FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

許されざる者

http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1142150748/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中:2006/03/12(日) 17:05:48 ID:z+eTKO2U
イーストウッド主演、監督による名作を語るスレ

3 :名無シネマ@上映中:2006/03/12(日) 17:14:38 ID:z+eTKO2U
出演
ウィリアム・マニー:クリント・イーストウッド
リトル・ビル・ダゲット:ジーン・ハックマン
ネッド・ローガン:モーガン・フリーマン
イングリッシュ・ボブ:リチャード・ハリス

アカデミー賞作品賞、監督賞、助演男優賞、編集賞受賞


7 :名無シネマ@上映中:2006/03/13(月) 00:34:09 ID:Rc4RMovx
イーストウッドの一連のマカロニ物とか観た後でこれ観ると鳥肌。

8 :名無シネマ@上映中:2006/03/13(月) 00:39:39 ID:a4bO6r+/
リチャード・ハリスの「これでもか」という程ぞんざいな使い方が素敵。

2ちゃんねる映画ブログ

107 :名無シネマ@上映中:2006/07/26(水) 19:15:18 ID:nCWif/Ww
リチャード・ハリスよくこんな役引き受けたな。

12 :名無シネマ@上映中:2006/03/13(月) 09:37:53 ID:Rc4RMovx
DVDの山田康雄の吹き替え最高。

18 :名無シネマ@上映中:2006/03/14(火) 23:18:34 ID:mbORtj+w
>>12
声優陣はナカナカなんだけど、吹き替え用の台本がイマイチ。
イングリッシュ・ボブってもっと慇懃無礼さを強調した方が良かったような。

14 :名無シネマ@上映中:2006/03/14(火) 05:48:06 ID:PDACPxJ5
最後の15分間を見るためにあるような映画だな。
それまで静かな展開だったのがラストで一気に空気が動く。

15 :名無シネマ@上映中:2006/03/14(火) 12:34:41 ID:7PVBdx5z
好きな映画は?と聴かれれば、とりあえずこの映画のタイトルを答える。

17 :名無シネマ@上映中:2006/03/14(火) 19:30:18 ID:B3Igy63W
ネッドが狙撃しようとして撃てなくて弱々しく
「ウィル…」って頼むシーンが好き

21 :名無シネマ@上映中:2006/03/15(水) 18:21:30 ID:fZBg1rNa
この映画って原作小説あるの?

22 :名無シネマ@上映中:2006/03/15(水) 18:39:56 ID:1kQp8FfC
イーストウッドが脚本買い取って10年ぐらいねかせてた、ということだった
と思う。

23 :名無シネマ@上映中:2006/03/15(水) 19:24:33 ID:fZBg1rNa
じゃあ、その脚本家が凄い奴だよね、まずは。
勿論それに目をつけるイーストウッドも凄いけど。

24 :名無シネマ@上映中:2006/03/15(水) 19:57:15 ID:1kQp8FfC
この本にイーストウッドのなにかが反応したんだろうけどね。

25 :名無シネマ@上映中:2006/03/15(水) 22:24:15 ID:r4G29Cdk
>>23
有名な人だよ。ブレードランナーとか12モンキーズとか書いてる。

30 :名無シネマ@上映中:2006/03/16(木) 15:59:52 ID:wshEGpNO
ネッドが殺されたと聞いたマニーが、
ずっとやめていた酒をあおり出す辺りから
ゾクッとくるねぇ

38 :名無シネマ@上映中:2006/03/27(月) 00:53:25 ID:nQUmbXc/
>>30
あのシーンいいねえ。
「殺しは非道な行為だ。人の未来や過去をすべて奪ってしまう」

54 :名無シネマ@上映中:2006/04/04(火) 21:31:24 ID:cqG8v2VQ
ある意味、酔拳だよな
傑作です

32 :名無シネマ@上映中:2006/03/20(月) 23:43:58 ID:YVuwXX+k
イーストウッドもモーガンも、悪党だった時の面影がなさ杉だと思った。
台詞で語られるだけじゃね。

33 :名無シネマ@上映中:2006/03/20(月) 23:53:08 ID:wy8D0cAk
マニーは最後にすごさを見せるけどネッドは確かに
優しいおじいちゃんって感じにしか見えないな
だから拷問シーンが余計に辛く見えるのかも知れないけど

34 :名無シネマ@上映中:2006/03/22(水) 00:48:01 ID:xM9ta9B2
爺萌えな映画

37 :名無シネマ@上映中:2006/03/26(日) 20:57:17 ID:lticMCB1
うんうん ほんとこの映画はかっこよくてしびれる
復活のジジイ!

39 :名無シネマ@上映中:2006/03/27(月) 00:59:44 ID:nQUmbXc/
売春宿の主人のオッサン、色んな映画で見かけるけど
いつもゲスな子悪党役ばっかり。

41 :名無シネマ@上映中:2006/03/27(月) 15:12:28 ID:IBh+2JmT
EDの音楽は泣ける。
イーストウッド本人が作曲したんだっけ。

45 :名無シネマ@上映中:2006/03/28(火) 12:45:26 ID:GOC8Wlvw
ジーンハックマンの唯我独尊っぷりがサイコー。

2ちゃんねる映画ブログ

46 :名無シネマ@上映中:2006/03/28(火) 19:00:17 ID:Cwy8nCEz
ハックマン主演で保安官がイーストウッドの裏版も見てみたい。
もちろんイーストウッドは撃つ前に例のセリフを言う。

47 :名無シネマ@上映中:2006/03/28(火) 21:11:07 ID:E1PZT812
んで、拳銃も44マグナムかよ!

55 :名無シネマ@上映中:2006/04/04(火) 21:52:05 ID:rZzFXYtl
自然に暗くジメジメした景色と
淡く雄大な景色のコントラスト

J.N.グリーンの撮影が素晴らし過ぎる

56 :名無シネマ@上映中:2006/04/04(火) 22:24:06 ID:PokjudaX
完全にジジイ主体の映画だよな。出てくる若者(牧童とかキッド)がみんな雑魚っていうかヒヨッコ扱いだし。

57 :名無シネマ@上映中:2006/04/04(火) 22:46:25 ID:cqG8v2VQ
キッド以外にも保安官の助手達や死のダックなど 虚勢をはったり人殺しに強さの価値
をみてる偽物の中で保安官とマニーだけが本物なんだよな 本物とは老若関係なく本物だし
偽物も老若関係なく偽物ってことだな

58 :名無シネマ@上映中:2006/04/04(火) 23:45:56 ID:eRDtxlKR
マーニーは過去に重ねた悪意の報いとして若く美しい妻を失ったのに、
エンディングで彼はその後穏やかな余生をすごしたみたいなテロップが
入るのは納得いかない。復讐とはいえ、もう一度報いを受けて欲しかった。

59 :名無シネマ@上映中:2006/04/05(水) 00:41:17 ID:OCwNbdvu
>>58
街の女性達の救われて嬉しそうな顔を見ても何とも思わなかった?

60 :名無シネマ@上映中:2006/04/05(水) 01:48:46 ID:lXN0aaNp
>>59
彼女たち(とモーガン・フリーマン)のために、あえて再び人殺しに
身を落としたと解釈したので。

61 :名無シネマ@上映中:2006/04/08(土) 14:33:51 ID:d63uHLW9
映画館で見て最後のほうなんかあまりの恐ろしさに
ゾクゾクして震えがくるほどだった。
夜、床に就いたとき、あのラストを思い出してチビリそうだった。

しばらくして会社でこの映画を見に行ったやつ(自称映画好き)が
大声で話してるのが聞こえたんだが、
つまんねーつまんねーを連発してやがった。
「西部劇大好きだったけどあれは違うね」とか
「イーストウッドが年取りすぎてて情けない」とか、
てめーはいったい何を見てたのかと!

62 :名無シネマ@上映中:2006/04/08(土) 14:45:53 ID:fReWS59k
「娼婦を人間らしく扱え(劇場公開時の字幕ね)」と説教するイーストウッドの後ろに、ぼんやりと星条旗が翻っているのは、意図したショットだったのだろうか?初見時からどうも気になって…

65 :名無シネマ@上映中:2006/04/09(日) 04:52:18 ID:RctsJo56
>>62
ご明察。たしか、同じことを加藤幹郎も指摘していた。
普通のライティングだと、あの旗のある場所は真っ暗。

75 :名無シネマ@上映中:2006/04/12(水) 23:42:09 ID:shT1Dlgp
ネッド・ローガン役には、S・マックイーンが理想かな。
クリント、ハックマン、マックイーンみんな1930年生まれ。
同窓会スター映画である意味すごい映画になっただろうに・・・

76 :名無シネマ@上映中:2006/04/12(水) 23:53:20 ID:t936SxwD
でもハックマンに痛めつけられて死体晒されるマックイーンは見たくない…

88 :名無シネマ@上映中:2006/06/04(日) 03:04:03 ID:wtx7DNbw
許されざる者ってハックマンの事?

91 :名無シネマ@上映中:2006/06/05(月) 16:25:55 ID:aNShlBPb
少なくとも、私刑を消極的にでも肯定した者全員が含まれるだろうな
許されざる者=街の者-売春婦

その点、売春婦たちは殺人依頼をしてるわけだが

94 :名無シネマ@上映中:2006/07/06(木) 00:03:34 ID:jZgsnOik
>>88
どちらか、誰もがか、一応考えてみてくれつー映画だろ。

83 :名無シネマ@上映中:2006/05/14(日) 13:45:13 ID:lU8BrZJD

2ちゃんねる映画ブログ

黒人のフリーマンを起用したことで映画全体がうそ臭くなってる

92 :名無シネマ@上映中:2006/06/21(水) 03:56:52 ID:/qhpAMJ/
>>83
それは俺も萎えた。
意味がよくわからないキャスティングだった。

93 :名無シネマ@上映中:2006/06/21(水) 06:00:37 ID:djCJae2M
>>83
>>92
カウボーイくずれの黒人ガンマンが変か?


『カウボーイについての物語でつよく抑圧されていたのは、西部には数千人の黒人・アジア系のカウボーイが存在したという歴史的事実である。
カウボーイは当時もっとも人種障壁が低い職業であったのだから、そこに他の仕事に就けない解放奴隷の黒人たちやアジアからの移民たちが参入したのは当然のことである。
けれどもハリウッド映画はフロンティアの開拓に白人以外の人種が関与したということを認めなかった。』

ttp://blog.tatsuru.com/archives/001590.php

94 :名無シネマ@上映中:2006/07/06(木) 00:03:34 ID:jZgsnOik
黒人相棒が胡散くさいと言うレスの意味は確かに判らない。

95 :名無シネマ@上映中:2006/07/06(木) 20:33:56 ID:yO3FhG9S
悪役を倒してもスッキリしないのはこの映画くらいだな
イーストウッドは凄い

99 :名無シネマ@上映中:2006/07/08(土) 20:35:21 ID:vziyJZo8
初めて観たのは家でだったが、エンドロールが終わったあとも椅子に釘付けに
なって、しばらく動けなかったな。傑作だ。



http://bubble6.2ch.net/test/read.cgi/kinema/1172665663/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :無名画座@リバイバル上映中:2007/02/28(水) 21:27:43 ID:6qiKSCHl
イーストウッド、至高の一作。

8 :無名画座@リバイバル上映中:2007/03/01(木) 19:37:28 ID:YDbckWwi
オードリーとバート・ランカスターの方かと思った

25 :無名画座@リバイバル上映中:2007/03/29(木) 00:16:33 ID:7VvciE1o
イーストウッドの方のスレなのか・・・・・・

そうか、こっちの映画ももう15年以上たつのだな。

13 :無名画座@リバイバル上映中:2007/03/03(土) 10:32:37 ID:dCoSGN/F
イーストウッドが過去に出演したウエスタンのキャラが
そのまま主人公の過去にだぶってます。

2ちゃんねる映画ブログ

イーストウッドにしかできない映画でしょうね。

15 :無名画座@リバイバル上映中:2007/03/03(土) 19:40:17 ID:pB4yrdp5
人を撃てなくなったモーガン・フリーマンがずっとorzになってたのが笑えた

21 :無名画座@リバイバル上映中:2007/03/04(日) 18:59:46 ID:br3QukOC
前に午後ローでやったときは「手でしごいてるのか?」
のところが一番盛り上がったw

24 :無名画座@リバイバル上映中:2007/03/28(水) 23:58:50 ID:oXvR64cY
パンフレット読んで映画の理解が深まった
悪が生まれる根源は歪んだナルティシズムだという深い洞察をここまで表したはアメリカ映画はそれまでなかったと思う
私にとって、正義に生きる倫理の基準になった映画です

27 :無名画座@リバイバル上映中:2007/04/30(月) 02:39:33 ID:0I1Z694x
怒涛のラストは黒澤の「用心棒」ぽいな。瀕死のハックマンに一瞬殺されかけそうになるとことか。

31 :無名画座@リバイバル上映中:2007/06/03(日) 18:54:25 ID:mKkf2RUC
セルジオとドンに捧げる
このスーパーで泣ける

37 :無名画座@リバイバル上映中:2007/06/16(土) 12:25:07 ID:Z1ZUz6bo
たしかラストでマニーは商売に成功したとかいう字幕出るよな
なぜマニーだけがいい人生を送ることになったのか それだけが残念である
(商売に成功したというだけでいい人生送ったとは限らないが)
はっきりいって後日談は必要なかったと思う
ナレーションも字幕もなく彼らの姿が消えるだけでよかった
たそがれ清兵衛も同じ    

41 :無名画座@リバイバル上映中:2007/06/16(土) 23:50:47 ID:5saBTO/x
俺も後日談的なものは不要だったと感じてる
商売に成功しても自分の欲のためにモーガンを殺されてしまったことを
いつまでも悔やみ心が晴れることはなかった
と解釈しているが、、、

39 :無名画座@リバイバル上映中:2007/06/16(土) 14:50:34 ID:Z1ZUz6bo
人を殺したものは報われない
モーガンもハックマンも死んだ
でもイーストウッドは・・・・・・・

「許されざる者」
この題名って一体何だったんだろう・・・・・・・・・・・

40 :無名画座@リバイバル上映中:2007/06/16(土) 15:27:22 ID:NAtr03rQ
>>39
ランカスターのもイーストウッドのも『許されざる者』と題を訳したのは間違いだな。
原題は『UNFORGIVEN』
これを~者としたのが間違いで、それではいったい誰が許されざる者なんだと思ってしまうのは当然だ。
UNFORGIVENには『者』など入っていない。
言うなれば「法や秩序に関係なく許しがたい事」という意味だろう。
そう理解すればこの映画のタイトルの意味も解る。
余談だけど共演のジーン・ハックマン主演の『弾丸を噛め』も良い映画だよ。
機会があったら見るといい。

137 :無名画座@リバイバル上映中:2007/09/16(日) 14:01:04 ID:umWio8DO
>>40
the+過去分詞で、動詞が表す人たちを総括して言う表現はあるよ。
the retired=「引退した人」みたいに。だから
the unforgivenを「許されざる者」と訳すのは別に間違いではない。

42 :無名画座@リバイバル上映中:2007/06/17(日) 17:07:58 ID:+grYDCuo
感想

顔切られた娼婦、そんなにひどい事になってないじゃん。
話だと眼をえぐられて乳房を切られたって事になってるのに、眼も乳房も健在だし…。

2ちゃんねる映画ブログ

まあ短小を笑われたぐらいで相手の顔を斬りつけるような奴は死んで当然だと思うが…。
イングリッシュ・ボブの武勇伝がうそっぱちだと暴露される所は笑った。しかも彼が登場したのは全て保安官のキャラ立ての為だと言うのが更に可笑しい。

43 :無名画座@リバイバル上映中:2007/06/17(日) 19:46:56 ID:vLkGgzPg
ヘルスのネエチャンにチンチン可愛いと言われました
切り刻んで良いですか?

44 :無名画座@リバイバル上映中:2007/06/18(月) 23:51:14 ID:mPY6LX8U
最終的にあのデブはその短小を晒したまま死んだわけだがそれは意図された演出だったのかな?

46 :無名画座@リバイバル上映中:2007/06/19(火) 03:08:43 ID:z7d0CuvM
劇場でしか観てないけどさ、
これは、西部劇を否定した西部劇。

…と思う。(弱気)

49 :無名画座@リバイバル上映中:2007/06/19(火) 20:38:15 ID:llAk+HEV
>>46
んだね。
これはヒーロー否定の物語でもあると思う。
過去の凄腕ガンマンが今は馬に乗るのも一苦労であるのを示したシーンと、フリーマンが人殺しをびびってまともに銃を構えることが出来なくなるシーン、
街にやってきた名うてのガンマンが保安官にあっさりとっつかまって留置所で過去の武勇伝が嘘だと暴露され、あまつさえさしで勝負する事さえ出来ない腰抜けだと証明されるシーン、
等は今までの西部劇に対するアンチテーゼ。
ただ、そう考えると、クライマックスの撃ち合いでのイーストウッドは余りにヒーロー然とし過ぎてるんだよなあ。

55 :無名画座@リバイバル上映中:2007/06/20(水) 04:17:23 ID:QJHGNPfO
>>49
あのラストはホラー演出に近いと思う。
禁じていた酒をゴクゴク飲んで幽霊/悪鬼に変身して悪党を滅ぼす。
そして馬上から「悪い事はするな、したら舞い戻って殺すぞ」と念を押して去っていく・・
つまりナマハゲみたいなものになって消えて行く。

イーストウッドは最後にセルフパロディを含めた演出を施したんだと思う。
ダークファンタジーで〆たかったんすよ、きっと。

50 :無名画座@リバイバル上映中:2007/06/19(火) 22:10:01 ID:QDD6BaHi
善人も悪人もいない 正義も悪もない
今までの西部劇はもう終わった
それがイーストウッドの手で終わらせたのなら納得

66 :無名画座@リバイバル上映中:2007/06/21(木) 23:25:00 ID:i10JzelG
よく酒の席なんかでショボくれたヲッサンが酔いに任せて
「今はマジメにやってるけど、俺も昔は手のつけられないワルでよ~」
って言ってるが、そんなヲッサン達の妄想を映画にしただけだろ

67 :無名画座@リバイバル上映中:2007/06/21(木) 23:52:32 ID:m0bMNR9h
そういう映画じゃないんだけど・・・・・・
この映画を勘違いしてる人大杉

68 :無名画座@リバイバル上映中:2007/06/22(金) 00:36:35 ID:u2LQ3IeN
いや、イーストウッドも結構そう言うこと考えながら作ってたと思うよ。
やっぱり映画は娯楽だからね。
ラストの銃撃戦で往年の輝きを取り戻すくだりは燃える。

73 :無名画座@リバイバル上映中:2007/06/23(土) 21:59:13 ID:/xgUbs5a
どんなヲッサンにも血沸き肉踊るような
熱い青年時代があったんだ

69 :無名画座@リバイバル上映中:2007/06/22(金) 02:51:12 ID:cMcCV+3c
ジジイ連中が揃って若僧連中よりも長身でスタイルがいいのがイカす

日本で背が高いかっこいい老人俳優を集めるのは難しいだろうなぁ

70 :無名画座@リバイバル上映中:2007/06/22(金) 06:34:40 ID:rUHPWLqS
マニーが酒飲んだら、銃の腕が上がり的にズバズバ当てるシーン。ビデオではカットされてる。
なんでだろ?

77 :無名画座@リバイバル上映中:2007/06/24(日) 15:36:30 ID:HgCsPkuj
多分、従来の西部劇ではあまり描かれる事のなかったであろう
人間の「闇」をじっくりと見せ付けてくれる映画。
身も心もすり減らしつつ生きてゆく中では、
善悪の境も極めて曖昧で紙一重であるとゆうこと。
よって登場人物、主人公ですらヒロイックに描かれる由もない。
この作品に於いては、その全てが肯定的に受け入れられる。
「許されざる者」とは、人間の存在全てを意味するように感じられるからさ。
特に最後の銃撃戦。ひとしきりの騒ぎが済んだ後
その場を去ろうとするイーストウッドが、撃たれて悶え苦しむ男に
歩きザマにトドメの一発を喰らわすところ。
この場面一つとっても、この映画十分信用出来る。

78 :無名画座@リバイバル上映中:2007/06/24(日) 15:41:13 ID:pMvu46av
こういう論評は気持ちが良いね。

79 :無名画座@リバイバル上映中:2007/06/24(日) 16:23:44 ID:HgCsPkuj
テンポ、テンポで畳み掛けるような作風の多い昨今、
つとに省略されたり取りこぼされたりしがちな描写の全てを
一つ一つ拾い集め時間を掛けてジックリと描きこんでいる。
人間の醜さ、弱さ、カッコ悪さがこっちにも痛いくらい
伝わってくる。
いかにカッコ悪くとも、いかに苦しくとも、地面にしっかと
足踏みしめて生きざるを得ぬ男達。
ヒロイックとは全く別次元の勇敢さがそこにあるような気がする。
この作品を観て、イーストウッドを見直しました。
心から。

90 :無名画座@リバイバル上映中:2007/06/30(土) 22:12:52 ID:rLmNwKFK
この映画ってアメリカ本国では興行成績はどうだったの?

91 :無名画座@リバイバル上映中:2007/07/01(日) 12:51:58 ID:l3C6setw
>>90
そこそこじゃないの。
ただ、俺の友人数人(米国人)は同じように
「つまんね、でもアカデミー作品はだいたい面白くないもんだよ」って
評価だな。

93 :無名画座@リバイバル上映中:2007/07/01(日) 22:07:00 ID:URRxeD0j
>>90
興行成績は一億ドルを超えていて大ヒットと言ってよい(確か初登場から四週連続一位)。
イーストウッド映画の興行成績は下降線をたどっていたが、批評・興行両面で成功し息を吹き返した。

96 :無名画座@リバイバル上映中:2007/07/02(月) 00:50:24 ID:dZYP2enH
ていうかクリントの作風ってアメリカじゃ受けなさそうだものw
ハッピーエンドじゃないし

97 :無名画座@リバイバル上映中:2007/07/02(月) 09:31:51 ID:mhk3ShbM
>>96
セルジオ・レオーネの影響を受けてるからな。
演出がアメリカ的でないという部分はあると思う。
例えばマカロニ・ウェスタンでは背後から銃撃するシーンなんかは
普通に有ったけど、当時のアメリカ西部劇では絶対にそういうシーンは
無かった。
あくまでも正々堂々と正面から対決というお約束があったのだが
現実にそんなキレイ事があるかよ、とばかりにマカロニはリアルにやった。
このマカロニ的リアルさがクリント作品にはあると思う。
『許されざる者』でも相手が糞をして無防備、しかも命乞いしてるにも
関わらず撃ち殺してる。こういう演出はアメリカ映画では余り無い。
実際、アメリカではこのシーンで観客達の間に「ウッグー・・・」という感じで
不快のため息が出たそうだ。

140 :無名画座@リバイバル上映中:2007/10/01(月) 21:04:47 ID:gKbE/WJl
はじめてみた。いい映画だった。

クリントイーストウッドが始めて酒をごくごく飲むところ。
最初何気なくそのシーンを見て、あ、敵討ちだ、って気がついたときに鳥肌が立った。

いままでいろんな映画見たけど、単に酒を飲むだけのシーンがこんなに怖く感じたのは初めてだった。

アカデミー賞総なめの価値があるかどうかはともかく、面白い映画だった。
劇場で見たかったなぁ。


関連記事

  1. 2010/07/15(木) 01:42:56|
  2. や行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アリス・イン・ワンダーランド | ホーム | ウルトラミラクルラブストーリー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1200-a4270927
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR