FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

それでもボクはやってない

http://tv10.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1156952114/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中:2007/02/21(水) 14:29:34 ID:ZzVFfkYn
ある青年が通勤電車の車内で痴漢に間違われ、その後1年にわたる裁判を経験していく姿を通して、
日本の刑事裁判制度の問題点を明らかにする“とことん社会派”ムービー『それでもボクはやってない』 。
知りません、ではすみません。明日裁かれるのはあなたかもしれない。

監督・脚本:周防正行
製作総指揮:桝井省志
製作   :亀山千広、関口大輔、佐々木芳野
出演   :加瀬 亮、瀬戸朝香、山本耕史、もたいまさこ、田中哲司、光石 研、
      尾美としのり、小日向文世、高橋長英、役所広司、大森南朋、鈴木蘭々、
      唯野未歩子、柳生みゆ、野間口徹、山本浩司、正名僕蔵、田口浩正、
      徳井 優、清水美砂、本田博太郎、竹中直人、、益岡 徹、北見敏之、
      加瀬 亮、瀬戸朝香、役所広司、竹中直人 ほか
制作 フジテレビ、東宝、アルタミラピクチャーズ
配給 東宝(2時間33分)

★公式ホームページ
http://www.soreboku.jp/


23 名前:名無シネマ@上映中 [2006/09/21(木) 19:16:49 ID:BuvGpkTC]
この映画、痴漢というより裁判制度を描いているそうだ。
周防監督久しぶりの新作だから見に行くが、どんな感じになっているのか気になるなあ。

67 :名無シネマ@上映中:2006/10/19(木) 02:56:48 ID:Oq8vKCVb
最近の「疑わしい奴は捕まえておけ」みたいな風潮に異を唱えたかったと
監督は言ってたね。
「1000人の罪人を逃がすとも、一人の無実の人を刑するなかれ」の原則を
忘れるなと。
周防さん、やっぱりリベラルな人だなあ。

95 :名無シネマ@上映中:2006/11/04(土) 15:55:03 ID:7kSDh4+H
これ見れば痴漢がばれた時の役に立つな。

122 :名無シネマ@上映中:2006/11/26(日) 17:59:05 ID:RayW9GXQ
試写会、行ってきました。
実は久しぶりの社会派映画だ、くらいにしか思っていなかったのですが、そんなレベルではありませんでした。
かなりの傑作だと思います。見終わった後、動けないくらいの衝撃でした。

痴漢なんて導入部だけ。あとは日本の裁判制度の矛盾を訴えるテーマ性のある映画でした。
こういう映画がよく作れたなあと思いますが、おおくの人に見てもらいたい映画です。

130 :名無シネマ@上映中:2006/11/28(火) 09:42:29 ID:yEZtnUX0
つまらないわけじゃないけど、微妙な映画。
内容的に批判しづらい映画だけど、自分はあまり好きではなかった。

ただ、こういう事実を知るにはよく出来た映画。
淡々としていて笑いもはさむが鑑賞中は監督の主張が常にちらつくため、
鑑賞後にはなんともいえない疲労感が残る。
もう少しワンクッションあってもよかったんじゃないだろうか。
少し俯瞰で作っても伝わることは伝わったと思う。
でもこのストレートさは、取材した人に対する近さ・誠実さだったのか。

131 :名無シネマ@上映中:2006/11/28(火) 11:10:56 ID:J/uQhX2i
笑いもはさむが、って女にゃ分からんだろうが男からしたらとても笑える内容じゃないぞコレ

168 :名無シネマ@上映中:2006/12/06(水) 09:04:07 ID:1lCfRC7z
試写会行ってきました。
はっきりいって期待していなかったんだけど、おもしろかった。
というか、すごすぎ。こんな映画もあるんだと驚きました。

220 :RRD ◆3MranranlY :2006/12/12(火) 22:37:51 ID:Q3sw/D5B
つーことで試写会観て来たわけだが。
周防監督来場しての終了後の質疑応答で監督暴走。
30分もあったのに質問出来たのは4人。監督が一方的にしゃべりまくり。
いてもたってもいられない、もう止まらない、アングリーファイヤー!って感じ。
司会の新人女子アナも悪い。話を受けたり返したり出来なくて下を向きっぱなしだから
勢い余って同じ話の繰り返しの多いこと。つーかせっかく周防監督をお招きするんだから
もう少しモノの分かったベテランアナウンサーを使えっての。
4人のうち2人が新旧のキモオタデブで、要するにキモオタデブは痴漢に間違われやすい、
ということを主張したかったようだ。よっぽど琴線に触れる部分があったんだろう。
俺は3人目の質問の司法のシステムが悪い」という監督の答えを受ける形にもなっただろうけど
最高裁判事の国民審査というものに触れなかった理由を聞きたかったんだけど…。
こういう形のイベントはこれからもあるだろうから、良かったら誰か代わりに質問してくれ。

で、映画自体なんだけど、伊丹映画が復活したのかと思った。
先に書いておくと、笑いは結構ある。もたいまさこのキャラによる部分も大きいけど
差入れにタオルとかベルトとか、自殺防止のためご禁制の細長いものをいっぱい持ってくるとか。
ただ、全般としては社会もの。正直なところ、ミナミの帝王に似たような話が話があったんで
思い出しもしたけど、こちらの方は細部のリアリティへのこだわりに重きを置いている。
ミナミの帝王ではトーンと大声と擬音の迫力で展開する法廷場面、こちらは実にビジネスライクに
淡々と描かれている。
司法の問題点は無数にあるけど、それをこれだけ細やかに描きながら、それでいて
シナリオにまったく無理が感じられない。確かにこれだけ司法の問題の集まる裁判があるか、
といわれれば現実には確率的にありえないとは思うが、しかし映画の中のリアリティを
損なうほどのものではない。
冒頭からムカツク場面のオンパレード。周防監督への質問の順番が回ってきたら
「実に不愉快な映画でした。でもこれだけ感情が動かされる映画は少ないと思います」
って切り出そうと思ってた。
ムカツキのオンパレードを救ってくれるのがもたいまさこのおとぼけ、そしていっぱいの味方。
満席の傍聴席は裁判官へのプレッシャーじゃない、被告人席の後ろからのバックアップ。
久々に鈴木蘭々をスクリーンで見た。あのキリッとした澄み渡った目は、
まさにこの映画を見る我々が持つべき目だと思う。

279 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 17:58:01 ID:y6oYEQFI
「それでもボクはやっている」という痴漢モノのAVが出る予感w

280 :名無シネマ@上映中:2006/12/22(金) 18:14:05 ID:ZS3OPTrR
この映画が売れればの話な

286 :名無シネマ@上映中:2006/12/23(土) 01:55:58 ID:RFScWMnK
試写見てきました。
全く期待していませんでしたが、かなりの傑作でした。
まあ、2チャンネルに来る人向けではないけど、映画としては久々の満足度の高い映画
であることは間違いありません。

もう少しIQ低くしてもいいと思うけど、こういう映画がヒットすれば日本も
まんざらではないなあと思いました。

445 名前:名無シネマ@上映中 [2007/01/11(木) 16:17:19 ID:Ngha7+d0]
試写会行ってきました。
予想よりかなり面白く驚きました。
面白いと書くと誤解されるかもしれませんが、FunnyではなくInterestingです。
一緒に行ったアメリカ人は衝撃を受けてました。映画通の彼のほうが映画の評価が高いようでした。

タイムリーな内容と相当綿密なリサーチをしたと思われるディテールに関心。

難を言えば、ちょっと偏差値高めといったことろでしょうか。

630 名前:名無シネマ@上映中 [2007/01/15(月) 23:30:06 ID:7U9xLuIM]
試写見たよ。

2ちゃんねる映画ブログ

本田博太郎最高だったw
つーか留置所って背中に留マークの入ったトレーナー貸してくれるの?

それにしても加瀬被告がカワイソスだった。
被害者が15歳で勇気を振り絞って犯人突き出したってのを検察も裁判官も
強調してたが、お前らこそロリコンちゃうんかと(r

とりあえず男性はなんか合った時のために、自宅に痴漢モノや制服モノのAV置いておかないように。

104 名前:名無シネマ@上映中 [2007/01/21(日) 15:36:08 ID:opSFtRKM]
愛ルケでは、最高裁の裁判官やってる本田博太郎が、こっちでは
背中に留マークの入ったトレーナー着てるホモの容疑者やってるのなw
というか同時期に公開するなら東宝もキャスティング考えて欲しいw
でも、素敵な役者じゃ

629 :名無シネマ@上映中:2007/01/15(月) 23:16:55 ID:mLLxzelR
eiga2_20110907144256.gif

717 名前:名無シネマ@上映中 [2007/01/19(金) 00:23:14 ID:jZ87uOWz]
そういえば、植草先生も「痴漢冤罪」を主張されていますよね。

718 名前:名無シネマ@上映中 [2007/01/19(金) 00:32:21 ID:fdjA1OPs]
>>717
最初は小泉政権の陰謀みたいにいわれていたけど、過去にもやらかしていて、
またやってしまったから、田代先生と同じ常習犯ということになりましたね。

830 名前:名無シネマ@上映中 [2007/01/20(土) 03:43:37 ID:hJKgVYid]
植草教授「それでもボクはやってない」

776 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/01/19(金) 15:40:49 ID:HasR/3eo]
昨日見て来たけど邦画洋画の範疇超えて久々当たりだとオモ。
過去の周防作品とは毛色が違う重い内容だけど、小難しい知識不要の分かり易い作りで充分面白い。
被疑者の配役も加瀬で大正解。
上手い言い方が見つからないが、彼の地味っぽい風貌、演技が逆に悲壮感を煽って
「グッ」と来た。
笑いは殆どないがオヌヌヌしとく

809 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/01/20(土) 01:17:12 ID:hVZwS6Gs]
はじめて加瀬の演技が上手い!と思ったよ
たぶん賞に絡んでくると思う

2ちゃんねる映画ブログ

927 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/01/20(土) 22:36:54 ID:3ixCqDhS]
加瀬の演技良かったなぁ。
その辺にいそうな人って感じを上手く演じていた。

881 名前:名無シネマ@上映中 [2007/01/20(土) 19:23:42 ID:FbdqOriT]
加瀬がこんな事なら、当番弁護士の言う通りにしておけば良かったと言っていたが
これが事実なら俺は得な方を取るよ。

883 名前:名無シネマ@上映中 [2007/01/20(土) 19:44:31 ID:z9l78bxR]
やってもない痴漢を認めたほうがいいっていうのが
おかしいわけで・・・
認めたりしたら前科もつくんじゃないの??

884 名前:名無シネマ@上映中 [2007/01/20(土) 19:59:12 ID:29tGpu8u]
やってないのに前科がつくのはいやだよな
いくら罰金で済んでも

957 名前:名無シネマ@上映中 [2007/01/21(日) 00:16:05 ID:tUDa4z0J]
勾留の時点で認めれば罰金で済むのに、実際やってなくても裁判に負けたら懲役何ヵ月(執行猶予付?)ってなんか変。
本当に痴漢してるヤツの方が得してないか?
最初の方に出てきたオッサンなんて本当に痴漢しててもすぐ保釈だったよな?

972 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/01/21(日) 00:37:43 ID:CwqRjLCV]
数百万円の保釈金に弁護士費用、証拠の為のVTR作成費用の負担
4ヶ月もの拘留、10回を超える公判

認めてしまえばその日の午後には保釈で
交通違反並の罰金と示談金で済む
こりゃ、やりきれんな。

886 名前:名無シネマ@上映中 [2007/01/20(土) 20:33:46 ID:L4nGltz7]
本当日本の警察、裁判所、検察どれも腐りきってやがるな
ついには強姦冤罪で刑務所にぶち込まれるまできたか
痴漢、強姦冤罪は例え容疑者のアリバイがあっても被害者の証言だけで99%有罪になっちまうからな

888 名前:名無シネマ@上映中 [2007/01/20(土) 20:36:53 ID:/udRjR8t]
まだ有罪じゃないかもしれないうちに裸にしたり、まるで囚人のような扱いをし
出たければ罪を認めろと言うとんでもない現状を改めてかみしめた。

特に痴漢冤罪は女だけの意見で一方的に逮捕されるから、
これまで関係なかった層も被害を受けることになった。特に男性が。
ひどいもんだ。あんなに隔離される生活を4ヶ月も..無理たよ。
輸送中にちらっと見える一般世界とか、映画の中では最初の
一度くらいしか悲惨さが描かれていないけど、あの一回だけでも耐えられないよ。

903 名前:名無シネマ@上映中 [2007/01/20(土) 21:14:36 ID:rfmwhV7w]
あの裁判官にムカついた。おまえら全員罷免じゃ!
税金で食わしてもらってその仕事は狂ってる。

2ちゃんねる映画ブログ

950 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/01/21(日) 00:02:26 ID:ErqBpBgM]
コヒさんが悪役やるとマジで怖いよ

954 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/01/21(日) 00:14:27 ID:UEptxq0c]
>>950
笑顔と真顔のコントラストが怖いやね。
あと、シレッとした顔して何かを思いついた様子とか、
彼の中で何かと何かが結びついた瞬間とか・・・

907 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/01/20(土) 21:21:55 ID:5T+Opg4p]
もし裁判員とかなったら困るな
俺なら女子中学生の肩持つ気が
実際扱うのは殺人事件とかなんだろーけどさ
警察と検察がしっかりしないと裁判員制度なんて単なる飾りだろーな

879 名前:名無シネマ@上映中 [2007/01/20(土) 19:14:26 ID:a0J/Inah]
今見た
まず女性専用車は反対だったがあってもよいとおもった。というか完全分離するべきだ。
誰も信用できない。
次に所有ビデオなどを法廷で見せていたが恥ずかしさでいえば痴漢されるよりひどいもんだ。それこそ人権侵害だ。
拘置所で裸にさせられるところも腹が立った。何様だこいら。

880 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/01/20(土) 19:19:47 ID:lO5+vdoT]
男性専用車両も作るべき

913 名前:名無シネマ@上映中 [2007/01/20(土) 21:46:16 ID:FKtJj7GR]
痴漢OK車両も作ってほしいね

914 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/01/20(土) 22:01:10 ID:58Ge1v99]
背徳感がないからそんなに萌えないだろう
あとたぶん乗車料が20倍くらいになる
それから女性が乗る確率が無罪を勝ち取る確率くらい低いので
むしろハッテン場になる

915 名前:名無シネマ@上映中 [2007/01/20(土) 22:02:33 ID:FKtJj7GR]
女性専用車両が出来た以上
普通の車両は痴漢OKと思っていいだろ?

928 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/01/20(土) 22:39:51 ID:PDnrn05G]
警察のマスコットか何かを叩こうとしてやめたシーン好き

2ちゃんねる映画ブログ

35 名前:名無シネマ@上映中 [2007/01/21(日) 03:33:21 ID:ogl47poM]
ピーポ君が殴られなくてヨカタ

944 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/01/20(土) 23:42:59 ID:ZGDJOEBm]
しかし、登場人物のキャスティングがリアルっぽくて良かった。
俺も、民事だけど裁判中だし、警察でも目撃者としてだが調書取られた経験あるから
リアルだなぁ・・・と思ったよ。
展開もリアルっぽい。各ポジションの人の思考形態とかね。
本田博太郎はある意味ファンタジーだけど良かったw

975 名前:名無シネマ@上映中 [2007/01/21(日) 00:42:22 ID:lnJKaAco]
フジにしてはちゃんと作ったよね
亀山からんでるのに



http://tv10.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1169305893/
2ちゃんねる映画ブログ

46 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/01/21(日) 07:03:13 ID:7pXW33X4]
余計な生活感とか季節感とかいう生々しさを、ほとんど排除してて良かった
無個性にすることでなんか余計リアルに感じられるみたいで
もたいまさこのお金の工面だってすげー大変だろーけど、そっちアピールするとテーマがぶれてくるし
見せ方のバランス感覚うめーなと思った

まー、俺が裁判官の立場なら有罪だろーな
女の子が可哀想だもん
真実なんてわからんし
まー、裁判官の官僚の言いなり体質ってのはぞっとしたな
重要事件での地裁のアホな判決の理由もこの辺にあるのかな

26 名前:名無シネマ@上映中 [2007/01/21(日) 03:11:08 ID:xKaVoOBU]
やまもとこうじはなんでずっと帽子をかぶってたんですか?
髪が薄くなってきたからですか?
なんか説明ありましたっけ?

2ちゃんねる映画ブログ

33 名前:名無シネマ@上映中 [2007/01/21(日) 03:31:27 ID:ogl47poM]
法廷では帽子取らなきゃダメってのを
表現するための帽子キャラだったんでない?>山本

878 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/01/20(土) 17:33:13 ID:58Ge1v99]
帰り道に信長書店にいったら
「痴漢地獄」ってDVDが実在してたことに吹いた。
エロ本屋で吹くのはちょっと恥ずかしかったw
エンドロールにソフトオンデマンドが入ってるかどうか
誰か確認してくれ。

50 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/01/21(日) 08:28:13 ID:gV/iMyxk]
>>878
> 最後に、帰り道に信長書店にいったら
> 「痴漢地獄」ってDVDが実在してたことに吹いた。
> エロ本屋で吹くのはちょっと恥ずかしかったw
> エンドロールにソフトオンデマンドが入ってるかどうか
> 誰か確認してくれ。

エンドロールにSODって出てたから、まさかと思っていたが
実在してたんだw

192 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/01/21(日) 23:05:27 ID:3blG2TpE]
痴漢ビデオぐらい持ってるよなあ

193 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/01/21(日) 23:08:24 ID:FitW+neh]
>>192
ああ
たいていの奴は持ってる

195 名前:名無シネマ@上映中 [2007/01/21(日) 23:09:44 ID:W4eWokyZ]
俺家にビデオや本はないんだけど、スカパーでエロチャンネル契約してるんだよね
その中で痴漢物を放送してたらアウトかな?

レンタルビデオの履歴とかも調べられるのかな?痴漢物は借りたことないが
○学生や女子○生物は借りたことあるんだよね・・・

196 名前:名無シネマ@上映中 [2007/01/21(日) 23:11:07 ID:50DtNZGh]
>>195
俺のDドライブのマイミュージックを見られたらアウトだ・・・・・

198 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/01/21(日) 23:13:40 ID:FitW+neh]
>>196
俺なんてハードディスクとDVDの山がある
あとちゃんと買ったけど言えないようなものも

59 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/01/21(日) 10:54:52 ID:PQFIQAyY]
真犯人はNY行ってた女
だと、思ったのは俺だけか

60 名前:名無シネマ@上映中 [2007/01/21(日) 11:02:06 ID:FitW+neh]
俺はあの仲裁に入った男が怪しいと思った

2ちゃんねる映画ブログ

84 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/01/21(日) 13:29:05 ID:XdkV6Gbr]
田口主演の方が良かったな。いかにも痴漢しそうだし、疑われたら逃げらんなそうだもん
加瀬だと始めから擁護して見ちゃうよ

61 名前:名無シネマ@上映中 [2007/01/21(日) 11:04:21 ID:vimhGn/h]
昨日見た。面白かった。
久しぶりに上映時間の長さを感じさせない映画を観た感じ。
真犯人は加瀬を少女と一緒に突き出した太ったメガネのおっさんでFA?
痴漢冤罪の怖さをまざまざと見せつけられた。
電車通勤してるリーマンの方は観ておく必要があると思うよ。

63 名前:名無シネマ@上映中 [2007/01/21(日) 11:22:26 ID:xX1WYeJ9]
俺には痴漢が起きやすい状況に持ち込む鉄道会社にも
責任あると思うのだが 250%も乗せて密着させてるのは鉄道会社じゃないのか?

65 名前:名無シネマ@上映中 [2007/01/21(日) 11:27:49 ID:FitW+neh]
>>63
そもそも100%越えを黙認しているのがおかしい
なんのための定員だ しかもあの定員は立ってる人も含めてだし。

69 名前:名無シネマ@上映中 [2007/01/21(日) 12:05:10 ID:xX1WYeJ9]
>>65
争点入れ替えた訴訟の方が良いんじゃないかと思うよ
250%を超える乗車率で密着状態、勘違いされる
状況に持っていった鉄道会社に責任がある!!!
って感じかな 民事になるけどね

70 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/01/21(日) 12:11:01 ID:ApIYDKhy]
しかし最近の女子高生のスカート、短すぎだろ。
あんなの許してる学校側も問題ありすぎ。
露出の多い服をはやらそうとする一連のファッション雑誌、業界も問題あり。
車通勤だから、ま痴漢の心配はないが、よそ見運転はよくあるわなw。

71 名前:名無シネマ@上映中 [2007/01/21(日) 12:14:19 ID:50DtNZGh]
15歳の小娘よりランランの制服姿の方が萌えるな

2ちゃんねる映画ブログ

146 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/01/21(日) 19:50:14 ID:r3wJ5FmS]
ランランを久しぶりに見たぜ!

144 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/01/21(日) 19:36:50 ID:ckHYh0nk]
エンディングの曲が酷かった

145 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/01/21(日) 19:47:51 ID:50DtNZGh]
>>144
エンディングは変な曲だったなー
最後の独白からの静かな盛り上がりの演出なんだろうけど

しかしポロポロピアノ鳴らすだけなのを入れても音楽3回くらいしかなかったナ

857 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/01/20(土) 13:31:32 ID:Z9vYBFI5]
見てきた。
最後の加瀬亮のセリフが印象的だったな。

662 名前:名無シネマ@上映中 [2007/01/17(水) 15:32:12 ID:rWT2oXvD]
僕は、心のどこかで、裁判官なら分かってくれると信じていた。
どれだけ裁判が厳しいものだと自分に言い聞かせても、本当にやってないのだから、有罪になるはずがない。
そう思っていた。真実は神のみぞ知る、と言った裁判官がいるそうだが、それは違う。
少なくとも僕は、自分が犯人ではないという真実を知っている。
ならば、この裁判で、本当に裁くことができるできる人間は僕しかいない。
少なくとも僕は、裁判官を裁くことができる。
あなたは間違いを犯した。僕は絶対に無実なのだから。

僕は初めて理解した。
裁判は真実を明らかにする場所ではない。
裁判は、被告人が有罪であるか、無罪であるかを集められた証拠で、取り敢えず判断する場所に過ぎないのだ。
そしてボクは取り敢えず有罪になった。
それが裁判所の判断だ。
それでも・・・それでもボクはやってない。

135 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/01/21(日) 18:35:44 ID:mch0ZeSb]
監督にはぜひ続編を撮ってもらいたい。
無罪を勝ち取った徹平が女子中学生みゆを初め、裁判官室山、刑事山田、自称目撃者月田、駅員平山を名誉毀損で逆告訴する続編を。
特に山田と室山は社会的に完全に抹殺されるのが望ましい。

136 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/01/21(日) 18:38:08 ID:FitW+neh]
>>135
賛成
ここからは妄想になるが、逆に拘置所へ送り有罪になるまでを描いてほしい

137 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/01/21(日) 18:43:57 ID:+POT+BY0]
>>135
そうなったら確かにスカッとするな。普通に無罪になってくれてもするし。
でも、これは監督のメッセージ映画なんだろうからそういう終わりにだできなかったんだろうな。


関連記事

  1. 2010/09/27(月) 10:14:55|
  2. さ行映画
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<変態村 | ホーム | ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1393-81daa98c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『それでもボクはやってない』

明日裁かれるのはあなたかもしれない・・・ &amp;nbsp&#59; ■監督・脚本 周防正行  ■キャスト 加瀬亮、役所広司、瀬戸朝香、山本耕史、光石研、尾美としのり、田口浩正、高橋長英、本田博太郎、竹中直人      □オフィシャルサイト  『それでもボクはやってな
  1. 2010/10/05(火) 12:09:26 |
  2. 京の昼寝?♪

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR