FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

パーフェクト・ゲッタウェイ

【ミラジョボ】パーフェクト・ゲッタウェイ【ワイハ~】
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1263139163/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中:2010/01/11(月) 00:59:23 ID:CT3kHj8Y
世界一美しいリゾート地として人気のハワイを舞台に、ハネムーンで訪れた男女が、殺人事件に巻き込まれていくアクション・サスペンス。
『ピッチブラック』『ビロウ』などのデヴィッド・トゥーヒー監督が、『バイオハザード』シリーズのミラ・ジョヴォヴィッチを主演に迎え、
犯人も動機も不明の殺人事件に翻弄される人間の心理を、ハワイの解放的な景観と対比して描く。予測不可能な展開の果てに待ち受ける衝撃のラストに絶句する

スタッフ
監督・脚本: デヴィッド・トゥーヒー 撮影: マーク・プラマー 音楽: ボリス・エルキス 

キャスト
ミラ・ジョヴォヴィッチ ティモシー・オリファント キエレ・サンチェス スティーヴ・ザーン

日本公式:http://www.perfect-getaway.jp/

海外公式:http://www.iamrogue.com/sections/movies/a-perfect-getaway


13 :名無シネマ@上映中:2010/01/23(土) 19:42:55 ID:XiTm4pIM
昼に観てきた。
劇場ガラガラ

とんでも展開。
まあまあ面白怖いよ。

41 :名無シネマ@上映中:2010/01/25(月) 12:15:54 ID:4ePYDW8I
パーフェクト・ゲッタウエイ観てきました。
凝った脚本と張りめぐらされた伏線の回収ぶりは見事。
あのシーンと台詞は実はこういう意味だったのか、
ともう一度観たくなるほど構成がよかったです。
途中思ってもみない展開になって、
真相がわかってからも登場人物達の生き残りをかけた争いは最後までどうなるかわからず、
緊迫感にあふれてます。
脚本のよさだけでいうならサロゲートより好きですね。

16 :名無シネマ@上映中:2010/01/23(土) 23:14:26 ID:rIKs7GuP
今日観てきたけどなんかよく分からんかった
聞きたい事あるんだけどここってネタばれOK?

17 :名無シネマ@上映中:2010/01/23(土) 23:55:45 ID:F7fQ/F8v
どこらへん?

18 :名無シネマ@上映中:2010/01/24(日) 00:19:16 ID:tKH5cf1Z
とりあえず確認したい事は・・・

A:犠牲者は最初の結婚式ビデオの主役(新婚)の二人

B:殺害したのは眼鏡男とミラ

C:ビデオのメモリーカード?に写っていた二人は
 眼鏡とミラではない(殺害されてしまった新婚さん) 

これであってますよね?

で、教えてほしいのは・・・

1:そもそも殺害の動機は?

2:新婚の二人と眼鏡男は何らかの関係がありましたっけ?

3:何故成り済まして新婚旅行をする必要があったのか

4:自分たちが犯人であるにもかかわらず他のカップルを
 犯人かも?と怯えていたのは何故なのか

いろいろと見落としていたんだと思いますが
教えて頂けるとありがたいです

19 :名無シネマ@上映中:2010/01/24(日) 01:11:02 ID:wOvFN50H
バリバリ、ネタバレっす


A1・3
二人は、他人に成りすまして生き続けようとしているのさ。自分の人生からの逃避。それがタイトル。「異常者」だって言ってた。
A2
無関係だと。ホノルルで遭遇しただけ。
A4
これは微妙だけど、見てる側にミスディレクションさせようとしてるんだろね。犯人かもと怯えているようで、「品定め」してるって感じかも。
ヒッチハイクしたとき、乗せなかったのはタトゥーを見たから。あれは削れないと思ったんだろ。
同様にチタニウムにも、「あらら」と思ったんだろ。だから相談してたんだよ。「ウソかも」みたいな。

21 :名無シネマ@上映中:2010/01/24(日) 04:29:23 ID:XdehG2sl
>>19
A4
ミスディレクションさせようという意図であるのは間違いないだろうが、
あれはトンデモすぎるだろ、いくらなんでも
最後の射殺許可も突拍子もなかったし

22 :名無シネマ@上映中:2010/01/24(日) 09:14:21 ID:xvfvw8rk
>>21
>最後の射殺許可も突拍子もなかったし

フラッシュバック?みたいなモノクロの過去映像でミラが眼鏡男に
押さえつけられていいように使われてたシーンあったろ。
それを思うと別に突拍子もないこともないじゃん。

23 :名無シネマ@上映中:2010/01/24(日) 13:22:48 ID:n69ubhrk
あの国に死刑制度は必要ないのだけはわかった

24 :名無シネマ@上映中:2010/01/24(日) 18:31:03 ID:pcokRSaw
Q5:ニックが眼鏡男に「どこかであったことがあるかも」と言ってたのはどういう意味?
Q6:海岸で女がビデオを見たときに犯人に気づいたのは何故?

2ちゃんねる映画ブログ

Q7:脚本作家と脚本家の話が真相解明場面でも出てきたが、どういう意味?

ミスターアンダーソンとか兄弟がどうだとか言ってる初めの辺りからおかしいな
とは思った。でも、真相解明の白黒場面では、二人の女、二人の男の顔の区別が
つかなかったので(笑)、訳が分からなくなった。
眼鏡とミラが脚本家の新婚さんを殺して、その二人に成りすましたところは分かったのだが。

Q8:ニックと女はその結婚式に呼ばれた友人ということ?

43 :名無シネマ@上映中:2010/01/25(月) 17:24:35 ID:q2me0qRp
>Q5:ニックが眼鏡男に「どこかであったことがあるかも」と言ってたのはどういう意味?
フェリーに乗る時に、殺されるカップルを撮影してた眼鏡男を、チタン頭が埠頭から見たから。

>Q6:海岸で女がビデオを見たときに犯人に気づいたのは何故?
新郎新婦の顔が違うから

>そういえば監視カメラに写っていた犯人の映像を携帯で見てやっぱりあの二人が犯人に間違いない!みたいなシーンもあったよね
「これだけじゃ特定できない」ってセリフだったよ。
あの時点で自分達のことがバレてるかどうかが心配だったんだろう。


それより、途中で犯人がはっきりとわかるネタバレ伏線があるっていうのはどの部分なんだ?
ビデオカメラの映像見るまで気づかなかった。

25 :名無シネマ@上映中:2010/01/24(日) 19:52:11 ID:wOvFN50H
A7
これは微妙なんだけど、ビデオカメラの中の映像で言ってたかも。つまり冒頭。そんなの覚えてないよね、だれも。
ニコラスケイジの件も、イマイチわからん。

A8
違います。彼らはビデオ見て成り切る練習したのよー  って、それ、この映画の肝でしょ。

26 :名無シネマ@上映中:2010/01/24(日) 20:16:27 ID:TslxJFw8
>>25
成り切る練習したのは、メガネとミラじゃないの?

30 :名無シネマ@上映中:2010/01/24(日) 21:18:28 ID:wOvFN50H
>>24
はあ、ごめんごめん、読み間違え。
A8
ニックと女は結婚式とは無関係だと思う。メガネ&ジョボがホノルルで会っただけ。

27 :名無シネマ@上映中:2010/01/24(日) 20:38:14 ID:WKrkVPrO
これ反則だろ。あの流れであんな結末あり?

28 :名無シネマ@上映中:2010/01/24(日) 20:39:52 ID:WKrkVPrO
それに、おっぱいのひとつも見れずにR15指定ってどういうこと?

29 :名無シネマ@上映中:2010/01/24(日) 21:15:20 ID:wOvFN50H
>>28
ほんとにねーーー
それが最大の不満

31 :名無シネマ@上映中:2010/01/25(月) 01:08:05 ID:DLBWkU5E
メガネとミラは自分たちが犯人なのに
なぜ刺青を恐れて、チタンに
ついて行ったのかが良く判らん。。

32 :名無シネマ@上映中:2010/01/25(月) 01:17:58 ID:4ePYDW8I
刺青を恐れたんじゃないみたいです。
チタンのカップルを殺害して、その二人になりすまそうとしてたわけだから
刺青カップルがいると、その計画が上手くいかなくなるから。

40 :名無シネマ@上映中:2010/01/25(月) 11:50:07 ID:s3xX9ejN
>>31
刺青のバッグから
捜査官だかなんだかの名刺が出てきただろが

33 :名無シネマ@上映中:2010/01/25(月) 01:17:59 ID:9gse3PZy
そういえば監視カメラに写っていた犯人の映像を携帯で見て
やっぱりあの二人が犯人に間違いない!みたいなシーンもあったよね

眼鏡男にとって携帯で見た犯人の姿は自分たちなのに
怯えていたのは少なくてもあの時点では眼鏡もミラも
殺害した新婚になりきっていた。
だからこれは俺たちじゃないと現実逃避をしていた
と解釈するべきなんでしょうかね?

だとしたら何をきっかけに本来の自分に戻ったのか
分からんけど死なない男を殺そうとしたのは
今度はこの二人に成り済まそうと思ったってことでいいのかな?

34 :名無シネマ@上映中:2010/01/25(月) 01:20:30 ID:pAcGbDJn
だれかサソリについての解説たのむ

36 :名無シネマ@上映中:2010/01/25(月) 01:30:31 ID:9gse3PZy
サソリは殺してから入れるのか?生きたまま入れるのか?ってやつだよね

殺害してから死体を隠すのか、人目の付かない所に連れ出してから
殺害するのかってことかな?

39 :名無シネマ@上映中:2010/01/25(月) 02:08:27 ID:pAcGbDJn
>>36
その説明で納得がいきました。ありがとう

42 :名無シネマ@上映中:2010/01/25(月) 13:04:10 ID:n+Rml36r
>>39
あと、サソリ=ニック。強くて自信満々の男。
サソリがどれだけ強かろうが、人間に捕らえられて酒の中に入れられる。
強くて自信満々のニックも、、、てことだ。

35 :名無シネマ@上映中:2010/01/25(月) 01:26:49 ID:/i8f0amK
サロゲートよりは面白かった。チタンヘッドが犯人じゃあまりにも普通なんで、ミラたちが犯人かもなーとか序盤で冗談で思ってたらw
脚本の話がやけに出てくるんで、絶対映画的なプロットをひっくり返すような仕掛けはあると思ってたが。

38 :名無シネマ@上映中:2010/01/25(月) 02:05:26 ID:TcBBahD0

2ちゃんねる映画ブログ

ラスト近くの女子バトル、エグくておもしろかった。

223 :名無シネマ@上映中:2010/02/14(日) 10:03:17 ID:0l47Hl9n
最後の女の死闘で全てが許せる。

48 :名無シネマ@上映中:2010/01/26(火) 13:31:54 ID:YSk/dML3
観てきた。
面白かったが、映画にする必要あるのかな?
正直、レンタル待ちの方が賢いな。
絶対、二度観たくなる。

50 :名無シネマ@上映中:2010/01/26(火) 16:49:39 ID:lLFXffQW
瞳孔の開いたクリフがケントデリカットにしか見えなかった・・・

2ちゃんねる映画ブログ

71 :名無シネマ@上映中:2010/01/27(水) 23:59:53 ID:48LG1cf3
>>50
そうそう、あのメガネ、
ケントデリカットにそっくりw

74 :名無シネマ@上映中:2010/01/28(木) 22:03:57 ID:MuJ2+Qmv
>>50 >>71
ケントデリカット説に私も同意。
ついでに言うと、チタン頭は丸山弁護士(今は国会議員)に見えたw

171 :名無シネマ@上映中:2010/02/07(日) 22:06:40 ID:p20oELdh
http://www.sankeipro.co.jp/KentDerricott.html

2ちゃんねる映画ブログ

「ユタ州馬鹿にすんなよ」

236 :名無シネマ@上映中:2010/02/21(日) 15:09:12 ID:mM/vDRsG
一癖ある役が似合うスティーブ・ザーン。
やっぱりの犯人で、うれしくなった。
ロード・キラーを観てから、気になる役者の一人。
それにしても、ミラを敵に回すと怖いw

237 :名無シネマ@上映中:2010/02/21(日) 20:24:09 ID:16HD5tuv
オールバックのミラジョビビッチかっこいいな。

54 :名無シネマ@上映中:2010/01/27(水) 00:27:47 ID:cSH7Hu07
観てきました
とにかく衝撃のオチにしてやろうという魂胆が見え見えで
なんかもうどうでもいいと思いました
ハワイの景色だけは良かったです

58 :名無シネマ@上映中:2010/01/27(水) 05:15:38 ID:AZhTZiMz
>>54 ロケはワイハじゃないらしいが。

62 :名無シネマ@上映中:2010/01/27(水) 14:40:58 ID:3ga4qWS1
チタンヘッド、カッコ良かったな
あれは本物の男前だ

2ちゃんねる映画ブログ

ジーナも素敵
ただのお色気用員かと思ったがいい嫁になるな

2ちゃんねる映画ブログ

64 :名無シネマ@上映中:2010/01/27(水) 16:27:33 ID:9wU0VgOz
途中から主役交代したもんなw

65 :名無シネマ@上映中:2010/01/27(水) 20:44:24 ID:E4NgPq5L
この脚本反則だろ?3組のカップルが同じ目線で描かれていれば、「さて誰が犯人?」ということになるが
ほとんど主役の二人目線でストーリーが進行し、二人しかいない場面での会話でも犯人を恐れるような
会話してるのに・・・オチがわかってから「あ、そういうことか」と、それまでの会話や行動をいかにうまく紐付け
出来るかが脚本家の腕の見せ所(例えば邦画の「アフタースクール」や今公開中の「今度は愛妻家」等)
なのだが、犯人を知られたくないからとはいえ、今回は反則しすぎ。まあ、映画そのものはそこそこ面白かった
けどね

67 :名無シネマ@上映中:2010/01/27(水) 21:42:27 ID:7ET8F9If
>>65
脚本にルールってあるの?

68 :名無シネマ@上映中:2010/01/27(水) 21:51:28 ID:E4NgPq5L
>>67
誤解を与えたなら失礼しました。批判的な意思を表すのに比喩で「反則」という言葉を使わせてもらいました。
何かルールに反しているという意味ではありません。

73 :49:2010/01/28(木) 12:56:40 ID:KHuBAcFU
見てきました。以下ネタバレ


なんか始めの結婚式シーンで友人たちのコメントは出るのに
新郎新婦の顔が出ないから違和感あったけど
それも仕掛けの内だったのですね。
ミラと危ない彼はいつもああやって常に別人になりすましていたのかな
チタン頭の彼と彼女が死ななくてほっとした

82 :名無シネマ@上映中:2010/01/30(土) 00:44:58 ID:HITqnuyK
レイトショーでみてきた

スレッサーのテレビドラマにもなった短編を
思い出したよ

感心したのは「枝を揺らせ」のネタ
ジェダイのネタ振りも、コレの目くらましだったのだね

84 :名無シネマ@上映中:2010/01/30(土) 12:22:46 ID:0ZXsbR6I
>感心したのは「枝を揺らせ」のネタ
>ジェダイのネタ振りも、コレの目くらましだったのだね

これどういうこと?よくわからないので誰か説明して。

85 :名無シネマ@上映中:2010/01/30(土) 15:52:27 ID:3wcJ9lbM
↑これはまあ小ネタだからバラシちゃうけど
「枝を揺らせ」はP・ニューマンの「暴力脱獄」という映画に
出てくる台詞(らしい。随分まえに観たきりなので確認はできて
おらず)

で、やたらジェダイがどうのこうのいって「ルーク」とか
呼ぶと、スターウォーズの方かと思うでしょ

でも「暴力脱獄」のP・ニューマンの異名がたしか
クールハンド・ルーク(これが「暴力脱獄」の原タイトルでもある)
っていうんだね

で、ストーリー的には「枝を揺らせ」が通じないのは本当に業界人
なのかい?って流れだった

ボクが感心したのは、やたら放尿シーンがあるなあ(ミラも放尿!)と
思ったら、その背景にこういう仕込みがあった、というところです

86 :名無シネマ@上映中:2010/01/30(土) 20:20:26 ID:0ZXsbR6I
>>85
ありがとうございました。よくわかりました。
「脚本家」とか「脚本の集中講義を受けた」という設定がここで活きてくるんですね。

87 :名無シネマ@上映中:2010/01/30(土) 23:11:03 ID:k2Y9u9hg
ミラたちがメタル男たちを犯人ではないかと疑って話すようなシーンがあったとおもうけど、ああいうありえない嘘のシーンで観客を騙そうというのはやっちゃいけないよね。
何かの映画の夢落ちより酷い。

90 :名無シネマ@上映中:2010/01/31(日) 08:47:25 ID:fCYSElpe
>>87
反則スレスレだけど、ありえなくはないよ。

ミラたちは、次のターゲットを探していた。
自分たちの写真だが顔がはっきりしないからバレない。

91 :名無シネマ@上映中:2010/01/31(日) 17:34:32 ID:OGag9daM
野ションしながら会話するシーンは反則と言われてもしょうがない

92 :名無シネマ@上映中:2010/01/31(日) 18:59:39 ID:sr51mXZw
鹿の解体に怖じ気づいてたのは何でだろう

93 :名無シネマ@上映中:2010/01/31(日) 21:35:40 ID:PNhkzQ5F
脚本家になりきってるから。

94 :名無シネマ@上映中:2010/01/31(日) 21:41:46 ID:4x/gGa8G
脚本家っつうか役者も兼ねてるよな
そんでもっと上手がいたって話

でもあいつらの視点から描いといてあれは酷いな

95 :名無シネマ@上映中:2010/01/31(日) 22:24:41 ID:aF3vJsPw
パーフェクト・ゲッタウェイというタイトルの割には、脚本や構成はパーフェクトにはほど遠い内容だったな。

96 :名無シネマ@上映中:2010/01/31(日) 23:20:35 ID:TuqRW93Y
なかなかいいタイトルだと思うけどな。

原題そのままで良かった。変な邦題がつけられなくて本当に良かった。

97 :名無シネマ@上映中:2010/02/01(月) 01:10:37 ID:yr/U3aG+
俺達は救助隊なんだ、カヌーを探している。

のやつらってなに? レイパー?悪役を引き立てるための雑魚?

98 :名無シネマ@上映中:2010/02/01(月) 15:22:04 ID:JytV0B+t
後者に決まってるだろ。
救急の知識があるからこそヤク中の瞳孔に気付いたんだから。

127 :名無シネマ@上映中:2010/02/05(金) 07:58:37 ID:w2A7Evz2
あと見落としていけないことはデリカットはサイコだってこと。で、ミラは共犯者だが、心の奥底で逃げたいと思っている。

142 :名無シネマ@上映中:2010/02/06(土) 21:18:16 ID:bdenYukf
ミラとケント・デリカット夫妻を主人公として、彼らサイドからの視点で物語が進行。
しかしデリカットが悪党の本性を発揮する頃から、チタンヘッド・カップルが
「悪い奴らに追い詰められながら戦う主人公」に切り替わってしまう。

ミスリードやらミスディレクションやら、それ以前の問題として
構成が破綻してるでしょ、これは。

143 :名無シネマ@上映中:2010/02/06(土) 21:25:12 ID:vazthgEu
そこが面白いんじゃないか。

156 :名無シネマ@上映中:2010/02/07(日) 06:10:46 ID:sMGCj2Uj
パーフェクト・ストレンジャー辺りからかな?こういうのがアリになったのって
もう今では何でもアリだからな

159 :名無シネマ@上映中:2010/02/07(日) 09:57:38 ID:Ajr/43un
>>156
「パーフェクト・ストレンジャー」は本国アメリカでもそれはもう酷評されてたけど
「パーフェクト・ゲッタウェイ」は賛否両論というところだよ。

そのうちこの手の映画で更にグレードアップした秀作が生まれてくるかもしれない。

189 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 09:58:04 ID:ebhaVUSh
最大の疑問
ホノルルで殺してすぐなんでまた違うカップル狙う必要あるの?

190 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 10:29:16 ID:tyAGoN8R
サイコだから。

191 :名無シネマ@上映中:2010/02/10(水) 20:27:47 ID:KoirgA17
サイコ、最高。

217 :名無シネマ@上映中:2010/02/13(土) 19:57:21 ID:/RYoSN4n
一応、真犯人が判明した時は感心した。(登場人物が少ないので、もしかしてと予想はしてたが・・・)
ビデオが真相解明のキーになるが、使い方が上手いと思った。
ただ、はっきりいって突っ込みどころは沢山ありすぎw「あの会話には、ああいうダブルミーニングがあったのか!」と
感心もするのだが、「それにしても無理あるだろ」というシーンも多すぎだし。
あと殺人の動機が「サイコだから」というのも安易な気が・・・。犯人の行動に一貫性がない気がしたのだが、
それも「サイコだから」で片付けられそうな気がして・・・。ただ、県都デリカットは普通に怖かった。

まぁ、こういう映画は好きなので良いかなと。DVDでもう一度見れば評価あがるかも。


関連記事

  1. 2010/06/05(土) 01:56:56|
  2. は行映画
  3. | トラックバック:3
  4. | コメント:0
<<劇場版 仮面ライダー電王 俺、誕生! | ホーム | アマルフィ 女神の報酬>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1161-243d348b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

パーフェクト・ゲッタウェイ

最近TOHOに足を運ぶ事が増えたのに、予告編を観たこともなくて全くノーマークだった本作。 なんかやってないかなぁとgoo映画を眺めてたら、ミラ・ジョヴォビッチの顔が目に留まって『パーフェクト・ゲッタウェイ』を観てきました。 ★★★★ こんな無茶苦茶な話許せるかい!
  1. 2010/06/05(土) 19:26:13 |
  2. そーれりぽーと

■映画『パーフェクト・ゲッタウェイ』

Cheeseの中で、三大“作品を選ばない俳優”と思っている人たちがいます。 どんな作品にも果敢に出演するというのか…、作品選択のセンスが突き抜けていて、凡人には理解出来ないと言うか…。 そんな偉大な俳優ひとりが、この映画『パーフェクト・ゲッタウェイ』の主演女
  1. 2010/10/20(水) 08:50:24 |
  2. Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>

『パーフェクト・ゲッタウェイ』 映画レビュー

『 パーフェクト・ゲッタウェイ 』 (2009) &amp;#160&#59;監  督 :デヴィッド・トゥーヒーキャスト :ミラ・ジョヴォヴィッチ、スティーヴ・ザーン、キエレ・サンチェス、ティモシー・オリファント、マーリー・...
  1. 2010/12/07(火) 16:10:07 |
  2. さも観たかのような映画レビュー

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR