FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

MW -ムウ-

http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1246628648/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中:2009/07/03(金) 22:44:08 ID:USjUn3c5
原作:手塚治虫

2009年7月4日(土)丸の内ルーブル他にて全国ロードショー

公式
http://mw.gyao.jp/

スタッフ
監督:岩本仁志
製作総指揮:橘田寿宏
製作:松橋真三
脚本:大石哲也、木村春夫
撮影:石坂拓郎
プロダクションデザイン:太田喜久男
編集:朝原正志

音楽:池頼広
主題歌:flumpool「MW ~Dear Mr. & Ms. ピカレスク~」


2 :名無シネマ@上映中:2009/07/03(金) 22:45:02 ID:USjUn3c5
キャスト
結城美智雄:玉木宏
賀来裕太郎:山田孝之
溝畑:山本裕典
美香:山下リオ
三田:風間トオル
松尾:鶴見辰吾
岡崎俊一:中村育二
山下孝志:半海一晃
望月靖男:品川徹
橘誠司:林泰文
牧野京子:石田ゆり子
沢木和之:石橋凌


ストーリー
16年前、とある島で、島民全員が大虐殺されるという事件が発生。その事実は政府によって闇に葬られたが、
奇跡的に逃げ延びた2人の少年は、それぞれの宿命を背負って大人になる。
一人は頭脳明晰なエリート銀行員という仮面を被り、凶悪犯罪を重ねる悪魔、結城美智雄(玉木宏)。もう一人は、
敬虔な神父となった賀来裕太郎(山田孝之)、彼は結城の犯行を阻もうとしながらも毎回翻弄され、激しく苦悩する。
そして結城はついに、16年前の事件のキーワードである「MW」にたどり着く。そしてこの「MW」を使い、全人類を
道連れに世界を滅ぼそうとするのだった・・・。

17 :名無シネマ@上映中:2009/07/04(土) 03:02:40 ID:XcUQ7ZhQ
なんで同性愛設定を無くしたんだろう???
なんと言うか、主役格2人の衝動心理が不明格なまま
ただ淡々と物語だけが進んで行く感じだったぞ?

ある意味逆差別的な設定変更すんな!
と言うか、同性愛者が気に入らなきゃ映画化すんな!

まったく…

俺は差別とホモが大っ嫌いなんだ`´

27 :名無シネマ@上映中:2009/07/04(土) 07:24:02 ID:Zzf12qMF
同性愛カットがかなり裏目に出てるね。批評とかで叩かれてるのはすべてそこ。
最初から分かんなかったのかねえ、この監督は。原作の基礎の部分だったのに。

84 :名無シネマ@上映中:2009/07/04(土) 14:03:51 ID:jM/WwaaZ
原作と違う設定にしたいならオリジナルの脚本でやれよ、といつも思うわ

85 :名無シネマ@上映中:2009/07/04(土) 14:05:18 ID:Zv/q9hhC
虎の威を借る狐(あってる?)ですよ

62 :名無シネマ@上映中:2009/07/04(土) 12:09:59 ID:oRwEhWNm
見終わった。
例の関係は知ってればそれはそれで楽しめるし、知らなくても問題ないって感じだったな。
それよか冒頭のタイの無理がある追跡シーンが長い割に
一番盛り上がるはずのMWを手に入れるシークエンスがほとんどないってのは
明らかに配分ミスだと思う。
あと、エピローグはスタッフロールの後のサプライズにした方が良かったと思う。
いろいろ書いたが個人的には満足。

72 :名無シネマ@上映中:2009/07/04(土) 13:08:40 ID:oZNIrSmc
原作未読だけど楽しめた
ただし前半のタイはいらん
同性愛はあの程度で十分じゃん
腐は勝手に妄想して補うから問題ないだろw

75 :名無シネマ@上映中:2009/07/04(土) 13:16:50 ID:1NO+fh0J
若手刑事が大泉洋に見えて仕方なかった

2ちゃんねる映画ブログ

76 :名無シネマ@上映中:2009/07/04(土) 13:22:47 ID:t0xapqwv
玉木がとにかくすごいな。あのカラダ・・・何じゃありゃ?
ガリガりでヒョロヒョロかと思ったら上半身が筋肉の塊だった。

内容はまあいろいろ突っ込みどころ満載だけど、全体的に割りとよかった。

77 :名無シネマ@上映中:2009/07/04(土) 13:23:55 ID:Hu2Ws7mv
観ました。
玉木と山田を見るだけでも、見る価値はあります。
脚本と監督はヘボだと思う・・・

玉木と山田がすごくすごくイイ!
この二人がよかっただけに、映画の出来がもったいない。

監督は力の入れ所を間違えてるような気がする。
タイロケなんてイラネ。その時間をもっと回すべき所があるだろうに。
やたらカッコつけてる刑事がでばってるのも謎。

結城は冷酷で無機質な美しさ。まさに玉木の嵌り役。
賀来は苦悩の表情と声が色っぽい。山田は演技上手いなあ。
同性愛設定については、軽いキスを入れたほうがよかったと思う。

79 :名無シネマ@上映中:2009/07/04(土) 13:37:35 ID:YEnQ2l5a
>>77
>監督は力の入れ所を間違えてるような気がする。
原作未読の人でさえこういう意見見る
タイロケのシーンはせっかくタイまで行ってロケしたんだから
少しでも長く使いたかったって感じがするね
余計なものを入れすぎ、肝心なところは描写不足か
なんだかな

88 :名無シネマ@上映中:2009/07/04(土) 15:24:57 ID:2Dj9w9It
原作既読の自分と未読の中学生の娘と見てきた。以下、娘の感想。

・タイの部分カットして結城×賀来の場面(心理描写)を増やした方がよかった。
・結城×賀来じゃなくて結城VS刑事の話になってるのが不満。
 特にあの体型で手榴弾に手が届いちゃう瞬発力とか見たくなかった。
・淡々と話が進みすぎ。MWを手に入れる所を端折りすぎ。
・音楽よかったのに最後の主題歌が軽すぎて気が抜けた。

原作既読の自分も不満の残るところは娘と一緒だけれど、賀来を陥れるところ
なんかは「そうきたか」って楽しめた。終始切ない表情の山田の演技も良かった。
あれだけ利用して痛めつけた賀来がクルーザーから落ちたとき見せた狼狽した結城は
二人の複雑な関係性を匂わしていてよかった。

103 :名無シネマ@上映中:2009/07/04(土) 16:23:01 ID:QNWqe1M7
flumpoolってアミューズだったのね
なるほどね

105 :名無シネマ@上映中:2009/07/04(土) 17:13:36 ID:mFEwMIce
玉木は結城に顔が似てる。

2ちゃんねる映画ブログ

110 :名無シネマ@上映中:2009/07/04(土) 17:41:49 ID:B5/gcZgO
玉木は原作のビジュアルとそっくりだね

135 :名無シネマ@上映中:2009/07/04(土) 19:08:02 ID:UOJ+kgIl
序盤はかなりダレダレでクライマックスもチャチさが目立った
ただ中盤からの盛り上がりは結構のめりこませる
玉木はかっこいい
あと音楽(歌じゃなくてサントラ)がかなり良くてかなり得点稼いでると
思った
女は利用して容赦なく殺す結城だが賀来だけは殺せないというのは
原作のイメージをうまく再現してると思った

139 :名無シネマ@上映中:2009/07/04(土) 19:12:44 ID:PtnAGxCj
観てきたけど、原作ファンのオレだが楽しめたぞ
以下ちょっとネタバレになる
ただ結城と神父の絡みがメインになるはずが、
結城と刑事の対立がメインになってた気がする
神父の存在はどうでもいいみたいな・・・
石田も事態解決どころか結果的に事態悪化に荷担する羽目になるし
何しに出てきた?と思うような感じだったが、 死に様でまあ許せた
米軍東京基地で子供たちが好意を抱いてた結城が一変して裏切る冷酷な感じを
もっと描いてほしかった
後半時間がなくてかけ足になった感じ

143 :名無シネマ@上映中:2009/07/04(土) 19:17:22 ID:3oDF/ew6
>>139
全文同意
楽しめたし、役者陣はもの凄くよかったけど、
演出というか構成のそういうところがアレだった
美香があのときどういう感情を抱いていたのかいまいちわからんかった

142 :名無シネマ@上映中:2009/07/04(土) 19:16:40 ID:UOJ+kgIl
米軍基地でMWを手に入れるあたりのシークエンスがまるまるカット
あれはかなりひどい
子供をダシにして基地に潜入し司令官を脅迫とか描くべきところが
あるだろうに

144 :名無シネマ@上映中:2009/07/04(土) 19:28:17 ID:shfRoB/g
>>142
それやっちゃうと軍事ヲタが出てきて重箱の隅つつきだしそうだからなぁ
まぁいともあっさりMWを手に入れすぎだとは思うけど

145 :名無シネマ@上映中:2009/07/04(土) 19:30:03 ID:UOJ+kgIl
>>144
たぶん米軍の許可おりなくて撮影できなかったんだろうね
というか軍隊がらみのところは全部タイで撮ったんでは?

146 :名無シネマ@上映中:2009/07/04(土) 19:37:40 ID:PtnAGxCj
いったい島民の生き残りは何人いるんだ?
何だかんだで結構生き残ってるじゃないか
(第0章でも1人いたみたいだし)

148 :名無シネマ@上映中:2009/07/04(土) 19:40:22 ID:UOJ+kgIl
>>146
セリフからの推測では出稼ぎにいっていて不在だった人はかなりいるようだ

149 :名無シネマ@上映中:2009/07/04(土) 19:41:40 ID:shfRoB/g
>>146
島を離れていた生き残りはいる
当時、在島していた人たちが殺されたってことだろ

150 :名無シネマ@上映中:2009/07/04(土) 19:44:27 ID:ce+EjW2q
 映画でも賀来は死んだんだよね。あのラストじゃあどうなったんかもなぞだ…結城みたいに実は生きてましたー!もありだし。

151 :名無シネマ@上映中:2009/07/04(土) 19:53:30 ID:f6hKPp5N
賀来の十字架?を教会の女の子が持っていた気がするから、賀来の遺体が引き上げられたんだろうけど
生死は不明よなあ。
結城はパイロットと入れ替わって最後、脱出したんだろうけど。

152 :名無シネマ@上映中:2009/07/04(土) 20:04:45 ID:tHLLYycd
>>151
あれそうなんだ
同じロザリオ持ってたのかとおもたw

155 :名無シネマ@上映中:2009/07/04(土) 20:22:44 ID:zLLL4aGK
ノベライズでは両方生死は不明になってるんじゃなかったっけ

198 :名無シネマ@上映中:2009/07/04(土) 21:58:56 ID:UOJ+kgIl
原作読んだがかなりトンデモだぞ

展開に困ったらとりあえずレイプとか手塚先生あきらかに無理してる

196 :名無シネマ@上映中:2009/07/04(土) 21:55:17 ID:fFwXxV7/
結局この監督は「MW」を撮りたいわけじゃなくて、結城を撮りたかったのかなと思った
んで大人の都合で色々端折ったらなんか魅力不足な結城が出来た感じ

つか刑事が出張りすぎててちょっとウザかったんだが

202 :名無シネマ@上映中:2009/07/04(土) 22:02:25 ID:ebTcQW9z
>>196
作りたかったのは「MW」ではなく
結城を撮りたかったのでもなく
なんとなくアクションとカーチェイスが撮ってみたかったんだろう

205 :名無シネマ@上映中:2009/07/04(土) 22:04:18 ID:jyVIFS8v
>>196
たしかに刑事ウザかったなwww続編は違う刑事にしろよなー
結城と張り合うくらいの頭脳と若さ容姿をもった俳優にすべきだろ

出張りすぎのオッサン刑事が妙にカン鋭いのがウザい

212 :名無シネマ@上映中:2009/07/04(土) 22:11:01 ID:VM69LEvN

2ちゃんねる映画ブログ

あの刑事、しょっぱなのカーチェイスとか汗臭そうで臭ってきそうでまいった。
警察のはずなのに、青シャツやら黒シャツやらきて何者かと。
とにかくウザかった。

257 :名無シネマ@上映中:2009/07/04(土) 23:33:46 ID:eau2C2zo
石橋さんはかっこよかったけど頭の片隅でアンタッチャブル山崎がちらついてしまった。

2ちゃんねる映画ブログ

318 :名無シネマ@上映中:2009/07/05(日) 02:12:50 ID:W6A8lR2U
石橋凌が走るのを見るたび「原田美枝子さん!!ご亭主の体型は
これでいいんですか?」とか、どうでもいいことを考えてしまった。

275 :名無シネマ@上映中:2009/07/05(日) 00:29:21 ID:h8u/YbBG
結城は何人も殺してるのになかなか手がかりがつかめないMW
だが女記者の取材であっさりわかってしまうMW

つーか元々取材してた記者も結城が殺したんだよね?
泳がせてればもっと色々調べてくれたはずなのにw

277 :名無シネマ@上映中:2009/07/05(日) 00:32:18 ID:RB69SKRi
>>275
結城は銀行員じゃなくて雑誌記者になればよかった?

287 :名無シネマ@上映中:2009/07/05(日) 00:45:04 ID:FC1Th1HH
最初に出てきた岡崎の娘って誰?

2ちゃんねる映画ブログ

かわいすぎワロタ

380 :名無シネマ@上映中:2009/07/05(日) 12:20:55 ID:QKXr6KE4
ホモシーンがないのは残念だったけど
すごい面白かったな。

石田ゆりこの死にっぷりもいい。

383 :名無シネマ@上映中:2009/07/05(日) 12:37:02 ID:gtveX2F8
石田ゆり子って本当に可愛いよな。
今幾つだっけ。30代後半?

2ちゃんねる映画ブログ

384 :名無シネマ@上映中:2009/07/05(日) 12:46:53 ID:YRHlaNoe
間もなく40。

388 :名無シネマ@上映中:2009/07/05(日) 13:23:36 ID:Vx+cXpNt
>>380
ゆり子さんのシーンは衝撃で頭が真っ白になった
もう結城死ねよ 悪魔

445 :名無シネマ@上映中:2009/07/05(日) 17:32:11 ID:0H+6fGCZ
見て来た
普通におもしろい
傑作でもないが駄作でもない
題材的にはおもしろく、主人公がキャラ立ちしてるので見せ方によってはもっと魅力的な作品に成り得た
結城が基地に忍び込んでからMWを手に入れるまでを詳細にやった方がおもしろいと思った
多くの人が言ってるようにカーチェイス減らしてMW奪還を丁寧に描くべき
主人公二人とても良い
二人の組みでキャラが輝いてる構図
あと誰かも言ってたが日本映画臭くない
外人がいっぱい出てるからだろうか

444 :名無シネマ@上映中:2009/07/05(日) 17:24:15 ID:eqybH2we
万が一続編やるなら監督変えて欲しい
内容もだけど何より撮り方が駄目すぎる
カメラは揺れっぱなしで見にくいし、死体の映し方がくどすぎる
ドラッグムービーでもないのに、やたら「殺した」感を強調したいのか
死体をフラッシュバックみたいにして長々と映すのがテンポ悪いと思った

446 :名無シネマ@上映中:2009/07/05(日) 17:33:03 ID:QYb1Rkbt
>>444
死体の映し方はあれでいいよ
結城はそうたくさん直接手を下してないから
残虐さが出てていい

448 :名無シネマ@上映中:2009/07/05(日) 17:41:33 ID:+YEzJni2
>>444
画面揺れたね。映画見て酔ったのはクローバーフィールド以来。

447 :名無シネマ@上映中:2009/07/05(日) 17:37:13 ID:Jp2+WXu5
若い刑事の死に方がいまだに理解できん
どうすりゃああなる

451 :名無シネマ@上映中:2009/07/05(日) 17:43:52 ID:QYb1Rkbt
>>447
おそらくすでに首を切っていて出血しないようにテープかなんかで止めてる
賀来が口を覆う布をはずすのと同時にテープも剥がれて血が噴出す・・・と思ってる

471 :名無シネマ@上映中:2009/07/05(日) 19:04:44 ID:qMiIt1eo
原作は読んでないから、漫画ではどうなってるのかしらないけど
手塚治虫の時代だから許せるストーリー展開だよな

結城の犯罪はすごく稚拙で証拠が山ほど見つかるだろうし
結城と賀来は超人的な不死っぷりだし
離島と米軍基地の警備はセコムかALSOKレベルだし

年代不詳の話っぽくしてたらまだよかったんだけど
途中で「サリン事件のサリンより強力なMW」とか
急に現実の話持ち出すから、なんか白けた

それと関西人の俺はラスト近くで「関東壊滅」させるほどの量のMWが
ばらまかれるエンドを心底願っていたのだが、運悪く落下地点が
海だったことはホントに残念でしょうがなかったよ・・・
っていうか飛行機ってビルにあれだけ接触したら普通堕ちるよね?

473 :名無シネマ@上映中:2009/07/05(日) 19:10:49 ID:9+ZPC9P3
>471
>離島と米軍基地の警備はセコムかALSOKレベルだし
確かめもしないで帰っちゃうからもっと酷いw

>途中で「サリン事件のサリンより強力なMW」とか
原作だと「ベトナムやラオスの人間を無差別に全滅させるため」になってる
あと、結城の非道化は映画では
島での体験と身体を蝕まれているという心理的原因というニュアンス(名言はしていない)だけど
原作では手塚らしく大脳の絵と一緒に「MWのために大脳をおかされたのか(以下略)」と医学・科学的な原因と匂わせている

475 :名無シネマ@上映中:2009/07/05(日) 19:11:50 ID:cXayMbYP
問題は原作も最初の勢いだけだって所だな・・・
手塚治虫の投げっぱなしジャーマン作品群の一つ

477 :名無シネマ@上映中:2009/07/05(日) 19:21:48 ID:Oz9xcP2+
>>475
そう聞くと原作読んでみたいな

498 :名無シネマ@上映中:2009/07/05(日) 20:51:48 ID:9+ZPC9P3
原作読み終わった

・言われてるほど投げっぱなしではないんじゃない?爽快な終わり方ではないけど。
・映画は意外とパーツパーツでは原作をちゃんと拾ってるんだけど再構成やバランス取りで損してる
 デスノートみたいに前後編か連ドラにすべきだったんじゃないかな
・結城は男女問わず出てくる人物片っ端から肉体関係w
 賀来・結城の関係が省略されて云々どころじゃないw
 映画では結城は賀来に手をあげまくってるが原作では完全に篭絡で支配。
・基地の部分、原作は在日米軍の治外法権っぷりで日米関係を批判してるのが
 映画の石橋刑事仕切りまくりとのギャップで時代を感じる
・基地侵入からMW入手の部分はかなりしっかりやってる。
 でも、進入の手口としては映画の方がかっこいい。
 最後の飛行機内バトルからエピローグが意外な展開。ずっと出てる変装の話題と併せて手塚漫画w
 (終わってから気付くが劇中ちょくちょく触れられてるから最初からこのオチは考えてたんだろうな)

映画見て気に入った人もイマイチだと感じた人も原作は読んでみる価値はあると思う

510 :名無シネマ@上映中:2009/07/05(日) 21:20:26 ID:cXayMbYP
>>498
上でも触れられてたけど、手塚は純粋な悪というものを描きたかったんだろうけど、
そのテーマが巧く消化できずに人間臭い復讐物語の方へ流れていった感じがあるから
最後のあっけなさも含めて投げっぱなしな感じがした
個人的にはダークナイトも同じような感じがした
ジョーカーは純粋な悪かと思ったら意外と人の倫理に拘るな、みたいな

625 :名無シネマ@上映中:2009/07/06(月) 01:13:02 ID:WN364xIR
小説にある、京子が川村の取材メモを元に調べた結城・賀来の略歴

共に沖之真船島出身、12歳の時にMWにより家族を失い
村越神父に引き取られる
その経緯は島の無人化を知った村越が
幼児洗礼をうけた教徒のために祈ろうと
立ち入り禁止の島に秘密裡に上陸した際、
生きていた二人を発見、本土に連れ帰った
幼い教徒の胸にクロスがかかっていたのを見た神父は
思わず神に祈ったという
神父は無給の為
教会本部の奨学金をうけ、カトリック系の学校へすすむ
2人とも中学・高校と抜群の成績
結城は高校卒業時にカトリックを棄教し
外資系の奨学金を受け取り、東京大学へ進学
首席で卒業し、LA新世紀銀行に就職
専務秘書、社長秘書、NY勤務2年のあと
コーボレート本部次長に着任、現在に至る
小説中の山下本部長の言葉によれば、将来のトップ候補と目されている

賀来は高校卒業後は神学校へすすみ、2年飛び級の卒業後
山手教会に配属、2年前から司祭をまかされている

601 :名無シネマ@上映中:2009/07/06(月) 00:35:00 ID:hsZqbzXS
観てきた。
良かったよ。玉木山田がかなり良かった。

惜しむべくは、賀来が身を投げた時原作通り結城に泣いて欲しかった。
結城が無機質すぎるというか、完全な賀来の片思いにしか見えないのがな。
玉木はシャープさを重視したみたいだから、無機質になったんだろうけど。
でも、玉木は文句なしにかっこよかったし、
山田は初めミスキャストだと思ったけど、賀来がああいうキャラならピッタリだな。
直接的な描写がない分、山田のホモを感じさせる演技に救われたと思う。

2ちゃんねる映画ブログ

606 :名無シネマ@上映中:2009/07/06(月) 00:42:33 ID:O/UPIXHg
>>601
おれはホモらしさは感じなかったな・・・
どっちかというと共に地獄を見た共感が繋ぐ
ある種肉親的な関係になっているように見えた

結城は役に立つ訳でもなく女々しい賀来を決して殺さない
足蹴にしておもちゃと言い捨てながらうろたえた表情を見せる
賀来は時折罪の意識に苛まれながらもまるで親にすがるように
結城に相対している


関連記事

  1. 2010/01/12(火) 00:10:15|
  2. ま行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ワイルド・スピード | ホーム | ムーンウォーカー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1028-fc487909
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR