FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ムーラン・ルージュ

‥‥‥ムーランルージュ‥‥‥
http://tv.2ch.net/movie/kako/1003/10039/1003991691.html
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中:04/12/13 17:28:49 ID:omukOuf7
【監督】 バズ・ラーマン(「ロミオ&ジュリエット」)
【出演】 ニコール・キッドマン ユアン・マクレガー
【配給】 20世紀フォックス
舞台は1899年、ボヘミアン・ムーブメント吹き荒れるパリ。
毎夜、絢爛豪華なレビューが行われるナイトクラブ「ムーラン・ルージュ」で、
高級娼婦サティーンと貧乏な青年詩人クリスチャンが出会った。
2人の悲恋が、華麗かつポップなナンバーで彩られる、アヴァンギャルドなミュージカル・ムービーだ。

エルトン・ジョンの「ユア・ソング」を主人公のテーマソングに据えてみたり、2人が愛の語らいをするシーンでは
往年のヒットソング(ビートルズ「愛こそはすべて」、ジョー・コッカー&ジェニファー・ウォーンズ「愛と青春の旅立ち」、
ドリー・パートン「オールウェイズ・ラヴ・ユー」…などなど)を一節ずつ使って美しいメドレーにしてみたりと、その手法はなんとも大胆。
その一方で、デヴィッド・フォスターがプロデュースしたオリジナル曲「Come What May」は、
ミュージカル・ナンバーの王道といえる、胸を締めつけるラブソングに仕上がっている。

公式 ttp://www.foxjapan.com/movies/moulinrouge/

 ”この世で最高の幸せは誰かを愛し その人からも愛されることだ!” 


24 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/11/03 14:21 ID:7McPfT27
昨日見た。
ミュージカル好きな人にはいいんじゃない?
大画面で音響の良い映画館で観ましょう。

26 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/11/03 15:10 ID:I9gG3H0y
年齢制限なしのわかりやすい(深みのない)ストーリーなんだけど、
みどころはスピード。カメラワーク。漫画みたいな(アリーマイラブとか
ロミジュリみたいな)展開。2時間連続打ち上げ花火みたいなんだけど、
疲れるひとは疲れるかも。でも飽きないよ。舞台の魅力と条件を教えてくれるよね。
お金一番、とか人脈の使い方、とかアホみたいだけど情熱とか・・・才能とか・・。

29 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/11/05 12:04 ID:4lchF9xC
いいよ!
80年代ポップス全開。
それより何より、すんごく映画的な映画。
映像に映画ならではの遊びがたくさんあって、ああ、製作者が映画というものを
愛してるんだなってすごく気持ちよくなった。
月にロケットばぶつかるシーンにおおっと思ったことのある
コアな映画ファンには超オススメ。

53 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/11/09 23:20 ID:ZCq2EuBZ
たった今、試写会から帰って来たんだけど。
まいった・・・こりゃ本物の傑作だわ、皮肉抜きで。
前半、中盤は予想通り大笑い、ノリノリなんだけど、クライマックス、
こんなにストレートに「泣き」が入るとは思わんかった。ボロボロに泣いてしまったよ。
とにかくこれ、「ブルース・ブラザーズ」とか「ムトゥ」とかを観て
心底面白かった!と思った人なら、必見の映画と断言。

59 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/11/11 19:31 ID:iZITXsLO
試写会に行ってきた。実はぜんぜん期待してなかったんだけど。
がーん、めっちゃおもろい! ムトゥ好きなら…ってのに同意!!
(これ系好きなら、ブルース・ブラザーズもお薦めなのか。メモメモ。)
物語自体は凡庸なラブストーリーだと思うんだけど、演出が非凡。
つくづく、歌って良いなぁ、映画っていいなぁと思ったよー。

54 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/11/10 00:34 ID:mFcEywLL
試写会行って来たんだけど、面白かったよ。
ニコールがあんな動きをするなんてーーー。撮影楽しそうだなって思った。
前半と後半にあるショーの場面が良かった。圧倒されました。音楽も良かったし・・
サントラ買いたくなっちゃったよ。

ミュージカル(いきなり歌いだす)に抵抗の無い人なら楽しめると思うな。

68 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/11/12 01:25 ID:f4UH8rt/
9日の試写観たけど、超~~~~~つまんなかった。
ってか、この映画を面白いって堂々と言えちゃう人の感性疑うよ~。
往年のミュージカル映画をバカにしている。
ムーラン・ルージュの関係者に、とっても失礼。
映像も音楽も演出も何もかも全てガサツ過ぎて、胸が悪くなった。
これならサンリ○・ピュー○ランドとかのパレード観てたほうがまし(笑)。

69 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/11/12 02:09 ID:QSpgWMzR
ってゆ~かすごく好き嫌いが分かれる映画だと思うのです。
私は個人的には大好き。でも、宣伝では悲恋部分を強調しているが、
それに期待してみるとがっかり、という映画だと思う。
悪趣味でキッチュでゲイテイスト満載で、しかもベタベタ。
80年代のヒット曲とかが好きだったりして、しかもパロディとかが
理解できる人とか、「ロッキー・ホラー・ショー」が好きな人には
はまるかな。あと、ラジニカーントが出ているインド映画が好きな
人とか。
タンゴヴァージョンの「ロクサーヌ」なんて超かっこいいよ。

83 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/11/13 21:25 ID:iodn1Hbw
冒頭のFOXロゴのパロディは、FOX社の人に最初、難色を
示されたそうです。頭かたいのね。

84 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/11/13 21:46 ID:1GUn9kSw
でも、あのFOXロゴはパロディではないよね。
むしろ、ロゴに敬意を表しているとさえ言えると私は思ったけど・・・

それに、実際、あのFOXロゴは観客をこの映画の世界に引き入れるのに
貢献していると思う。 頭の固い人って、どこにもいるんだねぇ~

85 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/11/13 21:50 ID:iodn1Hbw
そうですね。「パロディ」と書いたのはわたしの言葉のあや、みたいな
ものかもだ。「改変」ですかね、正しくは。

ソースは日本版Newsweekの記事。なんて書いてあったか正確に
思い出せないのでスマソ。

131 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/11/17 17:40 ID:OmPpKH5L
結核で死にそうなのにあんなに歌えるかっ!

136 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/11/17 19:57 ID:H9xHvpQl
ニコールもユアンもアテレコじゃなくってちゃんと自分で歌ってるって知って驚き&見直しました。
好きと嫌いがはっきり出る映画と思うけど、私は好きでした。
確かに病気であそこまで歌えるか?って思ったけど。

178 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/11/19 01:59 ID:qD9Ws7zz
ユアンがアブサン飲んで、緑のティンカーベルが出てくるとこでハマった。
な~んだ、真面目に話を追わなくてもいい映画なんだって。
もう、キラキラピカピカな豪華絢爛の映像で押し捲る力技映画。素晴らしい!

209 名前: 名無しシネマさん 投稿日: 01/11/20 22:36 ID:wCXQBTol

2ちゃんねる映画ブログ

ニコールキッドマン=「ハリウッドの名取佑子」

210 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/11/20 22:37 ID:w59Xnah0
>209
いえてるいえてる。

222 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/11/21 22:19 ID:ue2mOPUF
今日新宿で観てきました。
思ったよりユアン・マクレガーが良かった。
映画的には、かなり面白かった!
洋楽の知識が無い人には、たとえ字幕がついてても
歌詞から「あ!」って即わからないと100%楽しめないよね。
自分は,洋楽マニアなのでかなり楽しめました。サイコーサイコー♪
友人達に勧めようと思います。

223 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/11/21 22:25 ID:DNOVzkLZ
正直、人に薦めるのは諸刃の剣だと思う。

227 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/11/21 23:39 ID:PFSEU5Cc
正直長かった。もう少し短くしてくれよ。
あと「COME WHAT MAY」でもっと盛り上がって欲しかった。
それ以外は(・∀・)イイ!ぜィ。
ニコールが名取裕子は激しく胴衣。ユアンはもっと痩せろ。

228 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/11/22 01:20 ID:55puf25d
>>227
>「ユアンはもっと痩せろ。」

2ちゃんねる映画ブログ

同意。文人の繊細さが…なんかタフガイっぽいもん。

243 名前: s 投稿日: 01/11/22 21:00 ID:kFTLrsUD
ユアンはどんな女優とも絡めるな。「普通じゃない」んときのキャメロン
ディアスともいい感じだった。

393 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/11/27 00:50 ID:may4Fd/9
同性ながら萌えるぜ、サティーン!!
アタシも象のお部屋で、黒のランジェリーで男誘いたーい!
がいしゅつだがユアン痩せれ。

251 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/11/23 00:39 ID:U1n/uzs7
笑いと涙と、歌に踊りにCGに、
その上、気合まんまんキッドマンまで、もてんこもり。
体調悪い時見たら下痢をおこしそうな
デコレーション過剰な素晴らしい映画だよなぁ!
ハリウッド映画はこうでなくちゃね!
ベストナンバーは「ダイヤが最高」と言っておこう。
ユアンの歌唱は素直な発声で好感が持てました。

221 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/11/21 22:03 ID:o+uTyqYH

2ちゃんねる映画ブログ

ニコールがブランコで降りてきたあと仰向けになって大勢の男の人に担がれるシーンって
何かの映画のパロディ? どこかで見た記憶があるんだけど。
「ショーほど素敵な商売はない」だろうか「キャバレー」だろうかとずっとモヤモヤしています。

226 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/11/21 23:07 ID:dZgGz2BA
>>221
「紳士は金髪がお好き」のマリリン・モンローのショーの
場面です。
マドンナが「マテリアル・ガール」でパロディやってます。
途中で歌詞が出てくるのはそのせいです。
こういう知ってたらもっと楽しめる事って、この映画の
他のシーンにもあるのかもしれないですね。

259 名前: 221 投稿日: 01/11/23 12:29 ID:P/rFHPNS
>226さん。レスありがとう。
「紳士は金髪がお好き」でしたか!
ビデオを見たくなりました。
この映画はパロディのオンパレードのような気がします。
おっしゃるように知っていればより楽しめるでしょうね。

273 名前: ミュージカルシーンの曲 投稿日: 01/11/24 07:38 ID:MeUgSK5r
「スメルズ・ライク・ティーン・スピリット」
「チルドレン・オブ・ザ・レボリューション」
「マテリアル・ガール」
「リズム・オブ・ザ・ナイト」
「ユアソング」
「オール・ユー・ニード・イズ・ラブ」
「「アイ・ワズ・メイド・フォー・ラビン・ユー」
「ワン・モア・ナイト」
「「プライド(イン・ザ・ネーム・オブ・ラブ)」
「アイ・ウィル・オールウェイズ・ラブ・ユー」
「ライク・ア・ヴァージン」
Performed by ニコール・キッドマン、ユアン・マクレガー、他)


最高じゃあ。この映画おもろすぎだよ。

276 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/11/24 11:33 ID:RgNZ++Go
>>273
クイーンの「ショウ・マスト・ゴー・オン」もわすれずに!

お腹いっぱい。
こういう金の使い方は好きだなぁ。

262 名前: ユーマ 投稿日: 01/11/23 19:51 ID:Gv6TmCdu
めちゃおもろかった!
キッドマン綺麗!
ユアンかわいかったし…

トゥルーズ役の人いいかんじ!
名前わかんないや…

サントラ欲しい!

278 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/11/24 15:18 ID:WgZMkf6m
>>262

2ちゃんねる映画ブログ

トゥールーズ役はジョン・レグイザモ。
ラーマン監督の前作「ロミオ&ジュリエット」でティボルト役をやってた人。

323 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/11/25 21:55 ID:N9rkldih
さっき2回目見てきました!
立ち飲み屋でいっぱいひっかけて行ったせいか、
カイリーミノーグあたりで、脳内麻薬が「ドバ」「ドバ」「ドバ」。
象の部屋のシーンは1回目より笑ったし、
シリーラブソングで涙腺が緩んでからは、
ピークが来る度に涙だだ漏れ状態。
後半のステージシーンでは、鳥肌立ちまくるし、
もー最高。
メインのふたりもいいけど、脇を固める役者さん達が素晴らしい。
絵も編集も凄い計算されつくしてる感じだし、
この映画、最強!
また来週、絶対見にいくぞ!

325 名前: 304 投稿日: 01/11/25 23:13 ID:Dm3TfYLI
>>323
そうそう! 脳内麻薬出るよね。
映画観てそんなふうになったのははじめてだった。

326 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/11/25 23:16 ID:1n4ozna8
俺もその脳内麻薬のせいか
前半、半笑い状態だった。

521 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/11/29 01:02 ID:Bvwr4glC

2ちゃんねる映画ブログ

ラーマンの映画は、恋する2人が見つめ合うシーンが好きです。
ロミ+ジュリのクレアとレオの水槽越しのシーンが大好きで、あれはクレアの
目の力だと思ってたんだけど、キッドマンの目も吸い込まれそうだった。
なんか、見ているこっちが恥ずかしくなるような恋する目っていいですよね。

523 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/11/29 01:25 ID:BawpRo5W
>>521
そうそう。2人の目ってすごいよね。
あれだけで、何かわからないけどかなぁ~~り くるね(笑)

524 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/11/29 01:27 ID:DheUFme/
俺は、最後の舞台で、マハラジャ役やった、店長(?)の頬ベニに萌えた

2ちゃんねる映画ブログ

760 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/06 23:55 ID:7Fx992BC
主人公はあのムーランルージュのオーナーかと思った・・・
それくらいよく登場してたな。あのフォルスタッフみたいなオジサン。

762 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/07 00:05 ID:1qPOJbxG
どう考えても主人公はムーランルージュのオーナーです

貧乏作家と劇場お抱えのスターが愛だ恋だとうつつを抜かしている間も
彼はあの劇場とあれだけの数のダンサー(とお針子たちも?)を食わせて
いかなければならない

劇場経営者としての責任、サティーンへの愛情、舞台人としての矜持、
その他もろもろに引き裂かれながらけなげに生きる彼が一番人間的です。

472 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/11/28 16:29 ID:7dM9lVDq
ミュージカル大好き人間だからこそ、この映画、ダイーーキライ。
バカのひとつ覚えみたいな、細かいカット割りの連続で、ウザイ。
せめてミュージカルシーンだけでもカットを割らないでじっくり
正面から撮って欲しかった。
ミュージカルって、本来エンターテイナーの芸を見せるもので
これでは宝の持ち腐れ。
大勢のダンサーが頑張って踊っているのに、あー、もったいない。

474 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/11/28 16:42 ID:Qnk0QFLc
むしろ、細かいカット割りあったから、飽きずに観れるつーのはあるけどな。
旧態依然のミュージカルじゃあ、2001年にやる必要ないわけで。
この映画、だーーーーーーーいすきっ サティーン!!!

476 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/11/28 17:12 ID:32H5aosC
俺はマンセー派だけど472の言ってる事にも同意する。
俺も客の視点から観たかった。
っていうかあの劇中劇最初から最後まで観たいぞ。
DVDの特典にそういうのつけてくれないかな・・・高くなってもいいから。

533 名前: 真のネタバレ2 投稿日: 01/11/29 10:25 ID:xJEgF00E
以下の書き込みは、この映画を未見の方は読まないで下さい。

ムーラン・ルージュ!は、だまし絵のような、実に複雑な構造をなした映画です。
◎トゥルーズ(ロートレック)は劇中、クリスチャンに諭します。
 「真実は見た目と違う」と。
◎また最後のステージのオープニングで次のようにラップします。
 「俺は真実を語る」と。
◎映画の冒頭、トゥルーズはシタールの精の扮装で次のように歌います。
 「この物語はひとりの青年の物語」であると。
◎一番ハッピーであるはずのエレファントメドレーの後、どうしてトゥルーズは
 涙をためながら、ユアソングを歌うのでしょうか?

この映画はふたつの異なる時間軸上で物語が同時進行します。
一見、心奪われるのは「小説の中で進行する物語」の方ですが、
製作者の意図は、明らかに別のところにあります。
エンドロールの最後に「これは愛についての物語」と、駄目押しをしますが、
この映画は献身的な愛と思いやりで、ひとりの女がひとりの男の魂を救う物語なのです。
なぜなら、かつてその男が真っ直ぐな愛で、日陰の身の女の魂を救ったから。
全ては、サティーンの最後のお願いと、
「わたしはずっとあなたの側にいるわ」という台詞に集約されています。

この映画はミュージカルに見えますが、単なるミュージカルではないのです。
パンフ記載のインタビューで、ラーマン監督は「私はストーリーテラー」と語っています。
ムーラン・ルージュ!のストーリーは決して陳腐ではありません。
極めて映画的な手法と文法を使って、愛による救済を訴えた物語なのです。

この映画の唯一の欠点は、クリスチャンの書いた小説が、
いまいち読む気になれなさそうなものである可能性が高い、
ということぐらいでしょうか。

ムーラン・ルージュ!大傑作です!!

534 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/11/29 14:36 ID:U1xqEgTv
≫533さん
そうか!そういう事だったのか!
私、なぜトゥールーズがあそこで涙目なのか、いまいち理解出来なかったんだけど、
あぁなるほど、と思ったよ。
う~ん奥深い…。
これはもう一度観に行かねば。

544 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/11/29 23:10 ID:4ZO2X+tb
2回もみる気はなかったけど>>533を見てもう一度見ようかとおもったよ

548 名前: 472さんへ 投稿日: 01/11/29 23:58 ID:KhwAbFPX
>>533
ん~、何度も読んで考えましたがちょっとわかりにくいところがあるので
教えてもらえますか?

>◎一番ハッピーであるはずのエレファントメドレーの後、どうしてトゥルーズは
 涙をためながら、ユアソングを歌うのでしょうか?

これはなぜですか?

>この映画はふたつの異なる時間軸上で物語が同時進行します。

これは「クリスチャンとサティーン」と「トゥルーズの語り」のこと?

>この映画は献身的な愛と思いやりで、ひとりの女がひとりの男の魂を救う物語なのです。

ひとりの女とひとりの男とは誰のことですか?

>全ては、サティーンの最後のお願いと、
>「わたしはずっとあなたの側にいるわ」という台詞に集約されています。

全てとは具体的には何のことですか?
すみません、今度の日曜にまたいくつもりなので
何とかすっきりしたいんです。おねがいします。

555 名前: 真のネタバレ(フォロー1) 投稿日: 01/11/30 00:51 ID:NR63/q70
>>548
まずこの映画の4つの階層について。
ステージ1…冒頭の赤いカーテンのこちら側。観ている我々です。
ステージ2…物語を創作する作家のひとり芝居。
ステージ3…執筆中の小説の忠実な視覚化。
ステージ4…最後の♪スペクタキュラ♪な劇中劇。
      尚、このステージは冒頭の赤いカーテンで仕切られており、
      映画を見ている我々は、正装した観客達として映画に参加。
      ステージ1へループ。
出演者の中では、トゥルーズ(ロートレック)だけが、
階層を飛び越すことを許されています。
                        つづく。

557 名前: 真のネタバレ(フォロー2) 投稿日: 01/11/30 01:13 ID:NR63/q70
Q.「この映画はふたつの異なる時間軸上で物語が同時進行します」とは?
A.>>555のステージ2とステージ3。すなわち、
  「物語を創作中の作家のひとり芝居」と
  「執筆中の小説の忠実な視覚化」の同時進行です。
  ムーランルージュの外観もステージの違いではっきりと区別されています。
  ステージ2…地味。
  ステージ3…派手、というか現実感のない外観。小説の視覚化なので、デフォルメされています。

Q.「ひとりの女とひとりの男とは誰のことですか?」
A.小説を執筆中の作家とこの小説を書かせる動機となった女性(すでに死去)です。
  ちなみにクリスチャンとサティーンは小説の登場人物です。

                 つづく。

560 名前: 真のネタバレ(フォロー3) 投稿日: 01/11/30 01:27 ID:NR63/q70
Q.「一番ハッピーであるはずのエレファントメドレーの後、どうしてトゥルーズは
   涙をためながら、ユアソングを歌うのでしょうか?」
A.>>555で書いた通り、トゥルーズは4つの階層をまたぐことが許されているので、
  クリスチャンとサティーンのその後の運命を知っているからです。

Q.『全ては、サティーンの最後のお願いと、「わたしはずっとあなたの側にいるわ」
  という台詞に集約されています』とは?
A.この映画の主題は、愛した人を失うことによって、
  生きる意味まで無くしかけたひとりの男が、物語を紡ぐことによって、
  再び生きる意味を見出す、というところにあります。
  目には見えませんが、孤独に執筆を続ける作家の傍らには、
  常に彼を励ましつづける女性の姿があるのです。
  今は亡きその女性はムーランルージュの売春婦だったはずです。
  小説は彼の創作ですが、恐らくは彼が体験したことをベースに
  創られていて、彼が一心に愛した女性が最後に残した言葉を
  小説の中でサティーンに言わせているのです。
  ちなみに俺は、
  作家と女性はクリスチャンとサティーンという名前では無かった、
  との立場をとりたいと思います。
  その女性はサティーンのようにステージ上で歌いきって亡くなったのではなく、
  生きることの意味を見出し、自らの生命を謳いきって亡くなったと思うのです。
  その方がステージ4で我々が映画に参加することの意味が深まるからです。
  この映画は創作することの不思議さ、
  作品に命を吹き込むことの意義、素晴らしさを歌い上げていると、
  俺は思うのです。

なまいきな事を書いてしまって、みなさん、ごめんなさい。

              おわり。

684 名前: BDR529 投稿日: 01/12/03 17:44 ID:fqqWVLWo
「ロッキーホラー~」ファンですが、はまりました!
オールナイト上映でシャンパン空けたいですね!!
カンカンダンスで銀紙ふぶきだ!!

685 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/03 17:57 ID:t78fuDW3
>>684
禿同!
オールナイト上映でどっかやってほしー!お祭りだー!

686 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/12/03 18:02 ID:yQye1lyA
俺もここに書き込んでる皆と
オールナイトで笑ったり、泣いたり、歌ったりしながら
この映画観てみたいよ。


関連記事

  1. 2010/09/11(土) 09:40:17|
  2. ま行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<蟹工船 | ホーム | ピンクパンサー2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1353-bd84fd93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR