FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたになら言える秘密のこと

あなたになら言える秘密のこと -THE SECRET LIFE OF WORDS -
http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1171117993/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中:2007/02/10(土) 23:33:13 ID:pIFHrWiT
公式
http://www.himitsunokoto.jp/


2 :名無シネマ@上映中:2007/02/10(土) 23:37:46 ID:ZyfFlv20
クソみたいな邦題に呆れつつ2get

5 :名無シネマ@上映中:2007/02/11(日) 00:42:51 ID:ECB4qRZj
そうだな、邦題がなんか「女性向け!」みたいな感じで胸糞悪い。
「死10」を意識しての事なんだろうが。

6 :名無シネマ@上映中:2007/02/11(日) 00:50:24 ID:wk5+1txu
映画としてはめちゃくちゃつまらんかった
演出がギクシャクしてるしカメラワークが悪い

8 :名無シネマ@上映中:2007/02/11(日) 17:32:26 ID:hb+KTdud
軽い気持ちでみたら、結構な破壊力あってびっくりしたお。

9 :名無シネマ@上映中:2007/02/11(日) 20:04:32 ID:B8zWS3C0
バレます
教えて下さい

女児の声で最初と最後にナレーション入ってたけど、
あれって流産したか里子に出したか、ハンナの子供って事だよね?
一緒に見に行った友人は、あれはハンナと一緒に監禁されてしまい
後拷問によって死亡した友達の声だと言い張るんだけど。

11 :名無シネマ@上映中:2007/02/11(日) 21:35:47 ID:EM4GQepy
>>9           
ハンナの子供の声だと思う…「私の下に二人兄弟が出来た」みたいな事言ってたし。

13 :名無シネマ@上映中:2007/02/12(月) 02:29:56 ID:xbcpgRck
結構良かったです。
>>8さんのように私もそれほど重くないと思ってみたので破壊力ばつぐんでした。

>>9ネタバレですが、

ハンナがジョゼフに話したことは全て自分自身のことだと思います。
つまりハンナが殺した娘の声です。

16 :名無シネマ@上映中:2007/02/12(月) 22:35:29 ID:WqdySzpu
>>9>>11>>13
あえて色々な解釈ができるようにしてあるのかもね。
自分は
・「友達」の身に起こった事は全てハンナ自身の体験(会話の最後で告白している)
・ナレーションの少女は、自我を防衛する為に生み出されたハンナ自身の分身
と解釈してみた。

17 :名無シネマ@上映中:2007/02/12(月) 23:09:25 ID:ywctpP3j
>>16
俺も同じ解釈した。
母親が娘を殺したってエピは別の監禁者のことだと思った。
もし、それも自分の事なら、友達のハンナが~って話すと思うから。
それにしても、最後のティムの「泳ぎ覚えるよ」に笑って、泣けた。

28 :名無シネマ@上映中:2007/02/13(火) 20:05:42 ID:Hk96TlrM
>>16>>17
それだと最後の女の子のナレーションで「私の下の兄弟が~」と言っていたところで衝撃を受けなくなっちゃわないですか?
女の子は、ハンナが殺した娘だったんだ!というのがこの映画の肝だと思うんです。最高に悲しく素晴らしいところ。

しかしそれだと「友達」というのは本当にいたのか、それとも娘のことを「友達」としてジョゼフに話したのかがわからないですが。
なので私は、自分自身のこととして話したくなかったから「親友」と言ったり、「ある母親と娘」と言ったりしたのかな、という解釈をしました。

31 :名無シネマ@上映中:2007/02/14(水) 06:01:46 ID:7vEDJrQ4
>>28
>>女の子は、ハンナが殺した娘だったんだ!というのがこの映画の肝だと思うんです

話の中で、娘を殺した母親は自殺したらしいから、ハンナじゃないでしょ。
そもそも、話の中の親友のハンナ=自分なのだから。

拷問されて塩を塗りこまれたのが自分で、
ナレーションは、たびたびレイプされた挙句、妊娠して中絶か流産した女の子だと思ったけど。

32 :名無シネマ@上映中:2007/02/14(水) 21:29:17 ID:s4VQyg0v
>>31
母親は自殺した、というセリフは見逃していました。
私が思っていたのは、ハンナは最初は嘘をまじえながら本当のことをちょっとずつ話せるようになっていったので
あの告白の話にも自分自身のことでは無いような話し方をしていたのだと思っていました。
そして、母を気遣うような話(ナレーション)をする娘というのは、生前の娘の性格をハンナが思い出してトレースしている、
という意味に捉えてしまいました。

しかしコチラhttp://www.cs-tv.net/blog/001161.htmlの監督のインタビューにもあるように>>16さんのとおりに
答えは見た人の受け止め方次第というのが正解のようですね。

35 :名無シネマ@上映中:2007/02/14(水) 22:32:35 ID:6d4bd36g
>>32
母親=ハンナだったら、心を殺したっていう事も考えられますね。
全てが収められているのは、あのビデオの中なんでしょう。

14 :名無シネマ@上映中:2007/02/12(月) 08:30:37 ID:3vlLspJF
ネタバレ

2ちゃんねる映画ブログ

おっぱいシーンが重すぎるため興奮しなかった。

61 :名無シネマ@上映中:2007/02/18(日) 02:17:11 ID:1HQk9v26
ナイトショーで観た200人の箱に10人だった。
エンドロール終わるまで席立つ人がいなかった。

>>14
同意。でもいい形していた。

15 :名無シネマ@上映中:2007/02/12(月) 19:04:56 ID:iHxB71pi
予備知識無しで見た。

・・・重すぎ。

良い映画だが、明らかに宣伝と邦題で失敗してるな。
(客層全く違うだろ!!)

19 :名無シネマ@上映中:2007/02/13(火) 00:36:30 ID:EYL0wC83
この映画ほど心の底からハッピーエンドになってほしい!!
と思った映画はなかった。
生きることを幸せに思えないってなんだよ。
生き残ったことに罪悪感を感じてしまうってなんだよ。
ハンナには誰よりも誰よりも幸福になって欲しいよ。
そして実際にいる(いた)「ハンナ」たちにも。

20 :名無シネマ@上映中:2007/02/13(火) 00:50:04 ID:2Zz31D0D
悪くはない作品だと思うが
いきなりユーゴ内戦の話しが出てきたのは、ちょっと反則技かな~なんて思った。

22 :名無シネマ@上映中:2007/02/13(火) 01:58:15 ID:ZWJ/TGrn
アルモドバルは自分がゲイだからってゲイ映画とりすぎじゃね?
別にいいけどさ。

23 :名無シネマ@上映中:2007/02/13(火) 15:35:49 ID:PoMLbtnm
「死ぬまでにしたい…」と同じ監督とは思えないほど見事な映画だったが
これ、内容的にはアート系の単館でかけるべき映画だ。
映画初心者には2チャンだけの映画通ブリッコには太刀打ちできまい
このスレの誰かさんがそれを如実に証明しているよww

主人公があの語りを始めるまでの静かなサスペンスを孕んだ落ち着いた展開に
惚れ惚れしながら見ていた。
それを退屈と感じる人は、この映画から相手にしてもらってないってことだね。お気の毒w

ちょっと気持ち悪いオドオドした学者が実は理想肌の持ち主だったり
嫌な奴として観客に印象付けられた二人が実はカップルで、うち一人は
妻子を愛している悲しさ… などの点景もなかなか良かった。

最後のデヴィッド・バーンの唄にも感激! 

36 :名無シネマ@上映中:2007/02/14(水) 23:54:02 ID:D3TqgsPv
>>23

同意です。「死ぬまでにしたい…」よりも良かった。

2ちゃんねる映画ブログ

さすがのティム・ロビンスはもちろん、さくっと描写する中にも、
全ての登場人物の掘り下げがしっかりしていて見事だった。
シネコンじゃなくて、単館系で細く長く上映して欲しいタイプの映画。

ハンナは、自分の受けた心身の傷はもとより、語りきれない程の悲惨な出来事を目撃したこと、
多くの人が亡くなった中、生き残ってしまったことで、自らを封じ、死と同様の地平まで追い込んだんだね。

ヨーロッパの一角で起きていた紛争当時、連日、テレビで世界中にニュースが流れ、
壁を隔てただけのような隣の国では普通に豊かな生活があったっけ。
たった10年で全てが忘れ去られてしまうことも恐ろしいが、起きていること自体が無視される場合もある。
特に、アフリカ。 例えばダルフールとか。

25 :名無シネマ@上映中:2007/02/13(火) 16:35:45 ID:os3fbY/a
>>23
ちょっとオドオドした学者の中の人、気に入ったなら、
『ヴェラ・ドレイク』と『人生は、時々晴れ』を見てください。
どちらもマイク・リー監督作品ですが、
性格の全く異なるキャラクターを見事に演じております。
今回も新たな彼を見せてくれて、ファンとして嬉しかったです。

27 :名無シネマ@上映中:2007/02/13(火) 19:16:17 ID:ZWJ/TGrn

2ちゃんねる映画ブログ

アルモドバルは映画に関しては天才だから仕方ない。
アルモドバルの作品を貶すやつってどんな映画なら満足するんだ?

30 :名無シネマ@上映中:2007/02/13(火) 23:31:35 ID:R3Jipgfy
ネタバレ注意


戦争の傷と不倫は重さが違いすぎるような…。

31 :名無シネマ@上映中:2007/02/14(水) 06:01:46 ID:7vEDJrQ4
 >>30
>>戦争の傷と不倫は重さが違いすぎるような…。

親友は目の前で自殺したわけで、当人にとっては重さが違いすぎるということも無いと思う

33 :名無シネマ@上映中:2007/02/14(水) 21:29:56 ID:x+KCXeB/
 少し聞きたいのですが
ホテルに連れ込まれた時は
味方のクロアチア側ですよね
そこに国連側の人間が来て
拷問を受けたって事ですか?

34 :名無シネマ@上映中:2007/02/14(水) 22:12:59 ID:mGjaua8G
クロアチア人に監禁、レイプされて、
国連軍が来て、解放されると思ったら、また・・・ってことだったと思う。
国連軍の倫理問題は割と当時報道されてたよね。紛争が終わった後に露呈して。

37 :名無シネマ@上映中:2007/02/15(木) 00:20:29 ID:nHLQyFXT
まあ、戦時下での兵士は思考回路が変になっているから、民間人のレイプがあっても仕方が無いな。
と言って済まされる問題でもないが、兵士の立場になったら・・・

38 :名無シネマ@上映中:2007/02/15(木) 10:26:54 ID:Qr3wM/4X
話の流れ断ち切るが、レストランで看護師に応募するとき、日本語の歌が
BGMにかかってたけど、だれの歌?

42 :名無シネマ@上映中:2007/02/16(金) 01:11:50 ID:NS9Vk4m6
>>38
エンドロールに載ってたけど、気になるような歌でもなかったので忘れた。

43 :名無シネマ@上映中:2007/02/16(金) 01:14:09 ID:NS9Vk4m6
>>38
載ってた。
http://www.fr-dr.com/paris/archives/2007/02/06223346.php

44 :38:2007/02/16(金) 11:27:45 ID:I2K7KV/Y
>>42、43
 サンクス。監督は日本通なのか。何か意外。

40 :名無シネマ@上映中:2007/02/15(木) 15:22:31 ID:ECyr+bTu
最後まで疑問に残っているのが
どういうきっかけでハンナはリンゴとチキンとライスしか
食べなくなったのか。
あと石鹸を一回使うと捨ててしまうのか。
この辺のことには全く触れてなかったような気がするんだけど。

41 :名無シネマ@上映中:2007/02/15(木) 16:38:39 ID:bGh7MEdz
>>40
つ原作

45 :名無シネマ@上映中:2007/02/16(金) 19:50:15 ID:xJcNYtH9
塩を縫いこまれたっていうのは、自身のことだったのかなぁ。
学生時代の友人としての描写もあったから、本当にいた親友だと思ってた。
てっきり、死んだ友人の名を、追悼するように彼女が名乗っているのかと思ったよ。

あと、クロアチアの兵に車を止められたときに、最初は車泥棒だと思った云々、
ってくだりがよく分からなかったんだけど……。
「車の持ち主に悪いと思った」っていうのは、借りた車だったのかしら?

46 :名無シネマ@上映中:2007/02/16(金) 20:04:20 ID:xJcNYtH9
それと、最初の晩に、なんで患者の食べ残しをがつがつ食ってたんだろ。

52 :名無シネマ@上映中:2007/02/16(金) 21:57:03 ID:3gt/uJ3e
>>46
おなか空いた。

53 :名無シネマ@上映中:2007/02/16(金) 22:39:48 ID:xJcNYtH9
なるへそ。
ただ単に、腹が減ってたのと、料理が美味かったせいなのかしらね。

83 :名無シネマ@上映中:2007/02/20(火) 14:32:13 ID:ooG1ey0s
>>40
生き残ったことに罪悪感感じて生きてるとか言ってたし、
収容されてた時の食べ物をずっと噛み締めてるのかと思った。
親友とかが死んで、自分だけ幸せになったらいけないという
思いがあったんじゃないかと。それで四六時中働いてないと
不安になるのか無意味に刺繍したり、フカフカのベッド破壊したり…
それが掘削所で段々解れた感じかと。

>>45
自分自身も塩やられてるとは思うが、漏れもそう思った。
女児は死後もずっと語り合ってる死んだ親友なんじゃないかと。

馬鹿なのかもしれんけど、あくまで漏れの意見。

84 :名無シネマ@上映中:2007/02/20(火) 15:02:53 ID:rofG13dD
って言うか、親友なんか最初から居ない

85 :名無シネマ@上映中:2007/02/20(火) 15:17:52 ID:ooG1ey0s
あの日、自分の中の明るいほうの気持ち(親友と表現)が死んだってことで

90 :名無シネマ@上映中:2007/02/21(水) 23:15:12 ID:lJvlElMq
余りにつらい出来事を経験すると、それが自分に起こった事ではないと考えないと
心が耐えられなくなるんだよ。
例えば二重人格なんかはつらい出来事はもう一人の自分が
経験している事にして精神のバランスを保とうして生じるもの。
女児の声はあの経験をしていない幼き日の自分。
今の自分を幼き日の自分という視点で客観視することで、
どうにか心のバランスをとっているんだと解釈したけど?

54 :名無シネマ@上映中:2007/02/16(金) 23:02:07 ID:V2kRPBYq

2ちゃんねる映画ブログ

ハヴィエル・カマラが大好きなのですが、
この映画ではどのような感じでしたか?

55 :名無シネマ@上映中:2007/02/16(金) 23:35:18 ID:3UOPQmVD
>>54
チャーミングなコックさんの役でしたよ
主人公二人の次に出番が多いかな?
映画の雰囲気をやわらかくするのに一役買ってるかんじでした。
わたしはキャラクターでは一番好きです、サイモン。

わたしも質問させてください。エンドロールでかかっていた曲は
誰のなんていう曲なのでしょうか?

56 :名無シネマ@上映中:2007/02/16(金) 23:53:43 ID:DWlv9Qxo
http://www.last.fm/group/Soundtrack+Geeks/forum/15996/_/71951

最後のデビッド・バーン

57 :名無シネマ@上映中:2007/02/17(土) 00:12:29 ID:3oT1cLWb
>>56
おー、ありがとうございます!

60 :名無シネマ@上映中:2007/02/17(土) 19:33:41 ID:hpfmS2lm
最初と最後の女児について、だけど。
ぼくは、トラウマティックな体験をした人に行われるサイコセラピーの、
インナーチャイルド療法を連想したなぁ。
様々な苦痛の感情に苛まれるとき、
外傷体験を抱えた子供の自分をイメージし、
現在の、つまり大人の自分が、その子を慰めることを想像する。
そんなセルフケアの方法なんだけれどね。
あの子は、ハンナ自身が想像する、
傷ついた自己像なんじゃないかと思ってたよ。

62 :名無シネマ@上映中:2007/02/18(日) 02:58:52 ID:Dw0vSezY
それを言いたいだけが為にこれだけもの尺をとったの?
そう言いたい映画でしたわ。
音がまず不快でしょ。ヘリの音、ペリカンの鳴き声。
うるさいったらありゃしない。
展開が遅いし、患者の男性がストーカー気質丸出しの
質問攻めがイライラさせ、女性が体験談を打ち明けた時の
臭い演技は見るに耐えれなかった。

金を返せとは言わない。時間を返せ。

69 :名無シネマ@上映中:2007/02/19(月) 00:21:52 ID:56R8f7AA
上の人の意見、監督の術中にハマってると思うのですが。

>音が不快
アナログの補聴器は必要な音以外の音を勝手に拾って増幅しとかなりの騒音になるみたいです。つまり聞きたくない音が飛び込んで来てしまう。レストランでのBGMなんかもそんな演出だと思いました。
>質問が不快
あのときのハンナと同じ気持ちになったのでは?

70 :名無シネマ@上映中:2007/02/19(月) 00:24:28 ID:TuiK28hq
単純にクロアチア軍も国連軍(アメリカ?)も含めて軍人が憎いと思った。
性欲がコントロールできなくなるんだったら自害すればいいのに。
何がアイムソーリーだ。ハンナがかわいそうだろ。

72 :名無シネマ@上映中:2007/02/19(月) 01:34:16 ID:rObtyWd3
>>70
ハンナよりももっとかわいそうなのは軍人だと思いませんか?
徴兵されて死に向かわされてるんですよ。
ハンナは戦争体験で深く傷つき、苦しみの中を生きていかなければならなくなった。
徴兵された人は、生きることすらままならないのですよ。
ハンナがかわいそう?これを解決するにはどうするのが最適だと思う?
国防を女に任せて、女だけに徴兵制を導入すればいいんですよ。
でも女達はそれをしないよね。しないくせに苦役を男性だけに押し付けて
自分達だけが被害者気取り。
君の表現を借りると、国防を男性だけに押し付けといて、戦争被害者には
なりたくないという都合のいい考えを持ってるなら自害すればいいのに。

73 :名無シネマ@上映中:2007/02/19(月) 02:33:57 ID:lEnMSEJc
>>70
俺は兵士にも同意できるけど?
確かに通常の生活をしていれば、道徳的に兵士の行為に嫌悪感を抱くのは当たり前。
でも、一秒後には死体になっているかも知れない戦場で、冷静な判断力などなくなるのは分からないでもない。
被害者は確かに可哀想だけど、加害者も同時に被害者なんだと思う。
それを無くすにはどうしたらいいか。
それは戦争を無くすことなんだけど、人間の歴史を見れば分かるように、戦争が無くなることは無い。
納得がいかないことだけど、仕方ないんだよ。

75 :名無シネマ@上映中:2007/02/19(月) 12:20:30 ID:ZHUYssAk
>被害者は確かに可哀想だけど、加害者も同時に被害者なんだと思う。

こう言う事を平気で言う奴は、家族が同じ目に合っても平気なんだろうか?
国の為に戦ってる兵士なんだから仕方ないと、妊娠しても受け入れるんだろうか?
堕胎したところで傷付いてるのは兵士も同じ、と言うのだろうか?
こんな奴らの考えは恐ろしいし、家族が同じ目に合えばいいのにと願う

76 :名無シネマ@上映中:2007/02/19(月) 12:36:05 ID:nWar3dGp
>>75
最後の一行を書いた時点で、きみも同類になっちゃうぜ。

92 :名無シネマ@上映中:2007/02/22(木) 10:55:34 ID:Dgt6Gb7/
二回目みてきました。
涙ぐみ?ながら「ドルチェ・ビタ…」を口ずさむハンナの表情が忘れられん。

93 :名無シネマ@上映中:2007/02/23(金) 03:52:31 ID:vYT4Ko1S
アルモドバルって2タイプの映画があるよね。

94 :名無シネマ@上映中:2007/02/23(金) 10:59:10 ID:7NblQWif
言っとくが、これはアルモドバル製作ってだけだから

95 :名無シネマ@上映中:2007/02/23(金) 11:31:42 ID:vYT4Ko1S
監督じゃないのはわかってるよ。
制作総指揮がアルモドバルだから。

99 :名無シネマ@上映中:2007/03/02(金) 01:06:18 ID:mXSRhLIE
普通の人の普通の話を期待して行ったんだけど
戦争の被害者っていうのがちょっと・・・

ヨーロッパに住んでいる白人の人には身近な出来事だったのかもしれないけど
日本に住んでいる自分には特別な事のように感じてしまった。
(特別なことじゃないんだよってこの映画が言いたいのはわかるけど)
それ以外はすごくよかった
「その友達の名はハンナ」ってな感じのところで(;´Д`)キーンてキタ

あとバニラアイスって言ってるのに字幕がチョコレートアイスってなってる所があったような
今日1000円だったから人がけっこういた

102 :名無シネマ@上映中:2007/03/02(金) 21:19:48 ID:o/OzQEBp
アフラックもチリに連れてってもらえただろうか。

2ちゃんねる映画ブログ

103 :名無シネマ@上映中:2007/03/03(土) 13:41:04 ID:TtaznKQg
ハンナサイドのやるせなさ重さに対して、ジョゼフがたいして
反省してるようにも苦しんでるようにも見えなかったのが・・・
あんなことになった直後に看護婦に興味津々で口説きモードに入るってどうよ。
コックに君は他人の女にしか興味がないって言われて怒るけど
あれじゃ言われても仕方ない。

104 :名無シネマ@上映中:2007/03/03(土) 16:14:58 ID:3oV6JlrD
>>103
同意。あれはお前が怒るところじゃねぇだろと思った。

105 :名無シネマ@上映中:2007/03/03(土) 16:34:26 ID:e6T43JzR
後半になって好かれるように、前半は嫌なやつでにしたんじゃ

106 :名無シネマ@上映中:2007/03/04(日) 22:17:29 ID:oFI+zuvu
ブランコのシーンが妙に泣けた。なんでかな。

2ちゃんねる映画ブログ

107 :名無シネマ@上映中:2007/03/05(月) 18:05:25 ID:USg+6png
ああいう過去があって刺繍をしているって、どういうことなんだろう。
夜とかバスに乗ってるときとか、いかにもフラッシュバックしそうな時に
ワザとやってる感じなのが…

109 :名無シネマ@上映中:2007/03/16(金) 20:05:42 ID:7TVVpPRd
>>107
自分が幸せである状態が許せないんだと思ったんだが、どうなんだろ。
何もすることがない時は刺繍という労働をし、ふかふかのベッドは
無茶苦茶にし、食事も監禁時のものを食べと…


関連記事

  1. 2010/02/27(土) 01:24:56|
  2. あ行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 | ホーム | ごくせん THE MOVIE>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1079-a076edca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR