FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウルトラミラクルラブストーリー

http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1235707778/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中:2009/07/07(火) 19:07:23 ID:dzd1k1iK
町子先生と両思いになりたい!だからぼくは死なない!

監督・脚本/横浜聡子

配給/リトルモア 上映時間/120分
2009年6月6日(土)より全国順次ロードショー(青森先行 5月30日)

◎キャスト
松山ケンイチ/水木陽人 麻生久美子/神泉町子
ノゾエ征爾/田中太 ARATA/島田要
藤田弓子/三上のカミサマ 原田芳雄/三沢医師 渡辺美佐子/柴田もつ

◎スタッフ
プロデューサー/中野朝子、土井智生
撮影/近藤龍人 照明/藤井勇 録音/加藤大和
美術/杉本亮 装飾/酒井拓磨 編集/普嶋信一
衣裳/伊賀大介、荒木里江 ヘアメイク/清水ちえこ
音楽/大友良英 主題歌/100s「そりゃそうだ」 

◎公式サイト
ttp://www.umls.jp/


60 :名無シネマ@上映中:2009/05/12(火) 13:21:28 ID:oo/1//Zc
好みによりけりだけど。 受け付けなかったよ。
何がいいたかったのか意味不明だった。 
役者はみんな上手かった。

64 :名無シネマ@上映中:2009/05/12(火) 23:38:25 ID:zeHFd54B
自分は面白かったよ。
子役がすごくいい味出してる。
陽人の言葉をじっくり聞いてたら心に響くところいっぱいあったよ。
でも、生のエネルギーとか希望みたいなのはあまり感じなくて、
切なさとかどうしようもなさを自分は感じた。
ホント捕らえ方は人それぞれだけどね。

65 :名無シネマ@上映中:2009/05/13(水) 01:09:27 ID:mo3lVdoK
人を選ぶ映画ということか…

127 :名無シネマ@上映中:2009/05/27(水) 20:53:28 ID:cpYJxdTv
舞台挨拶ありの先行上映会に行ってきた。賛否分かれるラストだね。
松ケンのファンならお薦めかな。

140 :名無シネマ@上映中:2009/05/30(土) 21:15:48 ID:raVW1O3i
今日観たけど、あっけらかんと笑える小気味良さに二時間はあっという間だったけど、ラストだけは完全に予想外でちょっと引いたかなって感じ。
ちなみに津軽弁はみんな中途半端でちょっとがっかり。レベルでいくと、宇都宮出身の妻でも意味わかったって言ってたから、ほとんどの方は多分わかるんじゃない?

141 :名無シネマ@上映中:2009/05/30(土) 21:20:18 ID:wtYFs/cu
字幕つけなきゃわからないレベルだったらそれはそれで困る気もw

144 :名無シネマ@上映中:2009/05/31(日) 01:13:18 ID:CSeeFBHj
>>140
年寄りのガチの津軽弁は地元の人でも判らないことがあるが、
青森の人でもないのに年寄りのガチの津軽弁を言おうとしていた藤田弓子は
結局何を言ってるのか判らなかった

2ちゃんねる映画ブログ

145 :名無シネマ@上映中:2009/05/31(日) 01:17:28 ID:CSeeFBHj
映画はもっと無茶苦茶だと予想してたのに、割とまともに思えて
物足りない感じもしたが面白かった
最初ウザかった陽人がどんどん好きになった
農薬浴びて陽人になりたい

172 :名無シネマ@上映中:2009/06/05(金) 01:56:46 ID:SF3qok3e
地元民からしてみると訛りが中途半端すぎて気持ち悪かったよ
なんか方言の指導者?ついてたとかインタビューで言ってた気がするが
あんな出来になるならいっそ標準語でいってくれた方が良かったわ
まぁ違和感覚えるのはここらの人だけだろうけどね
後、ラストは俺は好きじゃない
つか気持ち悪いって人いるんじゃないか?アレは

169 :名無シネマ@上映中:2009/06/04(木) 22:29:46 ID:xwyDscy4
この監督はいつもラストにインパクト重視で意味不明なもの持ってきて台無しにする印象が…

171 :名無シネマ@上映中:2009/06/05(金) 01:30:30 ID:nHIeaC54
陽人は無農薬人間ってことが言いたいのかな

個人的にはけっこういい映画だと思った。
何だこの展開?って見てる最中は思ったけど
見終わったあとで「うんうん」みたいな

ただ題名だけは・・・

200 :名無シネマ@上映中:2009/06/06(土) 21:24:02 ID:nZchaO3T
あの脳みそは本物・・じゃないよな

201 :名無シネマ@上映中:2009/06/06(土) 21:40:01 ID:j5meWWhq
>>200
本物だよ・・・・・・・orz

2ちゃんねる映画ブログ

本物のフルーチェ。

202 :名無シネマ@上映中:2009/06/06(土) 22:11:28 ID:HJEUNs0C
あの脳みそフルーチェなの?
よくできたウインナーかとオモタ

771 :名無シネマ@上映中:2009/06/24(水) 01:38:37 ID:fmb3WH8t
毎日、フルーチェの牛乳の分量を減らしながら作ってるんだけど
映画のようにシッカリした脳にはならない。
明日は凍らせてみようと思う。

脳のレシピがほしい。

772 :名無シネマ@上映中:2009/06/24(水) 02:20:18 ID:8EYr34QL
分量はないけど、パンフに材料が書いてあったよ。

・フルーツ缶詰
・フルーツジュース
・牛乳
・ゼラチン
・フルーチェ
・脳みそ型

フルーチェはただの添え物で、形には関係ないみたい。ゼラチン超多めで固めたって。

つか…食べれる?私なら材料がわかっててもキツいわーw

194 :名無シネマ@上映中:2009/06/06(土) 19:22:48 ID:PpseEOtO

2ちゃんねる映画ブログ

演技に見えない松ケンの演技はすごい。この役は彼以外考えられない。
こんな映画を作っちゃう監督はそうとう変わりもんだと思う。

195 :名無シネマ@上映中:2009/06/06(土) 19:27:21 ID:YRzfz4VI
松ケンだから良かったが
ホリケンだったらヤバかった!

199 :名無シネマ@上映中:2009/06/06(土) 21:14:30 ID:l0cg1hUH
>>194
身近に同じような障害の人がいるんだけど(陽人より
症状は軽いけど)雰囲気がまさにあんな感じで
陽人の演技は違和感がぜんぜん無かった。

203 :名無シネマ@上映中:2009/06/06(土) 22:25:18 ID:hegEMpoh
葬式の時のばーちゃん泣けた
変なストーリーだけどあったかくなる不思議な映画だった

204 :名無シネマ@上映中:2009/06/06(土) 22:36:26 ID:l0cg1hUH
自分は、けなげな陽人を見てたら泣けた。
この映画で泣くのは少数派なのかな。

205 :名無シネマ@上映中:2009/06/06(土) 22:38:56 ID:hegEMpoh
>>204
陽人が書いたかなめへの手紙泣けたよ

206 :名無シネマ@上映中:2009/06/06(土) 22:40:31 ID:0yeAB/aK
泣くまではいかなかったけどホロリと来たよ
もっと破綻した話かと思ったけど案外すんなり観られた
笑えたし、陽人健気だし、ほんのり切なかった
ばーちゃんは待ちぼうけのところが何とも言えない気持ちになったな

207 :名無シネマ@上映中:2009/06/06(土) 23:16:56 ID:u6LXhmZ+
陽人が森の中で町子先生の頭ぐりぐりしてたとこで泣いた
愛が爆発してたよ。
想い叶って昇天しちゃったから生き返らなかったのかな

208 :名無シネマ@上映中:2009/06/06(土) 23:29:02 ID:uXzgo0jX
>>207
想いが叶って昇天
そっか!
100万回死んだ猫って絵本あったね
そう考えると救われる

209 :名無シネマ@上映中:2009/06/06(土) 23:39:40 ID:oA9WXZg4
俺は見てる最中はかなり前向きな印象で泣く要素は皆無だったのに、
見終わってしばらくしたら陽人のことを想って切なくなった
陽人に会いたくなって監督の原作本まで買ってしまった…

211 :名無シネマ@上映中:2009/06/06(土) 23:52:30 ID:i4mPq8xT
かなり期待して見てきた。正直、全然分からないし、良い映画だと思わなか
った。

笑いも自分は全然笑えなかった。ただ劇場の人たちの中には、笑っている人達
もいたのは事実。

ここでは感じろというが、あの映画に何を感じれば良いのかさっぱり分からない。

だれか少し説明してくれないかな?これでは不完全燃焼過ぎる。

(ここからねたバレあり)


まず、首なし彼氏の意味。次にその人が出てきたこと。

次になんで主人公は生き返ったのか?そして最後にヒロインが熊に脳みそ
を放り投げる意味。あと、熊がむしゃむしゃ食べているのを見てにやっと
笑う意味。

これの意味が分からないと、さっぱり分からない映画にナルと思う。
自分は単純に騒がしくてうるさくて意味が分からない映画という評価になって
いる。だれかいみを教えてください

214 :名無シネマ@上映中:2009/06/06(土) 23:59:40 ID:uXzgo0jX
>>211
学校の授業じゃないから 正解とかはないんじゃないかな…
正直自分もわからないとこは幾つもあるよ
あと一回観てから小説読んでみようと思ってる
>>211がそこまでしたくないと思うなら あなたには合わない作品だったのかも

220 :名無シネマ@上映中:2009/06/07(日) 00:19:09 ID:8HiAu+BD
>>211
「死んでも思いは生き続ける」というテーマなのでは?
あくまでも「ファンタジー」であることを前提に書くけど

・心臓が動かなくても町子先生への思いだけで生き返った
 でも「両思い」になった陽人は、再び肉体の死を迎えるが、
 「両思い」を達成してしまったので生き返ることはなかった。

・首なし彼氏は、心臓が止まってる(半分死んでる)陽人だからこと見える存在。
 靴は三途の川に片足つっこんでるメタファー。
 または首なし彼氏=死の使者

・町子は陽人を死んでもなお心の中で生き続けていると確信。
 それは脳みそを囲んだシーンで陽人の歌が聞こえていることでも分かる。
 それを確信した町子は、陽人の肉体の破片には特に意味はないんだと悟って熊に食わせる。
 ここでニヤリとしたのは、町子の食物連鎖的な理系的思考が満たされたと同時に
 首なし彼氏の時の異様なまでの執着とは違って
 陽人の死という事実にはしっかりと向き合えてる自分への自信とか喜びなのかな。

222 :名無シネマ@上映中:2009/06/07(日) 00:22:18 ID:/OAVH+Zw
クビなし彼氏は陽人にだけ見えた幽霊じゃないの?
陽人も幽霊だし。
ラストはちょっと自分も意味わからなかった。
小さくて役立たずだった脳みそが町子先生たちを守った?

231 :名無シネマ@上映中:2009/06/07(日) 00:40:24 ID:GPTF0sV0
>>220さんの一番下の項目の解釈に感心した
でもこの映画は、あまり限定的にくくりたくないな

陽人は織田信長と同じ脳味噌だからしょうがないが、一番変な人は
町子先生に思えた

237 :名無シネマ@上映中:2009/06/07(日) 01:09:45 ID:GvKBUEaH
>>220
すごいなー
そういう解釈考えれるってマジ尊敬するわ

229 :名無シネマ@上映中:2009/06/07(日) 00:31:37 ID:CDwLGfLa
 どうもありがとう。

特に220さんの見解がかなりピタ~ときました^^

少し思うのは、進化というのもひとつのキーワードのような気がします。
あと遺言の中に肉体は研究にささげても良いけど、脳みそはどうとか?(忘れた)
という部分も物語の意味に関係しそうですね。

この2つを加えて、理解できた人はいますか?

235 :名無シネマ@上映中:2009/06/07(日) 00:59:59 ID:x7BO7o4l
>>229
『進化』って 町子先生の持論では
恐怖をDNAに記憶して 世代を跨いで適応していくもの
だったっけ?
陽人は何回も農薬を浴びて 実は何回も死んでる でいいのかな
だから陽人は進化することができた と思ってる
町子先生と両想いになるために『死んで生きてるんだ』
脳は陽人の精神部分の象徴なのかな
心臓が止まっても町子先生を想っていた脳を町子先生に捧げたかったんだと思う
進化したけど気持ちは変わってない『小さい脳』のまんまだって
長文なうえに的外れだったらゴメンなさい

238 :名無シネマ@上映中:2009/06/07(日) 01:13:44 ID:CDwLGfLa
>>235
どうもありがとう。

自分の私見では文明批判みたいなものもあるような気がしてきました。この監
督の前の作品をあまり知らないので間違っているのかもしれないけど、人類が
無理して今の文明を作っている(象徴が主人公で一般から見ると変な人)が、
そういう人為的な高め方は破滅するよという意味もあるのかな?

あと主人公は銃で撃たれて死ぬけど、あれは熊撃ちのハンターだよね。
そして最後に熊が出て脳みそを食べる。ヒロインの笑いと絡めてなんか意味
がありそうだな。

232 :名無シネマ@上映中:2009/06/07(日) 00:41:41 ID:GPTF0sV0

2ちゃんねる映画ブログ

前作の「ジャーマン+雨」もそうだけど
横浜監督は子供扱うの上手いなぁ

234 :名無シネマ@上映中:2009/06/07(日) 00:51:21 ID:pi5rsWz1
片思い中の俺に勇気を出させてくれる映画だと思いみてきたらとんでもない映画だった

236 :名無シネマ@上映中:2009/06/07(日) 01:02:53 ID:GPTF0sV0
>>234
わははは!

257 :名無シネマ@上映中:2009/06/07(日) 08:06:24 ID:kdfEzpV1
全体的に、誰も予想しない展開で進んでいくストーリーだよね。
だからか、時間が経つのも速く感じたし。
中でもラストの脳みその下りは衝撃的なものがあったなぁ。
最後の町子の解放されたような、何かを悟ったような笑みが良かった。

258 :名無シネマ@上映中:2009/06/07(日) 09:47:17 ID:ZXL+X+y7
>>257
あの最後の笑顔、監督は麻生さんに「恍惚とした表情で」と指示を出したそうだけど、
その「恍惚」が町子先生の心情なのか、単にそういう表情でという形だけのことなのか

意味を考えるべきじゃないと思っても、ラストの町子先生が何を考えてあの行動に出たのか
ついいろいろ考えてしまう

264 :名無シネマ@上映中:2009/06/07(日) 13:02:22 ID:x7BO7o4l
>>258
そんな指示が出てたのかー
自分が想像してるのと違うかも<笑顔の意味
まだパンフもじっくり読んでないや
もう少し自分だけの中で噛み締めていたいカンジなんだよね

291 :名無シネマ@上映中:2009/06/07(日) 21:54:43 ID:43QkcDuf
ラストは子供たちと町子先生の遊ぶ姿に、いてもたってもいられなくなった陽人の魂が熊の体を借りてやってきたのかと思いました。
それを悟った町子先生が熊(陽人)に脳みそを差し出したのかと・・・

292 :名無シネマ@上映中:2009/06/07(日) 21:57:56 ID:7KJDpKHJ
陽人は熊と間違われて撃たれたから、関係はありそうだよね。
でもマチコ先生は熊と分かって投げたわけじゃないから違うんじゃない?

293 :名無シネマ@上映中:2009/06/07(日) 22:07:38 ID:ngRg9OLO
クマって気付いたから投げたんじゃん

294 :名無シネマ@上映中:2009/06/07(日) 22:36:07 ID:7KJDpKHJ
物音がして、マチコ先生が脳を投げる。
そしたら林から熊が出てきた。
だから熊とは分かってないと思うけど?

296 :名無シネマ@上映中:2009/06/07(日) 22:58:28 ID:QMH0fQUE
>>294
いや
物音(気配)→熊だ!→投げる の順でなかったか?

298 :名無シネマ@上映中:2009/06/07(日) 23:13:18 ID:upsvOi1K
>>294
物音が聞こえた時町子は凄い険しい顔してたから
熊と認識して投げたと思う

321 :名無シネマ@上映中:2009/06/08(月) 10:31:32 ID:FpCtV8Vv
>>294
マチコ先生が投げた脳を熊がたいらげた後
熊の頭がぱかっとわれて陽心の顔が出てくるのをちょっと期待したのは
おれだけか?

322 :名無シネマ@上映中:2009/06/08(月) 10:44:09 ID:iX6IRE4a
>>321
それじゃ寄生獣だよw

337 :名無シネマ@上映中:2009/06/08(月) 17:00:37 ID:Z+QZcjuF
今日、見てきた。松ケンの体当たりの演技を見れて、大満足。
でも横浜監督の感性は、私には合わなかった。
他の俳優だったら絶対見ないし、今後も横浜監督の作品は見ない。

2ちゃんねる映画ブログ

麻生さんのファンの立場だったら、ガッカリするかも。
ソツなく演じてるけど、特別見せ場はないし、キモい男につきまとわれ、
始めは嫌がっていたのにそのうち世話を焼きはじめるんだから。

347 :名無シネマ@上映中:2009/06/08(月) 20:01:12 ID:nm7/g07Q
>>337
オレは麻生ファンだからこの映画見たけど正直がっかりしたよ。
どうして陽人が生き返ったらマチコが好意を持ち始めたのか理解できない。
あれだけ嫌がってたのに。

349 :名無シネマ@上映中:2009/06/08(月) 20:06:42 ID:IotbBi3D
町子はじわじわと陽人を好きになってたんだよ。
恋愛感情というのとはちょっと違う母性のようなものだと思うけど。
それに気付いたのが陽人が幼稚園に迎えに来なかった時。
家まで行って勝手に上がり込んで探してしまうほどに。
だから心臓止まって生き返った陽人と暮らすことにした。

350 :名無シネマ@上映中:2009/06/08(月) 20:24:19 ID:J8IzY88t
>>349
自分もそう思った。
だんだん好きになっていったんだよね。
夜道を一緒に帰った時だって、彼氏にすら話したことのない
進化の話を陽人にしてた。
あの時から、町子にとって陽人は特別な人だったんだよ。
なんでも安心して話せる相手?って感じだったのかな。

355 :名無シネマ@上映中:2009/06/08(月) 21:11:51 ID:zECRYDKA
町子先生も変な人じゃん
神様頼っちゃうし、陽人との会話を見ても元々ああいう人に
惹かれる素養がある人なのでは

196 :名無シネマ@上映中:2009/06/06(土) 19:27:45 ID:PpseEOtO

2ちゃんねる映画ブログ

首無しを演じているのがARATAだと知らずに観て
絶対松田翔太だと予想したが違っていた。
声似てない?

361 :名無シネマ@上映中:2009/06/08(月) 22:41:00 ID:H6a8lVBw
かなめ役はARATAなんだな。
顔が全く出ない役ってのもすごい。

359 :名無シネマ@上映中:2009/06/08(月) 22:12:03 ID:KLcyXVeZ
週末2回観てきたのに、今日また見たくなってる
不思議な映画だなあ
最後、町子先生がずっと引きずり続けてきた
首から上の中身(脳)がごろんと渡されるってすげぇなと思った
100年の恋も醒めるスーパーリアリズムだw
カミサマも自分イタコじゃないとか言ってて、畑の横は国道みたいな道だし、
ファンタジーのくせにスーパーにリアリズムだったw

367 :名無シネマ@上映中:2009/06/08(月) 23:38:54 ID:uJE7Y+Ra
ああ、亡くした恋人の首と自分の脳を差し出したこと、なんとなく関連があったのかと
このスレ見てて初めて気がついた。

でも脳みそ持ち歩くのは勘弁してほしいわ・・・

410 :名無シネマ@上映中:2009/06/09(火) 14:25:46 ID:gDIcNenm
横浜監督って、実際に森で熊に会った時の体験からあのラストを考えたらしいよ
まずラストが浮かんで、それからそこに繋がる物語を作っていったみたい
で、ラストの意味は「希望」って言ってる
陽人の肉体は無くなっちゃったけど精神みたいなものはまだあるんだよって事かなと思った
だから身を守るために僕の脳みそを使ってくれてもかまわないって
それがわかったから町子先生のあの表情なのかも
見当違いかもしれないけど、これも一つの解釈

438 :名無シネマ@上映中:2009/06/09(火) 23:39:12 ID:5JrqbRTl
最初は脳と脳がくっつく話の予定だったらしいね。
そうだとしたら、森で頭グリグリのシーンでくっついたのかな。

426 :名無シネマ@上映中:2009/06/09(火) 22:19:38 ID:XDD/1Yus
中身が空っぽで形だけの要の靴を、心臓さえ必要としてない燃える魂みたいな陽人がもらって
あの靴に繋ぎ止められたこともあって、形(体)が現世に残ることができたのかなと思った
そんな陽人から町子は、自分が引きずり続けた形(首)の中身である脳みそをもらって
子供達と森に行くと、子供達は、まるで陽人遊ぶように普通に脳と遊び始める
おまけに陽人の歌まで聞こえてきて、しかも楽しくて、じゃあもう体なんか無意味じゃんと
思ったところに熊が来て、町子は脳を投げ出す。町子はとらわれていたものから自由になり
要へのこだわりから解き放たれる…ってことかなと感じた。長くてスマン

427 :名無シネマ@上映中:2009/06/09(火) 22:29:51 ID:K4pUfIiB
>>426
まったく同じこと考えてた!
あと じっちゃんのテープのうえから陽人が自分の言葉で畑の作り方を吹き込んでたよね?
これも『進化』の結果なのかな

2ちゃんねる映画ブログ

434 :名無シネマ@上映中:2009/06/09(火) 23:19:59 ID:x4niatNW
>>427
ああ!じっちゃんの上にかぶせた声が進化か!
それは素敵だね。なにせ陽人は毎日、野菜と戦争してたんだからね。
少しくらい野菜や青虫に勝って、進化してもいいよねえ!

428 :名無シネマ@上映中:2009/06/09(火) 22:43:20 ID:K4pUfIiB
書き忘れ~
陽人は遺書書いてたね
まさか撃たれて死ぬとは思ってなかったかもしれないけど 近いうちに死ぬかもしれないって思ってたんだね

撃たれた時の死に顔は もう生き返りそうにみえなくてぞっとした
倉庫で農薬浴びてるのを町子先生に見つかった時の顔も 病的に感じた
両想いに近づくにつれてだんだん死に近づいていってた気がした

429 :名無シネマ@上映中:2009/06/09(火) 23:06:48 ID:x4niatNW
>>428 要の首がなくなった町子先生に、じゃあ代わりに
僕の(首じゃグロテスクだから)脳あげる、ってことかなと思った。違うかな

診療所で、「静かだ」って言ってたのは、生まれて初めてヘリコの音が消えてたんだよね


関連記事

  1. 2010/07/14(水) 01:04:31|
  2. あ行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<許されざる者 | ホーム | ソウ6>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1284-5e29bc26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR