FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

母なる証明

―母なる証明―Mother― ポン・ジュノ/ウォンビン
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1255677457/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中:2009/10/16(金) 16:17:37 ID:fpEQnPe/
殺人事件の容疑者となった息子を救うため
真犯人を追う母の姿を極限まで描く
ヒューマンミステリー

10/31より公開
http://www.hahanaru.jp/

日本でも人気の高いポン・ジュノの新作
ウォンビン兵役後初の映画としても注目を浴びるが、
主演は韓国の国民的女優キム・ヘジャ

2 :名無シネマ@上映中:2009/10/16(金) 16:17:52 ID:fpEQnPe/
ストーリー:
早くに夫を亡くして以来、一人息子のトジュン(ウォンビン)と静かに暮らすヘジャ(キム・ヘジャ)。
そんなある日、街で殺人事件が起こり、もの静かなトジュンが第一容疑者に。
事件の解決を急ぐ警察がトジュンを犯人と決めつけ、無能な弁護人も頼りにならない中、
ヘジャは真犯人を捜し出し、息子の無実を証明しようとする。


44 :名無シネマ@上映中:2009/10/31(土) 02:37:40 ID:Jbr/QFkF
知的障害を抱える息子の無実を晴らすため母親が身を粉にしてかけずり回る
というありがちな映画と思いながら見た。
確かにそれはそうなのだが、主題は全く別のところにあった。
最後の最後まで飽きさせない構成に脱帽ながらも、
韓国映画独特の押し付けがましい感じはMAX、
観客に感情をこれでもかと押しつけてくる点、辟易したのも事実。
後味が悪いので見るときの精神状態を選んだほうが良いと思う。

55 :名無シネマ@上映中:2009/11/01(日) 14:19:09 ID:IN8MLXZb
あの廃品回収のおじさんはなんでもっと早く警察に目撃証言
しなかったんだろうと思ったんだが、よくよく考えてみると
あのおじさんも女子高生の客の一人だったんだよな。
下手に証言すると自分のことも暴かれてしまうことになると。

61 :名無シネマ@上映中:2009/11/01(日) 20:26:15 ID:cycpKEbD
面会シーンでトジュンに過去を暴かれるシーンが一番ゾッとしたな。

2ちゃんねる映画ブログ

親子が生きてきた地獄があのシーンから垣間見える感じ。

66 :名無シネマ@上映中:2009/11/01(日) 21:59:43 ID:cavWtelk
オープニングのダンスは火をつけたあとに
辿りついたとこで踊ってたという解釈でいいの?

67 :名無シネマ@上映中:2009/11/01(日) 22:11:33 ID:2adl+ZLq
いいと思います

80 :名無シネマ@上映中:2009/11/02(月) 00:03:37 ID:2GkX1Wve
あとジンテが彼女とセックスするシーンがすげえエロかった

81 :名無シネマ@上映中:2009/11/02(月) 00:13:08 ID:ipBtDHWU
>>80
隣ババアだったがそのシーンでフルおっきした
しりとりしながらセックスっていいな
なんか頭使うのと体の反応とで快感が倍増しそう
単語に喘ぎが混じるのもなんともいえん

83 :名無シネマ@上映中:2009/11/02(月) 00:19:12 ID:FKqyILrP
韓国映画のエロは泥臭いからな
日本映画は見習ってほしいな

84 :名無シネマ@上映中:2009/11/02(月) 00:40:52 ID:SD7kCEtR
>>81
あの女の子かわいかったよね…普通っぽい体型がリアルでエロかった。
しっかり乳首も晒してて偉い。

変態電話を作ってたブスな女子高生、日本のお笑い芸人か女優で
そっくりな人がいるんだけど名前が出てこない。

>>83
エロに限らず全てが泥臭いよね。
あの泥臭さは日本ではもう物理的に撮影不可能かと…w
全編ロケらしいけど薄汚い町の迫力が凄い。

90 :名無シネマ@上映中:2009/11/02(月) 01:23:22 ID:ipBtDHWU
>>84
いとうあさこ

2ちゃんねる映画ブログ

91 :名無シネマ@上映中:2009/11/02(月) 01:40:52 ID:SD7kCEtR
>>90
あーその人だ>いとうあさこ

本人じゃねえの?ってくらい似てたw

母ちゃんは片平なぎさ似。
ウォンビンはキムタクと仲居を足したような顔だったな~

98 :名無シネマ@上映中:2009/11/02(月) 23:08:55 ID:ojTZH+Gg

2ちゃんねる映画ブログ

>母ちゃんは片平なぎさ似
オマエちょっと来いやヽ(`Д´)ノ

99 :名無シネマ@上映中:2009/11/02(月) 23:17:54 ID:OGL6Apk3
>>98
助太刀いたす!!
片平なぎさとくたびれたババアを一緒にすな

101 :名無シネマ@上映中:2009/11/03(火) 02:02:55 ID:2I0lvKbR
母ちゃん役は山岡久乃+オノヨーコに見えた

205 :名無シネマ@上映中:2009/11/08(日) 13:16:32 ID:RKOUNozX
老けメイクした余貴美子

212 :名無シネマ@上映中:2009/11/08(日) 21:46:19 ID:7fqp2CTo
自分は倍償美津子だったわ

413 :名無シネマ@上映中:2009/11/25(水) 00:17:21 ID:VOejpZHF
婆が吉行和子、廃品回収の親父が天龍に見えて集中できなかったわ

224 :名無シネマ@上映中:2009/11/09(月) 04:16:58 ID:zWbeDDOT
ジンテとセックスしてた飲み屋の娘役の女の子の名前が知りたいなあ。
公式サイトのキャスト表にも、わざわざ買ったパンフレットにも載ってないんだよ。
ちょっと上野樹里っぽかった

225 :名無シネマ@上映中:2009/11/09(月) 08:40:29 ID:ANnD3KA2
↑役名ミナ 俳優チョン・ウヒです。

2ちゃんねる映画ブログ

230 :名無シネマ@上映中:2009/11/09(月) 21:20:24 ID:KxBcjWaq
>>224
かわいかったねあの子。
セックスシーンが地味エロの極みだった。

114 :名無シネマ@上映中:2009/11/04(水) 19:45:30 ID:2D8pYY5B
今日観たけどメチャクチャ面白かった
「殺人の記憶」の監督だと聞いて期待して観に行ったけど
本当期待以上だった。
チェイサーと言いこの作品と言い、韓国映画のホラーやサスペンスは最高だ

いつもガラガラの劇場がババアで埋まってるの見た時はウォンビンの集客力に
ビビったが、熱烈なファン?だけあって上映中めっちゃ静かで良かったわ
でも50代位でこの作品観たらどんな感想持つんだろうか…

115 :名無シネマ@上映中:2009/11/04(水) 20:46:27 ID:N1lCBbFh
韓流とかヌルいドラマしか知らんおばさんが見たら腰抜かすだろうな…

315 :名無シネマ@上映中:2009/11/20(金) 16:30:39 ID:1e83F4kR
今日見てきた
後ろのハンリュウすきそうなオバハン4人組が上映前に「ハンカチとか用意したほうがいいかしら~」とかいってて笑えた
個人的には、殺人の追憶は超えれないかなあ…いい映画だったけど

73 :名無シネマ@上映中:2009/11/01(日) 23:21:03 ID:27Pm5CyW
それにしても韓国映画の警察のずさんさは凄い。

今回の物証はゴルフボールと鼻血だけって・・・日本じゃ考えられない。

122 :名無シネマ@上映中:2009/11/04(水) 22:02:53 ID:XbSo/EYd
警察のレベルが低いのは韓国映画のお約束だよな。池沼やダウンや自閉症を見世物に
するのもお約束。悪くはないが絶賛するほどでもない普通の映画。

123 :名無シネマ@上映中:2009/11/04(水) 22:07:44 ID:Z3TXdURt
母に鍼の箱を渡した場面は息子に殺人の自覚があって
更に、母の殺人にも気が付いているという事だと解釈すべきなんだろうが
今は殺人の自覚は無いけど、5歳の時に母にされた事を思い出したように
ある日なんかのきっかけで記憶が蘇る時が来るかも…と
不安に感じつつ暮らしていく母というのもなかなか嫌な後味で良かったかも

125 :名無シネマ@上映中:2009/11/04(水) 22:11:08 ID:FkOa67Ql
>>123
そういう解釈もあるんだな。
俺は息子は自分が殺人を犯したことは自覚ないし、
母親が殺人を犯したこともわかっていないと解釈したよ。

127 :名無シネマ@上映中:2009/11/04(水) 22:36:56 ID:tX1/aU6q
針の箱を渡した時の息子の目は、今までと全く違う「正気の目」に見えたので…母が狼狽えたように感じた。

133 :名無シネマ@上映中:2009/11/04(水) 23:05:34 ID:IyQb7Qff
>>125
ラストの全てを理解してるようなしてないような、どっちともとれる表情は
ウォンビンの中には答えがあって演じたけどそこは観客の判断に任せる、
とパンフのインタビューにはあったよ。
だからこうして意見が別れるのは、してやったりといったところだろうね。

ただ、ウォンビンの中にあった答えが独自の解釈なのかポン・ジュノに与えられた解釈なのか、
ちょっと気になる。

134 :名無シネマ@上映中:2009/11/04(水) 23:10:25 ID:FkOa67Ql
>>133
ですね。
べつにどっちに解釈してもいいんですよね。
俺らは監督の思惑にまんまと乗ったわけだな。

158 :名無シネマ@上映中:2009/11/06(金) 21:55:45 ID:dwgpnVxz
観てから2日たつけど…後味悪く引きずってる。
鍼を渡した時のウォンビンの目が忘れられない。
そういう意味では、すごい映画。

213 :名無シネマ@上映中:2009/11/08(日) 22:04:35 ID:oBjb35ux
3人で火事現場行ってたけど、ジンテが先に鍼見つけてたら今頃脅迫されてるだろうなあ

169 :名無シネマ@上映中:2009/11/07(土) 02:54:01 ID:RZNrKXAC
話の運びがとにかく上手いよね。
ひき逃げと指の怪我で息子に対する愛情を見せといて、
トジュンとジンテは車を追いかけて、
のちに重大な役目を果たすゴルフボールとゴルフクラブを
二人が入手することになる。
ベンツのミラーの一件でジンテの人間性わかるし、
夜、ジンテが姿を見せない理由も作れる。
ジンテなんかは、平凡な映画とかだと、
ヘジャと共にトジュンを救おうとする好青年に造形されがちだな。

それぞれのシーンもそんな風に一ひねりしてある。
上で挙がってたように尻取りしながらセックスするとか、
ヘジャにナプキン買いに行かせるとか、
警察署に入った途端、一つ一つのデスクに栄養ドリンク置いたりとか。
挙げればキリないけど。

170 :名無シネマ@上映中:2009/11/07(土) 09:58:59 ID:cJlsCVkh
すごい映画だった。日本の監督も見習わないとな。

184 :名無シネマ@上映中:2009/11/07(土) 23:34:05 ID:Qfk1KDq5
予備知識なく観た俺は最初、「それぼく」系の話かと思ったら
予想外の展開に驚いた。
脚本もさることながらオモニ役の女優さんの演技だけでも
この映画を観る価値があると思った。
ゴミおじさんが好人物ではなく金に汚い変態オヤジに描かれていたら
後味がもう少し違ったと思うけど、監督は敢てこれにしたんだろう。

185 :名無シネマ@上映中:2009/11/08(日) 00:10:08 ID:BCO+n+eg
ゴミおじさんも充分変態おやじだよね。女子高生と餅つこうとしてあの場所にいたんだから。

186 :名無シネマ@上映中:2009/11/08(日) 00:24:29 ID:UADecQB7
変態というか性欲のために
女子高生の貧しさにつけこんでしまう弱さがある
でも多過ぎると思った金は受け取らなかったり
冤罪を見過ごせない正義感もある

あのキャラを受け入れられるか嘘くさいと思うかで
この映画の評価は変わるんじゃないだろうか

227 :名無シネマ@上映中:2009/11/09(月) 13:15:44 ID:7dZi4dvu
キネマ旬報でポン・ジュノと対談してる黒沢清が
「実は僕はまだジンテがこの事件に深く関与したと思ってるんです」と言ってた。
ポン・ジュノは「ジンテの描き込みが今イチだったかな」と言ってたから、
本当はもう少し何か匂わせたかったんだろうね。

229 :名無シネマ@上映中:2009/11/09(月) 20:13:52 ID:2Hoq10Fq
拘置所?で母子が件の携帯の中の画像を見る場面あったけど
スクリーンをよ~く見るとあの中にジンテの画像入ってたりしてな

234 :名無シネマ@上映中:2009/11/10(火) 00:27:40 ID:3+GQmJ3N
>>227
客が容疑者視する人物が少ない映画だよね。
なもんで、ジンテを、そうあるべき姿以上に謎めいて見せてるように思う。

300 :名無シネマ@上映中:2009/11/18(水) 15:47:49 ID:T4SaDQRq
本屋で小説版「母なる証明」の最初と最後を
ざっと斜め読みしてきた。
そこには映画では描かれなかった「真相」が書かれていた。
ただ、あとがきなんかもないので、
これがある段階のシナリオに基づくものか、
あるいは日本人著者のオリジナルかは不明。
今から内容を書くが、じっくり読んでないので不正確かもしれない。

いつの頃か、ジンテはあの女子高生に声をかけ、
「自分と組めばもっと稼がせてる」と売春の仲介役になった。
そして街の有力者なんかを相手にさせてたのだが、
女子高生はこっそり以前の客にも売春を続けてた。

301 :名無シネマ@上映中:2009/11/18(水) 15:48:39 ID:T4SaDQRq
そんな中、トジュンが女子高生を殺す。
「もう安値では買春させない」と鉄屑屋に注意するつもりで
偶然、現場に現れたジンテは、鉄屑屋から目撃情報を聴き、
面倒な方面に捜査が進まないよう、
トジュンのゴルフボールを現場に置く。
もくろみ通り、トジュンは即逮捕される。

一方、すでに女子高生に写真をネタに強請られはじめていた
街の有力者たちは、ジンテに携帯電話の回収を命じる。
そして、ジンテはヘジャを上手く使うことを思いつく。

ヘジャの弁護士が「精神障害者による犯行で入院5年」
という判決にまとめようとしたのも、
街の有力者の指示によるものらしい。

302 :名無シネマ@上映中:2009/11/18(水) 16:46:20 ID:zL0fC9Yl
>>301
なるほどおもしろい。
街の有力者が弁護人とかだったらドロドロだな

340 :名無シネマ@上映中:2009/11/21(土) 22:01:34 ID:rlUD/XIJ
漢方薬の材料を切断機でザクザク切ってるシーン、何回かあるけど毎回怖いな。
あと、ダミーを使った現場再現のシーンのマヌケさは大笑いした。すげえ。

394 :名無シネマ@上映中:2009/11/23(月) 11:19:21 ID:pnpyKTgx
ひとつだけ分からなかったことがあるんだけど

被害者少女が
「携帯売ったらマッコリいくつ買えるかな?」
とか言ったのを伝え聞いた主人公の母親が、
なぜ携帯を、被害者少女のアル中のおばあちゃんが隠してるって分かったのか?

教えてください!

395 :名無シネマ@上映中:2009/11/23(月) 12:15:13 ID:iQyI1D27
>>394
あの携帯は売ればカネになる。
アル中ばあさんはマッコリを買うためのカネをほしがっている。
被害少女の所有物は遺族のもの。
ってとこから、ピンときたんじゃねーの?

396 :名無シネマ@上映中:2009/11/23(月) 12:18:52 ID:pnpyKTgx
なるほど、ありがとう!

419 :名無シネマ@上映中:2009/11/25(水) 16:56:56 ID:7QFJ4WMm
母ちゃん色々あってウロウロしてたら冒頭の草むらへ
ああ、このあと草むらの中で踊り出すんだな…
まああれだけ色んなこと起こったら、後はもう踊らなしゃーないわなあ!
と思ったら笑けてきた

違ったけど

439 :名無シネマ@上映中:2009/11/28(土) 18:04:08 ID:9V6p+dM6
自分が見て「ん?」と思ったところを、このスレも参考にしながら
まとめてみたから、誰か答え合わせしてくれ!

1、犯人は誰?
トジュン。馬鹿と言われて岩を投げたら当ってしまった。

2、なんで屋上に死体を持ってったの?
見えやすい場所に持って行けば誰か見つけて助けてくれると思ったから。

3、誤認逮捕された犯人は一体なんなの?
精神障害者。女子高生と寝たときにTシャツに付いた鼻血が証拠とされた。
おそらく、自分が殺したことになっていることに疑問を持たず、むしろ誇りと感じている。

4、なんで母親は面会時に号泣したの?
母親が居ないと聞いて、この誤認逮捕に便乗しても悲しむ人間は居ないことが嬉しかったから。

5、あのオッサンが怪しいんじゃなかったっけ?
あの廃屋に居たのは、女子高生を買うため。米を出す描写がある。
ただ、母親には売春がバレたくないから、「たまに行く」とか嘘を付いた。

6、携帯が婆さんの家から出てきたのは?
女子高生は携帯を捨てたかった。しかし、写真のおかげで高く売れる。
だから、マッコリ代にでもして欲しくて、婆さんに預けていた。

7、母親はバス停で、なんであんなに取り乱したの?
トジュンが全てを知っているかもしれないと思ったから。
すなわち、トジュン自身の犯罪も、母親がオッサンを殺したことも。

8、最後の鍼→ダンスはなんなの?
トジュンが全てを知っているかどうかは分からない。
知っていなくても、その内に思い出すかもしれない。
なんにせよ、全て忘れて、これまで通りの生活をトジュンと送ろうという破れかぶれになっている。

460 :名無シネマ@上映中:2009/12/02(水) 22:26:24 ID:NZ2cboWI
4、なんで母親は面会時に号泣したの?
母親が居ないと聞いて、この誤認逮捕に便乗しても悲しむ人間は居ないことが嬉しかったから。


これはないだろ…どんだけ性格歪んでんだおまえ!w

445 :名無シネマ@上映中:2009/11/29(日) 17:58:40 ID:ErhP7y4X
>>339

誤認逮捕された犯人を見て

障害(ダウン症)で自己防衛できないが為に逮捕されてしまったという事実からの哀れみ、

トジュンと違い彼には守ってくれる者がなく、未来は無いだろうという悲しみ、

トジュンを救う為にえん罪を被せてしまった罪悪感

442 :名無シネマ@上映中:2009/11/29(日) 00:23:50 ID:Fxxspcsh
母親が愛していたのは、息子自身というよりも、息子の「小鹿のような瞳」=イノセンス。
それを取り戻すために彼女は奔走する。しかし、廃品回収屋の証言でそれが失われる。
同時に自分も罪人になってしまう。守るべきものを永遠に失ってしまう。

身代りの青年を見て号泣するのは、自分とトジュンが失ってしまったイノセンスを彼が象徴しているからだろう。

457 :名無シネマ@上映中:2009/12/01(火) 21:50:37 ID:rMUotLms
あの母親の真っ黒の瞳がなんともいえなかった
母親の愛というか狂気と言うか
それにしても韓国いい俳優そろってるなうらやましい

458 :名無シネマ@上映中:2009/12/02(水) 15:49:01 ID:19bMHpOn

2ちゃんねる映画ブログ

あと自由度もたかいのかな 日本だとダウン症の俳優をああいう風に使えるか疑問 監督にガッツがあるだけかもしれんが

482 :名無シネマ@上映中:2009/12/07(月) 15:58:35 ID:TTFP2JK2
エログロはどの程度ありますか?
親子で行って気まずくなりますか

483 :名無シネマ@上映中:2009/12/07(月) 21:09:18 ID:SYwut6XP
親子で見たくない映画ランキング1位だよ。
母親と息子だったらなおさら無理。

485 :名無シネマ@上映中:2009/12/07(月) 22:14:44 ID:vXYe55tt
ヴァイオレンス描写もかなりのもんだから子供には観せたくないな

486 :名無シネマ@上映中:2009/12/07(月) 22:17:36 ID:h4UrN3vp
母と子のエグい愛情を描いた作品だから親子で見るには双方にかなりのリテラシーが必要かと

487 :名無シネマ@上映中:2009/12/09(水) 00:43:01 ID:3Uc3pVqo
>>482です
チケットの都合上、この映画しかなかったから見に行こうと思ってたけど親と見に行くのはやめときます

488 :名無シネマ@上映中:2009/12/09(水) 10:38:31 ID:Cf4JiEK8
ポンジュノ監督の母親も映画を観たそうだが、どこかの雑誌で「まだ、感想は聞いていません(笑)」
と監督も言っていたしね。

491 :名無シネマ@上映中:2009/12/11(金) 09:44:43 ID:tiu7Q++N
今、英語の映画レビューサイトを見ているんだけど、そこに

ポンジュノは、ところどころでシュールなシーンを挟む。たとえば、マイナーな登場人物だが
かなり風変りな自殺を図ろうとして、結局何も起こらなかったりする。

と書いてある。そんなシーンってあったけ?私が映画を見落としているのか、英語を誤読しているのかな。

498 :名無シネマ@上映中:2009/12/14(月) 17:00:53 ID:MQFimlxq
>>4941
「母なる証明」は一応犯人当て物なのに登場人物は少ないよね。
あの中で自殺未遂した奴なんていないと思うけどな。
もしかすると、女子高生の葬儀でお婆さんが(飛び降りずに)酒瓶を
投げ捨てた件か?

ちょっとわかりにくい箇所は、男子高校生の2人組が
シンナー遊び(正確にはボンド)してたこととか、
傷のある女子高生とマザーが出会ったバス亭の近くを
例のゴミ屋さんがリヤカー引いてたこととかかな。
前者は2回目の鑑賞で気づいた。

昨日、「オールド・ボーイ」を久しぶりに見直してたんだけど、
あれも最後に記憶を抹消するんだよね。
ただ、「オールド~」は本当に抹消できちゃうんで、
「母なる証明」の方がインパクトは強い。

500 :名無シネマ@上映中:2009/12/14(月) 18:36:52 ID:iiJ9YKKw
>>498
>もしかすると、女子高生の葬儀でお婆さんが(飛び降りずに)酒瓶を
>投げ捨てた件か?

なるほど!おそらく、その場面ですね。たしかに、飛び降りそうな勢いだった気がする。
一般人のレビューなんだが、すごくひっかかっていたのでスッキリしました。サンクス。

それにしても、あのラストはよかった。記憶が鍼で消えるわけはないので、踊りが始まったときは
(すばらしく)悲劇的なラストだと思った。しかし、その後あの踊りが続くのを見ていると、
本当に何もかも忘れて踊っているようで、なかなかの(すばらしい)ハッピーエンドのようにも
思えてきた。


関連記事

  1. 2010/06/13(日) 00:16:12|
  2. は行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<恋するベーカリー | ホーム | エボリューション>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1225-69caecab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR