FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

おろち

【楳図かずお】おろち【木村佳乃/中越典子/谷村美月】
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1217824690/
2ちゃんねる映画ブログ

1 名前:名無シネマ@上映中 [2008/08/04(月) 13:38:10 ID:RgiaSElt]
「私はおろち…」
おろちは見つめる。
美しき姉妹の残酷な運命を…。

美の崩壊は、女の最期。
29歳を過ぎると、姉妹は壊れ、狂い始める…。
あまりにも美しく、あまりにも残酷。
楳図かずおの傑作を完全映画化。


2008年9月20日公開予定
公式 http://www.orochi-movie.jp/
原作/楳図かずお
監督/鶴田法男
脚本/高橋洋
音楽/川井憲次
製作/「おろち」製作委員会
主題歌/柴田淳「愛をする人」


2 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/08/04(月) 13:45:50 ID:RgiaSElt]
キャスト

木村佳乃/門前葵・一草
中越典子/門前理沙
谷村美月/おろち・佳子

9 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/08/04(月) 20:20:05 ID:uBBgoboy]
なんで29歳にしたんだろう
18歳だからこそ美が輝くのに

10 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/08/04(月) 21:26:30 ID:uMEK5LNv]
本当に29は遅すぎだろw

47 名前:名無シネマ@上映中 [2008/08/24(日) 02:49:18 ID:vuqHYpBd]
え~、原作の姉妹では17歳じゃなかった?
29歳で化け物になるのはふつーだし。

115 名前:名無シネマ@上映中 [2008/09/05(金) 03:47:01 ID:PsBvSy93]
試写見ました。
しかし原作を知らないのであれでいいのかどうかは謎。
でも面白かった。
少女オカルト漫画みたいでした。
谷村美月ちゃんが可愛く美しかったです。

2ちゃんねる映画ブログ

118 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/09/05(金) 08:46:18 ID:MZGq7Bi2]
谷村おろち最強だったよ
原作より幼くてかわいい感じ
予告編より断然良い
何故かおばさんになってる姉妹の怪演も良かった
実写化にあたっての年齢変更は当たりだったと思う
あと関係ないけど、おろちが結構巨乳なのが気になったw

149 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/09/10(水) 01:47:55 ID:f9mCOJ9b]
試写観ましたよ。
楳図作品実写化、色々観てきましたが。そして苦汁をなめてきましたが…。
これは初の成功作ではないかと!ゾッとくるシーンも多く
例の「ジューーン!!」もおぞましい~~~!
谷村おろちは、アリ!!

179 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/09/16(火) 22:56:35 ID:/8ZiwsCB]
Yahoo!試写でみた!予想よりずっと良かったよー
衣装がよかった!ちゃんと古いデザインだけど今みてもかわいいのを選んでいる
葵の女優スタイルのは本当にかっこいい
おろちの赤い上着もよくって、門前家を去る前にばっとマントのように着て
きびすを返すカットはすごく効果的だった
地味だけどメイドさんとかの服もよかった
プリントものの衣装が多いんだけどなかなかどれも良かったです
少女時代の姉妹のワンピース姿はとてもかわいい
それぞれ色を決めていたのかな
一草は緑、理沙は青、よしこは水色?

すごくうまいなあと思うカットがいくつもあった
試写室で葵の映像を何度も見る少女時代の一草のシーンとか
おろちが山中をかけるとこ

役者のの演技はどれもよかったとおもう
谷村美月はおろちもよかったけど、
よしこが姉妹のDVみてgkbr腰抜かすとことか印象的でした

原作ファンとして残念なのは、一草が顔を焼くシーンの台詞があったほうが
よかったんじゃないかなあというとこぐらいですかね

210 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/09/20(土) 16:19:09 ID:OlyA+ZMx]
ついさっき観てきた
一言で傑作と済ませるにはあまりに濃い映画だと思った
原作は知らないけど楳図ファンもこの出来には文句の一つも出ないんじゃなかろうか
あまりの迫力にサブイボが立つシーン多数
結末は泣ける、というか涙を押し出されるかのような感じ
EDの柴田淳の歌声には涙が出そうになった、切なさをかなり盛り上げてる


320 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/09/23(火) 11:59:55 ID:tbenY/sY]
しばじゅん大好きなもんで、ほとんどエンドロールだけ目当てwに
行って来た。おろちに関しては予備知識ゼロだったけど面白かった。
幼い時の一草が、母親に愛されようと必死な部分を、もう少し濃く
描いてあったら良かったな。最後の主題歌も更に沁みたと思う。

211 名前:名無シネマ@上映中 [2008/09/20(土) 16:40:43 ID:bzMODyvS]
おもしろかったけどオチがちょい無理ありでしょ。続編希望。

212 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/09/20(土) 16:51:19 ID:/84ZG/3P]
今日は1000円で見られる日だったので
おろちとアキレスを続けてみた
自分はおろちの方が面白かった
原作は読んでないけど
おろちが屋敷出たところで終ったと思ったら
まさかあんなオチがあったとは
谷村の新宿鳥最高だった
藤圭子を継げるのは谷村だな

216 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/09/20(土) 19:14:45 ID:I0N40PCN]
>>212
おろちを描くのに藤圭子をモデルにしたらしい。
すると谷村のおろちは正解かも知れんな。
劇中の歌も聴いてみたくなったぞ!

390 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/09/24(水) 07:27:52 ID:J0hOYd3G]
新宿カラスって作詞が楳図かずおになってたけど
映画オリジナル曲ですか?
あと佳子って映画オリジナルのキャラですよね?

391 名前:名無シネマ@上映中 [2008/09/24(水) 08:18:58 ID:TaFG3U5h]
楳図かずおって昔歌謡曲の作詞もやってたんだよね。
郷ひろみの「寒い夜明け」とか。近田春夫とか。
カルトな「闇のアルバム」だけじゃなく、意外と音楽活動も盛ん。
その流れでいくと、「新宿カラス」の作詞仕事も納得。
作曲が全体の音楽を手掛けていた、川井憲次だったのでたぶん、
映画オリジナルだと思う。

397 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/09/24(水) 14:39:58 ID:h4MLO0Mm]
>>390
原作でも歌うシーンがある。
歌詞はたぶん原作のままなんじゃないかな。
楳図が舞台あいさつで「2番も作ったから、ぜひ形にしてほしい」
とか言ってたよ。

217 名前:名無シネマ@上映中 [2008/09/20(土) 19:24:06 ID:WJgY3tf0]
俺もさっき観てきたけど、
このグランギニョール趣味は高橋洋??
原作未読だが、あの手術のシーンとか、
60年代のフランス映画にこんなのあったなぁと思いながら観てた。

226 名前:名無シネマ@上映中 [2008/09/21(日) 00:18:54 ID:pTnIe99X]
前評判の割にはイマイチだったような

228 名前:名無シネマ@上映中 [2008/09/21(日) 00:40:06 ID:4laZMfeI]
楳図原作映画化としてはかなり合格点では?
鶴田法男監督も前作「デスクルーズ」で評判落としたので、
今回頑張ってる。ホラーというより、感動出来る愛憎劇に仕上がった。
「ダークナイト」ばりにラストのナレーションにはしびれた。
誰か覚えてる人いる?
あれ見ると続編を期待したくなるよね。

230 名前:名無シネマ@上映中 [2008/09/21(日) 01:03:36 ID:Xm26zxSc]
おろちが門前家を後にしてからもう40年も経つのですね。
密かに現代社会に溶け込んで生活(家政婦?)している彼女
を見てみたいものです。
40年前のお話の映像化もいいけど漫画の新作を読みたい。

おろち役は宇多田に一票。(痩せたらね)

231 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/09/21(日) 01:14:10 ID:XwYc8f+1]
鶴田法男のブログ読んでたら、
おろちは風のような存在だと気がついて、足音を消したと書いてあった。
観てて気がつかなかったけど、これはなるほどと思った。

233 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/09/21(日) 01:21:58 ID:/0GgiYHw]
おろちは瞬きしない
風と共に登場するから
目を開けてるのが大変だったって

240 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/09/21(日) 08:54:16 ID:Ejh45wm4]
谷村美月の演技が酷すぎだった

241 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/09/21(日) 12:13:01 ID:X17ifp10]
>240
全く逆の印象を受けた。
谷村おろち支持します。
おろちが格好良くてゾクッとするシーンが何箇所もあった。
さらに、おろちと佳子のコントラストをここまで
表現できる同世代女優は見当たらない。

262 名前:名無シネマ@上映中 [2008/09/21(日) 22:10:29 ID:MqbpoVLk]
>>241
>さらに、おろちと佳子のコントラストをここまで
>表現できる同世代女優は見当たらない。

たしかに。賓乳のおろちと巨乳の佳子を見事に演じ分けていたね。

263 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/09/21(日) 22:27:08 ID:/x5ocW+J]
佳子の乳は見ごたえがあった、まちがいない

249 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/09/21(日) 18:37:43 ID:UcAu4Bsp]
ワンシーンワンシーン丁寧に撮られた佳作だと思ったよ
こういう(昔風に言えば)ゲテモノ作品に手抜きをしないスタッフ&キャストは偉いと思った
みんなちゃんと昭和の顔に映ってたし

251 名前:名無シネマ@上映中 [2008/09/21(日) 19:16:58 ID:BSGfgDqM]
子供の頃に優秀だったのは妹の方で、その後は姉が頑張って脚光を浴びるようになったのか?

大人になって立場が逆転したんで、ラストまでストーリーがこんがらがって困ったわぃ。

でも、思ったより迫力があって力作になってたと思う。脚本が良く練られてたよ。

254 名前:名無シネマ@上映中 [2008/09/21(日) 20:40:17 ID:YkFWIQ4e]
>大人になって立場が逆転したんで、ラストまでストーリーがこんがらがって困ったわぃ。
だよね。俺もそれが最期まで引っかかってた。
あと嶋田久作を久しぶりに見たような気がする。この手の映画には合うな。

2ちゃんねる映画ブログ

255 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/09/21(日) 20:43:02 ID:/XcF3Oax]
嶋田久作といえばやはり帝都物語か

253 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/09/21(日) 20:33:35 ID:WYh2fqgV]
なんで怪物になったかーちゃんの映像出さなかった?
馬鹿なんじゃないの?監督。

266 名前:名無シネマ@上映中 [2008/09/21(日) 22:42:03 ID:lv/p86re]
>>253
原作でも醜くなった顔は出ません。顔を見て驚いているおろち
の顔だけで読者の恐怖心を煽ってます。
私はこの手法が大好きで、映画でも是非顔を出さないでほしい
と願っていました。

272 名前:名無シネマ@上映中 [2008/09/22(月) 00:20:35 ID:DzDqgOO/]
ズメウカズヲタの俺に言わせれば『おろち』は合格。
原作をリスペクトし雰囲気を壊してないからだ。
プロットとして『洗礼』も入ってて面白かったね。

ただ、山本太郎演じるひろしを何故最後にぶっ殺してくれなかったんだ!
あんなムカつく男は久々に見た。

273 名前:名無シネマ@上映中 [2008/09/22(月) 00:35:28 ID:qLdZwiCJ]
それをすると違う作品になるだろ

424 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/09/25(木) 02:42:07 ID:Pv78cCTp]
役者も舞台も昭和テイストが溢れてて良かったんだけど、
唯一山本太郎だけ浮いてるように感じて最後まで馴染めなかった。

2ちゃんねる映画ブログ

木村も中越も谷村も魔人加藤もレトロな雰囲気なのに、
山本だけなんか今風の雰囲気なんだよな。

425 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/09/25(木) 02:53:50 ID:HFCfgW+O]
ええ! 山本太郎、すごく良かったじゃない。
(ちなみに俺は男な。普通に女好きのw)
何度も映画やテレビで観てるけど、今回初めてイイと思った。
てか、みんななかなか良かったけど、
誰が一番イイかと聞かれたら山本太郎って言うほど良かったよ。

277 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/09/22(月) 01:58:37 ID:wOVAardf]
みたよ~、「姉妹」をメイン軸に「血」を混ぜたって話だったね。
とっちに話が転ぶのか興味深く観れたよ、
でも整形だから母親劇似とか血液検査無しで交換開始とか、
色々突っ込みたかったが、
楳図漫画なら有るえるよね(原作では血液交換なんてしてないけど)って悟ったので許す。

後、おろちの演出がことごとく原作リスペクトだったのにワロタ


最後に姉が絶望する理由が、即物的に自ら己の美を損ねた事からではなく、
母の願いを自ら絶ってしまったって事実による事だったってのは、
原作をより深化させていて、なかなか興味深かった。
楳図先生もこういう解釈は好きそうだ。

現実にもそこら中に散在してるよね、この手の絶望って。

282 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/09/22(月) 06:54:07 ID:V3FUE0kU]
姉って整形だったの?

2ちゃんねる映画ブログ

283 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/09/22(月) 07:16:39 ID:CTwzQ6fz]
整形しないとそっくりにならない。

279 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/09/22(月) 04:03:21 ID:fQD6pTDQ]
楳図フリークだが今回の出来にはかなり満足。
少し脚本をややこしくしすぎた感はあるが。
谷村おろちは、原作とイメージの違いはあるけど好演でしょう。

日曜の昼過ぎ、関西のそこそこ都市部の映画館で観たが、あまりの
観客の少なさにガッカリ。ターゲット層がはっきりしないせいかな。
興業的には苦戦必至、続編は無理だな…

280 名前:名無シネマ@上映中 [2008/09/22(月) 04:34:45 ID:jOhV8I19]
ヒットさせるには原作ファンを喜ばせるだけでは
ダメなんだ。
おろちの設定とか全く説明無しで、
物語が展開していくので、
いちげんさんお断り的な映画になっていたかもね。
しかし説明シーンを多くいれると
二時間超えな作品になってしまう。
いたしかゆしだねえ。
ただ女囚さそりシリーズのような昭和テイスト
濃厚なおろちのキャラ設定はすばらしいと思ったけど。

290 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/09/22(月) 12:46:46 ID:6XMjHMkW]

2ちゃんねる映画ブログ

映写機で静止画にするとフィルム燃えるっていう当たり前の事をちゃんとやっててよかった。
よく静止画ずっと映してこの画面は云々…ってやってるドラマとかあるので。
あと、肖像画のモデルは木村佳乃?
予告で見た邪馬台国の人にみえてしょうがなかったんだが。

293 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/09/22(月) 16:19:39 ID:Z83dSnSa]
>>290
木村佳乃をイメージして、でも似すぎないように描いてもらったらしい。

304 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/09/23(火) 00:53:46 ID:Wo4AH/50]
レイトショーで観てきた。いや、これは素晴らしいと思う。
夜中に観るのがこれほどしっくりくる映画って最近ちょっとないかも。

とにかく昭和レトロをほぼ完璧に体現した美術・衣装・小道具・色彩設計は見事の一言に尽きる。
佳子の髪型とかモロ楳図ワールドって感じで嬉しくなってしまった。

あと、鶴田監督は目を隠した顔のアップで恐怖感を醸成することにかけては日本一の腕だと思った。カメラの位置と間の取り方が絶妙。
高橋洋の脚本はときおり過剰な方向に走りすぎてギャグすれすれになってしまうことがあるので少し心配していたが、
今回はそんなことはなく手堅くまとまってたね。これも原作へのリスペクトゆえではないかと。

木村佳乃の熱演も、「上手い」というのとはちょっと違うが、作品世界にピッタリはまっていて良かったと思う。
谷村おろちには何の文句もなし。現時点で考え得る最良の配役。

というわけで続編を切に希望します。無理かなあ。

366 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/09/23(火) 22:38:25 ID:JcbHYWz8]
柴淳目当てで原作知らないから書くんだけど、
谷村のおろちって、正直いなくてもいいよな

371 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/09/23(火) 23:04:31 ID:r5XvcdLJ]
>>366
まああの話に限っては狂言回し的な役回りだからね。
でもおろちにおろちがいないのはカフェオレにコーヒーが入ってないようなもんだ。

408 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/09/24(水) 19:26:06 ID:J0hOYd3G]
原作読んでみたら母親葵も佳子もオリジナルキャラなんですね
よくここまで話を広げたなと関心してしまう。

411 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/09/24(水) 22:19:06 ID:C0cvik2N]
>>408
葵はオリジナルキャラだけど、
佳子は「血」に出てくるよ

409 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/09/24(水) 19:40:36 ID:10X8EtNe]
観てきた。想像以上の出来だった
でも、楳図の真骨頂の「人間の怖さ」「女の心理の怖さ」みたいなものを
もっとドロドロ描いて欲しい気もした。
2人が綺麗なまま終わってしまっていたのが残念な気もした。
美術、衣装、音楽は素晴らしいと思う

398 名前:名無シネマ@上映中 [2008/09/24(水) 16:41:33 ID:TaFG3U5h]
キネマ旬報10月下旬号で酷評してあったらしいけど、
読んだ人いる?

400 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/09/24(水) 17:10:18 ID:ZkCS9ItM]
立ち読みだけど確かに星取り表は酷評だった。
4点満点中1点が3人、2点が1人だったかな。
曰く、学芸会レベル、畏敬の念を抱くが明らかに失敗作、等。
まあ、当たり前かもしれないけど評論家ってのはタダで見てるのに上から目線だなーって思った。
あと、別のページでは特集(楳図氏と監督の対談とか)も載ってたんで、
本人たち見たら気悪くするだろーなって思った。

412 名前:名無シネマ@上映中 [2008/09/24(水) 23:03:53 ID:huPdCcaa]
これが酷評ならあんまり誉める邦画は少ないような・・・>キネ旬
おばさんの味覚に合わないのかなぁ(キネ旬はヲバばっかり)

413 名前:名無シネマ@上映中 [2008/09/24(水) 23:04:17 ID:hyP/QU4Y]
展開的に分かりにくいというか、ホラーにありがちな
ストーリの無理さ加減を考慮に入れても、厳しい部分があったのは否めない気がする。

最初のお手伝い(自動車事故で血を流すおろち)の名前とか思い出せないし、
それからいきなり、時間が飛んでよしこになったのは同じ役者だから混乱するとか・・・一人二役が2人いるとか

416 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/09/24(水) 23:54:45 ID:/3G/2FtE]
>>413
>最初のお手伝い(自動車事故で血を流すおろち)の名前とか思い出せないし、
いや、それはおろちそのものだよ。
おろちがおろち以外になったのは佳子だけ。
時間が飛んで佳子になった混乱は、狙ってやってると思う。
だから、おろちの実体が目を覚ましたとき、「そういうことだったのか!」というわけ。

417 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/09/24(水) 23:57:21 ID:hyP/QU4Y]
>>416あれ?最初にお手伝いとして入ったって言ってなかった?
てっきりお手伝いとしての名前があるのかと思った。

418 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/09/25(木) 00:00:34 ID:/3G/2FtE]
>>417
だから、おろちがお手伝いとして入ったんだよ。
「おろちと申します」と言ったのか「花子と申します」と言ったのか知らんが、
特に観客が意識する別人としての名前はない。

419 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/09/25(木) 00:07:07 ID:Z6Q28AbY]
>>418なるほどね。
それだと嵐の日に迷い込んだというのは納得がいく。

420 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/09/25(木) 00:16:55 ID:3Fifcpw/]
原作では普通に「おろちです」って名乗ってるしね。

その後妹の、変な名前って感じのリアクションもあった。

422 名前:名無シネマ@上映中 [2008/09/25(木) 01:05:15 ID:bLLEW1FK]
原作読んでいませんがって人、せめてこれ「試し読み」して
http://skygarden.shogakukan.co.jp/skygarden/owa/solc_dtl?isbn=4091800386

430 名前:名無シネマ@上映中 [2008/09/25(木) 07:41:40 ID:CbV2/f7c]
原作の姉妹はルミとエミだけど名前変えたのは意味あるの?

431 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/09/25(木) 07:53:49 ID:vc6SVqzo]
>>430
ルミとエミを「血」に登場する姉妹に置き換えただけだよ。

「姉妹」のエピに「血」のエピを入れたと言うより、「血」のエピに「姉妹」の設定を入れたって感じかね。

432 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/09/25(木) 08:21:30 ID:CbV2/f7c]
>>431
なるほど!じゃあ前レスの洗礼も入ってるとはその事かあ
姉妹、血、洗礼
原作をミックスして脚色してるから雰囲気が壊れて無いんですね

464 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sagf [2008/09/26(金) 08:10:52 ID:4b6LiL1c]
おろちの映画を見て凄くよかったので原作も読もうと思い
本屋で探して購入しました、原作も物凄い芸術的な雰囲気を醸していて楳図かずおって天才なんだと思いました。
ただ4巻まで読んだんですが、洗礼のエピソードが載ってません
何処の本屋に行っても5巻以降が見付からないので
ネットで調べてみたら4巻で完結してるみたいです。
自分が買ったのは赤白の帯にUMEZU50と書いてある記念版?です。
血と姉妹のエピソードは載ってましたが洗礼のエピソードが無いのと
おろち自体の話が途中で終わって完結してないんですが何故でしょうか?
初期のバージョンのおろちを手に入れる事は可能ですか?

469 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/09/26(金) 10:34:03 ID:Cv5mwXsU]
>>464
「洗礼」は「おろち」とは別の作品だよ。

470 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2008/09/26(金) 11:07:47 ID:W8SAARR5]
>>464
>>469の言うとおり、「洗礼」は楳図かずおの別作品。
美や若さへの執着、母親が大女優という点が、
映画版「おろち」と共通している。


関連記事

  1. 2010/11/09(火) 22:04:05|
  2. あ行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<インセプション | ホーム | メメント>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1381-c59eec51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR