FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

オーストラリア

【バズ・ラーマン】オーストラリア 2【反日プロパガンダ】
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1234458823/
2ちゃんねる映画ブログ

1 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/02/13(金) 02:13:43 ID:IcaL/HBc]
日本軍によるダーウィン空爆を背景にした戦争ロマン

監督 バズ・ラーマン
出演 ニコール・キッドマン
    ヒュー・ジャックマン

IMDb        http://www.imdb.com/title/tt0455824/
米国公式サイト http://www.australiamovie.com/
日本公式サイト http://movies.foxjapan.com/australia/

2009年2月28日全国ロードショー


804 名前:名無シネマ@上映中 [2009/02/28(土) 12:15:17 ID:KANelNRI]
反日的なシーンはどの程度出てくるの?
ごく一部分なら観に行ってもいいけど、あまりに全面に出されてるなら耐え難いから行く気になれない。
ニコール・キッドマンを嫌いになってしまいそうだ。

807 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/02/28(土) 12:24:41 ID:1oYQs4fg]
>>804
「反日」シーンだったら最後のほうで、日本軍の上陸作戦&アボリジニ射殺のことだろうから「ほんの少し」だろ
『おかしい』シーンだったら、白人とアボリジニが仲良く暮らしてることになってる設定自体がおかしいから
全体的だといえるだろうけど。

60 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/02/14(土) 21:00:30 ID:6EGLIcYk]
反日とかどうでもいい事は置いといてさ
単純に映画としてはどうなのよコレ
そこん所を試写会組に聞きたい

61 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/02/14(土) 21:31:10 ID:X0Dw8ZjJ]
>>60
映画としては、まず長い。
2時間45分の上映時間だから、予告もあわせると3時間ぐらいかかる。

貴族と言う身分を受け入れられるかどうか?で、映画の見方も変わると思う。
アボリジニは奴隷(召使)で当たり前のようにこき使う主人公たちに、どこまで感情移入できるのか?そんな酷い仕打ちをしていた白人たちが死んだ時、可哀想に思うのか?日本軍頑張って白人を排除しろと思うのか?で、感想も変わる。

アボリジニの呪術(超能力)が物語の鍵なので、肝心な部分は超能力で解決しちゃう。
そういう展開で、納得できるのか?という部分でも、感想が変わると思う。

63 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/02/14(土) 21:37:02 ID:7ZXwrv0p]
>>60
アメリカで大コケしてるのが全てを物語ってると思うが

105 名前:名無シネマ@上映中 [2009/02/23(月) 00:10:33 ID:czGLs2rD]
アメリカでは盛大にコケました
映画評論家の間でも「長すぎ」「詰め込みすぎ」「作り物じみてる」
「ニコールの演技が酷い」のネガティブ評が目立つ
「こんな映画がオーストラリアを代表する作品と思われたくない」とまで書く
豪州人評論家も多数

そういう作品です。

608 名前:名無シネマ@上映中 [2009/02/27(金) 16:43:41 ID:stlPQtRI]
おぞましい反日映画 ニコール・キッドマン主演の「オーストラリア」
http://movies.foxjapan.com/australia/
この作品は恐ろしいほど醜いオージーの本音が詰まった映画である。

近年のオーストラリアによる反日活動は目に余るものがあります。
オーストラリアの、オーストラリアによる、オーストラリアのためのこの作品にも
例外なく反日のエッセンスが強く込められております。

アポリジニはオーストラリア人によって虐げられていたのが歴史的事実ですが、
この作品にはそのような描写はありません。
みんな仲良しこよし、精々がアポリジニの酒場入店拒否程度でしょうか。

そうだ、汚れ役は憎い日本にやらせればいい。
日本軍の登場です。
まず派手にダーウィンを空爆させ殺しまくります。
ここまでは事実なのでしょうがないのですが、
なんと、その後、日本軍は上陸するのです。
そして、物語上重要なアポリジニを射殺します。
その際の日本兵士の台詞「チョロまかするなク*ンボ!」

愕然としました。
オーストラリアという国は、史実を捻じ曲げてまで反日活動をしたいのか。
おぞましい作品です。

835 名前:名無シネマ@上映中 [2009/02/28(土) 16:59:22 ID:Nun/gNdr]
日本軍がオーストラリアに上陸してないことは、オーストラリア人が一番知ってることでは?

837 名前:名無シネマ@上映中 [2009/02/28(土) 17:12:01 ID:TkYSKA1H]
>>835
いや知らないよ

119 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/02/23(月) 12:08:49 ID:SbY2Ro8b]
これが許されるなら、日本軍がアメリカに上陸してインディアンを殺しまくる映画とか、
日本軍がドイツに上陸してユダヤ人を殺しまくる映画なんかもアリだなw

120 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/02/23(月) 13:50:36 ID:PqYr6c+K]
まったくだ。
日本兵がロスに上陸して遊園地を砲撃しまくる映画とか作れちゃうじゃないか。

121 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/02/23(月) 19:01:47 ID:pwSsinKc]
当たり前だろ日本は絶対悪なんだかな
オーストラリアで殴られても殴り返すなよ

124 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/02/24(火) 01:19:54 ID:BJfUVDms]
映画について語れ
ニコールキッドマンが、旦那を探してイギリスからオーストラリアに来る→迎えに来たのはアボリジニも優しい牛追い→家に着いたら旦那死んでいる
殺されたばかりで犯人はアボリジニだと聞かされる→アボリジニの子供に○○が牛を横流ししていると聞く
アボリジニの子供(実は○○の子供)をいたぶる○○をクビにするが牛を放たれ途方にくれる
牛追いと、アボリジニの女性や会計士に助けてもらい牛をイギリス軍に売りに行く
途中○○から執拗な嫌がらせ火を放たれ暴走した牛のせいで会計士のアル中踏み潰され死亡
アボリジニの子供がアボリジニの力で牛を止める→アボリジニじーさんも遠くから魔術
アボリジニのじーさんの助けで港に着き、牛を商売敵より、イギリス軍に20%安く売る→子供「オズの魔法使い」を見る
商売敵の娘の亭主が○○→○○商売敵の父親殺して跡継ぎ→アボリジニの子供じーさんと大人になる為の旅に出るがアボリジニの警官に捕まる
ついでにアボリジニじーさん殺人容疑で逮捕→子供白人との混血なので島流し
ニコールにアボリジニの子供助けたければ、牛と土地よこせと言われ売る覚悟をする
正義の使者日本軍登場→子供を助けるため島を爆撃→しかし牛追いと、洗脳されたアボリジニにより子供の救出失敗
悪の本拠地オーストラリアに爆撃→アボリジニのじーさん脱獄→○○を仕留める
日本軍により、アボリジニ達に平和が訪れた
エンドロール

こんな映画だったお!

143 名前:名無シネマ@上映中 [2009/02/25(水) 02:16:54 ID:PYf85Dzz]
>>124
日本軍登場辺りからなんか話が違うが笑えたwww
洗脳されたアボリジニって何だよwww

144 名前:名無シネマ@上映中 mailto:sage [2009/02/25(水) 02:20:55 ID:NHml7pJ3]
>>124
スゲエ筋分かりやすいwwwwwwwwwwwwwww

137 名前:名無シネマ@上映中 [2009/02/24(火) 21:29:49 ID:CPEJRAP3]

2ちゃんねる映画ブログ

牛追いのシーンなんて西部劇でさんざん見飽きた。
攻撃シーンはパール・ハーバーの劣化版。
どちらもCGお粗末。
旦那殺されたばかりなのにすぐ他の男とねんごろにって、旦那カワイソス。
日本軍わざわざ小島に上陸。フィクションであっても何のため?
パールハーバーに上陸する馬鹿いないだろ。
悪役ショボ過ぎ。記憶に残ってない。

951 :名無シネマ@上映中:2009/03/01(日) 10:09:22 ID:VzPaO8g8
オーストラリアという映画を見て歴史を勉強しました
日本軍がアボリジニを100万人虐殺したんです
日本はアボリジニ大虐殺について謝罪と賠償しなければなりません

952 :名無シネマ@上映中:2009/03/01(日) 11:01:54 ID:Uwr3ojAw
もういいよ日本が全部悪いんだよ
そうやって外国の皆が外に敵をつくって仲良くやれるならそれでいいよ・・・

そんな空気をこのごろ感じるんだ

955 :名無シネマ@上映中:2009/03/01(日) 11:37:34 ID:RiQH7Yt9
外務省いったい何やってんの?

964 :名無シネマ@上映中:2009/03/01(日) 15:26:47 ID:+i2ewdVh
何がいやらしいって、自分らのやった先住民虐待は描かずに
お茶をにごし、史実ではない日本兵を上陸させてアボリジニを
殺害させるシーンはわざわざ入れてる事。
自分たちの行いを知らんぷりなら、まだ面の皮が厚いと
見逃せなくもないが、なぜワザワザ日本兵上陸をさせて
先住民殺害させるを入れる必要が?

966 :名無シネマ@上映中:2009/03/01(日) 15:48:00 ID:DNRHom69
白人による先住民虐待も描いてたじゃん


それより映画自体が糞すぎて反日プロパガンダどころじゃないよw
反日したいならもっと気合い入れて反日しやがれと。

叩く価値も擁護する意味もないただの糞映画だ。
ヒュージャックマンは無駄遣いされすぎw

967 :名無シネマ@上映中:2009/03/01(日) 16:03:08 ID:04b3aQ8A
見てきた。別に反日には思えなかったが・・・。
「日本人は酷い」って言う頭の悪い外国人もいるだろうが、そんなもんどうでもいいだろ。
それは置いといて・・・・

風景の荘厳さは見ごたえあった。主演の二人の美しさも。
ただストーリーが大味すぎ。
少年があそこで牛を止めるのは無理がある。
仲間の死に方はあざとい。悪役像が単純すぎ。
ニコールが死んだと普通すぐに思い込まないだろ。再開へ繋ぐためなのが露骨。

まぁ、来週には忘れてると思うけど、一応楽しめた。



http://toki.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1235912516/
2ちゃんねる映画ブログ

127 :名無シネマ@上映中:2009/03/06(金) 22:20:15 ID:M2hyAg+7
そういえば、この映画があんまりにもダラダラ長い上にエピソードも盛り込みすぎ
なんで、一番最初の方の設定を忘れてしまってたんだが、

キッドマンの元旦那の死因ってアボリジニの放った弓矢による負傷だったよね?
しかも旦那は人種差別反対論者でアボリジニ差別なんかしてなかった、という。
そんな旦那を愛していた女が、その事実を知って尚、アボリジニを擁護する、
というのがスジとしてはアリ、だと思うけど構図としてはかなり歪じゃないか?

図式化すると
「親アボリジニの白人」が「アボリジニの手によって殺される」
(史実上そんなこともあったかもしれないが、豪の歴史としては真逆の構図)
            ↓
「彼を愛していた、その妻がその事実を知って尚アボリジニ擁護派である」
(アボリジニでも別人ならば恨まない、或いは夫の差別反対精神を受け継ぐ、
 という設定はアリだが、人権など皆無だったアボリジニの扱いとしてはやはり
 構図的に歪。)

これって、

<アボリジニに優しかった白人がアボリジニに殺されたが、それでもそれを
 赦し、それどころか彼等を愛し、理解し、擁護する慈愛に満ちた白人>

という事じゃないかw

日本軍云々抜きにしても充分史実・豪白人の美化と誤魔化しによる免罪符獲得の為の
プロパガンダ(豪の白人向け、つまり「プライド向上」と海外への体面確保)そのものw

やる事が浅ましいっていうか、図々しいっていうか、如何にも屑白人オージーらしい
国ぐるみの欺瞞だよねぇ・・・

128 :名無シネマ@上映中:2009/03/06(金) 22:20:52 ID:M2hyAg+7

それと劇中、「アボリジニには土地所有の概念が無かった」みたいな事を
何度も言ってたが、それって
「だから俺達白人はアボリジニから無理矢理土地を奪ったんじゃないんだよ?」
って暗喩じゃないかね?

奴等が無辜のアボリジニを次々崖から突き落としたり、飲み水に毒を入れて
毒殺したり、果てはハンティングの対象にして散々虐殺した挙句に住処を奪い
追いやったのは紛れも無い事実なのにね。

ヤッパリ日本軍云々以前に倫理的にオカシイわ、この映画。

155 :名無シネマ@上映中:2009/03/07(土) 18:28:58 ID:OfJC8yN1
牛追い編だけで色恋沙汰は極力削って2時間でまとめれば、名作になったかも。
いまどきカウボーイ映画も無いから逆に新しいというか。
それでもオーストラリアの魅力は十分伝わったでしょう。

158 :名無シネマ@上映中:2009/03/07(土) 20:31:17 ID:uW1IDZF0
今日見てきました。ストーリーはともかくウェスタン・オーストラリアの自然を見たくて。
最初はちょっとコメディタッチでムーラン・ルージュテイストというのかな、
ニコールの演技が大げさで嫌だったんだけど、ヒューがすごく素敵。
完璧なスタイルで足が長いの。この人パースのエディス・コーワン出身なのね。

2ちゃんねる映画ブログ

ナラもすごく上手かった。
牛追いのシーンはエリザベス・テイラーの”ジャイアンツ”でテキサスの牛追いを思い出しました。
ダーウィン炎上は”風と共に去りぬ”みたいだったし。

キング・ジョージが振り返ると裸のおしりが見えておかしかった。誰も笑わなかったけど・・
ニコールのせりふを通してアボリジニへの過去の政策をちゃんと批判してましたよ。
アボリジニはアボリジニらしく、生活させるのが幸せなんだとメッセージを発信しているように思えたけどな。

あとナラが母親を失って泣いていたとき、鳥が飛んできたシーンがあったけど、私にはブラック・コカトゥーの鳴き声に聞こえました。
普通に良かったです。

161 :名無シネマ@上映中:2009/03/07(土) 21:13:30 ID:wYbwuDOt
>>158
自分も片足立ちポーズ、意味があるんだろうけどかなりツボに入ったw
ニコールのセリフだけでなく、最初からずっと、オーストラリアとオーストラリア人が
悪者として描かれてたと思う。
日本人がこんな映画が作れるのだろうか。

170 :名無シネマ@上映中:2009/03/07(土) 22:44:48 ID:OfJC8yN1
日本軍のゼロ戦来襲のシーンは勇ましく思ったよ。
なんだかんだ言っても白人の大帝国主義に立ち向った小国。がんばってたんだなあとジーンときたぞ。
この映画ではフィクションで史実とは違う描写なんだろうが。

171 :名無シネマ@上映中:2009/03/07(土) 22:48:30 ID:j4vOoRFz
日本軍の攻撃は単にストーリーを進めるための背景だけどね。
大地震が来るとかそういうのと大差ない。

172 :名無シネマ@上映中:2009/03/07(土) 23:06:06 ID:OfJC8yN1
>>171
そうだね。目くじら立てるところじゃないんだよなあ。
悔しい気持ちは汲むけどさあ…。

173 :名無シネマ@上映中:2009/03/07(土) 23:06:43 ID:j4vOoRFz

2ちゃんねる映画ブログ

ヒュージャックマンが舞踏会でヒゲそってテカテカのイケメン顔で
出てくるとこがなんか笑ってしまった。いやあれが素顔なんだろうけど。

218 :名無シネマ@上映中:2009/03/09(月) 12:09:26 ID:DfJIzaev
ドローバー死ねばよかったのに
中途半端に生き延びるから全然ヒーローに
なってない。

215 :名無シネマ@上映中:2009/03/09(月) 04:26:18 ID:Kz5NTOS/
スニークプレビュー後に撮り直すまでは、ドローバーが最後に死ぬ話
だったんですけど…

187 :名無シネマ@上映中:2009/03/08(日) 08:41:39 ID:G/lS2stV
日本軍にばかり拘っているレスが多いねえ。
史実と違うことはたくさんあるんだろうけど、映画板ならはじめのツッコミどころはまず、1940年4月にオーストラリア公開の『オズの魔法使』が1939年に上映されているっていう点じゃないかな。

犬のジェダの死の扱いが酷いと思った。嘆きの描写が全くなし。
ストーリー上、ナラが拉致されるときの道具でしかない。
会計士の死を悼む場面はあるのに。
ドローヴァーにとっては、心を開いてきた数少ない相手の1匹だったろうに。
ドローヴァーには、会計士なんかの死よりジェダの死のほうが重いと思うんだけど。

189 :名無シネマ@上映中:2009/03/08(日) 08:58:56 ID:qEes2s+b

2ちゃんねる映画ブログ

母ちゃんが死んだ時も意図があるんだろうけど
ナラがもっと落ち込んでもいいのにと思った

193 :名無シネマ@上映中:2009/03/08(日) 13:27:21 ID:0NOluFUO
>>187
そりゃ正式公開じゃなくて先行上映なんだよ。
オーストラリアでも特権階級ならそのくらい朝飯前だ。

205 :名無シネマ@上映中:2009/03/09(月) 00:59:17 ID:1Wd1FZMZ
悲惨な死に方のリスト。

1.ガラスの鏃で刺し殺される
2.子供の前で貯水槽でおぼれる
3.牛の大群に踏み殺される
4.通信機の前で爆弾が直撃
5.日本兵に銃殺される
6.アボリジニの“槍”に貫かれる

206 :名無シネマ@上映中:2009/03/09(月) 01:01:06 ID:1Wd1FZMZ
3と4の間の「ワニに食い殺される」が抜けてた。

207 :名無シネマ@上映中:2009/03/09(月) 01:01:47 ID:+Dd34q3p
>>205
仕事を代わってあげて空襲に遭う人が抜けてる

208 :名無シネマ@上映中:2009/03/09(月) 01:06:39 ID:1Wd1FZMZ
それ4のつもりでした。書き方が悪くてすみません。

209 :名無シネマ@上映中:2009/03/09(月) 01:11:17 ID:+Dd34q3p
4は島の通信機で爆弾が直撃した牧師さんのことだと思った

210 :名無シネマ@上映中:2009/03/09(月) 01:46:32 ID:7MJzv89P
観たよ~。
前半は昔のディズニー映画みたいだった。
終わりっぽい雰囲気から主人公カップルのキスシーンが増えていき雰囲気が変わる。
もったいない。
主人公のベッドシーンあたりからディズニーから「風とともに去りぬ」の続編でも
作りたかったのか?という流れになって、「オズの魔法使い」と「…………」のようになっていった。

この映画における日本軍はなんだな。「大魔神」だな。
それとオーストラリアの……たちに用意されたチート……ムニャムニャ。

この映画の中でも日本軍が上陸した島の名前は不明だった。
たしかにオーストラリア本土じゃなく、小さな船ではいけない所らしかった。

それなのにヨットがすぐに行けたっぽい。いったいどこなんだか。
残念なことに悪役がアホになって、おまけに悪役の財産がどいう形なのかもナゾになっていった。
ご都合主義なのにダラダラしてからの あのラストは読めんかったな。

始まって20分~40分くらいの眠気は異常。

空襲シーンはCGだけだと思ってたら、「トラトラトラ」のシーンをうまく使ってた。
久しぶりにアレを大画面で観ました。しかも綺麗だった。ナイス。

エンドスクロールでの「日本軍は南京で50万人を殺しました。アボリジニは5万人しか死んでません」という字幕は余計だと思った。
というか、実はそんな字幕はないんだが、はいウソでした。出てくれば祭りだったのに。

実際に出てきた字幕は「アボリジニに対する施策はまちがいだった」「それをオーストラリア政府が認めたのは70年代(だったか80年だったか忘れた)」
「謝ったのは200×年である」というもので、主眼はあくまで白人とブラックとクリームの共存にムニャムニャ置かれていた。

とりあえず日本人はバカには描かれてなかったので良かった。「パールハーバー」には脱力したもので。

212 :名無シネマ@上映中:2009/03/09(月) 02:12:25 ID:1Wd1FZMZ
改めて感想を。この映画はオーストラリアに行ったことがあるかどうかで
見方が分かれるかもしれないと思った。俺は行ったことがある。あの砂漠と
岩山のコントラストは強烈で、大自然のありさまを忘れることはできない。
同じような経験があれば、165分でも短くはないはずだ。美男美女のラブ
ストーリーだけなら飽きてしまうが、ナラ少年をめぐるハラハラドキドキで
十分に楽しめた。反日反日と騒がれるが、あそこは威張った白人が打ちのめ
されてザマーミロ、というニュアンスを入れたかったんだと思う。

71 :名無シネマ@上映中:2009/03/06(金) 12:12:17 ID:iip0xgvQ

2ちゃんねる映画ブログ

あまりにもニコールが美しい

133 :名無シネマ@上映中:2009/03/07(土) 00:19:58 ID:ybgWK0/A
ニコール結婚してね

163 :名無シネマ@上映中:2009/03/07(土) 21:25:47 ID:ybgWK0/A
オーストラリア2では俺とニコールが牛を飼う

355 :名無シネマ@上映中:2009/03/14(土) 02:35:43 ID:gWaN9CDH
ニコールの整形がすごすぎるのか顔面崩壊しかけてる。
それを必死に維持してる感じで不自然な顔になってて痛々しい。
とりあえず今のニコールはバケモンにしかみえん。

712 :名無シネマ@上映中:2009/07/05(日) 02:18:01 ID:zOyJzkoC
二コールキッドマンは整形しすぎで顔の皮膚が硬直しててキモイなw

399 :名無シネマ@上映中:2009/03/19(木) 16:07:13 ID:q4CpzY53
クロコダイル・ダンディーの頃から、とりすました都会育ちの外国女がオーストラリアの素朴な荒くれ男と恋に落ちる、アボリジニの人権に配慮、の流れは変わってないと思った。
ウェスタンオーストラリアの男にしてはヒューが垢抜け過ぎ、優し過ぎかな?
日焼けが弱くお肌が綺麗過ぎ。

512 :名無シネマ@上映中:2009/03/26(木) 11:32:10 ID:0ONxFXrQ
ずっと避けてきてたけど、昨日レイトショーで見てみた。いろいろ書かれていたほど反日プロパガンダ的な映画
とは思わなかった。あの程度なら許容範囲ではないか?確かに日本軍の登場はおかしいね。通信塔が立っていた
と言っても、あんな小島に決死隊のような数名が上陸して「生き残りがいないか?いたら殺せ」なんて探し回って
生存者を殺すなんてありえないし、軍事作戦上も相当な違和感がある。あれはまさに、映画を盛り上げるための
悪役キャラが必要だったのだろう。また、あの場面でアボリジニが殺されるが、先に撃ってきたのは相手なわけ
だから、軍人なら反撃するだろう。射殺シーンを音声だけにしたのは、日本に気を使ったのかな?とも取れる。
映画全体としては有色人種に対する差別が描かれており、当時の社会情勢はそれなりに反映されたストーリー
になっているようにも思う。ただ、日本軍の登場を別にしてもトータル出来は、ありきたりなラブストーリーと神格化
したアボリジニの登場など可もなく不可もなくと言ったところで、大ヒットは難しかっただろうね。大自然の映像は
美しかったが、これが最大の見所とはちょっと寂しい。

516 :名無シネマ@上映中:2009/03/27(金) 01:33:40 ID:5qXhqxGp
いっそミュージカルにしたほうが良かったんじゃないかな。
バズ・ラーマンに歴史ものをやらせるのは無理がある。
映画の最初がドタバタコメディ風なのは、バズ・ラーマンらしかった。

582 :名無シネマ@上映中:2009/04/14(火) 10:42:50 ID:7vtL2850
140億かけたのに、残念だったね。

583 :名無シネマ@上映中:2009/04/14(火) 14:19:33 ID:k6AjkFyq
普通にロードムービーでよかったのでわと。
140億も掛けましたか。はぁ

584 :名無シネマ@上映中:2009/04/14(火) 15:40:00 ID:mC/qshdQ
洪水でセットが駄目になったりして、大幅に予算オーバーになったんだよな。
オーストラリア政府が予算の50%弱を出資することになってたのが、
撮影が終わったら予算の三分の一弱になってたんだろ。
でもオーストラリアで大ヒットしたから、制作費は回収出来たらしい。


関連記事

  1. 2010/08/28(土) 22:46:31|
  2. あ行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ラフ ROUGH | ホーム | 河童のクゥと夏休み>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1337-a24921bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR