FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで

レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで~Revolutionary Road
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1232260668/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中:2009/01/18(日) 15:37:48 ID:tsAuxNvs
2009年1月24日(土) 全国ロードショー

「タイタニック」(97)のレオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットが11年ぶりに共演し、
ある夫婦の夢や葛藤を描いた人間ドラマ。1950年代アメリカ・コネチカット。
郊外の閑静な住宅街に暮らし、子供にも恵まれた理想の夫婦フランクとエイプリル。
しかし、2人はマンネリ化する日々に不満を募らせて、次第に溝を深めていく……。
監督は「アメリカン・ビューティー」のサム・メンデス。


2 :名無シネマ@上映中:2009/01/18(日) 15:38:06 ID:tsAuxNvs
キャスト
レオナルド・ディカプリオ
ケイト・ウィンスレット
キャスリーン・ハーン
マイケル・シャノン
デビッド・ハーバー
キャシー・ベイツ

原題:Revolutionary Road
監督:サム・メンデス
製作:サム・メンデス、ジョン・ハート、スコット・ルーディン、ボビー・コーエン
製作総指揮:マリオン・ローゼンバーグ、デビッド・M・トンプソン、ヘンリー・ファーマイン
原作:リチャード・イエーツ
脚本:ジャスティン・ヘイス
撮影:ロジャー・ディーキンス
音楽:トーマス・ニューマン
製作国:2008年アメリカ映画
上映時間:1時間59分
配給:パラマウント

46 :名無シネマ@上映中:2009/01/24(土) 14:12:30 ID:d4dfNaPQ
ばか嫁に泣かされてるデカプリオ、 いい演技だった(^O^) あとは 退屈。

2ちゃんねる映画ブログ

48 :名無シネマ@上映中:2009/01/24(土) 14:53:17 ID:DiLI2qgo
演技の上手さを見る映画ですね

55 :名無シネマ@上映中:2009/01/24(土) 17:26:15 ID:iWo6pX06
最後は予想できなかったので驚いた。
2人とも凄い演技だった。全てさらけ出す、振り絞るような感じ。
物語りもメデタシメデタシじゃないし、好き嫌いはあるかもしれないね。
私は見応えあって、最後は放心状態になった。
ネタバレできないのがツライ。

69 :名無シネマ@上映中:2009/01/24(土) 20:07:17 ID:PcRgylq8
主演2人はもちろん、ジョンとその両親、隣の夫婦から同僚まで皆演技が上手かった。
映像、音楽、隙がなくてほんと完成度高いね。
嫁さんでこういう映画撮れるってケイトを女優として信頼してるんだなと思った。

59 :名無シネマ@上映中:2009/01/24(土) 18:26:21 ID:k5AYYIhr
今日彼女と観て来た。

2ちゃんねる映画ブログ

ウィンスレットの考え方がフィクション過ぎて少しも共感出来ない。女は勝手過ぎる。

65 :名無シネマ@上映中:2009/01/24(土) 19:12:46 ID:XbX/6X3I
なんか嫁の情緒不安定ぶりに夫が振り回された挙句に、悲惨な結末でTHE END。
まあ子供のことを考えると、旦那だけに育てられたほうが幸せかもね。しかし、この夫婦
タバコ吸いすぎ。家中タバコの匂いが消えないだろうな。

66 :名無シネマ@上映中:2009/01/24(土) 19:15:58 ID:6U5cJkPd
渋谷で見てきた。
映画としては非常に完成度が高く、無我夢中で見ていた感じ。
自分的にはケイトの心境は理解できる。ディカプリオのほうの夢と絶望を
もう少し描いて欲しかったかな。

80 :名無シネマ@上映中:2009/01/24(土) 22:24:41 ID:iKbEoDDe
>>66
俺と逆だな
俺はディカプリオの気持ちが痛いほど分かった
ケイトはヒステリックで病んでる女にしか見えなかったな・・
なんつうか・・こう、二人とも・・・よく結婚したよな・・・

81 :名無シネマ@上映中:2009/01/24(土) 22:26:15 ID:Gvv3UNOf
>>80
ケイトは結局、あのご近所の旦那さんとペッティングまでいったこと
デカプリオに告白しないまま逝っちまったしな。

83 :名無シネマ@上映中:2009/01/24(土) 22:30:55 ID:YMcqcyDN
>.81
おまえセックスしたことないだろ。
ペッティングじゃなくて挿入してるじゃん

84 :名無シネマ@上映中:2009/01/24(土) 22:37:16 ID:iKbEoDDe
しかし早漏だったな

85 :名無シネマ@上映中:2009/01/24(土) 22:39:41 ID:PcRgylq8
ケイトのこと好きすぎたんだろう<旦那さん

86 :名無シネマ@上映中:2009/01/24(土) 22:40:56 ID:iH6tFl/q
ずっと抱きたかった女だからな、俺もあんなもんだよ。

87 :名無シネマ@上映中:2009/01/24(土) 22:45:51 ID:i/Q1bn/f
俺はカミさんと観てきたが
ケイトの浮気相手もディカプリオも早過ぎるって言ってたな。
あんなもんだろって言ったら睨まれた。
今夜は燃え尽きるまで~

88 :名無シネマ@上映中:2009/01/24(土) 23:25:40 ID:CI106/Xa
お前はさっさと燃え尽きても奥さんは不完全燃焼ですよ

67 :名無シネマ@上映中:2009/01/24(土) 19:30:33 ID:lFXAL4Gt
いやあ、重たい映画だったわ。
なんか見た後落ち込んだわ。
結婚するのはやめておこうと思った。

281 :名無シネマ@上映中:2009/01/28(水) 16:47:49 ID:GjD46nOK
見てきた。面白かった。

タイタニックの2人がもし生きていたら、
っていうパラレルワールドみたいな感じで見てたw

やっぱ制作側も
それ狙ってキャスティング組んだのかな、とか思ってしまったw

284 :名無シネマ@上映中:2009/01/28(水) 20:23:52 ID:3FccHmeI
>>281
ケイトがレオに原作本を読ませて共演しようって持ちかけたんだって。
監督はケイトの夫のサム・メンデスだし。
かな~り私的な映画なわけよ。

2人が役にぴったりということで選ばれたわけじゃない。

75 :名無シネマ@上映中:2009/01/24(土) 21:01:14 ID:i9FVw4dx
映画見たけど、副題の意味がわからん
「燃え尽きるまで」って何を指してるの?
不完全燃焼で崩壊したカプールの話じゃん。

「革命の道」
「燃え尽きるまで」
むしろCHE二部作の邦題にするといいなw

77 :名無シネマ@上映中:2009/01/24(土) 21:49:53 ID:iWo6pX06
>>75
自分の野望と言うか、願いを燃え尽きるほど突き進みたいって意味合いだと
受け止めました。

78 :名無シネマ@上映中:2009/01/24(土) 22:13:02 ID:Gvv3UNOf
配給会社はアホすぎるな。サブタイトルいらねえのに。

っていうか、あまり予備知識ないままにみたから
「レボーショナリー・ロード」ってのが本当にただの通りの名前にすぎないとは思わなかったw
家庭の改革?みたいなのにひっかけてるんかと思ったわ。

286 :名無シネマ@上映中:2009/01/28(水) 20:53:53 ID:IUlnxaK8
タイトルが悪い!「タイタニック2」にすればもっと客がはいるのに!

287 :名無シネマ@上映中:2009/01/28(水) 20:57:23 ID:3MOB7oI9
>>286
www

96 :名無シネマ@上映中:2009/01/25(日) 00:19:07 ID:NnmCVhhq
DVDで十分。サムメンデスのファンでもどうだろう。
単なる一夫婦の話。犬も食わない。
たぶん、皆が分かりきっている事、日常とかそういうものを
再確認する作業になる。

デカプリオのファンならまあスクリーンで見る価値あるかも。
久しぶりの、心に迫る熱演爆発って感じだった。

98 :名無シネマ@上映中:2009/01/25(日) 00:25:11 ID:y8Rhc3K0
>>96
ハゲドウ

103 :名無シネマ@上映中:2009/01/25(日) 00:39:42 ID:BRQOPUhg
貴方の浮気した理由じゃなくて
私に浮気したことをわざわざ言うのは何故?
どんどん他の女とファックしなさいよって すごむケイトが怖かった

愛のない夫婦やってずーっと無理してると
どんどんひずみが生じて精神的にもイってしまうんだろうね

105 :名無シネマ@上映中:2009/01/25(日) 00:47:08 ID:IQJ0ibjT
浮気した場合、あの反応が一番凹むだろうな。
あれに比べたら泣いて責める女性はなんてかわいらしいんだろうと思った。

107 :名無シネマ@上映中:2009/01/25(日) 01:07:49 ID:Kxo/B2/v
テーマはもっと理不尽なところにあると思うよ
浮気はあったけど、実はディカプリオは何もアクションおこしてない
アクションおこしたのはケイト
そのアクションは根本的に何に起因するか?
そう考えたときに、最後のシーンが象徴的
でもそれは、よくよく考えると、誰も解らない(どうしようもない)人間のサガに繋がって、映画のストーリーで受けた衝撃にさらに深い絶望が加わる

116 :名無シネマ@上映中:2009/01/25(日) 03:13:27 ID:1hEz1EC7
あの最後のカット渋かったなぁ。
よりによってあの人で終わるとは。
ここ何年か観た中じゃ、ずっと記憶に残るラストかも。

明け方の森のケイトの表情が凄まじい。
誰もいない部屋が映るだけで怖い怖い。
そこいらのホラーの何倍もゾクゾクさせられました。

110 :名無シネマ@上映中:2009/01/25(日) 01:41:39 ID:uYM2JFOS
俺はこの映画一人で見てきたけど、結婚して8年。30半ばでトキメキが薄れている中で
ちょっと身につまされた映画だな。それでも、ふとパートナーのことがものすごく愛しくなって
体を求めることがある、そのときはかなり情熱的になるが、それが長く続かないんだよね。
うちのパートナーはケイトほど気性が激しくもないし平凡な生活でも満足してくれているようだ
けど、もしあんな提案をされたら俺はどう返答するかな?ケイトは燃え尽きてしまったけど
うちは燃え尽きないようにケアしなくてはとちょっと反省。見終わってスッキリ出来る映画ではないね。

112 :名無シネマ@上映中:2009/01/25(日) 01:50:57 ID:lQUN5ZyC
つまらない業務もまじめにこなして
ちょっと浮気はしたけど妻子を大事にして
大きな仕事任されるまでになったのに
「あんたは理想が低すぎる」と責める妻……

スイーツという「日本語」を輸出してやりたい

128 :名無シネマ@上映中:2009/01/25(日) 12:29:28 ID:N1i4Sk9R
監督のメッセージが何なのかを理解するのが非常に難しい映画だな

最後のシーンからは、
「本心を相手に伝えることが全てにおいて良いとは限らない」、と読み取れる。
簡単に言えば、「ウソをつくならつきとおせ!」ってことか。

浮気の告白の件もそう。
破滅への決定打になった「子供なんて最初から欲しくなかった」ってのもそう。

でも逆に、「最初から本心をぶつけ合って生きていくことが大事」
というメッセージもあるよね。ケイトとレオが付き合い始めたころは、お互いの素の部分に
惹かれあったのだから。途中のパリ行きを決意してる部分では、その頃の心境が
お互いに戻って、全てが上手く回ってる。

まとめると、
「真実は、いつでもどこでも真実」
途中のケイトのこの台詞、これが一番のメッセージだな。

まとまりの無い長文スマソ。

137 :名無シネマ@上映中:2009/01/25(日) 17:37:00 ID:8Y/Q5mmO
観てきたが、本当に怖い映画だな。ドクオの俺でも怖さが伝わってくる。
メッセージが伝わらないという意見もあるけど、基本はどんなに高い理想も
いずれが破れることがある。その現実といかに折り合いを付けられるのか、
ということなんだろう。
戦後の勝ち組国家だったアメリカの裏面を描いた映画とも言うべきかも。
ヤミ中絶とか。

何が切ないかって、エイプリルが「旦那の方が自分よりも恵まれている」という思いに
次第次第に苛まれていくことだよな。自己実現の野望がなまじ高かった分、
現実と妥協できなかっということか。

136 :名無シネマ@上映中:2009/01/25(日) 17:26:54 ID:aQHl+1+Q
メンヘラー息子がいい味出してた。
あの息子を主人公にしたほうが2ちゃんでは受けそう。

2ちゃんねる映画ブログ

138 :名無シネマ@上映中:2009/01/25(日) 17:54:02 ID:yxoxKtl7
>>136
アカデミー助演男優賞にノミネートされてますね。

154 :名無シネマ@上映中:2009/01/25(日) 22:21:45 ID:1IIvbVia
近所の夫婦同士で見栄の張り合いみたいのは
都心に住んでるハイソな若夫婦連中の間では普通にあるよね?
どこの国でも一緒なんだなと見てて思った

映画のような家族は日本でももう一部の人間しか居なくなってきたよね
現実には

157 :名無シネマ@上映中:2009/01/25(日) 23:05:38 ID:aQHl+1+Q
>>154
日本でいうと金妻みたいな世界だな
あと山田太一

164 :名無シネマ@上映中:2009/01/25(日) 23:36:10 ID:M0a/mhfp

2ちゃんねる映画ブログ

ジョンの母親役の人って
スティーブンキングのミザリー出てた人?

165 :名無シネマ@上映中:2009/01/25(日) 23:52:29 ID:IQJ0ibjT
>>164
そうです。キャシーベイツ。タイタニックにも出てた。

273 :名無シネマ@上映中:2009/01/28(水) 11:45:10 ID:CTRNa4Mb
キャシー・ベイツが出ると厚みが出るな。
国防長官が、1ヵ月で、近所の噂好きの不動産屋さんか。

ケイトとディカプリオの再演とか宣伝されてるけど、
キャシー・ベイツの3人の再演だよな。
というか、オスカー取ってるのは、おばちゃんだけだし。

166 :名無シネマ@上映中:2009/01/25(日) 23:55:00 ID:Dvz9sWHd
たった今、オールナイトで観てきた。酷い映画だよ、これ。
脚本も演出も音楽も完璧。役者達の演技も完璧。
ここまで酷い話を完璧に作られたら、ぐうの音も出ない…


一番酷いと思ったのは二人がフランス行きを隣のキャンベル妻に告げた時。
その夜に婦人が泣くじゃない、みんな同じなんだよ、あの夫婦だけじゃない。

自分は他人とは違うと思いたい。自分は特別だと思いたい。
どこかに自分を生かせる場所があるんじゃないか?って思いたい。
大なり小なりそれを押し殺して生きてる。平凡は嫌だけど平凡に。

だからキャンベル婦人は生きがいを求めようとした二人に嫉妬した。
自分は平凡だから。自分の夫がフランス行きを批判したら喜んだ。
二人のフランス行きが頓挫したら心からはしゃいだ。
ウィラー夫婦が自分と同じだったから。

結局ウィラー夫婦もキャンベル夫婦も本当の意味で同じなんだよね、
ただエイプリルが少しだけ愚かすぎただけ。賢くなれなかっただけ。
そんなのを見せつけられた酷い映画だったよ

168 :名無シネマ@上映中:2009/01/26(月) 01:00:52 ID:Zwa+ct+V

ってか疑問に思ったのは、自宅で中絶したら、そのおなかの中に入ってた子はどう処理したんだろう…
沸かしたお湯は何に使うの?
あとあのゴムの器具を具体的にどう使うのか気になる
男なもので、わからないことばかりでスンマセン…

171 :名無シネマ@上映中:2009/01/26(月) 01:13:39 ID:1o9voJuq
>>168
俺もよくわからないが、ゴムの器具は空気の圧力で中の赤ちゃんを吸い出すために
あるのではないかと。お湯は取り出した胎児を入れるためにあると。

172 :名無シネマ@上映中:2009/01/26(月) 01:19:44 ID:KRvDFlWe
チューブの端に、飛行船みたいな楕円の器具がついてたでしょ。
突っ込んであれで吸い出すのよ。かなり荒っぽいやり方だけど。

お湯は事後処理に使う=洗い流す。
12週くらいの掻爬だったら、下水に流してもさほど問題ないから。

女の私にとっては、事前にちゃんとスカート脱いでたのに、
あんなピンポイントでキレイに丸く血液のシミがついてたのが謎。
あの後ろ姿、すごくいい絵だったけど。

174 :名無シネマ@上映中:2009/01/26(月) 01:29:24 ID:vLpWS249
お湯はただ単に器具を煮沸消毒したんじゃないの?
取り出した赤ちゃん入れるって、まだ何センチって時期でしょ?

173 :名無シネマ@上映中:2009/01/26(月) 01:23:34 ID:NgAP0vb+
見てきた。
妻に夫が振り回されたっていう意見が多かったけど、俺(独身だが)は
夫の人間としての小ささに頭にきた。
言っちゃあいけない事ばかり言うし、自分のことばかり考えていて思いやりは無いし。
愛する能力っていうのは上下があるね。
ディカプリおは上手いわ。

176 :名無シネマ@上映中:2009/01/26(月) 01:52:00 ID:euV507Wi
>>173
私は独身女性だけどそんなふうには思えなかったな。
夫は妻に対して思いやりと常識を持って歩みよっていたし
見ててすごく真っ当に思えた。

ケイトがちょっと現実味のないおかしな夢と希望を持ち過ぎて
突っ走り過ぎておかしな方向にいっちゃったのだよ。

あれは男なら誰でもアップアップだと思いました。

185 :名無シネマ@上映中:2009/01/26(月) 10:21:40 ID:urdsSZgR
ダンナにも愛情はあったけど、
奥さんの望む愛し方や欲しい形の思い遣りではなかった。と私は見ますた。

わかってねーな、こいつ。と思ったところから
妥協点を探るのが夫婦長持ちの秘訣かと。
ラストの不動産屋夫の補聴器OFFとか。

2ちゃんねる映画ブログ

ダメだこりゃ。と思ったら離婚しろ。
一人で好きなように生きていけ。
死ぬよりマシだ。

188 :名無シネマ@上映中:2009/01/26(月) 10:34:13 ID:sbBXvgdq
>>185

>>ラストの不動産屋夫の補聴器OFFとか。

印象的なシーンですね。

映画観終った後は、嫌な映画だなぁ、ぐらいしか思わなかったけど、家に帰ってから涙があふれて
きた。

夫は妻を愛しているのに、妻は夫を愛していなかった。自分(40歳♂)にダブる…orz

192 :名無シネマ@上映中:2009/01/26(月) 12:52:37 ID:JE4B37hZ
ディカプリオの家に越して来た若夫婦も同じ道を辿りそう。
あのオバハンの囁きに秘密があるな。
『あなた達は特別な夫婦なの』


それにしてもSEXの描写が短い。
みな早漏

230 :名無シネマ@上映中:2009/01/27(火) 01:48:12 ID:oT7NG8H7
やっぱサムメンデス最高だわ。
こいつの映画セリフ、セリフの連続だけど今回はまさにそれだったなぁ。
退屈しそうな映画を退屈させずに作れる監督だと思う。

258 :名無シネマ@上映中:2009/01/27(火) 21:51:44 ID:5/NZ9ZC2
最後の前の朝食の場面「嵐の前の静けさ」なんだよね。
思い返すと静か過ぎて怖い。
白い服がそのあとの出来事をより悲しく印象的にしていました。
その出来事のあとに走り出すディカプリオは本当に悲しく
根は純粋だったんだなと思わせて切なかった。

260 :名無シネマ@上映中:2009/01/27(火) 22:06:15 ID:Hzp4qwMM
>>258
コンピューターの話を聞いて絞り出すように
「興味深い機械ね…」って言うケイトが怖かった

262 :名無シネマ@上映中:2009/01/27(火) 22:18:14 ID:hkHq/7EN
>>258
というか、とうとう訪れた本当に幸せな瞬間だと思った。
くんずほぐれつでようやくたどり着いた境地。
互いに気遣い一点の曇りもないパーフェクトな朝食。
後に続きそうな地に足の着いた幸せ始まり。あの瞬間は。

265 :名無シネマ@上映中:2009/01/28(水) 00:40:39 ID:3mnNxNSi
いや、どう見ても、あの朝食は究極のサスペンス。

268 :名無シネマ@上映中:2009/01/28(水) 04:03:47 ID:qry8D9t7
>>262
自分も>>265に同意。
むしろ、決別を前に盃を交わすような悲壮感ばかり感じた。

絞りたてのオレンジジュース、
注文を聞いて焼く卵
ホテルみたいな朝食は、綺麗で完璧だけれど、生活感は皆無。
序盤のサプライズ誕生日パーティーにあった温もりもない。
最後の嵐が来る前の一瞬の凪というか、
そこの見えないがけっぷちというか。
寄りが戻ってハッピーどころか、その真逆のシーンだと思う

306 :名無シネマ@上映中:2009/01/28(水) 23:38:00 ID:C7sPPWvV
相変わらずこの監督はクオリティ高いな。
ツッコミ所どころか「あそこがもうちょっとこうだったら」みたいな不満すら無い。

決して巨匠風の映像・語り口とかじゃないんだが、ズッシリとした鑑賞後感。
ストーリー云々よりクオリティでもうおなかいっぱいだわ。


関連記事

  1. 2010/02/19(金) 00:11:33|
  2. ら行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<風の谷のナウシカ | ホーム | ATOM>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1077-b608debf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR