FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

永遠のこどもたち

【EL ORFANATO】永遠のこどもたち【デル・トロ・プロデュース】
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1229274252/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中:2008/12/15(月) 02:04:12 ID:Yg4fJvKw
永遠のこどもたち/EL ORFANATO
公式 http://www.cinemacafe.net/official/eien-kodomo/

監督: 
出演:ベレン・ルエダ『海を飛ぶ夢』

アカデミー賞外国語映画賞 スペイン代表作品
ゴヤ賞 新人監督賞受賞/オリジナル脚本賞受賞/美術賞受賞/製作監督賞受賞/音響賞受賞/
     特殊効果賞受賞/メイクアップ&ヘアスタイル賞受賞


3 :名無シネマ@上映中:2008/12/15(月) 03:21:49 ID:LA6EQrog
感動ものっぽい予告だけど
中身は楳図かずおかよ!ってぐらいのグロと恐怖表現だったりするぞこれ
ラストは泣けるけどな

パンズラビリンス好きだった人にはオススメ

6 :名無シネマ@上映中:2008/12/16(火) 17:13:58 ID:H0inD0+n
>>3
はげど
ホラー耐性ないから試写会で泣いた…

13 :名無シネマ@上映中:2008/12/20(土) 17:40:52 ID:5dJMZhRj
普通にホラー映画だったな
霊媒師が霊視するシーンと
母親が屋敷にひとり残って霊と対峙するあたりがすげー怖かった
ラストはちょっと鬱

14 :名無シネマ@上映中:2008/12/21(日) 23:12:27 ID:Bgas3HzT

2ちゃんねる映画ブログ

あの状態で人工呼吸って可能なんだろうか。

16 :名無シネマ@上映中:2008/12/21(日) 23:23:46 ID:3wnV2u/F
>あの状態

ワロタwww
あれは反則な気が…
あそこまで見せなくても良いのに。

17 :名無シネマ@上映中:2008/12/21(日) 23:50:29 ID:AE9ixS0z
あのシーンで呪怨のアゴナシ思い出したわw

21 :名無シネマ@上映中:2008/12/22(月) 00:18:52 ID:eQh2RB1K
この監督上手いなあ。
伏線に気づき、オチは読めたのだが
ラストは不覚にも泣いてしまったよ・・・。
ラストシーンの素晴らしい音楽で涙が倍増だよ。
久々に映画館で泣いたな。
しかし、あの予告編でこの内容じゃあ
ブーイング多いんじゃないか?
途中までかなり怖かったよwww

22 :名無シネマ@上映中:2008/12/22(月) 00:29:35 ID:m1Xt6EHY
たしかにあの予告編で「あの状態」シーンはないよなwww
ラストの父親のシーンは蛇足だと思ったが最後に泣けた。

25 :名無シネマ@上映中:2008/12/22(月) 01:01:00 ID:WX5y/Y2a
最後に夫の前に現れたのはシモン?

26 :名無シネマ@上映中:2008/12/22(月) 01:34:54 ID:m1Xt6EHY
どう考えても奥さんでしょ。

27 :名無シネマ@上映中:2008/12/22(月) 12:41:51 ID:eQh2RB1K
あのネックレスを夫が発見してから、ドアが動いたからね

30 :名無シネマ@上映中:2008/12/23(火) 12:08:08 ID:cLRa0P/w
パンズは楽しめなかったがこれは好きだ。最初の「つかまえた」が怖かった

あの洞窟はなんだったの?

31 :名無シネマ@上映中:2008/12/23(火) 12:56:17 ID:kbw/40Sw
トマスが死んだ場所

34 :名無シネマ@上映中:2008/12/23(火) 19:26:54 ID:cLRa0P/w
>>31
ありがとう!

33 :名無シネマ@上映中:2008/12/23(火) 18:30:52 ID:GKhzy8fz
だるまさんがころんだ は全世界共通の遊び?

43 :名無シネマ@上映中:2008/12/24(水) 07:52:21 ID:H1fAtt7t
ラストを色々考えてみたけど、どれも捨て難くて全部入れましたって感じだな。
自分だったら灯台の灯が部屋の中に差し込む→父独りとさっさと終わらしてしまいそうだけど
長過ぎる余韻は音楽が良かったし、ドラマを重視した内容に相応しいからアリだな。

44 :名無シネマ@上映中:2008/12/24(水) 20:24:35 ID:YobzEsl2
だったらいいじゃん

45 :名無シネマ@上映中:2008/12/24(水) 22:22:23 ID:zEjsHrh8
途中でやけにグロやオカルトだから(それも面白いが)色んなホラー映画が頭をよぎったけど
作った人達はホラーでなくて最後の鎮めのシーンみたいのを表現したかったのかなと思った

54 :名無シネマ@上映中:2008/12/29(月) 01:21:01 ID:tKdUwbtq
子供はなんでどんどんたたくだけで叫ばなかったの?

55 :名無シネマ@上映中:2008/12/29(月) 01:44:57 ID:XlMnmgSM
叫んだら見つかって映画が面白くないから

56 :名無シネマ@上映中:2008/12/29(月) 05:03:30 ID:2WvwiWa3
トマスの真似して?あのマスクを被ってたから声が届かなかったとか?

57 :名無シネマ@上映中:2008/12/29(月) 08:59:34 ID:Yx6XB8Jj
想像でトマスと遊んでいたから。

60 :名無シネマ@上映中:2008/12/29(月) 19:14:17 ID:M2Ygwhsy
かくれんぼしてたんじゃないかな。かくれんぼしながらも「彼等」は気付いてほしいという矛盾を抱えている。それだけでも哀しい

62 :名無シネマ@上映中:2008/12/29(月) 22:22:21 ID:fFZEe3Ca
原題はなんていう意味?

63 :名無シネマ@上映中:2008/12/29(月) 22:58:37 ID:GE6OIger
>>62 孤児院

168 :名無シネマ@上映中:2009/01/25(日) 00:58:08 ID:sp9oGVOd
盲目の子供がラウラの顔を触って、「ラウラよ!」(だったっけ?)と言うシーンがよかったな。

死ぬことにより、孤児院の子供たちと永遠に一緒に過ごすことができる。
原題は「孤児院」らしいけど、邦題を「永遠のこどもたち」としたのはなかなかセンスあると思う。

75 :名無シネマ@上映中:2009/01/01(木) 15:53:18 ID:KEwfnuqw
「アザーズ」もそうだったが雰囲気だけでおされても醒めるのが早い。
捻ったプロットにもうひと捻り加えたら元に戻っちゃいました的な筋立てもちょっと嫌だった。
「パンズ・ラビリンス」とは大きな隔たりのある映画だと思った。

77 :名無シネマ@上映中:2009/01/02(金) 23:44:19 ID:GayTZxa+
グロシーンがなければ誰にでも薦められる良作なのに。
ホラーもやりたいという作り手の欲が出てしまったのか
それとも製作側の捩じ込みか。

灯台の光が鍵だと読んでたんだが
あまり効果的には使われずにちょっとガッカリ。
だけど序盤からのピーターパンの伏線にはやられた。

同じような素材の作品は多いけど
これまでに見たり読んだりした中で一番綺麗にまとまってると思った。

78 :名無シネマ@上映中:2009/01/03(土) 00:36:40 ID:wRZcPKca
一言でいうと、アザーズ+パンズラビリンスだな。
救いようのない話だけど、妄想が美しいまでに昇華してる。おれもウェンディーにはぐっと来た。

79 :名無シネマ@上映中:2009/01/03(土) 00:37:44 ID:wRZcPKca
あと、主人公、あれで37歳はないぞ。どうみても40代。

2ちゃんねる映画ブログ

80 :名無シネマ@上映中:2009/01/03(土) 01:20:14 ID:YeYw23Ql
俺も「さ、さ、さんじゅうななあっ?!」(火サスの音)
って、劇場で叫びそうになったよ。

82 :名無シネマ@上映中:2009/01/03(土) 15:23:03 ID:F1qTcFj8
白人女性37歳ったら普通はあんなもんよ。  

84 :名無シネマ@上映中:2009/01/03(土) 21:15:19 ID:VBjIcBeL
しもんがHIV陽性である必要性ってなに?

87 :名無シネマ@上映中:2009/01/04(日) 00:10:29 ID:YZBaOxg2
>>84
アチラの世界ならシモンもラウラもほかの
こどもたちも永遠に生きられるってことでは。

そこしかなかったと。

93 :名無シネマ@上映中:2009/01/04(日) 14:08:27 ID:Xy3iJrV7
久しぶりにホラー観たら怖くて怖くて、
お話しがきちんと把握できなかった。
シモンが招き入れたのはトマスだけだよね。
他の5人はベニグナに殺されて、ずっと屋敷にいたのかな?
屋敷に戻ってきたトマスは何をしたかったのだろう?
自分を殺した(?)5人をうらんでないのかな?

94 :名無シネマ@上映中:2009/01/04(日) 15:36:41 ID:7gWak+XO
招き入れる、か。
この世の者じゃない存在はこっちが「おいで」言わない限り来ないって話を前に聞いたな、そういえば。
これって、物の怪以外のいろんなことにも当てはまるかもね。

トマスは孤児院に帰ってきたかったんだと思うよ。
やっと住人のシモンが「おいで」言ってくれたから帰ってこられたと。
他の5人は地縛霊だから迎えに行けなかったんでね?
これから仲良く皆で暮すんだよ、きっと。

でも、見方を変えると、単に不幸な殺人>事故死>お母さん発狂事件としても
完結しちゃうところが凄いよね、この映画。

96 :名無シネマ@上映中:2009/01/04(日) 18:32:42 ID:TC/nSl+2
>>94
パンズもそうだったよね。
全部少女の想像=現実逃避ともとれる。
それがまた切ないわけだ。

97 :名無シネマ@上映中:2009/01/04(日) 18:54:37 ID:N5viru52
ホラー映画でこんなに泣いたのは初めて
しかし、予告は本当に詐欺だな。

近くに、80近くのおばあちゃんが一人で見に来てたけど、
心臓止まっちゃうんじゃないかとハラハラしたよ。
おばあちゃんには最初から子供たちの姿が見えてたのかも

98 :名無シネマ@上映中:2009/01/04(日) 21:01:25 ID:IR2GG4EU
>>97
>おばあちゃんには最初から子供たちの姿が見えてたのかも

それって死期が近いって事か?
おいおいw

俺はむしろ、そのおばあちゃんは他の人には見えてなかったと思うぞ。

100 :名無シネマ@上映中:2009/01/04(日) 21:26:48 ID:6iZxTsaE
>>97-98

110 :名無シネマ@上映中:2009/01/06(火) 00:42:34 ID:qvwfYlZB
ちょっと理解しそこねた。
トマスは洞窟で5人に殺されたの?

111 :名無シネマ@上映中:2009/01/06(火) 00:56:07 ID:lZ1cBhlg
>>110 そこをわかってなかったらこの映画の楽しみ半減じゃない?

112 :名無シネマ@上映中:2009/01/06(火) 06:29:34 ID:unME4Kuc
理解というか、ちゃんとセリフで説明してたよね…

118 :110:2009/01/07(水) 22:33:30 ID:dlILvG/b
書き方が悪かった。
5人はトマスを殺したのか?
殺そうとしたのではなく、たまたま死んじゃったのか。
語られてたのはベニグナの狂った振る舞いも交ざった、
後年の推測談だったよね。
屋敷に戻ったトマスが他の5人とあまり距離なく現れて
いたのが、状況としてどうも分からなくて・・・。

119 :名無シネマ@上映中:2009/01/07(水) 22:40:55 ID:ylxK3Sww
>>118
洞窟の中でマスクを剥ぎ取って...という話のこと?

間接的に死んだ原因を作ったことにはなるけど、
子供のイタズラの1つだし、殺意があったわけじゃないので
双方にわだかまりは無かったんじゃないかな。

122 :名無シネマ@上映中:2009/01/08(木) 17:43:52 ID:CWEi0v+c
>>119
トマスはわだかまりまくるだろ。
「死を選ぶくらいに素顔を晒すのが嫌」な奴が、
友達だと思ってた連中に追い込まれるんだぜ。
あれはイジメ殺人だよ。

昇天できないほどの遺恨を抱えて死んだトマスが、
その原因達と何の確執もなく一緒にいる。
その御都合主義なラストで一気に醒めた。

123 :名無シネマ@上映中:2009/01/08(木) 19:41:32 ID:B2ZLplpJ
でも、みんな自分の母親に●を●られて壮絶に●しみながら●んだんだし、
おあいこって事では?

それよか、トマスがパーティ会場に現れるショットは鳥肌立った、
キターーーっ!って。

124 :名無シネマ@上映中:2009/01/08(木) 19:48:34 ID:SQEFjiqD
>123

「おあいこ」なんて割り切りが出来るとは思えないな。
そうやって割り切れる位なら、そもそもあの子供ら全員揃って成仏してる。

125 :名無シネマ@上映中:2009/01/08(木) 21:22:45 ID:OgF8Y/tw
>>123
うんうん。あれは感動ものだった。
冒頭のダルマさんが転んだが綺麗に伏線になってたね。

126 :名無シネマ@上映中:2009/01/08(木) 21:35:29 ID:B8CaTGjO
一昨日観てきた。
結局トマスはみんなと仲直りしたかったのかもね。
あの奇妙なマスクを被せたのは他ならぬ母親だし、息子に「お前は醜いから
素顔を晒してはならない」と言い聞かせて育てたのだろう。
素顔のトマスを、もしかして他の6人は受け入れる準備があったのかも
しれないが、その機会を永久に奪ったのは母親によるそうした呪縛だという
見方もできるわけだ。

127 :126:2009/01/08(木) 21:56:09 ID:B8CaTGjO
息子をいじめ殺された母親による哀しい復讐劇というドラマが、
唯一生き残ったラウラを媒介にして子どもたちが和解することで
母親の呪縛からのトマスの解放、そしてラウラとシモンが真の親子に
なるというドラマへと変貌する(つまりホラー映画から愛をテーマに
した映画への転換)、これが監督が表現したかったことじゃないかと
思った。

128 :名無シネマ@上映中:2009/01/11(日) 00:00:30 ID:gPgjqZUZ
>>127
それが監督の狙いなのかはわからない。でも俺はその解釈で
同じように納得できた。まちがいなく優れた脚本だよ

あのばあさん2段活用は怖すぎだが。謝れデルトロ。
突然リーパーズが出てきてほんと泣きそうになった

129 :名無シネマ@上映中:2009/01/11(日) 01:14:10 ID:ps0ZFjfu
>>128 それはプロデューサーが謝ることなの?

143 :名無シネマ@上映中:2009/01/14(水) 23:49:00 ID:vuVfRfIt

2ちゃんねる映画ブログ

霊媒師ってチャップリンの娘だったんだね
暗視カメラの映像がかなり怖かった

148 :名無シネマ@上映中:2009/01/16(金) 11:28:46 ID:+DsS2+8j
>>143
目だけ光ってたもんな。

150 :名無シネマ@上映中:2009/01/17(土) 01:27:49 ID:Cecqtio/
マイコージャクソン喜ぶかな、ネヴァーランド。
あのマスク、あれは怖かったわ。

151 :名無シネマ@上映中:2009/01/17(土) 08:38:51 ID:JalKYzAc
子供達がスリラーを踊りながらだるまさんが転んだをやるシーンが思い浮かびました。

154 :名無シネマ@上映中:2009/01/18(日) 02:54:09 ID:8ZWh8bkF
ラスト近く、子供の一人が「大人になってる…」ってセリフ…

        .。::+。゚:゜゚。・::。.        .。::・。゚:゜゚。*::。.
      .。:*:゚:。:+゚*:゚。:+。・::。゚+:。   。:*゚。::・。*:。゚:+゚*:。:゚:+:。.
ウワ━.:・゚:。:*゚:+゚・。*:゚━━━━゚(ノД`)゚━━━━゚:*。・゚+:゚*:。:゚・:.━ン!!
  。+゜:*゜:・゜。:+゜                   ゜+:。゜・:゜+:゜*。
.:*::+。゜・:+::*                        *::+:・゜。+::*:.

155 :名無シネマ@上映中:2009/01/18(日) 05:55:19 ID:IO/dBSh8
>>154
実はピーターパンの話が出た時点で、
ウェンディから見たピーターパン=永遠の子供=自由で神秘的な存在
だが逆にピーターパンから見たウェンディ=大人になっていってしまう
=置き去りにされる寂しさ(孤児の持つ見捨てられ不安)
という「視点の転換」を暗示してるんだよね。

157 :名無シネマ@上映中:2009/01/20(火) 00:48:53 ID:QKxHTLVY
(´^ω^`)昨日見てから眠れないお
やばい、感動よりやるせなさしか浮かばない
お父ちゃんはどうなるんだろ

2ちゃんねる映画ブログ

158 :名無シネマ@上映中:2009/01/20(火) 01:39:37 ID:53n00/7T
家に戻って来た父ちゃんの心情を思うとつらいな
カウンセラーの人に慰めてもらうといいよ

159 :名無シネマ@上映中:2009/01/20(火) 09:37:18 ID:4bGQrexV
>>158
>カウンセラーの人に慰めてもらうといいよ

カットされたけどラストシーンには別の展開があったらしく、
そこではカウンセラーの人(というか警察関係の心理学のあの女の人)に
ハグしてもらってるんだよ、たしか。

161 :名無シネマ@上映中:2009/01/24(土) 02:48:11 ID:2dgZL3NF
ラウラはベニグナとトマスを知らなかったようだが、彼女が孤児院を出たあとに
あの親子が入ったのだろうか?

162 :名無シネマ@上映中:2009/01/24(土) 09:49:07 ID:/XAOlGiS
>>161
集合写真に一緒に写ってたがな

163 :名無シネマ@上映中:2009/01/24(土) 10:59:30 ID:2dgZL3NF
そう言えばそうだったな。ラウラは記憶力がかなり悪いな。トマスのような
印象の強い人物を覚えていなかったとは。

164 :名無シネマ@上映中:2009/01/24(土) 16:01:47 ID:h/6q8L9B
>>163
覚えていないというより、記憶に封印をして思い出さない
ようにしていた、というのが的確な気がする。
PTSDみたいにね。
ベニグナの存在を鍵として抑圧された記憶が蘇ったのだ
とすれば、子供達の幽霊は無意識が作り出した幻影と見る
ことも出来る。

165 :名無シネマ@上映中:2009/01/24(土) 17:17:25 ID:Z75e3uQ6
それは深読みしすぎ

166 :名無シネマ@上映中:2009/01/24(土) 17:51:33 ID:D8b/mvs0
主演の女優さん、普通に綺麗じゃん。ハリウッドの整形バリバリの女優とかより自然でいい。
旦那はもう少しストーリーに絡めてあげても良かったんじゃ

特別出演のジェラルディン・チャップリンは凄いな、出てくるだけでオーラが滲みまくり

169 :名無シネマ@上映中:2009/01/25(日) 01:46:51 ID:+JtxbiM4
>>166
そうか?正直ウィレム・デフォーにしか見えなかった

170 :名無シネマ@上映中:2009/01/25(日) 02:14:25 ID:qOqK/Sef
せめてヒラリー・スワンクで

ラウラもカウンセラーの人も「海を飛ぶ夢」に出てたんだな

178 :名無シネマ@上映中:2009/02/01(日) 18:06:26 ID:sOVRIUJh
ホラーとしてはいい作品だと思うが、ラストが「いい話」っぽい画になってるのがなぁ
シモンに会えたからメダルを返したってことなんだろうが…

あと、霊媒師のせいで「ラウラの妄想」って含みが無くなっているのも惜しい気がする
ホラーのつもりで作っているんだろうか?

179 :名無シネマ@上映中:2009/02/01(日) 18:32:41 ID:Dvcx4mhI
>>178
二重の見方が出来るように作っていると思う。
ダンナ視点だと「子どもが行方不明になっておかしくなった妻が、せっかく
連れてきた心理学者も敵視し始めて変な宗教にはまった」ように見える。

209 :名無シネマ@上映中:2009/03/31(火) 14:59:05 ID:SJRFNBNX
パンズと同じパターンのラストなのに
パンズは悲しくて悲しくて大号泣したけど
これはちょっと心温まる感じだった。
客が中年のおばちゃんでいっぱいだったのが不思議。
ポスター観て家族愛のドラマと勘違いしたんだろうか。

229 :名無シネマ@上映中:2009/06/08(月) 17:04:23 ID:XQmDphuZ
だるまさんのシーン恐すぎ。ちょっとトラウマになってるよ

2ちゃんねる映画ブログ

230 :名無シネマ@上映中:2009/06/08(月) 19:51:07 ID:qgKCX3bl
ジャパンホラーに近いじわじわした怖さだよ
自分は幽霊の怖さよりラストの展開がトラウマ…

でも良く出来た作品なので是非観てほしいな


関連記事

  1. 2010/01/02(土) 00:04:58|
  2. あ行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<サマータイムマシン・ブルース | ホーム | 劇場版 BLEACH ブリーチ Fade to Black 君の名を呼ぶ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1029-3fec44b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR