FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

約三十の嘘

http://tv8.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1096459876/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :ゴンゾウ:04/09/29 21:11:16 ID:OqFFXrbJ
嘘っていうのは、一つ大きな嘘をついたら
三十個の小さな嘘つかないと成立しないのさ

[監督] 大谷健太郎
[原作] 土田英生
[脚本] 大谷健太郎/土田英生/渡辺あや
[CAST] 椎名桔平/中谷美紀/妻夫木聡/田辺誠一/八嶋智人/伴杏里

2005年お正月ロードショー

http://30uso.com/


6 :名無シネマ@上映中:04/10/03 07:14:12 ID:PIKKKTvI
何気に豪華キャスト

67 :名無シネマ@上映中:04/12/19 02:43:17 ID:8pINuJDr
『アベマリ』『とらばいゆ』すごい好きで、かなり期待
してたんだけど、原作があるからなのか?好きな作風
ではなかった。
豪華キャスト、大々的な宣伝の割に内容が追いついて
ないかんじもした。人大杉なのか?
あくまで、大谷監督作品が好きだからこういう感想なの
かもしれないけど。
八嶋の演技は良かった。

2ちゃんねる映画ブログ

69 :名無シネマ@上映中:04/12/19 05:08:40 ID:LIj4Fhpd
感想:大ヒットはしないと思うけど、ジワジワ人気が出そう?
と思った。万人うけは最初から狙ってないんじゃないかな。
映画しか見ない人には舞台演劇っぽい世界観は違和感が有るかも。

トリックはうわー、騙されたー!という程ではないが、あ、騙されたなと悔しくなる。
会話のボケやアドリブらしきやりとりは大爆笑ではないが、クスッと笑えて楽しい。
ラスト辺りでは、泣くまではいかなかったけど、仲間を大事にする人はホロッとくるかもしれない。

全体としてつかみ所のない感じ。でも悪いところは無いんだよね。
友情:恋愛=7:3 ぐらいの印象だったんで、個人的には友達と見たい映画。

監督が有名とか全然知らなくて、試写会行く機会が有っただけの感想でした。 

75 :名無シネマ@上映中:04/12/22 17:33:47 ID:eR9YUJuS
そんなに面白くなかったなぁ。役者のヲタじゃないからかな。
悪くはないんだけど、これは人は入らなそう。ジョゼの脚本家で期待してただけに残念。

76 :名無シネマ@上映中:04/12/22 17:46:53 ID:iNu4z8aK
脚本っていっても、少し手伝っただけでそ>渡辺あや

77 :名無シネマ@上映中:04/12/22 17:53:24 ID:eR9YUJuS
なら渡辺あやさんが全部書いた方がよかった気します。

78 :名無シネマ@上映中:04/12/22 18:48:04 ID:mTqaxh1d
詐欺ってるとこ見たかったなぁ。

80 :名無シネマ@上映中:04/12/23 00:13:58 ID:fZvBkqz3
>78 激しく同意。 詐欺ってるシーンめっちゃ見たかったから、え?もう下り列車?って感じだった。

82 :名無シネマ@上映中:04/12/23 05:56:42 ID:5N4qi0/E
大谷監督の前2作が大好きだったので、とても期待したのですが
まったくはずれでした。独特な会話劇の面白さがみじんも感じられず
がっかりです。原作・脚本が他人のものだったせいでしょうか。
人気俳優を使ったせいで、リハに時間がかけられなかったのでしょうか。
妻は下手だし、伴はど素人だし。田辺がよかったという印象だけ残りました。
この作品で大谷監督をはじめて知った方は、「アベックモンマリ」と
「とらばいゆ」を是非観てほしいと思います。他の日本映画とは一線を画した
タイプの映画です。

86 :名無シネマ@上映中:04/12/23 21:11:09 ID:gpqDjXBA
>>82
禿同。
自分かと思った。
「アベマリ」「とらばいゆ」、好きだから期待しまくりだったのに、
大谷作品と思いたくないほどつまらなかった。
演技では、82とは違った感想。
キッペイが勘弁してくれってほどダメ。(敢えて・・・あのかんじ
だとしても!)
田辺・中谷は他でもあんな役何度もやってて、同じにしか感じ
なかったし、妻は問題外。
周りが上手い筈だからこそ、伴の下手さ加減が返って
良かった。

84 :名無シネマ@上映中:04/12/23 18:19:29 ID:0mO+DUov
最近多い、音楽だけインパクトがある映画でしたね・・・

87 :名無シネマ@上映中:04/12/24 00:50:13 ID:MrWCiEjk
伴杏里の胸のボインは本物なの?
中に何か入れてる?

88 :名無シネマ@上映中:04/12/24 01:12:54 ID:zcWWg3x6
伴ちゃんの胸はパット入れてる
中谷さんの胸はさらし巻いて押さえてる

99 :名無シネマ@上映中:04/12/26 21:47:55 ID:tkwS+MAA
妻夫木は演技下手すぎ。
そのうち消えるな。

2ちゃんねる映画ブログ

100 :名無シネマ@上映中:04/12/26 22:12:58 ID:qafhhuR5
伴杏里の下手っぷりのおかげで
妻夫木の下手さは全然気にならなかったな

101 :名無シネマ@上映中:04/12/26 23:57:10 ID:OmmxGQd8
なんで妻夫木は急に酒飲みだしちゃったの?
簡単にみんなを騙せてなんだかなーって感じになったから?
中谷を騙したことの後ろめたさで自棄になった?

105 :名無シネマ@上映中:04/12/28 05:44:22 ID:qNi5eNwl
>>101
そうゆうシーンを演技で観客に説明できないから妻は下手なんだよな・・・

103 :名無シネマ@上映中:04/12/27 15:50:18 ID:mS5DiP3y
キッペー たまにはこんな役もいいかな、でも飴はいいけどオナラは・・・
中谷   前半アップになるたびにお肌の曲がり角を感じさせるが、後半
     はやはり美人だなぁ納得させられる、それだけ
田辺   一番よかった、観客の反応も田辺がいちばんだったな
八嶋   いつもの八嶋さんがそこにいました。それだけ
妻夫木  このメンバーに入ると下手さがやたら目立つ役柄も特徴なし
判杏里  どこの子ですかこの子?役柄からしてわざと下手なの選んだの
     かな、あと巨乳だしね

脚本とかトリックとか論じる気もおこらない映画だった(苦笑

109 :名無シネマ@上映中:04/12/29 22:07:49 ID:LguBpvVT
音楽はどうなのよ?イーネ?

2ちゃんねる映画ブログ

110 :名無シネマ@上映中:04/12/29 22:49:00 ID:6v/Eqvpm
音楽、ぜんぜん、ダメ!!合ってないし、うるさいくらい。

111 :名無シネマ@上映中:04/12/30 00:20:17 ID:4+pAWi7H
つまりダメダメな映画ってことですか

112 :名無シネマ@上映中:04/12/30 23:21:22 ID:qoCp6byD
すごいね。非難囂々だな。私はとらばいゆよりも好きです。
甘ったるいけどのんびりしててよかった。肩の力抜いてクスクス笑いながら見れる感じ。
クレイジーケンも合ってたよ。
でもあんまり期待して見るのは勧めません。万人向けではないと思う。
田辺はキモい役なので田辺ファンは引くかも。私は椎名桔平と中谷美紀に惚れた。

104 :名無シネマ@上映中:04/12/27 21:46:34 ID:urjIyt6x
後半、中谷の涙目のアップシーンがあるんだが、ただでさえでかい目が充血
した上に涙いっぱいになって普通は感動するんだろうが、俺は以前の
サイキックホラーの中谷美紀みたいで怖かったw
スゲー美人なんだが演技が濃すぎて、こんな映画には向かないかな彼女

2ちゃんねる映画ブログ

149 :名無シネマ@上映中:05/01/10 08:19:56 ID:+WMYi8qq
昨日見てきました。評判悪いね(苦笑
俺は中谷美紀とリアルで何度か会ったことあるけど、ものすごく
繊細なタイプで一言で言えば内向的な人間なのだな彼女
そんな彼女が今回の役とか演じてるの見てると、なんだか
よく言えば演技が上手、悪く言えば無理している(女優だから
当然なのだが)でも数年前のドラマほど中谷個人が浮いてない
のは、他に競演陣が演技できる人間だからと感じる、彼女の
映画女優転進は成功だった。
中谷・椎名・田辺はいつもと違う役っー感じがして、少しだけ
新鮮だったな、他に見るべき点は確かにないのだが(苦笑
この監督の人物(特に男女差)描き方は意識してワンパターン
なのだろう。強い女、弱い男って感じだいつも・・・

★3つの評価だ、個人的に中谷美紀が好きなのでおまけしてる

152 :名無シネマ@上映中:05/01/10 12:05:45 ID:muCtBvVX
すまん。
オチがわからんのだけど、結局最後の鍵はどういう意味なの?

2ちゃんねる映画ブログ

まさか鍵が違うから開かないっていうオチ?
でも壊せばあくだろうし。
わざわざあのバックに入れたとも思えんし。
ぐたぐたな出来のような悪寒。

153 :卯月:05/01/10 12:15:48 ID:l8iO0eEX
>>152
よくわからないように作ってあったけど。
小説でよくある、最後の一行にオチがある・・で言うなら、鍵は別の鍵で
した・・でしょ。
でも、タクシーで何で泣いたの?

2ちゃんねる映画ブログ

154 :名無シネマ@上映中:05/01/10 12:30:03 ID:u32WeYuF
>>でも、タクシーで何で泣いたの?

泣く前にミルキーちゃんは、牧場のパンフレットを見つめていたから
そのパンフレットを見せながら口説いてた男をホントに好きだった。

155 :卯月:05/01/10 12:49:25 ID:l8iO0eEX
>>154
>涙

あなたじゃなく、映画が「おかしい」。
なんで泣くの。あれだけ男をたぶらかして(かわいいかもしれないけど)
最後に一人のために泣くのはおかしくない?
勝手じゃん、戻ることだって可能でしょ。到着駅があるんだし。

157 :名無シネマ@上映中:05/01/10 13:38:34 ID:U3hSzsCj
いろんな人をだまして、一人でいけとかいわれて
結局最後に一人になっちゃって
最後に人としての感情がでてきて泣いちゃったんだと思ったよ。
でも見る人によって解釈が違くてもいいかも。
伴が好きだったのは椎名だよね?

162 :名無シネマ@上映中:05/01/10 13:58:17 ID:TX+IC1sE
>>157
>伴が好きだったのは椎名だよね?

予告編にもあったけど、「僕は今井のことが好きで、ただそれだけで・・」
のシーンでパインちゃんの顔がアップになるシーンが次にくることからも
154の解釈が正解に感じる。

165 :名無シネマ@上映中:05/01/10 14:34:35 ID:3WoeuER8
>>162
詐欺師仲間の中では椎名の事を「ちよっといいな。」と思ってたかも
しれんが、異性としては実は田辺のようなタイプが好きという事かな。
実際見てる時は俺も椎名を想っての涙と考えたんだけど。
牧場のパンフがあそこで出てくるのも意外だったし。

187 :名無シネマ@上映中:05/01/10 18:34:41 ID:L6CtzZF5
ミルキーちゃんの涙は、田辺がどうこうってわけじゃなくって、
誰かと一緒に何かをしたかったんじゃないかなと思った。
ミルキーもあの中にいて、仲間となにかやること(詐欺でも牧場でも)を
いいなあと思ってしまったのでは。

結局、最後一人になったのは彼女だけだったわけだし。

188 :名無シネマ@上映中:05/01/10 18:39:41 ID:knG+/n4L
あのミルキーちゃんの演技を見ていると、ナレーションでも
つけてもらわないとわからないよね。

189 :名無シネマ@上映中:05/01/10 18:40:28 ID:a1zoYRQk
牧場のチラシをみて「いいなぁ」といったのは本心っぽかった
もんね。
なんだかミルキ-ちゃん可愛そうになってきた。

202 :名無シネマ@上映中:05/01/10 20:58:55 ID:FO79zEly
>>152
> オチがわからんのだけど、結局最後の鍵はどういう意味なの?

おれもこれが良く分からん。
>>153に何か書いてる人がいるけど答えになってないよ。

203 :名無シネマ@上映中:05/01/10 21:05:55 ID:knG+/n4L
>>202
オチがわからんって・・・妻が映画の中で説明してたような

204 :名無シネマ@上映中:05/01/10 21:20:16 ID:FO79zEly
>>203
妻夫木の説明は分かってるんだけど、もしそれだけなら
最後にもう一度鍵を映す意味がないわけだよね。

ああやって映されると、まだなにかあるのでは?と思ってしまう。
何が出てくるかと思って待ってたら、何もなしで終わり。
ゴンゾウの出番もないに等しいし不完全燃焼。

207 :名無シネマ@上映中:05/01/11 00:36:13 ID:KWg35f4R
鍵はチームの連帯の象徴でしょ。
ミルキーが泣いたのは、チームの一員になれなのがさみしかったからだと思った。

詐欺師としての腕前はミルキーの方がずっと上だから、
ろくでなし揃いの寄せ集めチームなんかに頼る必要はない。
その方がずっと気楽だと本人もわかっている。
でも、あのチームの青臭いくさい連帯がなんだか居心地よくて、
そこにいられない自分が悲しくなった、っつー感じ。
椎名に誘われ、ババロアにダメ押しされなければ、
あの子は最後まであそこにいたんだろうな。

その「青臭い連帯」が不得意な漏れ的にはかなりキツイ映画だったわけだが。

210 :名無シネマ@上映中:05/01/11 02:57:18 ID:ohpE6fCh
>>207
>鍵はチームの連帯の象徴

違うでしょ。
カバンはミルキーが持ってる、鍵は妻夫木が持ってる、だから
一番接点のなさそうな妻夫木とミルキーが、最初からグルで
金をせしめたという話。
ミルキーの嘘泣きを含め、「青臭い連帯」の外側にいたのが
妻夫木とミルキー。

212 :名無シネマ@上映中:05/01/11 09:18:13 ID:72QrOkJa
>>210
あんたの考えは激しく違うと思うぞ、すべて空想じゃないか?
もう少し映画の見方勉強したほうがいいよ。
脚本やシーンのカットとかから監督が意図して描かなかった部分を
読み取るのは映画の楽しみの一つであるが、空想とはちがう

>鍵はチームの連帯の象徴
これが正解の解釈でしょう。(最後に鍵)
でも脚本がダメポだからむずいなw

223 :名無シネマ@上映中:05/01/12 21:52:55 ID:dklXlTZV
私も>>207の解釈で合ってると思う。
最後に妻夫木が鍵を持ってても、別に彼が怪しいわけじゃない。
別にあんなスーツケース、鍵なんてなくてもいくらでも壊せるんだから。
7000万はミルキーのもの、でファイナルアンサーでしょう。

224 :名無シネマ@上映中:05/01/12 22:07:05 ID:AkPpV3aF
これは恋愛映画。
ミルキーは実は金より椎名が欲しかった。
本当の勝者はババロア。

225 :名無シネマ@上映中:05/01/12 23:13:30 ID:UwEC9Vkj
>>224
同意。これって30歳近辺のオトナの恋愛映画。
全部、画面で描かれている。

192 :名無シネマ@上映中:05/01/10 18:43:53 ID:L6CtzZF5
自分もそうなんだけど、ここで「ミルキーちゃん」が定着しているのにワラタ。
八嶋が「ミルキーちゃん」で田辺が「パインちゃん」だったよね?

羽根布団詐欺で八嶋に仕切られた田辺という構図を思い出す。

226 :名無シネマ@上映中:05/01/13 01:59:24 ID:HXtPPrB5
>>192
「ミルキーちゃん」「パインちゃん」・・・に藁
言ってる本人は気づいていなくても、明らかに胸から連想してる訳で・・・
会社で部下の女の子に言ったら、セクハラオヤジ扱いだろうな。

ミルキーの涙は・・・新たな詐欺の始まり。

227 :名無シネマ@上映中:05/01/13 15:37:00 ID:DxyAjvqE
じゃ「ババロア」ってばばぁってことか!

233 :名無シネマ@上映中:05/01/14 00:22:23 ID:f5RzXNui
>>227
八嶋がつけた愛称だから、もう少し何か引っ掛けがあるはず。

田辺の思考回路
  _  ∩
( ゚∀゚)彡 おっぱい!おっぱい! ボイン!ボイン!
 ⊂彡
 ↓
( ゚∀゚)(オッ)パイ・(ボ)イン
 ↓
( ゚∀゚)パインチャン♥

八嶋の思考カイロ
( ゚∀゚)オッパイ→ママノ味→ミルキーはママノアジ・・・> ミルキーチャン♥

色が白い、お高い感じでとっつき難い、でも美味しく無さそう・・・>ババロア
といったところではないだろうか(ババアヨリ酷いかも)

234 :名無シネマ@上映中:05/01/14 00:28:15 ID:f5RzXNui
単独行動を選んだミルキーが、
眼の前のタクシー運転手に詐欺を仕掛けはじめる

チーム行動を選んだ椎名達が、次の詐欺の計画を立てはじめる。

詐欺師のどうしようも無い「さが」を感じて・・・面白かった。

283 :名無シネマ@上映中:05/01/21 06:19:02 ID:YJJDnaVV

2ちゃんねる映画ブログ

でもあの子全然かわいくないよね?
いくらなんでも八嶋達が翻弄されるには、幼すぎるし。
あからさまに配役ミスだな。

284 :名無シネマ@上映中:05/01/21 21:33:27 ID:KvZwyFeC
可愛くない。すっごく微妙。

229 :名無シネマ@上映中:05/01/13 22:35:35 ID:kIuYF1rw

2ちゃんねる映画ブログ

今日、スカパーで演劇版の「約三十の嘘」を見ました
映画では全然面白くありませんでしたが
演劇では最高に面白かったです

演劇版は映画とストーリー・構成がけっこう異なっており
テーマ自体もはっきりと理解できました
演劇の演出である土田氏が、映画の脚本化をした訳ですが
演劇→映画とするのに苦労したのではないかと思います
映画化するのには無理があったのではないかとさえ思います

演劇ではいたってシンプルでしたよ
劇場での笑い声も絶えませんでしたし、俺も笑いました
最後のオチできれいに終わりましたし
映画がすごくもったいなく感じました

260 :240:05/01/16 23:19:47 ID:t29mhhwQ
舞台版の内容を簡単に説明します
これから観る予定の方はスルーしてください

登場人物はまったく同じ。
映画では、皆キレ者の詐欺師という印象でしたが
舞台では詐欺師という設定は同じでも
悪者達というイメージはなく役者は30台半ばというところ。
士方も他の男たちと同じような設定で少し嘘臭いくらい。
今井も甘ちゃんではなく、宝田くらいにしっかりしている。

前半の展開はほぼ同じ。今井の登場に関しても。
車内にて作り話をみんなで順番につなげていくゲームが始まる。
Aが作り話の展開を始めて途中で切る。
Bがその設定の続きを展開していく。
で最後の人で話をまとめる。
嘘を真顔で話すための訓練ということで何回か。
これがけっこう面白かった。
劇場内も笑いの渦だった

261 :240:05/01/16 23:36:31 ID:t29mhhwQ
そうこうするうちに帰りの車内になる。
士方と久津内を除く4人での会話が続き、
久津内がソワソワして士方の居場所を探しにくる。

もうひとつの部屋に2人でいたのだが、
久津内が売店に行って帰ってきたら、
士方とお金の入ったケースがないというので探しまわる。
士方がいなくなった直後に停車した駅で降りたのでは?
その後に鍵の開いたケースが見つかる。金はない。

鍵は久津内が持つ1個のみ。
常に久津内が所持していて、唯一手放したのは
行きの最中に 今井が途中下車で手品道具を購入するために
ケースと鍵を貸した時のみ。
今井がアリバイ(ずっとこの部屋にいる)で完全否定し、
とりあえず5人は行動を一緒にすることに。

もうひとつの部屋に5人揃って行き、
誰もいない部屋に士方が返ってくる。

262 :240:05/01/17 00:02:49 ID:t29mhhwQ
そこで全員揃い、士方の事情を聞く。
久津内が売店に行ってすぐ戻ってくると思い、
別の車両に映画を見に行ってきたということを主張し、
気分が悪くなり戻ってきたらしい。

再度もうひとつの部屋に全員で行くことになったのだが、
気分のすぐれない士方はこの部屋で休憩していたいと主張。
それに対し、「こいつは信用できない」と佐々木が怒り、
じゃあ佐々木を見張りにしとこうとなり、他の4人は別室へ行く

2人きりになった部屋でどこの駅で降りるか話し始める。
そう。佐々木と士方がグルになっていたのだ。
この嘘を堪能する為、もう少し乗っていようと士方の提案。
それを佐々木は受け入れたが、
士方は佐々木を騙し、先に一人で持ち逃げしてしまった。

そして最後に士方がいない車内になる。
久津内は廊下でずっと窓からの景色を眺めている。
騙していた佐々木も申し訳なさそうにしているが、
結局騙された側になったため皆も許しているようだ。

263 :240:05/01/17 00:24:27 ID:taFgQpXV
目的のなくなった集団には存在する理由がなくなってしまった。
宝田はとりあえず次の駅で降りることにした。
「アテがあるから、、、」
こんな遠いところで、アテとは誰のことなのか疑問はあるが
誰もそれ以上は聞かない。
最後に横山が明るい嘘をついてから別れようと提案し、
最後の作り話リレーゲームを始めた。
横山「ある男があるグループの仕事に参加した。
   バカなふりをしていたが実は持ち逃げを計画していた」
今井「そのグループに参加していた女はある男から
   持ち逃げを提案され合い鍵まで作っていました」
あくまで作り話である。
その時、窓から宣伝看板が目に入る。
『わこんソバ』
行きの列車で士方だけが見つけたのだが、
そんな嘘つくなとみんなから相手にされなくて
士方がムキになって一生懸命になっていた看板だ。

そして佐々木がつぶやいた。
「くだらないことだけ、本当のことを言いやがって。」
暗転。

265 :240:05/01/17 00:40:28 ID:taFgQpXV
俺がすごく面白かったのは、
芝居が途中から嘘のセリフばっかりになっていたところ。
作り話ゲームもそうだが、その他もすべて嘘で進んでいき、
チームワーク自体も実は嘘だったのではないかと感じさせ、
唯一の真実は行きの列車で士方がムキになっていた看板のみ。

チームワークは嘘じゃないだろうと思っていた観客を
最後に騙し、そのオチに持っていくことに
気持ち良く騙されたような気がしました。

土田氏はあくまで「嘘」を書きたかったのではないかと。
そして実はお芝居自体も「嘘」なんだよって言いたかった
のじゃあないかと思いました。

264 :名無シネマ@上映中:05/01/17 00:34:39 ID:A1vlGek5
>>240、㌧クス!
話、全然違ってるね。
舞台の方が面白そう・・・

268 :名無シネマ@上映中:05/01/17 21:57:36 ID:qT+Vylru
>240
乙!!!

ぜんぜん違うや~んヽ(`Д´)ノ

「作り話」ごっこがツボみたいだけど、跡形もなかったよね。
このままじゃ地味だと思ったのかもしれないが、
同窓会で焼けぼっくいに火がつくみたいなツマラン恋愛話より、
嘘話で楽しませてほしかったよ。
三谷の映画版みたいにはいかなかったのかな。
舞台のファンの人が激怒しても仕方ないね。

277 :名無シネマ@上映中:05/01/19 09:24:49 ID:IdR9mSUu
舞台再演してくんないかなぁ。


関連記事

  1. 2010/02/05(金) 00:12:44|
  2. や行映画
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<私の中のあなた | ホーム | チェ 39歳 別れの手紙>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1066-fa046f87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『約三十の嘘』

■監督 大谷健太郎 ■脚本 土田英生、大谷健太郎、渡辺あや  ■原作 土田英生 ■キャスト 中谷美紀、椎名拮平、妻夫木聡、田辺誠一、八嶋智人、伴 杏里、ゴンゾウ  “線路は続くよ、人生も” ある日、大阪駅構内に集まる詐欺師たち。落ちぶれた元リーダー・志方(椎
  1. 2010/02/06(土) 12:38:49 |
  2. 京の昼寝?♪

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR