FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

バック・トゥ・ザ・フューチャー

今でもバック・トゥ・ザ・フューチャーが好き
http://cocoa.2ch.net/movie/kako/983/983442157.html
2ちゃんねる映画ブログ

1 :ワールド名無しサテライト:2009/06/08(月) 01:56:05.39 ID:K6SNuBOW
1985年ロバートゼメキス監督、116分、アカデミー音響効果賞受賞作品
30年前の両親の青春時代に現れた高校生が騒動を巻き起こすSFファンタジーコメディ

マイケルJフォックス、クリストファーロイド、トーマスFウィルソン、リートンプソン、クリスピングローヴァー、クローディアウェルズ


163 名前: 良父 投稿日: 2001/07/10(火) 18:31
1を見ると2が見たくなり、2を見ると3が見たくなる。
3を見るとまた1が見たくなる。
これを繰り返して、もう何回ぐらい見ただろう。

22 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/01(木) 20:30
1でチャック・ベリーの曲を演奏するマーティのキレぶりが
好きだった。そのあとバンドメンバーがチャックに
「この曲聴いてみろよ」って電話するシーンで爆笑。

77 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/06(火) 11:17

2ちゃんねる映画ブログ

うちの近所にもドクターブラウンがいたら、
人生もっと楽しいだろうなー

338 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/27(火) 00:40
オレのなかでのアカデミー作品賞をあげるよ

381 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/29(木) 00:55
いやー、やっぱいいよね、バック・トゥ・ザ・フューチャー
マイケルのあわてて逃げるときの足どりって最高に面白い。

421 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/04/08(日) 22:44
よき80年代を象徴する
いい映画だった。
that's entertainment.

19 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/29(金) 17:11
2や3は余分だろ。
1だけ名作決定!

20 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/06/29(金) 17:16
いやまあ、元々続編なんて創るつもり無かったんだから、
1作目がもっとも完成度高いってのは当然なんだけどね

79 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/06(火) 11:24
ちょっと確認
・当初の予定は1作で完結
・劇場公開当初のエンドクレジットは"To be Concluded"
・好評だったので途中からシャレで"To be Continued"にした
・タイムマシンは当初冷蔵庫を使う予定
↑このうちガセネタある?

81 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/06(火) 11:41
>>79

>・劇場公開当初のエンドクレジットは"To be Concluded"
これは聞いたことないな。つーかConcludedって意味なに?

他は全部聞いたことあるよ。
>・タイムマシンは当初冷蔵庫を使う予定
これも。つーかBTTFの展示会があった時にデザイン画を
見たから間違いない。

それと、エリック・ストルツでほとんど撮り終えたけど、
スピルバーグがダメダシしてマイケル・Jに交代した
ってのも追加しといてくれ。

82 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/06(火) 11:44
To be Concluded.=次号完結

89 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/07(水) 01:52
To be Continuedはビデオ版で足されたと聞いたが…
俳優たちはそれで、続編をやることを知ったらしい。

90 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/07(水) 03:19
>>89
ところが、劇場でそれを見たって言う人間も居るんだよね。
俺は、劇場公開時にあの字幕を見た記憶は無いんだけどさ。
ちょっと謎。

315 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/14 23:44 ID:UlW.iBd6
当初冷蔵庫の予定だったが
映画観た子供がマネするかも
ということでデロリアンになった

95 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/05(木) 10:21
当初、マーティー役はマイケルJフォックスではなく、誰か別の俳優(無名)で、駐車場での初タイムトラベルシーンなど(ドクと並んでビデオカメラを持ったシーンがバックトゥザ..別冊誌に載ってた)かなりのとこまで撮影されたが、結局「華やかさ」がないとの理由で降ろされ、急きょマイケルJフォックスに変えられた。
それが結果的に大当たり。

96 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/05(木) 10:24
>>95
マイケル・J・フォックス、顔童顔で可愛いもんなあ。
日本人も好みの顔だろう。

2ちゃんねる映画ブログ

97 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/05(木) 10:30
>>95
エリック・ストルツだね。顔の作りはマイケルに良く似てる。
ストルツは当時『マスク』などの好演で注目されていたので、
無名(限りなく近かったけど)ではなかったよ。

94 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/09(金) 19:37
1で終わっても十分よかっただろうと思うし、
2,3はやっぱり人気が出たから作りました感は否めないが、
それでも3作とも好きだね。

148 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/14(水) 13:26
何度見ても笑えるのはパート1の家族がバラバラな感じの食事場面。
クリスピン・グローバーがサイコ―に変。

312 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/25(日) 04:35
いくら「2」で高額ギャラを要求し役を降ろされようとも、
クリスピン・グローバーは「1」で最高にイイ味出してたよな?

2ちゃんねる映画ブログ

105 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/11(日) 13:33
2/3では父親はほとんど後ろ姿だね。
違う人間がやってることすら気付かなかった。

321 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/25(日) 17:22
自らの登場シーンの再利用を認めていなかったクリスピン・グローバーが告訴した、って話はよく聞くけど、問題のシーンって何処?前作の使いまわしはなかったような気がするんだけど。

322 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/25(日) 19:04
『何度見ても最高のシーンだ。』のところ。

リー・トンプソンが差し伸べられた手を取りジョージを見上げる場面。
顔は映ってないが、『前作フィルムからの引用』として、
彼の名がクレジットされている。

323 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/25(日) 21:44
>>322
どうも。そこは撮り直ししなかったのか。

324 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/26(月) 00:14
>>321-323
殺害記事の遺影もそうだったような。

225 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/20(火) 10:53
あまり同意されないが、このシリーズで一番うまい役者は、ビフだと思う。
'50代の高校生、未来のぶちきれたティーンエイジャー、西部のならず者をちゃーんと演じわけてなおかつ全員ビフというのはすごい。

2ちゃんねる映画ブログ

226 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/20(火) 12:18
>>225
激しく同意!
高校生のビフと爺さんビフとタネンが同一人物に見えないほど
キャラクターを演じきってるよね。

278 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/23(金) 04:40
何はともあれ、100年以上の時をかけての
マーティーとドクの、変わらない熱い友情に
ヒデキ感激!!

279 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/03/23(金) 05:19
>278
激しく同意!

85 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/05(木) 02:34
ドクとマーフィーの世代を超えた友情だけで何だか泣ける映画

86 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/05(木) 04:29
マーティーとドクは何で知り合ったの?
55年にいきなり訪ねて来たのがきっかけとか?
とするとドクは始めから防弾チョッキを着てたのか?
考えれば考えるほどこんがらがら。

90 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/05(木) 07:52
助手バイトの募集でもしてたんじゃないの。

91 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/05(木) 08:04
変わりもののドク、ギターフリークのマーティー。
1でどでかいスピーカーがあるけど、あれ目当てでマーティーは
近づいたのだが、奇妙な魅力溢れるドクとウマがあって意気投合。
それでいいと思うのだが。

83 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/05(木) 01:07
俺はこれでカルバンクラインを知りファンになった。

151 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/10(火) 03:23
カルバンクラインをピエールカルダンに差し替えたように、
同一シーンを複数バージョン撮影して地域別に差し替えた部分が
何箇所かあるらしいね。

107 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/06(金) 04:13
アニメシリーズがコッソリ作られてたことはヒミツだ。
最後のライブシーン周辺でマーティーの靴裏に汚れ防止のガムテが貼られているのも
ドクが街灯挟んでもう一人の自分に手渡すとき10センチくらいズレて街灯から腕が
出てるのもヒミツだ。リビア人がなんのフォローもなくシリーズ通じて最大の悪人
にされているのもヒミツか?

140 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/09(月) 03:23
僕は時折マーティが口にする「ヘビーだな」が好き。

141 名前: 名無シネマさん 投稿日: 2001/07/09(月) 06:32
>>140
 それに対して1955年のドクが「重さは関係無い」とか「未来では重力異常が?」とか
 言ってるのが妙に受けた。
 なんかこういうほのぼのとしつつ細かいギャグが多かったよな。

33 :無名画座@リバイバル上映中:2008/01/14(月) 15:34:01 ID:AR1M8Dk6
1の序盤でマーティーがサ店の親父に急かされて注文するシーンがあるけど、
1955年と1985年のお金って一緒なのか?

34 :無名画座@リバイバル上映中:2008/01/14(月) 16:47:13 ID:4ytL/UDo
>>33
たぶん一緒だろ。だけど今に比べて物価が安いらしい。
小説でもカフェでマーティがコーヒーを頼んだとき
細かいのがなくて20ドル出したら
「5セントのコーヒーにこんな大金でおつりなんて出せるか!ここは銀行じゃないんだぞ!」
みたいなこと言われてマーティが5セントという安さに驚いてるシーンがあった。
そんで喫茶店のルウというおっさんに
「子供が何で20ドルなんて大金持ってるんだ?」みたいなこといわれてた。

36 :無名画座@リバイバル上映中:2008/01/14(月) 17:18:34 ID:AR1M8Dk6
>>34
なるほど。サンクス

116 名前: 名無しさん 投稿日: 01/09/14 21:26 ID:pbYUsecM
おれも好きな女の子の親父の車にひかれようかと思ったもんです。

214 名前: 忘八者 投稿日: 01/09/14 23:28 ID:ELq9wgGw

2ちゃんねる映画ブログ

デロリアンって実際はそんなに売れずに
すぐ生産中止になっちゃった車なのです。

この車を作った人は確かフォードから独立して自分の理想の
車を作るんだ~っていってデロリアンを作ったらしい。
莫大な借金をかかえて破産しちゃったんですけど。
その夢を追い求める姿勢にこの映画の製作者達は共感したんじゃ
ないかな。それで主役の車にデロリアンを選んだんだろうな。

241 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/14 23:31 ID:clI6fSJY
この映画のおかげで、デロリアンばか売れしたりしなかったのか?

384 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/15 00:19 ID:Oe1iRHIA
ここ見る間でデロリアンって架空の車だと思ってたヨ

39 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/11/20 20:09 ID:zygjMfyM
ばりばり実際の車ですよ。全生産台数500台で、内30台はAT。
会社の方は、潰れたと言うより潰されたらしいです。

46 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/11/21 02:10 ID:QFUP06Re
友達がデロリアンに乗ってるけど、壊れまくり。

539 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/16 02:30 ID:hkxDEIm2
 しかし考えてみればプルトニウムから瞬時に
大電力を取りだせるデロリアンの反応炉も
結構オーバーテクノロジーだと思う・・・

402 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/15 00:38 ID:PXLDizcg
久しぶりに見て面白さを再認識したけど、一番の驚きは若い頃のお母さん人がとても
タイプだったこと・・・
名前も知らないけどいいな。

2ちゃんねる映画ブログ

404 名前: なな 投稿日: 01/09/15 00:39 ID:C42eeaMo
>>402
リー・トンプソン。
密かにマイケルJ狐と同い年。

312 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/14 23:43 ID:DcaplF.I
もし過去に行けたとして
自分のお袋がものすごく可愛かったら
かなり嫌な気分にならないか?

314 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/14 23:44 ID:uKf3FcSU
>>312 逆もヘコムぞ・・・

423 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/15 00:54 ID:GBrdFseg
この時マイケル何歳?
たしか既に結婚してたんだよね?

426 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/15 00:57 ID:dpHO.06I
>>423

25くらい。
結婚したのは2・3の撮影中だったかな?
たしか29くらいの時。

377 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/15 00:14 ID:T3yNe6Bo
親父は昔出会った不思議な友人と息子があまりに似てるのに疑問に思わなかったのかなァ

378 名前: 名無シネマさん   投稿日: 01/09/15 00:14 ID:kTbxF2QQ
字幕でも今日のTV版の吹替えでも「フレッド」と
なっていた酔っ払いの浮浪者…あれ「レッド=トマス」だよね。
1955年の市長。米国のファンがやってるサイトで読んだ
記憶があるが。

386 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/15 00:20 ID:VMZXWHdU
>>378

そうなのかぁ。
ホント細かいねぇ。
日本人には分からないそういう細かい設定も
もっとあるんだろうねぇ。

412 名前: なな 投稿日: 01/09/15 00:45 ID:C42eeaMo
BTTFは名作なのだ。
この作品以来、映画の題名を日本語訳せず
英語のままな作品が主流になったそうな。

418 名前: なな 投稿日: 01/09/15 00:49 ID:C42eeaMo
直訳「未来に戻る」

419 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/15 00:51 ID:7FuQfKVo
確か、「未来に戻る」っていう表現も当時はすごく斬新だった、という話を聞いたことがある。

587 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/17 22:20 ID:892eMNUU
冒頭、マーティーがスケボーで学校に行くところ、
トラックのうしろにつかまってくとことか
エアロビの女の人たちに手をふるとことかバックミュージックとかとか
あれだけで田舎の女子高生はやられちゃったもんです。

590 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/18 01:23 ID:NVuXovq2
マーティー、店の人の目の前で電話帳破いてたよね。
アメリカでは電話帳ってああやって使うものなのか?

599 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/18 19:50 ID:UE1OweNw
自分も気になってた(w)>電話帳破り
店長の目の前でだもんな。

593 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/18 02:08 ID:CVym0h7w
>>590
多分タイムトラベラーには許されるのでしょう。
ターミネーターもやってたし。

596 名前: 名無し 投稿日: 01/09/18 16:59 ID:WqT9MREM
>>593
タイムトラベラーだからこそ
許されない気がするが(笑

623 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/19 22:33 ID:jS4hecEQ
遠くの古本屋に行く途中、迷子になったから
公衆電話に置いてあるタウンページを見たら、
古本屋の項だけ破り取られてた・・・。
タイムトラベラーが来たんだろうか。杉並区に。

613 名前: 名無シネマさん 投稿日: 01/09/18 23:51 ID:ojTDci5I
若ジョージが、自分の書いた小説をマーティから隠そうとするシーン。
子供の頃見た時は、全然気にも留まらなかったけど、今見るとイイ!

「誰にも見せないことにしてるんだ」
「どうして」
「才能が無いって言われるのが恐いんだ…君には分からないだろうけど」
「わかるよ…すごく」

614 名前: 名無しさん 投稿日: 01/09/18 23:56 ID:IxpYQsj6
みんな優しくていい人だから
毎回、観る度にナミダしてしまうんDA.YO.NE!!



バック・トゥ・ザ・フューチャー反省会★実況
http://live24.2ch.net/test/read.cgi/livebs/1188827509/
2ちゃんねる映画ブログ

21 :衛星放送名無しさん:2007/09/03(月) 22:53:31.68 ID:9yG5Cs+9
これほど反省するところの見当たらない映画はないな

24 :衛星放送名無しさん:2007/09/03(月) 22:53:57.64 ID:mxbIYcLK
神映画すぎる。

31 :衛星放送名無しさん:2007/09/03(月) 22:54:12.34 ID:7JR6lSBL
最高に面白い!!
やばい。不朽の名作とはこのことだ。

71 :衛星放送名無しさん:2007/09/03(月) 22:57:34.02 ID:TUjiLeXz
記憶を全部消してもう一回見れたら最高だろうなあ

82 :衛星放送名無しさん:2007/09/03(月) 22:58:19.80 ID:mbifhMn1
>>71
それはいつも思う
記憶消して映画館で見たい

161 :衛星放送名無しさん:2007/09/03(月) 23:08:23.48 ID:jqW+Ejt0
映画館で1を見た俺は勝ち組

158 :衛星放送名無しさん:2007/09/03(月) 23:07:42.82 ID:dzllFXu3
あと8年じゃ空飛ぶ車は難しいな

179 :衛星放送名無しさん:2007/09/03(月) 23:09:38.85 ID:PTn5xMo6
1985年にはこうやっておまいらと実況できると思わなかったもん。
空飛ぶ車はむりだけど、やっぱすげー進歩してるよな

315 :衛星放送名無しさん:2007/09/03(月) 23:26:57.65 ID:jqW+Ejt0
一番好きなセリフ
「30年後からやって来た?じゃあそん時の大統領の名前を言ってみろ」

328 :衛星放送名無しさん:2007/09/03(月) 23:28:49.05 ID:Br/wfWli
>>315
マ:ロナルド・レーガン
ド:ロナルド・レーガン!俳優の! ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

352 :衛星放送名無しさん:2007/09/03(月) 23:32:19.43 ID:Kq7kFNMB
>>328
でも1955年当時だと
ロナルド・リーガンと言ってたハズなんだよね

354 :衛星放送名無しさん:2007/09/03(月) 23:33:19.85 ID:c9DucM//
ドクって、いったい何歳なんだ?
空間を移動しすぎて年齢わからん。

372 :衛星放送名無しさん:2007/09/03(月) 23:38:17.62 ID:Br/wfWli
>>354
確かに…
時間と空間を移動していると時間の概念って言えばいいのかな?
崩れてくる…。
マーティが1955年で1週間過ごしたとしても
1985年では一晩にしか過ぎないんだからなあ…

マーティが巡った時代(?)ってこんな感じだっけ?
1985→1955→1985→2015→1985→1955→1885→1985

410 :衛星放送名無しさん:2007/09/03(月) 23:52:46.11 ID:c9DucM//
>>372
双子のパラドックスだっけ。
物理でちょこっと憶えているけど、ずーと光速で進行してるとほとんど年をとらないけど、
出発地点に光速で戻ってくると、一気に年を取り戻すだよね。

420 :衛星放送名無しさん:2007/09/03(月) 23:58:52.53 ID:Br/wfWli
>>410
確かそうだったような…。
考えてみたら今日の話の中でも同じ時代に同じ人間が2人存在していることになるんだよなあ…
1985年と1955年とで…
うーん…。簡単なようで実は複雑な映画なんだよなあ…

2 :無名画座@リバイバル上映中:2007/12/30(日) 16:06:05 ID:7gYp5u6B
FAQ
 Q1. マーティが魅惑の深海パーティでギターを弾きながら歌った曲は?
 A1. ジョニー・B・グッド(Johnny B. Goode)、オリジナルはチャック・ベリー。

 Q2. 一作目でマーティが登校する時に流れていた曲は?
 A2. Huey Lewis and the NewsのTHE POWER OF LOVE。

 Q3. ビリー・ゼーン(タイタニックのローズの婚約者役)がBTTFに出ている?
 A3. ビフの手下三人組の一人(いつもマッチ棒をくわえている)。

Q4. DVDの吹き替えは誰がやってるんですか?
 A4. マーティ(山寺宏一)、ドク(青野 武)、ビフ(谷口 節)、
   ロレイン(佐々木優子)、ジョージ(富山 敬)、ジェニファー(勝生真沙子)


関連記事

  1. 2010/07/18(日) 00:54:20|
  2. は行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2 | ホーム | 火天の城>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1244-e2a7823b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR