FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カールじいさんの空飛ぶ家

【ピクサー】カールじいさんの空飛ぶ家【UP】
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1239669035/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中:2009/04/14(火) 09:30:35 ID:PHNMrLyI
ディズニー デジタル 3-DTM版同時公開

監督: ピート・ドクター(「モンスターズ・インク」)
脚本・共同監督: ボブ・ピーターソン(「ファインディング・ニモ」)
声の出演: エド・アズナー/クリストファー・プラマー

日本:2009年12月公開予定
米:2009年5月29日公開

●公式サイト(日本)
http://www.disney.co.jp/movies/carl-gsan/index.html
●公式サイト(米)
http://disney.go.com/disneypictures/up/


729 :名無シネマ@上映中 :2009/11/15(日) 12:36:52 ID:RLW4Idjo
試写会で見たけど良かったよ
子供の頃のエリー可愛すぎ
ラッセルいいキャラしてる
夫婦愛メインの話かと思ってたけど
夫婦の思い出的な場面はサクっと終わったな
字幕だったけど近所では吹き替えしかやらないみたいだから良かった
3D版見にもう一回行こうかな

730 :名無シネマ@上映中 :2009/11/15(日) 15:01:09 ID:4Oc/PWGX
子供時代はもっと見たいと思ったな
エリーよりむしろカールの方がかわいかった

781 :名無シネマ@上映中:2009/11/23(月) 23:28:20 ID:HEQdKPGe
iTunes USで買って観た。
冒頭10分間は神。 後半でアドベンチャーブック振り返るとこも神。

791 :名無シネマ@上映中:2009/11/24(火) 14:35:36 ID:PoKxvKrf
前半はヨボヨボなのに後半はキビキビ動くじいさん
変だわw

上で書かれてるように最初の10分は神ですね

793 :名無シネマ@上映中:2009/11/24(火) 17:57:55 ID:HrF7BSLI
>>791
生きる目的がなくなったからヨボヨボなんだよ。
わかれよそんぐらい。

802 :名無シネマ@上映中:2009/11/24(火) 22:22:02 ID:ZS9pyVhq
アメリカの映画館で見たけど
奥さんが他界するカット(カールじいさんが風船を持って座っている場面)で
みんな必ず「Oh・・・」と声を出してた。

24 :名無シネマ@上映中 :2009/12/04(金) 22:45:37 ID:5Y4oBoTV
後半のアクションいらなくね?
あんなの無理して入れる必要ないよ
そういうところがしょせんアメリカ人のセンスだな
100点満点で25点って所かな

26 :名無シネマ@上映中 :2009/12/04(金) 22:50:42 ID:Awls8WHd
飛び上がった家が気がついたら目的地についているという
すげーご都合主義な映画w
メルヘンだからってその辺はだまされてやんないよ

>>24
安易に活劇に走るべきではなかったよな

28 :名無シネマ@上映中 :2009/12/04(金) 23:36:16 ID:NkIUGeMa
南米まで粗大ゴミを捨てに行く話ですねw
さすがはアメリカ合衆国様www

39 :名無シネマ@上映中 :2009/12/05(土) 12:10:20 ID:Ka7y26X0
観てきた。

うーん、こまけぇこたぁいいんだよ!! って感じ(笑)。
子供には動機の部分が難しく、大人には展開が雑すぎる気がした。
金返せ、とまでは思わないけど。

3Dは、良くも悪くもクレイアニメっぽさが高まって賛否が分かれそう。
クリスマス・キャロルの質は期待しないほうが良い。

72 :名無シネマ@上映中 :2009/12/05(土) 17:40:52 ID:u48Duv61
クリスマスキャロルよりは楽しめた
けど3Dとしては、明らかにクリスマスキャロルのほうが良かった

53 :名無シネマ@上映中 :2009/12/05(土) 15:11:38 ID:sCd7KLXm
面白かった
終始 泣ける 大満足

けど、もっと空飛ぶ家での冒険を見たかった気がする
あれじゃ、お荷物みたい

あと、ラッセルのデザインどうにかなんないのかな…
ウォーリーのときも思ったけど こうゆう人間のデザイン好きなの?

4 :名無シネマ@上映中:2009/12/04(金) 01:53:55 ID:kErZrt5Q
風船おじさんを思い出すから見たくないです

2ちゃんねる映画ブログ

5 :名無シネマ@上映中 :2009/12/04(金) 01:58:12 ID:gbiUJ0ch
そうですか

858 :名無シネマ@上映中:2009/11/29(日) 12:59:48 ID:886iE88q
風船おじさんの遺族から抗議とかなかっただろうな。「思い出して不愉快だから止めて欲しい」とか何とか。

859 :名無シネマ@上映中:2009/11/29(日) 13:52:59 ID:A2Qes2eF
素人がディズニー相手に訴訟するのは自殺行為。

6 :名無シネマ@上映中 :2009/12/04(金) 02:21:02 ID:1xHfGr4H
カールおじさんを思い出すからおなかがへるです

2ちゃんねる映画ブログ

856 :名無シネマ@上映中:2009/11/29(日) 05:30:32 ID:INQ4e3O7
それにつけてもおやつはカール♪

187 :名無シネマ@上映中 :2009/12/06(日) 02:03:38 ID:NruvUto7
ああ、カール食いてえーカレー味

884 :名無シネマ@上映中 :2009/12/01(火) 12:36:50 ID:YMdh/8Xs
これって日本のアニメのアカデミー賞受賞したやつに似てない?

885 :名無シネマ@上映中 :2009/12/01(火) 12:42:19 ID:QOzMYinv
テーマは似てるかもね。それがどうした?

886 :名無シネマ@上映中 :2009/12/01(火) 15:02:43 ID:tanfqvfw
あっちは下に潜っていくけど
こっちは上に昇っていくから全然違うよ

887 :名無シネマ@上映中 :2009/12/01(火) 15:30:23 ID:/jYqqMVg
そういう表面的な話をしてんじゃねえよ馬鹿

888 :名無シネマ@上映中 :2009/12/01(火) 17:28:45 ID:/eDKmQH3
>>884
幼馴染と結婚とか妻に先立たれているというのは被ってるね。
でもそれは人生の歴史に重みを持たせるのに有効な設定であって
被るのは致し方ない気がするよ。

63 :名無シネマ@上映中:2009/12/05(土) 16:10:07 ID:NZPuQRgN
2009年、わんこ映画の決定版でしたネ

2ちゃんねる映画ブログ

65 :名無シネマ@上映中:2009/12/05(土) 16:15:39 ID:M9mnqiT2
>63
同意!ダグがとにかく可愛い。
製作者は犬の動きをかなり研究したみたい。どうりで実写並みにリアルな愛らしさがあった。

83 :名無シネマ@上映中 :2009/12/05(土) 18:21:31 ID:t5i50u5W
観てきた。「泣ける駄作」というキャッチコピーがぴったり。
最初の20分ぐらいが良かったんだけどなぁ。行間にいろんなものが詰まっていて、泣ける。
ただ、泣けるからといって名作ってわけじゃなく、中盤から終盤にかけてはアクションとしても、感動ものとしても中途半端。
船内のシャアVSアムロのシーンとか、もっと盛り上げられる要素はあったのに残念。

128 :名無シネマ@上映中 :2009/12/05(土) 22:50:37 ID:ih6R04Qs
最初の20分で終わったら神だった。
つか最初の20分が一番出来がいいってどうなの?

156 :名無シネマ@上映中 :2009/12/06(日) 00:06:13 ID:MYOEMXEP
回想のモンタージュで客を泣かすのが何故ここまでうまいかな。
最初と本の続き部分で大泣きしちまったよ。
他の部分は普通の映画としか言いようがないが。
普通の人間が主人公だと、都合よすぎる展開がいちいち気になってしまうね。

120 :名無シネマ@上映中:2009/12/05(土) 22:06:03 ID:nmvtIJWZ
今日見てきた。いい作品。
一点疑問に思ったのだけど、序盤の結婚式のシーンで、
(新婦側または新郎側の)一方の招待客たちは喜びに満ちた拍手をして、
(新郎側または新婦側の)他方の招待客たちはつまらなそうに拍手してるけど、
これって何かの(ブラック)ジョークなの?

124 :名無シネマ@上映中 :2009/12/05(土) 22:20:19 ID:ezbfZAJ9
>>120
新婦の親族と友人はハイテンションに祝ってるだけ
新郎の親族は厳格な清教徒だから新婦側のノリにポカーン・・・みたいな感じらしい

131 :名無シネマ@上映中:2009/12/05(土) 23:07:19 ID:M9mnqiT2
>>120
自分は、カールの性格をエリーと対比するためのものだと思ってた。
エリーは社交的で明るく、誰にでも好かれそうだけど、
カールは内気で、エリーにしか心を許していないようだったから、
家族や取り巻きも「カールの結婚式か・・・大して仲良くないけど、まあ親戚だし」
みたいな人々しか集まらなかったんじゃあないかな、と。

127 :名無シネマ@上映中 :2009/12/05(土) 22:38:57 ID:RU1Cfaiz
期待したほどじゃなかった。
飛行船の冒険家はあそこまで、悪役にする必要あったのかよ。

2ちゃんねる映画ブログ

132 :名無シネマ@上映中:2009/12/05(土) 23:09:47 ID:KrAmdQOl
マンツが出て来た時は唖然とした。
一体何歳なんだよ。

150 :名無シネマ@上映中:2009/12/05(土) 23:58:24 ID:MMqYBoWD
>>132
パンフのストーリーによると94歳。カールは78歳

151 :名無シネマ@上映中 :2009/12/06(日) 00:00:07 ID:cdT3bA8e
なんというスーパーお爺ちゃんw

193 :名無シネマ@上映中 :2009/12/06(日) 02:23:56 ID:+WrYoep/
チャールズマンツを悪役にしてしまったのがちょっと残念な気がする。
マンツはなんていうか「気の毒な人」であって悪役な感じがしないんだよね。
どうせなら別の悪役(TVの特番レポーターとか)を仕立てて
ピンチの時に登場するような人であってほしかった。
それにあのラストはちょっときつすぎるなぁ・・・・
宮崎作品でもあるけどその場合は死んでも仕方ないぐらいの悪役だから・・

あとあの後ダグ以外の犬たちはどうなったんだ?

196 :名無シネマ@上映中 :2009/12/06(日) 02:42:53 ID:aun4O5YB
>193
さぁ、少年のバッジ授与式のシーンを見に、2回目行かなくちゃ

2ちゃんねる映画ブログ

197 :名無シネマ@上映中 :2009/12/06(日) 02:50:30 ID:wh8ciySi
>>193
犬たちははカールが乗っ取った飛行船の窓から顔出してたよ。
と思ったら>>196 の言うとおり最後も出てきてたね。

373 :名無シネマ@上映中:2009/12/06(日) 22:58:46 ID:BCWxdrJz
ボーイスカウトの表彰とか、欧米か!
日本文化で馴染みの無いもの出してどうすんだ
ファイティングニモのサメの告白会とか

166 :名無シネマ@上映中 :2009/12/06(日) 00:24:47 ID:BDyXY1jz
家が雲の中に消えるシーンでラピュタを思い出したお

169 :名無シネマ@上映中:2009/12/06(日) 00:39:02 ID:I4B+3UuI
>>166
自分は雷雲に飲まれるシーンで風の谷のナウシカ思いだした。

てかピクサーの人が、宮崎はやおにこの作品見てもらおうとはるばる来日してたよね

170 :名無シネマ@上映中 :2009/12/06(日) 00:40:26 ID:wh8ciySi
>>169
俺は雷雲はラピュタ思い出したw
あと犬パイロットは紅の豚w

214 :名無シネマ@上映中 :2009/12/06(日) 07:40:46 ID:K+mGJqcN
やはり期待通り面白かった
だけど、期待以上というわけには行かなかったな

みんな言う通り、奥さんが死んで家を飛ばすところまではとても良かった
ウォーリーも宇宙に出る前は最高だった思う
最近のピクサー作品は、着想は良いんだけど
長編映画としてうまく着地させるのはあまりうまくないのかな

いや、二つともすごく面白いんだけど、序盤があまりに良いせいで、ね

16 :名無シネマ@上映中 :2009/12/04(金) 05:20:54 ID:Ji9YWNes
つーか、普通に出来が良くない

面白アクションをこの物語に持ち込む必要あるの?
しかも、あのお粗末な悪人を、最後は殺してしまうし・・・

ちょっと酷いと思った

17 :名無シネマ@上映中 :2009/12/04(金) 05:40:43 ID:SjXraVTu
どこみてんだよ。
足に風船絡まってただろ=墜落してない。
なんかネガティブキャンペーンでもしてんのか?
普通に笑えて泣けて面白い映画だったじゃん。

69 :名無シネマ@上映中 :2009/12/05(土) 17:05:52 ID:F7CoWcq0
わざとアンカーつけないけど、17番へのレス。

監督曰く、「死んだ」と。上空に舞い上がるって案もあったんだけど、
続編への布石みたいで嫌だし、ストーリーの中心はあくまでもカールなので、
と。BDのコメンタリーで言ってるよ。

222 :名無シネマ@上映中 :2009/12/06(日) 09:27:35 ID:d12yH3ms
見てきた。冒頭はホントに素晴しいな。

じいさんはエリーの夢を叶えてあげられなかったと後悔していて、
全てを捨てて、滝へ向かった。
でも、本当はエリーとのアドベンチャーは、彼女の死とともに幸せに
終わっていたんだよな。家に縛られることは、エリーは望んでいなかったんだ。
じいさんがちゃんと気付いて、生きて戻ってきたところが良かった。

心から愛する人が死んでも、憧れが現実と違っていても、
それでもなお人生は続く、ってなことを考えたよ。

225 :名無シネマ@上映中 :2009/12/06(日) 09:38:36 ID:wrESCGJo
喜びも悲しみも満載されている平凡な人生こそ、アドベンチャーである
って点を強調するために、後半をわざとつまんなくして、蛇足感出したのかな
なわけないか

245 :名無シネマ@上映中:2009/12/06(日) 10:48:03 ID:DnvuaaRD
まだ観てないんだけど、吹き替えの出来はどう?
字幕で見た方が良いかな?

251 :名無シネマ@上映中 :2009/12/06(日) 11:34:36 ID:ncVF4EUR
>>245
個人的には犬どもが吹き替えの方がいい気がする。

252 :名無シネマ@上映中 :2009/12/06(日) 12:11:40 ID:VkfhmWHN
>>251
ああ、そのほうがきっとわかりよいだろうなあ。

254 :名無シネマ@上映中 :2009/12/06(日) 12:20:54 ID:gCIaLIwe
>>251-252
吹き替えで見たんだけど、「りす?」が何となく唐突に感じた。
元は、何て言ってるんだろ。

260 :名無シネマ@上映中:2009/12/06(日) 13:37:54 ID:rSEiHuFJ
>>254
squirrel!っていってるからまんまリス

257 :名無シネマ@上映中 :2009/12/06(日) 13:26:56 ID:8etENej8
字幕でもリスが意味不明だった。
あれは有名なギャグなの?

522 :名無シネマ@上映中 :2009/12/08(火) 05:32:46 ID:wZb2l5F6
 「リス?!」っていうのは、何かに集中していても小動物の気配を感じると、ついそっちに注意が行っちゃう犬の習性をギャグにしてるんだよね?
 あちらでは犬と郵便配達は不倶戴天の敵同士ということになってるんでボーイスカウト(カブスカウト?)の制服を着た子を「小さい郵便配達」と判断したり、犬は色盲だからラストの車の色当てゲームでも「灰色!」って。

525 :名無シネマ@上映中 :2009/12/08(火) 08:36:07 ID:sNE7pjgW
>>522
1行目はすぐ分かったが、2行目は言われて納得だ。
確かにそうだね。

526 :名無シネマ@上映中 :2009/12/08(火) 08:48:39 ID:xppgny0W
>>522
色盲のクダリは全然分からなかった!

527 :名無シネマ@上映中 :2009/12/08(火) 09:57:33 ID:2mUPS1o/
>>522
郵便配達を敵視とかリスとかは犬を描くためによく観察しているからこそ
できるネタだよね。

253 :名無シネマ@上映中 :2009/12/06(日) 12:20:32 ID:Uebsv3gn
見てきたけど、まあ確かに微妙だとは思った。
ピクサーは全部見てるけど、とりあえず相対評価で言えば最下位。

2ちゃんねる映画ブログ

一つには個人的な性格のせいだろうけど、子供がムカつく。
自分が子供の頃とか、自分の知ってる子供とかは
もっと大人に気を遣って健気で悩んでて、人に迷惑をかけると落ち込んじゃう。
あのガキは駄目。無邪気と我儘は、似てるけど全く違う。
吹き替えのせいでより駄目だった気もする。

序盤の、家が飛ぶまでが一番面白かった。
後半ほど、ストーリーがどうでもよくなっていく。
あとピクサーの描く大自然は、上手いけど魅せはしない。一度見ると飽きる。
人工物のほうが魅力的。

263 :名無シネマ@上映中 :2009/12/06(日) 14:01:30 ID:kR4xDVbL
カールとラッセルのテント貼るシーンの会話が少しうろ覚えになってしまったが
ラッセルはもう父親にテントの張り方を教えてもらえないという、つまり今は
父親と会えない環境にある、死んだのか?離婚して滅多にあえなく継父は
教えてくれないのか?しかし上級委員になったとき父親が来てバッジを
付けてくれるという。父親の死を認識できない年齢でもないと思ったので
離婚だと思ったが、最後のシーンで父親はおらずどうやら死別だったと分かる
なんでラッセルは父親は来てくれると思っていたんだろうか?

264 :名無シネマ@上映中 :2009/12/06(日) 14:06:33 ID:gCIaLIwe
>>263
同じくうろ覚えだけど、
「授賞式にお父さんが来てくれたら、テントの張り方教えてくれるかな?」と言ってたぞ。
だから死んでないんじゃないのか。

265 :名無シネマ@上映中 :2009/12/06(日) 14:07:13 ID:tZhIPfJd
>>263
ラッセルの父は離婚して別の女と結婚してる。
バッジが集まれば父が戻ってくるというのはラッセルの勝手な思い込みで、実際父はこなかった。

267 :名無シネマ@上映中 :2009/12/06(日) 14:18:34 ID:kR4xDVbL
>>264
>>265
サンクス
けっこうシビアな話なんだなああ

382 :名無シネマ@上映中 :2009/12/06(日) 23:32:13 ID:phhAZ6Yd
ラッセルのお父さんは何かマザー2のネスのパパみたいだな
GPS持たせたり心配してくれてはいるみたいだが絶対姿は見せないとことか
まあネスと比べるとラッセルはなんか可哀そうだが

385 :名無シネマ@上映中 :2009/12/06(日) 23:36:01 ID:Uebsv3gn
>>382
そりゃ、あっちの父親は家にいないだけで父親してるが、
こっちのは外の女とくっついて父親を半分辞めながら距離置いてる状態だし。
GPSも、昔アウトドアにつれてって貰ってた頃に渡されてたものなんだろう。

334 :名無シネマ@上映中 :2009/12/06(日) 20:01:41 ID:fMFCotoy
風船で家は浮かせないだろ。
浮いた家でもじいさんだけで引っ張れないだろ。
南アメリカって近くね?バスで行けよ。

335 :名無シネマ@上映中 :2009/12/06(日) 20:11:07 ID:LoxfoEBz
>>334
2650万個の風船で浮かぶそうです

341 :名無シネマ@上映中 :2009/12/06(日) 20:56:15 ID:QpAdc0pP
>>335
映画の風船の量
あの家を浮かす量出してたりする?

344 :名無シネマ@上映中 :2009/12/06(日) 21:43:04 ID:hkvbvVpE
>>341
「風船の動きは物理学にもとづいてシュミレーションを行っているんですが、
映画ですから、科学的な正確さより、見た目や動きを重視して、ここでは
20パーセントくらい風船を大きくふくらましてとか、この3つは外してとか、
視覚的にいいものになるように調整しています」(「週刊アスキー」12月15日号)

映画では2万個程度しか描画していないんだと。

375 :名無シネマ@上映中 :2009/12/06(日) 22:59:30 ID:2mq5bVlo
しかし恥ずかしい犬のカラーには笑った。
あれは犬飼ったことがないと分からないよな。

377 :名無シネマ@上映中 :2009/12/06(日) 23:02:13 ID:phhAZ6Yd
>>375
実際の犬も本当に情けない顔をするからなw

367 :名無シネマ@上映中 :2009/12/06(日) 22:47:58 ID:5XflUqwz
じいさんがプルーンの臭いってのがどういうことかよく分からなかった

382 :名無シネマ@上映中 :2009/12/06(日) 23:32:13 ID:phhAZ6Yd
>>367
入れ歯洗浄剤の臭いがナントカ言ってたから
日本語で言う抹香臭いとかそういう意味だと思う

400 :名無シネマ@上映中 :2009/12/07(月) 00:29:53 ID:bEFpDKAK
>>382
むこうではプルーンジュースっていうのは老人の飲む健康ジュース
ってイメージがあるらしい。
で、カールみたいな偏屈な爺さんがああいうのを愛飲してるっていうのは
向こうの人には、可愛いところがあるのね、って印象みたい。

297 :名無シネマ@上映中:2009/12/06(日) 17:36:18 ID:6rDF18MB
何回見ても泣ける…。
http://www.youtube.com/watch?v=yeLgjGEBWcY

358 :名無シネマ@上映中 :2009/12/06(日) 22:13:24 ID:0BUQSBo8
>>297
回想シーンは何度見てもいいね。
ピクニックに行く丘の向こうに見えてる景色、若い頃は低い建物
ばかりなのに、老後は高層ビルばかりになってる。

あと、若い頃は貯金箱が机の上だけど、老後は本棚の隅。
夢を捨てた訳じゃないけど、最優先ではなくなったって事か。
ビデオだと深読みできて楽しめそう。


関連記事

  1. 2010/03/13(土) 00:15:30|
  2. か行映画
  3. | トラックバック:9
  4. | コメント:0
<<山桜 | ホーム | セント・オブ・ウーマン/夢の香り>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1104-be840b14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カールじいさんの空飛ぶ家 3D

ディズニー・ピクサー最新作で、ピクサーとしては初のDisney Digital 3-D作品『カールじいさんの空飛ぶ家 3D』字幕版を観てきました。 ★★★★ こないだの『ボルト』は同じディズニー3DCG映画でジョン・ラセターが携わってても非ピクサー作品。 今回はピクサー純正、本気モ
  1. 2010/03/13(土) 01:08:11 |
  2. そーれりぽーと

[映画』『カールじいさんの空飛ぶ家・3D』を観た]

☆夜、皆で観る約束になっていたのだが、他の作品を観ようと行った<MOVIX昭島>で、つい、この作品のチケットを買ってしまった。  『レミーのおいしいレストラン』以降(『WALL・E/ウォーリー』含む)、その完成度は認めるも、いまいち、心にグッとこなくなってしま
  1. 2010/03/13(土) 05:26:46 |
  2. 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

「カールじいさんの空飛ぶ家」キネカ大森にて鑑賞

12月末まで有効の東京テアトル鑑賞券を2枚持ってるんだけど、せっかく昼間の試写会で新橋まで出てきたから、ちょっと足をのばしてキネカ大森で一気に2本観ることにしました初めて入る映画館だけど、駅からほど近いし、小さいながらも3劇場あるので、ちょっとしたシネ...
  1. 2010/03/13(土) 08:36:35 |
  2. 流れ流れて八丈島

『カールじいさんの空飛ぶ家(字幕版)』

□作品オフィシャルサイト 「カールじいさんの空飛ぶ家」□監督 ピート・ドクター □脚本 ボブ・ピーターソン □キャスト(声) エドワード・アズナー、クリストファー・プラマー、ジョーダン・ナガイ、ボブ・ピーターソン、デルロイ・リンドー、ジェローム・ランフト、
  1. 2010/03/13(土) 08:48:57 |
  2. 京の昼寝?♪

カールじいさんの空飛ぶ家/Up

これも1週間遅れのレビュー記事。 ピクサーの新作アニメということで、期待して「カールじいさんの空飛ぶ家」を鑑賞。「UCとしまえん」は、少なめかなぁ。 「カールじいさんの空飛ぶ家」は、大きめのスクリーンで、4割程度か。 【ストーリー】 冒険好きな少年と少女だっ
  1. 2010/03/13(土) 09:00:33 |
  2. いい加減社長の映画日記

『カールじいさんの空飛ぶ家』

年明けてすぐに、やっとのことで観てきました、『カールじいさんの空飛ぶ家』。 3Dにこだわらずに2Dで観ちゃいましたが。 ******************** 『ウォーリー』のディズニー・ピクサーが贈る感動のアドベンチャー・アニメーション。偏屈で孤独なガンコ老人が、亡き妻
  1. 2010/03/13(土) 10:12:26 |
  2. Cinema + Sweets &#61; ∞

映画「カールじいさんの空飛ぶ家」@TOHOシネマズ川崎

 試写会場となったシアター7の客入りは1?2列目以外満席。お子さんを含む女性客が多い。川崎観客は相変わらず上映中に袋菓子をガシャガシャと大きな音を立てて食べるのでうるさい。 BungeePriceDVDアニメディズニー/カールじいさんの空飛ぶ家【DVD】 映画の話 いつ...
  1. 2010/03/13(土) 16:48:25 |
  2. masalaの辛口映画館

★「カールじいさんの空飛ぶ家」

今週の平日休みは・・・ 寝坊してしまったので一本のみの鑑賞・・・ しかも、上映開始時間を見て無かったので、 予定に反して吹き替え版の3Dを観る事に。
  1. 2010/03/17(水) 23:36:56 |
  2. ★☆ひらりん的映画ブログ☆★

カールじいさんの空飛ぶ家

作品情報 タイトル:カールじいさんの空飛ぶ家 制作:2009年・アメリカ 監督: ピート・ドクター、ボブ・ピーターソン 出演:エドワード・アズナー、クリストファー・プラマー、ジョン・ラッツェンバーガー、ジョーダン・ナガイほか あらすじ:冒険に憧れる少年カールは1
  1. 2010/07/12(月) 01:56:51 |
  2. ★★むらの映画鑑賞メモ★★

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR