FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヴァン・ヘルシング

http://tv6.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1093570693/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中:04/08/27 10:38 ID:mD+k87lF
2004/09/04 日本襲来  08/28 先行上映

公式サイト(英語)
http://www.vanhelsing.net/

監督:スティーヴン・ソマーズ
出演:ヒュー・ジャックマン/ヴァン・ヘルシング
    ケイト・ベッキンセイル/アナ王女
    リチャード・ロクスバーグ/ドラキュラ伯爵
    デヴィッド・ウェンハム/カール
    シュラー・ヘンズリー/フランケンシュタイン
    ウィル・ケンプ/ヴェルカン


30 :名無シネマ@上映中:04/08/28 14:48 ID:0K0apnDE
先行組です。
いやーソマーズたん、何も考えてないよね。
ここはこうした方がいいから、「多少」(?)辻褄が合わなくてもこれでね!
ってゆー典型的な映画。
大味もいいとこだが、あの勢いは凄いなあ。
突っ込みどころ満載!
あの伏線はどうなった?
と言う向きにはオススメできない。
でも爽快感は薄いな。そこがちょっと残念か。

32 :名無シネマ@上映中:04/08/28 16:43 ID:QdPScboH
>>30
ソマーズ映画における優先順位は
 1.勢い
 2.すごいCG
 3.山場が映画全編の8割以上を占めること
 4.何も考えてない主人公
 5.脈絡無く主人公に惚れるヒロイン
  ・
  ・
  ・
  ・
 12くらい.整合性
となっておりますので、ご了承下さい。
だいたい、ヘルシング派遣の大本の理由である、「アナの一族が伯爵倒せなかったら
全員成仏できないから助ける」っての、達成されてませんし。でも成仏してたけど。

33 :名無シネマ@上映中:04/08/28 17:25 ID:Ccf20a+X
あと人物描写の徹底的な排除も

娯楽映画の王様だよソマーズ

39 :名無シネマ@上映中:04/08/28 21:03 ID:dnirg/3k
話がCGについていってない典型的な映画だね。
CG好きなひとにはいいかも。

36 :名無シネマ@上映中:04/08/28 18:14 ID:L2s6KF3a
ここで散々な評判だったので覚悟して行ったんだが、思ってたよりはマシだった。
冒頭の雰囲気はかなりよかったし、前半はスピード感があって好きだね。
まさか最後までそのスピードでいくとは思わなかったが。
花嫁3人組もヒロインより色っぽくて好み。
マトリクス・レボリューションズでも思ったんだが、ラスボス対決が一番情けないって
いうのがなあ・・・・。

53 :名無シネマ@上映中:04/08/28 23:33 ID:2O6ZqSL8
>>36
>冒頭の雰囲気はかなりよかったし、前半はスピード感があって好きだね。
まさか最後までそのスピードでいくとは思わなかったが。

ここワラウw(・∀・)

37 :名無シネマ@上映中:04/08/28 18:17 ID:uoQhTK13
この映画ってこれでもかってくらい
背景を作ってるけど五月蝿い程にゴテゴテしすぎて
引きで美しいってシーンが皆無だったな
どこも背景に人物が食われてる

この監督話まとめるのと空間作るのが下手なんだな

3 :名無シネマ@上映中:04/08/27 12:18 ID:wfKHWSHs
遊園地の子供だましなお化け屋敷のモンスターを見た感じで
激しく激しくつまらない映画でした。

リーグオブレジェンドで懲りておけば良かったよ。
画像は綺麗だけど中味が何にもないのは、やっぱ、ソマーズだ。

44 :名無シネマ@上映中:04/08/28 22:14 ID:FXkL7WUq
トム・ソーヤが出てこないだけリーグよりましである。

51 :名無シネマ@上映中:04/08/28 23:09 ID:QBQbIXTa
以下、ネタバレにならない程度に注意点など。

セクシーなドラキュラ萌えの人はこの映画には向かない。
ロクスバーグ演じるドラキュラはマイホームパパ。
ほとんど城にこもりきりで、吸血は冒頭の一回のみ。
ケイトにも一応迫るが、ものすげーおざなり。
フランケンシュタインは一瞬だけだが
ものすごくグロいシーンがある。
内臓ダメな人は心構えが必要。

ハム2のクライマックスのVSロック様の顔した何か
あれが許せない人は絶対にこの映画を見てはいけない。
この映画はアレの非ではない。
つーかある意味、野郎の役者のファンは
全員平等に置いてきぼりかと。

作品中でボコボコ出てきた謎用語解説
・ドヴェルグ……北欧神話に出てくる小人。鍛冶や金属加工能力に優れている
        白雪姫の7人のパシリのお仲間。
        ヒカリモノ目当ての人妻女神と一発ヤッたりするが、別に悪でも何でもない

・ガブリエル……4大天使の一人。マリアに受胎告知した人。
        その関係で、絵画では女の姿で描かれることが多いが、
        ダニエルの前に現れた時は立派な男の姿でしたよ?
        偽典等の正当派とされない伝説の中では
        一時、堕天したこともあるとゆーウワサもあったりする
        イスラム教では、モハメッドにコーランを書き写させた天使として
        大変にありがたがられている

54 :名無シネマ@上映中:04/08/28 23:33 ID:fKwlMLzq
> ロクスバーグ演じるドラキュラはマイホームパパ。
これはちとワラタ、その通りだった。

52 :名無シネマ@上映中:04/08/28 23:26 ID:QBQbIXTa
んで、漏れ的な感想だが、少なくとも前売り分の価値はあった。

なんつーか、ソマーズが金を湯水のごとく使って
撮りたい絵を撮りまくり、やりたいことをやりまくったのが
画面からひしひしと伝わってくる。
いーじゃないか、楽しそうで。
風車を燃やせー!文化遺産をブチ壊せー!六頭立ての馬車は二台だー!
そして、ティム・バートンとまったくベクトルと波長は異なるが
彼も結局人間よりクリーチャーが好きなんだよ。
だからフランケンシュタインは優遇され、ドラキュラの花嫁はヒロインよりセクシーで
おまけに最大の見せ場はフル××の×××××VS×××××なんだよ。

2ちゃんねる映画ブログ

つーわけで、せっかくの偉丈夫なヒュー・ジャックマンですが
ブレンダン・フレイザー程度の活躍しかしません。
しょっちゅうボコられてふっ飛ばされます。
どこらへんがDなんだよ。見かけ倒しもいいトコだ。
それでもカッコ良かったからいいが。
ケイトのアナ姫は、とにかくクールなカンジを出そうとした結果、
なーんかインパクトのないただの姐ちゃんになっている。
ウェンハムはいいカンジにうるさくて良かった。
ハムナプトラのヒロインの兄そのまんまな気もするが。

101 :名無シネマ@上映中:04/08/29 01:43 ID:r75nzvzW
>>52
>ハムナプトラのヒロインの兄そのまんまな気もするが。

キャラの位置は確かにジョナサン兄ちゃんだな。
日本的にはウッカリハチベエという感じも。
ヴァン・ヘルシングとカールはバチカンからトランシルヴァニアへ向かう
間に悪者退治とかしてないのだろうか。w

62 :名無シネマ@上映中:04/08/28 23:55 ID:QBQbIXTa
いかん、用語追加
・煉獄……キリスト教で、天国に直行できるほどいい人でもないが
       地獄に直行するほど悪い人でもない人がいく所。
       ここで罪をつぐなって許されると、
       そのうち天国に入れてもらえるらしい。
       
おそらくこの映画は、減点法で考えるか、加算法で考えるかで
評価が違ってくると思う。
舞踏会の出席者はどーなったんだとか、ドラキュラの花嫁はどうやって一度で400(略とか
そもそもフランケンとウルフマンをカミナリに当てるとどーして(略とか
お話のアラを探すと30点くらいになってしまうが
「そんな告解部屋はイヤだ!」「バチカンに仏教僧が!」「コスプレ舞踏会キター!」
ワクワクするシーンを積み重ねていくと200点くらいになる。
要は、どっちに重きを置くかということだ。

とりあえず自分的には200点映画だった。もう2回くらい見る。
でもボロクソに言われても文句は言えない(w

疑問:アメリカ的にはアナ姫のアレはどーなの?
(フランケンが遠くから確認していた場面)
日本人にはおなじみの方法だけど、めっちゃ違和感あるんじゃ?
ハリウッド映画でアレを見た記憶をたどってみたが、
トロイくらいしか思いつかない。
でも、あれは非キリスト教徒しか出てこない映画だし……
ガブリエルも、一般的には女性だと考えられているはずだし。
ソマーズって記号的なわかりやすさの代表のようで
妙な所で世間を置いてきぼり……

66 :名無シネマ@上映中:04/08/29 00:01 ID:CD7tAf6w
>62
> ハリウッド映画でアレを見た記憶をたどってみた
> トロイくらいしか思いつかない。
スターウォーズは?

74 :名無シネマ@上映中:04/08/29 00:18 ID:HM/J/1kv
>62
アナのあれは私も思った。
半分だけとはいえバチカンの僧侶がいるんだから、やるとは思わないなあ。
何も考えてなさそうなソマーズタンの理由付けを敢えて考えてみると。
1/ヴァンヘル君は東洋思想だた。
2/その後のシーンを描くにはどうしても、「○○す」必要があったから。
3/やってみたかっただけ。

81 :名無シネマ@上映中:04/08/29 00:34 ID:JpXxv9Ro
>74
2,かなー。

75 :名無シネマ@上映中:04/08/29 00:18 ID:ipdGENWX
やっぱ白髪男の棺桶落ちが一番笑ったなー

149 :名無シネマ@上映中:04/08/29 19:51 ID:7uOSq4Ul
牛で笑った人が自分も含め多かった。

265 :名無しさん:04/09/01 19:45 ID:qWRzvFyK
牛さんが可哀想なので見ません。

266 :名無シネマ@上映中:04/09/01 20:10 ID:faGoehPc
実は牛さん生きてます。ぴんぴんしてます。むしろ無傷っぽいです。

410 :名無シネマ@上映中:04/09/04 21:48 ID:t49jnL8X
牛が無事だったのに笑った
牛最強

人間はもりもり死んでも動物はダメなのね(;´Д`)

85 :名無シネマ@上映中:04/08/29 00:44 ID:wFC+0tdG
先行見てきた。
っ駄作。いじょ。

不満はいろいろあれど、アナのどんくささが観るに耐えなかった。
CGキモすぎ。ウィル・ケンプの存在意義はどこへ?
時代遅れのジェットコースターに延々のせられて
スピード感あるんだかないんだか麻痺したままオワタ。

リーグと同じ部類の映画だけど、あっちのほうがメリハリきいてたな。
セリフも粋だったし。
ジャックマンはもっとかっこよく描けたと思うので惜しい。

107 :名無シネマ@上映中:04/08/29 02:28 ID:wypKYGJm
いやあ楽しかった。とりあえず花嫁最高。
デニーロのフランケンシュタインとかぶる映像がいくつかあったな。
主役二人にあまり魅力を感じなかったが、伯爵とかカールとか脇がいい。

137 :名無シネマ@上映中:04/08/29 15:05 ID:RdHrpg+i
何だかんだで一番目立ってたの花嫁3人だよな。
あいつらが出てるシーンが一番面白かったよ。

2ちゃんねる映画ブログ

映画の最後はもう「そりゃないよ」って感じだった。
ああする必要性はあったの?納得出来んわ。

138 :名無シネマ@上映中:04/08/29 15:31 ID:lWxSrsOr
>>137
悪役はみんな死ぬのがこういう映画のお約束なんで

ラストはヘルとアナのキスシーンで終わるんだろと思ってただけにちょいと意外だった

202 :名無シネマ@上映中:04/08/30 22:54 ID:Oc9NK5Ux
ラストのアレなんですが
少年ジャンプ系エンディングとでも言えばいいのか
キンニクマン、男塾、リンかけみたいな
懐かしかったです

207 :名無シネマ@上映中:04/08/30 23:22 ID:1qVsg7Yw
>>202
最終回オールカラーで最終ページ見開き、「応援ありがとう!」ってかんじだなw
ソマーズ監督の熱血ホラーが読めるのはジャンプだけ!

382 :名無シネマ@上映中:04/09/04 13:40 ID:tDC6OL1Z
脇役で修道僧のカールが出会った女の子とすぐHしちゃうのに、
主役のヴァン・ヘルシングがアナとキスだけというのは
とても理不尽だと思いました。
でもカール(デヴィッド・ウェンハム)可愛いからいいか。

116 :名無シネマ@上映中:04/08/29 03:15 ID:uV96BS+s

2ちゃんねる映画ブログ

ヴェッキンセイルきれい。でも演技へたくそ。個人的にはアンダー
ワールドの方が萌えた。
しかしヴァチカンにあんな秘密があったとは。007もびっくり。

127 :名無シネマ@上映中:04/08/29 10:03 ID:KdWM7ynt
ラストバトルがああなってしまったのは惜しいな。
人間として倒して欲しかったよ。

109 :名無シネマ@上映中:04/08/29 02:36 ID:R2wFVdEE
狼男から人間に戻った時、必ず腰に布巻いてるのが笑った。
どこから出てきたんだ…。

118 :名無シネマ@上映中:04/08/29 03:46 ID:0gITMKIJ
>>109 「ハルク」のパンツを思い出したw

76 :名無シネマ@上映中:04/08/29 00:20 ID:/S8oXzCL
ざます、ガンス、フンガー

124 :名無シネマ@上映中:04/08/29 09:15 ID:j6VYzBKn
吸血鬼にフランケンシュタインに狼男。

どこかで見たような組み合わせだなと思いました。

2ちゃんねる映画ブログ

なんだ、「怪物くん」かよ。

125 :名無シネマ@上映中:04/08/29 09:50 ID:/S8oXzCL
>124
どちらもモンスター映画の大スターを選んでいるんだから被るのは当然。
でも、続編作るなら今度は何と戦うのだろうか。

176 :名無シネマ@上映中:04/08/30 00:34 ID:k7UapoVD
フランケンほんとにフンガーって言うのに感動しますた

257 :名無シネマ@上映中:04/09/01 11:57 ID:RGtaeeuz
主人公に半ズボンはかせて
野球帽かぶらせろ

139 :名無シネマ@上映中:04/08/29 15:40 ID:z+RvEzT/
見どころをつなぎ合わせて作ったフランケンシュタインみたいな映画だね。
そのせいかなんとなく散漫な印象を受ける。
もうちょっとオモシロ武器が活躍してもよかったんじゃないかな?

152 :名無シネマ@上映中:04/08/29 20:58 ID:uV96BS+s
一部ネタバレごめん


吸血鬼は親が死んだら生きていけないの?
あの卵は誰が産んだの?
何であんな苦労しないと卵は孵らないの?
血を吸って仲間を増やさないのはなぜ?
ヘルシングの失われた秘密とは何?またガブリエルとの関係は?
フランケンはこれからどうなるのでしょう?

155 :名無シネマ@上映中:04/08/29 21:22 ID:9CGu5EY7
>>152
自分も全然把握できなかったんだけど

>吸血鬼は親が死んだら生きていけないの?
そういう台詞があったから、そうなんでは。
>あの卵は誰が産んだの?
「一人の女性が産んだものだ」とは言ってたけど、誰なのか知らない。
>何であんな苦労しないと卵は孵らないの?
何か、刺激が要るんじゃないのか
>血を吸って仲間を増やさないのはなぜ?
舞踏会に来てた人たちは、吸って仲間にしたんじゃないのかな。
>ヘルシングの失われた秘密とは何?またガブリエルとの関係は?
本人が知りたくないっていってるんだから、仕方ない。
>フランケンはこれからどうなるのでしょう?
漂流中のトム・ハンクスに会う。

160 :名無シネマ@上映中:04/08/29 22:27 ID:R8iBqlD4
>152

あの映画の中のドラキュラは死者なんですよ。
「死なない人」っていうより「死んだまま動き回ってる人」な訳ですね。
奥さん達もそうなんです。

そういう人たちが作った子供だから、もう産まれたときから
死んでる訳です。弱いお母さんを許して状態。

だから、そういう子らを生きながらえさせるにはお尻叩く
位じゃ全然ダメで、「死人を生き返らせる大技」が必要に
なってくる訳ですね。
そこでフランケンシュタイン博士の出番になったんです。

ヘルシングは昔ガブリエルと呼ばれてて、結構あちらじゃ
有名な人らしいです。映画の外でも。

たぶんフランケンシュタインの怪物はあのまま北極までイカダ
漕いでいくんでしょう。

171 :名無シネマ@上映中:04/08/29 23:34 ID:uV96BS+s
>>155,160 thanks

吸血鬼はゾンビだったんだ!しかし、舞踏会でうじゃうじゃ湧いてきた
連中は寝てたわけね。
ヘルシングが何やら重大な使命をおびているのはわかった。秘密は
ヴァチカンが握っている、と言うわけで、これは続き物になるな。

農民たちが捕まるためにぞろぞろと戸外に出てくるのは間抜けとしか
言う他ない。
伯爵のしもべのチョロチョロ動く連中の正体は?
もう一度観ないと他にもワカランこと多すぎ。

別にけなしてるわけじゃないよ。結構楽しんでる。

180 :名無シネマ@上映中:04/08/30 01:01 ID:isEGnGev
>171
>農民たちが捕まるためにぞろぞろと戸外に出てくるのは間抜けとしか

これはちょっと言えてるよな アナが「やられても一度に数人」みたいな
事を言ってたから、日本的な考えだと生贄を差し出すとかなりそうなのに
何故か皆ゾロゾロ戸外に揃ってて狩ってくれと言わんばかりだよ

156 :名無シネマ@上映中:04/08/29 21:35 ID:RH7v8DcK
一番の謎は、ウィル・ケンプの存在意義

2ちゃんねる映画ブログ

163 :名無シネマ@上映中:04/08/29 22:54 ID:BmBZKv9N
>156
演技が下手糞すぎてどうしようもなかったな
やっぱりバレエが本業なんだろうよ

190 :名無シネマ@上映中:04/08/30 18:33 ID:3MfbY2Pw
細かい設定とか突っ込み所はあるけれど、エンタメとしては良作でしょ。
ただ、2やりそうな雰囲気なんだけれど、もうモンスターがネタ切れではないかと?
半魚人とかミイラ男出されても…。

191 :名無シネマ@上映中:04/08/30 18:40 ID:q76S0Vay
半魚人は出そうとしたんだがあまりにあんまりなのでやめた、とか言ってたな。
(ドラキュラ城のお堀で泳がせるつもりだったそうな。)
あんだけ無節操やってりゃ、いっそ出しちまった方が良かったと思う。
ヘンな遠慮すんなよ。

397 :名無シネマ@上映中:04/09/04 19:14 ID:0PEzRG6j
ドラキュラの大仰な芝居と、活劇調の音楽がやけに浮いてた感じ。

もうちょっとダークな雰囲気を期待してたんだけど・・・

395 :名無シネマ@上映中:04/09/04 19:04 ID:uIPgBxMc

2ちゃんねる映画ブログ

まさに、このドラキュラは、ドンドラキュラやサリーちゃんのパパだな。
かっこ悪い、まぬけ、威厳なしのコメディ。

吸血鬼を期待してみると、すんごいがっかりする映画ですた…はあ……

403 :名無シネマ@上映中:04/09/04 20:40 ID:vxbdLQTz
コッポラのドラキュラに出てくるヘルシング教授を期待してると
150度くらいずれた角度からカウンターパンチをもらうねこれ

384 :名無シネマ@上映中:04/09/04 17:12 ID:RZNJ0fym
ヘルシングが狼男に変身するあたりで、「あ、ウルヴァリンだ」と一瞬思った

398 :名無シネマ@上映中:04/09/04 19:31 ID:75a6CJ/y
>>384
爪をシャキーンとさせてたしなw

247 :名無シネマ@上映中:04/09/01 00:49 ID:YIPKOAQB
竹書房の小説版を読んでみた。
…なんだか映画よりこっちの方がある意味面白かったような。
映画では迫力と映像重視、小説はストーリー重視になるから
当たり前といえばそうなんだが、話の展開など細かくて面白い。
結構違うところもあるし、登場人物の内面もきっちり描かれている。
ラストも小説だとしみじみとした雰囲気になってるよ。

310 :名無シネマ@上映中:04/09/02 23:22 ID:114US9IW
竹書房のノベライズ、パラ見したけど、和訳がアレだな。
「ドラキュュラはムカッとした」はねーだろ。
リーグオブレジェンドのノベライズは、も少し読める文章だったぞ。
解説で某伯爵が自著の宣伝しててウザー。


関連記事

  1. 2010/06/28(月) 01:36:10|
  2. あ行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<噂のモーガン夫妻 | ホーム | キラー・ヴァージンロード>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1281-54f70d5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR