FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

その日のまえに

【大林宣彦】 - その日のまえに - 【南原・永作】
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1224181133/
2ちゃんねる映画ブログ

1 名前:名無シネマ@上映中 [2008/10/17(金) 03:18:53 ID:3d65rqfW]
“その日のまえ”をどう生きるか? 人間の、夫婦の、家族の物語。

大林宣彦監督作品
南原清隆、永作博美主演

11月1日(土)ロードショー


14 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/10/20(月) 00:58:08 ID:lDuFb0/u]
正直全然良くなかったよ。泣いてる人も見なかった。
いわゆる難病モノとは別物にしたかったって言ってたけど、
ちょっと凝りすぎたんじゃないかなぁ。

15 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/10/20(月) 08:24:45 ID:b3KkaYjB]
自分の両脇は泣いていたから照れずに泣けた
泣けりゃいい映画とは思えないが、難病ものとは違う種類の泣け方だった

16 名前:名無シネマ@上映中 [2008/10/20(月) 12:51:17 ID:71sf47AO]
主演の南原がブサイクすぎ

2ちゃんねる映画ブログ

33 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/10/26(日) 00:22:16 ID:DGf0/m20]
ナンチャンはいいキャラ持ってるからな
使いたくなる気持ちはわかるが、芝居は酷すぎだろ

34 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/10/26(日) 00:41:05 ID:h8i6YO7k]
そんなことなかったよ>芝居
南原・永作夫婦よかった

35 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/10/26(日) 10:05:48 ID:oJcXDuAt]
>>33
『七人のおたく』や『L change the worLd』での彼とは違ったよ。
ただまあ、ナンチャンがCMに出てる関係か、ことあるごとに
サッポロ社のビールが登場するのには参ったが。

318 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/01/03(土) 14:37:16 ID:9Lufwanm]
南原はサッポロのCMでも大根全開だなw

38 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/10/26(日) 18:12:34 ID:rdnmjIU+]
だからお笑い芸人を使うなよ。

50 名前:名無シネマ@上映中 [2008/11/01(土) 17:30:49 ID:/uo9CLJO]
新宿で2回目を観てきた。
瑞々しく自由自在。
オリジナリティがあるってこういうことだなあって思った。
クドカンと組んだら面白い映画を創ることができるのでは。
あお、劇中歌が凄いいい!原田夏希歌うまい。

53 名前:名無シネマ@上映中 [2008/11/01(土) 21:25:44 ID:xBM42gmI]
原田夏希にほれた

2ちゃんねる映画ブログ

55 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/11/01(土) 22:43:56 ID:AOQk5plt]
良くも悪くも大林映画。
好き嫌いは分かれそうだけど、俺は好きだなこの映画。
永作からの最後の手紙がツボった。

残念だったのは駅長君を使いすぎなところ。
花火大会のところとラストが台無し。

56 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/11/01(土) 23:33:15 ID:A0+6dTNt]
駅長君の台詞は大林の気持ちじゃないかな
俺はあのラストを見て心が晴れ晴れとしたよ

88 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/11/03(月) 19:33:33 ID:eBO1AeBW]
とし子の手紙の内容は反則だあれは
思い出しただけでも泣ける

122 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/11/05(水) 19:42:48 ID:qDLyLDy2]

2ちゃんねる映画ブログ

駅長君はキモイね。
見かけない役者だし、表情がリアルで池沼に見える。
こういうところに無名を使われると、
シャレなんだかどうだか分からない。

124 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/11/05(水) 21:53:52 ID:+09ypzx6]
駅長クンがキモいのは同意だがw
無名と言うか、彼は子役時代に主演も務めた
大林映画の常連俳優で、ファンには馴染みの顔だけどねw

57 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/11/02(日) 00:21:44 ID:Hrn/1CJs]
新宿の最終回で見てきた、すげえ,インパクトあり過ぎ!
本屋寄って原作小説買おうと思ってたのに呆然とメシ食って
まんま帰ってきちまったw あとサントラ欲しいね、せめて
主題歌だけでもCD化しないものか

生者と死者の境界が無くなる花火大会がスゴい
夢か幻想かワカラン「わたし帰ってきちゃった!♪」もw

58 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/11/02(日) 00:32:44 ID:rucX9675]
良かった。
ただ、電車のシーンで景色が合成ってもろわかりなのが、安っぽくて残念。

60 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/11/02(日) 00:52:28 ID:Hrn/1CJs]
合成もろバレなのは逆に大林映画っぽくてイイ味になってた気も
するけどねw
「22才の別れ」でデジタル合成でやれば精度高く仕上げられる
のを、わざわざアナログのオプチカルプリンターで合成させて
人の手で作られた映像っぽくしたかった的な事を読んだが、今回
のも、そういう逸話があるような気がする。

62 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/11/02(日) 01:58:59 ID:4V1eVNsM]
>>60
撮影初日に「今度はHOUSEやるぞー」って入ったそうだから
あの合成丸出しのチープさも意図的なんだろうね
自分もあれいい味出してたと思うよ、虚実入り混じってる感じで

520 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/07/22(水) 17:52:53 ID:LsF/fZWB]
電車に限らずナンチャンの運転する車の窓もマンションの作業部屋の窓も合成に見えたけど
単に天候の問題だったのかな。

521 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/07/22(水) 18:41:13 ID:qtKXHl9V]
登場人物の心象風景だと個人的に思ってる、あせりとか不安、郷愁とか
一方で商店街の合成は分からないようにやってるから意図があるんだろうなって

522 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/07/22(水) 19:00:36 ID:gHhiXMee]
>>521
うん、あせりや不安や郷愁、いろいろな感情が入ってるんだろうな

66 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/11/02(日) 10:12:57 ID:Cyspl8Uq]
原作の文庫版を買った。個々のエピソードの内容やリンクさせ方は
かなり忠実だけど、原作ではヒロインの名は「とし子」じゃないんだね。
映画版を観ている途中は「いかにも重松清らしい、あざとい命名だな」と
目を潤ませつつも思ってたので、ちょっとびっくり。

68 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/11/02(日) 11:41:43 ID:ByZshf49]
原作では「和美」だけど、前作の「転校生」の一美に続いて、
さすがに監督は、名前を変えたと最初思っていたけど、
「宮澤とし子」の名が出てわかった。
原作と宮澤賢治をくっつけるなんて、想像すらしてなかった。

73 名前:名無シネマ@上映中 [2008/11/02(日) 15:10:45 ID:8IGV+4E5]
>>68
>「宮澤とし子」の名が出てわかった。
宮澤トシ(1898年 -1922年)へのオマージュか。
新小岩の国柱会の丹羽に遺骨があるね。
ttp://www.kokuchukai.or.jp/

74 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/11/02(日) 15:51:52 ID:NdQ/NflG]
>>68
「転校生」の主人公がカズミに対して、「時かけ」主人公がカズコだったり
ふたり」の姉役が千津子で「水の旅人」の姉も千津子。カントクはキャラの
名前が作品毎にダブってもあまり気にしないんじゃないかな。むしろ「韻を
踏んでいていいね」くらいに思ってるのではないかと。

名前を変えた事についてはパンフの監督の文章(P24~25)でも触れているね。
原作の重松清氏も了承されてるとの事。

75 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/11/02(日) 16:13:35 ID:iDVm10EL]
見てきた。大林監督作は久々の俺が言うのもなんだが予想以上に良かった。
永作いいな。俺が泣かされたのはナンバラ。

80 名前:名無シネマ@上映中 [2008/11/03(月) 03:24:57 ID:RGL7XG4L]
ナンチャンは基本的に大根だけど、今回はそれがいい方に出た感じ。

76 名前:名無シネマ@上映中 mailto:age [2008/11/02(日) 17:08:09 ID:hvCaRhpY]
70歳にしてこれだけのものを撮れるって、やっぱり天才だわ。
大林監督の新たな代表作といってもいいんじゃないかな。
もちろん重松原作、市川脚本の時点で駄作になるわけはないんだが。

79 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/11/03(月) 00:23:41 ID:sB3ED7AK]
途中、「この宝生舞のサ店の姉ちゃんの話いらなくね?」
(飛んでくるドーナッツには笑ったがw)とか思いながら見ていたが、
最終的には個々のエピソードの積み重ねの上で圧倒された。凄いね。

これって何処まで原作から在るのか、何処から映画オリジナルなのか、
原作読んで確認したくなるね。『理由』以来久々に大林映画の原作を
読んでみるよ。

82 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/11/03(月) 09:49:30 ID:jsguFf24]
基本的には原作にかなり忠実だけど、原作とは全く違う魅力がある
原作をそのまんまなぞって映像化したものを期待して見たら駄目だろうね
でも重松さんが「自分は自分の小説で泣かないけどこの映画には泣いた、
小説で描けなかったことを描いてくれた」と言ってたそうだよ

215 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/11/22(土) 11:39:52 ID:EBJIuXwa]
もともと重松氏が大林監督のファンで、大林監督ならと原作をあげたらしい
最後の花火大会やとし子の帰宅など小説では表現したくても出来ないことを表現してくれた、
宮沢賢治は原作では数行しか出てこないが、映画のようにもっと出しても良かったかも、
40代の自分では持てなかった視点で原作を映画化してくれたと話していた

216 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/11/23(日) 00:25:46 ID:eqTgJ3wR]
キネ旬で、監督が語っている。
監督の事務所の斜め前が重松氏の事務所で、監督は葉書に「映画化の原作権ください」と書いて、
事務所のポストに投函して帰ったそうだ。
原作権は、きっと他にもっていかれるだろうな、と思っていたらしい。

89 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/11/03(月) 19:46:36 ID:UhhykzPi]
原作大好きなので期待して見に行ったんだけど、がっかり映画だった
最初のおかちゃん遭難の場面見たときはホラー映画かと思った
この映画は好き嫌いはっきり分かれそう

90 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/11/03(月) 20:16:26 ID:bD3Jgqk/]
あの場面は突然子供を奪われた母親や突然友達を失くした子供達の心象風景なんだよ、
彼らにとっちゃ、あの海も自分らもホラーよりこわかったんだ、たぶん

91 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/11/03(月) 21:28:29 ID:ei4wV4EY]
責められてた子供が南原なのかと思ったら、全然無関係。
これって、複数の短編を無理やり1つに繋げたもの?

92 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/11/03(月) 21:30:13 ID:sB3ED7AK]
見終わったんならもう判ってるだろうけど
責められてた子供は筧利夫だよ

2ちゃんねる映画ブログ

95 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/11/04(火) 01:33:34 ID:RrCdr0ez]
やっぱ世間はわかり易くて簡単に泣けるものが主流なんだろうな。
それでいくと、自ずから身を乗り出して考えていかないと置いてかれるこの映画は
一般向けではないんだろうな。面白かったが、同時におすすめはしないなとも思った

101 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/11/04(火) 12:44:23 ID:CK3K6g/k]
映画は嘘であり、映画は本当の真似事をするものではなく、嘘を並べて真の心を描くものだ。っていう監督の思いがつまった映画だ。
リアリティを求める人には向かない映画だろうね。
過去と現在が交わったり、死者が目の前に現れたりっていう演出は、全て登場人物たちの願いなんだと監督は舞台挨拶で語ってたよ。

105 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/11/04(火) 23:03:20 ID:bgrgsnQk]

2ちゃんねる映画ブログ

兄嫁って『ふたり』の柴山智加だったのね

2ちゃんねる映画ブログ

ケバい女子高生も寺島咲だったか!パンフ見て初めて気づいたわw

167 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/11/12(水) 16:04:33 ID:GyMh0C2d]
息子役の長男の方は、大橋巨泉の実孫なのな。

292 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/12/14(日) 23:34:34 ID:wdUO0vJ8]
くらむぼんが、歌ってる場面に出てくる女子高生が、
「カズオ死なないで。」って、ケータイで話してるんだけど。
このコ何言ってるんだと思っていたら、エンドロールで名前見て理由がわかった。
監督も相変わらず、遊んでるな。

294 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/12/15(月) 00:31:12 ID:RkOMke/9]
>>292

なるほど、女子高生が寺島咲で
「転校生」の一夫がらみだったのか。

106 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/11/05(水) 02:27:33 ID:JypBY2RT]
評価してる人もいるんですね

正直、クソでした

BGMが、尋常じゃないくらいうるさすぎた
あと、駅長とかいうのが、すごい気持ち悪かった

南原、がんばってたとは思うけど、江口とかがやった方が
まだ、ましな作品だったと思う

こいつらスタッフは、今の余命系映画を批判してると思うんだけど、
けっきょくそれで出来た作品が、それらと同等以下なんじゃ
仕方ないと思う

イキガミとか最初バカにしてたけど、すごいよかったし、
PSアイラブユーとかも、しっかり出来上がってたな

108 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/11/05(水) 06:11:43 ID:GoQ1TxV/]
>>106
同感です
BGMないところは喫茶店で手紙読むところの5秒ほどだったと記憶してる

109 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/11/05(水) 07:43:03 ID:+09ypzx6]
全編音楽流れっぱなしはいつものことやん

110 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/11/05(水) 08:29:47 ID:HOyMH1AM]
いつものことだが映画素人は楽しめないのが大林映画

111 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/11/05(水) 08:55:59 ID:BxFqP01r]
一度大林映画にはまると中毒になっちゃうからなぁ
もう普通の映画じゃ楽しめなくなってきた。

134 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/11/06(木) 21:36:09 ID:8np2UASx]
永作は本作中ではほとんどすっぴんなんだよね。
この歳にしてはすごい。
劣化しない芸能人の一人。

2ちゃんねる映画ブログ

135 名前:名無シネマ@上映中 [2008/11/06(木) 21:57:11 ID:mNuSQ3d3]
花火のシーン、浴衣姿で笑って振り向く永作…たまらんなあ。
あんな笑顔俺に見せてくれたら一生忘れんぞ。

331 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/01/16(金) 20:48:40 ID:EQPOe+EW]
最後の手紙は、永作の自筆だそうだ。

137 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/11/06(木) 23:28:54 ID:yBKBF0dv]
永作って凄い女優だよな。南原もガンバッテルとは思うが、彼女の技量が凄いから
どうしても比べられちゃう。夫役は共演してる村田あたりにやってもらったほうがよかった
かもしれんな。ただ、大林ワールドはもう勘弁してくれ。余計な演出は不要だから
夫婦のエピソードに焦点をしっかり当てて映画化して欲しかったよ。

138 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/11/06(木) 23:55:45 ID:pY7RY5CY]
夫婦のエピソードに絞ったらあの世界の広がりは出なかったと思う
個人の死だけじゃなくて死生観を描いてるんだから

140 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/11/07(金) 00:03:45 ID:rSsH5xEv]
>>138
死生観とは面白い見方だな。そういう観点でみればある程度納得できる部分もあるね。
それで行くと二人の前にやたら出てくる駅長君は死亡してる可能性が高いな。

142 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/11/07(金) 00:10:36 ID:1aB5RiHv]
>>140
駅長君は死亡してる可能性が高いと聞いて、そういえば彼は年をとってないし、ありうると思った
電車が大好きで彼みたいだった青年が、ホームに乗り出して亡くなったニュース思い出した

141 名前:駅長君 mailto:sage [2008/11/07(金) 00:09:16 ID:uTaC1F9M]
しゅっぴゃぁーーーつ

しんこぉーーーーーー!

246 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/11/27(木) 01:34:39 ID:alJ9o/YY]
結局なんで駅長君はあんなに前面に押し出されてたのかな?
わけわからん

247 名前:名無シネマ@上映中 [2008/11/27(木) 06:36:30 ID:hl/3yTRS]
>>246
銀河鉄道に死者を乗せ、黄泉の国へと導く遣い。

394 名前:名無シネマ@上映中 [2009/02/21(土) 15:00:27 ID:8NgIb5qV]
今日見てきたよ・・・ 
酷い原作レイプだったな。
あれは「その日の前に」の重松小説原作映画ではなくって、市川森一と大林の創作だよ。
楽器ね~ちゃんとか不必要な演出が多いし、南原は大根だし、駅長くんはただの白
痴にしか見えないし。車内の風景と花火の合成映像は、まるドリフのコントだよ。
永作の演技と筧の演技‘だけ”が救いか。

ノルウェイの森も映像化されるとこんな感じになってしまうのかな・・・・

395 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/02/21(土) 15:52:39 ID:BIMl5BPV]
ご愁傷様、としかいえんが
原作読んでても、この映画の映像処理や原作の消化具合が
逆に胸に突き刺ささる人間もいるんだよね、自分のように

396 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/02/21(土) 17:01:04 ID:eXrf6mB0]
原作が好きで映画化にがっかりすることはよくあるから、がっかり組の気持ちもわからんでもない
でも原作そのままに器用に上手くまとまった映画を撮るなら、映画にする意味はないと思う 
個人的にはこの映画のような監督と原作の真剣勝負みたいな映画の方がいい
がっかり組が受け付けない部分もこの映画の良さと思う時点で、感性の違いなんだろうね

190 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/11/14(金) 22:13:16 ID:QyXkshx1]
大林は脚本を全然いじってないのかね
ほぼ市川森一なのかな?
撮影台本を見てみたいなあ

191 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/11/14(金) 22:29:02 ID:aKDr2NUn]
>>190
スタッフクレジットを見ると、
・脚本:市川森一・撮影台本:大林宣彦/南柱根 とあるので
少なくとも市川決定稿台本をまんま撮影したワケではないね。
多少の改稿の経緯はパンフの文章(P24~25)にも載っているけれど。
更に撮影中にナンチャンや永作のアイディアを採用して、台詞が
増えていったと言うし、確かに、市川決定稿→撮影台本→完成映画、
を見比べてみたいかも。

224 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/11/23(日) 23:48:21 ID:O9FGID+J]
鉛筆が落ちるシーンが出るたびに
時間が逆戻りするかと思ったのは俺だけじゃないはずだ!

225 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/11/24(月) 00:12:39 ID:t8kgAyOo]
>>224
みた時は思い出さなかったが、そういえば似てる
そうか、この主人公夫婦は時をかけてたのかw

270 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/12/07(日) 17:46:58 ID:X4PAQ9DA]
今日、やっとこの映画観てきたけど、久しぶりに映画の中に監督が出てたなあ。

271 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/12/07(日) 19:31:21 ID:ATNelHyo]
あれ、監督出てたっけ 気づかなかったのか見てから一月以上経って
忘れちゃったのか。

272 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/12/07(日) 20:34:14 ID:UDyAvuy8]
奥さんの恭子さんがコンビニに出てくるのはわかったけど監督も出てたのか

273 名前:270 mailto:sage [2008/12/07(日) 22:32:28 ID:X4PAQ9DA]
商店街で、聖奈がエコバッグ配るトコ。後姿だけど、大きく映ってる。

275 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/12/08(月) 00:19:51 ID:VPaji6jH]
>>273
なるほど、気づかなかったわ。
もう1度見るつもりだからその時確認してみる。

274 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/12/07(日) 23:09:40 ID:GQkJUBJJ]
クラムボンが演奏してるところを遠目に撮ってる時に階段の中ほどにいたのは
監督のような気がしたんだけど人違いかな

360 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/02/03(火) 20:54:09 ID:s5BcKxeX]
今日は節分。豆まきセットを投函しに行くか。

361 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/02/03(火) 22:16:26 ID:/AbrMawz]
ああw

でも、小説や映画なら微笑ましいけど
昔住んでた人から自分の部屋の郵便受けに、鬼のお面と手紙を入れて貰っても
ちょっとどう解釈すればいいのか、困るような気がする(苦笑

362 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/02/03(火) 23:43:58 ID:qstwKAU2]
コンビニで豆まきセットが売ってるのを見てこの映画を思い出した
レジにヒロシはいなかった

2ちゃんねる映画ブログ

363 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/02/04(水) 18:04:55 ID:DxZyvX/x]
映画の中の、商店街に映ってるコンビニは合成で、
実際のあの場所には無いそうだ。

364 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/02/04(水) 20:29:56 ID:TFZ6UyXJ]
>>363
え、マジ?

365 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/02/04(水) 21:08:39 ID:SYEbGD7i]
主人公夫婦が若い頃に過ごしたあの町は、
あちこち違う場所でロケして撮った風景を組み合わせて作った町らしいし、
そこにまた合成も入ってるから本当に「架空の町」って感じだよね

367 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/02/05(木) 00:52:09 ID:GL6bVQM1]
時かけの主人公達の住む町みたいなもんだな
実際には、尾道と竹原のあちこちでロケしたのを
編集して繋げているから、映画まんまの町は26年前にも存在しない

369 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/02/05(木) 21:39:25 ID:+4l+oe3B]
あの浜風町のロケ地は自分が聞いただけでも、茨城県の下妻、
東京都の亀有、柴又、小岩、千葉県の房総、等 ある
あの小さな町に色々な場所が詰め込まれているようだ

370 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/02/05(木) 23:49:29 ID:+6OfAfYQ]
>>369
あとは茨城の水海道駅も、だな。
守谷駅は乗り換え駅の設定だったかな? 
くらむぼん君の弾き語りも守谷駅前だった。

372 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/02/06(金) 20:02:20 ID:8uuY+T3q]
キネ旬ベストテン、17位だったね(読者選評は19位)。
例によって、石上三登志センセや三留まゆみ姐さんが
満点を入れてましたな。

三留さんの
「アメリカにデパルマがいるなら、日本には大林宣彦がいる!!」の
コメントには感動した!w

373 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/02/06(金) 20:48:57 ID:EaZ2AL5b]
賛否両論両極端な映画で17位というのは健闘かもね


関連記事

  1. 2010/09/09(木) 09:24:05|
  2. さ行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<プラトーン | ホーム | 9 <ナイン> ~9番目の奇妙な人形~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1399-5d985ff2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR