FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

レイチェルの結婚

【アン・ハサウェイ】レイチェルの結婚 RACHEL GETTING MARRIED【女優開眼】
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1240020741/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中:2009/04/18(土) 11:12:21 ID:g+41Vq+1
本日からBunkamuraル・シネマなどで公開

第81回アカデミー賞主演女優賞候補<アン・ハサウェイ>
監督は「羊たちの沈黙」のジョナサン・デミ
脚本は名匠シドニー・ルメットの娘ジェニー・ルメット
http://www.sonypictures.jp/movies/rachelgettingmarried/

出演
アン・ハサウェイ
ローズマリー・デウィット
ビル・アーウィン
トゥンデ・アデビンペ、マーサー・ジッケル、アンナ・ディーバー・スミス、
アニサ・ジョージ、ロビン・ヒッチコック、シスター・キャロル・イースト、
デブラ・ウィンガー

ある一家の結婚式前後の数日間をドキュメンタリータッチで描いた群像劇。
姉レイチェルの結婚式に出席するため治療施設を退院した
麻薬中毒患者のキム(アン・ハサウェイ)。だが、一家の厄介者である
キムが9カ月ぶりに家に帰ってきたことにより、家族内の様々な問題が浮かび上がってくる……。


2 :名無シネマ@上映中:2009/04/18(土) 11:12:29 ID:g+41Vq+1
原題:Rachel Getting Married
監督:ジョナサン・デミ
製作総指揮:イロナ・ハーツバーグ、キャロル・カディ
製作:ネダ・アーミアン、マーク・プラット、ジョナサン・デミ
脚本:ジェニー・ルメット
撮影:デクラン・クイン
美術:フォード・ウィーラー
編集:ティム・スキュアーズ
音楽:ゼファー・タウィル、ドナルド・ハリソン・Jr.
製作国:2008年アメリカ映画
上映時間:1時間52分
配給:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

3 :名無シネマ@上映中:2009/04/18(土) 11:26:59 ID:X0A947/M
アン・ハサウェイってずっと大女優の相手役みたいなイメージだったから
演技派として認められたのは良かったね

でも、一昨年公開のジェーン・オースティンの伝記映画で、
(日本で配給会社決まってるのにだったのに一向に公開されないやつ)
評価されなかったら女優やめると豪語してたのはどうなったのかな(・∀・)ニヤニヤ

4 :西君とおれ:2009/04/18(土) 11:33:18 ID:OI1mJ0yA
この映画はすげー人を選ぶ。
延々と続く結婚式のシーンは苦痛だったが、色彩は綺麗だった。

10 :名無シネマ@上映中:2009/04/19(日) 23:33:31 ID:sXqiuV0V
母親が娘をグーで殴るとか強烈すぎ
こんなシーン何気に映画で見たの初めてかもなぁ
平手打ちならともかく

11 :名無シネマ@上映中:2009/04/20(月) 01:08:46 ID:YVk09KET
何故か今週はアカデミー賞絡み映画の公開ラッシュだが、
個人的には作品賞ノミネの4作品より(愛をよむひとは未見)、
この映画の方が遥かに傑作だと思ったな。
決して解決しない家族間のわだかまりと、束の間の幸福が
入り混じった光景に何度も胸が熱くなったよ。
もしアルトマンが存命で、20歳くらい若ければ
こんな映画撮ってた気がする。(「ウェディング」なんて映画があるけど)

まあ、映画に夢とか希望とかを求める人は
絶対に観に行かない方が良いけどねw

12 :名無シネマ@上映中:2009/04/20(月) 01:39:55 ID:gjGYaR5M
日本ではアカデミー賞映画と言ったらGW公開だしね
自分もこの映画が一番好みだなー
ちょっと作りがアカデミー賞向きじゃなかったのかも

15 :名無シネマ@上映中:2009/04/22(水) 10:48:45 ID:2YD12XRt
シドニー・ルメットは娘の脚本で映画撮ることはないのかな
今までの監督作と娘の作品とは作風違うけど、
最後の最後にそういう親子コラボもありだと思う

18 :名無シネマ@上映中:2009/04/22(水) 23:29:20 ID:X8o7rHwW
>>15
娘の次回作が高校生のプロムだからなぁw
ルメットが得意とする社会派とは遠く離れすぎだw

19 :名無シネマ@上映中:2009/04/22(水) 23:42:04 ID:wFVFUsbJ
>>18
サスペンスも撮れればミュージカルも撮れる。
ルメットは何でも撮れる監督だ。

20 :名無シネマ@上映中:2009/04/22(水) 23:56:42 ID:X8o7rHwW
いや、でもプロムは無理っしょwもう80歳過ぎなんだしw

51 :名無シネマ@上映中:2009/05/10(日) 17:12:17 ID:2lQ+kQxQ
>>15
コッポラファミリーみたいになりそうだからやめてくれ

14 :名無シネマ@上映中:2009/04/21(火) 11:35:26 ID:z2nK9jtg

2ちゃんねる映画ブログ

主役の女優は美人なのは間違いないが、ちょっとマイケルジャクソンにも似てるのが残念。

36 :名無シネマ@上映中:2009/05/02(土) 09:44:47 ID:NZpnAf9X
「イーグル・アイ」のスレでもミシェル・モナハンがマイケルに似てるとやたら書いてたけど

マイケルが白人に憧れて、白人顔めざして何度も整形してるんだからさ。
マイケルのほうが白人美形に似せようと必死で努力してるわけ。

16 :名無シネマ@上映中:2009/04/22(水) 22:36:37 ID:wFVFUsbJ
>>14
美人というよりは可愛い系じゃないか。
美人というなら姉ちゃん役の女優さんだな。
フツーに美人だった。これから注目しよう。

17 :名無シネマ@上映中:2009/04/22(水) 23:16:23 ID:RFYF2f7l
あの美人姉ちゃんが毎晩あの黒人旦那に・・・ゴクリ

2ちゃんねる映画ブログ

22 :名無シネマ@上映中:2009/04/23(木) 06:35:54 ID:Pbu7/0fl
レイチェル役の女優さんはスカパーで交渉人のドラマに出てたよ
まだやってるかは知らないけど

23 :名無シネマ@上映中:2009/04/23(木) 21:55:19 ID:izSi4PPL
お前らもっとジョナサン・デミの話もしてやれ
こちらも久々に復活したのに

25 :名無シネマ@上映中:2009/04/25(土) 18:38:40 ID:18Ld5GVy
この映画良くできてるなぁ。結果的に誰も救われてないのが面白い。
口喧嘩中に子供出来たのとかいいだした所が最高

27 :名無シネマ@上映中:2009/04/28(火) 18:01:02 ID:hOCjMKTQ
狙いだか何だかよくわからんが、この映画、ハンディカメラ多用しすぎ。見にくくてしょうがない。
それに結婚前のパーティーや庭での披露宴も意味なくながまわしすぎ。
コンセプトやストーリーは興味深く面白かっただけに、もっとコンパクトに見やすく作ってほしかった。

28 :名無シネマ@上映中:2009/04/29(水) 07:57:42 ID:TBdbmkxo
>>27
こういう映画を観るにはまだ早かったみたいだね。

29 :名無シネマ@上映中:2009/04/29(水) 21:47:14 ID:C01GCWlJ
映画評論家の何人かも画面が揺れて見づらいとか言ってて、
評価低くてガッカリさせられた…

30 :名無シネマ@上映中:2009/04/29(水) 23:19:59 ID:/DAzxNhq
揺れるカメラってのは結構苦手な人多いよ
クローバーフィールドだってその点で非難してる人多かったし

そういや日本のTVドラマの離婚弁護士で揺れるカメラやってたけど2ちゃんでかなり不評だったなー

31 :名無シネマ@上映中:2009/04/30(木) 14:24:41 ID:Ol1MECls
効果的に使われてれば全然気にならないけどな。
無意味にそんな演出されると、そればかり気になってしまうが。

32 :名無シネマ@上映中:2009/04/30(木) 20:08:27 ID:QVsBv4eX
今日見てきた
すごくよかった

ホームビデオ感覚で撮る演出で結婚式のビデオを見てる感覚だが

デミの友人をエキストラにしたのとか
仲間内の幸せそうな感じが羨ましかった


ハサウェイの汚れっぷり、レイチェルの人のうまさなど演技面は文句ないね

手ブレなんかぜんぜんなかったじゃん
むしろハンディでどんだけ上手く撮ってんだよって、カメラマン(役として)ロジャーコーマンかよwww

37 :名無シネマ@上映中:2009/05/02(土) 12:10:11 ID:BCHOl5+i
見てきた。最高っしょ。
やたらクロズアップばっかだったのがどうかと思ったが、そうかホームヴィデオか。
中盤以降は全然気にならなくなりました。
ストーリー上もう少し盛り上がりがあればウケも良かったのだろうけど、ヘタな家族再生お涙頂戴よりはよっぽど心に残る。

それより何より一連のウェディングセレモニーが最高だ。
リハーサルディナーでのスピーチから誓いの言葉からダンスの音楽から全部。
娘ルメットの初脚本だっけ。才能は遺伝すんだな。

ところで最後にアルトマンがクレジットされてたのはリスペクト?
企画に絡んだりしてたのかな。

40 :名無シネマ@上映中:2009/05/02(土) 22:54:37 ID:8CU89mui
ついさっきまでウィークエンドシャッフルの映画評を聞いてた
「神の視点」≒死んだ弟の視点 だったのね

41 :名無シネマ@上映中:2009/05/04(月) 08:13:40 ID:OvGPnm7U
イーサンの視点で精霊流しのところだけじゃない?
溺死にかけてんだろうけど、オレはあそこで冷めた。
あれは余計だったと思う。

泣いたのは剃毛シーン

38 :名無シネマ@上映中:2009/05/02(土) 19:00:36 ID:uiraT9cr
女性にとっては恥ずかしいはずの脇の毛を処理するシーンまで公開してるんだからおっぱい見せろよって言いたくなった!!

39 :名無シネマ@上映中:2009/05/02(土) 21:43:07 ID:xp9NRtBh
見えてたじゃん

スケベ心が足りない

53 :名無シネマ@上映中:2009/05/14(木) 16:02:45 ID:A1R8tUxQ
>>38
ブロークバックマウンテンでおっぱい見えますよ

60 :名無シネマ@上映中:2009/08/02(日) 20:38:31 ID:KmNxiV8L

2ちゃんねる映画ブログ

放尿シーンはなくてもいいような気がするが、サービスか?

78 :名無シネマ@上映中:2009/12/09(水) 12:32:46 ID:LDdlXHKY
>>60 放尿シーンはなくてもいいような気がするが、サービスか?

あれは撮影する方も撮られる方も本気じゃないよね
42 :名無シネマ@上映中:2009/05/04(月) 23:21:31 ID:iaWXWnxt
歌丸はポジティブな終わり方みたいな事いってたけど、逆じゃないの?
キム以外はみんな新しい家族と人生を歩んでて、キムは一人で忌まわしい
過去と一緒に取り残された。これからは一人で過去と向き合いつつ
生きていかなきゃいけない。そんなラストだと思ったんだけど。
最後キムが去ったあとのレイチェルの軽い足どりが印象的だった。。

43 :名無シネマ@上映中:2009/05/05(火) 00:23:43 ID:Z497EKNf
俺も、ポジティブっつーか、諦めとか折り合いをつける術を学んだ感じかなーと思った。
あと黒人の女の人にフレンドリーに接するようになって~つってたけど、結構最初っからあの人にはフレンドリーだったような。

44 :名無シネマ@上映中:2009/05/05(火) 12:40:23 ID:I0jemliZ
ラストのレイチェルはキムと決別したから、スキップしたのかな
それとも仲直りしたからかな

45 :名無シネマ@上映中:2009/05/05(火) 19:22:24 ID:Z497EKNf
アジア人の男が清原に見えて仕方がなかった。

2ちゃんねる映画ブログ

46 :名無シネマ@上映中:2009/05/05(火) 20:31:29 ID:F2Wi8XBX
レイチェルのタバコの吸い方が下手だな。アンハサウェイはタバコを吸わないことがあの演技を見てわかったのは朗報だった。

47 :名無シネマ@上映中:2009/05/06(水) 13:20:11 ID:Mea61cSy
>レイチェルのタバコの吸い方が下手だな。アンハサウェイはタバコを吸わないことが

キムの間違いだよな?

48 :46:2009/05/06(水) 22:29:47 ID:IPDc2y4n
>>47
そうでした。キムの間違いです。

50 :名無シネマ@上映中:2009/05/10(日) 16:44:04 ID:B66K5MJi
この映画を見るのは難行苦行だった。
母と娘のやり取り、会話による家族の問題点の浮き彫りなど ベルイマンを思い出した。
ハンディカメラの揺れは自分には苦痛だった。ステディカムにして欲しかった。
アン・ハサウェイは非常に良い。必ずいつかはアカデミー主演女優賞を採ると思う。

54 :名無シネマ@上映中:2009/05/20(水) 01:08:46 ID:kpuR301i
昨日見てきました。
希望が無い、救いがないという感想を持った人もいるみたいだけど、私は希望があるラストだと思いました。
希望というか、キムはある種の清々しい諦観みたいなものを得たと思いました。

この映画で、キムはAA集会で「神」に許しを乞いますが、キムにとって母親というのは
神に等しい存在(自分を許してくれるという意味で)だったと思うんです。
父親や姉に再会した当初も「ママはいつくるの?」とやたら気にしていましたし。
美味しい物を用意することでなんとか家族をまとめようとする不器用な父親、
ストレートな愛憎をぶつけてしまう、まだまだ人間的に未熟な姉に比べて、
離婚した母親は、知性的で自由人で思慮深く、懐が深いように描かれています。(中盤までは、ですが。)

そんな母親に、最後の拠り所として縋ったにも関わらず
母親はあろうことか罪を全てキムにかぶせて殴ります。
あの時キムが言っていたのは正論で、16歳のジャンキーの小娘に子守りをさせた
母親の判断ミスがそもそもの原因だったのではというのは見てる観客も感じたと思う。
賢い母は当然、心の奥底ではそれをわかっているでしょう。
キムが「不安定な問題児」でいる間はそれを忘れていられるけど、「正気になりつつあるキム」と
向き合うと当然自分のことも考えなくてはいけないため、キムを拒否し、逃げ出します。
おそらく数年前にあの家庭を捨てて逃げたように・・・。

この母親は自分自身に向き合うことが出来ない、過去の過失を認めることが出来ない弱い弱い人間だった。
神だと思っていた母が神じゃなかった。それどころか自分以上に弱い部分を持っていた。
映画の終盤のキムは、それを悟り、家庭の中の神に縋るのをやめたのだと思います。
そして、キムが求める方法とは違うけれど、父親や姉が彼らなりにキムを受け入れようとしている
不器用な優しさに気づいたのだと思います。
許してくれる全能の神はここにはいない、ならば自分で自分を許せるようにするしかないね、
施設に帰っていくキムはそういう諦観を得て悲しいけれど清々しい表情をしていたように思います。

55 :名無シネマ@上映中:2009/06/08(月) 06:03:19 ID:HdMadtdT
>54
それと施設に帰る荷造りをしているキムが、今度は弟の写真を
入れているというのが、彼女の本気度を表しているよね。
姉は専門家だから、そんな妹の変化に明るい未来を
確信したのだと思う。それがラストのスキップに出ていたと思うが。

56 :名無シネマ@上映中:2009/06/14(日) 23:02:04 ID:rT/l/4Ns
>>54 55
家族の物語程度の予備知識しか無く1度観た者ですが、整然と解釈されていて感嘆
しました。
それだけ、物語をしっかり読み取るには、何か予備知識なり、解説のようなものを
読まれてのことなのでしょうか?
自分は、ヒアリングがまだ殆どダメなので、画面と字幕を観て、必死で会話の意味や
ストーリーを追うのに大変で、上手く捕らえ切れなかった部分も多々あり、観終わった後も、
そこまで整然とストーリーや込められた意味合いを整理することは1度観ただけでは不可能で、
参考のために、2chに来ました。
そこまで、読み取れる方達というのは、テーマに関わるような仕事に携わって、この映画への
予備知識がある方達なのか、或いは、ヒアリングや映画鑑賞に相当長けていて、物語を読み解く
能力に秀でているのか、そちらにも関心を持ちました。

75 :名無シネマ@上映中:2009/11/21(土) 11:19:46 ID:294iHEnT
>>54
なるほど。
母、弟そして神が許しを請うべき相手、不在者という項でつながっていたのが、
母と対峙することで不在者からただの家族の1人へと立場が移行され、
弟(の事故)と直接向き合えるようになったんだろうね。

許しを請うべき相手は母ではなく、弟だと。

57 :名無シネマ@上映中:2009/06/26(金) 23:52:22 ID:KGG01VrW
デミは相変わらず、音楽がうめぇな
ニールヤング!

65 :名無シネマ@上映中:2009/09/13(日) 00:42:24 ID:GhI85uIM

2ちゃんねる映画ブログ

結婚式の初めらへんで歌ってる、白髪のおじさんは誰?
あれがニールヤング?
すごいいい曲だったので気になって。

66 :名無シネマ@上映中:2009/09/13(日) 04:59:29 ID:xdy3bUvn
ろびんひっちこっく

67 :名無シネマ@上映中:2009/09/13(日) 16:19:26 ID:GhI85uIM
ありがとう、探してみます

58 :名無シネマ@上映中:2009/07/31(金) 16:44:08 ID:0L11DW7W
レイチェルの二番目の友達がかわいかった。

78 :名無シネマ@上映中:2009/12/09(水) 12:32:46 ID:LDdlXHKY
>>58 レイチェルの二番目の友達がかわいかった。

ありゃ美人だワンシーンだけだけど。逆に一番目の友達は鼻が歪んでたよね

61 :名無シネマ@上映中:2009/08/08(土) 00:43:34 ID:QxO+tw/B
すごい良かった、今年観た映画だと個人的には最高

このスレでも海外の評でも不満点は皆手持ちカメラと
結婚式の長さを挙げてるけど、カメラに関してはこのスレでも
誰か言ってたように手ブレがほとんどないし、ホームビデオ、
ドキュメンタリー調に撮れててピッタリだと思った

結婚式の長さはお互い殴りっぱなしで気まずいままの母親と
二人っきりで話をしたい、謝りたいけど機会がつかめない、
でもパーティーは続いてて時間がどんどん過ぎていくという
わざと時間を感じさせる演出かと思った

どっちも映画を気に入ったからの好意的解釈じゃなくて、
そういう風に感じられたから個人的に映画を気に入った
観てない人はオススメ

62 :名無シネマ@上映中:2009/08/22(土) 14:31:02 ID:Jq8a40PP
彼氏候補みたいな奴、ジョージ・クルーニーにそっくり

2ちゃんねる映画ブログ

68 :名無シネマ@上映中:2009/10/15(木) 15:21:14 ID:hSAHyFyE
みんな腫れ物に触るような空気感がすごいよね

69 :名無シネマ@上映中:2009/11/09(月) 23:41:41 ID:2TXgud2e
元母ちゃんのイケイケっぷりと父ちゃんのたまにするほうけたような顔の対比ワロタ
あの2人よく結婚できたな
昔は父ちゃんもイケイケやったんか?

70 :名無シネマ@上映中:2009/11/14(土) 08:02:54 ID:HbunC2py
カキコミ少なくてがっかりアゲ

カメラのぶれも結婚式の長さも気にならなかった
結婚式中、母に謝罪したくて上の空だったキムの姿が素晴らしかった
謝罪以外には何を話し、何を確認したかったんだろう?

家族の中での母親の位置が謎だった
家族も本人も、イーサンの死についてもっと母親を責めるべきでしょう
16歳の薬中に幼児を預けるなんて、責任重大だよ

そうじゃないのは文化的なギャップなのかな?
とは言え、映画内で感じる疑問やもしもに対して
色々空想するのが楽しいくらい面白かった

母娘三人とも美人すぎ

72 :名無シネマ@上映中:2009/11/15(日) 21:31:43 ID:ZlXziIoZ
>>70
小規模公開だから仕方ない。

71 :名無シネマ@上映中:2009/11/14(土) 22:51:08 ID:rSLJX7UX
今のところ、俺の観た今年のベストワンムービー

73 :名無シネマ@上映中:2009/11/18(水) 23:49:30 ID:6dxlPbR/
>>71
同じく

74 :名無シネマ@上映中:2009/11/19(木) 19:45:31 ID:7w6ebjtk
もっともっと評価されるべき作品

76 :名無シネマ@上映中:2009/12/06(日) 01:40:36 ID:WD2qoEH+
ジェインオースティンのほうが魅力的だ

77 :名無シネマ@上映中:2009/12/09(水) 11:38:30 ID:LDdlXHKY
アン・ハサウェイもう最高!美人だし性格もよさそう。本作品を見ると
演技も随分女優らしくなってきた。
額の広い東洋人、江成君にそっくりお兄さんかな(笑
ニールヤングには気付かなかった、それと結婚式でギター弾いてた奴たぶん
二人いたけど、一人は東洋人ぽくてグレーのタクロウ?そっくりだった
最近アンの作品DVDでさかのぼって見てるよ、個人的にはジョディー
・フォスター以来の注目アーティスト!


関連記事

  1. 2010/07/04(日) 08:23:50|
  2. ら行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない | ホーム | フル・モンティ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1296-0fe0dadc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR