブロスナン ジェラード・バトラー イ・ビョンホン ウエンツ瑛士 常盤貴子 ジョン・マルコヴィッチ 小泉今日子 スーザン・サランドン 新垣結衣 エディ・マーフィ 吉川晃司 ケイト・ウィンスレット 岡村隆史 上戸彩 原田知世 二宮和也 ガイ・リッチー リブ・タイラー 中居正広 ヒュー・グラント 山田洋次 榮倉奈々 シャイア・ラブーフ 木村拓哉 小池徹平 アンドリュー・ガーフィールド エドワード・ノートン 福田沙紀 星野真里 中村雅俊 ダニエル・デイ・ルイス 稲垣吾郎 クリステン・スチュワート クリス・パイン ジェシカ・アルバ 水谷豊 ナオミ・ワッツ 笑福亭鶴瓶 ジャック・ニコルソン マーク・ウォールバーグ チェコ映画 桜庭ななみ キーファー・サザーランド リバー・フェニックス ティム・ロビンス オダギリジョー ロビン・ウィリアムズ 三谷幸喜 M・ナイト・シャマラン アントニオ・バンデラス メキシコ映画 平野綾 内田有紀 夏帆  ジェームズ・マカヴォイ エミリオ・エステベス 松田優作 マシュー・マコノヒー 水嶋ヒロ ソン・ガンホ オリヴァー・ストーン エイドリアン・ブロディ 井ノ原快彦 高倉健 シャロン・ストーン ミシェル・ファイファー ポーランド映画 ジェラルド・バトラー 庵野秀明 三浦翔平 キーラ・ナイトレイ ジェイミー・フォックス メグ・ライアン 速水もこみち ペ・ドゥナ キム・ベイシンガー ダニー・デヴィート ウィリアム・ハート デミ・ムーア 寺尾聰 長谷川京子 福山雅治 東山紀之 アンディ・ガルシア ジョシュ・ハートネット 相武紗季 アル・パチーノ 前田敦子 ドリュー・バリモア スティーブン・キング ブレンダン・フレイザー オードリー・ヘプバーン ジャン・レノ ジョン・キューザック 押井守 ショーン・コネリー 反町隆史 ホアキン・フェニックス メル・ギブソン 武井咲 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ マーティン・スコセッシ ウーピー・ゴールドバーグ ハーレイ・ジョエル・オスメント 吉永小百合 マコーレー・カルキン アダム・サンドラー 渥美清 井筒和幸 大島優子 つるの剛士 ジェニファー・アニストン 武田鉄矢 藤木直人 米倉涼子 中島哲也 リンジー・ローハン ノルウェー映画 松嶋菜々子 奥菜恵 ピーター・ウェラー スウェーデン映画 タイ映画 マイク・マイヤーズ 松下奈緒 大倉忠義 ウェズリー・スナイプス チョン・ウソン 加藤あい リーズ・ウィザースプーン アシュトン・カッチャー オランダ映画 吉岡秀隆 ポール・ニューマン 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア マドンナ 沢尻エリカ チャック・ノリス 安藤政信 金城武 チャン・ツィイー 櫻井翔 ルクセンブルク映画 陣内孝則 中山美穂 チョン・ジヒョン 市川海老蔵 マット・ディロン 菅野美穂 クリス・タッカー スティーヴ・マーティン ウォンビン 佐々木希 カート・ラッセル コロンビア映画 アルゼンチン映画 アシュレイ・ジャッド ハンガリー映画 台湾映画 イスラエル映画 山下智久 シェール 照英 赤西仁 ブルース・リー 亀梨和也 ソン・スンホン 新海誠 長瀬智也 山下敦弘 スイス映画 マイケル・ムーア 伊東美咲 錦戸亮 松平健 本木雅弘 フィンランド映画 シガニー・ウィーバー イラン映画 丸山隆平 スイス映画 キーラ・ナイトレイ ドルフ・ラングレン インド映画 松坂桃李 高橋克典 松岡昌宏 大野智 村上信五 スロベニア映画 ポール・ウォーカー デンマーク映画 ロバート・レッドフォード ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン スロバキア映画 キルスティン・ダンスト 森且行 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR