FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
このエントリーをはてなブックマークに追加

僕の初恋をキミに捧ぐ

僕の初恋をキミに捧ぐ Part9
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1254987507/
2ちゃんねる映画ブログ

1 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/10/08(木) 16:38:27 ID:uQeUDJ09]
初恋の相手は、病気のため20歳までしか生きられないと宣告されていた!!
運命のタイムリミットが近づく中、互いを思うがゆえ、
すれ違う心と心、伝わらない想い、青春の歯がゆさ、もどかしさ・・・
発行部数600万部のベストセラーコミックを映画化した珠玉の感動作。

◆原作 青木琴美(「僕の初恋をキミに捧ぐ」小学館 刊) ttp://www.aokikotomi.com/

◆監督 新城毅彦 ◆脚本 坂東賢治

◆キャスト
種田繭・・・井上真央
垣野内逞・・・岡田将生
鈴谷昂・・・細田よしひこ
上原照・・・原田夏希
垣野内稔・・・杉本哲太
垣野内涼子・・・森口瑶子
杉山律・・・窪田正孝
田村結子・・・寺田有希
鈴谷良美・・・堀内敬子
鈴谷隆三・・・山本學
種田孝仁・・・仲村トオル
繭(子供時代)・・・熊田聖亜
逞(子供時代)・・・小林海人

◆主題歌 平井堅 『僕は君に恋をする』

◆劇場 全国東宝系 2009年10月24日(土)公開


778 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/10/24(土) 16:33:04 ID:HZbh5E/l]
見てきた
思っていた程、泣かせ系ではなくむしろ淡々としていた印象なんだけど、
周りは結構すすり泣きが聞こえてきたなあ

後半の展開で数箇所引っかかりを感じていまいち感情移入ができなかったけど
全体的にシーンとしては印象深い場面は多いけど、脚本的には疑問符が
まあ元のキャラ設定やら大筋の展開などは少女漫画だからなあ
かなり主役2人に絞った作りなんで2時間もたせてる点は凄いかな(子役含め)

804 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/10/24(土) 19:42:33 ID:PSTZMyEm]
繭のキャラがちょっとウザイ
いかにも少女漫画のキャラだけど井上さんをがやると花男の芝居と変わらない
押し付けがましいかんじ

2ちゃんねる映画ブログ

798 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/10/24(土) 18:53:07 ID:iyu1Q80Z]
真央ちゃんは間の取り方や息継ぎ上手いけど
演技に柔らかさないんだよ
台詞言った後目吊り上げて怒ってるか、泣いてるかだし
岡田くんが真央ちゃんの演技待ってないのもあるけど
相性悪いというかまあそれぞれ役者人生違うんだなって思った

805 名前:名無シネマ@上映中 [2009/10/24(土) 19:47:22 ID:ShbLhFFh]
繭はウザーと思ったけど岡田君のタクマの演技がナチュラルでいいバランスだった。
岡田君は演技下手だと思ってたけどこの映画だといいね

785 名前:名無シネマ@上映中 [2009/10/24(土) 17:10:16 ID:R8lugSpn]
微妙だったなぁ…岡田がピンピンしてて病人に見えなくて突然死みたいだった。ちなみに自分が見た回では泣いてたのは若い女の子数人だった

809 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/10/24(土) 20:06:19 ID:knVvRmhR]
しかし弓道場のとこは展開早過ぎ
もうちょっと場所を考えろよw

810 名前:名無シネマ@上映中 [2009/10/24(土) 20:20:20 ID:ShbLhFFh]
>>809
あのへんだけあーいまどきの少女マンガだなと思ったw

812 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/10/24(土) 20:27:42 ID:wVq3vv+Q]
原作では修学旅行抜け出して仁和寺の近くの旅館で初エッチ
何で弓道場?w

822 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/10/24(土) 21:19:50 ID:knVvRmhR]
でも岡田将生はセックス言ってもあんまりいやらしくならないなw

2ちゃんねる映画ブログ

823 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/10/24(土) 21:24:34 ID:SE48c0NG]
岡田君何を言っても心に響かない

824 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/10/24(土) 21:43:15 ID:aeP4n4nE]
岡田は美形過ぎて逆に嘘っぽいというか
生々しさが全くないね。
少女漫画でももうちょっと生々しさがないとな~。

825 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/10/24(土) 22:07:31 ID:xhaYmSA5]
本当は病気が怖いのに強がってのオトボケが、素でトボケてるように見えるのはあるかもね
照ちゃんお別れ→病院廊下でプチ発作と、繭呼び出し→弓道場エロとの間が
別人!?ってくらい吹っ切れてたし

逆に中学生の保健室のシーンは、二人の関係性や距離感が出てて良かった
夕陽の入った画も綺麗だし

826 名前:名無シネマ@上映中 [2009/10/24(土) 22:23:00 ID:ShbLhFFh]
>>825
保健室で真央が岡田のでかいブレザー羽織ってるのが萌えた

811 名前:名無シネマ@上映中 [2009/10/24(土) 20:21:40 ID:ShbLhFFh]
とりあえずまだ森口瑤子さんが劣化してないのが凄いと思った

2ちゃんねる映画ブログ

819 名前:名無シネマ@上映中 [2009/10/24(土) 20:59:09 ID:ShbLhFFh]
事故から真央が土下座するまでの流れがグイグイ引きつけられた
あの展開はすごく良かった

817 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/10/24(土) 20:56:24 ID:xhaYmSA5]
教会のシーンは「結婚する約束」を果たすために入れたんだろうけど、
自分は繭が逞の遺書を見るシーンでストンと納得しちゃったから、蛇足に感じた
本格ドレス+遺骨が露骨で余計に。クローバー畑でクローバーの指輪作るくらいで良かったのに


後半の病棟のシーンはぼろ泣きした
昂の母・祖父とか逞父母とか、大人陣に引っ張られて主役二人もアツかった

840 名前:名無シネマ@上映中 [2009/10/25(日) 00:13:08 ID:y7QJlsiR]
弓道場でのセクロス
心臓悪いのに絶叫系乗り回し
遺骨抱えて結婚式

自分的には違和感ありまくりで微妙だったな

831 名前:名無シネマ@上映中 [2009/10/24(土) 23:21:42 ID:6I1pEC7b]
骨壷と結婚式なんてホラー映画

2ちゃんねる映画ブログ

853 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/10/25(日) 01:37:58 ID:MXXfh7bl]
結婚式のシーン、私はめっちゃ良かったけどな。
大事そうにギュッと抱いてるあたり、
あそこの台詞が主題歌へ続いてるんだよね。
新婚旅行のシーンもパンフ読んで納得した。

830 名前:名無シネマ@上映中 [2009/10/24(土) 23:16:38 ID:3hH0uXnC]
岡田がかっこよすぎて
それを差し置いて細田が学園のアイドルとか井上が姫とか
いったいなんの冗談かと思った
まあ演技的にはダントツで岡田が足引っ張ってたけど

311 名前:名無シネマ@上映中 [2009/10/31(土) 10:46:10 ID:W6MMHyv0]
細田が学校のアイドルなのはいいんだけど
逞がモテモテどころか学校で見舞いも来てもらえないほど
空気な設定が不思議

312 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/10/31(土) 10:54:39 ID:2O5KSokL]
>>311
入学式当日に『この人は私の彼だから盗るな』って宣言されてたからなw

835 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/10/24(土) 23:47:41 ID:knVvRmhR]
細田はシリアスはともかく軽いノリのところは変態にしか見えんw

2ちゃんねる映画ブログ

836 名前:名無シネマ@上映中 [2009/10/24(土) 23:51:37 ID:ShbLhFFh]
そりゃ漫画のキャラを実写でやるとたいてい恥ずかしい

837 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/10/24(土) 23:52:18 ID:Cjja2DmO]
巨乳で微乳って言ってたよなw

839 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/10/25(日) 00:05:33 ID:tW2BgBS7]
>>837
微乳じゃなく美乳なんじゃ?

894 名前:名無シネマ@上映中 [2009/10/25(日) 10:12:02 ID:EM1c0Pqm]
昂サマおもろい
細田はライフにDMCにこれ。キャラ濃いw

896 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/10/25(日) 11:54:03 ID:XgpEszpW]
>>894
いいよねw
昂のヒョウ柄は塀飛び越えの靴下しか気づかなかったから
次観る時にまた探す予定

897 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/10/25(日) 11:59:50 ID:5pDk4KQ9]
>>896
病院で血がついた豹柄のハンカチ
弓道場で繭と話してる場面も豹柄靴下
細田のアイデアで取りいれたとパンフにあったが
正直センス悪い印象しかなかったw

891 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/10/25(日) 08:19:29 ID:tJcytf0j]
映画みたけど、原作を2時間ちょっとにまとめるのは正直無理がある。
原作知ってるからかもしれないけど、消化不良っていうか残念・・
連ドラでこのキャストで見たかった。
繭&逞がすごく可愛い映像だっただけに余計。
ウルウルはきたけど、号泣は出来なかった。
原作知らないで見た方がいいのかって思った。
人それぞれ感じ方違うと思うけど、監督が言っていたように賛否両論あるだろうなこの映画。

886 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/10/25(日) 06:56:05 ID:rSknOf4j]
やっぱラストの遺書がなんで小学生?と思った
原作の逞の遺書で将来に対する夢や早世の悲しさあったのに
あんまり逞中心に終わらせられないという大人の事情かな

890 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/10/25(日) 07:57:00 ID:xszP/h7N]
>>886
逞が幼い頃から持ってた遺書を繭が読むところ?
自分はあのシーンものすごくグッときたんだが
短い文章に逞の性格が表れてるし何かすごく納得できた
よくある長い文章をだらだらと読む演出には飽き飽きしてたしね
原作は読んでないからわからないけど

912 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/10/25(日) 13:51:07 ID:2AChO2dQ]
>>886
原作の遺書はもしも手術が成功したらあれしたいこれしたいと夢を書いて
僕が死んだら繭がこの夢を叶えてほしい、必ず他の人と恋に落ちてくださいという
長々としたものだけど、

映画は最後の平井堅の主題歌が逞から繭へのメッセージというスタンスで作られているので
原作的な遺書にしたらかなりくどくなってしまう

924 名前:名無シネマ@上映中 [2009/10/25(日) 18:57:14 ID:fQUa0v90]
たった今観てきた。客席は8割方埋まっていた。
雑誌であらすじを読んだときは、春頃に見た超ゴミ映画「恋極星」に似てるように思えたので心配だった
が、予想に反して結構楽しめた。
ツッコミどころも多かったが、最後までテーマがブレてなかったせいかそれ程気にならなかった。
「友だちの心臓もらってまで、生きたくない!」「じゃあ知らない人ならいいの?昨日の夜はあんなに喜
んでたじゃん!」という考えさせられる台詞のシーンがあったが、欲を言えばその解答も欲しかった。私
が読み取れなかっただけかもしれないんだけど…。
でもその後にあった、脳死の子が涙を流すシーンは実際に身内で体験したことがあったので、母親や爺さ
んの気持ちが痛いほど分かり号泣させられた。あれは理屈じゃないんだよね。
それにしても、娘とその友達の付き添いで観に行っただけなのに、こんなに考えさせられたり泣かされた
りするとは思ってもみなかった!間違いなく中高生向けだが、100%不要だった井上真央のウエディング
ドレスシーン以外は、充分大人の鑑賞に堪え得るデキだったように思う。
本当に良い時間が過ごせて満足だ。この映画を創ってくれた人たち、ありがとう。

932 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/10/25(日) 20:53:37 ID:T6UUS7xY]
>>924
最後のシーン要るでしょう!
カーテン切ってウエディングドレス作るし、
中学卒業したら花嫁修行して結婚に備える予定で…、新婚旅行も先にしてるし
繭の最後の台詞の逞からの解答代わりの平井堅の歌だし

131 名前:名無シネマ@上映中 [2009/10/28(水) 04:23:19 ID:F5PL65Zo]
平井堅の曲がアンサーソングと言っていたので
それをかみ締めて聴くと

やばい・・・
山手線のなかで泣いてしまう・・・

325 名前:名無シネマ@上映中 [2009/10/31(土) 22:27:13 ID:D/YnLe6V]
ありがとーさよならー好きだよー

936 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/10/25(日) 21:08:50 ID:5pDk4KQ9]
繭がこの先どう生きていくか、だが
やっぱり医者になるのかな

941 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/10/25(日) 21:37:36 ID:uGT/K14h]
繭のガッツなら逞の代わりに宇宙飛行士目指すんじゃないかと妄想してしまった

952 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/10/25(日) 23:23:43 ID:UUwAhnp9]
>>941
自分もそれ考えた。短期間猛勉強して難関校首席で入れちゃうくらいだから
宇宙飛行士も繭なら本当になれそうだな

22 :名無シネマ@上映中:2009/10/26(月) 17:36:36 ID:OZ+eZr0N
なんだかんだで医者の子供は
頭いいんだな~って思ったw

てか繭は母亡くして
初恋の人亡くして
友達亡くして…
これからが可哀想すぎる

27 :名無シネマ@上映中:2009/10/26(月) 18:20:45 ID:2XeKAy/y
>>22
かっこいいお父さんがいる

2ちゃんねる映画ブログ

942 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/10/25(日) 21:50:13 ID:2AChO2dQ]
パンフレットで仲村トオルが自分も18歳の時に父親が脳死状態で2週間ただ待つしか
できなかったとか言ってて地味に驚いた

952 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/10/25(日) 23:23:43 ID:UUwAhnp9]
>>942
パンフレット読んでビックリした。リアルな命の重さというか。
恋愛映画なんだけど、脳死についても考えさせられた。
心臓の弱い逞が全力疾走とか弓道場のとかアレってシーンはあったけど
最後の遊園地は本来そのまま意識が回復しないところを
クローバーの神様の奇跡で1日だけ特別な時間をもらったということで
(現実にはあり得ないけど)映画なので許容範囲内かな。

955 名前:名無シネマ@上映中 [2009/10/25(日) 23:47:03 ID:6P9LbTM5]
恥ずかしながら、オレなら絶対友達の心臓もらうなぁ~
感謝しながら喜んで貰うよ
脳死友達の涙→逞がそれを知って躊躇
ならまだ分かるんだけどね
でも映画は面白かった。
最後に繭が妊娠してるような糞ラストでなくて良かったよ

957 名前:名無シネマ@上映中 [2009/10/25(日) 23:55:04 ID:HU7jy5mp]
>>955
その辺が自己中バカップル映画とはうまく一線を画してるとこだと思う。
自分の命が大事なように、他人の命にも同じように価値がある。

959 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/10/26(月) 00:14:08 ID:Qt8mzu8J]
>>955
自分ももらう。
やっぱりさ、死にたくない。



http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1256523772/
2ちゃんねる映画ブログ

90 名前:名無シネマ@上映中 [2009/10/27(火) 15:00:20 ID:fl5t0OOb]
今日二回目観てきた
一回目より泣いちゃった(T_T)
切ないけどいろんなこと考える映画でした
本当にドリームキャストだったな。。。
今週中に3回目行きます・・・僕キミ初めての友人連れてく・・・
ティッシュ持って行ってあげよう

117 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/10/27(火) 22:16:16 ID:/K12PgOQ]
昴サマのカリスマ性が薄れてたのが何か情けなかった
繭と逞に焦点絞ったのは正解だと思う

でも原作だと繭がもっとイケイケ押せ押せでタクマタクマタクマ!だったよな
ちょっと迫力不足だった、ヒロインに迫力も止めるのもあれだがw

ラストは意外だったなあ
原作のあのラストが大好きなんで、合わせてほしかった
つーか二人とも高一の設定?
頼を出さずに進めるにはそれが無難だけどさ

118 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/10/27(火) 22:31:37 ID:ER+PR1RT]
>>117
やっぱ原作ファンの人だと昴の描き方に引っ掛かるのかな
自分はキャストヲタで最近原作読破したばかりだけど、どう思うのかな?と気になってた
自分は細田氏の昂は好きだけどね
でも仰るように繭と逞に焦点絞るとなると2時間ではこれが正解だよね
ただ原作繭のパワーそのまま持ち込んだら、この映画は微妙になった気がする
入学式のシーンでギリだと思う

54 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/10/27(火) 00:07:49 ID:lUqejhL0]
たまたま本屋に行ったら
「小学館ジュニアシネマ文庫」から
映画のノベライズ本が出ていて買ってしまった。

これイイ!!
映画にはないシーンもあるから全体の流れがより自然だし
映像では伝えきれていない心情とかが
文章で丁寧に説明されている。
あぁ、そんな事思いながら繭はこのせりフ言ってるんだとか
これを読んでから映画を観ると
もっと深く入り込めると思うよ。
あとは映画にはなかったけど
最後のクローバー畑で2人が立ったままキスしようとしている
写真も載っている。


ただ漢字にはふりがなふってあって
小学生向きの本かと思うと
自分の精神年齢が悲しくなる…

136 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/10/28(水) 12:46:35 ID:Qg7fywTW]
まゆとたくまの子役を演じたのは誰ですか?

137 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/10/28(水) 13:15:10 ID:HOc9wEXv]
>>136
熊田聖亜ちゃんと小林海人くん

146 名前:名無シネマ@上映中 [2009/10/28(水) 16:11:16 ID:WRjk3Htx]
子役がちゃんとキスしてるスゴイ

2ちゃんねる映画ブログ

238 名前:名無シネマ@上映中 [2009/10/29(木) 18:06:05 ID:xahhPZv9]
オープニングの子役が病院ごっこでのスボンおろそうとしたのびっくりww

144 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/10/28(水) 15:31:04 ID:X748t0Zr]
岡田将生君と井上真央ちゃんのカポーが可愛すぎた

145 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/10/28(水) 15:56:07 ID:EvsD3LbU]
やっぱあの身長差がいいね

2ちゃんねる映画ブログ

274 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/10/30(金) 15:10:25 ID:iBW49FRY]
繭が真央ちゃんでよかった!
逞が将生くんでよかった!

162 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/10/28(水) 19:34:26 ID:seXCQA7W]
透明感がある病弱な美少年と
彼の前で頑張って可愛くしてる強気な女の子の恋。
映像綺麗で美術もいい。
弓道場のシーンがちょっと残念。
意図的にファンタジーにしている部分あるのに
あそこは浮いてた。
新婚旅行デートの時にこっそり旅館に一泊のほうが
どうせ思いを遂げるならマシだったと思う。

164 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/10/28(水) 19:52:37 ID:hT8+1MdK]
>>162
そんなことしたら、腹上死だってw
おかんにビンタされるだけじゃすまなくなる。

160 名前:名無シネマ@上映中 [2009/10/28(水) 19:19:16 ID:BLLc0+/7]
死んだのは原作知ってる人からしたら激萎え

161 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/10/28(水) 19:26:55 ID:/wwi6yjI]
>>160
自分は原作の最後逞は死んだと思ったけど。
繭と子供とクローバー畑歩いてる描写は逞が最後に見た夢なのかなって。

193 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/10/28(水) 23:40:19 ID:/wwi6yjI]
昂と律の兄弟設定は何でなしにしたんだろ?
あったほうがよかったんじゃない?

194 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/10/28(水) 23:53:30 ID:HOc9wEXv]
>>193
昂が母親にとってたった1人の息子という設定にする為だと思ってる
何人もいるから死んでもいいわけでは勿論ないが
あとはハンデの大きい逞と昂との同等性を近付けるにもよいかなと

195 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/10/28(水) 23:57:22 ID:/wwi6yjI]
>>194
あーなるほど!

201 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/10/29(木) 01:08:39 ID:lCCc6745]
自分が原作よりいいなと思ったのは、逞と繭がタイムリミットを一緒に知るところ
最初から最期まで2人一緒にその事実と向き合うのがいい

197 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/10/29(木) 00:23:29 ID:vyUpDtXz]
今日2回目見に行ったけど、やっぱり最後にいくにつれて涙が出てくる。見終わった後もじわじわっと感動がくる映画ですよね。来月3回目見にいきます!
2回目で気付いたけど、冒頭で時計が映るシーン、時計の時刻が逞が亡くなった時間なんだね…

199 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/10/29(木) 00:48:53 ID:lCCc6745]
>>197
> 2回目で気付いたけど、冒頭で時計が映るシーン、時計の時刻が逞が亡くなった時間なんだね…
それは気づかなかった!次回チェックしてみる

279 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/10/30(金) 16:31:11 ID:ZoKxaPVf]
最初から涙ボロボロで見た。
子役の女の子の目が良かったし。
繭の立場からも逞の立場からも両親の立場からも
昴の家族の立場からも泣けた。

で、帰りに勢いで原作コミック大人買い・・・漫喫で充分だったorz

366 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/11/01(日) 21:55:21 ID:sqo28rbV]
生まれ変わってもまた出会って究極の恋愛をしてほしいねこの二人

367 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/11/01(日) 22:07:46 ID:WbzuOLpa]
>>366
素直にそう思える映画だった


関連記事

  1. 2010/09/19(日) 22:02:18|
  2. は行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<デッドコースター | ホーム | セブン>>

コメント

1 ■感想

岡田将生の透明感が良かった。命を扱うテーマもあるから、あまりわかった風にうざく芝居されるとむかつくけど、淡々としてる演技でよかった。井上真央より、堀北真希に演じてほしかった。井上真央は、なんかマジに岡田に惚れてるのが画面からみてとれるけど、岡田と堀北のほうが空気感がでてよかったんじゃないかなあと思った。
  1. URL |
  2. 2010/11/23(火) 23:06:37 |
  3. めぐりん #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1395-6f230232
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。