FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

銀河鉄道999

銀河鉄道999【The Galaxy Express 999】
http://anime3.2ch.net/test/read.cgi/animovie/1171191618/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/11(日) 20:00:18 ID:ODRKFfY7
【作品説明】

漫画版アンドロメダ編を、コンパクトな形で再構成した全編新作のアニメ映画作品。
1979年公開。監督のりんたろう、キャラクターデザインの小松原一男、美術の椋尾篁のトリオは
松本原作のテレビアニメ『宇宙海賊キャプテンハーロック』のスタッフであり
これを気に入っていた東映動画の今田智憲社長による指名である。
大きな変更点として、青春映画にしたいという製作陣の意図により
主人公の鉄郎の年齢設定が10歳から15歳に引き上げられていることと
漫画版、TVアニメ版に比べ鉄郎の顔が男前になっていることである。


ストーリー構成は、これまでに漫画版で描かれてきた山場というべきエピソードを中心に再構成。
原作・テレビでは旅立ち前の出来事であった機械伯爵との決戦が中盤に移動しているなど
時系列の入れ替えが大胆に行われている。
また本作最大の特徴は、漫画版・テレビアニメ版共に未完結の時点での制作であったにも
関わらず「これからも鉄郎の旅は続く」といった尻切れにせず、漫画・テレビに先んじて
アンドロメダ編の結末を一番最初に披露したことである。
メーテルの正体や『機械の体をただでくれる星』の真実といった、序盤から挙げられていた
謎の回答を先に見せるという当時としては大胆な試みがなされていた。
(その後に描かれた漫画版・テレビ版の結末は、大筋の設定以外は展開が変更され
全く同じ轍を通る作りにはなっていない)


配給収入は16億5000万円。
1979年度の邦画の第一位で、これはアニメ映画史上初の快挙だった。
さらに1980年の第3回日本アカデミー賞特別賞(話題賞)を受賞。
映画雑誌『キネマ旬報』のキネマ旬報ベストテンでは17位と、映画としてアニメ映画が
評価されなかった時代に異例の評価を得る。
同じくキネマ旬報の読者選出ベストテンでは5位、ぴあテンでは8位を獲得している。


2 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 [2007/02/11(日) 20:02:31 ID:ODRKFfY7]
【スタッフ&キャスト】

企画・原作・構成:松本零士
製作総指揮:今田智憲
製作担当:横井三郎
企画:有賀 健・高見義雄
脚本:石森史郎
監修:市川 崑
監督:りんたろう
作画監督:小松原一男
美術:椋尾 篁・窪田忠雄
作画監督補佐:角田紘一
美術補佐:山川 昇
音楽:青木 望

声の出演    
星野鉄郎:野沢雅子
メーテル:池田昌子
クレア:麻上洋子
車掌:肝付兼太
キャプテン・ハーロック:井上真樹夫
クイーン・エメラルダス:田島令子
大山トチロー:富山 敬
リューズ:小原乃梨子
機械伯爵:柴田秀勝
シャドー:藤田渉子
酒場の主人:槐 柳二
鉄郎の母:坪井章子
ドクター・パン:納谷悟朗

主題歌
『THE GALAXY EXPRESS 999』
『TAKING OFF』
作詞:奈良橋陽子・山川啓介
作曲:タケカワユキヒデ
編曲:ミッキー吉野
歌・演奏:ゴダイゴ

5 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 [2007/02/12(月) 06:52:28 ID:rlTaib1a]
ちょっと、つめこみすぎというか、欲張りすぎの感じはあるけどおもしろい。
りんたろう監督の数少ないw名作の一つ。

10 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 mailto:sage [2007/02/12(月) 18:05:15 ID:51ebu3bH]
奇跡的な名作だね。
松本零士アニメはこれ一本観ておけば十分。

33 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 mailto:sage [2007/02/18(日) 21:58:42 ID:P898KNU0]
この映画で一番偉いのは
松本零士でも石森史郎でもりんたろうでもない。
出来上がっただらだらテンポの悪いものを
映画で大事なのは編集のリズムですテンポですってことでばっさりと余分なところを切った市川崑です。
松本零士は二番目かな。
元のプロットを考えたってことで。

35 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 mailto:sage [2007/02/19(月) 07:55:25 ID:/2Jwmv8c]
市川崑はシーンの入れ替えを1箇所しただけじゃなかったのか?

36 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 mailto:sage [2007/02/19(月) 22:47:23 ID:mVHdxspg]
>>35
アニメ夜話で語られてたな。
テンポ悪かったのを市川崑が直させたって。
それが証拠にさよならはだらだらだったと。
よう知らんけど。

60 名前:名無しさん@お腹いっぱい。 mailto:sage [2007/03/02(金) 06:46:27 ID:BK0UGrOr]
四半世紀ぶりに観た。
絵も綺麗だし、音楽も素晴らしい。
鉄朗にときめくとは思わなかった。いや、
若いっていいですね。

78 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! mailto:sage [2007/03/12(月) 01:51:26 ID:bqlRyozk]
ゴダイゴの歌がないとなんか締まらないよなぁ

2ちゃんねる映画ブログ

181 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! mailto:sage [2007/03/25(日) 10:57:53 ID:LwQIZ886]
劇場版第一作で、よくできてるな~と感心したのは、
鉄郎&メーテルがトチローのお母さんのもとから去る時のシーンのカット割り
(「息子さんの名前は…?」「名前は…私の作ったそれと同じ帽子をかぶってるよ」
・「男の子だもんねえ、男の子を産んだんだから仕方ないよねえ…」)
と、
クレアがプロメシュームに抱きついて光って散るときのBGMが明るい曲
(悲壮なのではなく)がとても演出的に秀逸だと思う。

207 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! mailto:sage [2007/04/03(火) 08:05:30 ID:vaBCITkd]
一作目のラストのナレーションが好きや…
「万感の想いを乗せて汽笛がなる 万感の想いを乗せて列車がゆく…」
チャンチャンチャーン チャンチャンチャーン さあ行くんだ…

208 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! mailto:sage [2007/04/03(火) 15:38:55 ID:5wHBbven]
今その一作目を初めて観ている俺はお前のレスで泣いた

320 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! [2007/06/15(金) 01:44:07 ID:GWwkR3c6]
今、DVDで見返してみたけどやっぱ、
最後の「万感の思いをこめて~」のナレーション→鉄郎が振り返ってゴダイゴのEDスタート!
ここが一番いいな。

また明日から頑張って仕事しようと元気が出てきた

375 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! mailto:sage [2007/07/06(金) 17:10:02 ID:VDvnVEwT]
今でもラジオでゴダイゴの曲が流れると
俺の頭の中ではあのシーンがプレイバックされる。
つーかこのスレにいる人は全員かw

223 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! mailto:sage [2007/04/08(日) 23:22:39 ID:+iQDCeTD]

2ちゃんねる映画ブログ

劇場版で鉄郎の顔をちょっとカッコよく描いたのは正解だったと思う
俺みたいにTV版には何の思い入れもない若い世代でも
それほど古さを感じずに今でも楽しめるわけだしね

280 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! [2007/05/18(金) 16:23:59 ID:ah51/pDJ]
テレビシリーズも映画くらいイケメンだったらもっと視聴率が良かったろうに。

337 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! [2007/06/17(日) 10:29:38 ID:Qa2H9rDJ]
「たとえメーテルが魔女だって死神だって…」
生きた部品にされた人間からすれば、メーテルはその通りだな。
おまけに最後は、メーテル星の自壊とともに見捨てられるし。
鉄郎と逃げるだけではなく、部品たちも連れていってやれよ。
やさしさのかけらもない冷血女め。

338 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! [2007/06/17(日) 10:58:29 ID:NpnqkHeH]
初夏になってくると変な書き込みが出てきますね。

341 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! mailto:sage [2007/06/17(日) 18:35:42 ID:kWFo8Bf4]
>>337
メーテルが連れてきたのは、いざというときに崩壊の手助けをする、
そのために命を捨てる覚悟をした「勇敢な人々」だと思ってたけど…

343 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! [2007/06/18(月) 00:26:00 ID:+ZxoHugL]
>341 そんな台詞ありましたね

345 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! mailto:sage [2007/06/18(月) 15:49:54 ID:2QhGxw9h]
メーテルは何度も勇敢な少年たちをネジにしてるんだ
鉄郎の前の少年がカワイソス
「何で俺の時にやってくれなかったんだ」と思ってるかもしれない

354 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! [2007/06/20(水) 03:34:53 ID:t+T3Lxth]
>>341
しかし、だ。
現に彼女は、鉄郎にだって惑星メーテルに着くまで目的を明かさなかったじゃないか。
裏切られたと感じたからこそ、
鉄郎は「汚いゾー、このメスブタ!」と怒りのビンタをお見舞いしたわけだろ?
おまけに、旅の途中で疑念を起こさせないよう、あの手この手で篭絡するんだよ、この性悪女は。
「気のせいかな、段々沈んでいくように見えるんだ」との思いも、
「メーテルには気を許すな」というアンタレスの言葉も、
この映画のベスト・ショットの一つ、髪の毛すくい(特に二度目は、指を口もとに添えるポーズでKO必至)にかかってはナンセンスと化す。
でも一番あくどいのは、母親の生き写し、ということだろう。これであなたは私の掌の上で転がるのよ、てな感じで。
冥王星に着く前にコートの中に抱き入れて、「母さんといるみたいだ」とドツボに沈めるのも朝飯前。
車内灯に映った二人の姿を見て、計算通りね、ここは「女衒」メーテルの真骨頂だな。
そして終着駅まで引っ張って、さっさと肉体から意思を分離させてネジに注入して一丁上がり、のわけだったが…。
あとは>>345に同意。

356 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! [2007/06/20(水) 19:39:35 ID:TuPNy0ew]

2ちゃんねる映画ブログ

でも喪服着てるってことで許してあげて

600 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! [2007/11/15(木) 01:19:04 ID:jTnFYwrZ]
メーテルの懐に抱かれた鉄郎がうらやましぃ。めちゃあったかそうだな…、あと、めちゃやわらかそうだな

601 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! mailto:sage [2007/11/15(木) 10:43:42 ID:S8N+e29o]
>>600
ガリガリに細いから柔らかそうじゃないのが残念なんだよなぁ
性格の良い鉄郎にジェラシーを抱く度に自分が醜く思われてしまう。
あぁ。メーテルはなんて罪深いお人なんだ…

602 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! mailto:sage [2007/11/15(木) 12:46:52 ID:zpn14JQW]
基本的に貧乳しかいないからな

721 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! mailto:sage [2008/02/01(金) 22:03:44 ID:Lnh0H7Au]
映画見たとき、こわもてのエメラルダスやハーロックから
一目置かれてて対等なメーテルが頼もしかった

メーテルには「母の強さ」みたいなのを感じるよなー

367 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! mailto:sage [2007/07/02(月) 01:03:28 ID:/TOEz1mE]
この映画て笑い所がないけど一作目の
鉄郎が機械伯爵に止めを刺そうと走りながら攻撃したシーンに吹いてしまった
走る必要ないんじゃないかあれw
シリアスなのに
あと車掌さんがアイス食べてるときと上手く吹けてない指笛

368 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! mailto:sage [2007/07/02(月) 15:15:25 ID:8EjptvUy]
>>367
食堂車でメニューが読めない鉄郎は?

369 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! mailto:sage [2007/07/02(月) 19:32:38 ID:LUXiXVgm]
あれはメニューが読めないんではなくて
料理名だけ聞いても実際調理された状態がわからないだけでは?
ステーキが肉を焼いた料理とは知らなかったのだろう

370 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! mailto:sage [2007/07/02(月) 20:35:02 ID:opLH9FYK]
This is a pen
とか言ってなかったか?>鉄郎

371 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! mailto:sage [2007/07/03(火) 15:24:19 ID:1HP5wH4D]
>>369
鉄郎は「ビフテキ」は理解してたようだ

だが、日本語が標準語になってる宇宙の食堂車のメニューが
なんで英語(?)なんだろう。
普通日本語での料理名もつけるだろうに。

373 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! mailto:sage [2007/07/05(木) 23:09:59 ID:K/asYus0]
>>371
あれは英語(もしくは外国語)表記のメニューだったのか

単に鉄郎が教育を受ける機会に恵まれず
英語が理解できなかっただけなのだろうか…

522 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! [2007/09/28(金) 22:45:57 ID:nsR/gpCF]
今日久しぶりにビデオで観てみた。
今観ても面白かったな。
でも観た後って必ず胸がキュンと切なくなって
どうしようもなくなるんだよな。これは昔から。
何度観ても切ない映画だ。

523 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! mailto:sage [2007/09/29(土) 08:10:15 ID:Z4LRHTOQ]
>>522
禿同 その通りだよな。

638 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! mailto:sage [2008/01/05(土) 19:56:16 ID:Cq+6jdRY]
当時のことを調べていたら驚いたことに1作目の999って制作期間半年くらいなんだね
1979年の8月公開で
りんたろう監督、小松原一男作画監督、椋尾篁美術監督といったメインスタッフは
1979年の2月までTV版ハーロックの仕事をしてる

3年掛けるジブリとはえらい違いだ

647 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! mailto:sage [2008/01/09(水) 14:28:11 ID:Po83kO4m]
メーテル星を構成している部品の数々は、メーテルと旅をして来た反機械化を目指す
自らの命も差し出した同士だった…
にもかかわらず、メーテル星が崩壊していく時
「離さないでぇ!」「腕が!足が!」を叫んでいるのは何とも言えず後味が悪かった。

648 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! mailto:sage [2008/01/09(水) 14:44:46 ID:x3K4FXrA]
>>647
たぶん離さないでって言ってるのは
プロメシュームが集めさせたDQNだろう。

メーテルが集めた意志が強く勇敢な若者は
中枢部に集中してるとオモワレ
いくらメーテルでも1回の旅がどれくらいの期間あるか知らないが
外装パーツ用の人間、何万人も集められないのではないだろうか。

658 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! [2008/01/14(月) 00:12:23 ID:/Q1LPY6C]
劇場版1作目のラストの別れで
「メーテル~」って叫ぶシーンは野沢さんが本当に叫んでいるので
全然鉄郎の口と声が合っていない・・が最高です。
池田昌子さんの嗚咽の声も入っている。

661 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! mailto:sage [2008/01/14(月) 18:50:48 ID:kE3mgDE1]
>>658
>池田昌子さんの嗚咽の声も入っている

気が付かなかった
今度見直してみよう

663 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! [2008/01/14(月) 23:21:29 ID:gv5sV3eI]
>>661
野沢雅子さんが最後に「メーテル~」って叫ぶ前に、メーテルが遠ざかっていくところで
「鉄郎・・」って言おうとしたのか高い声で「ううっ」って感じで声が入っています。
当時のアニメージュのインタビューで池田昌子さんが
「野沢さんが号泣してメーテル~って叫ぶからつられて私も泣いちゃいました」
っ言っています。
ちなみにこのラストはテスト録りが採用されたって聞いたことがあります。

664 名前:661 mailto:sage [2008/01/15(火) 20:19:20 ID:VXOxre9g]
>>663
確認しました。確かに入ってます。
よく気が付かれましたね。
このシーンは見ているこっちも気持ちが盛り上がっているので中々判りませんでした。
詳しく教えていただいてありがとうございます。

725 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! mailto:sage [2008/02/05(火) 21:12:32 ID:RK6JeFzS]
最近映画のDVDを見直してやっと気づいた
駅で鉄郎にパスをかっぱらわれる機械人間の女の声は
鉄郎の母の声だ

726 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! mailto:sage [2008/02/06(水) 09:46:26 ID:GfYnrrh6]
鉄郎の母はリサイクルに貢献していたのだ

2ちゃんねる映画ブログ

肉体のあらゆるデータをメーテルに
身体は機械伯爵に
魂は機械化人の女に

727 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! mailto:sage [2008/02/06(水) 20:42:44 ID:atHhhHW8]
m9(・∀・)ソレダ゙!!

729 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! mailto:sage [2008/02/07(木) 10:11:50 ID:O2roVMgX]
>>726
つまり
パスをかっぱらわれたようにしたてて、
実はかっぱらわせたのだな

738 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! mailto:sage [2008/02/13(水) 23:49:43 ID:FCERD52a]
映画999の監修であられた市川崑さんという方がなくなられたそうです

2ちゃんねる映画ブログ

739 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! mailto:sage [2008/02/14(木) 02:36:35 ID:+4Gdj1Fr]
「という方」ってw

いや、ご冥福をお祈りします。

740 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! [2008/02/14(木) 05:53:13 ID:YX7+nr/Q]
この映画を名作にしてくれた方だよ。

有難うございました。

743 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! [2008/02/14(木) 11:13:23 ID:HUrQVizC]
>>740
公開当時は名前だけの監修だと思っていたが、色々と
いい意見を出して、いい作品にしてくれたらしいね。
監督のりんたろうが言っていたけど、当初は地球から
普通に始まるはずだった構成を、999の帰還という最高
にカッコイイプロローグを付けるように指示したのは市川
監督だったとか。
あのシーンがあるとないとでは、格調が2段階くらい違う。
ご冥福をお祈りします。

744 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! [2008/02/14(木) 11:16:21 ID:HUrQVizC]
追記。
彼自身、実写に移る前はアニメーターだったことも、影響
していたのかもしれない。
999が出発していくところじゃなくて、帰還してくるところ
というチョイスも渋い。

745 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! mailto:sage [2008/02/14(木) 20:38:29 ID:qMqyEmT3]
>>743
それは初耳。確かに999の帰還をもってくるなんて凄いな。
一瞬でメーテルのいう今までの旅の重みや、999に対する夢や、
綿々と続いてきた時間を感じることができるね。だからこそ鉄郎の旅が
特別な意味を持っていると思える。

余分なシーンをばっさりカットして、冗長なオナヌー映画になるところを
映画として観られるものにしてくれたって話はよく聞くけど。菊

753 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! [2008/02/18(月) 00:19:39 ID:iIcOQ/op]
質問です。アンタレスがメーテルをいわゆるレントゲンにかけたところ、ちゃんと人間の骨が映し出されたですよね!? …え?ってことはメーテルは生身の人間?それともやっぱ機械人? プロメシュームは『お前に永遠の命を授けてやった』と言ってますよね…アレ???

754 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! mailto:sage [2008/02/18(月) 04:17:20 ID:6d5EAB86]
あのへんは説明不足かもしれないですよね
じつは機械化人の星には肉体のホログラム投影の装置とかX線スキャン装置を瞬時に乗っ取る
プログラムコードなどが存在していて、アンタレスがそのことに気が付きメーテルを再び疑い出したのは
鉄郎とメーテルを開放してからのことだった・・ くらいに頭の中で変換してます

755 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! mailto:sage [2008/02/18(月) 14:50:58 ID:IrkxLFMi]
けどメーテルはラーメンとか普通に食ってるぞ
機械化人はカプセル錠の人間の命しか食べなかったんじゃない?

756 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! mailto:sage [2008/02/18(月) 15:05:57 ID:kpdTL3Ty]
メーテルは首からDr.バンをぶら下げ
カモフラージュランジェリーなる物をつけていて、人間の骨骼に見せていたという設定。

冥王星の氷の中に自分のオリジナル体がある以上、今の体は人工的な物だって解釈ぐらいしろよ。
永遠の命を全宇宙に広める事でその繁栄をなす機械帝国の次期女王が、生身の人間でどうするよ?
逆に究極の機械人間ぐらいじゃないと、なんの説得力もないだろうよ.

757 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! mailto:sage [2008/02/18(月) 15:13:56 ID:9DLLvwQT]
メーテルの体はそこらの安い機械人とちがって
コスト度外視、単独隠密行動をするため
他者から分からないように
外見・内面ともに人間と変わらないようにできている。
ミルクを飲んでも錆びない。
アンタレスのときも
レントゲンもぱっと見はわからないが、
機械骨格のために何か人と違うものを発見したのだろう。

758 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! [2008/02/18(月) 16:37:47 ID:iIcOQ/op]
なるほろ~冥王星のことすっかり忘れてた☆ …しかし、それでいてラーメン食ってもミルク飲んでもOKとは。 なんかメーテルが恐ろしくなってきた(>_<)

759 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! [2008/02/18(月) 16:41:36 ID:iIcOQ/op]
そういえば時間城でアンタレスが自爆するとき、『メーテルには、…メーテルには気を許すな』と言ってたな。やはりアンタレスは何かに気付いてたのかな

2ちゃんねる映画ブログ

760 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! mailto:sage [2008/02/18(月) 16:48:23 ID:9DLLvwQT]
もしかしたらアンタレスは
惑星メーテルという名前を思いだしただけかもしれない

817 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! mailto:sage [2008/03/26(水) 14:09:51 ID:1Lo/eZ/l]
チラ裏です。

乗り物好きの7才の息子と一緒にみました。
母親が撃たれる場面では涙し、999がとびたつ場面では
目を輝かし、メーテルの美しさに心を奪われた様子でした。

メーテルって水戸黄門の印籠みたいな安心感があるのかなぁ。
登場する度「あぁぁ!メーテルだ!メーテルだよ!!」
と口にしてました。
「お母さん、どうして鉄郎とメーテルを別れなきゃいけないの?」
という質問にこう答えておいた。

「メーテルは、優しくて勇気のある男の子の所に来てくれる人なんだよ。
一緒に旅して鉄郎君は強くなり、大人になってメーテルがいなく
やっていけるようになったからサヨナラするんだよ。
鉄郎君と一緒にいたいけど、メーテルを待ってる男の子達がたくさんいるんだよ。」

「鉄郎は大人じゃないよ(姿は)
メーテルは機械の人だけど優しいし、人間と機械が仲良く暮らせる
星をメーテルとつくればいいじゃん。」

切ないですねぇ。でも、とてもいい映画でした。
メーテルは少年の永遠の女性なんですね。

820 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! mailto:sage [2008/03/27(木) 18:42:33 ID:foe234yz]
>>817
ちゃんと子どもに言っておけよ。

2ちゃんねる映画ブログ

メーテルには騙されるなって。
ネジにされて人生負け組になっちまうぞ!

823 名前:見ろ!名無しがゴミのようだ! [2008/03/28(金) 15:32:25 ID:sHthdN99]
メーテルになら騙されてもイイ


関連記事

  1. 2010/08/14(土) 14:11:22|
  2. か行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<運命のボタン | ホーム | がんばれ!ベアーズ ニュー・シーズン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1355-a0e601c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR