FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

プラトーン

【バーンズ】プラトーン【エリアス】
http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1148006960/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :ワールド名無しサテライト:04/09/24 17:31:31 ID:wxqLGPAM
86年、米。チャーリー・シーン。ベトナム戦争が過熱する中、名門大学を中退し戦地へやって来た志願兵。
いきなり最前線の小隊に配属された彼にとって、現実の戦争は想像をはるかに超えた過酷なものだった。
彼はそこで戦争の異常な現実を体験する。オリバー・ストーン監督。


3 名前:名無シネマ@上映中 [2006/05/19(金) 12:22:27 ID:7Qt28/i7]
最後のチャーリー・シーンの独白は映画史上に残る名台詞。

10 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/05/20(土) 23:55:34 ID:Xq8LdRb4]
>>3
あのセリフはなんか臭いからいらないと思う

4 名前:名無シネマ@上映中 [2006/05/19(金) 14:02:10 ID:PzhFNO3Q]
あのエリアスのポーズみんな真似したよね

2ちゃんねる映画ブログ

5 名前:名無シネマ@上映中 [2006/05/20(土) 01:06:20 ID:oYy0lR2+]
エリアスかっけぇ

6 名前:名無シネマ@上映中 [2006/05/20(土) 01:45:55 ID:25TQz/DD]
これ視てデフォーを好きになったなあ~
エリアスがベトコンから逃げて撃たれるところの曲とか泣ける

7 名前:名無シネマ@上映中 [2006/05/20(土) 08:42:09 ID:UB0pB3al]
ベトコンじゃなくてNVA
ベトコンてのはゲリラに対する蔑称だよ

303 名前:名無シネマ@上映中 [2006/11/13(月) 17:11:50 ID:3mClorwN]
デフォーが悪役じゃないから違和感アル

18 名前:名無シネマ@上映中 [2006/05/23(火) 11:51:10 ID:f1SWORU4]

2ちゃんねる映画ブログ

ウィレム・デフォーは爬虫類みたいな顔している。
映画より原作のが面白いと思う。
原作書いたの元軍人なんだけど映画ではしょった部分が多い。

54 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/06/03(土) 23:29:05 ID:XTlBP9iL]
亀ですまんが、これに原作はない。
強いて言えば、ストーンが原作者。
デイル・A・ダイのはノヴェライズ。原作とノヴェライズはぜんぜん違うモノだ。
よく出来てるけどね、小説プラトーンも。

個人的には、バニーがベトナム人青年を殴り殺すシーンがトラウマ。
あと、DVD特典映像、めちゃいいぞ。
オニール役の人と軍事アドバイザーのダイ氏、すごい面白い。
デフォーのハイテンションもウケたなあ。

55 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/06/04(日) 01:47:24 ID:PtetcW1g]
>>54
漏れはプラトーン大好きで今まで20回以上観てます
安い方のDVDを既にもってるんですが、そんな漏れは
買い直す価値大有りでしょうか?
エリアスタソのハイテンション(;´Д`)…ハァハァ

56 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/06/04(日) 02:44:08 ID:w0gvA+fO]
>>55
当方も多分二十回くらい観てますが、どうしても片足の青年が殺される場面
で早送りしてしまいます。あそこだけはダメだ。

特別版の特典映像ですが、結構豪華です。
主役クラスの俳優はむろんのこと、フォレスト・ウィテカーやジョニー・デップ
も出て懐かしそうに当時のことを語ってますよ。
エリアスタソは上機嫌ハイテンションで、撮影秘話などを。
ただし、エリアスが語っているというより、処刑人FBIかスピード2の悪役が
喋くっているみたいなので、ガカーリしないでねw
エリアスファンなら、バーンズとの取っ組み合いのシーンの撮影風景とかも
感動すること請け合いっす。

8 名前:名無シネマ@上映中 [2006/05/20(土) 12:04:01 ID:mb7hC7Lm]
ジョニーデップがさりげなく出てるな

2ちゃんねる映画ブログ

9 名前:名無シネマ@上映中 [2006/05/20(土) 12:10:12 ID:ilKR/KAX]
ジョニデのヘルメットにシェリリンフェンの名前が。
当時の彼女だとか。

44 名前:名無シネマ@上映中 [2006/05/30(火) 13:29:05 ID:WaexyFM4]
ジョニデが主役でシーンが通訳ならよかった

11 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/05/21(日) 01:22:25 ID:nbH5fihQ]
この映画は戦争を美化しすぎだな。

12 名前:名無シネマ@上映中 [2006/05/21(日) 04:19:35 ID:z69MsXH5]
だが、それがいい。

22 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/05/26(金) 11:20:27 ID:DZSX7/hq]
>>11
オリバーストーンは、実際に戦場で人を殺してる人だよ。
そしてこの映画は、自分と同じようにベトナム戦争を戦った人たちに向けて作られてる。
だから戦争に対しての愛憎が入り交じってる。

23 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/05/28(日) 00:13:28 ID:aQXkdUAB]
だから、そのオリバー君の視点がねじまがっとるっていっとるんだよ。
所詮は五体満足に生き残った(っつうか経理部隊とかにおったんだろ)
本当に戦場で戦った人たちからみればただの「きれいごと」ばかり。

24 名前:名無シネマ@上映中 [2006/05/28(日) 11:36:44 ID:7j0HbDi/]
経理部隊www何それw
経理とか写真家とかベトナムに行ってないとか確たるソースもなくよくその手の噂を流されるが
ストーン自身はベトナムでブロンズスター勲章とパープルハート勲章受けてるし。
あとプラトーンの原作者は海兵隊出身でのち大尉にまでなったデール・ダイで
ストーン作品に連投してる。

33 名前:名無シネマ@上映中 [2006/05/28(日) 23:24:11 ID:q/gntYmi]
過剰にドラマチックな作品だとは思うが、何を以って「戦争を美化している」になるのか分からん。
当時のストーン自身をモデルにしていると言われる「主人公を美化している」ならまだ分かるが、
それにしたってフィクションが盛り込んであるのは当然のことだろう。映画なんだから。

16 名前:名無シネマ@上映中 [2006/05/21(日) 23:03:41 ID:tlZTAJKE]
DVDの特典にストーンがベトナム時代の小隊の仲間達と同窓会してて彼らの名前もクレジットしてあるのは
あれは「ストーンはベトナムに実は行っていない」なんていう批判もあったらしく
わざわざ入れてあるらしい。

なんか色々大変だなあ。

48 名前:名無シネマ@上映中 [2006/05/31(水) 10:53:03 ID:Ms4nfjM8]
ストーンは志願してるんだね、立派だよな。
だからプラトーンのような作品が作れたんだな。

49 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/05/31(水) 17:47:12 ID:CXv5zORU]
志願の理由は愛国心もあるけど、自殺願望もあったらしい。

17 名前:名無シネマ@上映中 [2006/05/23(火) 02:19:34 ID:nmhRTNGt]
エリアス=善、バーンズ=悪という見方がよくされるけど、
バーンズは悪として捉えるのではなく、現実社会で逞しく生きる男の象徴として捉えるべきではないだろうか。

19 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/05/23(火) 12:03:13 ID:P3QW9YBF]
除隊間近の面白黒人が生き残る珍しい映画

21 名前:名無シネマ@上映中 [2006/05/26(金) 06:19:46 ID:PVXOhKb1]
ストーリーがいまいちだったけど、
主人公の心理描写が上手く描かれていて面白かった。
最後、主人公のバーンズに対する仕打ちは、どうなんだろう?
あそこはグッと堪えるところじゃないのかね?

2ちゃんねる映画ブログ

118 名前:名無シネマ@上映中 [2006/06/15(木) 16:21:55 ID:Kmk1zCJx]
>>21
あそこで殺してホント救われたと思った。
観てて殺したくなった。

50 名前:名無シネマ@上映中 [2006/06/02(金) 12:30:31 ID:dbMESE1y]
この映画が流行った頃学校で口先だけの奴とか卑怯な奴は
「オニール」と呼ばれていた

2ちゃんねる映画ブログ

51 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/06/02(金) 22:40:21 ID:RDM1Y7sT]
オニールいやな奴だけど、どっか憎めないところがある。
バーンズ軍曹たちが焼き払った村で、まだ幼い少女に乱暴した三人組が最高にイヤ。
こんなことが戦時には当たり前に行われていたかと思うと、戦慄する。

エリアスがテイラーに、銃身越しにマリファナ吸わせるところ。
ドキドキした。
確かに爬虫類系なのに、デフォーはセクシーだ。

53 名前:名無シネマ@上映中 [2006/06/03(土) 16:01:52 ID:+m+bPirx]
見所はバニーが豚を撃つシーンだろ

57 名前:名無シネマ@上映中 [2006/06/04(日) 09:01:59 ID:IHQsJTpM]
>>53
豚かわいそう。豚蹴っ飛ばされてたし。
あの豚はその後食べられたんだろうか。

58 名前:名無シネマ@上映中 [2006/06/04(日) 09:30:17 ID:QjRvM9mJ]
スタッフが美味しく頂きました

60 名前:名無シネマ@上映中 [2006/06/04(日) 13:11:40 ID:yyjLYsp8]
なんでこんな昔の映画のスレを立てるの?
アメリカ万歳の欺瞞映画のどこがいいの?

62 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/06/04(日) 14:55:29 ID:slsXxgUV]
当時のアメリカにとっては、衝撃的な内容というか、
触れてはいけないところに触れた作品だったんだけどね。

63 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/06/04(日) 16:39:53 ID:M2ubfh7h]
そうそう。
時代背景を考えなくっちゃいかんと思う。
ベトナム帰りの兵士たち(O・ストーンみたいに志願した連中もいたが、たいていは
マイノリティーとか、白人でも下層社会の人々)は、本国アメリカで迫害を受けた。
心身ともに傷ついて帰ってきたのに、だ。
自分を含めた戦争を知らない人間が、簡単に批判できることではない。
自分は別にストーンを擁護するつもりはないが、彼は「7月4日に生まれて」でも
そういうアメリカのつらい歴史の一部分を描いている。

戦争映画なんて、いわゆる名作と言われるものでも、所詮は○○バンザイの
欺瞞に満ちたものだと思う。

64 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/06/04(日) 20:49:08 ID:fqnkMWIH]
そうかな?
63はもっとたくさん映画を見ましょう

68 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/06/05(月) 01:54:15 ID:lBJoHRht]
本編はリアルな映像で、胸が詰まるような思いで観た。
メジャー・リーグの2人が出ていたのが印象的。
デフォーとべレンジャーのキャラが反対なのも面白い。
特にべレンジャーの顔の傷が痛々しかった。

2ちゃんねる映画ブログ

特典は、別のドキュメンタリー映画を観てるように楽しめた。
監督が嫌われていたのがよくわかった。
皆が監督の物まねをするのが面白かった。
映像もナレーションも、ジョニー・デップが頻繁に出てくるのには笑った。
本編には数えるほどしか出ていないのに。
骨太の男達の中、紅一点のようにハッとする美しさだった。

69 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/06/05(月) 02:27:45 ID:DjwzKcEc]
ジョニデはフワフワのパーマヘアーでコメントに参加してた。
一応戦争映画なんだし髪の毛切って来いと思った。

72 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/06/05(月) 14:30:39 ID:AvG04SqK]
>>68
監督が周りに嫌われるのはしょうがないのかな。
出演者と意見の対立もあるだろうし、結局監督が最終的な決定下すんだろうし。
レッドドラゴン見たときも、エドワード・ノートンとブレット・ラトナーの関係は微妙な感じだった。
まあ、ストーンの場合は単に性格が悪くて、嫌われてたのかもしれないが。
逆に出演者達に評判がいいのに、作った作品はクソっていう監督もいるし、監督は嫌われて何ぼ、ってところがあるのかもなぁ。

73 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/06/05(月) 15:08:30 ID:kgdfv0Ex]
出演者はみんな軍隊式にしごかれてたいそうきつかったそうだ。
んでオリバー監督は交尾中のゴキブリを寝てる人の口に入れて
怒り狂ってるのを見て喜んでたそうだ。
ちなみに活きたゴキブリを飲み込んで胃の中で繁殖して死んだ人がいるらしいので
ゴキブリを飲み込むのは危険なんだが
入れられた方もいい思い出みたいに語ってて笑えた。

74 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/06/05(月) 15:14:44 ID:AvG04SqK]
ストーンさいあくだな

88 名前:名無シネマ@上映中 [2006/06/07(水) 22:52:09 ID:SQHdEJvm]
プラトーンは映画より文庫本のが面白いよ。
ストーンによる映画の設定を基本に、更にデイル・ダイが自らの経験から肉付け・加筆して
映像化されてない部分も色々書いてある。
エリアス、バーンズも映画みたいに単純に善悪で分けてなくて人物の背景まで迫ってるし
兵士の心理描写も映画で見るより自分なんかは感情移入しやすかった。
村を制圧する様子も映画より詳しく、生々しい。
映画プラトーンの厨っぽいノリがあわない人はこっち読んだ方がいいかも。

109 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/06/12(月) 00:10:39 ID:GsoJhiMe]
>>88
映画版だってエリアスとバーンズは単純に善悪ってわけでもないし

100 名前:名無シネマ@上映中 [2006/06/11(日) 18:21:05 ID:C4sJ+VlL]
ラストの戦闘、べトコンの人間爆弾で指令所ごと吹っ飛ばされたのってもしかして無能小隊長?

101 名前:名無シネマ@上映中 [2006/06/11(日) 18:30:30 ID:C4sJ+VlL]
ウォルフ中尉だ。中盤で味方の頭上に砲撃要請しちゃった人

2ちゃんねる映画ブログ

102 名前:名無シネマ@上映中 [2006/06/11(日) 19:20:16 ID:iGE7a6h0]
無能小隊長は爆弾で目やられて銃でズドン

113 名前:名無シネマ@上映中 [2006/06/14(水) 19:38:06 ID:1VmUl8Et]
蛇がシュルシュルと主人公の足元を通過して行った
シーンが一番記憶に残っている。
これぞジャングルだなと思って観ていた。

ところでボンボンのウルフ中尉は映画では戦死したのか?
中学時代、統率力のない運動部のキャプテンがウルフ中尉
って呼ばれてたな。

114 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/06/14(水) 20:03:17 ID:oruCYQqA]
君んとこの中学はプラトーンのあだ名つけられた奴ばっかなのか

115 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/06/15(木) 10:40:04 ID:BcJ8rKdM]
>>113
ウルフ
最後の戦闘の時に爆発で目をやられ両手で顔を塞ぎながらノタウチまわっている時
撃たれてます、多分戦死かな。

116 名前:名無シネマ@上映中 [2006/06/15(木) 14:24:30 ID:u8mPeh4n]
主人公の戦友の黒人兵(名前は忘れた)が最後の夜の
戦闘の直前に除隊命令が出て帰還するときに主人公と
握手代わり?に拳をたたき合って別れるシーンを
高校時代によくまねしてた。

111 名前:名無シネマ@上映中 [2006/06/13(火) 23:34:11 ID:HuJ2AkqW]
デイル・ダイってプラトーン以後すっかり役者づいてるというか今では何でも出てるね
軍人上がりのキャラクター俳優としてはリー・アーメイと双璧だ

117 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/06/15(木) 15:36:25 ID:TuRE10ZI]
真面目に聞きたい。
エリアスのあの『バンザイポーズ』は何なのか?

特典映像でデフォー氏は、「ヘリにでも天国にでもいいから、上に向かって
手を伸ばせと監督に言われた」と話している。
キリストの最期の姿だという説もある。
エリアスはアメリカ先住民の血をひく男(そうはみえんが)という設定を
考えると、どれもぴんとこない。
名シーンだとは思う。
深い意味はないのでしょうか・・・

120 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/06/15(木) 22:41:06 ID:SojRSdGz]
エリアスのポーズは、単にヘリに置いてけぼりにされて助けを求めてるポーズと思いますよ

122 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/06/16(金) 12:43:51 ID:8RsyFIsI]
ヘリに気付く余裕なんてあったのかな

121 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/06/15(木) 23:35:58 ID:BcJ8rKdM]
>>120
ヒント「グリコ」

126 名前:名無シネマ@上映中 [2006/06/19(月) 07:53:38 ID:MF/kLfGO]

2ちゃんねる映画ブログ

ケビン・ディロンっていまいちブレイクしなかったね
兄のマット・ディロンはよく見かけるけど

129 名前:名無シネマ@上映中 [2006/06/21(水) 21:57:34 ID:pQ9tpPpQ]
ケビンディロンは一番イケメンだったけどその後どうなったの?
何に出たの?
エリアスとバーンズはその後いい作品あったの?
教えてください。

130 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/06/21(水) 22:22:08 ID:Cfq7TL9P]
バーンズ=トム・べレンジャーは何本か主役で出てる映画があるよ
「山猫は眠らない」が俺的にはお勧め!
海兵隊狙撃手の話でトムタソメッチャかこいいよ!

131 名前:名無シネマ@上映中 [2006/06/21(水) 23:00:55 ID:xti7ATA/]
ケビン・ディロンはオリバーの「ドアーズ」にもドラマーのジョン・デンズモア役で出てるよ。
 
171 名前:名無シネマ@上映中 [2006/07/21(金) 04:22:53 ID:++mKEoJ1]
エリアスめちゃくちゃかっこよかった。戦争ものの映画でプラトーンほど気に入ったのは他にないなぁ…

172 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/07/21(金) 13:39:48 ID:GTNsKepc]
俺はこの映画を戦争映画の基準にしている。
残念ながらこいつを越える作品は未だに無い
他ではドイツ版スターリングラードがぐっと来た

191 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/08/12(土) 07:46:15 ID:ApRIC19W]
プラトーンって題名の響きがいいと思う

192 名前:名無シネマ@上映中 [2006/08/17(木) 16:30:59 ID:wp3YkaPS]
正しく発音すると“プラトゥーン”じゃないの?

195 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/08/17(木) 17:32:02 ID:xFobjWgQ]
ドンドン!パンパン!セレムニカ!ドンドン!パンパン!セレムニカ!
ドンドン!パンパン!セレムニカ!ドンドン!パンパン!セレムニカ!

2ちゃんねる映画ブログ

あのおばちゃんの声が頭から離れない

257 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/09/29(金) 12:36:02 ID:zsN1so3m]
女子供率のやけに高いベトナムの貧乏な村が悲しい

258 名前:名無シネマ@上映中 [2006/09/29(金) 21:14:14 ID:iF+tYThH]
戦争で男が出ていったんじゃないの?

260 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/09/29(金) 21:51:48 ID:e6voZQl/]
男は壕の中に隠れて、手榴弾であぼん

196 名前:名無シネマ@上映中 [2006/08/17(木) 20:00:04 ID:kfOf6rVk]
オリバーストーンの映画って映像が明るすぎて奥行きがなくって好きじゃないけど
これはジャングルのせいかあんまり気にならなかった。
他のはいかにも映画用の照明ですって画面で好きでない。
組んでるカメラマン誰?

197 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/08/17(木) 20:20:00 ID:gXEVZaIN]
>>196
カメラマンかどうか解らないけど撮影はロバート・リチャードソンって人

203 名前:名無シネマ@上映中 [2006/08/22(火) 23:35:59 ID:c5lAe1uK]
>>197
ロバートリチャードソンって、映画よりテレビドラマ向きのカメラマンって気がする。
中頃までの作品見た限りでは、全体的に明るくて見やすいっちゃ見やすいけど
陰影の感じがいまいち単調というか・・
違うカメラマンと組んでみればいいのに。

204 名前:奥さまは名無しさん [2006/08/22(火) 23:43:46 ID:LRksEwP2]
>197,203
「プラトーン」のときはまだロバート・リチャードソンが
新人だった影響で、中期のようなギトギトの凝った映像には
なってないんだね。

202 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/08/22(火) 00:52:53 ID:EuHD3ghH]
グッバーーーーーイ!!マダーッファッカーーーーーーズ!!

209 名前:名無シネマ@上映中 [2006/08/28(月) 19:00:29 ID:FQRayKFI]
アルティメット版の未公開シーンでびっくりした所
>>202
のシーンで黒人の戦友、キング(?)が帰るのを見送った後、クリスは毛布をたくさんかぶった
奇妙な兵隊に、「火はあるか」と声をかけられる。クリスがその兵隊の煙草(マリファナ?)に
火を点けて顔を見ると、なんと、戦死したエリアスそっくりだった。だが、顔面蒼白で死人のよう。
そいつは、[Later](後でな)と言い残して去ってゆく。
ストーン監督のコメント;「エリアスを死神として出してみたけど、エリアスらしくないのでカットした」

最後の激しい戦闘シーンの後、クリスがバーンズを射殺するが、射殺しないで終わりにする
というバージョンもあった。
バーンズ;「やれよ」
クリス;銃を構えて撃とうとするが、ニヤリと笑い、撃たずに去ってゆく。
バーンズ;「戻って来い、根性のねえヤツだ!この腰抜けめ!」と罵倒する。
ストーン監督のコメント;「こちらのいわゆるハッピーエンディングの方がいい、という意見が多かったが、
却下した。戦争でのヒーローとは、残酷な人物でなければならない」

それ以外にも、今、超人気のJ・デップが長々とシーン達と会話をしているシーンもあった。
若い女性の中には、それだけが目当てでアルティメットを買っている人もいるそうだ。

210 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/08/28(月) 20:20:40 ID:D3EOlgtI]
ええっ!
み、見たい、死神エリアス!
それだけが目当てで買ってもいいな・・・
貴重な情報ありがとうございます。

211 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/08/28(月) 22:22:07 ID:4T6YSLbw]
死神エリアス、はじめに見たときはエリアスだと気づかなかったなあ・・・。
冒頭の空港のシーンで、新兵たちとすれ違ったベテラン兵士の一番後ろにいた、
クリスと長々と目を合わせていた兵士かと思ったよ。

215 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/09/04(月) 15:29:19 ID:0ZY6ia0H]
死神なんて発想は話に入らなくて良かった。陳腐になるだけ。
特典で見る分にはいいけど。

この監督はこういう余計な事は一切しない方がいい。

304 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/11/13(月) 23:49:48 ID:EN6WM1/M]
バーンズがエリアスを撃った理由は
エリアスが生きてたら軍法会議にかけられるから?

305 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/11/14(火) 01:21:06 ID:27Fyfzv0]
うん。一番の理由はそれだろうけど。
バーンズは顔の傷のことなんかもあって、かなり個人的な戦争をしてるからね。
その自分の戦争にチョロチョロと介入してくる、人としての心を忘れない
エリアスが、前々からかなり邪魔だったのでは?
「あいつ、個人行動多いし、みょ~に新兵に優しいし、こんな糞みてーな
殺るか殺られるかの場面で正義振りかざしやがって。うぜーよ」
みたいな。

306 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/11/14(火) 13:26:09 ID:2+6KcX5p]
なるほどね

312 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/11/23(木) 08:49:54 ID:ckEYR1tc]
最初の方で半ケツ出してるのってエリアスなんだね。

313 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/11/23(木) 16:23:08 ID:RWrZK7oA]
うんうん。
おしり真っ白だよねw
傍で見ててありがとなーとか言ってるの、ジョニー・デップだよね。

314 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/11/23(木) 16:38:59 ID:DgYi5QUS]
強姦を止めたテイラーにツバ吐く兵士の人って、その前のバーンズが
村長の奥さんを殺したシーンで悲痛な表情をしてるのに、強姦に参加
してるんだよなあ。なんなんだよコイツ。

316 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2006/11/25(土) 23:34:41 ID:1Q2hE3MN]
>>314
味方の迫撃砲で吹っ飛んだやつか。ジュニアもバーンズのことを狂ってる
とか言ってたが参加してたな。


関連記事

  1. 2010/09/09(木) 21:57:52|
  2. は行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<彼岸島 | ホーム | その日のまえに>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1371-8fa3631f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR