FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

山桜

【藤沢周平】 山桜 part1 【東山紀之・田中麗奈】
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1207651277/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中:2008/04/08(火) 19:41:17 ID:cfyzFH1g
スタッフ
監督: 篠原哲雄
原作: 藤沢周平
脚本: 飯田健三郎 / 長谷川康夫
撮影: 喜久村徳章
美術: 金田克美
主題歌: 一青窈  「 栞 」

キャスト  田中麗奈
       東山紀之
       篠田三郎
       檀ふみ
       村井国夫
       富司純子
       他
 
公式ホームページ http://www.yamazakura-movie.com/


2 :名無シネマ@上映中:2008/04/08(火) 20:08:38 ID:WZhZyUva
時代小説の名手、藤沢周平の同名短編小説を、『地下鉄(メトロ)に乗って』
の篠原哲雄監督が映画化。江戸時代後期の小藩を舞台に、
不幸な結婚生活を送る女性がある運命的な出会いをへて、
絶望的だった人生に光明を見いだしていく姿を静かな映像で描く。
つらい日々に耐えるヒロインには時代劇初挑戦となる田中麗奈、
彼女を温かく見守る武士にテレビドラマ「喰いタン」シリーズの東山紀之
人気歌手、一青窈による主題歌が静かな余韻をもたらす

4月山形県 先行ロードショー
5月、テアトルタイムズスクエア他全国順次ロードショー

58 :名無シネマ@上映中:2008/05/06(火) 20:56:54 ID:Pa1VpWME
田中麗奈に時代劇の、しかも藤沢作品の主役が演じられるだろうか…

59 :名無シネマ@上映中:2008/05/06(火) 21:18:51 ID:TN2InxU/
今風のバタ臭い顔じゃないから逆に違和感なかったよ。
ヒガシファンには物足りないかもしれないけど(出番が多くないので)、
女性ものの時代劇映画ってなんか珍しいのも手伝って楽しく拝見。
いやらしい感動演出もないので個人的には良作だと思いまつ。
 
202 :名無シネマ@上映中:2008/06/04(水) 11:13:24 ID:Gv83+THE
磯村の屁たれ息子が何回か野江に「その目をするな」と言う。

あの目つきができる女優って、あの世代では田中麗奈なんだろうなぁ。
ヅラが似合うかどうかは別として。

61 :名無シネマ@上映中:2008/05/08(木) 00:08:16 ID:3igScoWv
九段会館での試写観ました。舞台挨拶はなし。
田中麗奈思ったより良かった。
脇の俳優人が素晴らしく、東山演じる弥一郎は台詞は少ないが、殺陣で存在感が際立っていた。

2ちゃんねる映画ブログ

日本の四季も美しく、丁寧に作られた、観終わって余韻の残る良い作品だった。
最後、の終わり方も好き。

77 :名無シネマ@上映中:2008/05/11(日) 21:00:19 ID:+dLZSWXO
すばらしかった。

こういう作品が真面目に作られるようになったということは大変幸せなことだと。
東山さんは正直?と思っていたが、ああいう役回りなら適役かもね。
スチール写真みたいな感じで、あんまり動きがないから。
藤沢世界へのレスペクトがこれまで以上に感じられました。

89 :名無シネマ@上映中:2008/05/14(水) 10:07:27 ID:RxRXUULo
昨日の試写会に行って来ました。
こんなに静かな映画は久し振り。
風景の美しさとともに、とても良作だと思いました。
セリフより表情で想いを感じ取る場面が多く
役者さん達の演技力あってこそと思いました。
最後は自然に涙がこぼれました。

99 :名無シネマ@上映中:2008/05/18(日) 02:19:19 ID:yEVfO4hy
男の人が共感できるかはわかんないけど、
結婚に失敗したけど家には戻れないっていう、
武士の娘の矜持がメインになってるドラマだから面白く観れたよ。
ヒガシは静謐な感じですた。富司純子素敵だわあ。

103 :名無シネマ@上映中:2008/05/18(日) 21:02:45 ID:tXKIbSrD
原作は、えっ? これで終わり? ってなぐらい
読者は、放りっぱなしにされるけど

映画では、その後が描かれているんだろうか?
予告を見た感じではハッピーエンド風な予感もするけど
どうなんだろう? ってのはネタばらしになるのかな?

106 :名無シネマ@上映中:2008/05/19(月) 03:57:13 ID:yEJ1LCtm
>>103 原作知らないけど、物語はそんな感じだったので、たぶんそのままじゃないかな?
弟とか藩のいざこざ、農民たちなどの背景を描いたので2時間になったって感じぽかった。

田中麗奈好きよー。でも富司純子の風格がすごく印象的だったw

108 :名無シネマ@上映中:2008/05/19(月) 08:02:59 ID:tH6SSars
>>103
原作に忠実に映画化されたってことに
藤沢さんの娘さんが感動されてたぐらいだから
そのまんまなんだと思う

112 :名無シネマ@上映中:2008/05/21(水) 09:24:39 ID:RHa4zEjb
この作品の評価は、原作のストーリーを好きか否かが大きいと思う
今主流の派手な映画とは対極にある作品で
原作通りに物語はあくまでも地味に静かに進んでいくし、結末もハッキリしないしで
そういうのがダメな人は物足りなさ感じると思うけど、
こういう藤沢周平の世界観が好きでたまらない自分には満足できる良作でした
シンプルさが良い感じで心に響きます

127 :名無シネマ@上映中:2008/05/29(木) 09:05:16 ID:NIcv5Xi/
みてきた
もうちょっとベタなハッピーエンドでもいいかなと思うがまああの終わり方もヨシ
田中麗奈は美人だと思うがやっぱ時代劇姿はどうだろ。
同じ藤沢作品での木村佳乃はすっげーキレイだと思ったけど
東山はかっこよかった。キムタクはなにやってもキムタクだったがこの人は良し

139 :名無シネマ@上映中:2008/05/30(金) 16:11:46 ID:6aDwoE9R
観てきた。こぢんまりしたいい映画だった。
田中麗奈は所作がほんの少しだけ気になったけど、いい演技してた。東山も上手い。
嫁ぎ先のイジワルを冒頭でちょっとしか見せないのも品がよいですな。


けど俺以外の客がじいさんばあさんばかりで居心地が悪かったぜ・・・

164 :名無シネマ@上映中:2008/06/01(日) 02:14:30 ID:2WWT+V3I
全体に流れる折り目正しい美しさがステキでした。
思わず背筋がのびましたw

158 :名無シネマ@上映中:2008/05/31(土) 18:59:14 ID:2zaxNlOE
奈央ちゃんが良かった

2ちゃんねる映画ブログ

517 :名無シネマ@上映中:2008/10/01(水) 17:40:33 ID:s8M9Fq7j
奈央cヵワユス

207 :名無シネマ@上映中:2008/06/05(木) 17:38:37 ID:+lmCLtbI
昨日新宿で見てきたよ。
藤沢周平の世界を映像に写し取ることに神経を注いだ作品だね。
余計なセリフがないのがいい。感情を言葉で説明しないのがいい。
さらに、映像でしか表現できない余韻がある。
藤沢ヲタとしては非常に満足のいく作品でした。

正直、東山じゃ老けてるので、原作どおりにもう少し若い俳優に
演じてもらいたいと思っていたのだけど、
殺陣の腰の定まり方を見て、この人の起用に納得できました。

208 :名無シネマ@上映中:2008/06/05(木) 23:13:46 ID:qhrn2sS8
メトロの篠原だってことで過度な期待をしなかったのがよかったんだと思う。

209 :名無シネマ@上映中:2008/06/05(木) 23:24:36 ID:qN9iWAhz
以下ネタバレあり

良い映画だと思うが、野江が一人で手塚宅を訪れるのは、親に断ってからにした方が自然な感じがした
あの状況で未決囚の家を訪問するのは差障りがあるはず
下手をすると父親の立場を悪くしかねないタッチーな行動だし、彼女もそれは重々承知のはず
気持ちとして親の了解なんか取ってる場合じゃないかもしれないが、この物語でとても大事な行動だからこそ、
当時の武家の社会に適合させる何か説得的なものがあれば良かった

210 :名無しシネマ@上映中:2008/06/06(金) 01:23:47 ID:aliKHqjL
野江の母親が「あなたは回り道しているだけなのよ」
という表現から見ると、そこのところは汲んでいるのでは
ないだろうか?

457 :名無シネマ@上映中:2008/07/13(日) 13:51:16 ID:rnWdOGpA
幸せへの回り道というけど俺の人生回り道しすぎでもう元へ戻れないよ。

458 :名無シネマ@上映中:2008/07/13(日) 21:09:29 ID:AYPLnr1p
あきらめないで
回り道は時間がかかるけど元に戻るはず

459 :名無シネマ@上映中:2008/07/15(火) 23:20:51 ID:IplKofAV
単に回り道なら元に戻れるかも知れんが
完全な迷い道ならもはや戻れないかもね。
行き倒れを覚悟しましょう。

218 :工作員ではない映画オタ:2008/06/07(土) 19:44:02 ID:+IVCvZyn
今日の新宿の15時の回、満員だった。
年齢層高めの夫婦連れが目立ったよ。

監督の篠原は「初恋」でもうまく
田中麗奈の魅力を引き出してたの
で、今回も期待してた。

最後に涙する演技を観て女優と
して、よく成長したなと思った。
東山も寡黙で凛々しく、殺陣も
最高。同性でも魅力的だった。

丁寧に創り込まれた時代劇は、
最近の邦画では少ないので、
とても満足したよ。

237 :名無シネマ@上映中:2008/06/09(月) 15:06:13 ID:fB0IYoK8
今見てきたけど、駄作に近い凡作かな?監督に才能がない。
それに野江役に田中麗奈は大失敗だろう。
見てて歯がゆくなるくらい演技が下手
っていうかああいう内面の芝居を田中麗奈に求めるほうが無理なのに
延々アップで撮るから見ててイライラする。

2ちゃんねる映画ブログ

主役以外の役者はなかなか良くて
東山紀之があんなにいい役者になってるとは思わなかった。
せりふの少ないけっこう難しい役なのに表情やしぐさだけで内面をよく表現してたし、殺陣も完璧に近い。
カメラワークや照明が良かったらもっとよかっただろうな。
篠田三郎、檀ふみもなかなか良かったし
富司純子はさすが。出てくるだけで空気が変わる。
野江役を壇れいあたりでにしてたらもっといい映画になってたと思う。

281 :名無シネマ@上映中:2008/06/13(金) 01:31:17 ID:TUDAj5qi
 主役の田中麗奈が完全なミスキャスト。
田中麗奈は女を感じさせない少年のように中性的な魅力が持ち味なのに
あんな複雑な背景を持った人妻役なんてまったく合わないし
台詞が少なく表情やしぐさで女性的な感情を表現する演技なんて要求するほうが無理。
再婚先の夫を拒む場面なんて高校生がオヤジに迫られて嫌がってるようにしか見えない。
田中麗奈以外の東山紀之、富司純子などの役者はそれなりに見るべきところもあるけど
それも田中麗奈の酷い演技とからむとちぐはぐになってしまってる。
木村佳乃や檀れいだったらそれなりに佳作になったかもしれないが。
カメラワークや編集も凡庸だし、藤沢周平の映画化作品の中では最低だと思うよ。
俺的には、
たそがれ清兵衛>蝉しぐれ>武士の一分>鬼の爪≧山桜

283 :名無しシネマ@上映中:2008/06/13(金) 15:02:30 ID:sSOCbBeT
>281
確かに、人妻しかも2回目の結婚という設定の
役柄にしては、それらしく見えないね。
木村や壇れいは、既に他の作品に出ているからね。
誰だとピタリと来たのかな?

285 :名無シネマ@上映中:2008/06/13(金) 17:37:22 ID:42LfPNHH
>>283
木村多江

284 :名無シネマ@上映中:2008/06/13(金) 16:33:46 ID:wth/94Oc
24歳で2度目の結婚してることに驚けばいいんジャマイカ?

286 :名無シネマ@上映中:2008/06/13(金) 21:18:56 ID:MXGomk2a
今日見てきたけど、自分的には田中麗奈 悪くなかったけどなぁ
冨司純子が圧巻だった。
最後あれだけの登場で、この作品が良かった~と思わせてしまった感じ。

2ちゃんねる映画ブログ

東山紀之も主演とはいえ出番少なく、セリフほとんどなしなのに
存在感が大きかった。殺陣は流石。
最後の歌、セリフはいただけなかった。

288 :名無シネマ@上映中:2008/06/14(土) 07:48:19 ID:2nJvSdcK
昨日、梅田で見てきた。
年配客で埋まってて前から2列目で見てた。

まあ、姑の嫁いびりも、年貢に苦しめられる農民も
悪代官さまみたいな敵役もベタベタで
一昔前の時代劇風味だと思ったけど
楽しめましたよ。

でも殺陣の描写はいただけなかったなあ。

289 :名無シネマ@上映中:2008/06/14(土) 08:45:49 ID:O9FOQXLc
殺陣に不満な人が他にもいた
俺は殺陣のシーンはきれい過ぎだと思った。クソリアリズムはこの際邪魔という判断なんだろうが。
見てから時間が経っているので、記憶違いしていたら申し訳ないが、不自然に思ったのは、

-城内なのに警護の侍が誰も駆けつけない(そもそもなぜ城内を選ぶのか?警護の侍は責任問題になる)
-諏訪と取巻きが助けを呼ばない(普通若いのを呼んで、自分らは逃げるだろ)
-諏訪と取巻きは自分で手塚と斬り合おうとするのに羽織すら脱がない
-いくら腕が立つとは言え、手塚は衣服すら切られていない
-手塚が終始無言(収監されても何も言わない?)
-手塚が諏訪を殺したあと逮捕されずに大目付の屋敷に自訴(城の警護の侍は切腹もの)

特に手塚が襲撃の目的を明らかにしないのは、私怨により城内で斬りかかった大罪人と受け取られても
構わないと思っていることになり、何よりも名誉を重んずる武士として考えにくい。
懐に斬奸状を忍ばせる描写をしたり、どうせなら、原作になくても芝居がかったセリフを短くていいから
堂々と言わせてやれば良かった。
「天に代りて不義を討つ。諏訪平右衛門、その方をただいま討ち果たす積もりゆえ覚悟を致せ」とかw
ついでに唯一の肉親である母とも義絶しておけば、累を及ぼさない思慮を巡らした武士として完璧・・・

あれ、揺れてる

294 :288:2008/06/15(日) 10:35:04 ID:EB60hU2b
殺陣のシーンは
つばで打ったぐらいで人間が悶絶するかとか
なんで血tが出ないのかとかだけど

全体的に遠山の金さんとか大岡越前テイストだったけど
原作自体が古いんだから仕方ないかなと。

297 :名無シネマ@上映中:2008/06/16(月) 00:14:04 ID:a1BEN+iE
>>294
俺は剣道やってたけど
あの殺陣はなかなかよかったと思うよ
腰が決まってるし剣の振り方も正しいから真剣の重さを感じた
間合いも詰めすぎないし
真田には及ばないが、相当稽古を積んでるし、かなり鍛えてるね
真剣は重いから鍔や柄尻でも手の内が決まって正しい打ちが急所に決まれば昏倒させることは可能
血が出ないのはラスボス以外は剣を反して峰打ちだったからと
演出上、きれいに見せたかったからだろう
武士の一分のキムタクなんてひどいもんだった

308 :名無シネマ@上映中:2008/06/16(月) 16:25:58 ID:seI/B+st
永島瑛子の鬼姑は上手い!

2ちゃんねる映画ブログ

385 :名無シネマ@上映中:2008/06/18(水) 19:36:39 ID:GtblgN9K
いま観てきたけど...
原作は好きなので期待してたが駄目だった
このスレでもいわれてるように
田中麗奈があまりにもミスキャスト
役に合ってないし演技も駄目
着物を着ての身のこなしもできてない
監督はどういう意図で田中を使ったのか?
富司純子が古典的日本女性の美と情感を
見事に体現してるだけによけい目立つ
他の出演者もなかなかの好演で
東山紀之は期待以上の出来
抑えた演技もいいし殺陣も見事
姑役の永島瑛子も緊張感のあるいい演技だったし
田中の妹役の南沢奈央も
大人になりかかる前の武家の娘の
雰囲気をうまく出してた

394 :名無シネマ@上映中:2008/06/19(木) 00:10:12 ID:kpvQHI5m
田中がそんなに悪かったか?確かに脇を固めるベテラン役者勢はえらく良かったが、田中も決して悪くなかったぞ。
内にある思いの芝居が多いから分かりやすくはないが、良く見ると良い表情してた。
動きは・・・まぁ初時代劇だし、これからを楽しみにしよう。
後、やっぱエンディングの曲の入り場所は悪かったな。

396 :名無シネマ@上映中:2008/06/19(木) 01:28:43 ID:AVE6oonc
我慢に我慢を重ねて遂に悪党をぶった切る東山。
それを待つヒロインと純子・・・
 どう見ても東映ヤクザ映画です。本当にありがとうございました。

425 :名無シネマ@上映中:2008/06/27(金) 14:01:54 ID:47QGGVWC
しかし野江の嫁ぎ先の食事風景、汚らしかったなぁ。
副業で金儲けしてそうだったけど、品性の下劣さがよく出てた。

質素ながら品のいい家から嫁いできた野江にはいたたまれなかっただろうなぁ。

426 :名無シネマ@上映中:2008/06/27(金) 20:04:12 ID:paSos0/Q
野江の嫁ぎ先って、なんであんな所に嫁いだんだよ?
二度目だといっても野江の両親は人格者みたいなのに、嫁がす前に調べてないのかw

427 :名無シネマ@上映中:2008/06/28(土) 00:00:09 ID:syKmfyV2
今みたいに気軽にバツイチできる時代じゃねえぞ・・・
バツイチ女をもらっていただいてありがとうございます~!なんだよ
あの時代は。
死に別れだったとしてもね。

445 :名無シネマ@上映中:2008/07/06(日) 02:59:26 ID:p3p/u+nP
やっぱりみんな江戸時代は
男尊女卑で嫁は虐げられてたってイメージなんだね
時代劇の影響か?
>>427
江戸時代の武家社会でも結構離婚はあったんだよ
嫁が一方的に離縁されるってこともあんまりない
嫁の財産権も確立してた
>>425-426
野江の実家のほうが石高はかなり上で
奉行クラスの家柄
再婚先は最下級ではないが平侍だから
普通はこういう縁組は少ない
蓄財はしてたから金をばらまいて家柄のいい家から
嫁を取って箔をつけたかったと考えるべきか?
それにしては野江は虐げられてたし
あっさり離縁されたけど。
まあ、そのへんまできっちり時代考証してる
歴史小説家はあんまりいないが
藤沢はわりとその辺はきっちりしてるほうだけど穴はあるね

446 :名無シネマ@上映中:2008/07/09(水) 07:38:05 ID:7DUUkfIM
女性の再婚はそれだけ難しかったてことだろうね。
石高の違う家でも、もらってもらえるだけありがたいという引け目もあったわけで。
原作にはそのへんのことも書いてある。

437 :名無シネマ@上映中:2008/07/03(木) 08:26:39 ID:1gDDkJ8j
諏訪が斬られて磯村家にも影響がおよぶということを聞かされているときに
野江が手塚のことを聞いてしまい、空気が一瞬固まるシーンが好きだ。

432 :名無シネマ@上映中:2008/06/30(月) 00:39:51 ID:OjovSmDw
見てきた。
藤沢ファン的には非常に良い映画だったと思う。
適度に抑制が効いていて、けれん味も無いのが良い。

田中麗奈は時代劇初挑戦であそこまで出来れば上出来だと思う。
東山演技で気になった部分は一つもないし、良い演技だったと思う。
何より驚いたのが殺陣のスピードとキレ、
そして腰が据わっていて、間合いや殺気がきちんと表現出来ていること。

脇の役者は言うに及ばず、主演二人も良かったのだが、実は一番印象に残ったのが、
娘と母を亡くす百姓役(ごすけ、だったかな)の役者とそれにまつわるエピソード。
藤沢作品の映像で、これほどまで農と農政を、
風の果てとはまた違った意味で掘り下げたのは非常に強く印象に残った。

映画としての力強さみたいなものは山田洋次作品の方が上だと思うが、
藤沢作品の映像というと、こちらの方が近いかもしれない。

439 :名無シネマ@上映中:2008/07/03(木) 19:07:50 ID:a7VloGRp
自分的には野江の母親が父親の着替えを手伝うときの甲斐甲斐しい様子とか、
そのときの衣擦れのシュッシュッっていう音が印象的だった。
それから、手塚が諏訪を斬るときに羽織の紐をキュッとほどいて後ろに脱ぎ
捨てると襷がけの姿が見えるところとか。
細かいところだけど好きだな。

440 :名無シネマ@上映中:2008/07/03(木) 19:58:33 ID:q4lgEXf5
好きな映画だけど
手塚様の「~ござろうな」
三度目は流石にワラてしまった。ちょいとくどいでしょw

451 :名無シネマ@上映中:2008/07/10(木) 09:36:01 ID:J7DmXz0/
野江の父親の話どおりだとすれば、手塚は一生出世のない閑職に左遷だろうなぁ。
石高も減らされるだろうし。でも暮らしは幸せなんだろうなぁ。

452 :名無シネマ@上映中:2008/07/10(木) 12:26:13 ID:Fx86Db7X
>>451
余裕でお家断絶だろあんなもん。まあ結論を書かないで殿が帰国する風景で終わる
からこの映画はいいんだけど。

453 :名無シネマ@上映中:2008/07/11(金) 00:06:59 ID:zPQsv72t
原作どおりだったかもしれないけど、あそこで終わったら
結局、打ち首獄門になるとしか思えなかった。

そこまででもうファンタジーの世界に突入しちゃってんだから
あそこで大岡裁きまでやってもらいたかった。

やったらやったで批判続出だろうけどw

454 :名無シネマ@上映中:2008/07/11(金) 00:14:31 ID:WvqvTKa9
野江のパパはダメすぎだろ。病気持ちやコンプまみれなんか情報集めて避けろよ。
かっこいいこと言ってるが手塚の救済に動くわけでもないし。ああいうだめ親を
野江がしばき倒してれば面白かった。

487 :名無シネマ@上映中:2008/08/09(土) 13:23:25 ID:ReUzLc5E
公開劇場数が少なかった割りに良質映画として多くの大人たちに見てもらえたようで
まずまずの成功が収められたんじゃないかな
熟年世代が見てみようかと足を運ぶことのできる映画で、意味があったと思う
東山さんには、またこのような地味でも味のある映画に出演してもらいたい

488 :名無シネマ@上映中:2008/08/09(土) 16:30:45 ID:uWnYHqw9
アホ草

489 :名無シネマ@上映中:2008/08/13(水) 19:17:12 ID:XLDSwmoo
植草じゃないよねw

491 :名無シネマ@上映中:2008/08/18(月) 20:36:28 ID:lMDUnnNQ
植草てあの手鏡痴漢教授のことか?

492 :名無シネマ@上映中:2008/08/19(火) 14:08:34 ID:wExbAK+v
ちがうよw
ヒガシのケンカ友達の植草さ


関連記事

  1. 2010/03/14(日) 00:31:41|
  2. や行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タキシード | ホーム | カールじいさんの空飛ぶ家>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1128-dcd7b0cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR