FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

あの空をおぼえてる

竹野内豊☆水野美紀◆◇あの空をおぼえてる◇◆亮平☆里琴/富樫監督
http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1192357336/
2ちゃんねる映画ブログ

1 名前:場末の映画館でカタルシス♪ [2007/10/14(日) 19:22:16 ID:HwFsBhy/]
 米国作家のジャネット・リー・ケアリー著 
 児童文学書『 あの空をおぼえてる 』(浅尾敦則訳 2003年 ポプラ社刊)を
 原作とした ~家族の愛を描く感動ファンタジー~ 作品

 日本の地方都市で写真館を営む36歳の父親が主人公。
 ピアノ教師をしている妻と小学4年生の息子、そして幼稚園児の娘の4人で
 平凡ながら幸せな日々を送っていたが、そんな家族に突然不幸な事件が降りかかる。
 物語は、その悲劇を乗り越え絆を深めていく家族の姿を丹念に紡いでいく。


 監  督  富樫 森
 キャスト  竹野内豊 水野美紀 広田亮平 吉田里琴 他
 製  作  サンダンスカンパニー
 配  給  ソニーピクチャーズエンタテイメント
 公  開  2008年4月26日(土) 全国ロードショー 


304 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/03/12(水) 00:30:16 ID:M77NGCKK]
見てきました。

私は残念ながら楽しめなかったです。
出ている俳優はみんな好きなのですが。
回想と現実と妄想がうまくつながっていず、
エピソードの1つ1つが唐突な印象を受けて
しまいました。

326 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/03/17(月) 20:44:35 ID:sd1MJImf]
今観てきた。男の子が主役で、竹野内と水野はびっくりするぐらい脇役だった。
子ぎつねヘレンの大沢たかお&松雪泰子と同程度。
数少ない出演シーンを切り出して竹野内主演と打たなくちゃならない宣伝部は大変だろう。

327 名前:超駄作 [2008/03/17(月) 23:04:04 ID:tSklWpjp]
とにかく展開が遅くイライラする。そしてほとんど中身の無い鬱映画。

正直、映画としては相当レベルが低いと思う。
娘が死ぬ話だから泣けて当然で、こうすれば客が泣くだろう
みたいなシーンのオンパレード。

ただ、少年の気持ちなんかは上手く描かれている様な気もする。
少年に感情移入して、少年の気持ちになって映画を観てみたら
よかったのかもしれない。

少年の演技はネ申レベル。
(かわいい少女が出てくるのでショタに限らずロリコンは好むかも。)

330 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/03/19(水) 00:38:06 ID:+IjPjQjw]
時系列にストーリーを展開していないことがいい効果になっていると思った。
残された家族の寂しさや、いるべき人がいなくなってしまったことの空虚な感じの表現が上手かった。
竹野内、水野を始め、役者の演技も良かった。
小日向は言わずもがな。

331 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/03/19(水) 07:24:18 ID:xXU8G8UP]

2ちゃんねる映画ブログ

コヒさん4シーンくらいしか出てなかったけどな。

品川にいたっては2シーンのみな上に大した役でもないのに、
クレジットは小池栄子や中嶋朋子より上なのが意味不明

337 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/03/20(木) 19:42:53 ID:aWD9UQdn]
試写会で見てきたけど、主役の男の子が良かった。
自分も兄弟がいるので、つい重ね合わせて移入してしまった。

両親二人にはちょっと共感できなかった。描写が少ないせいもあるが。
てゆーか父親の職業が謎なんだけど、(田舎のカメラマン?)
あんなに立派な家に住んで3人子供養っていけるほど
儲かってるんかいな?

そしてたまにへんな映像効果使ったところがあって「?」。

338 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/03/20(木) 21:59:37 ID:k3M1ctXV]

2ちゃんねる映画ブログ

竹野内はほんとに駄目父を上手く演じてたw
でも竹野内自身のダメージにしたら気の毒だよ、あくまでも演技ね。
しかし主役は子供、物語に感動して受けたっていってなかったかな…

340 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/03/20(木) 23:59:42 ID:GW0LQYOb]
>>338
うん。「本(脚本)読んだら自然に感情移入出来た」とか云ってたるし
自分の演じる父親に対しても「おい!雅仁もっと、しっかりしろ」って
やはり竹野内も、そう感じたみたいだ。

341 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/03/21(金) 09:15:55 ID:hDz7JDhw]
竹野内自身もなんて弱い駄目な父親だろうって語ってたね。
あと子役の長女絵里奈役の子役がが明るく可愛く竹野内に懐いでいたので、
登場シーンもなくなり現場でも実際に亡くなったみたいに
寂しく空虚になってしまった…で本当に感情移入してしまったようですね。

あくまでも主役は長男英治だと思うし竹野内は視野の狭い駄目な父をとても見事に演じてた。
内容も英治や雅仁のせつなさ悲しさの慟哭が辛く悲しく伝わってきた。
但し感情移入出来ない人には理解できないのかも…

375 名前:名無シネマ@上映中 [2008/03/26(水) 10:06:51 ID:qOyh/mGk]
子役の演技こなれすぎてて大人臭い演技、迫力なかった
兄の友だち役のほうが好演だったと思う
家族向けの、ちょい説教入った映画としては充分、「ほら家族は大事でしょ」的なw
でも作品としては小さくまとまりすぎて道徳のビデオみたいで鬱
とにかく妹の写真多すぎwしかも妹役がすでに女オーラ出してるから、
父が撮りためた愛娘の写真というよりもロリコン写真集みたいだった
監督がロリなのが劇中パパのキャラクターに反映されすぎてて気の毒
ジジババかヲバなら喜んで泣く映画だろうが俺は駄目ぽ
つかあんだけ暴れん坊の子なら放置すんなよと思ってしまい初っ端から感情移入できず

402 名前:名無シネマ@上映中 [2008/03/29(土) 15:49:30 ID:CoLP0pFT]
特にひねりは無くベタなんだけど、いい映画だと思った。
自然と涙が出てくる。息子役の広田亮平君の演技は特筆!
(マリと子犬の名演が思い出される)妹役の吉田里琴ちゃん
もいい! 欲をいうなら竹野内さんにもっと強い父親をやっ
てもらいたかったです。

403 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/03/29(土) 17:11:02 ID:T1DOjGaP]
>>402
脚本を変えて強く頼もしい父親の設定なら
悩める息子の役柄設定も違ってきたのではないでしょうか。

404 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/03/29(土) 19:22:29 ID:67Y5BF8j]
強い父親にしたら原作改悪もいいとこだ

405 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/03/29(土) 19:30:32 ID:FUZTBItt]
>>402
原作の方がいいから読んでみて

413 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/03/31(月) 16:20:34 ID:LQ9tpk90]
原作のような微妙な心理を映像化って難しいかもね。
でも内容と対照的に美しいロケーションはよかったし全体としては良い作品だとだと思うよ。
実質脇の竹野内も駄目父親や水野も悪く上手く演じてる。
子役は映画に出続けて慣れ過ぎて無難に演じてる感すらするw

414 名前:名無シネマ@上映中 [2008/03/31(月) 18:42:27 ID:LdMiG8aY]
>>413
オレもそれ感じた
子役はあんまり同じ子を使うとこうなっちゃうんだな~って
新鮮味がなくなるのかな

415 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/03/31(月) 20:03:47 ID:Kqe/uIze]
あれくらい演技力こなれてないと主役務まらないだろ。
同じようなポジションで新人子役使ったサウスバウンドなんて
そりゃ酷いもんだった。

466 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/04/07(月) 23:46:37 ID:TXNgyGiX]

2ちゃんねる映画ブログ

とりあえず品川は激しく要らない
もっと普通の役者いるだろうに。

879 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/05/09(金) 12:57:23 ID:DsBaO7bA]
何度観ても竹野内が品川の前で急に泣き出すシーンはギャグにしか見えない…
つうか品川のシーンは全カットしても問題ないね。

887 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/05/09(金) 22:40:08 ID:odbgZy4p]
竹野内と品川のシーン、品川が居なくなってからひっそり泣くってのなら分かるんだけど
目の前でいきなり声だして泣くからなあ、違和感バリバリ。
ついでに、娘亡くしたやつの店でわざわざ家族写真撮りに来た挙句
傷をえぐるような発言するとか、本当に友人なのかと疑う。

501 名前:名無シネマ@上映中 [2008/04/12(土) 23:52:07 ID:Q2/ZShyl]
この原作、アメリカ、韓国でも映画化のオファーがあったんだよね

502 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/04/12(土) 23:58:07 ID:agAis+oI]
そうだよ。日本が映画化獲得しました。

504 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/04/13(日) 07:09:41 ID:isqjU2sE]
韓国はともかく、なんで本国のアメリカでなく日本が選ばれたんだろう
アメリカの企画はそんなに酷かったのだろうか。

510 名前:RRD ◆3MranranlY mailto:sage [2008/04/15(火) 22:27:27 ID:Mf3a1hz1]
つーことで試写会で見てきた。
存在すら知らなかった映画で、試写状をもらったのが上映2時間前。
まったくなんの予備知識もなく見た。
序盤は現実と回想が行ったり来たりの構成でイマイチよく分からない。
どういう物語がどんな方向に行こうとしてるのかが見えないうちに
どこか妙な不安感を抱かせる演出がなされている。
設定が明らかになるのは大分時間がたってから。それが確定する瞬間、
食卓にイスが4つあって席が3つしかない場面はなかなか衝撃的。
サイコホラーじゃないかと思ったほどだ。
全体としては子役がよかったけど、あとはピンとこなかったかな。
とはいえそれは映画のよしあしじゃなくて、俺の生活環境によるものだ。

515 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/04/16(水) 16:00:18 ID:fDrJKnC0]

2ちゃんねる映画ブログ

娘役の子って有名なの?
めっちゃ整った顔(それでいて無邪気)だったなぁ

516 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/04/16(水) 17:07:07 ID:DmOlNhTb]
昼ドラ出てるよね

518 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/04/16(水) 20:09:24 ID:O/U8r7Us]
子役二人はどっちもわりと有名。代表作品は
広田亮平:朝ドラこころ、佐賀のがばいばあちゃん、マリと子犬の物語etc
吉田里琴:みこん六姉妹、山田太郎ものがたりetc

562 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/04/23(水) 00:02:41 ID:LrnNdFW1]
田舎なのにおしゃれ過ぎる小物や衣装
女の子のはしゃぎっぷりがオーバーで逆に冷めた気分になってしまった
何かリアル感に欠ける・・・
ラストシーンはメルヘン風味
結局はファンタジーとして見ればいいのかな?

612 名前:名無シネマ@上映中 [2008/04/26(土) 22:11:19 ID:UpptpqDO]
竹野内目当てで観たけど、実際これ主演は子役だよね。
竹野内成分のあまりの少なさに騙されたーと思った
でも映画は号泣。ウザ可愛い子供が死ぬ辛さも身にしみたし、
兄の健気さと苦悩に涙。
兄が不安に思っていたことの正体が明かされた時
うわー、それは…!と胸が痛んだ。
最後の笑顔で救われたなあ

616 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/04/26(土) 23:39:24 ID:BmaA94JX]
主人公は息子だったな。
一応泣いたけど、同じストーリーでももっと上手い見せ方あったんじゃないか
英治がショックを受けたパパのセリフとか、あそこまでクドく説明しなくても観客も分かるって。
しょっぱなエリナが空飛んでたりSFチックなのもちょっと世界に入りにくかった
あと実際こんなに立派な小四男子とかありえねぇ、とか・・・

628 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/04/27(日) 10:31:01 ID:1L96G9DR]
オレはこれ観てよかったと思う。
妙にアメリカナイズされた家庭は笑えたが。
愛娘をなくして悲しみに閉じこもる父、沈みこんでいる家族の姿を見てなんとか笑顔を作り出そうと
する息子、お腹の子のためにも立ち直ろうとする母。
周囲の人々を描ききれなかった感じはあると思った。
母を心配そうに見守っていた中島朋子がお弁当食べる母を見て「よかった」なんて泣くシーンなんか
最高だと思ったけど、それ以外はイマイチ・・・担任先生の苦悩なんかあってもいいかなー、と。
ビビリだった友達が率先して死のトンネルに入っていくシーンもよかったなあ。

「大事なひとの死を受け入れる」っていうテーマってあちらの児童文学じゃよくあるテーマなの?
テラビシアもそういうテーマだったよね。

631 名前:名無しシネマ@上映中 mailto:sage [2008/04/27(日) 11:24:55 ID:k1UolHdx]
本編の余韻を
平井堅の癒しの歌声が柔らかく包んでいき・・
コバルトブルー(空色)のクレジットが目に優しく暖かく
ロールしていく様を見つめてる~

時間の“愛しさ”ったら!


素敵な時間を ありがとう♪

692 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/04/29(火) 10:39:57 ID:63GXF/cO]
圏外あの空   40,029,805円

666 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/04/28(月) 18:36:34 ID:F13BPyuN]
1週目から圏外。
でも、関心もたれていないから、叩かれなくてよかったね。

672 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/04/28(月) 20:13:34 ID:WWuI4pdM]
10位にさえ入ってない

667 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/04/28(月) 18:39:53 ID:ZSmbtY0j]
素人でも想像がついた結果

674 名前:名無シネマ@上映中 [2008/04/28(月) 22:27:24 ID:YnHYM/W/]
なんで、、こんなにダメだったの?

676 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/04/28(月) 22:32:10 ID:ADDsIWjC]
いろんなところを見ても相手にされてない感じだったよ、最初から。

684 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/04/29(火) 03:12:58 ID:1w3l6nrh]
景色以外つまらない出来だったから口コミは無理だよ。

686 名前:名無シネマ@上映中 [2008/04/29(火) 07:11:18 ID:yTT2wY2n]
公式HPみた
公開初日に「大ヒット上映中」って…ありかよ?

688 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/04/29(火) 07:40:26 ID:aMzF2K5r]
こういう映画はミニシアター扱いにすればよかったのにね。

689 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/04/29(火) 08:23:22 ID:tZfaRUNX]
>>688
そう思うよね。
どう考えたって、わんさか人を呼べる作品じゃない。
ジャパンプレミアなんて恥かしいこと言わなきゃいいのにと思った。

678 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/04/28(月) 23:37:21 ID:f1RYIyeG]

2ちゃんねる映画ブログ

水野姐さんに格闘させない時点で監督ちょっとこい!!なんだよ

789 名前:名無シネマ@上映中 [2008/05/04(日) 20:13:41 ID:wSWx1FK9]
お母さん役、水野美紀だったんだ。

最近、水野真紀、水野美紀、中谷美紀、酒井真紀、酒井美紀・・・
この辺の違いが良く分からない。
水飲み機、水の巻(伊賀忍法)

794 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/05/05(月) 00:19:31 ID:DcwD4tT0]
>>789
和田アキ子と矢田亜希子と八木亜希子の区別も付かないタイプ?

683 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/04/29(火) 00:57:17 ID:XyK/fvLm]
不純な富樫監督の何かが見え見えw

子役を使えば…狙いとか
竹野内、水野も…狙いw

原作は悪くないけど映像には難解な作品
まあ景色が綺麗で糞脚本、糞演出をキャストががんばったのは理解できるが。

707 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/04/30(水) 09:18:56 ID:CxUkO+sf]
空飛ぶ特撮はもうちょっとチープさをごまかして欲しかった

741 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/05/02(金) 00:33:56 ID:Gx2vd4OZ]
元々興味は無かったが、千円デーなので、他の映画のついでに鑑賞。
子役二人と水野、小日向の演技が素晴らしく、脚本もしっかりした良い作品だと思う。
唯一残念だったのは、合計3回あった空の合成シーン。
あまりにもお粗末過ぎる。このショボさで感動も半減。
この監督は特撮やCGにこだわりがないタイプなんだろうか?

742 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/05/02(金) 00:49:23 ID:ynDeKeBY]
こだわりを持ってるなら鉄人28号のCGはあんな凄惨な物にはならなかったw

冨樫には特撮やCG使わせちゃいけない、少年にハァハァさせてるだけでいいよ。
その方が良い物作ってる人だから。

719 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/05/01(木) 00:32:19 ID:JGaighPj]
う~ん、星★☆☆☆☆
ってとこかな。
なんか、話の展開が遅いわりに丁寧っていうわけでもなし。
ってか、観客2人しかいなくて家の大画面テレビで見てる感じだった。

721 名前:名無シネマ@上映中 mailto:??? [2008/05/01(木) 01:32:33 ID:YQK3uDoh]
観客二人って。。。
そんなとこで見てみたい

728 名前:名無シネマ@上映中 [2008/05/01(木) 16:27:22 ID:D6g52FWB]
この映画のノベライズ本があるけど、映画見てからその本を見ると納得できる
まずナレーションがあるからそれぞれの人物の細かい心理描写が解るし、なぜ英治が一人で学校休んで山に行ったかわかる。

そのため映画よりも感情移入できたので映画より泣けた
映画を見た人はこの本を見ることをオススメする。こういうことだったんだとわかることが多々ある

729 名前:名無シネマ@上映中 [2008/05/01(木) 18:17:05 ID:e6R57ptF]
つまりは映画は描写がダメだったってことか。

731 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/05/01(木) 19:52:05 ID:lhU1OAOT]
映画本編だけでもなんで英治が一人で山に行ったかは分かると思うんだけどなあ
家族でハイキングに行った時の事とか、死のトンネルに入った理由を考えると。

764 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/05/03(土) 15:40:59 ID:tHCDWFsN]
兄妹役と水野は演技も上手くて
違和感なく見れたけど
竹野内は演技が上っ面だけで
深みがなくてこんなに大根だっけ?
脇役数名はいい味出していたから
宣伝に使えば良かったと思う。

765 名前:名無シネマ@上映中 [2008/05/03(土) 16:00:37 ID:M78iet6m]
もとから竹野内は大根だろ

766 名前:名無シネマ@上映中 [2008/05/03(土) 16:03:27 ID:M5nN45+M]
大根っぽい不器用さが萌える

802 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/05/05(月) 14:14:55 ID:+dE/mRvW]
「あの空をおぼえてる」を映画化したかった気持ちはよくわかるんだけど、
どうやったら当てることができたんだろうかと考えると、
考えつかない。
キャストは考えられる最高だったんじゃないのかな。

803 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/05/05(月) 14:28:48 ID:40E1hEcL]
ギャラ等、起用出来る限界のキャストだったんだろ
ダメ親父は、小日向辺りが良かったんじゃないか

811 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/05/05(月) 21:42:45 ID:WglVM+Sx]
>>803
小日向さんいい俳優さんで好きだけどやっぱ竹之内が全然いいよ
言われる前は竹之内の魅力気がつかなかったけど
マスクは稀にみるいい男だし水野と美男美女夫婦の美形クオリティー高いほうが同じならいいよ。
てか映画全体のクオリティーも上がってみえる。

然し残念ながらPRがまずかったなw

804 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/05/05(月) 16:42:49 ID:z+VOcNua]
両親役は、別に竹野内と水野でなくても良かったかもしれないけど
別にこの二人じゃダメだったというわけでもないから、普通。

英治は知る限りの子役の中で広田亮平が間違いなく一番適してる。
こういう部分では監督の審美眼は優れてるw

絵里奈も吉田里琴で良かったと思う。
演技力だけなら佐々木麻緒でもよかったんだけど、
それだとマリと子犬の物語の兄妹まんまになっちゃうし
それにあの子じゃ竹野内と水野の娘って説得力ないしな

805 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/05/05(月) 18:10:22 ID:SL1OOOAJ]
美形の一家なのは間違いないw
兄が少しジャガイモっぽいけど

2ちゃんねる映画ブログ

821 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/05/06(火) 03:06:13 ID:qyhlUMYb]
観ました
なるほど、これはアメリカの原作モノだな~という感想
セリフなんかも所々そうだけど、何よりもあの父親は
日本人にはちょっと違和感あるんじゃないかと思った
でもこの手の作品としては、もっと盛大に過剰演出で色々やるものが多い中
なかなか実直にまとめてたと思う

828 名前:名無シネマ@上映中 [2008/05/06(火) 10:47:07 ID:F7p1+GVW]
自分的にはけっこういい映画なのに。後半は感動ものだし。
広田くんは文句なし!里琴ちゃん、水野美紀もいい。
竹野内だけがちょっと・・・だけど

映画興行ってホント厳しいね。

836 名前:名無シネマ@上映中 [2008/05/06(火) 18:29:47 ID:SqAN8vCl]
あまりの酷評に期待しないで行ったんだけど、結構良かった。
それにしてもガラガラ。20人いなかった。

ていうか、設定の地が「イギリスかどこかの日本人地区&日本人学校」の
イメージで見てたら(制服がそんな感じ)、捜索隊が思いっきり日本でズッコケ。
だったら、岐阜の田舎町&田舎の小学校&民家でいいジャマイカと思ったw
でもそれだと、「ツリーハウス」が作れないかw

水野美紀が出て行くシーンでは、「男と女の感情の違い」が表れていて良かった。

男 → 自分の中で消化 (長く引きずる)
女 → 周りを巻き込んで消化 (比較的早く立ち直る)

「あなたのせいよ!」と女性が言いたい気持ちもよくわかった。

あとは、絵里奈が亡くなったシーンがないのがむしろ良かった。
あくまでもイメージで。

竹之内豊を実はあまり知らなかったんだけど、私は適役だと思ったし
(あのオサレ感は他人では出せないし)、絵里奈の子もすごく良かった。
主題歌も合っていた。エンドロールでもう一度泣いたよ。

泣きっぱなしだったが、確かに「もっと泣かせてくれてもいいかも」とは思ったなぁ。

838 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/05/06(火) 19:46:44 ID:HFtlcLCO]
>>836
地名は最初から岩野川(だっけ)とか言ってなかったけ?
岐阜とは明言してなかったけど。

あの小学校の制服はいやにオシャレすぎるよね。
田舎の小学校は公立でもなぜか制服の所が多いけど
あのオシャレ具合は私立っぽい、でも田舎だから公立なんだろうな。

839 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/05/06(火) 20:54:28 ID:yaxn3ph1]
あの美形一家は田舎には似合わないw

840 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/05/06(火) 21:01:07 ID:sisX8MWR]
あの映画リアリティーが無いんだよ。


関連記事

  1. 2010/10/12(火) 09:21:48|
  2. あ行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<マイ・フレンド・フォーエバー | ホーム | 3時10分、決断のとき>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1391-b379c624
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR