FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

いのちの食べかた

http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1188322393/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :ドナドナ:2007/08/29(水) 02:33:13 ID:Rln4kUcT

肉になった彼らを語ってください。

公式HP
http://www.espace-sarou.co.jp/inochi/


24 :名無シネマ@上映中:2007/10/22(月) 01:10:35 ID:Xs8rSurk
農場も、屠畜場も、花畑も同列に出てきて、
そのバランスが秀逸。

25 :名無シネマ@上映中:2007/10/22(月) 18:50:08 ID:fLlXlFnV
欧州の友人に勧められたので、先日欧州盤DVDを買って見ました。

終始ナレーションも音楽もなく、淡々と野菜や果物や豚や鶏や牛が、
作られ、収穫されていく様子が90分程続く映画です。

YouTubeにある様な屠殺(←何故か変換出来ない)シーンもありますが、
それは菜食主義者のプロパガンダ的なものではなく、
システム化された作業として、極めて淡々と映されています。
同時に、野菜や果物も同じ様にシステム化された栽培・収穫の様子が平等に描かれていて、
純粋に我々の食べ物がどういう風に作られているのか、そういうのを見る事が出来ます。

映画館の大画面で見るには少し勇気の要るシーンもありますが、
それも事実だと知る事の出来る貴重な映像なので、是非多くの人に見てもらいたいですね。

27 :名無シネマ@上映中:2007/10/23(火) 00:46:13 ID:gJHifq9m
>>25
グロかったらどうしよう…と大画面でビビリながら観たよ(試写)。
まあ、そういうシーンもないわけではないのだけど
なぜだか動じることもなく、ラストまで観ることが出来た。
人が働いている様子がちゃんと映っているからかもしれない。
色々無知だったからか、新鮮な映像ばかりで見入ってしまった。

28 :名無シネマ@上映中:2007/10/23(火) 14:14:11 ID:r04dtYGu
食肉工場で分解されるシーンは想像したとおりだったけど
一番ショッキングだったのは繁殖で母牛の横腹から赤ちゃん牛を出すシーン。

30 :名無シネマ@上映中:2007/10/24(水) 00:17:33 ID:HTtLblzx
岩塩取りに行くシーンが最高だった。
あとこれ↓

2ちゃんねる映画ブログ

35 :名無シネマ@上映中:2007/11/04(日) 01:32:03 ID:nz8NEo0M
木がブルブル震えるとこがよかった。

39 :名無シネマ@上映中:2007/11/10(土) 11:31:17 ID:aEqkPR9u
「いのちの食べ方」って題名がヘンだろ。
「いのちの食べられ方」ならまだわかるけど。

43 :名無シネマ@上映中:2007/11/13(火) 00:23:51 ID:AkvZRnst
>>39
動物が生まれてから人の胃の中に収まるまでの過程を
ぜんぶひっくるめて「食べる」ってことなんだろ。

44 :名無シネマ@上映中:2007/11/13(火) 05:13:49 ID:Dzt8Cugm
岩塩採掘は「いのち」じゃないだろ。邦題はミスリード。
あと、メス豚のマ○コに精液を注入するのが男二人で
子豚のチンチンをカットして、去勢するのが女二人なのが
工場の決まりなのか、映画上の演出なのかが気になった。

47 :名無シネマ@上映中:2007/11/13(火) 19:11:39 ID:rCb0UmbI
>44
演出じゃないんじゃない?BGMもなし。ナレーションも無し。あれは普通の職場
なんだと思ったけど。

49 :名無シネマ@上映中:2007/11/17(土) 07:05:25 ID:03pPrC50
>>44
やっぱりあの去勢は男には辛すぎる作業なんじゃなかろうか…。
精液を注入するのは女でも出来る気がするんだが、どうだろう。
牛の射精時に素早く何か器具を装着する男もすごかったなー。

41 :名無シネマ@上映中:2007/11/12(月) 22:36:14 ID:uTMc1QhG
人間みんなが食べてるものはあそこからきているということ
効率的に繁殖させ屠殺、収穫し、そうして人類は繁殖している

という事実を示した映像

42 :名無シネマ@上映中:2007/11/12(月) 23:41:42 ID:k+fK5JvT
要所要所にある現場作業員の休憩シーンにこめられた意味合いは??

47 :名無シネマ@上映中:2007/11/13(火) 19:11:39 ID:rCb0UmbI
>42
我々の変わりに動物を殺したり大量伐採してる人も普通の人間で、別に大食漢
ではない普通の人ですよ、とうけとりましたけど。

46 :名無シネマさん@上映中:2007/11/13(火) 05:58:47 ID:fma8dHsh
これ見ると、肉たべられなくなりそう・。

69 :名無シネマ@上映中:2007/11/23(金) 19:01:58 ID:+N515SPI
これ小学生にはきついですか?シッコの予告でみて子供が見たいと・・

70 :名無シネマ@上映中:2007/11/23(金) 19:19:16 ID:dez3UdNO
>>69
親と同伴なら見られるの是非見てください 
むしろ学校で見せるべき映画だと思いますよ

71 :名無シネマ@上映中:2007/11/24(土) 00:02:28 ID:KP76XVET
たぶん田舎では例えば、飼ってる鶏の卵をとって、畑の野菜を引っこ
抜き、たまに鶏をしめて食べる、ということが生活の1部としてある
人々がまだいるかもしれませんよね。

本来それで済む話だったのかもしれませんけど、環境がそうでない以上
現代人として知るべき映像だと僕は思いました。

大人のおためごかしを子供はありがたいと思ったりはしないものと信じ
たいですね。僕自身はは子供の頃、自分を子ども扱いせずにたとえ難し
い話題でも、真剣に同じ目線で相手をしてれる大人を尊敬していました。
今でもそうです。自分もそういう大人でありたいとも思っています。
ご参考になれば。

72 :名無シネマ@上映中:2007/11/24(土) 03:48:09 ID:lqk30FOX
ありがとうございます。
連れていきます。

73 :名無シネマ@上映中:2007/11/28(水) 18:09:09 ID:Xg25kede
観ました。

オートメーション、のお話ですね。食の。
そんなにグロいとは感じませんでした。
予告やレビューでは、屠殺がフューチャーされてますが、半分は野菜や果物のお話です。
ちょっと退屈です(レタスの辺りで少し寝てしまいました!スイマセン)

従業員の方々は、無表情・カメラを見ない事、を強制されてますね。
まあ、笑って捌いてたりすると、テーマがぶれてしまうので、仕方ないですが。

中高生なんかに観てもらうといいかもしれませんね。
大人だったら、まあそんなに「驚くべき事実!」みたいな印象は無いんじゃないでしょうか。
小学生には・・・う~ん、分かりません。どうしましょう?

74 :名無シネマ@上映中:2007/11/28(水) 23:06:54 ID:WVhci8cv
>>73
屠殺がフューチャー

わろた

76 :名無シネマ@上映中:2007/11/29(木) 11:11:41 ID:sD39CCwW
ナレーション付いたら、NHK特集「食はいま」てとこだね。
もしくは、教育テレビ「働くおじさん・おばさん」か?
出てくる機械達も、もう一つの主役と言えそう。存在感あった。

農作業のとこは確かに眠気を誘うね。不謹慎ながら。
家畜分だけじゃ尺がもたんとは思うけど。

「いただきますを誰にいいますか」てコピーは面白い、考えさせられるね。
宗教観によって見方が違ってきそう(これ、イスラム圏じゃ放映出来んよなあ・・・)

83 :名無シネマ@上映中:2007/12/05(水) 00:26:54 ID:lXBpFMBY
我々日本人は、何に、誰に、「いただきます」と言うんだろうね?
深く考えた事は無いけど、なんか「生態系全体」に対して、なのかなあ?
単純に給食のおばさんに、だったりもするが・・・。

キリスト教徒は神に祈りを捧げるよねえ、食事の前には。
メンタリティの違いは確かに感じるねえ。

84 :名無シネマ@上映中:2007/12/05(水) 00:52:16 ID:Ms2FU+XW
昔は米や野菜を作ってくれた百姓さんに、だったけどね。

79 :名無シネマ@上映中:2007/12/02(日) 12:14:00 ID:AZj/c3gw
こないだ見てきたが終わった後泣いてる子がいたなあ。
映画館を出た後あえてファミレス行ってハンバーグ食ってみたんだが
滅多にそういうもん食わないせいかやけにうまかった。
やや微妙な気分ではあったけど。  

88 :名無シネマ@上映中:2007/12/07(金) 22:00:02 ID:RoIcmTKO
大食いの人は、映画『いのちの食べかた』を観たほうがいいよ。
観たあとでも、何のためらいも無く大食いを続けられるのか試してみて欲しい。

大食いって恥ずかしくないの?
ちゃんと植物や動物の命を頂くことに感謝して食べてるの?
それを祭り上げるメディアもメディアだよ。

まあ自分で注文しておいて食べ残すバカよりはマシかもしれないけどさ。

104 :名無シネマ@上映中:2007/12/19(水) 13:49:54 ID:hM2zbjbr

2ちゃんねる映画ブログ

とりあえずギャル曽根の意見を聞いてみたい。
「これからも感謝の念を忘れずに沢山食べていきたいと思います!」とかお茶
濁しそうだが。

95 :名無シネマ@上映中:2007/12/13(木) 02:50:17 ID:mEEgtK72
豚を殺す機械の仕組みがいまいちわからなかったのですが、
あれどうやってるんですかね?

96 :名無シネマ@上映中:2007/12/13(木) 16:54:10 ID:MIf8oFhA
私もわからなかった。
でも機械の中に入っていって出てきたときには死んでたよね。
中で何が行われてたかは分からなかったよ。
豚が吊されて火がゴウゴウしてたけど、あれは何?
毛を焼いてたのか?

97 :95:2007/12/14(金) 01:25:03 ID:c8KxrUO+
>>96
はいって、出てきたら、死んでた。うん。
その後、首の当たりが切れてたのが見えていたけど、関係があるのかないのか?

火は毛を焼いてるんだと思います。「人間は何を食べてきたか」ではガスバーナーで
焼いてた(手動)。

99 :名無シネマ@上映中:2007/12/16(日) 18:37:44 ID:Hb/cfexw
>>96
殺す場面はなかったね。
牛の場面では電気で気絶させたあと、吊るしてのどのあたりを掻っ捌いてたが、豚も同じじゃないのかな。

157 :名無シネマ@上映中:2008/01/26(土) 17:32:24 ID:hOeCfKiR
牛を殺してた武器は何て言うの?
スタンガン?毒?ヤリ?
ちょっとエグイ映画だけど、俺らがああさせてるんだよなぁ
考えちった

158 :名無シネマ@上映中:2008/01/26(土) 22:29:22 ID:RLkB5A+P
毒使ったら肉使い物にならなくなっちゃうよw
スタンガンみたいなやつで気絶させてる。(そう、やられた時はまだ死んでないのです)

159 :名無シネマ@上映中:2008/01/27(日) 04:35:23 ID:UFOSDZCV
マジ?じゃあ吊るされ腹を切られるときに死ぬわけだ
あちゃー残酷だな
あの狭いとこで首だけだし脅えた目の牛が忘れられないよ
牛も自分が殺されるってわかるんだな

2ちゃんねる映画ブログ

ダンサーインザダークのような嫌なラストだけど
俺ら消費者がどうこう言える立場じゃないんだわな

125 :名無シネマ@上映中:2008/01/10(木) 00:57:33 ID:s0M4y+lF
牛のあのアーモンドの形をした目が忘れられない。
いまだに牛肉を見るとあの目を思い出してしまう。

106 :名無シネマ@上映中:2007/12/19(水) 21:55:12 ID:dAc73csU
ぞんざいに扱われるひよこに萌えた。

118 :名無シネマ@上映中:2007/12/25(火) 18:50:59 ID:TNhjpxu0
ヒヨコの一生は切ないねえ

2ちゃんねる映画ブログ

119 :名無シネマ@上映中:2007/12/26(水) 01:37:45 ID:SHq76r9g
>>118
投げ落とされたりね

165 :名無シネマ@上映中:2008/01/29(火) 01:00:29 ID:rPRkGLt9
ぴよぴよぴよぴよぴよぴよぴよぴよぴよぴよぴよ

226 :名無シネマ@上映中:2008/02/14(木) 18:40:47 ID:UvRRs/Qi
あのヒヨコ軍団の衝撃はホントにスゴイっ!!w
あれこそメインテーマだと思う。

231 :名無シネマ@上映中:2008/02/15(金) 21:02:20 ID:Gk75iMix
>>226
あと、カゴを重ねた中にヒヨコを入れて保管してるのにもビックリした。

232 :名無シネマ@上映中:2008/02/15(金) 23:38:12 ID:rneGxXHV
大量のヒヨコがものすごい風速で噴き出されてくるのが衝撃だった。
まるで豆か米のようw

233 :名無シネマ@上映中:2008/02/16(土) 01:21:15 ID:ovzi+Fng
俺は色的にテニスのサーブマシンを連想した

107 :名無シネマ@上映中:2007/12/19(水) 23:24:31 ID:PZVIBHYo
今日見てきた
“いのち”を扱っているようには見えない作業
でもそうやって作られた食肉は最後には自分の胃の中か・・・・
いくつもの命が自分の血となり肉となっていて、自分にそんな価値はあるのかと考えてしまった
塩のシーンは寝てもうた

108 :名無シネマ@上映中:2007/12/20(木) 12:25:06 ID:hufATUK9
塩の場面、幻想的だったけどな…。
地下に降りるエレベーターでちょっと恐怖を感じた。
どこまで落ちてくねん。

115 :名無シネマ@上映中:2007/12/22(土) 22:58:52 ID:RtrvU4qz
殺される鶏とか豚とか牛とか、なんかすごく愛しく思えた。
日本の事例も見てみたい。

117 :名無シネマ@上映中:2007/12/24(月) 00:53:19 ID:et0AFxWt
観てきますた。

何と言うか、食べ物の収穫があんなに大規模化&機械化されてるというところに圧倒された。
登場する従業員は単純作業やってるだけって感じで…
ああいう感じで、食べ物の元が生きた動物や植物だったって感覚が希薄になっていくのかなーと思った。

日本だったら、「人間の作業はロボット化しよう。人間だと不祥事やらかすし」と、専用ロボットの
開発に精出して、ますます希薄化していきそうですね。

128 :名無シネマ@上映中:2008/01/10(木) 19:02:58 ID:Bqaul0TD
殺されると分かった瞬間に暴れだす牛…
断末魔の悲鳴をあげる豚…

169 :名無シネマ@上映中:2008/02/04(月) 21:57:48 ID:A4LaNXay
牛も数秒後の未来を予見して恐怖に怯えるんだな
感謝しないとな

181 :名無シネマ@上映中:2008/02/08(金) 18:04:18 ID:6qePGST5
牛が好きになったよ。

182 :名無シネマ@上映中:2008/02/08(金) 18:23:01 ID://tZpWKV
aa_20110914192852.gif

142 :名無シネマ@上映中:2008/01/20(日) 13:57:25 ID:HN1XEXP/
さっき観てきたけど、
豚から大量の血と体液が出てくる場面で
半笑いだった。
自分なりの防衛反応だったんだろう。

145 :名無シネマ@上映中:2008/01/20(日) 22:31:27 ID:PiY8SJOM
「いのちの食べ方」というタイトルは生ぬるい。
「日常の動物殺戮」というほうが映画に合っている。

194 :名無シネマ@上映中:2008/02/09(土) 23:38:24 ID:0OL28YwJ
質問です

ベルトコンベアの最後、ひよこさんを、1羽1羽、型?みたいのにハメて?より分けていたけれど、
あれは何をしていたの?
後、お産のシーンで、横腹切って手を入れてた?!大丈夫なの?あれ?
あの後手術で縫うの?

195 :名無シネマ@上映中:2008/02/09(土) 23:55:19 ID:TW8y374B
>>194
違うシーンかもしれないが、
多分あれは去勢だよ。
ブロイラーが勝手に繁殖しないようにね。
牛のやつは人間の帝王切開と同じでは?
あとで縫うのでない???

197 :名無シネマ@上映中:2008/02/10(日) 23:43:28 ID:3cxnHu9c
これに映ってるのヨーロッパのまともな工場だから
どこもあんなに清潔で効率いいけど
中国とか後進国とかもっとヤバイとこありそうだよね?

198 :名無シネマ@上映中:2008/02/10(日) 23:51:14 ID:xVi5pPyW
いや、中国とかだったら家畜じゃなくて○○とかになって放送できないよ。

199 :名無シネマ@上映中:2008/02/11(月) 00:41:03 ID:gH2E8BVg
イヌ?

201 :名無シネマ@上映中:2008/02/11(月) 00:46:58 ID:tphxXNZ3
>>198
ヒト?

204 :名無シネマ@上映中:2008/02/11(月) 11:22:25 ID:OLbiwBJB
 >>199 >>201
ネコかもよ。
子○とか?

174 :名無シネマ@上映中:2008/02/07(木) 16:39:02 ID:n4sSZeXq
これって
命を食べてるんだから死んだ動物たちに感謝、殺す役回りの人にも感謝
そういう映画なんだろ?
確かに感謝するよ
キャベツとりのおじさん達とかさ
機械と一緒に畑を前に移動だもんな
機械と同じだ

220 :名無シネマ@上映中:2008/02/13(水) 12:26:31 ID:yPBXROku
>>174
監督の意図はそういうのとは真逆だと思った。
父なる神の恵みだとか、大地の恵みだとか、命に感謝だとか、
この映画見たらバカバカしく感じるよ。
ぜんぶただの資本主義経済活動じゃないか。

237 :名無シネマ@上映中:2008/02/17(日) 18:21:30 ID:A2ATev8I
>>236
そうかい???
やっぱり、て手塩にかけて育てた野菜や食肉のほうが大事に食べたいと思うのは日本人的???
やっぱり感謝が多い少ないは表現として書きにくいけどあそこに心意気があるとは思えないな。
命には感謝するけど…
どうですしょうか???

239 :名無シネマ@上映中:2008/02/17(日) 21:51:02 ID:TsY4ZgpE
メッセージ?
やっぱりドキュメンタリーだよ
事実なんだよ

事実を知り思考が始まり最後には人間や文明を考えることになる

242 :名無シネマ@上映中:2008/02/17(日) 23:59:46 ID:A2ATev8I
 >>239
確かに、事実だったと思う。
メディアがやってる既成事実とは大違いだ、中国の食材についてもドキュメンタリーをつくってほしい。
ちなみに作者は何年も先に「こんな時代もあったんだね」みたいな作品にしたかったらしい。

240 :名無シネマ@上映中:2008/02/17(日) 22:48:51 ID:ma5ned6F
見に行ってきました
今までイメージだけで動物が可哀相だと思ったり
菜食主義者に少しあこがれていた自分がバカだと思った。
動物たちだけじゃなく植物も生きてるんだなぁとも思った
動物がバラバラになるのもパプリカが千切られるシーンも
なんだか同じ様に見えたよ
枯れた向日葵のシーンとレタスが包まれるシーンで泣いた
アートとしても観れるしこれは良作だ

241 :名無シネマ@上映中:2008/02/17(日) 23:48:15 ID:3FXsN1zR
あれだけ合理的にやってるから
吉野家の牛丼は500円で食べられるんですな。

2ちゃんねる映画ブログ

246 :名無シネマ@上映中:2008/02/19(火) 01:03:26 ID:9k39p/Qt
退屈な映画だった。
映像だけ見せられてもやっぱり飽きる。
この段階でこんな風に処理して次はこうですよとか、
ここが牛の急所でこうやって撃つと気絶するんですとか
説明をして欲しかったねえ。
植物の採集のところなんかほんとうに何をやっているのかわからへん。
でもナレーションいれるとNHKスペシャルになっちゃって、
映画としてカッコつけられないのか。
やだねえ、すかしてさ。

257 :名無シネマ@上映中:2008/02/21(木) 12:31:39 ID:NOxHr59K
何の説明もないのは、各々の感受性に任せたかったのと、
それだけ映像に集中させたかったのと、
本を売りたかったのでは。

258 :名無シネマ@上映中:2008/02/21(木) 15:50:51 ID:/d4Hx1iX
ていうかこの映画の評価が高いところは
ずばりそこでしょ。音楽もセリフもナレーションもないってとこ。

259 :名無シネマ@上映中:2008/02/21(木) 16:28:37 ID:kSSOouiu
ていうかこの映画以外にも
いっぱいあるでしょ。音楽もセリフもナレーションもない映画が。

261 :名無シネマ@上映中:2008/02/22(金) 01:56:11 ID:C3dQEedj
始まりから終わりまで工場見学っぽかったという印象
英語が分かれば仕事中と休憩中のギャップで別の見所があったのだろうか…

276 :名無シネマ@上映中:2008/03/21(金) 18:30:45 ID:JhDRux/j
淡々と食料が生産されていく過程が描かれているだけなのだが、
・精子を採取される
・人工授精で子供を産ませられる
・産んだ子供を取り上げられる
・機械に搾乳される
・屠殺場に送られる
などを、すべて人間に置き換えて想像してしまった。
生きててすいませんな気分になった。

277 :名無シネマ@上映中:2008/03/22(土) 13:14:23 ID:K0Fk9u+4
>276
いい例えですね。でもブルーになる・・・


関連記事

  1. 2010/01/08(金) 00:14:52|
  2. あ行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<もののけ姫 | ホーム | ニセ札>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1035-a2a3ab3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR