FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

秒速5センチメートル

http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/animovie/1171164711/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/02 /11(日) 12:31:51 ID:5mpT4wVa
「ほしのこえ」「雲の向こう、約束の場所」の新海誠、最新作。

小学校の卒業と同時に離ればなれになった遠野貴樹と篠原明里。
二人だけの間に存在していた特別な想いをよそに、時だけが過ぎていった。
そんなある日、大雪の降るなか、ついに貴樹は明里に会いに行く……。
貴樹と明里の再会の日を描いた「桜花抄」、その後の貴樹を別の人物の視点から
描いた「コスモナウト」、そして彼らの魂の彷徨(ほうこう)を切り取った表題作「秒速5センチメートル」。
3本の連作アニメーション作品。

公式
http://5cm.yahoo.co.jp/


5 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/02 /11(日) 12:46:44 ID:5mpT4wVa
スタッフ

脚本・監督・制作  新海誠
音楽          天門
主題歌 山崎まさよし
「One more time, One more chance」
制作・配給 コミックス・ウェーブ


キャスト

遠野 貴樹 - 水橋 研二
篠原 明里 - 近藤 好美 (第1話 「桜花抄」)
篠原 明里 - 尾上 綾華 (第3話 「秒速5センチメートル」)
澄田 花苗 - 花村 怜美

517名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/03 /03(土) 18:54:20 ID:oRWhsYXn
見てきた、退屈はしなかったが話はつまらなかった

気分は悪くならなかったが、アニメらしからぬ?結末に軽く放心状態になっちまったぜ
背景綺麗だった、主人公が気持ち悪かった、明里は俺のタイプ山崎の歌ヨカッタ感想はこんなもんかなw

518名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/03 /03(土) 19:01:22 ID:FDl41Q7P
やはり鬱な映画だな。

2ちゃんねる映画ブログ

たかき→内向的すぎる。意志が鬱屈していて必死さが外見に現れない。

2ちゃんねる映画ブログ

かなえ→シャイすぎる。たかきがこういう性格なので二人が一緒にいても空回り。

2ちゃんねる映画ブログ

あかり→あっさりばっさり。たかきが必死にならないのでいつまで経っても近づけないまま。

映像的にもストーリー的にもコスモナウトが一番マトモだった気がする。

520名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03 /03(土) 19:06:45 ID:IMfsVhKN
>518
たかきは、中一の大移動の決意を維持できれば、もっと違う感じになると思うんだが
何があったんだ。
中2、中3あたりでの距離の壁がでかすぎたんか?

かなえの「一つずつやる。」ってのを実直にしている姿はよかったなぁ。

523名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/03 /03(土) 19:13:11 ID:FDl41Q7P
>>520
大移動の時からすでに、たかきもかなえも手紙すら渡せなかったわけだからなあ。
ちまちま文通するくらいなら、電話をもっと活用しろやと思った。携帯電話なくてもさ。
それだけ双方に近づこうとする努力がたりんかったってことだな。
遠距離になればそれだけ、近づこうとする努力がなおさら必要になるのだがね。

コスモナウトは、あかりが前向きに変わっていったので、後味としてはそれなりだと思う。

525名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/03 /03(土) 19:24:34 ID:ZNGA2cm/
ネタバレ

>>520
キスシーンのところで世界が変わったとか言ってたよな

2ちゃんねる映画ブログ

上手く言えんが、あそこでお互い気持ちの変化があったんだろう
別れ際の明里の「上手くやっていけると思う」とかいう台詞も何かよそよそしい感じがするし、
もう2人の間にあった特別な関係はぶっ壊れたというか・・・・・・

それに重なるようにして物理的な距離も大きく離れて終わった、てか諦めたって感じじゃないのかな
それにしてはタカキがずるずる引きずり過ぎな気もするが

522名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/03 /03(土) 19:09:51 ID:FDl41Q7P
たかきが あかりを 諦めきれんまま引きずってるんだよな。
初恋かなんか知らんが、あそこまで気にしているというのもいかがなものか。

あと、回想とか手紙読んだりモノローグとかおおすぎ。
台詞の掛け合いがあってこそのドラマなのだが。
シナリオの基本からすれば邪道。
たかきのモノローグで説明することは出来るだけ削って、
映像や会話で分かってもらうように工夫した方がいいと思うね。

527名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/03 /03(土) 20:19:41 ID:3ytwZzHA
いや~凄かったなw
耳すま、海がきこえる、時かけ、への強烈なアンチテーゼw
まさに現代人の魂の彷徨

しかしこれじゃオタクに売れないだろうな

533名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/03 /03(土) 20:44:51 ID:TphCKeb1
ハッピーエンドが好きな人にはダメなストーリーってことか。
また評価がわかれそうだね。

536名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/03 /03(土) 21:04:32 ID:ZNGA2cm/
>>533
雲みたいに妄想が出来るわけではなく、ばっさりと結末を書いてしまってるからなぁ
投げっぱなしにしといてくれればよかったのに・・・・・・と思う人も少なからずいる希ガス

543名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03 /03(土) 22:44:47 ID:9lX5VT7C
ぶっちゃっけ厨房時代に再会したヒロインとの関わりはその後全然無い。
主人公自体は、もてるのだけどヒロインのことを忘れられずに他の娘とは
つき合っても続かないという状態。
でも、ヒロインは、主人公のことなんてすっかり忘れていて他の男と幸せな
家庭を築いているという話し。
(結婚前に主人公に渡しそびれた手紙で懐かしいなと思い出す程度)
ラスト5分の一番盛り上がるとことでヒロインの幸せそうな生活を散々見せつ
けられるのがかなり辛い。
というのは、男と腕を組んでその肥立ち手の薬指には婚約指輪とか、マンション
で草木に水を与えながら旦那に微笑みかけたり…
しかも「One more time, One more chance」の歌詞が場面にあっていて
 
要するに女は現実的で男はいつまで昔を忘れられずに新しい恋も出来ずにダメ
人間になっていくという物語。
ちなみに、主人公は、ヒロインの旦那のことは一切知らないので寝取られとは違う
とおもう。
音楽とか、背景とか、キャラデザはよかったんだけど脚本で全てを駄目にした作品
の典型だと思った。

548名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/03 /03(土) 23:06:52 ID:2QWzIPHF
>>543
そのレスだけ見ると、脚本には問題ないように思える。
世の恋愛物は、求めれば応じるって、どんだけご都合なんだよwってのが隠れテーマか。
独りよがり過ぎたら駄目。求めるのは恋だが、相手を
繋ぎ止める行動に結びつかないと上手くいかない。

549名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03 /03(土) 23:10:06 ID:9lX5VT7C
わざわざアニメ映画でやることじゃない。
空気読まない新海のオナニー。

2ちゃんねる映画ブログ

551名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03 /03(土) 23:13:38 ID:XziI2ftc
オナニーでいいじゃない。
俺は彼のオナニーを泣きながら観ていたぜ。
いい映画だった。

552名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03 /03(土) 23:16:01 ID:9lX5VT7C
つーか新海自身ヲタなんだから学生時代まともな恋愛してるとも思えん。
説得力何もない

553名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/03 /03(土) 23:19:59 ID:2QWzIPHF
>>552
「耳年増」の方が妄想膨らんでそうだが。まぁおいといて
ハッピーエンドじゃないのが不満ってのは一つの意見だろうな。

558名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/03 /03(土) 23:29:55 ID:RZ79GQbV
オタだから恋愛経験ないって、どんなけ独りよがりな意見だよw
自分がそうだからといって他人まで同じだと思わない方がいいとおもうよ

すべての作品がハッピーエンドでああよかったね、ばかりじゃ面白くもないし
だからといって救いがない終わりでもない

コピーにある、魂の彷徨 ってのがしっくりくる物語だったと思う

見終わった後は、たしかに何故ハッピーエンドじゃないのかと
最後の踏切のところで電車に阻まれるシーンとかもやきもきしたし
三話の1シーンで、明里からの電話にでないタカキにはうんざりしたのも事実だが

タカキが明里に対して感じていたのは恋愛感情ではなく、転校生同士、趣味があう
ことによる連帯感や、明里の転校の際に傷つけたことに対する罪悪感が大きかった
のではないかと思う。そしてそのことにキスの後で気がついたのではないかと
だから、必死になってつなぎ止めることもできず、でも未練は残り、どっちつかず…
みたいな感じなのではないかと想像した

559名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03 /03(土) 23:36:28 ID:/1oKv03m
>558
3話の電話は明里からじゃないです。
3年付き合ってたけど、縮まらないねとメールを送った女性からの電話ですね。

文通が途絶えてからは、明里とは連絡取ってないでしょう。 おそらく。

お互いポストを気にする時代もあったのだから、長く続いているほうなのかな。

映像から想像する部分が多分にあるので解釈としてわかりづらいんだけど。

それより主人公はラスト以降立ち直れるのかが心配だ
歩き出したところで終わったので、そうあってほしいのだけど。

562名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/03 /03(土) 23:49:10 ID:RZ79GQbV
>559
ああ、そうか
そんな重大なところ勘違いしてたのか

そういや髪型ちがったし名字もちがったね
あれは職場用のスタイルで名字は、すでに入籍済みの旦那の名字かとおもってた

結婚式=入籍 というより入籍が先であとで式ってのが周りで多いので勘違いしてたのか

そうなるとまた見方が変わるなぁ

717見ろ!名無しがゴミのようだ! :2007/03 /05(月) 12:26:19 ID:hY/alLTN
ハッピーエンドだったら糞だろ。ハリウッド映画やジブリとかわらんし
絶対に敵わないだろ。見劣りもいいとこ。

565名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/03 /04(日) 00:16:07 ID:/3z89erQ
やっぱ尺が短いよな
次回作は長編かTVシリーズやろうぜ

567名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03 /04(日) 00:23:01 ID:jQOlCr4T
>>565
一時間アニメ作るだけで2年以上掛かってるんだ。
これより長編とかTVアニメとかどんだけ年月掛かるんだよ…

569名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03 /04(日) 00:42:30 ID:XdsniLGZ
結局、結ばれないという結末は、ほしのこえ・雲の向こうと同じか。

マンネリしてるの。

570名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03 /04(日) 00:52:57 ID:K/i+/5gd
ストーリーもだけど映像面でのマンネリ化が酷い
あと声優も男主人公→役者にボソボソしゃべらせる、ヒロイン→ギャルゲ風萌えしゃべり
とワンパターンここに極まれりw

574名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/03 /04(日) 02:58:03 ID:rxUx/6zk
見てもらいたい客層とか伝えたいテーマ性かがよく判らん

575名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/03 /04(日) 03:01:59 ID:dnMtaOH2
観客 新海誠

591名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/03 /04(日) 08:00:29 ID:4Tn/zjCY
単館系のマイナーアニメだから、最初から万人向けには作ってないと思う
特に今回はエンターテイメントですらなく、作者が本当に作りたいものを作っただけだから、
「共感出来る人は共感して下さい」って感じ

だからこの純度が上がって完成度も上がってるけど、
根本から新海作品が受け付けない人には、更に我慢できない作品になっちゃってるのかも

592名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/03 /04(日) 08:21:13 ID:rSaJgwuO
受け付けない奴が大半じゃないの?
上映が終わった後の会場全体のなんとも言えない雰囲気が全て物語ってたと思うけどね。

608名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/03 /04(日) 11:08:53 ID:4Eunqjgt
コスモナウトだけをシナリオをふくらませて一本に仕上げたほうが良かったと思う。

あの映像品質で、シナリオはもっと正統派の作風の人が書いて、
second Anopheles とかアニメ化してほしい。リアルな池袋アニメで。

613名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/03 /04(日) 11:41:30 ID:XcL7Ugur
ほしのこえ、約束でやりきれなかった事の集大成なんかなあ
そう思わないと、あの話の幅の無さは悲しいわ
同じテーマを続ける事に文句ないけど、毎回同じ作り方されるといい加減嫌になる

670名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/03 /04(日) 23:28:49 ID:7vxOBP+f
なんか鬱っていうより苦しくなるな
胸の中が重くて辛い

671名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/03 /04(日) 23:42:09 ID:ymz/itl2

2ちゃんねる映画ブログ

つか主人公は浮上できる要素が何もないな
このままじゃ無職→ニート→ネラー化→ピザ化→人生オワタルート
主人公が2chで煽り合いとかしてたらマジやだな

673名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/03 /05(月) 00:00:28 ID:eCWqaSAq
>671
見たの?映画を

三話のラストで過去を吹っ切れただろ、タカキは
おそいっちゃーおそいがw

漏れは見逃したっぽいが、過去ログにアカリがタカキに送った手紙の中で
好きな人が~というのがあったみたいなんで、そこでとぎれたのかもね

細切れの映像の中にいろいろありそうだが、DVDでもでないと中身が確認できんしなぁ

676名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/03 /05(月) 00:17:08 ID:5n/Hcsti
>>673
やっぱ吹っ切れたのかなあ。一緒に見に行った奴もそう言ってたが俺にはわからんかった
立ち直れそうならなんか救われた気分だ。えがったえがった

666名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/03 /04(日) 22:35:18 ID:Lsc47GRT
せめて三話目でタカキも過去を笑ってはなせるぐらい吹っ切ってくれてれば
「時がたてば人の気持ちも変わるが、そのすれ違った瞬間だけは想いとして残る」てな感じのテーマとしてなんか納得できるんだけど
タカキのへたれっぷりのせいでもう・・・

672名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/03 /04(日) 23:53:58 ID:QSPacPS2
>>666
一応ネタバレ

うろ覚えだが、3話の冒頭でタカキが「向こうも振り返るだろう」的なこと言ってた気がするんだ
1話の時点ではお互い特別な存在だったからこそ、明里は踏み切りの向こうで待っていた
けど3話の時点では、前に進んでいる明里にとってタカキはもう過去の存在でしかない
だから未練たらたらなタカキの淡い期待もむなしく、明里はもう振り返ってはくれなかったと・・・・・・
変わらないタカキと変わった明里の対比が本当に欝になるね
最後のタカキの笑みも色々捉えられてるみたいだけど、俺はあまりいい方向に見れないな

俺はタカキが会社辞めた理由がいまいち分からなかった
単に職場にメガネっ子がいるからか?それは短絡的だよなぁ

674名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/03 /05(月) 00:06:19 ID:eCWqaSAq
>672
たしかに冒頭でいってたね
実際、軽く振り返ったとおもうが、電車がどんどん通過してたから
一瞬だけ振り返って、すぐ振り払ったんだろうね
その辺が1~3話の流れそのもの、アカリとタカキの生き方の違いということかな

ぶっちゃけ、正面に向き合ってるときに気がつけよw とかツッコミいれたくなったがw

678名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/03 /05(月) 00:21:22 ID:hLXe/8aB
>>672
あらま踏切のあとタカキの笑顔なんてあったんだ。
あのシーンで電車が通り過ぎた後アカリがいなかったもんだから、がっくりして下向いちゃったんで見逃したのかな。
なんかそれ聞くとまだ納得できるかな。

677名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03 /05(月) 00:20:12 ID:9/+y1azr

2ちゃんねる映画ブログ

自嘲している様にも見えるよな

681名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/03 /05(月) 00:30:44 ID:5n/Hcsti
踏み切り後の笑顔は俺も見逃したんだけど話の流れから自嘲っぽいよなあ
まだ主人公は色んな場面で恐らく本人じゃないアカリの影を見ている訳で…
やっぱこいつ立ち直れてねえよ…

684名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/03 /05(月) 00:42:19 ID:eCWqaSAq
自嘲はあるとおもう
でも、その後で吹っ切れたんだと思う、思いたい

冒頭の 振り返ると思う みたいな心情でいれば
居なかったら自嘲する可能性は高いよね
漏れの目か心にフィルターでも付いてたのかもしれんが
それまでの三話のタカキとは表情がゼンゼン違ったから
軽く自嘲しつつ、前を向いて歩いて行こうという意思表示では
なかろうかと思った

もし、過去を見ているなら追いかけてもよさそうなもんだし
三話の状態というか二話からの状態を考えると、アカリが上京
している先を知っている(というかアカリが上京している事すら
知らないかもしれんが)なら、会いにいっててもおかしくはないけど
そのような描写がなかったからね

686名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/03 /05(月) 00:57:59 ID:9/+y1azr
こんなとこにいるはずがないのに、何やってんだろw(自嘲)てなところか

689672 :2007/03/05(月) 01:12:32 ID:gkI2X/6b
なるほど。やはり色々解釈があるんですね
俺は「これからも明里のことを引きずっていくんだろうなぁ」という感じの自虐として捉えたが、
>>684 など見ると、確かに振り切ったという考え方も出来ますね

でも、やはりタカキが中途半端なんだよな
コスモナウトの時も思うだけ思って手紙も電話もしない、で何か自分に酔ってるっぽいオーラ出してるし
最後だって、本当に明里のことを思っているなら迷わず追いかければいいのにそれをしなかった
だからあそこで思いを振り切ったならまだしも、そうでないならタカキはもう永遠に中途半端なんだろうね

685名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/03 /05(月) 00:54:46 ID:N5RcyAxQ
3話で明里の親との会話が「いい加減身を固めなさいよ」とかで
ラストの踏み切りが走り寄って抱き合って桜の中でハッピーエンドだったら
本当にひどい作品になると思う。
思うけど、それでも俺はそっちの方が良かったよ。
鬱になる名作文学作品より、幸せな気分になれる三流ライトノベルの方が。

689672 :2007/03/05(月) 01:12:32 ID:gkI2X/6b
>>685
狂おしいほど同意wwwww

691名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03 /05(月) 01:32:09 ID:9/+y1azr
しかしカナエの気持ちに気付かないなんて、鈍感すぎる。優しくないよ。

2ちゃんねる映画ブログ

692名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/03 /05(月) 01:35:18 ID:TVykLXiZ
気づいていて行動していないのかもな。おくてすぎだが。

693名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/03 /05(月) 01:50:01 ID:eCWqaSAq
気づいているとおもうよ
でも、度々描写のあったアカリへの思いと取れるシーンがあったでしょ?
だから、カナエも気がついたとおり、タカキはカナエを友達以上には見ていないと思う
というか、アカリへのキモチを捨てきれないから、カナエへと付き合うこともできないだろうし

三話でもいってたが、前に進むことしか考えてない時期だろうから、カナエと一緒では
前に進めないと考えていたのかもしれない

そういや猫も結局失恋だよな
これだけ揃うとたしかにハッピーエンドを見たいね

695名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03 /05(月) 02:15:40 ID:9/+y1azr
いま桜花抄見直して気付いたが、時刻表の横に置いてあったのが
「種子島の鉄砲とザビエル」複線細かいw

698名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/03 /05(月) 02:48:09 ID:9mHt/D22  
歌詞

いつでも捜しているよ どっかに君の破片を
旅先の店 新聞の隅
こんなとこにあるはずもないのに
奇跡がもしも起こるなら 今すぐ君に見せたい
新しい朝 これからの僕
言えなかった「好き」という言葉も

いつでも捜してしまう どっかに君の笑顔を
急行待ちの 踏切あたり
こんなとこにいるはずもないのに
命が繰り返すならば 何度も君のもとへ
欲しいものなど もう何もない
君のほかに大切なものなど

700名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/03 /05(月) 02:56:34 ID:gkI2X/6b
>>698
どうでもいいけど、この歌詞見ると最後の明里も実はタカキの妄想だったんじゃないかと思えてくる
妄想じゃなくても実は全くの別人だったとか
まあそれだと桜花抄冒頭との対比も無くなるし、一気に興ざめするかwwwww

701名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/03 /05(月) 03:12:07 ID:9mHt/D22 
>>700
その考えであってると思うよ

776見ろ!名無しがゴミのようだ! :2007/03 /06(火) 09:51:39 ID:tTiXUjfU
疎遠になるほどの距離でもないし、結局女の方はたいして男の方好きじゃなかったんだろうなとしか思えなかったねぇ。
ほしのこえの地上と宇宙からずいぶん規模の小さい話になっちゃったしw
エロゲ脳の俺には現代の女性の貞操観念の無さを皮肉ってるようにも見えたよ。
DQN層には受けるんだろうなぁという感じ

730見ろ!名無しがゴミのようだ! :2007/03 /05(月) 22:13:00 ID:Ypdd9PY/
豪徳寺が新しすぎて吹いた
複々線化工事終わったの2004年ですよ

731見ろ!名無しがゴミのようだ! :2007/03 /05(月) 22:50:49 ID:ai/ZnzWd
>>730
世田谷のプロ市民がゴネずに工事がすんなりと終了したパラレル小田急ですよ

732見ろ!名無しがゴミのようだ! :2007/03 /05(月) 22:58:55 ID:ai/ZnzWd
あと小山に雪まつりがあるのもパラレル栃木のせいですよ

733見ろ!名無しがゴミのようだ! :2007/03 /05(月) 23:11:04 ID:6EtrpboM
埼京線ホームの行き先案内がLEDなのもなー

739見ろ!名無しがゴミのようだ! :2007/03 /06(火) 00:43:57 ID:JO4uj0RX
リンドバーグなんて10年ぶりぐらいに聞きました
ニヤニヤしちゃったよw

722見ろ!名無しがゴミのようだ!:2007/03 /05(月) 17:51:52 ID:XZRoNdtS
新海は新海なりの真実を示したし、俺も共感できた。

それだけでもう十分だった。


関連記事

  1. 2010/04/21(水) 00:20:55|
  2. は行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<スピード2 | ホーム | のんちゃんのり弁>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1181-d4f97ff8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR