FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スペル

http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1254959771/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中:2009/10/08(木) 08:56:11 ID:Q1akzJ7W
きっかけは、ほんの小さな不親切ー。さかうらみで言い渡された呪文(スペル)

「スパイダーマン」シリーズのサム・ライミ監督、最新作にして久々のホラー!
2009年11月06日よりTOHOシネマズ日劇ほか全国ロードショー

監督:サム・ライミ
脚本:サム・ライミ/アイヴァン・ライミ
出演:アリソン・ローマン/ジャスティン・ロング/アドリアナ・バラッザ
原題:Drag Me to Hell
2009年/アメリカ/99分

公式サイト
http://spell.gaga.ne.jp/index.html


2 :名無シネマ@上映中 :2009/10/08(木) 09:11:58 ID:DB0ExgP8
こんな邦題なのか…
ゲロや口から謎の液体とかちょっと違う意味のグロ多いけど
相変わらずコメディ調の部分もあったりして超おもしろかった
ヒットするといいね

3 :名無シネマ@上映中 :2009/10/08(木) 11:48:58 ID:qKcbKt6b
スペルね。スペルスペル‥覚えにくいわ。原題かっこいいのに。
アメリカでの評価良かったっつうことで楽しみにしてるよ!

16 :名無シネマ@上映中 :2009/10/14(水) 15:05:01 ID:9DVj83qu
邦題がちょっとあっさりし過ぎだよね。内容には合ってるんだろうけど。
「ドラッグ・ミー・トゥー・ヘル」で良いような気がするんだけどなあ。
語呂も良いし。

9 :名無シネマ@上映中 :2009/10/09(金) 10:23:38 ID:EXhNhXpx
主演のアリソン・ローマンって可愛いなあ。
彼女がゲロとか変な液体とかかけられたりすんの?
マニアにはたまらん映画だなー。

2ちゃんねる映画ブログ

10 :名無シネマ@上映中 :2009/10/10(土) 11:20:20 ID:Vgl01eev
可愛いよね。
マッチスティクメン見たとき好きになった。
愛らしい女の子役なんだけど、ラストはセクシーに変貌。
ビックフィッシュでも良かった。

27 :名無シネマ@上映中 :2009/10/22(木) 16:54:05 ID:rZPpiFQk
主演のアリソン・ローハンはキルステン・ダンストに似た感じだな。
何となく野暮ったいってか、農家育ちで昔肥っていたのを一生懸命ダイエットしてきれいになったって役どころがピッタリだったよ。

22 :名無シネマ@上映中 :2009/10/21(水) 22:49:26 ID:gStz28tm
良かったよ。楳図かずおの感覚だね。お化けは怖がってくれる人が居てはじめて怖くなる。
お化け自身よりも、むしろお化けを見て恐怖する他人に感情移入することが怖い。

みごとにお化けがボケて人間がツッコむというコント展開でした。
主演女優のキャスティングで9割勝ちだね。

147 :名無シネマ@上映中 :2009/11/06(金) 23:43:27 ID:Yg2E4Exj
女優の乳ばっかり見てた。
乳強調しすぎ

23 :名無シネマ@上映中 :2009/10/21(水) 22:57:41 ID:MmKxRhis
さっき見た!
おもしろかったけど日本だとホラー映画と勘違いしてはいってきた観客が笑って良いのかどうかわからず悶々とする予感w
駐車場のシーンとケーキのシーンが気に入った

28 :名無シネマ@上映中 :2009/10/23(金) 01:29:15 ID:3mVrpNpT
これは最高に面白いギャグ映画だよ
決してホラーを期待することなかれ

31 :名無シネマ@上映中 :2009/10/23(金) 09:01:22 ID:hwik63JJ
>>28
とは言えストーリーの骨格自体はかなり正統派で、なんとも言えない嫌な怖さがある映画。

32 :名無シネマ@上映中:2009/10/23(金) 12:49:01 ID:dbO1CAym
ホラーが好きな人はシリアスなホラーでも笑うからスペルなんかは、爆笑物なんだろうね
見慣れてない人は、それなりに覚悟して望むべしw

アメリカ公開版はPG13だったからグロは少ない
アンレイテッド版は、猫を刺殺する所あたりが多かった

36 :名無シネマ@上映中 :2009/10/23(金) 18:07:35 ID:a5AO9PGm
ライミってこんだけ巨匠になってもXYZマーダーズや、はらわた2と全く同じことやってるのが
尊敬しちゃう><

37 :名無シネマ@上映中 :2009/10/23(金) 19:19:33 ID:OCyF+pIR
>>36 には全面的に同意する

38 :名無シネマ@上映中 :2009/10/23(金) 21:33:14 ID:U5OJzy+u
スパイダーマンの成功に慢心せずに初心忘れるべからずのサム・ライミ最高

47 :名無シネマ@上映中 :2009/10/24(土) 21:51:30 ID:4NkCqUJe
脚本が兄貴なんだな…
あれ?今は医者やってるんじゃなかったけ?復帰したのか?
キャプテンスーパーマーケットのコメンタリーは面白かったw

52 :名無シネマ@上映中 :2009/10/26(月) 00:46:51 ID:lIyLIuox
これって死霊のはらわたの続編?

54 :名無シネマ@上映中 :2009/10/26(月) 02:27:07 ID:quZZKrz2
>>52
死霊のはらわた3の劇場公開版で、最後にスーパーで婆の死霊がスーパーの女店員を襲うシーンあるじゃん?
あそこから着想を得て脚本を書いたらしい。アイディアはあの頃思いついた。
死霊のはらわたの姉妹編というか、スピンオフというか。アッシュの出てこない死霊のはらわたじゃないだろうか
ライミ自身と兄弟で脚本書いてるから、死霊のはらわた3と同じだし。あの頃から二人でアイディアとか脚本を書いて暖めていたんだろうね。

57 :名無シネマ@上映中 :2009/10/26(月) 22:00:11 ID:/d5t8nqx
乳首ポチってたな、スパイダーマンでもあったし
巨匠になってもフェチを貫くサム・ライミに水道水で乾杯

72 :名無シネマ@上映中:2009/11/01(日) 00:58:32 ID:KU5Dff9q
観ました。
はっきり言ってホラーではない。
いきなり出てきたりするパターンばっかり。簡単に数えただけで25回ある。心臓に持病を持っている方は観ないように
あとコメディ要素たくさん。主人公のぶちギレ具合も面白かった。

79 :名無シネマ@上映中:2009/11/02(月) 21:32:26 ID:YtVP20U4
汚物コメディじゃねーかよw
邦題と煽り文句おかしいだろ

80 :名無シネマ@上映中 :2009/11/02(月) 22:44:27 ID:86QQbbnO
これまじで笑かしにかかってるな
ヒロインとババア以外の存在感がないのが
いい意味で話がスカスカになっていていい

73 :名無シネマ@上映中:2009/11/01(日) 15:51:18 ID:5WMrkNnt
サムライミ監督って時点で、コメディ満載なことは予測できます

224 :名無シネマ@上映中 :2009/11/07(土) 23:16:17 ID:UgRVbIgn
今見てきたがこれ怖すぎだゎ……
普通に彼女候補とかとみに行ったら手を握りあうと思うぞww
っつうかホラー映画を映画館で見たことない俺だけが怖がってただけかなw
効果音とかビビりまくった
全然怖くねぇや(-.-)って見れる人、うらやましい

116 :名無シネマ@上映中 :2009/11/06(金) 14:55:51 ID:wjxyfKfN
渋谷で観てきた
王道のアメリカ式ホラー映画で、音と映像で驚かせる演出、オチの読める展開の連続だった

でも驚かせる場面は雑に扱わないで丁寧に仕込んであるから、まんまと毎回ドキッとさせられてしまったw

ちなみに原題のロゴが冒頭とラストで計2回出るんだけど、この字体を見るだけでサムライミがどういうつもりでこの映画を作ったのか分かる

原点回帰を狙って見事に王道を突っ走った古き良きホラーなのに、日本予告で騙されて鑑賞してしまった人はガッカリして帰っちゃいそう

121 :名無シネマ@上映中 :2009/11/06(金) 17:26:04 ID:MNrSmuhH
>>116
確かにあのタイトルロゴの時点で、真面目なホラーじゃないのは予想できるなw
駐車場の文房具バトルあたりでハッキリするけどw

個人的には降霊会のドタバタコントがツボ。
山羊に入れられてキレる悪霊かわいい。

墓堀りの辺りは、もうオチがバレバレっぽい感じだったので
さすがにちょっと気の毒になったw

122 :名無シネマ@上映中:2009/11/06(金) 18:28:02 ID:6RTpX8Sy
ラストは彼氏のほうが死ぬのかと思った
スチュ役の東洋系の俳優をなんかの映画で見かけたが、思い出せなくてモンモンとしている

2ちゃんねる映画ブログ

130 :名無シネマ@上映中 :2009/11/06(金) 19:50:23 ID:QL3dEU20
>>122
あの東洋人、I Love You, Manだったっけな?ちょっと
前に見た映画でワンカットだけ映る、当然セリフのない
エキストラで出てた。特徴的な顔だから目立つよね

218 :名無シネマ@上映中:2009/11/07(土) 22:31:20 ID:hD3oNgTO
スチュ役はプリズンブレイク
シーズン2に悪役で出てたね

152 :名無シネマ@上映中 :2009/11/07(土) 00:19:08 ID:35UQfKsp
そもそも「スペル」って何のことだ?

153 :名無シネマ@上映中 :2009/11/07(土) 00:19:42 ID:MGzjPp1y
精子

154 :名無シネマ@上映中 :2009/11/07(土) 00:20:16 ID:7EFAzZJL
それはスペルマ

155 :名無シネマ@上映中 :2009/11/07(土) 00:21:49 ID:35UQfKsp
タイトルが「ブッカケ」なら凄く納得できたw

2ちゃんねる映画ブログ

227 :名無シネマ@上映中:2009/11/07(土) 23:24:39 ID:0bk0ATo+
>>155
ちょw 核心をついているw

165 :名無シネマ@上映中:2009/11/07(土) 00:56:30 ID:43aZp3de
ヒロインがいろいろぶっかけられてんのに一切顔が濡れてないのが怖い

159 :名無シネマ@上映中 :2009/11/07(土) 00:34:35 ID:xM9X7P5S
邦題ひどいね
「何故?どうしたら?解けなければ死」って煽りもなんかズレてる。

まぁ面白かったけど
エクソシスト以来30年待った傑作とか観客の90パーセントが満足とか
そこまでいくとほめすぎでしょう。

160 :名無シネマ@上映中 :2009/11/07(土) 00:46:20 ID:35UQfKsp
俺がもし煽り文句をつけるなら
「お帰りライミ!君を待ってたよ」

163 :名無シネマ@上映中 :2009/11/07(土) 00:53:59 ID:pt+XtVix
邦題をつけた関係者にボタンを送りたいのですが

172 :名無シネマ@上映中 :2009/11/07(土) 01:25:01 ID:pt+XtVix
関係者へ、邦題をスペルにした不届き者は今すぐに、闇に巣くうラミア様に原題を明け渡すべきだ。
そう出来なければ、邦題をスペルにした不届き者は地獄に連れて行かれて永久に業火に焼かれるべきだ。
のみならず、闇に巣くうラミア様は彼を映画館に投げ込むものである。
理由は変な邦題をつけるなら自分が永久に業火に焼かれるべきだからだ。
闇に巣くうラミア様に許しを請わず映画を観ない者も同様である。
詳しい理由は映画館で熟知すべし。

167 :名無シネマ@上映中 :2009/11/07(土) 01:04:53 ID:Hp1DJ/Za
最後はなぜ?
ボタン持ってたの彼氏だったから、地獄行きは彼じゃないの?

170 :名無シネマ@上映中 :2009/11/07(土) 01:22:36 ID:X5JiiZMs
>>167
持ってるだけじゃ所有者にならないんじゃないの?
「これをあなたにあげる」と口にしない限り

173 :名無シネマ@上映中 :2009/11/07(土) 01:26:05 ID:KDSxSpU1
>>167
ボタンは所有者がちゃんと譲渡しないと意味ないような事言われてたじゃん。
主人公は彼氏に意図的にボタンを譲渡してないから呪いは移行しない。

176 :名無シネマ@上映中 :2009/11/07(土) 01:41:31 ID:35UQfKsp
主人公がズベタであればあるほどラストにスカッとする展開ではあるが、少々物足りなかったな…
彼氏が良い奴すぎる描かれ方してたのもちょっと鼻につくw
猫好きにはラストの楳図下かずおっぽい絵づらを二割り増しくらいに腹のすく気持ちで見れたわw
ホント、家の同居人と似てるんだよあの猫( ・ω・ )

183 :名無シネマ@上映中 :2009/11/07(土) 14:16:21 ID:2ZVPhSHV
婆さんが死んだ理由は、ラミアの呪いは、掛けた人の命と引き換えという事だったのかな?

185 :名無シネマ@上映中 :2009/11/07(土) 14:52:12 ID:S9FtpaY+

2ちゃんねる映画ブログ

婆のCQCといい呪術をどこでおぼえたのか気になって仕方なかったな見てるとき。
妙に手馴れてたし。孫といい霊感強い家系なのかと自己解釈したけど、屋敷に集まってる
友人たちは普通だしあの婆謎が多すぎて俺的にはプロフィールの紹介が欲しいとこだったぜ。

186 :名無シネマ@上映中 :2009/11/07(土) 15:38:14 ID:OthcJroX
ババアの孫娘も呪いの事を理解していたようだし、元々そういう事に詳しい家系だったのかもな。
ローンの相談の時、ババアは仕事もあり収入もあるとか言ってたから、占い師か呪術師みたいな仕事なのかと思ったけど違うのかな?

228 :名無シネマ@上映中:2009/11/07(土) 23:36:40 ID:V3XeQ+hF
ボタンの譲渡が正確じゃなかったから、主人公が死んだって考えると、30年
前に首飾りをパクって呪いかけられた少年ってどうやって呪いにかかったん
だろうか?

233 :名無シネマ@上映中 :2009/11/07(土) 23:49:26 ID:35UQfKsp
>>228
ガキが首飾り盗んだ(ガキの所有物になった)→親にとがめられ返そうとした→許せるはずもなく呪をかけて突っ返した
こんな感じじゃね?

235 :名無シネマ@上映中:2009/11/08(日) 00:02:05 ID:V3XeQ+hF
>>233
盗んで所有することが正式な譲渡になるんだったら、彼氏が一時的に持って
るのも正式な譲渡になるのでは?
30年前の少年の呪いも、あのババアが絡んでるんじゃないか?と考えてしまう。
もう少し、そこんとこ詳しい描写とかいれて欲しかったな。

237 :名無シネマ@上映中 :2009/11/08(日) 00:06:17 ID:8GRK+l4q
>>235
受け取り手の問題なのじゃないか?
「自分のもの」って認識が重要なのであって相手の意思は関係ない。
そういや捧げ物ってのは無理にでも貰わなくちゃいけないって決まりでもあるのかな?

239 :名無シネマ@上映中:2009/11/08(日) 00:20:01 ID:7higWHpL
>>237
なるほど~深いなぁ
無理に貰わなくちゃいけないって決まりがなければ、ババアに譲渡しても意味
がないもんな

255 :名無シネマ@上映中 :2009/11/08(日) 01:33:37 ID:UnhVn/85
墓から帰った後のシャワーシーンは
あれじゃダメだな。見せ方が足りん

321 :名無シネマ@上映中 :2009/11/08(日) 20:17:57 ID:kBR7FXIc
ヒロインも墓のシーンでぴちぴち濡れ衣裳だったら、
その次の風呂シーンは絶対乳首さらしやろ!
見せろっちゅうねん。

322 :名無シネマ@上映中 :2009/11/08(日) 20:55:21 ID:hk7XJ11I
墓のシーンで乳首見えてただろ!
丸見えより濡れた服の下から浮いてる方がエロいよね、というライミ先生のメッセージを受け取れよ。

328 :名無シネマ@上映中 :2009/11/08(日) 22:49:02 ID:BlOZ5AJg
濡れピタパイが観られるなら、這いつくばってでも見にいくぜ!!

277 :名無シネマ@上映中 :2009/11/08(日) 08:25:03 ID:Zef1x8qD
ヒロイン役の人
最近アドレナリンの監督と結婚したそうで。
バカ映画専門女優になるのかな。

268 :名無シネマ@上映中 :2009/11/08(日) 03:28:57 ID:18NutT3t
そこそこのキャリアを狙う銀行員が、
たかだか1マソ$の蓄えもないなんて。

288 :名無シネマ@上映中 :2009/11/08(日) 11:19:33 ID:rci4458k
昨日シネ通でスペル特集やってて
おばあさん役の女優さんのインタビューがやってたけど
普通の上品そうなおばあさんでよかったわw

2ちゃんねる映画ブログ

295 :名無シネマ@上映中 :2009/11/08(日) 12:01:21 ID:Hxx0dme3
>>288
とてもあの婆さんとは思えないな
女優さんてすごいね

298 :名無シネマ@上映中 :2009/11/08(日) 15:30:34 ID:WwZhWkqf
猫の殺すビッチも許せんがラミアも許せん
「猫なんざいるか」と吐き捨てた上に、ビッチの魂のほうがいいだと?

乳首こねたろかコラァ!

301 :名無シネマ@上映中 :2009/11/08(日) 16:08:57 ID:kBR7FXIc
あのババアむっちゃムカツク!
・・・という感情で1時間半、だった。
不快な音や映像とか突然大きい音がして驚かされることはあるけど、
全然怖くはない。
面白いかどうかで言えば、あんま面白くなかったかな。

300 :名無シネマ@上映中 :2009/11/08(日) 15:46:35 ID:U/yr+hvo
1万ダラー払っての霊力バトルからの失速がいただけない。

304 :名無シネマ@上映中 :2009/11/08(日) 17:44:09 ID:hk7XJ11I
んー、音がバーンと流れて驚かす演出がちょっとワンパターンかなと思った。
この前観た『エスター』もアレ多かったけど、あっちのがフェイントかけたり本当に何もなかったりw、工夫してた印象。
ババアとのバトルも、今一歩アイデアが足りてなかった気が。
悪くはないんだけど、ライミはもっと出来る人だと思ってるのでちょっと残念な感じがした。

332 :名無シネマ@上映中:2009/11/08(日) 23:06:33 ID:FaJVBI1+
面白かったけど、恨む理由をもうちょっとひねってほしかったわ。

住宅ローン返済の2回目の猶予を断られたからって
あそこまで恨むのは逆恨みもいいとこ。

いくらコメディホラーでも。

333 :名無シネマ@上映中:2009/11/08(日) 23:11:45 ID:7ZyEgB4N
あのどうでもいい理由であそこまで襲ってくるのがまた笑えるんじゃないか。

339 :名無シネマ@上映中 :2009/11/08(日) 23:53:09 ID:YmqezVgA
現実じゃ日常茶飯事だろうな。
延滞する客なんて不良債権になる前に回収したいだろうし。
自分で審理して一応、一定の収入がある旨を上司に相談したんだから
その努力を汲んで欲しいよ。
家をとられる婆からしたら死活問題でも銀行員が3日後に死ぬとか
酷だわ。

343 :名無シネマ@上映中 :2009/11/09(月) 00:14:11 ID:C5utBRqm
>>332
すでに2回猶予で今回が3回目ですよ。
確かに逆恨みなんだけど家への愛着は
なんとなく分かる気がする。

345 :名無シネマ@上映中 :2009/11/09(月) 00:48:40 ID:bCtUPSc8
観客から見てヒロインが全然悪くないってのが怖くない理由かもな。
もっと後ろめたさを感じる事情があればコワ面白くなった可能性はある。
だって最初は組み替えしてあげようと考えて上司に相談した結果、
断るように言われ、支店(?)の方針として礼をわきまえた方法で
断ったんだから、窓口の女性行員に何の罪もないもんな、普通。
それで逆恨みされたら、「変な客に言いがかりつけられて運が悪かったのね」
て理解にしかならないもんな。

378 :名無シネマ@上映中 :2009/11/09(月) 04:02:05 ID:3YJJCYBi
今の経済大不況の風刺映画なんじゃねえか。

387 :名無シネマ@上映中 :2009/11/09(月) 09:52:27 ID:1xKHiqqC
>>378
映画の構想は10年前からだから偶然なのかも
不況はサイクルがあるからむしろ当時の影響かな?

347 :名無シネマ@上映中:2009/11/09(月) 01:01:57 ID:xVPTkLpD
老婆の孫娘が土屋アンナを美人にした感じで、あんな子だったら悪さされても。。。
あれ、風が強くなってきたぞ・・・

403 :名無シネマ@上映中:2009/11/09(月) 12:44:05 ID:5WFHiZ2W
口からハンカチ出すところは、ハンカチに続いて万国旗が出てこなきゃあかん!

2ちゃんねる映画ブログ

405 :名無シネマ@上映中 :2009/11/09(月) 13:50:32 ID:EmSMbWNY
むしろ金魚を出すべき

407 :名無シネマ@上映中:2009/11/09(月) 14:31:34 ID:vkTjyn8t
>>405
ぬこなら出てきたじゃないかw
惨殺されたはずのぬこが、妙に綺麗になって出てきたのがウケたw

419 :名無シネマ@上映中 :2009/11/09(月) 17:23:29 ID:KdvmU5QF
ハエのシーン、口に入るだけでグロいのに、
鼻の穴に出たり入ったり、ケツ振りながら口に潜り込んだり
どう考えても笑わそうとしてるだろw

440 :名無シネマ@上映中 :2009/11/09(月) 22:30:55 ID:5WFHiZ2W
昼間はあんなにヨボヨボだった婆さんが夜は何故あんなに強いんだ?
あんな強い婆さん見たことないぞ。

459 :名無シネマ@上映中 :2009/11/10(火) 10:21:42 ID:gvOXi6M2
葬式で家の中いっぱいになってた親戚縁者?金貸してやれよ!と思った。

460 :名無シネマ@上映中 :2009/11/10(火) 11:09:09 ID:0Ee356pQ
むしろ婆さんにたかってんじゃ。

441 :名無シネマ@上映中:2009/11/09(月) 22:54:17 ID:pyZDmNl6
逆恨みおばあちゃん
農家の娘を見下す恋人の母親
やけにものわかりよすぎる恋人

基本的に登場人物がヘン。

450 :名無シネマ@上映中 :2009/11/10(火) 00:02:38 ID:9FTgxJbQ
酸素ボンベの爺さんのシーン、ありえなさ過ぎて吹いた


関連記事

  1. 2010/02/12(金) 09:29:43|
  2. さ行映画
  3. | トラックバック:7
  4. | コメント:0
<<まぼろしの邪馬台国 | ホーム | イン・ハー・シューズ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1067-e0901d42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

[映画『スペル』を観た]

☆今日は忙しくも、つい、午前中に映画を観に行ってしまった^^;  この後も忙しいので、短信ですいません。  でも、下らない映画なので、短かいレビューで相応だと思います^^;    ◇  今や、格調高い娯楽作家としても、ちょっとしたクライム・サスペンス作家
  1. 2010/02/12(金) 13:19:21 |
  2. 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

映画「スペル」@九段会館

 客入りは1?2階席はほぼ満席、3階席は未確認。  映画の話 ライバルに勝ち、銀行で昇進したいクリスティン・ブラウン(アリソン・ローマン)は、上司に仕事ができることをアピールする必要に迫られていた。そこへ、ジプシー風の老人(ローナ・レイヴァー)が不動産...
  1. 2010/02/12(金) 14:08:10 |
  2. masalaの辛口映画館

スペル

最近は『スパイダーマン』にかかりっきりで、ホラー映画はプロデュース業でしか関わって来なかったサム・ライミ。 かつてはカルトホラーの巨匠として名を馳せた彼が、ひっさしぶりに自らの手でホラーを作った。 劇場予告編から期待が止まらない『スペル』を観てきました。 ★
  1. 2010/02/12(金) 20:40:37 |
  2. そーれりぽーと

『スペル』

今日はGAGAの携帯サイトで当たった『スペル』の試写会で、シネマート六本木に行ってきました。 スタートが11時からの試写会。 平日に午前中から開催される試写会なんて、初めて参加したかもー。 そして、ゲストのトークイベント付きの特別試写会でもありました。 *****
  1. 2010/02/12(金) 23:39:37 |
  2. cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー

試写会「スペル」シネマート六本木にて鑑賞

今晩はこれから、シネマート六本木で「スペル」の試写会を観ます。《劇場内悲鳴厳禁!鑑賞後の放心注意!》と大書きされたチラシがそそります。「スペル」とは、呪文/呪縛にかかった状態のことだそうです。オカルトでもメンタルでも猟奇ものでもない、新しいタイプのホラ...
  1. 2010/02/13(土) 12:09:27 |
  2. 流れ流れて八丈島

「スペル」

お勧め度:★★★☆☆ 製作年 : 2009年 製作国 : アメリカ 配給 : ギャガ 上映時間 : 99分 監督 : サム・ライミ 出演 : アリソン・ローマン 、 ジャスティン・ロング 、 アドリアナ・バラッザ あらすじ 銀行の融資窓口で働くクリスティンは、誠実な仕事ぶりで評価されて
  1. 2010/09/09(木) 05:38:56 |
  2. ドゥル的映画鑑賞ダイアリー

【映画】スペル

<スペル を観ました> 原題:Drag Me to Hell 製作:2009年アメリカ ←クリックしてね。ランキング参加中♪ レンタルでもずっと借りられていて、中々見たくても観られなった。やっと鑑賞できました! 映画館で上映してたときはあまり触手が動かなかったんだけどな?
  1. 2010/10/11(月) 20:23:24 |
  2. ★紅茶屋ロンド★

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR