FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ファーゴ

http://cocoa.2ch.net/movie/kako/985/985517332.html
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無しさん:02/10/19 01:29
ファーゴ (1996/米)

実話をもとにしたコーエン兄弟の第6作。1996年カンヌ国際映画祭最優秀監督賞受賞、N.Y.映画批評家協会賞作品賞受賞、L.A.映画批評家協会賞脚本賞受賞。


5 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/25(日) 19:52
大昔の土曜ワイド劇場を思いださす映画だったなあ。

33 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/26(月) 01:04
後味の悪い結末を味わった後、
「そういえばこの映画って実話に基づいたお話しだったなぁ」
ということを思い出し、さらに後味の悪さを感じる、
というのがこの映画の正しい見方です。

34 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/26(月) 13:54
後味が悪い映画、に賛同。ばとろわなんぞよりよっぽどイヤな感じで人が死にます。
アメリカは、とりあえず銃なんとかしようぜ。なんて真っ当な感想を久々に持った。

11 名前:  投稿日: 2001/03/25(日) 20:10
犯人が死体をミンチにしようと機械にかけてたとこで
そこから足だけ出てるのがイイヨネ。

19 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/25(日) 21:53
とにかくよくもの食う女だったな
あれが主演女優賞かよっ やっぱわからんなあ演技については

2ちゃんねる映画ブログ

78 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/04/01(日) 12:57
主演の女優さんスキダ
ア、ゴーはサーマンに似てるとも言えるし
アカデミーの授賞式でも控えめでなんか感じの良い雰囲気。
AlmostFamousでもいいよね

12 :無名画座@リバイバル上映中:2005/12/28(水) 10:39:16 ID:q/wC2PhV
あの婦人警官の面や台詞まわしに無性に腹が立つのはおいらだけ?
英語のナマリも変だし、やたらと「YEAH」とか「REAL GOOD!」とか連発したり。
あれはノースダコタってあんな変なところなのかな?あんまりカッコよくないね。

22 :無名画座@リバイバル上映中:2006/01/02(月) 11:55:44 ID:RtGyDu5y
>>12
あの辺はドイツ系が多いとかパンフに書いてあったような。
まあ田舎だから普段聞いている英語に比べたら訛っているよ。

23 :無名画座@リバイバル上映中:2006/01/03(火) 01:01:49 ID:NYMwzKA2
俺もフランシスマクドーマンドがむかついてしょうがなかった
ほかの役はそうでもないんだが

41 名前: ファーゴ大好き 投稿日: 2001/03/26(月) 19:52
狂った世界の片隅で生きる切手画家と警察官の夫婦の存在がなければ、
おそらくここまですきになることはなかっただろう。
あの夫脇役だけどなくてはならない存在ですよね?

112 名前: 111 投稿日: 2001/06/04(月) 03:53

2ちゃんねる映画ブログ

あの夫婦、なんか好きです。

38 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/26(月) 14:56
雪国育ちなら5割増でおもしれえ

39 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/26(月) 15:07
感性の歪んでる部分にぴったりそったときに
こっそり面白くなる映画

40 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/26(月) 19:19
頭いかれた東洋人が印象に残ってる

2ちゃんねる映画ブログ

43 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/26(月) 20:34
ヘタレな日本人が出てたね。

45 名前: 名無しシネマさん 投稿日: 2001/03/26(月) 20:42
日本人じゃなくて、日本系アメリカ人だよ。

52 名前: ta 投稿日: 2001/03/26(月) 23:21
マイク・ヤナギダって名前だった。
ところで私はこの映画すっごく面白いと思った。
人間が良く描けていたし、全体的にテンポが良かった。

68 名前: 名無しさん 投稿日: 2001/05/29(火) 00:40
日本人がでてきたのは何故?意味あったん?
ストーカーっぽくてやけに変態ちっくだったが。

あの映画は事実を忠実に再現してるらしいけど、それでか?>日本人

46 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/26(月) 20:42
吹き替えは東北地方の訛りでやってほしいなぁ。

「ヤァ~ア」は当然「ンだ~あ」にするの。

47 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/26(月) 21:02
雪かきのおやじ
「んだはぁ~、おらの見たのはよう…ヘップシ!」

53 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/26(月) 23:34
こう撮れば評論家が褒めますよという映画の見本
コーエン兄弟で、一番むかつく映画

61 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/27(火) 00:35
えー
おもしろかったけどなあ
人の感性って様々だなあ

58 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/27(火) 00:28
オレのなかでのアカデミー作品賞をあげるよ。

66 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/04/01(日) 00:00
やー俺この映画「クソつまんねぇ」って人多いほうが嬉しいなぁ。
素直に面白かった俺がなんか偉くなった気分になれる。
「どこが面白いんだよ」って言われたら「君にはまだ早いよ」とか言ってやんの。

67 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/04/01(日) 00:09
>>66
君みたいなのを真性厨房って言うんだよ。憶えとけ。

69 名前: 名無シネマンさん 投稿日: 2001/04/01(日) 00:17
>>67
オマエモナー(w

70 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/04/01(日) 00:18
デブとか、一面の白(雪)とか、映像的なこだわりはいいと思うけど、
ストーリーはね・・・。
冒頭の「この話は実話です」というテロップがなかったら、なんてことない話だよね。
「へー、実際にこんなことあったんだ」と思うから面白いんであって・・・。

他の「Based On the Truestory」といってる映画も同じようなもんだが

72 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/04/01(日) 01:03
>>70
>冒頭の「この話は実話です」というテロップがなかったら、なんてことない話だよね。
>「へー、実際にこんなことあったんだ」と思うから面白いんであって・・・。
激しく同意っす。

ちなみにこの映画、自分的ベスト3にはいるぐらい好きです。



http://cocoa.2ch.net/movie/kako/990/990799730.html
2ちゃんねる映画ブログ

75 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/01(金) 09:42
これ実話じゃないんだよねぇ?

77 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/01(金) 21:51
>>75
そうそう、かなり騙された奴は多いとみた。
ってか、騙されてたクチだけどね・・・

78 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/01(金) 21:54
実話じゃないの???実話だからあんなにおもろないんだと思ってた。

79 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/01(金) 22:15
>>78
実話じゃない。舞台の中にでっかい人形が出てくるでしょ?
きこりの。あれポール・バニヤン像っていって、
TALL TALE(ホラ話)で有名なんだって。

2ちゃんねる映画ブログ

つまり、「この話は実話である」は嘘だよーんってこと。
うう~コーエン兄弟め!!

80 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/01(金) 22:26
しかし・・・そうだったの??
実話であったとかフィクションだったとか・・・なんかどうでもいいような・・・

81 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/01(金) 22:49
>>79
どうでもイイけど面白い。
コーエン作品は全て遊びゴコロに溢れたすんばらしい映画。

121 名前: 名無しさん 投稿日: 2001/06/05(火) 00:12
うひー実話じゃなかったんだ。騙されちゃった。つーか騙されるに決まってるだろゴラァ!w

んで、日本人でてきたのはなんで?なんか意味あったの?

123 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/05(火) 22:14
実際に起きた事件を元に作ったんでしょ。
だって、最初に断ってたじゃん。
「実話をベース」と「実話に忠実」は
全然違うぞ。

この映画って、陰と陽だよな。
「おかしくも哀しい」もそうだし、
「妊婦と殺人事件」もしかり。
人間の営みの真髄だと思うよ。
これはストーリーもそうだけど、映像として好き。
WHメイシーが樹木がマスゲームのように立ち並ぶ
雪の駐車場を歩くシーンなんて、
そのまま絵になるよな。

125 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/05(火) 22:20
>>123
いや、ほんとにあれは嘘です。
コーエンに関する本は色々出てるので、読んでみて下さい。
微妙な言葉の違いとかじゃなくて、
「嘘」なんですよ。私もあなたも騙されてたんです~!

127 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/05(火) 22:54
>125
そうなんだ。鬱…。
実話じゃないなら駄目、という話じゃないですからね。

129 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/06(水) 07:02
>>127
そうなんだよね。まぁ実話じゃないからって何なんだ?
って感じなのも頷ける。めちゃ面白いんだから、
どっちでも最高~!!

84 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/02(土) 00:25
雪の上でうつぶせになってる死体はプリンスだそうだよ。

85 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/02(土) 00:27
…へ?プリンスってあの…プリンス?

2ちゃんねる映画ブログ

88 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/02(土) 00:45
なんか嘘ついてる奴がいるな。

104 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/03(日) 08:28
>84
プリンスの登場は字幕だけ。実際には出演していないそうです。
IMDbで読みました。

93 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/02(土) 01:21
スタッフの1人がイタズラ心でプリンスのマーク、
例の♂と♀が一緒になったようなヤツね、
アレをクレジットしただけですよ。

ただ、私も映画のエンドクレジット見て、
びっくりしたのは事実です。

98 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/02(土) 22:43
オレ頭悪いからか全然この映画おもしろくなかったんよね。
面白いから観てみろと言われて期待したせいかな?
スゲーがっかりした。
どこが面白いのか誰か教えて。

99 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/02(土) 22:56
>>98
でも、最後に相棒をミンチにするところはおもしろかっただろ?

100 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/02(土) 22:58
なんかすっとぼけたところはちょっと面白いかもしれないと思った。
ストーリーその他はナニコレ? だった。

101 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/02(土) 23:23
俺頭悪いけど、面白かったって言っても良いかな?
でも全てが面白かったなぁ。アホのウィリアム・H・メイシーが
逃げるとことか、オヤジに言い負かされて計画がかわっていっちゃう
とことか、ストーリーもうまくできてたと思う。
あとはやっぱり文句にもあったように「人間はおかしくも哀しい」
ってのが登場人物によく出てたと思う。狂った日系人、
ミンチにされちゃうブシェミ、最後まで悪あがきして泣き叫ぶH・メイシー、
クールなんだかアホなんだかよくわからんP・ストーメア。
みんなおかしいけど最後は哀しいてか惨めだし、
惨めゆえに笑える。最高のユーモアのある映画だと思った。

105 名前: 82 投稿日: 2001/06/03(日) 09:26
>>101
私もこの映画にはユーモアを感じました。
私はどこが面白いって聞かれても、答えられないなあ。

116 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/04(月) 12:51
ブシェミは毎回死に様が最高!

2ちゃんねる映画ブログ

117 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/04(月) 13:50
↑最高ネェ…。「ミラーズ~」では代わり蓑にいつのまにか
殺され、「ファーゴ」ではミンチにされ、「ビッグ・リボウスキ」では
お間抜けな心臓発作…殺されまくりだな。「バートン~」では
ホテルのボーイだったけど、あれってやっぱ殺されたのかな?

124 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/05(火) 22:18
見たのはずいぶん前なので、しっかりと覚えていませんが
すごく面白かった。ビッグリボウスキよりも断然ファーゴかな。
何かの本で、S.ブシェーミは不気味とゆうより「むきみ」っぽい
顔だ・・・と(愛情をもって)書かれていました。
彼自身も、ファーゴでの役は「きっと子供時代に、あまりかまって
もらえなかっただろうと想像できる」と言っており、変な顔!!と
表現されても、こんなにもキャラクターがしっかりしてる映画には
是非とも出演したい、みたいな事を言ってました。
哀しくておかしい、っていうポイントを突く映画ってアメリカには
少ないから、コーエン兄弟の映画は一層好きだな。

109 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/04(月) 01:10
どう考えても「シンプル・プラン」の方が、映画として上質。
コーエン、いい加減悪ふざけだけで金もうけしてんじゃねェよ。

110 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/04(月) 03:40
殺人事件を通して、悪い人たちと良い人たちの
それぞれの別世界が描かれるけれども、
結局、お互いの世界には接点がないって感じた。
凶悪事件に淡々と仕事として取り組む妊婦刑事のほのぼのさがよかった気がする。
細かい内容はよくおぼえてません。

118 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/04(月) 18:32
マージの相棒のなんか頼りなさそうなおっさんもよかった。

119 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/04(月) 22:25
あんなバカ男のくだらない計画のせいで、関係の無い人も含めて5人位?の人が
死んじゃうなんて・・・面白い、面白くないというよりも、観終った後、とても
鬱になりやした・・・
婦警さん、あんな身重で体冷やしちゃいかん!

3 :無名画座@リバイバル上映中:2005/12/27(火) 12:11:45 ID:uYub05TN
コーエン兄弟は、赤ちゃん泥棒の次にファーゴいい!

何やら、滑稽で重くてインパクト強かった

15 :無名画座@リバイバル上映中:2005/12/30(金) 00:42:27 ID:AZCAvsFv
ビデオでレンタルして一週間の間に20回くらい観てしまった
こんなに笑える映画は初めてだ。
こういうブラックコメディーが一番アメリカ映画っぽい

16 :無名画座@リバイバル上映中:2005/12/30(金) 04:23:17 ID:R2XW3KCN
>>15
お前おかしいよ

そこまで笑い満載の映画じゃない

17 :無名画座@リバイバル上映中:2005/12/30(金) 10:10:18 ID:AZCAvsFv
>16
いや露骨なコメディーの10倍可笑しいよ!
主役のオッサンと犯人の駆け引きとかシクジリまくる展開とか
みんな見事なおっちょこちょいを演じていて最高だったよ。
キャストにハンサムや美人が一人もいないのもリアルでいい。
つぅかこの映画コメディーでしょ?うちのブロックバスターではコメディーのコーナーにあったよ

18 :無名画座@リバイバル上映中:2006/01/01(日) 06:26:45 ID:ncVmTV3Q
初観の衝撃はベスト3入るかも、この映画。
コメディーなのに7人も人死ぬんだよな。しかも殺され方とかマフィア映画顔負けのエグさだし。
最後の死体を遮断機に突っ込んで処分する場面とか、え?ここ笑うところなの??とか思いながら鳥肌立ってたよ・
最初はそのグロさに引いたが二度目からコメディーとして観れるようになった。
なんともいえない不思議な映画・・

21 :無名画座@リバイバル上映中:2006/01/01(日) 21:32:26 ID:SRbb5ZX4
なんか、哀しおかしいコメディなんだよね。
運命の手のひらの上で転がされてる皮肉さを描かせたらこの兄弟監督は旨い。
あと美男美女が出ないところもいいよね。
何かのサイトでみたら、必ずしも全てが真実ではないらしいけど、映画に100%リアルを
求めるのもナンセンスと思わせる程完成された映画の一つだと思う。

26 :無名画座@リバイバル上映中:2006/01/03(火) 13:54:16 ID:wUh4PKtE
確かに余りに哀しすぎたり悲惨すぎるとかえって喜劇めいてくるな。
後はもう笑う以外ない、みたいな。

27 :無名画座@リバイバル上映中:2006/01/03(火) 14:30:06 ID:TnPycAQM
ブラックに満ち満ちているね。
コレも好きだが、『ミラーズ・クロッシング』や『バートン・フィンク』もオススメだよ。

28 :無名画座@リバイバル上映中:2006/01/08(日) 09:00:53 ID:R8JHhTfY
確かアメリカ映画史のもっとも偉大な映画100本に入ってたな。
一位が市民ケーンで2位がカサブランカで3位がゴッドファザーで・・・

29 :無名画座@リバイバル上映中:2006/01/08(日) 22:03:57 ID:4yGHdiPT
4位がファーゴ?

31 :無名画座@リバイバル上映中:2006/01/10(火) 00:30:39 ID:HhgPsX+w
4位:風邪と共に去りぬ
5位:アラビアのロレンス



84位:ファーゴ

63 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/05/26(土) 23:18
この映画観て一番すごいと思ったのは、
ピーター・ストーメア。なんじゃありゃ?なんで
あんなにカッコイイのだ?COOOOOOOOOOOL!!

2ちゃんねる映画ブログ

13 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/25(日) 21:43
ひとりはとてもブサイクでもうひとりはマルボロマンに似てたそうだ

37 :無名画座@リバイバル上映中:2006/01/28(土) 04:12:45 ID:XJxFnlgO
ブシェミ、メイシー、ストーメアの三馬鹿は何度観ても笑える。
特に「暴走する馬鹿」ゲアがいい。
アイツ余計な事しかしねぇんだもんw

38 :無名画座@リバイバル上映中:2006/01/28(土) 14:20:01 ID:Qu6QoCz0
けっきょく誰もオスカー取れなかったんだっけ?みんな最高の演技してたのにな
確か婦人警官がオスカーとってたような・
あの女の演技観てると腹立つんだよな

39 :無名画座@リバイバル上映中:2006/02/01(水) 00:11:41 ID:m2QKYDs3
ジョエルの奥さんね。どうして腹立つの?

40 :無名画座@リバイバル上映中:2006/02/13(月) 05:26:45 ID:mGQyXZmA
>>39
演技がすげぇ大げさ

62 :無名画座@リバイバル上映中:2006/04/29(土) 01:45:18 ID:dXfnbz95
>>38
「婦人警官」ってなぁ・・・間違いじゃないけどさぁ・・・
「女性署長」とかなんとか表現したら?そういう立場なんだから。

あと10人いたら9人ぐらい勘違いしてるようだが、ファーゴ(ノースダコタ州)
ってのは狂言誘拐を計画した夫と実行犯の2人が会った時以外には関係ない場所
だよな。なんでそれを題名にしたのか変な話だ。

誘拐が起こった場所はミネアポリス(ミネソタ州)で、いろいろと人が死んだ
のは同じミネソタ州のブレイナードとかいう町。そこの町の女警察署長が主人公。

47 :無名画座@リバイバル上映中:2006/02/18(土) 10:37:27 ID:HQOPpojA
スティーブ・ブシェミが女とやってる所にシェプ(インディアン)が乱入してくるけど、
あれってシェプのアパートなのか?

48 :無名画座@リバイバル上映中:2006/02/18(土) 10:49:44 ID:RPwvJi/S
>>47
あのシーンはマジで吹いたw
シェプに投げらる時スローで観ると
肛門越しに金玉まで見える

49 :無名画座@リバイバル上映中:2006/02/18(土) 22:04:31 ID:gysLq1HD
投げられる人はブシェミじゃないらしいけどね

50 :無名画座@リバイバル上映中:2006/02/18(土) 23:31:50 ID:RPwvJi/S
違うの?投げられる時だけ役者を変更する意味が解らないけど、

51 :無名画座@リバイバル上映中:2006/02/18(土) 23:53:36 ID:8psWCVSg
>>50
転ぶシーンとか派手じゃないアクションシーン専門のスタントマンもいるんだよ。
転んだりひっくり返るだけでも、骨折したり捻挫する可能性はあるじゃん。
その後の撮影に支障が出ないようにするための保険みたいなもんじゃねーの?

52 :無名画座@リバイバル上映中:2006/02/19(日) 00:16:28 ID:mIlJ3K7k
納得。

55 :無名画座@リバイバル上映中:2006/02/22(水) 02:10:52 ID:0bmcapYA
セックル中も別の人がやってる(顔だけブシェミ合成)
と聞いたような気がするけど、どうなの?

57 :無名画座@リバイバル上映中:2006/03/07(火) 04:18:06 ID:yfH/YNRt
>>55
そうらしいよん

97 :無名画座@リバイバル上映中:2006/11/11(土) 03:23:35 ID:rLZnmrsf
ところで、あのミミズは何?
映画の中で何の説明も無いので不思議なんだけど

98 :無名画座@リバイバル上映中:2006/11/11(土) 04:13:33 ID:lxcR34gG
>>97
釣りの餌だす

99 :無名画座@リバイバル上映中:2006/11/12(日) 00:10:43 ID:LL1au9wb
>>97
鳥の餌付けにも使うんじゃないの?
ダンナが鳥の絵を描いて応募してたでしょ。


関連記事

  1. 2010/08/23(月) 22:02:53|
  2. は行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<引き出しの中のラブレター | ホーム | 宇宙戦艦ヤマト 復活篇>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1377-c3327148
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR