FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

突入せよ!「あさま山荘」事件

http://tv.2ch.net/movie/kako/1016/10167/1016782615.html
2ちゃんねる映画ブログ

125 名前: 観たよ! 投稿日: 02/04/03 04:39 ID:oQC4YeXX
初号の試写みたよ!娯楽で観れば一部気合いが入った作品!
原作知ってれば~ちょっと~の作品?
色々な書物や体験でこの事件の概要を知ってる人には一部不満?
総合的には、当時を知る人は1800円払って観ても、なんとか
問題なしか?事件事体をシラン人には賛否が別れるな!
長野県民は怒るだろうな?パールハーバーで日本人が怒ったように?


443 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/04/20 00:05 ID:7WLdEN5x
映画はとても面白かったです。
長野県警もそんなにひどくはないし。きっともっと佐々さんは
イライラしたと思うのですが、長野県警の表現の仕方としては
憎めないそれなりに一生懸命な人達になっていたようでした。
もと機動隊のかたに聞いたのですが、あそこにいくまでは
遊び半分な機動隊もたくさんいたのは事実みたいです。
でも、いってみたら大変なことになっていると自覚して
必死だったらしいです。
へんにジメッと情に訴えることがなく、よい活劇でした。

334 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/04/11 00:52 ID:UHTyZ+//
試写見たんだけど、過程から結末までわかっている話じゃないですか。
「佐々は実は連合赤軍の黒幕だった!!!」なんて展開ありえないし。
2時間超はちょっとつらいかな、と思いました。

283 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/04/10 02:48 ID:XVvKyWEE
30年前の話だから佐々→役所はいいとして、後藤田→藤田まことってのは
どうかと思うが。

284 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/04/10 02:53 ID:H1XI9e4n
いっそのこと本人たちがやったら笑えたんだけどな。
佐々淳行役の佐々淳行。

285 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/04/10 02:56 ID:NEatIAze

2ちゃんねる映画ブログ

いや、後藤田役の藤田まことは説得力があったよ。
似ていた!

495 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/04/24 09:38 ID:ikd+VbxK
昨日見ました。

緊迫感みなぎるハードな実録映画を期待しすぎると肩透かしを食らうかもしれません。
随所のディテールで観客のクスクス笑いを誘い、意外にゆったりしているけれど
ダレはしないテンポに乗せられて2時間を越える上映時間が実に滑らか。

ただ・・・原田眞人は当然、海外での公開も計算に入れているはずなのに、立てこもっている
赤軍について、10人以上の同志をリンチした上で殺した連中だと、一言も映画の中で
言及しなかったのは、何か理由があるのだろうかと勘ぐってしまいました。
外国の観客には彼らが何者で、なぜあそこに立て篭もっているのか不可解かもしれません。

ところで、頭に銃撃を受けたものの、弾丸がヘルメットの内側で一周して
入った穴から出て行ったため無事、というエピソードが登場します。 
これって原作にもあるエピソードですか?
無いとすれば、これは間違いなく50年代の、あの監督のあのアメリカ映画からの引用。
(どの映画かタイトルは教えてあげません)
あの監督の映画から引用するならば、終盤の活劇をもっと簡潔に出来なかったのか、
という恨みが少々残ります。 中盤までの好調ぶりが終盤少々乱れるような印象を受けてしまうのです。

そんな不満を感じつつも、かなりの満足感を得られる映画。
他の観客の反応も良好でした。
長々と失礼・・・

497 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/04/24 10:54 ID:n+UPRm9u
昨日見てきたんですが、ちょいと気になった点が一点。
内容のことではないんですが。
劇中で山荘前に置かれた果物を山荘内に持ち込んだ民間人、
役名が「ヤク中」になってませんでした?
確かにこの人薬物中毒者やったらしいけど、
もうちょっと役名の付けようがあったんちゃうかな。
もしかして俺の見間違いか…。

499 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/04/24 11:35 ID:Pu6JAkl6
 >>497
見間違いではないと思います。
どうもこう「おや?」と思わせるようなひねった役名を
放り投げてくるのが好きな人みたい。「呪縛」では
確か田口トモロヲ氏に「気の弱い警備員」という役名が
ついておりましたね。仁科貴はどんな役だったんだろう・・

500 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/04/24 11:45 ID:Pu6JAkl6
>>495
赤軍派の思想的背景等に関しては、この映画においては
バッサリ切ってるってことではないのでしょうか。
過激派の闘争的なものは世界あちこちにあるという
ベースを踏まえると、もたいまさこ演じる犯人の母親の
説得場面で、大体どういう類の連中であるかというのは
海外の方にも把握できるような気もするんですが。

601 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/04/28 13:07 ID:dniMUgfa
この映画の感想は2chじゃないと言い辛いよね。
うっかり変なこというと右だとか左だとか決めつけ
られかねない。
原作読んで、佐々監修のビデオ見て、それから5月11日にGOだ。

505 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/04/24 21:40 ID:ikd+VbxK
映画の冒頭のタイトルにも出る「ヘラクレスの選択」は、ギリシャ神話の中にこの言葉の
由来となる挿話があるのでしょうか?

510 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/04/25 04:59 ID:o8bE/Z2E
ヘラクレスの選択とは常に試練の多そうな道を選ぶこと。
佐々淳行は外務省、大学の助手、大企業という選択肢が
あったにもかかわらずあまり人気のない(当時)警察官僚
の道を選んだことがヘラクレスの選択だと書いている。

623 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/04/29 00:35 ID:/GEcgQpy
作品観ました。
娯楽作品としては失格。敵役であるはずの、赤軍もラストに出てくる
だけで、へろへろ。では、サッサの足を引っ張る、ある意味、敵役であるはずの
長野県警も、遠慮気味な描写で、へたれ具合も迫力不足。
国民が注目した大事件な感じも、全然なくて、あるのは、電話の苦情が
来る場面のみ。途中から警察が何をやっているのか、分からなくなった
という意見が、観た人に多いと思う。
中盤に笑えるシーンはあるけど、とにかく後半の突入シーンは
ずっこけたね。最新のカメラの映像は明るすぎて、雰囲気ゼロでした。
見どころは、藤田まことの迫力ある演技。でも前半ちょこっと出ただけで、
おわりました。天海もちょこっとだけど、中々、良かったな。
役所は突然狂い出すシーンがあるけど、全体的にイマイチだったね。
長野県警の役者は曲者ばかりで、うれしい配役だったけど、
勿体無かったね。もっと活かしてほしかった。
点数にすると、百点満点で二十点ぐらい。
でもヒットするだろうね。
あと、のんびりムードの音楽が気になった。

624 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/04/29 00:50 ID:lm/bKqeH
あのー、わたしとしては天海の銃後を守る敬虔な妻って描き方がすごく寒かったんですけど。
あのステロタイプな"妻"像が海外にも伝えられるのかと思うと鬱。特に足を洗うシーン、同じ女性としてとってもイヤでした。

650 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/04/29 22:10 ID:Yw6Hb4C1
この事件で日本人の大半は日清のカップヌードルを知ったらしいですが
(機動隊が外で食べていたのがTVに映って、寒いところで気軽に食べられる
ラーメンがあると話題になったと聞いています)映画でもそんなシーンが
あるのでしょうか。
のどかな話題でごめんね。怒られそうなので去ります。

654 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/04/29 23:07 ID:5f1eVrdp
映画にもカップヌードル出てたよ。でも、当時は張り付いてた報道員にも分けてあげたらしく
機動隊員ばかりが食ったワケじゃないんだって。
しかも、日清から格安で仕入れたのは警視庁サイドみたいだよ。

663 名前: カップヌードル 投稿日: 02/04/30 03:56 ID:9q92BUXj
今回の映画でもカップヌードルを食べてるシーンがあるね!
日清に協賛を求めて今回使用してる。当初、日清に当時の復刻版の
製作も依頼した話しも聞いたが、結局実現は無理だったみたい、
だから、カップヌードルを食べてるシーンはバーコドを隠しながら
撮影されてる。(笑)

664 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/04/30 06:01 ID:Gns3dk7T
>>650
ちなみに警視庁の人間には50円で、その他の人間には70円で販売してたそうです。

717 名前: 713 投稿日: 02/05/03 15:45 ID:8B6mfv4m

映画見ましたよ。

【以下ネタバレ】
『ブラックホーク・ダウン』と同じで
歴史上失敗だった(といわざるをえない)作戦のその中で
終始金鳥サッサがいかに聡明だったかを描くのに終始する
非常に根性の悪い映画でした。
長野県警を馬鹿にしすぎ。
連合赤軍の連中、ソマリア兵的描写に終始。

2ちゃんねる映画ブログ

特に遊人の起用には怒りを通り越して
唖然としてしまう。
こんなに映画を壊してまで
バカ息子を使い続ける原田“親馬鹿”眞人は
何を考えているのだろうか?

719 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/05/03 17:20 ID:0rKV0M8B
>>717
遊人て原田監督の息子だったの!?

720 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/05/03 17:23 ID:PGgIu7YC
>>719
そうだよ。「おニャン子 ザ・ムービー」の頃から
原田映画に出演してる。
バカ息子が可愛くって仕方ないんだろうな、原田は。

773 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/05/07 03:39 ID:JYuVY28i
監督Jr.良かったけどな。初めて見たけど、いい俳優じゃん。
伊丹Jrも出てるの?誰?何役?

774 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/05/07 10:29 ID:7RvVEPTC
なんか通信班みたいな役だったよ~な・・・。

883 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/05/11 18:38 ID:DhCn+Yf1
なんかこの映画、カメオ出演で笑いをとろうとしてないか。
赤軍も人質もびっくらこいたよ、ほんと。

赤軍は「激突!」か、フルメタルジャケットの
スナイパー的な描写でした。

904 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/05/11 22:52 ID:qvkufJBs
赤軍側が全然顔を出さないので
有名な人がカメオ出演してんだろうな
と思ったらその通りだった。

907 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/05/11 23:15 ID:fyVXehKl
犯人ちょっとしかでないんなら、
どーでもいいようなひとだと困るんだよねとはおもてた
なのでまあ満足
映画は想像と違ってたがおもしろい
突入日と突入日前では違う映画のようだよ
音楽はなくてもいいくらい

875 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/05/11 14:39 ID:OP4Hytqd
佐々が美化されまくっているのは原作者の特権ってとこでしょうか。

個人的には将軍の視点か兵士の視点かどちらかで統一してほしかった。
司令部と前線を行き来がかえって全体をボケさせてしまった様な気がする。

884 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/05/11 18:40 ID:8i83vUsx
日本映画としては、合格点だろう。多少、混乱するところはあるが、随所にうまい
演技、演出があり、映画ファンとして、十分に堪能した。こういう映画が数多く、
作られるようになって、映画もビジネスになるのだろうね。

895 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/05/11 22:06 ID:+TWkA6pL
結局、ドキュメンタリだったんだか、ドラマだったんだか。
起承転結があったような、なかったような。
山場があったような、なかったような。
オチがあったような、なかったような。

セリフが聞きづらかったところもあるので、DVD化するときには
日本語字幕挿入を希望します(笑)

898 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/05/11 22:30 ID:HNKGzSWl
はっきりいって赤軍VS警察っていうか警視庁VS長野県警の内容。
たしかにセリフは聞きづらかったなあ。
効果音も緊迫したシーンでファンファーレのような曲が流れて萎えた。
PS宇崎がいい味出してた

899 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/05/11 22:38 ID:7TZQXJ8j
>>898
警視庁?
警察庁じゃなくて?

924 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/05/12 00:12 ID:+7IYe08l
なんか原作のエピソード、あれもこれもと詰込み過ぎだな。

927 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/05/12 00:17 ID:Bgc6Eax5
>924
禿同。農水省の種付け手当てと、警察の危険手当の比較論なんて、
最終突入直前のあさま山荘内での会話としては、かなり不自然。

905 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/05/11 23:12 ID:e06e/9DI
佐々が出てたの気がつかなかったなぁ。どこに出てたの?

2ちゃんねる映画ブログ

908 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/05/11 23:19 ID:fyVXehKl
佐々=映画館のシーンね
他にも偉いひと出てた
きっと何度かNG出した挙句あきらめたんだろうな、ってくらい不自然っす

909 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/05/11 23:20 ID:e06e/9DI
映画館のシーンのどこに出てたの?
全然わからなかった

911 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/05/11 23:25 ID:fyVXehKl
牛たちの前のほうの席にいた3人組
パンフには名前載ってたんだけど
今手元にない

912 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/05/11 23:28 ID:e06e/9DI
なるほど。全然気がつかなかった

919 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/05/12 00:05 ID:OEmpP9ds
広報って腕章していた警察庁キャリアの国松って、あの国松ですか?

921 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/05/12 00:07 ID:+7IYe08l
>>919
あの国松です。

922 名前: 919 投稿日: 02/05/12 00:10 ID:OEmpP9ds
>>921
ありがとう

時代は巡り巡って、彼は撃たれるのですね。

929 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/05/12 00:20 ID:cCM6gGrh
装甲車、よく出来てる。消防車を改造したみたいだけど大したもんだ。
 
2ちゃんねる映画ブログ

936 名前: 930 投稿日: 02/05/12 00:48 ID:Bgc6Eax5
そういやー、椎名桔平の演ってた土建屋のオヤジ、制服着せたのはどうかと。
県警vs本庁の対立のネタにしては陳腐な描写。
原作にもないし。実話なんだろうか?<一日署長じゃあるまいし……。
某TV番組の再現場面ではフツーの作業服だったが。

937 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/05/12 00:55 ID:Cmf4cOSI
警察の制服着たのはホントだよ
記念にくれって言ったがダメだった、って

938 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/05/12 01:01 ID:8/xisLHD
>>936
実際は制服ではなくて警官用(お偉いさん用)のジャンパーだったらしい。
警官がヒロユキ社長に敬礼したらしい。

それよりクレーンが止まった理由は「バッテリーに水が被った」ってのが
警察の公式発表だけど、なんか映画ではお茶濁してたな。
実際は隊員がターミナル蹴っ飛ばしコードが外れたのが真相らしいが。

941 名前: 930 投稿日: 02/05/12 01:15 ID:Bgc6Eax5
937&938
情報感謝です。だったらジャンパーでいいじゃないですか。ねえ。
ネクタイつけて金モールってえのは……。

クレーン停止の件、佐々原作本では
「放水車の水がエンジンにかかってエンスト」と表現されてました。

948 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/05/12 02:46 ID:7hP4Ls0J
佐々が靴にお湯かけるときちょっとプッツンしちゃったシーンに(藁

950 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/05/12 04:10 ID:XzCcQ68F
>>948
あのシーンはオレも好きだな。(w

968 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/05/12 14:11 ID:IUGKDUr3
宇田川(宇崎)が佐々のとなりに座ろうとすると
(オレの方が階級が上なんだよ!)と石川(山路)が
邪魔する場面とか、長野側がタバコを吸ってたのを佐々に
バレないように後ろ手に隠し持ってたりするトコとか
細かいネタに気づく度についニヤリとしてしまう・・
・・これは罠ね

970 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/05/12 16:37 ID:7huJBfGN
>>968
蛍雪次郎は「軽井沢警察署署長」という彼の俳優人生で最も
社会的地位の高い役だったが、やはりショボいパシリ役でした。

2ちゃんねる映画ブログ

984 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/05/13 00:37 ID:gHReK9Qf
>>968
ワロタ。

953 名前: 名無シネマさん 投稿日: 02/05/12 05:57 ID:OO9WlZHP
もし「あさま山荘」の名が「セクシーモーテル」とかいう名前だったら
この題名はつけづらかったろう



http://tv3.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1035794772/
2ちゃんねる映画ブログ

45 :名無しさん:02/11/03 00:54 ID:dYhWuoyN
実際の生中継を見たのが小学生の頃で、
鉄球のシーンや連行される犯人のシーンは衝撃的でしたな。
映像的には諸兄の言う通り面白くないかもしれないけど、
私は楽しく拝見させて頂きました。

57 :ななし:02/11/04 17:21 ID:kfcHs7Ju
なんで佐々氏は映画の中で「きょくづき」って呼ばれてたの?
きょくづきってなに?

58 :名無シネマ@上映中:02/11/04 17:29 ID:cVSqNJsm
>>57
映画を観た上で言ってるの?

当時の役職名(肩書)が『警察庁警備「局付」警務局監察官』だったから。

123 :名無シネマ@上映中:02/11/19 00:30 ID:4QpsEk9j
自画自賛映画だわな。

エンターティンメントとはいえ、長野県警や赤軍を悪者にしすぎ。
悪い映画じゃないけど、そこがしらけた。
勧善懲悪映画じゃん、ただの。
もう少しなんかバランス感覚もてなかったのか? 「天国と地獄」の犯人に
つい同情してしまうようなさ。

124 :名無シネマ@上映中:02/11/19 01:01 ID:HXbmf8lt
赤軍は完全に悪者だろ。ていうかバカのお調子者かな。当時、流行に流されて
ミーハーシンパだったやつももう気がついてる。

よど号犯に「がんばれよ」といったバカ会社員もいたそうだが、今考えると
笑いものだよね。

長野県警はかわいそうだな。アメリカ映画のドイツ軍の扱いだよね。

125 :名無シネマ@上映中:02/11/19 01:14 ID:4QpsEk9j
まあ、確かに赤軍は確かにバカなんだけどさ。
泥棒にも三分の利というか、そういうのが少しでもあれば、もう少し複眼的な
映画になったのではないかと。

126 :名無シネマ@上映中:02/11/19 01:36 ID:Ro8Vc68k
1元的な視野でしか描かれないからテーマのシリアスさに反して深みがないんだよね。

133 :名無シネマ@上映中:02/11/19 11:27 ID:uHt46f96
いまだに当時の赤軍に何か「三分の利」があったとかみっともない
戯言言ってるやつがいるのにビクーリ。
元赤軍メンバーですら、公開の頃のインタビューで「自分のやってきたことは
間違っていたとは思わないが、あれ(あさま山荘立て篭もり)は完全に誤り
だった」と答えてるよ。

128 :名無シネマ@上映中:02/11/19 03:01 ID:SO4OLVx0
別に連合赤軍の肩を持つつもりはないが、やはりこの事件の本質に
迫ろうとしたら連合赤軍を描かない訳にはいかないと思うのだが…。

原田って基本的に銀行の不正融資(金融腐蝕列島 呪縛)にも
あさま山荘事件(突入せよ!)にも、それほど興味がないのでは?
単にエンターテイメントのモチーフにしてるだけ。
その辺りが原田の限界だと思う。

142 :名無シネマ@上映中:02/11/19 14:32 ID:4ebpnwvw
とにかく原田の映画は全て何言ってんだかよく聞き取れない。
字幕つけてくれ。

144 :名無シネマ@上映中:02/11/19 15:54 ID:yIbm5iVb
>142
レンタルは知らないが、セルDVDには字幕ついてるよ。

145 :名無シネマ@上映中:02/11/19 16:41 ID:NFagtvWi
聞き取れないとか言ってる奴は耳でも悪いのか、頭が悪いのか。
一字一句聞き取れないと生きていけないような性格なら生きてて
も仕方ないからチネ!

146 :名無シネマ@上映中:02/11/19 17:26 ID:k5viRiZ3
どうやっても息子の台詞は聞きづらいという罠。

147 :名無シネマ@上映中:02/11/19 18:43 ID:NFagtvWi
>>146
それだけは否定しない罠。


関連記事

  1. 2010/02/22(月) 03:00:21|
  2. た行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<イングロリアス・バスターズ | ホーム | ホルテンさんのはじめての冒険>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1069-cbd5ed45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR