FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

天使と悪魔

http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1231946382/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中:2009/05/16(土) 13:27:14 ID:L8P0c85D
「ダ・ヴィンチ・コード」の続編。ダン・ブラウンの同名小説を映画化。
トム・ハンクス演じる宗教象徴学の権威ロバート・ラングドンは、史上最も謎に包まれた
アンチ・キリストの秘密結社「イルミナティ」復活の証拠をつかむ。
イルミナティの脅威がカトリックの総本山、ヴァチカンに迫る。
2009年5月15日公開予定。

出演
トム・ハンクス
アィエレット・ゾラー
ユアン・マクレガー
ステラン・スカルスガルド


3 :名無シネマ@上映中:2009/05/16(土) 14:12:33 ID:gmfpJ4OU
原題:Angels & Demons
監督:ロン・ハワード
原作・製作総指揮:ダン・ブラウン
製作:ブライアン・グレイザー、ジョン・キャリー
脚本:アキバ・ゴールズマン、デビッド・コープ
撮影:サルバトーレ・トチノ
美術:アラン・キャメロン
音楽:ハンス・ジマー
出演:トム・ハンクス、ユアン・マクレガー、アイェレット・ゾラー、ステラン・スカルスガルド、ピアフランセスコ・ファビーノ、ニコライ・リー・カース、アーミン・ミューラー=スタール
公式:http://angel-demon.jp/
IMDb:http://www.imdb.com/title/tt0808151/

625 :名無シネマ@上映中:2009/05/15(金) 13:03:33 ID:y2oWvU65
見てきました
冒頭にCERNが衝突実験するシーンあるのは良かった
はしょりすぎだけどテンポは良い
逆にテンポ良すぎ
2時間20分だからこうなるのはしょうがないか
ハサシンがアラブっぽくない、殺され方が違うのはこっちの方が良いかな

626 :名無シネマ@上映中:2009/05/15(金) 13:06:03 ID:y2oWvU65
自分は原作何回も読み返した派なので
良かった悪かったというより
CERNやらバチカンやらの映像がみれただけでもう満足

イルパセットって地下だと思ってたがなんじゃあれ?とおもた

630 :名無シネマ@上映中:2009/05/15(金) 13:14:22 ID:jP7j/fG6
ダビンチコードより圧倒的おもしろかった。
時間制限のある連続殺人。バチカン消失の危機。
後半畳み掛ける大ドンデン。

宗教のことやあのへんの歴史的知識があればもっと楽しめたのかなあ
知らなくても(原作すら読んでないが)サスペンスものとしていい出来。
満足しました。

638 :Sage:2009/05/15(金) 15:09:19 ID:2CdqPy2+
久しぶりにハリウッドの大作で素晴らしい作品を見た気がしました。全く予備知識もなく見たのがよかったのか あのバチカンでのシーンが全てセットだとは信じられないほど 素晴らしい映像でした。
イワンマクレガーの醸し出す不思議なオーラに ???最初から違和感があったのですが ラストのどんでん返しには開いた口が開きっぱなしでした(笑)

640 :名無シネマ@上映中:2009/05/15(金) 15:34:02 ID:ovpXPfKT
>>638
イワンじゃなくて、ユアンな

原作読んでないからいまいちわかんないんだけど、
つまりこれって全部カメルレンゴの自作自演って事?
爆弾を奪ってバチカンに設置したのもユアンなんだよね?

641 :名無シネマ@上映中:2009/05/15(金) 15:40:45 ID:NKk8QEG8
>>640
そういうこと
要は相手によく見せるために悪者役雇って自分で倒すっていう自作自演の定番

642 :名無シネマ@上映中:2009/05/15(金) 15:44:38 ID:HbA/j7Bi
原作者がハリソン・フォード想定して執筆したという意味が
よくわかるアクションもの・・・・

あんなに走らせたらトムの頭皮が心配であろうが!!

652 :名無しさん@恐縮です:2009/05/15(金) 16:46:18 ID:9f+KNwY0
トムハンクスってセガールに似てきたね

684 :名無シネマ@上映中:2009/05/15(金) 18:40:51 ID:NKk8QEG8

2ちゃんねる映画ブログ

トム・ハンクスの初登場が水着とか誰が得するんだろうね

646 :名無シネマ@上映中:2009/05/15(金) 16:18:14 ID:9R7IEfJj
コーラーが出てこないのはいい
アサッシンがただの雇われ殺し屋に成り下がったのもまだ許せる
全世界への演説を司教たちへの説得にしてしまったのもまあ妥協できないわけではない
そうさせる面白さがこの映画にはあった

だがラスト全カットってどういう事だ!?
アレが天使と悪魔の本編だろ!!
真犯人がただの小悪党に成り下がってたのだけは許せなかったわ

まぁ上手くまとまってはいたけどさ……
あれはカットしちゃいけない所だろ……

647 :名無シネマ@上映中:2009/05/15(金) 16:28:11 ID:DnBvCYtk
ダヴィンチコードの方でも思ったけど
悪人に同情させる場面をあえて作らないようにしてるのかもね

653 :名無シネマ@上映中:2009/05/15(金) 16:46:34 ID:ovpXPfKT
>>647
悪人に同情って、カメリエンゴってなんか過去にあったの?
映画だけじゃいまいち何でカメリエンゴがああいう行動を取ったのかわからんかった…
単に反物質なんてそんなものはダメ!とかだったらわざわざあんな手の込んだ事しなくても良いだろうし
教皇にはなりたかったのか?

721 :名無シネマ@上映中:2009/05/15(金) 20:15:44 ID:jP7j/fG6
スレで話題出てる、映画ではカットされたカメル連合の出世の秘密って何?
なんか、バチカンが悪者になりそうだからカットか?なんて言われてるけど

724 :名無シネマ@上映中:2009/05/15(金) 20:22:58 ID:t+KL5nzR
>>721
カメルレンゴのパパは前教皇
それも人工授精によって生まれた子
カメルレンゴは自らが嫌う科学の力によって生まれた

728 :名無シネマ@上映中:2009/05/15(金) 20:25:34 ID:r+/N0maX
>>721
カメルレンゴは死んだ教皇の実子(隠し子)、つまりマジ親殺しです
これはカメルレンゴ本人も知らなかったという

744 :名無シネマ@上映中:2009/05/15(金) 20:55:30 ID:Z0X5Dolu
ここを見るとカメル連合は純粋で可哀想な人に思えてきた。(´・ω・`)

2ちゃんねる映画ブログ

745 :名無シネマ@上映中:2009/05/15(金) 20:58:55 ID:DnBvCYtk
自分も原作はカメルレンゴに感情移入してたなー
ダヴィンチコードもシラスに同情した

751 :名無シネマ@上映中:2009/05/15(金) 21:05:57 ID:2MPuHqGI
カメル連合が団体ではなく個人名だと気付いたのは終盤になってからだった。
彼はヘリから飛び降りずに、そのまま死んでれば良かったのに。あと爆弾の威力が弱すぎじゃないかと。
でも前回より非常に良かった。

775 :名無シネマ@上映中:2009/05/15(金) 22:06:43 ID:1uA7x3Pt
ユアンだけ好き勝手な名前で呼ばれてる件
カメルレンゴは役職名だよね?

786 :名無シネマ@上映中:2009/05/15(金) 22:28:34 ID:ewNed3v5
ここによると、カメルレンゴは教皇の死後にのみ制定される役職のようです。

http://www.cbcj.catholic.jp/jpn/pope/setsumei/camerlengo.htm

705 :名無シネマ@上映中:2009/05/15(金) 19:44:03 ID:6TR+1Wdk
これ結局ユアンが教皇になりたくてこれら全部計画したってこと?
だったらラングドンたちが反物質までたどり着けなかったり、
発見時にあの女の人がバッテリーでちゃんと食い止めたりしていたらユアンの計画ってどうなってたんだ
前者だと街はそのまま吹っ飛んでるし、後者だと自分が食い止めたヒーローにならないし
ヘリがあったのだって言ってしまえばたまたまだし
なんかすごい偶然に頼った部分多過ぎって感じなんだが

722 :名無シネマ@上映中:2009/05/15(金) 20:17:08 ID:hW8iuYLo
>>705
ユアンは教皇になりたかったんじゃなくて科学を弾圧しようとした
だけじゃないかな。街の電力切ってモニターに写っている人工光
が消えるかどうかって言い出したのもユアンだし。
もともと4人は殺して爆弾は発見させるつもりだったんだろう。
ただラングドン達が予想以上に見つけるのが遅かったんじゃないかと。
爆発も本意じゃないっぽいし。多分バッテリー交換できて事件は終わりって
思っていたのが寒くてバッテリーの減りが早いことが予想外の事だったんだろう。

729 :名無シネマ@上映中:2009/05/15(金) 20:26:30 ID:5I2p+ptL
>>722
科学の弾圧というより
人々の心をふたたび信仰の道へ向けたかったんだろうね。
信仰こそが科学よりも素晴らしいことであると。
反物質は宇宙の創造を可能にする物質。

2ちゃんねる映画ブログ

そんなものの存在が明らかになれば
神の存在が不要になってしまうからね。

764 :名無シネマ@上映中:2009/05/15(金) 21:32:54 ID:TElF7voR
再来週は反物質が兵器に転用されて宇宙艦隊戦でボコスカ射ちまくるスタートレック上映か、なんか複雑だな

829 :名無しさん:2009/05/15(金) 23:58:26 ID:l+d/6QJZ
ラングドン「オビワンのせいだ!」

831 :名無シネマ@上映中:2009/05/16(土) 00:02:27 ID:/a+FrLfr
またダークサイドに堕ちちまったな・・

834 :名無シネマ@上映中:2009/05/16(土) 00:04:49 ID:Vi0UimbN
一番楽しめたのはスターウォーズファンですか。
そういう自分もそうです。

>>829
そればかり頭に浮かんでしょうがなかったw

845 :名無シネマ@上映中:2009/05/16(土) 00:14:14 ID:Vi0UimbN
オビワンが焼かれるところが見られるとは思わなかった。
アナキンに負けたらこんな風だったかもしれんと思った。

爆発の防ぎ方は流石オビワンだったな。

856 :名無シネマ@上映中:2009/05/16(土) 00:20:07 ID:a8qfz7hV
ユアン・マクレガーはオビワン役だったのか
髭剃っていたんで気がつかなかった

851 :名無シネマ@上映中:2009/05/16(土) 00:19:08 ID:7abZOXfk
おまいらのせいでスターウォーズが頭から離れなくなった

651 :名無シネマ@上映中:2009/05/15(金) 16:45:11 ID:C05C+lwz
見てきたぜ

相変わらずロンハーは無難に面白い映画つくるよな

ハンスジマーの音楽とテンポの良さ。
あとアイエレットたんキレイス
パスタ作ってほしいわ(´ヘ`;)

で、前作・原作見てないんだが
あのミッキーマウス時計はなんか意味あんの?

657 :名無シネマ@上映中:2009/05/15(金) 16:52:19 ID:XIpsTZ+8
ミッキーマウスの時計ってなんだ

658 :名無シネマ@上映中:2009/05/15(金) 17:04:00 ID:jP7j/fG6
>>657 教授愛用の腕時計w

2ちゃんねる映画ブログ

661 :名無シネマ@上映中:2009/05/15(金) 17:23:26 ID:+pPV69TS
暗がりに閉じ込められた幼き日のラングドン。
生きて戻れるかわからない状況の中、真っ暗闇の中で
彼の生きる証…希望の光となったのが、バックライト
がみどりに光るミッキーの時計なのだ。
ほどなくして無事生還する彼だが、以来彼のお守りと
して右手で微笑み続けるミッキー時計なのであった。
ちなみに原作では、今回も窮地に陥ったラングドンを
ミッキー時計のアラーム(ミッキーマウス・マーチ)が
救う場面があるwwww

674 :名無シネマ@上映中:2009/05/15(金) 18:04:44 ID:6s27R/TB
そうそうラングドンのミッキーの時計はワロタ

803 :名無シネマ@上映中:2009/05/15(金) 23:08:44 ID:LO9hzsBq
今日観てきたけど、これユアンが主役みたいな作品だね。
おいしい所は殆んどユアンがもって行くしw
ラングドンは今回も?影薄いし、相変わらずヘタレだった。
でも、ミッキーの腕時計に思わずニンマリ。あれって(映画で使用されたのは)インガソル社の有名なミッキー腕時計だよね?
あれは勿論メロディもバックライトも付いてない至ってシンプルな時計だった筈だけど。まぁ、映画独自の脚色って事でいいかw
に、しても今回やたらとラングドンがアクションヒーロー化してるのが、ちょっと気になった。
ヒーローっていっても全然強くはないんだけど。
鑑賞途中で、「あれ?この映画ってアクション物だったけ??」って勘違いしそうになる位、アクション比率が高かった。

814 :名無シネマ@上映中:2009/05/15(金) 23:26:32 ID:DVcj2w9+
原作みたいにラングドンもヘリに搭乗してたらものすごいイリュージョンをスクリーンで拝めることができて,
このスレは祭りになってたろうなw

690 :名無シネマ@上映中:2009/05/15(金) 18:58:07 ID:6TR+1Wdk
書庫の空気供給ストップは別に殺そうとか誰かが故意にとかじゃなかったってこと?

694 :名無シネマ@上映中:2009/05/15(金) 19:08:17 ID:y2oWvU65
>>690
そう
原作でもいっしょ
大どんでん返しの伏線

753 :名無シネマ@上映中:2009/05/15(金) 21:07:59 ID:Q52vz7+z
ぜ~んぜんダメだったわw
原作はしょりすぎ、改変しすぎ
たんなるハリウッド大作に成り下がりすぎ
唯一楽しめたのは、見知ってるヨーロッパの俳優が
何人も出てたとこかな
あと、一番カッコ良かったのがアサシンてどーよw

754 :名無シネマ@上映中:2009/05/15(金) 21:10:27 ID:TRayOjP5
はしょり方も改変具合もまあまあうまくいってましたね。
でもカメルレンゴの出生の秘密(カット)と
全世界向け演説(枢機卿への話に変更)は入れて欲しかった。
前者はヴァチカンに配慮したんだろうけど。残念。

756 :名無シネマ@上映中:2009/05/15(金) 21:11:11 ID:TRayOjP5
>>753
あれくらいはしょらないと
ダヴィンチみたいなことになってたと思うがw

809 :名無シネマ@上映中:2009/05/15(金) 23:16:05 ID:3wD/c6fo
暗殺者と金髪刑事、2人ともデンマーク人俳優だな
かっこえかった

903 :名無シネマ@上映中:2009/05/16(土) 01:35:15 ID:LdpZUH1d
殺し屋さんカッコよかったがラストは吹きそうになった
依頼主の用意した車にノコノコ乗って爆死て
原作だと車使わなきゃならんような緊急事態だったのか?

2ちゃんねる映画ブログ

905 :名無シネマ@上映中:2009/05/16(土) 01:43:30 ID:/7rrW85n
>>903
あんなのに引っ掛かるようなキャラにはみえなかったのにね
お約束的にこれはキー回すと同時にドカンとくるぞくるぞと思えるのに

968 :名無シネマ@上映中:2009/05/16(土) 11:26:32 ID:S1JdPTOT
>>903

ゴルゴだったらあんなミスは犯さない。

992 :名無シネマ@上映中:2009/05/16(土) 13:18:04 ID:TkvCW/bz
犯人役の俳優はなんて人?

997 :名無シネマ@上映中:2009/05/16(土) 13:38:34 ID:OH3JZ7XE
>>992

2ちゃんねる映画ブログ

警官無双してた暗殺者なら、手元の雑誌によるとニコライ・リー・コス
他の出演作とかは知らん

842 :名無シネマ@上映中:2009/05/16(土) 00:12:12 ID:1OXWYI5G
天使と悪魔ってダビンチの前の話?跡の話?
前の話って言ってたと思って見たんだがどう見ても後の話(続編)だよねえ?

847 :名無シネマ@上映中:2009/05/16(土) 00:14:26 ID:W55a42WN
>>842
原作ではこっちが先
ただダヴィンチ先に映画化しちゃったんで今回こっちを後っぽく作った

853 :名無シネマ@上映中:2009/05/16(土) 00:19:39 ID:nuY0i29i
顔の区別があまりつかなかったんだけど、結局、法王になった人は、
法王になりたがってた、意地悪そうな人?
噴水広場で一人だけ助かった人?
どっち?

858 :名無シネマ@上映中:2009/05/16(土) 00:24:47 ID:oBYmr/Kj
>>853
法王じゃなくて、教皇ね。
教皇には噴水のところで助かった人がなってるよ。

あと、コンクラーベの進行役の人は教皇になりたがってたわけじゃないよ。
ちなみに、原作では最後教皇になるのは進行役の人だしね。

859 :名無シネマ@上映中:2009/05/16(土) 00:27:41 ID:uQzkWZQE
根競べ に聞こえました。

863 :名無シネマ@上映中:2009/05/16(土) 00:30:50 ID:/7rrW85n
投票での時間稼ぎとかまんまコンクラーベ=根競べじゃんとか思っていた

867 :名無シネマ@上映中:2009/05/16(土) 00:34:02 ID:Y/5jLQD2
噴水の人は原作だと死んじゃってラングトンが泣いてしまうのだけど、
映画だと助かってくれてよかった。

噴水は原作だとものすごく深そうな印象があった
(アサシンと水中乱闘してラングトンが溺れ死んだフリするくらいだから)
けど、あんな浅い噴水だったんだ。

933 :名無シネマ@上映中:2009/05/16(土) 08:46:58 ID:8KzfBwer
噴水のところに連れて行かれた警察官かわいそうだな。
ラングドンの説得に負けてなければ、死なずにすんだのに・・・

948 :名無シネマ@上映中:2009/05/16(土) 10:11:28 ID:ye3FFL4C
>>933 ラングドンが変に煽ったせいで死ぬやつが多かったなw

892 :名無シネマ@上映中:2009/05/16(土) 01:14:43 ID:/7rrW85n
最初に殺された科学者の日記の中身って
犯人に繋がる重要なことでもあるかと思ったけど結局触れられなかったし
原作でも日記の中身に関しては特になにもなし?

897 :名無シネマ@上映中:2009/05/16(土) 01:25:39 ID:L8P0c85D
>>892
スイス衛兵隊長がカメルレンゴの部屋に行ったのも日記に名前あったから
そこは原作と同じ

899 :名無シネマ@上映中:2009/05/16(土) 01:27:29 ID:L8P0c85D
>>897
補足
原作だとカメルレンゴのいる部屋(教皇執務室)に行くのはコーラー
コーラーが日記からバチカンとの接触、カメルレンゴが反物質のこと知ってることが分かる

882 :名無シネマ@上映中:2009/05/16(土) 00:57:42 ID:6CPK9J5u
ダヴィンチコードよりも映画としてはこっちがぜんぜん面白い
原作はダヴィンチの方が面白かったが、脚本はこっちが良かった
実質ユアンマクレガーが主役だった
鑑賞前は地味な役だな、ユアンも落ちぶれたなと思ったけど、この役はトムハンクスも歯ぎしりもんだろう

この映画は教会のお偉いさんと揉めたりとかのトラブルはないのかね

914 :名無シネマ@上映中:2009/05/16(土) 02:11:29 ID:ke4NHV+G
>>882
今作は教会も賛美してるらしいよ
間違った描写はあるものの、カトリックが悪者になってないとかなんとかで

前作は非難轟々だったみたいだけど

916 :名無シネマ@上映中:2009/05/16(土) 02:33:19 ID:W55a42WN
>>914
今回は信仰対象がいじられてるわけでもないし
架空の枢機卿が惨殺されてて教会は被害者側だし

なによりバチカン観光の最高の宣伝になるしw

919 :名無シネマ@上映中:2009/05/16(土) 02:52:03 ID:ee5yvN3K
>>916
でもね、原作だとカメルレンゴを枢機卿が諭すシーンが、
映画だとコンクラーベの出席者一同が無言で「殺人者を見る目」
で見てる。宗教者失格だよ。

なんだかんだ言ってダン・ブラウンはカソリック教会に多少遠慮があるけど、
ロン・ハワードは遠慮無しだからな、

931 :名無シネマ@上映中:2009/05/16(土) 08:23:48 ID:G5zytVTv
>>914
教会は賛美はしていない。
無害と判断しただけ。

944 :名無シネマ@上映中:2009/05/16(土) 09:40:41 ID:L8P0c85D
原作だとカメルレンゴは奇跡の生き残り者で
奇跡体験者っていう下敷きがあって
焼き印おされて朦朧としたところで聖ペテロの墓に爆弾があると天啓を受けるからまだ良いんだが

945 :名無シネマ@上映中:2009/05/16(土) 09:51:44 ID:jTmjIYXL
>>944
それも含めて映画は宗教色がかなり薄められてましたね。
原作を読んだ人にはそこが物足りなかったけど
映画というエンターテイメントにおいては
それで正解だったと思う。
原作未読の方はちょっと長いけどぜひ読んで欲しいと思います。

977 :名無シネマ@上映中:2009/05/16(土) 12:27:09 ID:7PwnVJow
今実感してるがラングドンすげーな、ダヴィンチん時も思ったが
天使の指す方角にいきなり行けるなんて
私なんて新宿ピカデリーの出た事ない出口から出たら
知り尽したはずの新宿で駅に戻るのに迷ったぞ(´・ω・`)

979 :名無シネマ@上映中:2009/05/16(土) 12:33:00 ID:f9HVIvdh
>>977
ラングドンは人のよさそうなおじさんに見えるけど
大学教授で頭はいいし、暗殺者だって倒しちゃうし
カメル連合以上に万能人間なのかもしれない。

981 :名無シネマ@上映中:2009/05/16(土) 12:38:37 ID:OH3JZ7XE
>>977
それが買われて呼ばれたんだもんな。原作とは違うらしいけど。
むしろヒントを見つける力がすごい

敵さんが一人異様に強いのもダヴィンチみたいだったな。
こういう映画のお約束だけど、今作輪にかけて警官殺されまくりでカワイソス


関連記事

  1. 2010/03/09(火) 11:27:25|
  2. た行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<天国は待ってくれる | ホーム | ヘブンズ・ドア>>

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. |
  2. 2016/01/19(火) 08:58:32 |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1117-2d84ab0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR