FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ラブリーボーン

【ピーター・ジャクソン最新作】 ラブリーボーン The Lovely Bones
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1258382928/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中:2009/11/16(月) 23:48:48 ID:Jd6VaVje
日本公式
http://www.lovelyb.jp/

ピーター・ジャクソンのヒューマンドラマってどうなのよ?


30 :名無シネマ@上映中:2009/12/18(金) 03:02:19 ID:LDMwirOa
この作品ってアメリカではもう公開されてるんだろ?
アメリカでの評価はどんな感じなの?英語得意な人教えて

31 :名無シネマ@上映中:2009/12/18(金) 04:24:31 ID:aHbCG2Aw
>>30
酷評されてる

32 :名無シネマ@上映中:2009/12/18(金) 17:23:22 ID:K9GoSlHX
酷評かよ
所詮ピージャクは一発屋ってことかな

33 :名無シネマ@上映中 :2009/12 /19(土) 00:41:06 ID:UKkJK+xq
The Critics: C+
Yahoo Users: A

批評家が酷評しているが、
一般ユーザーには好評。
こういう傾向が出る映画は、B級。

34 :名無シネマ@上映中 :2009/12 /19(土) 11:32:51 ID:YuEXMhMY
良くも悪くも、ピーター・ジャクソンの映画っていうことか。

40 :名無シネマ@上映中 :2009/12 /22(火) 19:19:32 ID:5ruIrPf1
完全にアカデミー受けに走ったのに残念でしたねジャクソンさん

36 :名無シネマ@上映中 :2009/12 /20(日) 13:24:47 ID:WDmBaUPq
見所はレイプシーンだと思うけど
製作にスピルバーグがいるからな
挿入する性器は無理だとしても
犯されてボロ雑巾のようになる幼女は
やっぱり無理だろうな

43 :名無シネマ@上映中 :2009/12 /22(火) 21:37:55 ID:qLDKOic4
試写会見てきたー。
性的暴行シーンなし、
犯人のみなぎった顔の演技が上手すぎ。
あの娘たちの中、ホーリーと抱き合うシーンで俺泣く。
・・・・金庫
ふっと「誰も守ってくれない」を思い出した。

44 :名無シネマ@上映中 :2009/12 /22(火) 21:40:02 ID:qG3FVPO6
アメリカでみてきた。
レイプシーンはないよ。レイプってことじたいに触れられてない。
殺されたけど、レイプされたかどうかは不明って感じ
内容は、映像は圧巻。CGもふつうの映像も綺麗。音楽もブライアン・イーノなんですごくいい。
シナリオはイマイチ。各登場人物が描きこまれてない。映像に力入れすぎちゃったって感じだな。
でも、つまんなくはないよ。批評家ウケは悪いだろうけど、映像がすごいから客には受けるはず。

45 :名無シネマ@上映中 :2009/12 /22(火) 22:20:33 ID:s+oNX+MW
>>43-44
レイプ無いのか。
映画館に無駄足せんで済んだわ。感謝する。

62 :名無シネマ@上映中:2010/01/01(金) 18:25:46 ID:0AN2SGnV
なんかさ、普通に殺されたならともかく、レイプって設定がちょっと生理的に無理・・。
親とも見れないし、小さい女の子を持つ友達とかとも空気が凍り付いて見れない。
設定が地雷すぎる。レイプである必要ないじゃん。レイプならレイプだけで、気が狂うくらい重すぎる話なのに。

63 :名無シネマ@上映中:2010/01/01(金) 18:57:49 ID:tCgWNpue
レイプって何ですか?小4なのでわかりません

64 :名無シネマ@上映中:2010/01/02(土) 02:14:32 ID:cH8Ij+Fn
上品ぶるつもりは無いけど、まあレイプである必要性は無いかもね。
でも映画ではレイプであることは示唆される程度で直接的な描写は無かったし
14歳の子供が理不尽に殺される時点でレイプ云々抜きにもう充分深刻だけどね。

65 :名無シネマ@上映中:2010/01/02(土) 03:07:20 ID:9IQvG9Oo
>14歳の子供が理不尽に殺される時点でレイプ云々抜きにもう充分深刻だけどね。

そうなんだよ。だから実話でもないのに、あえてその要素を付け加えたのが悪趣味だなと思った。
何ていうのか、見に覚えもない人からしたらただの深刻な物語なんだけど、
年頃の子供を持つ親とか、少しでもかぶるようなトラウマを持つ人とかにとっちゃ
生理的嫌悪感に満ちすぎて、映画の悪趣味さに敵意がわいてきて、愛だの感動だのの要素まで見れなくなるから
映画にとってもよくないような感じがした。

自分の家族も、14歳前後の女の子には辛い思い出があるから、もし見たら
ただ死ぬってだけで空気が凍るだろうに、さらに安易なレイプというスパイスが入ってくるとか、絶望的に気まずい。
家族で映画情報見ててこの予告を見てしまい全員無言でとんでもなくオワタな空気になった。

今はこの映画の予告とかが流れると、話の内容どころじゃなくこんな映画が作られた事そのものがおぞましく感じる。
だいたいレイプという要素があるのに、話を綺麗にまとめて映像美を追求して家族の感動を・・みたいなノリにしようと
いう発想がもう気持ち悪くてありえない。

68 :名無シネマ@上映中 :2010/01 /03(日) 20:52:48 ID:AiWZm0fD
>>64 >>65

この原作者が実際にレイプ被害者なんだよね。それもあってアメリカでは大ヒットした。
そんで、この話は、悲しい出来事を抱えた家族がいかに回復して行くかってプロセスを描いた作品。
お前みたいな奴が見なきゃいけない映画なんだよ。
たしかに、見てる間はずっと悲しい話。
でも、その割には見終わった後に清々しい気持ちになれる。
CG映像は、天国の美しさを描くため。
キリスト教では死んだら別の世界に行くと考えるから、そこを美しくしたってことで、家族の感動話を強化するためではない。

とりあえずお前は原作読んでみろ。かなり誤解してるようだから。

70 :名無シネマ@上映中 :2010/01 /04(月) 21:24:55 ID:eG3JMOB8
>>65
原作者のアリス・シーボルトは18歳の時にレイプされてる
その際、保護してくれた警官に「君は殺されなかっただけラッキーだったよ」って
声をかけられてる(これは同じ地区で婦女暴行殺人が流行ってたため)
だから、レイプ+殺人っていうのが、彼女にとって重大な意味がある
スージーがただレイプされただけですまないのは、シーボルトが
もしかしたらそうなっていたかもしれないから
もしも若い女の子がレイプされたり殺されたりっていうのを想像するのも辛いなら、
これは本当に見ないほうがいいと思う

56 :名無シネマ@上映中:2009/12/25(金) 02:53:20 ID:lRTZG6yK
序盤の期待感が中盤以降裏切られる映画だね。
てか最初と最後で物語のテイストが違う。
序盤はストーリーに面白みがあって引き込まれるんだけど、後半は冗長でふわふわしていて白日夢みたい。
伏線かなと思った箇所はとくに活かされないし
主人公もなんだか死んで以降明確な意思に乏しくて、アッチの世界をさ迷いながら何をしたいのかよく解らないし本人も解ってなさそうw
映像はキレイだった。いま流行りの3Dを採用したら映像の美しさがさぞや映えるでしょう。

84 :名無シネマ@上映中:2010/01/12(火) 17:25:09 ID:ralt9K2r
ファンタジーだけどヒューマンドラマ寄りだから割と主人公殺害以降は静かな展開だった。
手に汗握る場面も幾つかあるけどね。
自分は原作未読で娯楽作品だと思い込み鑑賞してしまい、鑑賞姿勢を誤ったなあと思わされました。
冒頭の方では娯楽映画的な要素やそれを示唆するような場面も散見されたので尚更。
あっちの世界にいる主人公と霊感少女の交流が始まるのかなあと思ったり
もっと大胆に残された家族への働きかけや、危機を伝えたりという場面があるのかと思ったけど
そういうのを期待して鑑賞する作品ではないようです。
残された傷心の家族の再生と、犯人の新たな企み。主人公は割と傍観者的な立ち位置でした。
あと原作が面白そうなので読んでみたいと思いました。

120 :名無シネマ@上映中 :2010/01 /19(火) 22:11:55 ID:rXIK9ju7
たった今試写会で観てきた。
良かったところは主人公の女の子が可愛かったところ
あとは、なにこの映画?って感じだった。詰め込みすぎて長いし
そして天国のお友達・・・声はめちゃくちゃ可愛いのに顔がヒドス

2ちゃんねる映画ブログ

123 :名無シネマ@上映中 :2010/01 /19(火) 23:25:29 ID:Mio0cBN6
>>120
>可愛いのに顔がヒドス
酷くて主人公よりも印象に残ったよw
しかしハリウッド製の映画やテレビで主要な役出てくるアジア系女優って何でブサばっかりなのか
わざとやってんのか

125 :名無シネマ@上映中 :2010/01 /19(火) 23:43:17 ID:Vr62cwI/
警察、動かざること岩の如し!

126 :名無シネマ@上映中 :2010/01 /19(火) 23:48:47 ID:Mio0cBN6
警察は捜査してたじゃん
むしろ何の根拠も無く隣人を犯人だと決め付けた
妹に非難されて同情した

131 :名無シネマ@上映中 :2010/01 /20(水) 11:31:31 ID:IEdYYexv
霊感少女が仲介になるのかと思ったら
父親や妹がいきなり霊感働かせて犯人つきとめちゃったからな~
家族が癒されていく過程もざっくりだし
後半無理やり縮めたような印象だった

132 :名無シネマ@上映中 :2010/01 /20(水) 12:02:04 ID:fpkuGtEm
あのおばあちゃんはなんなんだ
友達も霊感どうのの前フリあるのに
全然活躍しないし

2ちゃんねる映画ブログ

140 :名無シネマ@上映中 :2010/01 /21(木) 23:59:02 ID:VorKGqFL
スーザンサランドンはもっと意味のある役割りかと思ったら
ただ話の都合上母親追い出すためだけの役目かYO
ゴーストやオールウェイズみたいな雰囲気になるのを避けたら
よくわかんない感じのストーリーになったって感じかの
原作読んだことないけど

225 :名無シネマ@上映中 :2010/01 /29(金) 23:31:43 ID:/vh69cQ3
特に何をするワケでもないのに
スーザン・サランドンの貫禄がすごかった

141 :名無シネマ@上映中:2010/01/22(金) 00:14:18 ID:D7wPk0Jt
死体が発見されずに終わったのは宗教的なものなのかな?
何が言いたかったのは良く分からないストーリーだった
まず14歳にもなってキモいおっさんについて行く訳ねえしw

142 :名無シネマ@上映中 :2010/01 /22(金) 03:07:02 ID:UDHJjClX
14歳の設定にしちゃ子供っぽい顔立ちの子だね
妹のほうがお姉さんみたいだし

2ちゃんねる映画ブログ

143 :名無シネマ@上映中 :2010/01 /22(金) 03:14:58 ID:baMSfNYF
自分も妹はお姉さんだと思ってた
観終わった後はガッカリな映画だと思ったけど、何日か経って少し変わってきた
もう一回観たらまた違うのかな。
主役の子は乗り移って自分の死体を発見してもらうより、ファーストキスを選んだのね
そこは14歳らしくていいところかも

144 :名無シネマ@上映中 :2010/01 /22(金) 04:14:27 ID:Go7VsXu3
>妹のほうがお姉さんみたいだし

死んだ時の年齢で止まっている姉と
成長して(姉の年齢を超えて)行く妹
この月日の経過を描く為にそういう風に見える女優をキャスティングしたんだろうと推測
あのぐらいの年齢=思春期は、大人びて行くのも早いから・・
その変化が描けてれば尚良しだったが

145 :名無シネマ@上映中 :2010/01 /22(金) 14:27:14 ID:Rp1Nzcxe
主役が好きになる男が中学生に見えない
なんだあのイラク人みたいなのは

2ちゃんねる映画ブログ

146 :名無シネマ@上映中 :2010/01 /22(金) 19:19:18 ID:xN3+bq9J
ムーア人だよ

147 :名無シネマ@上映中 :2010/01 /22(金) 22:15:07 ID:lr5QEopn
誰がうまいこと

148 :名無シネマ@上映中 :2010/01 /22(金) 23:59:19 ID:jUHLmOHW
>>145
エゲレスから来たインド系の子っって設定じゃなかったけ?

168 :名無シネマ@上映中 :2010/01 /26(火) 18:42:15 ID:neaJwfDj
原作既読で試写で観た。
サスペンス演出と中間世界の描写に力入れすぎて、
肝心の家族の再生が表面的になってしまったのが残念。
特に、父親を描くのに偏りすぎた反面、母親の扱いが薄すぎで
レイチェル・ワイズの持ち腐れ。
原作の不倫要素はカットしても構わなかったにしても、
もうちょっと何とかして欲しかった。

191 :名無シネマ@上映中 :2010/01 /29(金) 11:29:36 ID:APDJTHAM
てか原作ではほんの一部に過ぎないサスペンス部分が、映画だと
歪に大きくなっちゃってるんだよな。
サスペンスに振り切るなら良いけど、中途半端に家族の物語と折
半になっちゃってるからアンバランスな変な映画になっちゃった。

180 :名無シネマ@上映中 :2010/01 /28(木) 04:15:07 ID:A0PwoOsW
さりげなく本屋の場面で指輪物語が

202 :名無シネマ@上映中 :2010/01 /29(金) 13:19:04 ID:3FogxDKp
本屋に指輪物語の看板は面白かったけど、
わざわざ字幕付けてたのはギャグに解説してるみたいでw

266 :名無シネマ@上映中 :2010/01 /30(土) 02:49:55 ID:/6xJlFuk
めっちゃめちゃ面白かったから興奮して書き込みにきたら微妙でびっくりした。
そういや確かにいろいろ「あれ?」と思ったが。
霊感少女の活躍しなさぶりとか、犯人の最後のつまらなすぎるオチとか
妹が犯人を怪しいと感じるのとかも全然理由がないしね。
父ちゃん超がんばったけど結局は実のある活躍してないし。

ネタバレ書きます。

あのキスで涙腺崩壊した。
やり残したことっててっきり死体沈没を阻止するか、犯人逃走妨害だと思っていたから。
最後にひとつだけ、本当に大切なのは、自分を守ることでも誰かを罰することでもなく、
好きな人とのキスだなんて、なんて純粋なんだろうって思ったし、
本当最後に残すべきものは憎しみなんかではなく愛情なんだなと思うとすげー泣けた。

あ、これを何映画かといわれたらサスペンスだとおもいました。

268 :名無シネマ@上映中 :2010/01 /30(土) 03:18:11 ID:+EgolTTN
殺人犯の行く末は描かなくて良かった希ガス。
しかもあの不自然な転落死で遺族が納得するわけないし。
妹が強姦計画書を見つけた時点で犯人の安穏な生活は打ち砕かれたわけだから、結末は視聴者に委ね、あやふやな終わりでも良かったな。
途中怒りを露わにはしていたものの、スージーの犯人逮捕への執着心はそれほど物語の中心として描かれてなかったし。

269 :名無シネマ@上映中 :2010/01 /30(土) 03:26:03 ID:/6xJlFuk
だね。あんな適当な死に方見せられるくらいなら
あのまま逃走されてこの世の不条理を見せ付けられてもよかったな…
事件が起こった以上、完全に元に戻ることはないし、痛みは永遠に消えないけど
それもすべて受け入れてまた生きていく、っていう感じの終わりだったから。
そうじゃなきゃベタでもなんでも逮捕されちゃってほしかった。

267 :名無シネマ@上映中 :2010/01 /30(土) 02:59:17 ID:OhyBTx2W
一瞬つららが刺さって死ぬのかと思った

276 :名無シネマ@上映中 :2010/01 /30(土) 10:36:35 ID:8pYqpTSS
つららは原作では伏線あるんだけど、映画では唐突だったな。

278 :名無シネマ@上映中:2010/01/30(土) 11:35:02 ID:JLDlhfXL
>>276
教えてくらさい

279 :名無シネマ@上映中 :2010/01 /30(土) 12:00:53 ID:8pYqpTSS
>>278
妹たちがサマースクールの課題で考えた完全殺人プラン

283 :名無シネマ@上映中:2010/01/30(土) 12:52:38 ID:JLDlhfXL
>>279
㌧です
マジっすかー
でも原作じゃ犯人が逃げた後の行方は分からないんだよね
PJなりの計らいなんだろうか

286 :名無シネマ@上映中 :2010/01 /30(土) 13:17:21 ID:8pYqpTSS
>>283
いや、原作でも犯人の最後は全く同じ描写。
つうか、この映画の描写は原作にかなり忠実。
ただ描かれてる内容は文量にして20%程度でしかない。

296 :名無シネマ@上映中 :2010/01 /30(土) 16:37:41 ID:xu3SFDfc
原作はなんか翻訳が下手というか高校生が教科書直訳したような文が多くて読みにくかった。
あとせっかく地上に戻れたのに一番最初に「私スージーよ、セックスしたいの!」で萎えた。
違うだろ!他に言う事やる事あるだろ!つーか他人の体!と盛大に突っ込んだ。
映画ではキスだけらしいけどそっちの方が良いよ、うん。

297 :名無シネマ@上映中 :2010/01 /30(土) 16:49:49 ID:8pYqpTSS
>296
確かに!
でも気持ちはわかる!

301 :名無シネマ@上映中 :2010/01 /30(土) 17:48:49 ID:3D+RwetI
>>296
原作ではそうなるんですか。あれはキスだからピュアさがでてて良かったので、
原作がそうなのを今知り、ちょっとびっくりしたw

224 :名無シネマ@上映中:2010/01/29(金) 23:29:55 ID:E592ihOi
こういう、超駄作でエンドロールが、やたらの長いのって、
マジ最悪。

293 :名無シネマ@上映中:2010/01/30(土) 15:56:07 ID:4ucmjNfT
エンドロール20分くらい?

303 :名無シネマ@上映中 :2010/01 /30(土) 18:26:44 ID:2j6O6b4F
約15分エンドクレジットだね
普通の映画の倍ぐらいある
15分延々エンドクレジットを眺めるというのはある意味シュールだな

298 :名無シネマ@上映中 :2010/01 /30(土) 16:57:12 ID:QX0dN5Yr
CGとか特殊効果の多い映画はエンドロール長いよね

299 :名無シネマ@上映中 :2010/01 /30(土) 17:00:17 ID:7OmxZnQT
エンドロール早くするとか列にするとかできんのか

373 :名無シネマ@上映中 :2010/01 /31(日) 12:31:47 ID:dMZKfkyy
主人公が可愛かった。

2ちゃんねる映画ブログ

それだけ

318 :名無シネマ@上映中:2010/01/30(土) 21:10:44 ID:7fJvA8vw
シアーシャたん(´Д`;)ハァハァ

320 :名無シネマ@上映中 :2010/01 /30(土) 21:19:35 ID:2j6O6b4F
スージーは役にハマってたね
ホント白人の女の子は若いときは妖精のようだ
成長すると化ける事が多いけどw

322 :名無シネマ@上映中 :2010/01 /30(土) 21:34:24 ID:t9E/wGnw
アメリカ人の子供は本当に成長が早いよね。
でもこの子も20歳越えたころにはどうなってるかは
想像もつかないな。子役はひどい方向に行くことが多いからw

323 :名無シネマ@上映中 :2010/01 /30(土) 21:36:01 ID:tUdv22zE
写真屋の中で8mmカメラをいじくってたのは監督ですよね??

324 :名無シネマ@上映中:2010/01/30(土) 21:47:19 ID:JLDlhfXL
>>323
監督に関しては俺もそう思いましたが…

IMDBで今調べたらやっぱりそうでした

327 :名無シネマ@上映中:2010/01/30(土) 22:05:36 ID:JLDlhfXL
IMDBのトリビアをかいつまんで

・スージーが通う中学は原作者が在籍していた学校(現在は小学校になっている)。

・アリス・シーボルトはスージー役に無名の女優を使うことを希望。
シアーシャ・ローナンはキャスティング決定した後に「つぐない」に出演した。

・当初父親役にキャスティングされていたライアン・ゴズリングは、
あご髭を伸ばし、体重を20ポンド増量して撮影に望んだにも関わらず、
見解の相違?方向性の違い?の為に撮影3日前に降板。
バタバタとマーク・ウォルバーグに決定。その為に撮影中だった「ハプニング」の収録を
駆け足で終わらせなければならなかった。

・でもライアン・ゴズリングの前にオファーされてたのはヒュー・ジャックマン。
スケジュールの都合で流れた。

・オリヴィエの「オセロ」を観た後、同級生のクラリッサが「ミントの名前みたい」と言う場面。
あれは監督の故郷、ニュージーランドで馴染みのミント菓子“Oddfellows”に因んだ物。

・モールの中のレコード屋で買い物をしている少年は監督であるピーター・ジャクソンの息子。

340 :名無シネマ@上映中 :2010/01 /30(土) 23:56:14 ID:J0SkJB0z
犯人が風呂入ってたあの白い空間なんなの?
全く意味わかんなかった

341 :名無シネマ@上映中 :2010/01 /30(土) 23:57:26 ID:NeHRfOaw
殺害後の様子が生々しくならないため?
一体どんな殺され方をしたんだ?と思ったが。

342 :335 :2010/01 /30(土) 23:58:52 ID:/9Mv7k+T
>>340
犯人の家の風呂場で、主人公が殺された(解体された?)場所じゃない?
ブレスレットあったし、多分あそこで身包み剥がされて
袋につめられて箱の中に死体を入れた、って流れなんだと思う。

343 :名無シネマ@上映中 :2010/01 /30(土) 23:58:55 ID:xBY7xKkw
遺体を解体した後に、風呂に入ってるじゃね
風呂場血だらけで、洗面所に血が貯まってたから
でも、カミソリで殺したの?

344 :名無シネマ@上映中 :2010/01 /31(日) 00:05:13 ID:/9Mv7k+T
あの世界自体が少女たちが見たもので構成されているっぽいから、
主人公の目に付いたのがカミソリなだけで、他にも凶器は色々あったんだろうと予想
終盤、武器色々並べて一まとめにしてるシーンもあったし。

354 :名無シネマ@上映中 :2010/01 /31(日) 01:24:59 ID:TZ2oyw9k
つうか、生きて家まで連れて帰れるわけないと思うが。
畑の地下でレイプして殺して(性癖的にどっちが先かは分からんが)
その後家まで運んだんじゃないか?
作業したのは家の風呂場っぽいが。

355 :名無シネマ@上映中 :2010/01 /31(日) 01:28:41 ID:JKqMcQXj
あ、そもそも多量の血液反応でた云々ってのが畑の地下室跡だっけ。
やっぱ畑で死んでるのね。

356 :名無シネマ@上映中 :2010/01 /31(日) 01:35:33 ID:TZ2oyw9k
>>355
そうだったね。
それに、畑から意識があっちの世界に行ってるから、やっぱ畑で殺されてんだろう。
でも、いつ死んだのか、正確な時間は分かんないね。
本人の意識では地上に出ようとして引きずり戻されたとこで精神的に殺されてるってことか?
実際に殺されたのは引きずり戻されてからある程度経ってからだろうし。

454 :名無シネマ@上映中:2010/02/01(月) 06:28:31 ID:UXzSZDaV
現実には畑で血が発見されたのに、本人は風呂場の光景を覚えていて絶望感に襲われているところは怖いね

421 :名無シネマ@上映中 :2010/02 /01(月) 00:12:55 ID:ZRFCyL9r
復讐よりも大切なことがあるんだよって話にして、犯人は逃げ延びるのかと思ったら、
あの最後はちょっとがっくりきた。結局悪い人には天罰が~っていうのは急に話が浅くなったというか…

422 : [―{}@{}@{}-] 名無シネマ@上映中 :2010/02 /01(月) 00:21:58 ID:7tVD6i0p
憎たらしい悪役は、最後もっと高いところから落として欲しかった。
『ダイハード』のアラン・リックマン級の高さ、断崖絶壁から3分ぐ
らいかけて延々落ちてくぐらいで丁度いい。


関連記事

  1. 2010/04/28(水) 00:11:00|
  2. ら行映画
  3. | トラックバック:7
  4. | コメント:0
<<リバー・フェニックスって知ってる? | ホーム | ラスト・ブラッド>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1171-209dcc9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『ラブリーボーン』 (&#39;10初鑑賞12・劇場)

☆☆☆★? (10段階評価で 7) 1月30日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 13:30の回を鑑賞。
  1. 2010/04/28(水) 00:33:43 |
  2. みはいる・BのB

ラブリーボーン

近所の男に惨殺された14歳の少女スージー・サーモンが、霊となって家族を見守る予告編に惹かれて、『ラブリーボーン』を観てきました。 ★★ 一応感動作をうたってるし、ベストセラーが原作なので、こんな事を書くと反感買うかもしれないけど、ぶっちゃけ感動なんて全く出来
  1. 2010/04/28(水) 00:51:24 |
  2. そーれりぽーと

[映画『ラブリーボーン』を観た]

☆凄い作品だと思った。  私的には、P・ジャクソンくらいになると、この悲惨なテーマでファンタジーを創れるのだなと感心した。  と言うのも、私も20年ほど前、宮崎勤事件が日本中を震撼させたとき、  私は、せめてせめて、被害にあった子たちが、死後の世界で幸せ
  1. 2010/04/28(水) 01:10:52 |
  2. 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

ラブリーボーン/The Lovely Bones

金曜日のレイトショー。 スピルバーグ総指揮ということと、なんともファンタジーっぽい予告編に魅かれて「ラブリーボーン」を鑑賞。「UCとしまえん」は、平日のレイトショーとしては、普通の人出。 「ラブリーボーン」は、大きめのスクリーンで、3?4割。 【ストーリー】
  1. 2010/04/28(水) 05:17:33 |
  2. いい加減社長の映画日記

試写会「ラブリー・ボーン」

さていよいよ本日のメインイベント新宿の東京厚生年金会館での試写会で「ラブリー・ボーン」を観てきました“本年度アカデミー賞最有力”という呼び声が高いそうですアリス・シーボ...
  1. 2010/04/28(水) 06:38:04 |
  2. 流れ流れて八丈島

★「ラブリーボーン」

今週の平日休みは、「ロード・オブ・ザ・リング」3部作のピーター・ジャクソン監督がベストセラー小説を映画化した作品を、TOHOシネマズ川崎で鑑賞。
  1. 2010/04/30(金) 00:01:28 |
  2. ★☆ひらりん的映画ブログ☆★

【映画】ラブリーボーン…(サブタイトル自粛)

「プロヴァンスの贈りもの」以来のサブタイトル自粛ですが、まぁ映画感想部分を読んでくださいませ{/face_nika/} さて本日{/kaeru_fine/}日曜日の行動… 午前中、チャチャタウンにあるTSUTAYAまでレンタルCDを返却{/dododo/}に行って、帰宅後レンタルしてた映画{/m_0058/}を
  1. 2010/10/03(日) 01:14:23 |
  2. ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR