FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホッタラケの島 ~遥と魔法の鏡~

☆★ホッタラケの島~遥と魔法の鏡 1枚目★☆
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1249290562/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中:2009/08/03(月) 18:09:22 ID:aD2vJw/t
日本初、世界に通用するCGアニメが登場か?
2009年8月22日から東宝系公開

スタッフ
監督:佐藤信介
製作:亀山千広
エグゼクティブプロデューサー:石川光久
プロデューサー:関口大輔
脚本:安達寛高、佐藤信介
企画設定協力:JINCO

声の出演
綾瀬はるか:遙
沢城みゆき:テオ
戸田菜穂:遙の母
谷村美月:遙の友人・美穂

公式
http://www.hottarake.jp/index.html


219 :名無シネマ@上映中:2009/08/22(土) 11:17:54 ID:y1cHtT1a
初回で観た。子供向けという感じ。
大人であれば、テーブルトークRPGなんかのプレイヤーで、ファンタジーが好きで異種族の文化に興味があるとか、そういう人なら退屈しないですむかも。

アクションは後半で、飛行船のデザインとか、砲弾とか綺麗でイイカンジ。
ロボット軍団で世界を支配とか言いながら、街へ繰り出す事もなく終わったのがちと残念。
とりあえずの眼前の障害である、主人公を捕まえようとしたのだからしょうがないけど。

母との思い出なんて見てらんなかった。こちとらトシのせいかちょっとした事で泣けてくるんだぜ!
同列と真後ろには人が居なかったから気付かれていないと思うが…

人によっては大変気になるパンチラですが、何度かあるよ。本当にチラリなので、過度の期待は禁物。だが、それがいい。

223 :名無シネマ@上映中:2009/08/22(土) 12:22:39 ID:CGEOUGIG
>>219
子供向けと感じたのに泣けた?

ってことは、大人でも楽しめるということじゃないのか?

221 :名無シネマ@上映中:2009/08/22(土) 11:43:27 ID:a3Zt4dCM
どうでもいい細部まで作り込むCGを見て日本人だなぁと思ったよ

227 :名無シネマ@上映中:2009/08/22(土) 13:15:45 ID:DKU4Hqw4
見てきたけどジブリとかFFのムービーとかで見たようなシーンが多い
でも絵が綺麗でアクション満載なので最後まで退屈しなかった
やたらとパンチラぎりぎりみたいな構図が多いが多分わざとだろう

229 :名無シネマ@上映中:2009/08/22(土) 15:38:14 ID:IQHuQOF8

2ちゃんねる映画ブログ

はるかのスカートばかり見てた
つーか製作者はわざとやってるとしか思えない絶妙アングルばっかだった
数回パンチラも見えたし手鏡ゲットするシーンではばっちり見えてた
たぶん大人も楽しめる配慮だと思う
おもしろかった

230 :名無シネマ@上映中:2009/08/22(土) 16:23:27 ID:pYQyURfN
実在の世界のシーンはアニメ風なリアルっぽい背景とCG人物が乖離していて違和感、
まるでゲームの「僕の夏休み」の豪華版みたいな雰囲気。

ホッタラケの世界は3~40年前の微妙なB級長編アニメにあったような感じ、
大昔に文部省推薦がつくようなどうでもいいアニメ映画の感じ、キャラクターも古くさい、
ひょっこりひょうたん島とかの線を狙ったんだろうけど、もっとB級な雰囲気。
背景とCG人物とのギャップはなくなったけど・・・。

せっかく3Dで作ったのに2Dで見飽きたようなアクションシーンばっかり。

ノスタルジックは画面だけでいいのにストーリーまでが大昔、
わかりやすい悪モノがいてピンチの時は側にいた人形が助けにきて・・・
いまどき素人でも恥ずかしくて書かないようなストーリー。
単調で飽きる、途中退席もちらほら。

3Dアニメは日本が遅れすぎててやばいんじゃないかと思ってたけど、いろいろと完全にダメ。
公開初日に、400人くらい入る劇場に30人程度。

映像の細やかさは綺麗だよ、それだけ。

232 :名無シネマ@上映中:2009/08/22(土) 16:24:49 ID:F+mL/GP2
この映画3Dじゃないんだよ
背景は、ほとんど2Dでしょ

236 :名無シネマ@上映中:2009/08/22(土) 17:42:58 ID:IWSPwj0V
今さっき観てきました。客の入りは少なかったね。
親子連れはヤッターマンに流れたみたい。
感想は面白かった。けどすごい傑作ってわけでもなく良作ってとこですかね。
何度となく泣いたけど(自分は涙もろいので開始5分で泣いていたけど)
もう少しテーマ的な掘り下げが欲しかったです。
たとえば「千と千尋」でハクの名前を思い出した瞬間みたいなハッとする場面が欲しかった。
そういえば「猫の恩返し」とちょっと被った印象もありましたね。
キャラとしてはコットンが良かったですね。「羊なのにコットン(木綿)」「羊なのに馬に乗る」とかw
テオは良いんですけどもうちょっとキャラとしての描写を増やしたほうがよかったんじゃないかな。
そして技術的な面
主人公の表情が物足りない。これがピクサーだったらもっと生き生きとした表情になるんじゃないかなと。
日本人だからあまり表情がないのはある意味リアルではありますが・・・
「時かけ」の主人公ぐらいのデフォルメした表情でもよかったんじゃないでしょうか。


そこらへん「惜しい」って感じでした。
パンチラは多かったw TV放映されたら実況が「見えた」で埋まるのは確実でしょうなw

終盤で鏡の過去の記憶を見るシーン。
うっかりご両親の夜の営みが写ってしまうのではとヒヤヒヤしました。(←嫌な大人だ・・・)

244 :名無シネマ@上映中:2009/08/22(土) 19:20:38 ID:Wa7Ucqb8
敬語の使える女子高生ってリアルには存在しないよね。

247 :名無シネマ@上映中:2009/08/22(土) 21:25:30 ID:wkldL7hF
>244
知り合いにリアルな女子高生の居ない俺には何とも言えない

256 :名無シネマ@上映中:2009/08/23(日) 00:19:41 ID:Db9bLAvI
パンチラについて一言。
鏡を手に入れるシーンでおもいっきりパンチラするんだけど、あれは良いと思った。
製作スタッフが理解してパンチラを演出してるとしてたら褒めていい。
パンチラというのは心のガードを意味する。
自分の内面を外に見せず、隠そうとし、自分を偽ってる状態のときはパンチラはしない。
ふっと、何かに注意が向き、心を裸にして、無我夢中で行動してるときはパンチラする。
これが、正しい、パンチラの用例なのだ。
母親の手鏡を手に入れた瞬間というのは、主人公にとっては母体回帰みたいなもの。
人は裸で生まれてくる、親の前では裸でも恥ずかしくはないもの、
だから、あそこでパンチラするのは正解なんだよ。

猫の恩返しみたいに、全くパンチラしないのはダメ。演出というものをわかってない。

269 :名無シネマ@上映中:2009/08/23(日) 01:49:17 ID:jB0oZxrV
>>256
今日からあなたをパンチラ先生と呼ばせてもらうよw

248 :名無シネマ@上映中:2009/08/22(土) 23:22:10 ID:2u96agdK
さて、映画を見てきたから、いろいろ語っちゃうコーナーだよ!
話題のCGアニメホッタラケの島。
まずはっきりいって日本アニメの脚本はダメダメなので期待はしてませんでした。
CGの出来だけ鑑賞という感じで見に行ったわけですが、案の定、脚本はダメダメ。
せっかくCGはそれなりにがんばってるのに惜しいなあ。
せめて、トトロ並みの話作りは出来なかったものなのか?
とにかく、説明がうざい。設定の説明ばっかし。話は全然動かない。イライラする。

映像については、OPの日本昔話風はよかったんだけど、そこに続くCGパートがいきなり違和感。
もっとワンクッションおけなかったものか?
病室のシーンはCGの動きがもそもそしてて見てるのがツライ。痛々しい。
リアルにしなくていいから、もっとキビキビ動いて欲しいな。
カット割を2割早くするだけでもマシになったと思う。
神社のシーンになって、ようやく安心して見られるようになったかな。

ストーリーについては、思いっきりネタバレだから、見てない人は読まないように。
わざと読みにくいように書くからOK?

とにかく、一番最初にダメだししなきゃならんのは、この手の話は、主人公が最後に本当に大切なことに気がつかないといけない。
それはあったんだけど、重要なアイテムである手鏡をさいしょっから探しに行くってのがダメ。
「おかあさんの手鏡を返して!もうほったらけにしないもん!」って主人公は最初から考えて行動してる。これはダメ。
まず、手鏡の存在自体、最初は忘れてるくらいじゃないとダメだ。
序盤で、友達との会話で、手鏡を無くしちゃったなんてことをブツブツ言ってたら、だめなんだよ。
その時点で主人公は8割がた反省してるわけだから。もっと反省のカケラもない状態から出発しないと。
ベターな話としては、主人公が異世界に行き、そこで不思議な鏡を見つける。
どこか懐かしいその鏡は、子供の頃おかあさんからもらった鏡だった、と、
そこで気がつくという風にすべきだった。

設定もツメが甘い。
人間が異世界にいったら、そこでどうなるか、異世界との住人との絡みが、あいまいでダメ。
人間は敵なのか、人間は珍しいのか、人間を下等とバカにしてるのか、つきあうのが嫌なのか、
もっとはっきりさせて欲しい。主人公が男爵につかまったらどうなるのか、ハラハラ感が薄れてしまう。
異世界の人も、「人間からモノを盗んでるんじゃない、ほっらたけにしてたから、もらったんだ」なんて、
いいわけじみた説明はいらない。泥棒ってことでいいだろ。そんなもの。
コットンとの再会もよくわからない。観客は初めてコットンとの関係を知るわけだから、
もっと主人公とどんな絆があったか、回想でも入れるべきじゃないか?
入れるのも展開が遅くなるから無くてもいいが、だったら、コットンがすねて「嫌い」だなんて言う必要性なし。
あそこは、とにかく主人公がコットンを奪い取る勢いがないとダメ。
そして、異世界との住人とのバトルがはじまる、という流れでいいだろう。
その後、手鏡について、コットンからセリフだけで情報を聞き出すなんて、
あまりにも脚本として酷すぎる。あとは、いじめっこの3人組みが、たいして活躍もしないのが残念。
金につられてテオの手助けなんてあんまりだ。
だいたい、ホッタラケの島の人は男爵についてどう思ってるのか?
悪く思ってるなら、そういう風に描写してくれ。
細かいことを言えば、主人公が異世界にいって、すぐに環境を受け入れちゃうのもどうかと思う。
一言くらいセリフで「これは夢?」とか言ってくれ。2秒でいいから。

テオが飛行機つくって助けにいくのも、映画では見飽きた光景なんだが、もうどうでもいい。
ラストにかけての流れはあんなものだろう。
テオと主人公の別れがあるが、いまいち情緒が足りないな。
主人公はまた会えるつもりでいるが、テオはもう会えないと思ってるらしい。その理由がわからない。
テオが異世界の中でもっといい友達が作れたのかもわからない。3人組みとの絡みが薄いからだめなんだ。
こっちの世界に帰ってきた主人公が、異世界の記憶があるってのは、
ちょっとどうかと思う。忘れちゃってていいんじゃないの?
いっそ、テオが忘れ薬を強引に主人公に飲ませちゃってもよかった。
主人公が飴玉?食べてるのに伏線にもならない。
最後に、パパと電話して「●●が食べたい!」と誘うのはよかった。まあ、それだけ。
ほったらけだった家族が一つになったって話よね。

268 :名無シネマ@上映中:2009/08/23(日) 01:22:47 ID:dH1yMy9n
>248
長文乙。
興味深く読ませてもらったよ。

272 :名無シネマ@上映中:2009/08/23(日) 02:08:22 ID:bbXs8bgP
>>248
シナリオの練りこみが適当すぎるよな、この映画
この程度の話なのに、映像とかは結構本気で作っちゃってるのがなんとも

358 :名無シネマ@上映中:2009/08/24(月) 11:58:29 ID:bXvpDZdP
>>248はこの映画の脚本の弱点をすごく上手くまとめてある
たぶんこのレスの指摘どおりに作ってたら相当ましになってたろう
作家志望の少年少女は参考にするべしだな
あとこの映画の脚本家にも読ませてやりたいw

328 :名無シネマ@上映中:2009/08/23(日) 22:50:26 ID:Pm40PgMb

2ちゃんねる映画ブログ

コットンかわいいよコットン

711 :名無シネマ@上映中:2009/08/31(月) 05:49:38 ID:AWLVNtzA
コットンに感情移入させたあとで胴体を引きちぎるってのは限度を超えた残酷描写じゃないか?
ぬいぐるみだからいい?
子供はきつすぎるだろ・・・

329 :名無シネマ@上映中:2009/08/23(日) 22:50:47 ID:pXyGW6y7

2ちゃんねる映画ブログ

テオかわいいよテオ

330 :名無シネマ@上映中:2009/08/23(日) 23:22:09 ID:umd8yloB
テオはキモ可愛い。
けど、キツネに見えねえ。あれはチワワかハリーポッターのドビーだ。

子供から大人(ただし厨二病発生時期の年代は除く)まで楽しめるアニメと言う意味では
十分よくできたアニメだったと思うよ

52 :名無シネマ@上映中:2009/08/20(木) 11:37:33 ID:Pp3+5mgq
テオって狐に似た妖怪なんだ・・・ 奇形のきしょいツチブタみたい 目が死んだ魚で気持ち悪い
羊のぬいぐるみも目が縫い付けられててホラー映画みたいで寒気するし
フツーに狐とかわいい子羊にすりゃいいのになんでナイトメア~みたいな化け物なんだか
子供見たら泣くだろこの映画

411 :名無シネマ@上映中:2009/08/25(火) 07:51:31 ID:oPlxjzLT
ホッタラケ島が実在してたら、産廃処理問題は一気に解決しそうだな

436 :名無シネマ@上映中:2009/08/25(火) 22:55:05 ID:UMNjntF6
子供が観たいと言い出して、期待せずに付き添いで鑑賞したけど、
世界に通用するCGがウンタラと謳うならばもっと優れたCGを、それが不可能なら内容をもっと濃くして欲しかった。
ペラペラの内容にぎこちない動きのキャラクター達。
映画を観たと言うより、まだCG技術が今のように発達していなかった頃の美少女ゲームを二時間見続けたような、不思議な体験だった。

444 :名無シネマ@上映中:2009/08/25(火) 23:55:12 ID:jfnMU36g
面白かったけど、ゲームなのか映画なのか
境界が曖昧な映画が最近増えてきたよな

446 :名無シネマ@上映中:2009/08/26(水) 00:33:11 ID:5VZt/OU3
>>444
ゲームの方が映画に歩み寄り演出過剰になりすぎたんだよ。
それは良い事だと思うが、本来映画に流れるべき人材が取られてるのは痛いね。

457 :名無シネマ@上映中:2009/08/26(水) 11:27:30 ID:NgEfksT4
前フリの民話は良いとして
本筋開始1分でシナリオのダメさに萎えシナリオは捨て
開始5分で声優もダメだと諦め
もう耳から入ってく音は聞かない、目で見て良ければいいと思い
神社のところまではまあきれいだったけど
ホッタラケにワープしてからは陳腐なイメージだらけで退屈しあくびばかり
日本のアニメの現在に期待して行った俺を凹ませる出来だった。
FFがいかに偉大だったかを思い知った90分だった。
子供を連れてく来なくてよかった。
テオの顔の表情部分のみと、コットンはだけは、まあよかったかな。

459 :名無シネマ@上映中:2009/08/26(水) 11:36:56 ID:yRQwyf9t
>>457

鏡を覗いてみろよ
お前の心がすさんでるよ(笑)

464 :名無シネマ@上映中:2009/08/26(水) 15:27:33 ID:jWYRVS5u
>>459
鏡見ろなんていうやつはすさんでないのかよ(笑)

556 :名無シネマ@上映中:2009/08/28(金) 21:08:09 ID:h30b/aVZ
妹と一緒に見たけど、すっごく面白かった。最初は子供騙しの映画かと思ってたけど。
自分的にはかなりのヒット作です。ティオ?とコットンが可愛かった。
あと、主人公の声が綾瀬はるかだとは気がつかなかった。

480 :名無シネマ@上映中:2009/08/26(水) 21:17:24 ID:x9hlC8lu

2ちゃんねる映画ブログ

eiga2_20110907180443.gif 
 
131 :名無シネマ@上映中:2009/09/13(日) 14:27:27 ID:0ey53UAf
ヒロインの魅力は声優にかかってると思うんだが
その意味で綾瀬はるかはもうひとつ、、
綾瀬ありきの企画だったんだろうが
他のキャスト、特にテオと実力が違いすぎて
観てられないとこが幾つもあった。

141 :名無シネマ@上映中:2009/09/13(日) 18:41:09 ID:rEaky0/8
プロ声優に知名度が無いのだからしょうがない
声優と俳優の知名度差を凌駕するほどの技術差があるわけでもなし
だから興行主は俳優さんに助っ人を依頼する。

142 :名無シネマ@上映中:2009/09/13(日) 18:41:50 ID:hbvAyBBi
コットンの声優は子役だろ?上手かったな

471 :名無シネマ@上映中:2009/08/26(水) 19:01:47 ID:OwcsdHK4
遥とテオの間には恋愛感情はあったのだろうか

485 :名無シネマ@上映中:2009/08/26(水) 22:05:57 ID:DtuEgBaO
>>471
最後、テオが遥を池に突き落とす時、断腸の思いって感じだったから
きっと遥を好きだったんだよ。

479 :名無シネマ@上映中:2009/08/26(水) 20:59:02 ID:AMhkRJMl

2ちゃんねる映画ブログ

ラストの遥とテオが抱き合うシーンのテオの反応が
おっぱい当たったって感じにしか見えない

502 :名無シネマ@上映中:2009/08/27(木) 01:06:16 ID:p3WPTaVB
意外にも、CGはかなりがんばっていると思った。
破綻がない感じ。

しかし、花のないキャラクター、スクリーンで観ると鮮やかさに欠ける
色彩、動きのおとなしさ…。

脚本が弱いのも言わずもがなだが、セリフを少なくして画で見せようと
しているのは評価したい。

503 :名無シネマ@上映中:2009/08/27(木) 01:11:14 ID:wsVztMJQ
>>502
脚本の乙一さんディスってんのか?ああ?

504 :名無シネマ@上映中:2009/08/27(木) 01:20:36 ID:p3WPTaVB
ああ、あれ乙一さんかあ。
意外だな。

541 :名無シネマ@上映中:2009/08/28(金) 13:53:00 ID:9UBYC/2P
「ホッタラケの城」 だったら見に行ったかもしれないw

543 :名無シネマ@上映中:2009/08/28(金) 18:51:54 ID:EFWd5E58
「白いパンツの遥」だったら見に行く

728 :名無シネマ@上映中:2009/08/31(月) 20:56:42 ID:pu13/HRo
ホッタラカシとシットルケをあわせたようなタイトルだな。
なんか、やる気のなさが伝わってくるようで、タイトルで存してそうな映画だ。

729 :名無シネマ@上映中:2009/08/31(月) 21:32:07 ID:XN1kVlwW
「シランガナの島」より良い

601 :名無シネマ@上映中:2009/08/29(土) 22:06:17 ID:9SLHZbGf
遥の顔が可愛すぎてオリエント工業がモデルかと思いました。
バロンの正体はあれは何なの?
あいつお稲荷さんじゃなくて他の動物?

2ちゃんねる映画ブログ

602 :名無シネマ@上映中:2009/08/29(土) 22:21:25 ID:5SYzXFSh
バロンは普通にキツネの仲間で、本体は短足デブのキモブサだから
あんな義足と仮面で正体を隠していただけなのでは
遥の顔はオリエントと言うより「きいちのぬりえ」を思い出した

741 :名無シネマ@上映中:2009/09/01(火) 01:14:30 ID:jOkI9jkf
男爵は現実の人間社会でホッタラケにされてこの世界にやってきた落ちこぼれの人間という設定にでもした方が良かったような気がしたよ。

仰々しい仮面で正体を隠し、物を作れないテオ達を上から目線でこき使い、あわよくば人間社会にリベンジを狙ってるくらいの小悪党キャラならば、遥みたいな他の人間の侵入を嫌ってもおかしくはなかろう。

そういえばテオ達が妙に熱心だったポイント制度も持ち込まれた人間の価値観っぼかったなあ。

603 :名無シネマ@上映中:2009/08/29(土) 22:51:09 ID:CMs1Qs+4
バロンの声優さんが贔屓なのでバロンが悪人に思えなかった。

604 :名無シネマ@上映中:2009/08/29(土) 23:14:53 ID:bMkrTvO0
男爵には、もっと遥にいやらしい事をたくさんして欲しかったのに。

607 :名無シネマ@上映中:2009/08/30(日) 00:01:21 ID:FRlztFGp
>>604
男爵に捕まった遥が変な台に拘束されてるポーズは妙にエロかったよねw
普通に後ろ手に縛って柱にでもくくりつければすむのに。
無理矢理に薬を飲ませようとして遥が必死に抵抗するシーンはどう見てもレイプのメタファでしょ。

2ちゃんねる映画ブログ

606 :名無シネマ@上映中:2009/08/29(土) 23:56:27 ID:WbJco/N8
遥の動きとか扱いとかがエロすぎたので子供連れのおかぁさんがあらまって顔をしてました

709 :名無シネマ@上映中:2009/08/31(月) 00:28:34 ID:lvguJzqs
一人で見にきて女子高生にミニスカにハアハアいってる
独身おっさんが一番子供の教育に悪いな

622 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 12:16:41 ID:Kmw5CtLu
あれを見てえろいと思うのは完全に中年きもおじさんの発想だよ。
ブルマにエロを感じるのと同じ。
子供はあれをまずエロいとすらきづかない。

614 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 05:08:04 ID:2/iL3oot
テオのお仕置きシーンが無くて残念w
それにしても太ももに抱きつくとは大胆なやつだなwww
 
2ちゃんねる映画ブログ

615 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 05:54:02 ID:uuCkvrmp
テオは迷惑防止条例に違反しとるな

623 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2009/08/30(日) 12:57:22 ID:iuk+lDXV
>>614
入間市が舞台なんだね。
佐助稲荷神社の鳥居みたいなのが出てきたし、鎌倉かと思った。

それにしても、ハタヤの稲荷の基礎が傾いてる。看板最近建てたみたいだけど、
一緒に修復工事してあげればよかったのに。

737 :名無シネマ@上映中:2009/08/31(月) 22:55:01 ID:VifdF5Me
冒頭の現実世界の描写が安っぽく感じて最初は不安だったけど、
大半はファンタジーの体をなしてたんで、そういう目線で見れて話も許容できた。
テーマの掘り下げ方は淡白だけど、
コットン馬乗って参上とかゴム逆回転ですっ飛ぶとか、ところどころ楽しいシーンもあって
結果飽きずに最後まで見れたよ。
飛行機作りのシーンはもうちょっとカネ以外での結束の理由を描いて欲しかったけど。
あと、手鏡の記憶のシーンは卑怯だーあれは泣くわ

759 :名無シネマ@上映中:2009/09/01(火) 17:57:26 ID:MNG0rw43
コットンが乗ってたUFOキャッチャーの馬ぬいぐるみ
うちに昔あったw

840 :名無シネマ@上映中:2009/09/03(木) 01:46:32 ID:fvt72aBb
一男一女を授かってから嫁も子供もホッタラケです。

842 :名無シネマ@上映中:2009/09/03(木) 01:52:05 ID:qRKm4tQt
>>840
実はアンタがホッタラケにされてるんだよ。

913 :名無シネマ@上映中:2009/09/04(金) 18:07:21 ID:PBnwyWe+
もう二度とホッタラケにしないから、嫁と子供を返して下さい。


関連記事

  1. 2010/08/02(月) 07:27:29|
  2. は行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<イエスマン “YES”は人生のパスワード | ホーム | トランスアメリカ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1320-74ad1a1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR