FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

かいじゅうたちのいるところ

【スパイク・ジョーンズ】かいじゅうたちのいるところ
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1245266583/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中:2009/06/18(木) 04:23:03 ID:FMJFsekt
原作モーリス・センダックの絵本。
監督スパイク・ジョーンズ。

23 :名無シネマ@上映中 :2009/08/04(火) 20:03:46 ID:4zCV8Gl8
公式
http://wwws.warnerbros.co.jp/wherethewildthingsare/


180 :名無シネマ@上映中 :2009/12/14(月) 23:59:05 ID:OfvuPafr
今よみうりホールで試写観てきたよ
オープニングからつかみOK
ハリウッドなんだがヨーロッパ映画テイストで切ない雰囲気がすばらしい
確かに途中ちょっとスローテンポ だがそこが情緒たっぷりでいい
かいじゅうさんのキモ可愛さが本当に愛らしいが
そういうのも含め、子供向きじゃなくて大人向きに感じたな
吹き替え版だと子供向きに感じるかな?

181 :名無シネマ@上映中 :2009/12/15(火) 00:27:20 ID:s7YDWny1
声優は子供店長なの?

2ちゃんねる映画ブログ

182 :名無シネマ@上映中 :2009/12/15(火) 13:32:41 ID:ihwHwszs
いま,
こども店長の吹き替え聞いたけど、舌足らずで幼すぎる気がするな。
こども店長8歳、マックス12歳(撮影当時は11歳くらい?)。3歳くらいの差だけど、
こどもから少年にかわる微妙な次期と子供ど真ん中じゃ、いまいちしっくり来ない。

ただでさえこども店長は幼いんだから

184 :名無シネマ@上映中 :2009/12/15(火) 16:10:50 ID:5z8Iksx2
撮影当時のマックス少年は9歳ですよ

2ちゃんねる映画ブログ

401 :名無シネマ@上映中 :2010/01/15(金) 18:37:00 ID:xiUk5XEw
吹き替えで観たけどこども店長普通に良かったな
他の俳優もうまかった

681 :名無シネマ@上映中 :2010/01/19(火) 11:31:19 ID:ThDXK1ZD
こども店長ちょっとmaxには幼い気もしたけど
あの演技力で十分にカバーしてたと思うよ、てかフツウに上手かった
高橋&永作は想像どおり~自分はどっちも観たけど吹替えオススメw

285 :名無シネマ@上映中 :2009/12/21(月) 21:52:42 ID:+waUjsdr
試写会友人3人といきました。
3人とも大学の童話・絵本研究会の仲間です。
結論から言うと、全員100点中50点以下しかつけられなかったのが残念です。
みんなこの絵本は殿堂入りレベルの扱いなのですか、映画はどうも。。。な内容です
世界観を壊しているというのがまずもって、減点対象に、そもそもロケーションが酷すぎると
物語の神秘性をそいでいる。

そしてキャラクターの生命感のなさが長く見るにはきついできです。
他の方法もあったと思います、どうにも手抜きにしか見えません。

大ファンだった私としては80点はつけたかったのですが、米国公開から言われてきた評判どおりの結果で残念で。
45点というのが私の採点です。絵本から映画に入るとこのショックを受けやすいようですが。
映画から絵本には入ってほしくないですね、とにかくなかったことにしてほしいです(笑)

286 :名無シネマ@上映中 :2009/12/22(火) 00:57:10 ID:hjcp9/AG
絵本がそんなに素晴らしいなら映画から絵本に入ったっていいじゃん

289 :名無シネマ@上映中 :2009/12/22(火) 03:35:08 ID:T76f3dyk
原作信者には悪いが
幼児期の刷り込みには勝てないので特に反論はしないけど
原作未読のオッサンの俺は試写でしみじみ感動したよ
だからと言ってわざわざ原作絵本を読まない
絵本という形態を取っている以上、子供の時に出会っていないと意味がないと思うから
映画を観ても観なくても、大人になってからだと絵本から読み取るものは変わるだろうし

318 :名無シネマ@上映中 :2009/12/27(日) 18:47:19 ID:0Jw0dsoS
この映画の最大の失敗点は子供が楽しめない映画になってしまったということ
それなのに、大人が楽しめるほどの深みも哲学性も映像的面白さもない

なにを対象にしているのかが不明なのが最大の欠点。
映画の基本則に、子供が楽しめるものは大人も楽しめるというものがある。
この映画は製作者の自己満足で終わってしまったよくあるB級作品。

321 :名無シネマ@上映中 :2009/12/29(火) 23:28:46 ID:6oTpYdWl
この映画に90億ってのが腹立つな
もっと金かけないでチープにやったほうがいい味出たかも知れんな
時々、低予算SFファンタジー系で凄い名作出てくるんだよ

322 :名無シネマ@上映中 :2009/12/30(水) 20:09:40 ID:Vxt29wCl
時々とか、そんな例外を語られても・・・

337 :名無シネマ@上映中 :2010/01/07(木) 11:59:14 ID:N6NyZFYv
自分も試写組だけど全然良かった!!
絵本にはないかいじゅうたちのキャラが活きてて
スパイク・アートの世界観にどっぷり浸らせてもらった
最後の船出の演出なんて鳥肌たった…
サントラもセットもロケーションにしても完成度高すぎだなw
でもこのシュールさは決して大衆受けはしないだろうな…

391 :名無シネマ@上映中 :2010/01/15(金) 09:56:27 ID://toY0s9
なんかスパイク・ジョーンズがロードショーものの監督だなんて未だにピンとこないな
スケーター&オルタナミュージックビデオ界のカリスマってイメージが強すぎる
マルコビッチ然り、大衆受けするものなんか絶対作れないだろ・・

413 :名無シネマ@上映中 :2010/01/15(金) 20:32:19 ID:ggwcBTy/
今日見たけど、怖かったってのが正直な感想。
かいじゅうが暴力的すぎる
島に行った直後から大人社会の様なこじれた関係を見せられるし
常に陰が付きまとい見ている方も落ち着かない。

かいじゅうと遊んで楽しく毎日を過ごすけれど
これじゃいけないと思い帰るのが原作だよな

それとwake upをエンドロールで流してくれれば良かったのに

415 :名無シネマ@上映中 :2010/01/15(金) 20:47:26 ID:t8QX7qdN
>>413
腹へったから帰るんだよ(笑)<原作

417 :名無シネマ@上映中 :2010/01/15(金) 21:17:05 ID:t6e2w8wn
>>413
キャロルが怒り(というかつねに嫉妬)に達すると必ず火をたくのが、かいじゅうなのに人間ぽくてすごい嫌というか怖いんだよなぁ

427 :sage:2010/01/15(金) 23:17:08 ID:LMhkZ/m5
観た!

ストーリー全体よりも、映像や音楽に魅力を感じた。
感覚的に観て楽しむ映画なんじゃないかな。
大人がここまで子供の感覚を表現できるのってスゴイなーと感心したけど。
ちょっと暴力的な描写とかも子供の持つ残酷さっていうか。

予告編の出来が良すぎて、感動!大冒険!な雰囲気出しちゃってたから、期待はずれと感じた人が多いのかも。
現に全米で1位取れたのも予告編効果だったみたいだし。

監督を支持する者としては、こうやって新たな方向へチャレンジしてくれて嬉しかった!
原作の絵本も発売当初はバッシングが結構あったみたいだから、この映画もジワジワとファンを増やしていって欲しいな。

Spike次回作はウサギの話なんだよね?また着ぐるみかな?それともウェスみたいに人形劇?
とにかく楽しみ!

429 :名無シネマ@上映中:2010/01/15(金) 23:40:35 ID:3vUxdN5y
>>427
ベストセラー絵本の映画化で、タイトルにすでに知名度があり
ワーナー配給で3000scr以上で大々的に公開。

普通に1位とれます。予告編は関係なし。

435 :名無シネマ@上映中 :2010/01/15(金) 23:59:42 ID:KtkfyI+3
今観てきたけど、モヤッとする終わり方だなぁ。
細かい疑問はさておいても、やっぱりマックスほとんど何もしてないし、これで一つ大人になったんだろうけど、それが感じられない。
てっきりキャロルとKWの間を取り持ってさよならかと。あれはガキのキャロルが大人になって折れれば元通りなのか?
それなら悪い意味で人間臭い怪獣達にも納得なんだが。後、マックスはママに謝れよ。

438 :名無シネマ@上映中 :2010/01/16(土) 00:22:50 ID:2/JYFyTS
さっき観てきた。あの短い絵本をどう映画にするのか期待半分不安半分だったけどかなりよかった。
しかしこれは絵本読んだ事ある人と無い人で評価がかなり分かれそうだな
小さい頃何度も読んでもらった思い出があるので、かいじゅうおどりのところも
泥団子合戦のところも楽しめたし、最後の遠吠えのところなんかはウルっときた。

これ、キャロルはマックスに似ていて、キャロルがマックスに望んでいたものがマックス
が母親や姉に望んでいたものだった。少し違うような気もするけど、完璧な王様と
完璧な母親や姉ってことで同じようなものだろう。
そして、終盤マックスはキャロルによって、自分の気持ちを客観的にみることができ、
本当の自分の気持や、母親や姉に望みすぎていた事に気づいてどうのこうのって感じでおk?

439 :名無シネマ@上映中 :2010/01/16(土) 00:30:30 ID:2/JYFyTS
>438
だな

456 :名無シネマ@上映中 :2010/01/16(土) 02:52:55 ID:cGcI8oc+
>438
ほぼ同意
そういう話だな
マックスがキャロルに「手に負えない!」ってママと同じ言葉を投げてしまうところから
キャロルが荒れてしまうくだり辺り見事なものだったと思う

かいじゅうたち、特にキャロルがマックスにとっての親みたいになるのかと想像してたけど
逆なんだな
マックスが親というより、その対比のさせ方が

443 :名無シネマ@上映中 :2010/01/16(土) 00:59:05 ID:zef1ZCWo
母「あなた最高よキャッキャッウフフ」
マックス「父親じゃない男連れてきてんじゃねーよUZEEEEE」

KW「このフクロウ超可愛いでしょキャッキャッウフフ」
キャロル「仲間以外連れてきてんじゃねーよUZEEEEE」

453 :名無シネマ@上映中 :2010/01/16(土) 02:36:15 ID:V+9M2c+b
マックスが対人関係の難しさを知って成長するって意味なら、あれで正解なんだろう。斬新だし説教臭さもないけど、感動も無いような。
ありきたりでもなんかして帰れよと。たぶんポスターとか予告だけみた人は、感動や癒しを求めて来るんだろうし、俺もそうだった。

2ちゃんねる映画ブログ

そもそもあのフクロウも本当にKWの友達なの?言葉も通じないし撃墜して捕まえるとか、食べるのかと思った。
食べなかった王様は初めて、とか最初の骨とか、深読みするほどダークな世界観が見え隠れする?そこらへんは面白かったけど。
砂漠化を待たずに遠からず滅びるんじゃなかろうか、あの島は。
原作知らないんで的外れだったらごめん。

725 :名無シネマ@上映中 :2010/01/20(水) 23:01:38 ID:EQ/IdGDY
フクロウもいい迷惑だな。痛いだろうに

726 :名無シネマ@上映中 :2010/01/20(水) 23:40:55 ID:mSlczD6t
石ぶつけられて悦ぶマゾフクロウとは仲良く出来ないってキャロルの気持ちもわかる

449 :名無シネマ@上映中 :2010/01/16(土) 02:16:51 ID:2/JYFyTS
片腕もがれたニワトリが不憫すぎる
ずっと片腕無くて不自由なまま生活するんだぜ…

2ちゃんねる映画ブログ

450 :名無シネマ@上映中 :2010/01/16(土) 02:19:32 ID:4sTmIUb8
「こっちの腕は気に入ってたのに」

ここで自分の中では崩壊w
まわりも本人も、それで済ますなよw

452 :名無シネマ@上映中:2010/01/16(土) 02:29:22 ID:o2kSMDWB
>>449
あれはかわいそすぎた
450のセリフとこぼれる砂が泣けたわ
枝刺してる姿がなんともいえん‥
せっかくだからアイツのフィギュアだけ買っといた。

512 :名無シネマ@上映中:2010/01/17(日) 01:45:16 ID:h8Z2tkev
腕がもげるところが無ければ良かった
ダグラスかわいそうすぎるよ
後、戦争ごっこもすごい残酷ていうかいたそうで嫌だった。
普通のファンタジーみたいの予想してみに行く人はがっかりするだろうな
まああの子は妄想癖があってストーリーはあの子の妄想だったんだろうけど
あの腕のシーンは本当嫌だった。
何のつもりで入れたシーンなんだろうか?

514 :名無シネマ@上映中 :2010/01/17(日) 01:53:50 ID:YpUyT4pc
>>512
ダグラス本人はあまり痛そうにしてなかったのと
砂が流れてたところから
「作り物≒マックスの空想の存在」だと
何となく仄めかしてるんだと思ってた

467 :名無シネマ@上映中:2010/01/16(土) 17:03:58 ID:tofGxFX6
絵本のファンだったので、なんかあのシンプルなお話のよさをぶち壊された気がした。
何でも映像化すればいいってもんじゃないことが良く分かった。

468 :名無シネマ@上映中 :2010/01/16(土) 17:58:42 ID:zef1ZCWo
>>467
文句なら原作者に言えよw
映像化を懇願したのは他ならぬ原作者モーリス・センダック自信であり、
スパイク・ジョーンズに監督を頼んだのもセンダック、そして
この映画の製作を指揮したのもセンダック(とトム・ハンクス)だからな

496 :名無シネマ@上映中 :2010/01/16(土) 21:47:52 ID:0397Oju8
かいじゅうをパーツやシルエットでみせるカットなんてウマかったな
別れ際の夕日に照らされたMAXの表情なんて凄く良かったwアウゥゥゥ~!!
こども店長の声が意外にハマってたのに驚きW

501 :名無シネマ@上映中 :2010/01/16(土) 23:45:31 ID:qy7MCJPh
どう見ても着ぐるみだった

503 :名無シネマ@上映中 :2010/01/17(日) 00:03:14 ID:+avu/SJf
着ぐるみ感がいいんぢゃないかw

537 :名無シネマ@上映中:2010/01/17(日) 11:14:12 ID:CWKVVTdJ
かいじゅうの表情の感情表現がすごすぎ
あれはCG?

2ちゃんねる映画ブログ

538 :名無シネマ@上映中 :2010/01/17(日) 11:17:04 ID:5+uK4se4
あれは着ぐるみで撮影して、後から顔をCGでいじってるよね
それもなんか安っぽくて嫌だった
これ、単館でかけた方が良かったと思う

834 :名無シネマ@上映中 :2010/01/24(日) 12:24:09 ID:oYJjAdg0
今時きぐるみでアレだけ演技出来たらすげぇ評価されるべきだよ
顔の表情はCGだとしても、所作から感じ取れる動きの表情は筆舌に尽くしがたい
サロゲートは逆に生身でも動きの表情を消して人間じゃない感を演出してたから
続けて見た俺が余計にそう感じただけかも知れんが

931 :名無シネマ@上映中 :2010/01/26(火) 19:54:44 ID:LoeltaK8
中の人の動きが人間過ぎて萎えたw

518 :名無シネマ@上映中 :2010/01/17(日) 02:44:35 ID:u5ztXftq
スパイクにお約束なんか期待してないんだけど、ちょっと精神的過ぎた気がするな。
ワクワクする感じが弱かった。

519 :名無シネマ@上映中 :2010/01/17(日) 05:38:22 ID:Sw9VzxjA
絵的にはいい映画だったけど
後に残らないのと、音楽がわざとらしく頼り過ぎじゃないかと思った

531 :名無シネマ@上映中 :2010/01/17(日) 10:29:59 ID:YIPAqwfv
大人がちょっとほろ苦い思いを抱きながら
子供時代の心象風景を回顧するにはいい映画かも

552 :名無シネマ@上映中 :2010/01/17(日) 17:42:40 ID:ABY2Qayv
これ根暗な人向けの映画だろ
俺にぴったり

553 :名無シネマ@上映中 :2010/01/17(日) 17:44:23 ID:YIPAqwfv
子供時代の嫌な思い出が片っ端から再生されるよなw

571 :名無シネマ@上映中 :2010/01/17(日) 22:19:49 ID:ABY2Qayv
ダークな映画だよなぁ
派手に売り出すような映画じゃないよ
インディー映画好きがひっそり楽しむべき映画だ

568 :名無シネマ@上映中:2010/01/17(日) 21:58:19 ID:jb8X7SEs
少年の成長やかいじゅうたちとの別れの感動とか
そういうの期待して観に行ったら残尿感が残るね

563 :名無シネマ@上映中 :2010/01/17(日) 19:36:22 ID:h2sm+PE2
マックスは壊すとお母さんがいたけど、キャロルは壊すときに
誰も何もしないんだよな。好きマークを見つけたときの顔、たまらないね。

578 :名無シネマ@上映中 :2010/01/17(日) 23:13:47 ID:e5WIHevv
テリー・ギリアムとティム・バートンを足して割った感じだね。
ただ、テリー・ギリアムだったらお母さんは薬中で、ラストには死んでるだろう。
ティム・バートンならかいじゅうのうちの何匹かは別の形で死んだだろうね。
スパイク・ジョーンズのMTVの頃からの売りって制作費をかけないことだから、ハンディが多かったのは
っぽいっちゃぽいかな。
あれかな。泥戦争のシーンのヤギはジャッカスっぽいし、なんか所々そんな雰囲気があったかなぁ。
個人的にはかなりの完成度だったと思うわ。

973 :名無シネマ@上映中 :2010/01/28(木) 17:15:33 ID:Kobai/FX
スパイクジョーンズはラブリーボーンの監督やればよかったのに。
逆にラブリーボーンの監督は、かいじゅうたち~のやればよかった。

599 :名無シネマ@上映中 :2010/01/18(月) 03:15:17 ID:J/OSGAaI
つっこむべきとこは、先ずクレアの友人に頭から雪山潰されてる所
あれは下手したら死んでる

600 :名無シネマ@上映中 :2010/01/18(月) 03:48:24 ID:B/gZ6xMe
・姉の友人が雪山を壊すシーン(下手したら死ぬ)
・腕もげる→枝を刺す
・戦争ごっこ(激し過ぎる)
・みんな固まって寝る(これも下手したら死ぬ。マックスが)
・キャロルが意味不明な程にキレ、乱暴過ぎる
・島のみんなをまとめたり、何したわけでもないのにマックス帰宅
・本当にマックスは成長したのかよくわからない
・その他

意味不明な所は、それはそれで心地良い衝撃も少しだけあったし、かいじゅう達の表情はとても良かった。
でも何も心に残らない映画でした。
正直、終わった後に「は?」と、心の中で思いました。

607 :名無シネマ@上映中 :2010/01/18(月) 08:43:07 ID:AtyanadV
>>600
完全同意。

626 :名無シネマ@上映中 :2010/01/18(月) 15:34:00 ID:Jj+3PGJM
マックスが何も解決せずに帰ったって感想多いけど
あの島自体、マックスの心の問題そのものだったんだから
家に帰る、ママに会う、って事が一番の解決だったんじゃないか

2ちゃんねる映画ブログ

627 :名無シネマ@上映中 :2010/01/18(月) 16:22:48 ID:O1jbEmKk
>>626
そうか!

633 :名無シネマ@上映中 :2010/01/18(月) 17:04:38 ID:6TjDX/DA
>>626
それはそうだと思う。
ただマックスはあの島に無償の愛 を残していったんだと思うよ。

あと最後ママに謝らないのが気に入らないって意見が多いけど
ママはマックスがごめんなさいするいい子だから愛するのではなくて
無条件で愛してくれる、無償の愛をくれる存在だということだと思う。

635 :名無シネマ@上映中 :2010/01/18(月) 17:29:29 ID:ebgWPY/X
絵本見てきた。
映画の作り方だと、あの島やかいじゅうたちがマックス自身だってわかりにくいな。
絵本みたいにマックスの部屋から森に変化していくほうがよかったのに。
映画では泣けなかったけど絵本の最後の一文にジーンと来た。
あれなら、マックスが謝らない=無償の愛も頷ける。

結局、映画は原作を越えられなかったな。

637 :名無シネマ@上映中 :2010/01/18(月) 17:49:47 ID:6TjDX/DA
>>635
>絵本みたいにマックスの部屋から森に変化していくほうがよかったのに。

たしかにそこは絵本の印象的なシーンだから、あれっ部屋が森になるんじゃないの?と思った。
あまり心の中の冒険ってわかりやすすぎてしまうのを嫌ったとか、
プチ家出くらいしないと母親との再会シーンが軽くなってしまうとか考えてああなったのかな。

638 :名無シネマ@上映中 :2010/01/18(月) 18:07:19 ID:NNbIfMpZ
>>635
センダック自身は、あの絵本に出てくるかいじゅうたちは、
自分が幼少時にいじめられた親族たちを具現化したと語っていた。
少なくとも原作の絵本ではマックス自身ではないって事だ。

640 :名無シネマ@上映中 :2010/01/18(月) 18:24:35 ID:6TjDX/DA
>>638
へーそうなんだ。
でも
>自分が幼少時にいじめられた親族たちを具現化したと語っていた。
それはなんというか作者のインスピレーションのもとの話で
>原作の絵本ではマックス自身ではない
というのとはちょっと話の次元が違う気がする。
別に絶対マックス=かいじゅうたちって思ってるわけじゃなくてファジーなもんでいいと思ってるけど。

641 :名無シネマ@上映中 :2010/01/18(月) 19:17:01 ID:VE/JY4Nb
>>638
原作じゃかいじゅうたちのおうさまになるからな
そういう作者の過去が秘められているのが、何となく分かる
夕ご飯で現実に帰ってくるところも

703 :名無シネマ@上映中 :2010/01/19(火) 19:03:13 ID:qdnGOjZV
観てて分からなかったのだけど…
「かいじゅうおどり」をした後、海の方に行って遠吠え→
みんなでじゃれあいながら森の方に戻ってるときに、
マックスとキャロルに向けて木を倒したかいじゅうがいて、
「今度ははずさないよ」みたいなせりふを言ってたよね?
観ててこいつはマックスが気に入らなくて殺してしまおうと思ってて、
この後の展開でも命を狙うのかな?と思ってたんだけどそんなふうにはならず…
なんか自分は違和感を感じたんだけど、結局ふざけてただけってことなのかな?
自分はこの場面でちょっとぞっとしました。

715 :名無シネマ@上映中 :2010/01/20(水) 01:15:39 ID:CRaXCYti
>>703
俺もそこ気になってたんだ
同様に夫婦もいまいちキャラつかめなかった
子供っぽい無邪気さゆえってことね

序盤キザなうざいやつかと思いきゃ
MAXと二人で話してるシーン以降ヤギに自分が重なって切なかった・・・
泥団子ぶつけられてるのも本当にイヤだったんだよな・・・
あとKWかわいいよ

771 :名無シネマ@上映中 :2010/01/22(金) 14:34:09 ID:hLl0VVPC
マックスが美しかった
あのまま成長してくれたらと思ったが、太ったんじゃ仕方ないな

185 :名無シネマ@上映中 :2009/12/15(火) 18:51:00 ID:cH2Q/CjH

2ちゃんねる映画ブログ

マックス君、まるで別人みたいに太っちゃったね。
まあ、撮影から相当年月が経っているから仕方ないけど、
公開まではイメージを維持してほしかったかも。

189 :名無シネマ@上映中 :2009/12/15(火) 22:28:20 ID:hv+4S/DF
>>185
まだ12歳なのになあ・・・
撮影時がかわいすぎたんだろうけど、ちょっと残念


関連記事

  1. 2010/04/18(日) 02:32:56|
  2. か行映画
  3. | トラックバック:7
  4. | コメント:0
<<アイ・アム・レジェンド | ホーム | 劔岳 点の記>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1140-f650e48d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

かいじゅうたちのいるところ/Where the Wild Things Are

ファンタジー大好きなので、予告編を観て楽しみにしていた作品。 「かいじゅうたちのいるところ」を、公開日の金曜のレイトショーで鑑賞。 「UCとしまえん」は、いつも以上に少なかったかな。 「かいじゅうたちのいるところ」は、大きめのスクリーンで、3割程度。 【スト
  1. 2010/04/18(日) 06:57:09 |
  2. いい加減社長の映画日記

『かいじゅうたちのいるところ』(字幕版)

&amp;nbsp&#59; □作品オフィシャルサイト 「かいじゅうたちのいるところ」□監督・脚本 スパイク・ジョーンズ □原作 モーリス・センダック □脚本 デイヴ・エガーズ キャスト マックス・レコーズ、キャサリン・キーナー、マーク・ラファロ、ローレン・アンブローズ、
  1. 2010/04/18(日) 09:13:21 |
  2. 京の昼寝?♪

[映画『かいじゅうたちのいるところ』を観た]

☆痛快なファンタジーアクションとは当然ながら思っていなくて、絵本の映画化なので「子供騙し」だとも思っていなかったが、こんなにも大人の鑑賞に堪える良質の作品だとは思わなかった。  実生活で孤立感を感じていた少年が、家を飛び出し、海に船出し、「かいじゅう」の
  1. 2010/04/18(日) 10:19:24 |
  2. 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

『かいじゅうたちのいるところ』 (&#39;10初鑑賞8・劇場)

☆☆☆★? (10段階評価で 7) 1月16日(土) OSシネマズミント神戸 シアター7にて 12:40の回を鑑賞。
  1. 2010/04/18(日) 13:25:27 |
  2. みはいる・BのB

かいじゅうたちのいるところ

原作絵本はかいじゅうの絵のタッチくらいしか知らなかったけど、ずいぶん前に予告編を一緒に観た友達がかいじゅうの再現具合に大興奮してたので、折角なので一緒に『かいじゅうたちのいるところ』を観てきました。 ★★★★★ 子供向けの絵本を映画化したにしてはキツイ表現
  1. 2010/04/18(日) 15:02:17 |
  2. そーれりぽーと

★「かいじゅうたちのいるところ」

今週の平日休みの3本目は、チネチッタに移動して観てきました。 ひらりん的にはファンタジーは見逃せないところでしょうけど、 最近、コドモ心を失いかけてて、ちょっと心配。 邦題が全部、ひらがな・・っていうのも、引っかかるし。
  1. 2010/04/19(月) 03:07:12 |
  2. ★☆ひらりん的映画ブログ☆★

『かいじゅうたちのいるところ』&#39;09・米

あらすじある晩、ママに怒られて泣きながら家を飛び出したマックスはボートに飛び乗り、辿り着いた先は大きなかいじゅうたちの住む島だった・・・。感想ゴールデングローブ音楽賞ノ...
  1. 2010/12/16(木) 22:15:32 |
  2. 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR