FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

メメント

http://tv.2ch.net/movie/kako/1003/10033/1003315084.html
2ちゃんねる映画ブログ

1 名前: 名無しさん 投稿日: 01/12/30 20:37 ID:XNpuAUN9
クリストファー・ノーラン監督
ガイ・ピアース主演(L.A.コンフィデンシャル)
キャリー・アン・モス出演(マトリックス)

メメントとは
     1.記念品、かたみ、(過去の)思いでとなる物
     2.警告となるもの、気づかせるもの
     3.記憶
     4.思い出


77 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/11/05 10:48 ID:ergbVtbu
昨日渋谷で観たけど、めちゃ混んでたっす。
個人的には結構面白かったなあ。緊張感を要求されるような雰囲気が良かった。
ラストは切なかったね。
あと9号室と6号室を間違えて突入するシーンには笑いました。

84 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/11/06 01:11 ID:zZhiidSm
ひとりでビデオで見てたら、途中で止めて号泣してたな。
劇場だったから堪えたけど。
既婚者向け映画かも。

86 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/11/06 01:16 ID:EVNsNQ5G
>>84
どの辺りでぐっとくるの?
未熟な若者に教えて下され。

90 名前: 84 投稿日: 01/11/06 01:23 ID:zZhiidSm
>>86
娼婦を呼んで寝室を小道具で再現するところと、
空っぽのベッドについて語るセリフ。
あ、また泣けてきそう・・・

79 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/11/05 20:39 ID:o6HZd/bp
結局、奥さんを殺したのって誰?
ちなみに自分はメール欄があやしいかと。

以下、プログラムからノーラン監督のインタビュー。
「~もちろん僕の頭の中では、犯人が誰かははっきりしてるが、
それは観客に委ねたいと思う。」

81 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/11/05 23:57 ID:TCKWq+TX
>79
え?レナードが殺したんでしょ?

2ちゃんねる映画ブログ

82 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/11/06 00:09 ID:U1LZh0AY
>81
出たぞ~!!ついに。
・・・って、もうそろそろネタばれも良いか。いろいろ議論を聞きたいところだし。

83 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/11/06 00:55 ID:gODUVIn1
では以下ネタバレで。


>>81
レナード記憶ができないんだから、
サミー(記憶障害のおじさん)を作り出す必要もないと思うんだが。

89 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/11/06 01:24 ID:0TqZ/OC+
>83

2ちゃんねる映画ブログ

サミー・ジェンキンズは実際にいたんでしょ。顧客で。
だけど、彼の妻が自殺した・・・っていうのはレナードが
作り上げた嘘だったわけで。
だからこそ、サミー・ジェンキンズを忘れるなになってんじゃないの?

でも、レナードが記憶障害にかかってると、その記憶を作り出すのも
不可能だから理論的に成立しなくなるのかな?

91 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/11/06 01:31 ID:I5IcReP8
ごめん、全然解釈間違ってるかも知れないんだけど、
あれってレナードが「殺した」って言うより、「殺しちゃった」んじゃ
ないの?麻薬の過剰摂取のせいで。
それでレナードはその事実を認めたくなくて、わざわざサミーの話を
でっちあげ、結果、それを「実際にあった話」として信じちゃったんじゃ
ないかと。そうじゃないと、ラストのあの行動の辻褄が合わない。

93 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/11/06 01:38 ID:0TqZ/OC+
>91
麻薬じゃないでしょ?奥さん、糖尿でインシュリン注射
してたんでしょ。

「殺した」っていうのはもちろんみんな「殺しちゃった」って
意味で言ってるんだと思うよ。
奥さんが記憶障害に陥ったレナードに耐えられなくなって
何度もインシュリンを注射させて、彼に殺させたっつうか
自殺したんでしょ。

94 名前: 91 投稿日: 01/11/06 01:44 ID:I5IcReP8
・・・え?レナード、「妻は糖尿病じゃない」って言ってなかった?
さすがに記憶障害になる前の、奥さんの状態くらい覚えてないか?
大体それじゃ何故、あの麻薬密売人は出てきたの?
フラッシュバックでは、あの男、レナードの家に何度か来てるみたいだよね。
つまり、あの夫婦って麻薬を買ってたんじゃないかと思ったんで、
さっきの解釈になったんだけど・・・。
あれ?僕の記憶違い?

95 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/11/06 01:57 ID:0TqZ/OC+
>94
自宅に来てた?フラッシュバックでは犯人らしき人の
足とかは写ってたけど、ジミー(だよね?売人の名前)
だってはっきり分かる画像なんかあったっけ?

97 名前: 91 投稿日: 01/11/06 02:02 ID:3htcEg3i
>95
うん。ラストの方のフラッシュバックで、奥さんが窓から外を眺めて
あの売人の車が入ってくる所をみてた、ってシーンはあったはず。
大体今更だけど、中盤の奥さんが浴室で殺される場面って、
レナードが頭の中で勝手に作ったでっち上げでしょ?
・・・すまん。何か頭痛くなってきた。何しろこの映画観たのって、
一ヶ月前の試写会だったもんで。間違ってたら、ゴメン。

96 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/11/06 01:58 ID:EVNsNQ5G
>>91
「殺しちゃった」時にはもう、記憶障害にかかってるんだから、
サミーの話をでっち上げる必要は無いし、またでっちあげることはできないと思ったんだけど。

もしかしたら、あまりにもショックが大きいから、無意識のうちに正常な記憶の改竄が行われたか、
刑事とかから話を聞いたり、自分のメモを見たりして自分が殺してしまったことを繰り返し知る
過程で、少しづつ過去の話と関連付けて記憶を変化させるかして、サミーの話を作ったって設定
なのかも、とちょっと思いました
なんか習慣とか反射とかやたら出てきたし。
でもそれじゃ、納得できん。

101 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/11/06 02:40 ID:EVNsNQ5G
1.麻薬のやりすぎが死因だとすると、記憶障害の原因は妻の死なわけですよね,
辻褄が合うと思うけどちょっと弱い気はする。

2.インシュリンが死因の場合、記憶障害の原因は浴室の出来事になって、
>>89(下2行)みたいな矛盾が出てくると思う。>>96みたいなことも考えられるけど。

3.浴室の時点で妻が殺されてる場合は、テディが怪しい(嘘をついてるわけで)。

とりあえず、今の時点では1が一番すっきりする。
もう一度みるか、、

103 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/11/06 23:01 ID:dOMznrwh
テディがレナードに言ってた話が嘘ってこともありうるのかな。

105 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/11/06 23:31 ID:zZhiidSm
観客の心情としては、テディの言ってる話だけは本当だと信じたいね。

2ちゃんねる映画ブログ

107 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/11/07 00:25 ID:o+nhv79d
>105
同意。確かにどう解釈しようと観客の勝手、って所がこの映画の面白さだろうけど、
そこまで疑っては、ミステリーとしての構造が成り立たないよ。

162 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/11/13 03:18 ID:6uMBSN30
アイデアだけでたいして面白くない。

164 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/11/13 07:06 ID:3fsMD1Bu
>>162
だよね。

166 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/11/13 13:32 ID:b7d5hMlG
>>162,164
ストーリーだけを追って受け身で見ているだけじゃ、面白くないのは確か。

でも想像力をちょっと働かせると、こんなに哀しくて怖い映画はない。
だって、レナードはいつまでたっても、妻を失った直後の時間が続くんだよ。
新たな記憶が重ねられて、いつのまにか「時が癒してくれる」ということが
あり得ないんだから。
そういう意味で面白いし、この映画を見てよかったと思う。

188 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/11/16 03:31 ID:1pPXCkaF
この映画が消化不良なのは、
レナードが妻に対してどれほどの愛を持っているか、とか、
レイプ犯の動機(実際にレイプされたのかよくわからんのだが)が描ききれていないところだと思います。

189 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/11/16 04:04 ID:NGrlTt84
>>188
むしろそういう場面がないのが、うざったくなくて良いと思った。

197 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/11/17 07:48 ID:VzYRzbXZ

2ちゃんねる映画ブログ

ナタリーは悪?それとも良い奴?
やっぱレナード操って、テディに復讐したんだろか?
それともジミーなんざどうでもよくて、レナードが憐れだから
無限なる復讐に付き合ってやったのだろうか?
でも最初はいじめてたよなぁレナードを。
それに組織の追っ手を殺させようとしたし。
謎だ。

199 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/11/17 12:04 ID:Rqir3jVH
>>197
>組織の追っ手を殺させようとした

ジミーが返り討ちに合うのを狙っていたとも考えられる!?

252 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/04 02:53 ID:5NEydg94
俺の中ではレナード詐欺師説も。
なぜかと言うと、映画の最後でジミーを殺した後、テディが来た時点で
ジミーを殺したことを忘れたっぽいのに、その後にテディとの会話でレナードが
「20万ドル」と言っている。
なぜジミーを殺したことは忘れているのに20万ドルが車に入ってることは知ってるのか。
それはレナードが詐欺師だからじゃない?
詐欺師になった理由はレナードが快楽殺人者で、捕まっても言い訳したいからってくらい
しか俺には思いつかないけど。
みなさん、この考えどうでしょう

253 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/06 22:43 ID:ymNRJc0H
>>252
ん?
その場面はジミー・グランツを殺してから10分経っていないのでは?

自分がテディに利用されてジミー殺しをしたことに気づいたから、
気づいている、ってことを悟られないように「忘れたフリ」をして
地下室に引き込んだんだと思います。
健忘症が唯一役に立った場面

その場で殺すつもりだったかもしれないが、テディの衝撃の告白で
殺すのを延期、というか次の殺害目標に定めたんだと思う。

ところが、結局20万ドルの事は忘れてテディに取られてしまう。
「鍵はかけておけよ」って・・・

278 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/17 04:54 ID:a082frpE
見る人によって解釈が違って面白いね。
確かに、はじめから完成した映画を見たい、という人には向かないかも。
提示された映像と観客の想像力が合わさって
ひとつの映画、という感じで自分的には楽しめました。

255 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/07 01:17 ID:QW6cb8BU
あれ見た後自分も10分後に新しい記憶をなくしてしまうような
錯覚におちいったよ。

279 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/17 05:35 ID:a082frpE
人の意見聞いてたらわかんなくなってきた。
自分の記憶もけっこうあやしいしね(w
最後のギャメル刑事?の台詞がカギだと思うんだけどなー。
ところで、首の下のメモだけ、鏡文字になっているのには
なんか意味があるのかな?みんなの解釈プリーズ。

2ちゃんねる映画ブログ

280 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/17 15:11 ID:BMhkqIQj
>>279
レナードの入れ墨には2種類あります。
専門店で彫ったもの(レタリング済)と自分で彫ったもの(字が下手)。
胸の入れ墨は手書きなので、鏡を見ながら自分で彫ったという事だと思います。
腹の字が上下逆なのも同じ理由から。

ちなみにレナードは、複雑な入れ墨の手順を難なくこなして
いることから、健忘症にかかる前に入れ墨技術を持っていた
と推測されます。

282 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/19 11:58 ID:NvbG3FK4
公式BBSより。
ノベライズを読むと、レニーはサミーとレニーという人格を持つ
多重人格障害者で、サミーの人格の時は記憶障害がないそうだ。
これで漏れの中では疑問が解け、つじつまが全部合ったよ。

283 名前: 282 投稿日: 01/12/19 12:23 ID:NvbG3FK4
あ、ちょっとニュアンス書き間違えた。正しくは、
サミーもレニーも記憶障害あるんだろうが、実はもう一方の人格が
憶を補完し合ってるんだろうな。

284 名前: 投稿日: 01/12/19 22:52 ID:7OySrorw
しかし、精神病を持ち出されると大抵のことは
つじつまがあってくるけどもちろん精神病でない
観客は理解しがたいね。

293 名前: ネタベレ 投稿日: 01/12/22 22:44 ID:G2uNiA0Q
ノベライズは映画とは結末がちがうらしい。
パンフで作者がそう解説してます。

時系列でまとめると、


・顧客としてサミーと出会う
  サミーに妻はいない。
・レイプ事件発生
  犯人は2人、うち1人はレニーが射殺。もう一人はレニーを殴って逃亡。
  この時点でレニーは記憶障害に。
  妻は死んでいない。(まばたきをするシーンより)
  担当刑事はテディ。
・インシュリン多量投与で妻死亡
  メメントのUS版公式サイトにある、病院の記録、彼自身の日記より推測。
・一人目のジョン.G殺害
  本物のジョン.Gをテディの協力により殺害。
  しかし、忘れてしまう。(テディにより資料を一部抜かれる?)
・二人目のジョン.G殺害
  このときに、胸のところを指差す写真を撮影。
・ジミー殺害
  テディに利用されてジミーを殺害。
  このときに真相を聞かされ、犯人の追跡=自己の存在確認が出来なく
  なることを恐れたレニーは、テディを犯人と暗示させる証拠を捏造。
・ナタリーに会う
  ジミーの服のポケットに入っていたコースターの情報を元にナタリーの店へ。
・ナタリーの家でドッドの話を聞く。
  ナタリーは、組織の追っ手を始末することと、テディへの復讐をレニーに
  させるため、芝居をうつ。
・ドッドと対決
・ナタリーから情報をゲット
・テディ殺害

と、こんなモンでしょうか。
個人的に、なんでジミーの服を着たのかがわからんとこです。

305 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/24 19:29 ID:iqg6U7ig
>>293
>なんでジミーの服を着たのかがわからんとこです。
 俺もそこが疑問。

318 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/28 16:00 ID:E6+cOi1b
私の解釈もだいたい>>293と同じですが、二人目のジョン.G=ジミーではないかと思います。
一人目のジョン.G殺害の時には純粋にレナードのことを思って協力したテディは、復讐する
ことによって記憶障害が治ると考えていました。(そのようなセリフがありましたよね?)
が、治らなかったためジミー殺害に利用したんだと思います。

レナードがジミーの服を着たことは、私もすごく気になってます。

317 名前: ネタばれ 投稿日: 01/12/27 01:37 ID:ulW9uJgD
初めてこのスレ読んだ。私の解釈はほぼ>>293と同じ。
妻への愛情がちゃんと描かれてないから深みが無いという人もいるようだが
私は妻への愛情についての描写は十分だと思った。
あれ以上やられると私自身はウェットすぎて嫌だ。

たとえば妻の遺品を焼くシーン、
(妻が何度も読んでる本についての会話なんて仲のよさそうな夫婦っぽい)
いつも隣に寝ていたらしい妻の表情を思い出すシーン(妻は幸せそう)、
売春婦を雇って記憶を取り戻そうとするシーン、
ナタリーに妻の悪口を言われてぶちきれるシーンなど。
甘えた表情で妻の太ももを触るシーンも結構ぐっと来たな。
(但しこのシーン自体は彼の作り出した虚偽の記憶だから
 私が彼が捏造した記憶に騙されたともいえるが…。)

だから結末はすごく切なく感じたよ。
奥さんの自殺的行動によって自分が妻を死に至らしめたという真相も
忘れてしまったものの、愛する妻が死んだことだけは認識できる。
その結果永遠に続く苦悩と犯人探しという泥沼に落ちた彼。
なんともせつない話だと思ったよ・・・

233 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/11/28 15:44 ID:i4oGwdrj
1回目のゲーム(そもそもの始まり)
・テディつきそいのもと行われ、見事復讐を果たした。(とレナードは思っている)

2回目(本編前~映画本編ラストシーン)
・復讐完了を記憶リセットで忘れ、またジョン・G探しを始める
犯人と思いこんだキャリーアンモスの彼氏を殺す。

3回目(本編)
・彼氏を殺し、テディから真実を告げられたレナードは、よりゲームを完璧にするため、
未来の自分がテディを殺すようにワザと車のナンバーをメモし、「ヤツの嘘を信じるな」と、
ポラに書き込む。彼氏を殺したせいで組織に追われ、麻薬がらみの事件に巻き込まれるものの、
当初の目的であった、ゲームの阻害者テディを殺すことに成功。

4回目以降(本編後)
・テディも死に、真実を語る者も居なくなった。
これでゲームを阻害する要因は排除した。
今日もどこかでジョンG探しゲームをやっているだろう・・・永遠に・・・

というのが私の介錯・・・
レナード曰く「世界は・・・ほらあった!」
レクイエムフォードリームと同じくらい鬱な内容だった・・・

389 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/01/12 12:13 ID:Q5ktxqxP
>>233
今ごろになって見て来ました。今読んでる途中で、>>233さんの読んで嬉しかった。
ほぼ同じ解釈です。しかし、1回目のゲームという情報はテディの言葉だけで、1年前
といっていた。テディが始終レナードの周りにいたということは、テディはずっと彼を
利用していたと思われます。
あと、「何度も繰り返えすと習慣になる」という言葉が出てきますが、ドアにクレジット
カードはさんでブチ破るやり方、ジミーを殺すときに「血で汚れるから服を脱げ」とい
ったりすることで、彼は殺人のやり方を「習慣」として持っていることがわかります。
だから、ゲームは、あの映画の前も後も、何度も繰り返されていた…つまり、彼は
彼が殺したのは何人かわからないほどであり、「復讐のための殺人」という生きる
意味を失ったら何もないのだから、殺したとしても、テディを殺すための嘘のメモを
するときと同じように、次に目覚めた時の自分に「目的」を与えるために、殺人証拠
のポラロイドを焼いて、ずっと新たなるジョン・G殺しをしてきたと思われます。

つまりは、彼はいつのまにか殺人鬼になっていた…。記憶障害という恐怖と苦悩の
中で、彼なりに記憶障害を利用することもしている。それがまた悲しい。

それと想像力を膨らませば、物語の真相は幾重にも想像できます。まずは

○テディが最後に言ったように、レナードはレイプ犯人を殺していて、妻は
  レナードを試してインシュリンの打ち過ぎで死んだ。
○テディが妻殺しの犯人で、レナード=サミーという話はでっちあげ
○レナードが妻殺しで、レイプはでっちあげ。
○元々妻は存在しなかった。記憶障害の中生きていくための理由を持つために
  覚えている間に次に自分が覚醒するまでに、殺人の意味を与えていく。
  つまり、FACTと掘られた内容は、毎回彼が未来の自分に与えるための創作の
  積み重ね。記憶障害と生きるために、記憶を創作することで彼は未来の自分に
  生きる意味を託す。

などなど、いくらでも想像可能です。まさにこういう多元的な解釈を監督は狙った
んではないでしょうか。だからこそ、具体的事件の証拠が彼の記憶以外から出して
来ない。妻との回想シーンもふたりの愛嬢関係に疑問を抱かせるような曖昧な
描写になっていて。「レニーと呼ぶのは妻しかいなかった。いつもレニーと呼ばれる
のが嫌だった」などというセリフを2回も言わせてる。
そして脇役たちの誰ひとり、真実を言っているのかどうか疑わしいような人物描写に
している。テディの言葉を信頼性も曖昧。ナタリーの真意も不確か。
回想シーンもセピア色で、夢か妄想かも? と思わせるような作り。

最初はアイディアに幻惑されましたが、こうして想像だけで見終わった後も映画を
いろいろと楽しめる。そして誰もが真実を判り得ない。――それが監督の目的だった
ような気がします。

アイディアよりも、私はそこがおもしろかったし、何よりも、レナードの孤独、恐怖感
が伝わって、悲しくて鬱になるような気持ちと、どこかでレナードの障害は心因性で
あって、実は彼は彼で障害と記憶をうまく使って、生き延びようとしているのではない
かという、救いとも言いかねる不思議な強さも感じました。

それと共に、何度ジョン・Gを殺しても、彼にとっては、長い時間をかけて探し当てた
という達成感もないし、証拠がポラロイドとメモだけという不安が残り、そしてまた
犯人を殺してしまった後の自分の存在意義の喪失が、また彼を苦しませ、結局ポラ
を焼失させて、また新たなゲームのために嘘のメモ作る→殺人を、繰り返していく
んだなあという、終わりのない底知れぬ恐怖、寂寥感を感じて、心がひんやりとして
本当に悲しくなりました。しかしきっと、彼は最後のシーンのように、実は記憶障害を
逆手にとって、自分に生きる意味を与えつつゲームを楽しんでいるんでしょう。
それだけしか、彼の生きるすべはない。その不屈なところがいいのかもしれません。

390 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/01/12 12:29 ID:Q5ktxqxP
上のレスに追加。混乱している人たちがいるみたいなので。

◆サミーという記憶障害詐欺師は存在したけれど、サミーには妻はおらず、障害は
嘘で、それをレナードが看破したという過去がある。

◆そのために、本物の記憶障害になった上に妻をインシュリンで殺してしまったレナ
ードは、サミーとその妻というでっちあげのストーリーを作る。その話は、資料と称して
持っていたノートに書き込んである。何かあったらそれを思い出させるように、一番
目に付く手の平に「サミーを思い出せ」という文字を彫ったんだと思います。

だから、サミーは実在してはいるけれど、映画で語られるサミーは、=レナードだと
思いました。とにかく、後で考えれば考えるほどおもしろくなる映画です。

394 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/01/13 11:10 ID:mOfeWBWF
>>389 監督はインタビューなどで、犯人は自分の中でははっきりわかってる
と言ってるよ。観客も何度も見れば謎の全てが解き明かせるとも言ってるし。

236 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/11/30 13:55 ID:bSJuEcIt
今の所レナードがどうして売人のジョン・Gの服を欲しがったかが一番の謎です。

391 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/01/12 12:40 ID:Q5ktxqxP
>>236
>今の所レナードがどうして売人のジョン・Gの服を欲しがったかが一番の謎です。

ドアぶち抜き行為、殺した後、服だけではなく車を自分のものにする判断と行動は
「習慣」として彼に身についているように思えました。
つまり、彼はテディに利用され(騙され)、ジョン・Gだと言われてたくさんの人たちを
殺してたと思われます。麻薬取引の連中とも顔見知りみたいだったし。そういうこと
をするうちに、殺人→高価な服、所持品、高価な車は「ちょうだいする」という、犯罪人
気質を「習慣」としてしまったのだと思いました。

ジミーを殺して服を奪っている時にテディが入ってきて、彼もまたジミーのクツのサイズ
を調べて盗んでます。レナードのホテルの部屋のクローゼットで発見されたドッドを逃が
す時も、テディはドッドの車を欲しがります。「車は置いていかせろ」と。
つまりは、テディと何度も何度も犯罪を重ねるうちに、テディの習慣を自分も身につけ
たと考えられるのではないでしょうか。


関連記事

  1. 2010/11/09(火) 09:13:30|
  2. ま行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<おろち | ホーム | おとうと>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1375-ebce57e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR