FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

河童のクゥと夏休み

【きゅうり】河童のクゥと夏休み【相撲】
http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1182523963/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中:2007/08/14(火) 00:23:56 ID:TxFu3Za6
映画クレヨンしんちゃん「オトナ帝国の逆襲」と「戦国大合戦」
の原恵一が送る、
河童のクゥが少年康一、個性的な脇役達との一夏の冒険を描く
笑って泣けるリアルなファンタジー

原作:木暮正夫(「かっぱ大さわぎ」「かっぱびっくり旅」より)
監督:原恵一
作画監督:末吉裕一郎
音楽:若草恵

・河童のクゥと夏休み公式サイト
http://www.kappa-coo.com/main.html
・河童のクゥと夏休み公式ブログ~河童探検隊のびっくり旅~
http://blogs.yahoo.co.jp/kappa_coo2007


28 名前:名無シネマ@上映中 [2007/07/04(水) 03:57:47 ID:nIPtKRYr]
神映画だ
今年一番の傑作

18 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/07/03(火) 21:46:29 ID:anu4Q4IT]
個人的な意見を言わせてもらえば
天才原恵一の才能を世に知らしめたくない
俺だけの原恵一であって欲しい だからコケて欲しい

2ちゃんねる映画ブログ

19 名前:名無シネマ@上映中 [2007/07/03(火) 22:06:14 ID:qNgwtzV/]
その気持ち...分かる。

97 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/07/17(火) 16:38:37 ID:vG+Fv4a7]
博多大吉がこの映画観て大号泣したらしい
大人に観てほしいって言ってたよ

98 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/07/17(火) 22:17:35 ID:zl1hFd2d]
「大人でも」楽しめる映画だと思うけど
「大人に」見て欲しいというのはちょっと違うかなぁと思う
俺は子供にこそ見て欲しいなぁ

99 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/07/18(水) 17:39:48 ID:GH/FHDxC]
評論家が絶賛してるなこの映画

115 名前:名無シネマ@上映中 [2007/07/20(金) 09:37:20 ID:UEaHgmIG]
評論家筋からも評判の人なので安心して見れます。
日本映画通の快楽亭ブラック師匠も絶賛。

106 名前:名無シネマ@上映中 [2007/07/19(木) 23:42:50 ID:KnsqxMv1]
フラフラっと、何の先入観もなしに、見てみた。
泣けるじゃないか。
とても、いい映画じゃないか。
声優陣にも、結構有名人多かったのな。
スタッフロールが出る前は、ゴリしか分からんかったw

107 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/07/20(金) 00:23:36 ID:1i3WK/3e]
>>106
声はそのまんまなんだがキャラがはまり過ぎて笑ったww

108 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/07/20(金) 00:51:46 ID:+2eB56ri]
公開前なのにフラフラっと何の気なしに見れるのかw
ちゅうか、試写会やり過ぎww

110 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/07/20(金) 01:14:45 ID:4w9y7S5D]
めちゃネタバレだけど

妹の「今度はいつくるの×3」で不覚にも涙腺が…

828 :名無シネマ@上映中:2007/07/31(火) 01:40:40 ID:xfPg+H+u
俺も妹が別れのとき泣き出すシーンから最後までずっと泣いてしまった
いやこの作品すごすぎるだろマジで

831 :名無シネマ@上映中 :2007/07/31(火) 01:55:15 ID:S1Uje9Xv
>>828
妹のアレはキタ
「ねー、今度いつ来るのー?」って、こいつ状況わかってない、と思ったら
だんだんベソかき顔になって・・・幼稚園児なりにわかってんだな、と思ったら
グッときた

111 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/07/20(金) 01:23:35 ID:+idHe/aW]
ほんとに子どもの描写うまいよね
観察眼が異常に鋭い

113 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/07/20(金) 08:42:12 ID:qFx3Il10]

2ちゃんねる映画ブログ

ラストの別れのシーン辺りでクゥーってでかい声で叫ばないのがいいね
あの場で叫んでたらやじ馬共にばれるし、何より
ここで泣いて下さいと言わんばかりの演出になって観客萎えるだろうし

114 名前:名無シネマ@上映中 [2007/07/20(金) 09:25:23 ID:o3NfeN3I]
>>113
映画に偶然はなくて、それは全部計算されたものでしょうなあ。
妥協がなさそうだ。
何回か見に行きたいな。いろんなことに、後から気付かされそうだ。

146 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/07/22(日) 16:48:44 ID:ADCX7fgb]
昨日の試写会で見た

面白いけど、キャッチーな魅力がキャラクター達に乏しいから
売れ線ではないわな……出てくるキャラは全員ジミ渋で
キャラの線がリアリティを優先してるから観客に媚びてないんだよね
評論家筋には受けはいい。見た人達の口コミでじわじわ浸透していく系の映画かと

登場人物の二面性がキーポイントだと思う
主要キャラクターから名無しの群衆まで
表の顔と裏の顔の描写がリアルに描かれているから
そういう描写に関してはものすごく醒めた目線で残酷に、徹底的に描写してある
普通なら目を背けて無かったことにしちゃう嫌な空気を目の前に突きつけてくるえぐい映画でしたよ

技術的な問題として、劇場アニメとして考えると美術のレベルが…中の下というのは痛い
レイアウトも下手くそだし、アニメの場合はそれがすぐにわかっちゃうから怖い
上映時間も長い。二時間超えるのは…企画を温めていた時間が長い分だけ
アウトプットも大量にあるんだろうけど、100分ぐらいにまとめて欲しかった

147 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/07/22(日) 17:10:39 ID:d2RquKqO]
キャッチーに女の子のパンチラが2つもあったじゃないか!

149 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/07/22(日) 17:25:52 ID:26pnqZXq]
第一印象カッパ可愛くないもんな。

2ちゃんねる映画ブログ

美術はそんなに酷いか?
背景なんてジブリのそれをはるかに超えていたし。

150 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/07/22(日) 17:37:21 ID:SyIlAr8O]
力を入れるところを間違ってはないね

152 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/07/22(日) 19:26:45 ID:kELhyTEn]
別にすごいハイクオリティな背景とか
万人向けの可愛いキャラとかじゃなくていいんだ。
そういう映画は最近掃いて捨てるほどある。
原映画に求めてるのはそういうんじゃない

154 名前:名無シネマ@上映中 [2007/07/22(日) 20:07:28 ID:Y+fh9EgU]
>>152
確かにレイアウトに凝り過ぎてるわけでもなく
見た目だけの人物、背景の綺麗さだけの作品じゃなくて
もっとこう何か心にくるもんがあるんだよな
普遍的な・・・言葉が思い浮かばないが
総合的な演出がうまいってことなんだろうね

153 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/07/22(日) 19:57:40 ID:0yiOdfhH]
クゥはあくまでも狂言回しであって、
本当はそれに振り回される人々を描きたかったんじゃないかと

クゥも無邪気で可愛いんだけど、むしろ上原家の人々やその関連する人物、
それからマスコミ、野次馬達のそれぞれの思いが印象に残っている

162 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/07/23(月) 21:44:40 ID:vmWzVShJ]
色んな意味で突き抜けちゃってるよな
原監督にはクゥを超える前人未到の境地を見せてもらいたい

163 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/07/23(月) 21:52:01 ID:FoDH0AXI]
超えなくてもいいから色んな面白い映画をつくってほしい

164 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/07/23(月) 22:19:02 ID:s6ov7uwh]
ジブリ映画も微妙になってきてる昨今
原恵一は日本らしい温かなアニメ映画を作れる最後の監督

241 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/07/25(水) 20:46:01 ID:RFG0rmmU]

2ちゃんねる映画ブログ

妹面白すぎ
画面のすみにいていい芝居しているww

485 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/07/28(土) 22:03:52 ID:VytM636F]
ひーちゃんスタンプラリー行きたーい

瞳の子役って、すごいうまいと思った

416 :名無シネマ@上映中:2007/07/28(土) 18:46:21 ID:z0Ye8SGz
ばか
かっぱ
しね

2ちゃんねる映画ブログ

359 名前:名無シネマ@上映中 [2007/07/28(土) 13:42:57 ID:5G5JhebY]
今帰ってきた。

帰りの自転車でずっと泣きながら走ってしまいました。
本物だ、紛れもない本物を見た。

とにかく、描写がうまい。大きなことから、小さなことまで。
後半はずっと涙腺は弛んだままでした。

368 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/07/28(土) 16:04:07 ID:ct82pupP]
舞台挨拶見てきたぜ
大満足
何度も涙腺が緩んでしまった
原監督にありがちかもしれないが大人のほうがより楽しめる内容だな
派手なシーンは少ないので子供受けはもうひとつかも
あとは意外とグロイ
あまり過度な期待は寄せないほうが良いとは思う
傑作ではなく名作という括りがふさわしい

ブログ等で宣伝してと司会のおねーさんが言っていたので
早速宣伝するための文章でも書くとするか

387 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/07/28(土) 17:54:56 ID:V1wc3wSG]
観て来た。以前東久留米に住んでたから、景色が出た時にすぐピンときた。
黒目川の川沿いを通って通勤してたから懐かしい…。
駅構内の教習所の広告とか、まんまだねw

内容は星3つくらい。オトナや戦国が大好きだから、ちょっと期待しすぎたかな?
自分的には、悪くはないけど特筆するほど優れた作品とも思えなかった。
美術は良かったです。遠野の自然とか、沖縄とか。
冒頭とラストシーンが一番好きだな。役者は、田中となぎらが良かった。なぎらは俳優なの?
主役の少年は自分的にはいまいち。平坦で一本調子な演技だった。
ピアノの森の上戸の方が全然良かった。

他にはオッサンの亡骸をその場に置いたまま、家族全員でクゥを追ってしまうなどの
雑な作りがやや気になりました。

391 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/07/28(土) 18:05:07 ID:DaPKvgpo]
犬も大事だが河童の方が大事だろ、常識的に考えて

393 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/07/28(土) 18:07:26 ID:z0Ye8SGz]
死んだ犬より生きた河童の方が大事だろ。自殺する所だし。

2ちゃんねる映画ブログ

もう死んだんだよ、死んだ犬は犬じゃない、犬の形をした肉だ。

394 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/07/28(土) 18:10:09 ID:DaPKvgpo]
>>393
そりゃ言いすぎだろw お前はカラスかw

396 名前:名無シネマ@上映中 [2007/07/28(土) 18:19:44 ID:5G5JhebY]
>主役の少年は自分的にはいまいち。平坦で一本調子な演技だった。
>ピアノの森の上戸の方が全然良かった。
これは演出なんじゃまいか。現代っ子のセリフ、友人たちのぶっきらぼうさかげん、
あのへんを現実的におとしていこうと思ったら、あの感じだと思うぞ。

子供達の喋り方が変わったのか、昔から子供はああ喋ってたか分からないが、
芝居がかった子供の喋りは、あの主人公には合わないだろう。
むしろ自分はよかったと思ってる。
 
422 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/07/28(土) 18:55:51 ID:bbK2gcCp]
なぎらは江戸っ子の生き残りだからねぇ。
役に合ってるよ。

685 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/07/30(月) 00:52:19 ID:+Etx7C5F]
なぎらが親父だとは今まで全く気が付かず

2ちゃんねる映画ブログ

686 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/07/30(月) 01:00:35 ID:q5hqaY1K]
>>685
ヅ○にはみんな気付いてる。

あ~、だから河童か。

62 :名無シネマ@上映中 :2007/08/01(水) 01:36:09 ID:ZbrkHLWg
ココリコ田中とゴリは上手かった、パンフでゴリは一番いいコメントしてたな
母親役の人は、作中後半はマシだったと思ったが、
声の録り順はシーン順で行ってたのかな?

63 :名無シネマ@上映中 :2007/08/01(水) 01:37:04 ID:Za6YXrhH
声は大体よかったと思う。
アニメで芸能人を使った場合、画面のテンションと、声のテンションが噛み合わなくて
ハラハラすることが多いけど、それをあまり感じなかった。

西田尚美は、いまどきの母親っぽいサバサバした感じで
世界観によくなじんでいたと思う。

技術的にいちばん辛いな、と思ったのは菊地サヨコだけど
キャラクターと雰囲気があっていたからよかったんじゃないかな。

81 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/08/01(水) 03:39:26 ID:Ql7L+Ncg]
川で泳ぐクゥと沖縄弁を話すゴリは同じくらい生き生きしていた。

442 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/07/28(土) 19:30:06 ID:V1wc3wSG]
沖縄の森で池に入る前に、神様に
「生きていくぶんの魚を採ることをお赦し下さい」って言うじゃん。
ああいうのは好きだね。

2ちゃんねる映画ブログ

キジムナーは宮崎駿デザインか?って思ってしまったけどw

445 名前:名無シネマ@上映中 [2007/07/28(土) 19:44:13 ID:5G5JhebY]
>>442
「あいさつは大事」ですよね。康一君もしっかり挨拶してますね。

443 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/07/28(土) 19:32:50 ID:0Ajkh/5L]
見てきた。
ほのぼのしたシーンは多々あったが、全体的にとても重い話だった。
虐めや犬を○○した奴の描写があまりにもリアルで、
些細な事をきっかけに互いに虐め合った、友達を傷つけてしまった
子供の頃の嫌な記憶を鮮明に思い出してしまう。

父親が息子に劣らずクゥに真剣に向き合っていて、いい親だ。
普通だったら後々の厄介な事を予想して、子供の反対を押し切って
直ぐに河童を家を追い出すかもしれないのに。(自分が親だったらそうする)
実は男の中の男なんじゃ?最後の「作戦」に思わず笑った。

447 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/07/28(土) 19:50:37 ID:z0Ye8SGz]
ごめん、とーちゃん、俺人間の友達が出来たよ。

人間の嫌な所ばかり見せられて
この台詞を聞いたら救われた。

451 名前:名無シネマ@上映中 [2007/07/28(土) 19:57:34 ID:5G5JhebY]
>>447
あそこは小さなシーンなんですけど、ものすごいカタルシスを
感じさせますよね。自分も、なんかホッとしましたよ。

446 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/07/28(土) 19:45:57 ID:DaPKvgpo]
このスレの神様
俺と父ちゃんがこのスレでしばらく書き込む事をお許しくだせえ
俺が生きていけるだけのネタをこのスレで捕る事をお許しくだせえ

,,;⊂⊃;,、
.(・∀・)
.(∩∩)

452 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/07/28(土) 20:07:02 ID:V1wc3wSG]
なんで舞台を東久留米に設定したんだろ。
都内で且つ自然がそこそこ残ってるから?
自分的にはもう景色のあちこちが懐かしくて。川の上を通る西武池袋線とかね。

453 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/07/28(土) 20:15:30 ID:z0Ye8SGz]
>>452
原作者が住んでいた所が東久留米だったから。
ちなみに原作ではヒガシタチバナという架空の町。

454 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/07/28(土) 20:17:41 ID:V1wc3wSG]
thx.そういうことか。

472 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/07/28(土) 21:37:10 ID:9Y0vgk/I]
冒頭部分は画面が暗いから目立たないけど、流血がすごかった。
戦国大合戦では血は描かなかったのに
クゥでは遠慮なくやったって感じ。

496 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/07/28(土) 23:01:28 ID:xuzjpRpc]
オッサンが最期に思ったのは前の飼い主の事だった。
「あのまま殴られてれば良かったかな。
そうすればあいつも少しは気が晴れて
また前みたいに(一緒に遊べたかもしれない)」

涙が止まらなかった。

497 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/07/28(土) 23:04:14 ID:9JvLC5MH]
(´;ω;`)ブワッ

498 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/07/28(土) 23:05:03 ID:z0Ye8SGz]
このスレを覗いただけで目が潤むのは俺だけですか?

503 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/07/28(土) 23:19:01 ID:KAn8rhCn]
>>496
河童親子も人間に酷いことされて、女の子も苛められて、
オッサンも苛めらて、主人公も苛められた。

 四者四様の苛めというか辛いこととの関わりがあったな

500 名前:名無シネマ@上映中 [2007/07/28(土) 23:08:51 ID:5G5JhebY]
みんなそれぞれキャラに感情移入できる部分ありそうだよな。

ていうか後半の雑魚寝のシーンとか、自分的にはせつな過ぎたんだが。

505 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/07/28(土) 23:37:45 ID:9JvLC5MH]
そういえば一つだけふに落ちない事が場面がある
終盤の女の子にクゥを見せにコウイチが行くシーンで
女の子が最後にお父さんのクツを投げ捨ててるけど
あれってどういう意味なのかいまだにわからない

506 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/07/28(土) 23:44:39 ID:VytM636F]

2ちゃんねる映画ブログ

菊地は、父親が浮気して離婚して、母親と一緒に実家に引っ越すんだよね。
靴を捨てるのは、父親への恨みとか決別を表しているのかな、と思った。

508 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/07/28(土) 23:55:09 ID:V1wc3wSG]
ありゃ新しい彼氏の靴じゃないの?
「父ちゃんが浮気して出てって、そしたら母ちゃんも…」って言ってなかった?

509 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/07/28(土) 23:58:48 ID:o8B1T5/O]
>>508
私もそう思った。

510 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/07/29(日) 00:01:42 ID:ALRRE01T]
>>508
そうなの?
真相が解けて良かった
なるほど新しいお父さんのクツって事だったのか納得

512 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/07/29(日) 00:07:59 ID:ryH/oQRN]
>>508
あ、そうなのか。
でも母親に新しい男が出来たのに、母親の実家に引っ越すのかな。
それとも、娘だけ実家に預けられるのかな。

まあともかく、今までいじめられても言い返せなかった菊地が、
いじめっ子にやめてと意志表示したように、大人への腹立ちも
はっきり意志表示したのかと思った。

515 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/07/29(日) 00:16:52 ID:rtqeEmBL]
みんながヒーローっぽく描かれてない所がいいね
マスゴミの取材に疲れ果てた親父が一瞬クゥに向けて恨めしいのか憎いのか
分からない表情を向けてくる所とかね
康一が泣きじゃくってる沙代子を無視して帰るとことかね

517 名前:名無シネマ@上映中 [2007/07/29(日) 00:34:06 ID:9nWVqlrf]
>>515
あの一瞬だけの父親とか、
同年代の男子と女子の成長具合としては当然のリアクションとか、
よく知ってるよな~監督さんは。

518 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/07/29(日) 00:35:11 ID:i0F3F9MH]
泣いてる菊地サヨコを置いて帰るところ、ヒデェと思ったけど
小学生男子なんてあんなもんだよなーと思ったり。
そしたらちゃんと、もう一度会いに行ってホッとした。

576 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう mailto:sage [2007/07/29(日) 13:53:10 ID:+2/yP0wH]
子ども同志の会話がリアルだったなー
パヤオだと、どうやっても教科書的なしゃべりになっちゃうけど。
原監督って独身で子どもいないんだよね?

577 名前:名無しさん@そうだ選挙に行こう mailto:sage [2007/07/29(日) 13:58:39 ID:WIW4WTHz]
>>576
独身で子なしでアニメ嫌いで携帯、FAXがない。

696 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/07/30(月) 01:59:53 ID:XCWw2jW1]
なぜか何も知らずに楽しんでたガキの頃を思い出した
凄く懐かしくて泣けて来る映画だったな
そんなわけで河童の悪口言う奴がいたらおじさんぶち切れちゃうぞ( ^ω^)

700 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2007/07/30(月) 02:19:34 ID:VwBmT1OO]
>>697
俺も同意権だな
俺はオンライン試写会を見た口だけど
正直、何気なく見たんだが
この映画が見れて幸せだと思った
明日病気で死ぬと医者に言われたらこの映画をもう一度見て死ぬと思った
まあ人には好みがあるから誰でもかれでも良い評価は出さないだろうけど
俺は本当に良かった
監督に感謝すらしたいくらいだよ

706 :名無シネマ@上映中 :2007/07/30(月) 08:56:22 ID:84GwXoeD
風がサーと流れて川が波打った
所で涙をポトって落とす演出は素晴らしすぎる。

710 :名無シネマ@上映中 :2007/07/30(月) 09:40:04 ID:YtCLzlbI

2ちゃんねる映画ブログ

遠野の夕焼けの中を自転車で走っていく無声のシーンにじんときた。
大笑いしてるクゥと康一、きっと開放感でいっぱいなんだろう。
何話してるんだろうなー。

854 :名無シネマ@上映中:2007/07/31(火) 09:01:29 ID:W89EjCbk
他の人に薦めたいって思ったのは初めてだよ。
しかも、もう一度劇場で観たいって思ったのも初めて。
ほんとにいい映画だ。


関連記事

  1. 2010/08/28(土) 09:56:47|
  2. か行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<オーストラリア | ホーム | アンタッチャブル>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1380-cfa11e88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR