FC2ブログ

2ちゃんねる映画ブログ

映画関係の2chまとめブログです。映画作品に関しては管理人が鑑賞したものを片っ端から投入予定。(未見のものはまとめられません。(*/∀\*)イヤン)

ヘッドライン




【現在の映画数】 1741

過去に2ちゃんねるでスレッドが立った映画作品はコンプリートしてしまうくらいの理想と情熱を持って更新中。お目当てのあの作品が無かったという方も、必ず更新されるはずのその日まで、”気長”という言葉では許容できないほど気長にお待ち下さい。ヽ(´ー`)ノマターリ
基本的に解釈、分析、評価等のネタバレは有りの方向でまとめますので、公開したての映画のまとめは自粛します。劇場で公開直後に鑑賞した作品も公開後しばらくしてからアップの予定。2ちゃんねるを直接チェックしてみて下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブタがいた教室

《妻夫木聡》ブタがいた教室《26人の子どもたち》
http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1224482998/
2ちゃんねる映画ブログ

1 :名無シネマ@上映中:2008/10/20(月) 15:09:58 ID:Cf1dTdRM
”いのち”の長さは誰が決めるの?

新任教師と26人の小学生が挑んだ「ブタを食べる授業」
卒業までの1年間、真剣に”いのち”と向き合った感動の実話

11月1日全国ロードショー


5 :名無シネマ@上映中:2008/11/10(月) 18:18:53 ID:wN7OEBBY
スタッフ
監督:前田哲
脚本:小林弘利
撮影:葛西誉仁
音楽:吉岡聖治
美術:磯見俊裕
原案:黒田恭史
主題歌:トータス松本

キャスト
妻夫木聡、大杉漣、田畑智子、池田成志、ピエール瀧、清水ゆみ
近藤良平、大沢逸美、戸田菜穂、原田美枝子、他

6年2組
甘利はるな、池田彩由佳、石川すみれ、伊藤奈月、大和田結衣
小川美月、柏りし菓、金子海音、斉藤みのり、櫻木麻衣羅、桜あずき
新川奈々、夏居瑠奈、松原菜野花、東圭太、石井千也、鵜木伸哉
大倉裕真、岡駿斗、緒形博紀、柿澤司、景山樹生弥、樺澤力也
北村匠海、寺田英永、向江流架

2ちゃんねる映画ブログ

502 :名無シネマ@上映中:2008/11/02(日) 12:17:18 ID:3QVsxyoZ
子供たちの討論でのセリフは子供たちが考えたらしい
子供たちの役名も、子供たちの名前からつけられている
子供たちはこの作品の結末さえ聞かされずに撮影に臨んだ
だから子供たちの演技は、演技というよりも素顔の子供たち
オーディションで1000人から選ばれただけあってみんな優秀なんだろうけど
完全な正解のない問題に真正面から取り組んでいた
ある意味、ドキュメンタリー

548 :名無シネマ@上映中:2008/11/02(日) 18:29:45 ID:UsFZlqq0
子役の演技力に驚いたがなるほどね

549 :名無シネマ@上映中:2008/11/02(日) 18:44:58 ID:tW+WvXXL
子供達は演技じゃないよ
特に議論は
セリフが決まってたのも少しはあったらしいけどアドリブらしい

8 :名無シネマ@上映中:2008/10/22(水) 11:08:06 ID:9nM6GvdV
国会より高いレベルの議論が繰り広げられていたw

477 :名無シネマ@上映中:2008/11/02(日) 01:04:04 ID:l3qNbcn3
今日見た 食べることの是非はともかくとして
もう少し他の子供たちの掘り下げ描写も欲しかったかも
一人二人くらい「Pちゃんの世話なんてもうやだ!めんどくさい!」
とかマイナスの意見も言う子もいるかと思ったけど

516 :名無シネマ@上映中:2008/11/02(日) 14:43:03 ID:BC63n+Q3
昨日夜都内で観たが、教育関係者らしき人々と小学生連れの家族が多かった。
かなり満席近かったと思う。うちも子供づれ。
内容的には、どう考えても教員の授業計画の失敗だったとしか思えない。
Pちゃんの処遇に関する議論を進めていく過程で、
子供たちは基本的には救いたかったし、そう動いていた、
でも、そうはならなかったのは、結局教員の動きの鈍さ。
そして最終的に「授業計画が間違っていたことを認めたくなかった」
ことにあるんじゃないかと思った。
小学校6年生に情緒的な問題を持ち込まずに飼育が出来るのかどうか、
まずその検討をしなかったこと自体が間違いだったのではないかと思う。
子供たちは結局「責任」を幕引きの方向に
持っていかざるを得ないようにされていると感じた。
尺の関係で描けなかったのだろうが、星先生の考え方の推移というか、
葛藤がわからない分、作った事実を表面的に追った物語になってしまっていると思う。
問題提起としては良く出来ているんだろうと思うけどね。

517 :名無シネマ@上映中:2008/11/02(日) 15:09:03 ID:/m3Kf+pn
批判もあるだろうし、賞賛もあるだろう。ある教室であった試みのありのままだから。
この試みが良かったとか悪かったというのは全く意味のないことではないだろうか?

ある教室で実際にあった試み。それにとにかくみんなが一生懸命とりくんだ。
はたで見ていて苦しそうでさえあった。しかし最後のみんなの議論はものごくしっかりしていた。
すべてが地に足のついた意見、自分の体験したことから自分の五感で感じて自分の頭で自分なりに
考えてでてきた実感のある意見ばかりだった。みんな子供だから自分の思いすべてを言葉にすることは
できない。だから彼らの言葉以上の何倍もの思いが子供のなかにある。これって素晴らしいことでは
ないのだろうか?既成概念や人から誘導されてことではなく、言葉にするよりももっと大きな思いが
心のなかにあるというのは、めったにないことだ。
だからこの映画には見る価値があると思う。

526 :名無シネマ@上映中:2008/11/02(日) 15:54:46 ID:BC63n+Q3
結局ね、この先生が現実にはどうしたかよくわからないけれども、
映画の中の「星先生」は、どうしても子供たちに
議論をさせたかっただけじゃないかと思えても来るんだよね。
命を考えるのはいいんだけれども、結局それを子供に任せていたばっかりに、
教員が考えるべき方向性を出し遅れた。
それが問題をより大きく深くさせたんじゃないかと思うんだよ。
教育としてはそれでいいかもしれないが、指導ってそうじゃないでしょう。
最後のやり方にも問題ある。
そういう失敗性を残す、風化させないという意味で
必要な映画だと思ったね。
あと、子供たちは結局結論を決定できなかった。
議論は伯仲したまま。食べる方向でと言っていた子供たちも、
救いたい方向で最初は動いていたはず。
それを違う方向に転換させたのには、ある程度の誘導と
感情の進みがあったと思うんだけど、そういうとこ描けてないのは惜しいね。

522 :名無シネマ@上映中:2008/11/02(日) 15:32:34 ID:EUcLvXLk
命をいただくことに感謝の念を持たせたいなら、
米作りの体験学習だっていろんなことが学べるよ。
この授業じゃ、食べることに感謝というより罪悪感持たせられそうだ。

597 :名無シネマ@上映中:2008/11/02(日) 23:51:00 ID:24Zl9dri
見てきた。
かつて渡り鳥シリーズを作っていた日活の作品とはな、驚きだ。

Pちゃん食べるシーンがあるのかとヒヤヒヤしたぜ…。

子どもたちの議論で成り立ってる映画ってのも面白かった。

妻夫木の先生役は、学校モノによくある熱血教師とは違う
先生像を出しててよかったんじゃないかな。
 
643 :名無シネマ@上映中:2008/11/03(月) 09:57:57 ID:kde2UtZB

2ちゃんねる映画ブログ

妻夫木聡 さっきCMで
得意げに ホイコーロー作ってたよ。

こいつには良心というものが
まったくないらしい、、、、

653 :名無シネマ@上映中:2008/11/03(月) 10:30:55 ID:kde2UtZB
ホイコーロー妻夫木・主演
特別協賛・とんかつのさぼてん

ほんとにマジメな映画か、これ?

679 :名無シネマ@上映中:2008/11/03(月) 18:13:42 ID:0nxi3OFR
ホイコーロー妻夫木てwwwww
超バロスw!!!!!!!!!!!!!!!!!!

757 :名無シネマ@上映中:2008/11/04(火) 11:07:11 ID:UhO04eEm
ホイコーロー妻夫木
て何だよwwwwwwwwww!!

674 :名無シネマ@上映中:2008/11/03(月) 15:34:24 ID:PEvmpENq
「絶対美味いって、オレが作ったんだから!」妻夫木聡

637 :名無シネマ@上映中:2008/11/03(月) 08:48:09 ID:giF1pDF6
良くもまあ、この小学校の校長やら教頭は、こんな授業を許可したよな。
普通の神経だったら、後でややこしい事になるのは、分かってるんで、
やめさせると思うんだけどな。

378 :名無シネマ@上映中:2009/01/11(日) 16:28:46 ID:R/p38UXJ
教師をやっているが、
今の時代に同じような、
育てたブタ(鶏でもいいです)を食べるとかしたら
保護者からクレームの嵐がすごいということが
やる前からわかってしまうものです。
何か軽はずみなことを言っただけで即刻抗議されるし。

たぶん、現代の親は
こういう映画に泣き要素をいれたら感動はするけど、
実際に自分たちの周りで行われると
態度を変えて頭ごなしに批難し始めるのです。

666 :名無シネマ@上映中:2008/11/03(月) 12:45:24 ID:+d7UKJiV
家で食べるために豚を飼い、子供がその世話をする。
これが生活の一部として行われるならば、「教育」になると思う。
これが、親が子供に命の尊さなどを教えるために同じ事をしたとしたら、
それは、かなり胡散臭いものになると思う。
「教育」というものに付きまとう怪しいぶぶんはこの映画に描かれているのだろうか?

667 :名無シネマ@上映中:2008/11/03(月) 12:55:48 ID:SVjj7G4U
うーん。子供たちの議論の部分に時間が取られちゃって、他の細かいところはあんまり深く描かれてないよ。
だったら個々の子供たちのエピとかはむしろいらないくらいだったのかもしれない。
はなちゃんを庇うところなんかは泣けたけど。

保護者、校長、教員などの多面的な視点をもっと掘り下げてほしかった。
なぜ食肉にすること=「食肉センター」なのかも実際は描かれてない。
捌いたPちゃんを自分たちで直接食べさせないためにソフトランディングのつもりだったのか、
本気で食肉センター=命を頂く授業の結末ととらえていたのかどうかもね。

これを映画化することは、多分実際の授業が行われた
当時と同じ議論をもう一度観客に与える意図があったんだろうけど、
議論はともかくとしてその背景を掘り下げないと、
観客の理解はセンセーショナルな部分で止まるだろうね。

675 :名無シネマ@上映中:2008/11/03(月) 15:44:02 ID:bEloLmm7
よく映画化にできたね。
すごく難しいテーマだよ。

676 :名無シネマ@上映中:2008/11/03(月) 16:06:37 ID:uInIhFfO
問題は、監督が映画化するに当たって当時の
子供達がどうなったのかとか教育的な成果や
問題点がどうだったのか真摯に検証したのか
どうかということだ。
映画のコピーを見る限り、その辺りの真摯さを
感じられないような気がする。

683 :名無シネマ@上映中:2008/11/03(月) 18:34:39 ID:cicBtZbg
見てきた。
とりあえず言えるのは、あの突然始まる妙なアニメのシーンはいらないと思う。

772 :名無シネマ@上映中:2008/11/05(水) 00:12:23 ID:U1u4Ht0r
デブの子役が二人いたけど、
この映画に出演が決まったって言ったら
「ブタの役?」ってからかわれたことだろうね。

840 :名無シネマ@上映中:2008/11/06(木) 21:45:37 ID:8np2UASx
コドモのコドモで妊婦だった娘がかわいい。
セリフは少ないけどアップのシーンが多い。
前半は一人だけ制服なので目立つし。

2ちゃんねる映画ブログ

841 :名無シネマ@上映中:2008/11/06(木) 23:41:21 ID:yBKBF0dv
妻武器が、校長と教頭にブタを飼うことを必死にお願いしているシーン。なんかマジックアワーで
佐藤浩一をスカウトしている雰囲気と一緒だったな。

850 :名無シネマ@上映中:2008/11/07(金) 00:37:09 ID:tWVkLzxr
家畜を育てて、最終的に食べるまでの過程を見せるつもりが
ねじ曲がってしまい、ペットを食えるかどうかの議論になって
しまったのがこの食育教育の最大の失敗。

で、なぜ、そのまんま、映画にしたのかも疑問。
まあ、映画監督はセンセーショナルな話にしたかったん
だろうけど、

851 :名無シネマ@上映中:2008/11/07(金) 00:37:15 ID:uTaC1F9M
自分達で殺して解体して料理して食べるとこまでやらないと意味が無い。

3年生に預けるのも、食肉センターに預けるのも、
どちらでもたいして変わらない。
他人に押し付けただけ。

せめて殺されるところは見せないと。

853 :名無シネマ@上映中:2008/11/07(金) 00:47:22 ID:nF0eScgF
>>851
家畜としてならそれでもよかろう。
だが、完全にこの豚はペット化してる。
食肉センターと殺して食う。
この2つは間違いになる。
この教師は子供の前で完全なるミスを犯してしまった。
ペット化してしまったなら教師が引き取るべきだったんだよ。

855 :名無シネマ@上映中:2008/11/07(金) 00:51:04 ID:4WqIJBEj
子供たちもバカじゃないから教師のミスから何かしら学んだと思うけど。

856 :名無シネマ@上映中:2008/11/07(金) 00:54:43 ID:pz0+1tzq
反面教師・・・かな(笑)?

859 :名無シネマ@上映中:2008/11/07(金) 04:20:34 ID:N1jfV85c
愛玩から食肉へとなったPちゃんは本当にお気の毒。
生徒達と過ごした日々を思い出しながら食肉にされたんかね
 
901 :名無シネマ@上映中:2008/11/07(金) 21:01:52 ID:M1vimfFw
闇の子供たちを見た後に、これを見たが、
日本は人間が人間らしく生きられる国だなと感じた。

タイの貧しい子は、今作のブタ以下の扱いをされてる。

951 :名無シネマ@上映中:2008/11/08(土) 23:54:55 ID:Oa2JSsUW
映画見てきた
ラストでPちゃんを運ぶトラックが走り出すときに
長~いクラクションを鳴らすのが霊柩車の出棺みたいで泣けた

953 :名無シネマ@上映中:2008/11/09(日) 01:01:32 ID:g1xOPvo3
私も子供と観てきた。耳つかまれてトラックに乗せられるPちゃんの鳴き声とか辛かった。子供も泣いてた。

よその子映画終わっても号泣してた。

974 :名無シネマ@上映中:2008/11/10(月) 00:03:54 ID:ipa2S7he
今日見てきた
映画としては、前半はしょりすぎ、討論シーン長すぎで
正直ダレた
その討論シーンを見て、初めこの子役たちは素人を使っているのかな?とも思ったけど
他の映画に出ていた子たちも何人かいたので、そうでもなさそう(イメージ違いすぎで、初めわからなかったw)
しかしその件も、このスレを見て討論シーンはガチだということが分かり、ある程度納得
もっとも、役によって割り当てられた、いわゆるディベートなのか
初めからアンケートを取って子役を決定したのかは定かではないが・・・

それよりも、一時はブタを引き継ぐ気になっていた3年生の子たちがどうなったのか気になった

975 :名無シネマ@上映中:2008/11/10(月) 00:14:11 ID:K7QhAwDU
 >>974
3年生は新しい子豚を飼うのがよろしいかとおもた。



http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1226303304
2ちゃんねる映画ブログ

7 :名無シネマ@上映中:2008/11/11(火) 06:13:21 ID:ONnRh2w0
昨日観に行きました。
私は食肉センター送り賛成派なんだけど、やっぱり先生の計画の甘さは感じましたね~
農業高校レベルとはでは無理でも、最低限
1.名前はつけない
2.複数匹飼育する
3.1クラスではなくて学校全体でやる
位の規模でスタートして欲しかったと思いました。
なんだかんだ言っても、一番泣いたのは、決められたカッコいい台詞を言う大人達でも、心から素直な感情で演じた児童達の演技ではなくてブタの悲鳴でした。

8 :名無シネマ@上映中:2008/11/11(火) 08:31:17 ID:JSxUlL+l
うん、私も先生の計画の甘さが一番いけなかったと思う。
最後のPちゃんの悲鳴…(;_:)
シンドイ映画だったな。

10 :名無シネマ@上映中:2008/11/11(火) 10:11:43 ID:VASthSNw
この映画は賛否両論あるみたいだけど、全体的に批判の方が多いみたいだね
やはり同時期に公開され、同様に批判を浴びている映画に「コドモのコドモ」があるが
「コドモの・・」のほうは現実には想定し難い話(特に子供たちだけによる出産シーンなど)であり
一種のファンタジーであるのに対し
こちらの方は実際の教育実践例を下敷きにしている、という違いがあり、より現実的である
まあ内容に対する賛否は置いておくとして、演出面からの感想を一つ
白紙の台本が渡されたという、この映画の肝である「討論シーン」だが
自分的には今ひとつ伝わってくるものが無かった
まああれは実際の子供たちの姿をドキュメントしたいという意図があったのかもしれないが
あまりにも素をさらけ出している感があり、子供たちに対する演出としては
「コドモのコドモ」の方がはるかに生き生きとした感じが伝わってきた

もっとも、上記の感想は白紙の台本等といった情報を知らない状況で見た時の感想であり
リアルな子供たちの姿を捉えるという視点で見直したら、泣いてしまうかもしれない

67 :名無シネマ@上映中:2008/11/13(木) 18:11:54 ID:jvuXSRgn
もし漏れが消防だったら体育館でプロジェクターで観たい感じ

そのくらい教科書的な映画。
でも、たまにはいいかなと。

討論シーンで芝居くさい子と自然に出せてる子といて、その差が違う意味でよかった

あーいう標準語の説教って
方言使いの漏れにはこそばゆいけどね。

2ちゃんねる映画ブログ

あと、劇場外で「あんなカッコイイ教師いたら、保護者ほっとかないべ~キャハハハ(゚∀゚)」
ってJkがほざいてた、

オグリッシュコムとか教えたかったなー

70 :名無シネマ@上映中:2008/11/13(木) 22:53:28 ID:JYnkc1R5
実は映画見てからスーパーで肉みたら吐きそうになるんだよね。

71 :名無シネマ@上映中:2008/11/14(金) 07:40:05 ID:3/3M0sxG
ラストはクラス全員で泣きながらPちゃんの丸焼きを解体し食べる場面にして欲しかった

73 :名無シネマ@上映中:2008/11/14(金) 15:26:25 ID:lq0rlFjI
>>71
それで、Pちゃんの剥製を置いてな。

129 :名無シネマ@上映中:2008/11/18(火) 00:30:58 ID:EdG0V/gn
ベイブ→この映画→いのちの食べかた
の順で観たら解脱出来るかも知れない

127 :名無シネマ@上映中:2008/11/17(月) 23:48:05 ID:p261JnwJ
この映画に釈然としないキモチが残るのは妻夫木先生が超然と描かれ過ぎていること
どっかから聞き噛った思いつきなら児童教育として軽率すぎるし、それ以上の彼の信念が示唆される訳でもない
激しく後悔するなり、「これが教育」だと強権奮ってトサツするなりの描写にしないと、ガキどもの真摯な感情の方が深くみえてしまうよ

148 :名無シネマ@上映中:2008/11/19(水) 19:59:49 ID:qSyyrWyl
料理人のパパしか客観的に言えてないのが淋しかった

せめて星センセーに、もっと冷たい言葉を言わせて子供にショックを与えるべきだった

自発的な意見を尊重させるのはかまわんが所詮、まだ無知な子供なんだから
感情論掛け合いになるばっか
少しは誘導させてもよかったんじゃないかな

133 :名無シネマ@上映中:2008/11/18(火) 16:21:02 ID:l5YQq72o
原田美枝子みたいな校長いたら
毎回ガラス割ったりするな(;´Д`)ハァハァ

2ちゃんねる映画ブログ

「こら、いけませんよ」
「だ、だってこうちょセンセ、ママみたいなんだもん」

「あら、じゃあ、おいで」抱く

「うわーこうちょーおっぱい大きいー」

そして、お別れ会へ

134 :名無シネマ@上映中:2008/11/18(火) 16:58:58 ID:7wXHI5IW
大沢逸美がどこに出ていたかわかならかった。

150 :名無シネマ@上映中:2008/11/19(水) 23:33:04 ID:2Y/Q1cdz
いや、この映画泣いたわ。子供たちがリアルに感情を吐露しながら涙を流す
シーンは本当に胸揺さぶられる。まあ、一部「言わされてる」って感じのセリフもあったけど。

子供が必ずしも純真とは思わないけど、なんだろう、たしかにああいう子供ならではの
斜に構えないまっすぐな気持ちって、たしかにかつて自分にも自分のまわりの子にもあったなあ、
としみじみ感じ入ったというか。小学校時代のことをすごくいろいろ思い出してしまった。

そういう子供のひたむきさを、「命の大切さを教える」というもっともらしいお題目のもとに
自己満足的な教育のため深い考えもなしに利用した教師、という批判もできるけど、なんか
この映画については無理にそういう見方をしなくてもいいような気がした。
いつだって大人が完璧じゃない(むしろよく間違える)からこそ、子供は否応なしに
色々なことを学んでいかざるをえないわけだし。

観終えた後、余韻にしみじみ浸りながらもお腹が空いたのでトンカツ屋に入り
カツ丼を食べた自分は、とりあえず人間として極めてまっとう。ということにしておく。

255 :名無シネマ@上映中:2008/11/25(火) 12:26:02 ID:w9SZ518c
正直なところ、ドキュメンタリー版でなくこちらを見る意義というものが、あまり感じられない。
当時の生徒たちが今どう育っているか、あの授業をどう考えているのか、その辺も伝えてほしかった。
この映画は、こちらが一番知りたいところ、見たいところを伝えていない。
監督は弱腰というか、映画作家としての踏み込みがやや足りないように思える。
見た後には、必ず誰かと議論したくなるが、一人で見に行くのはあまりに寂しい作品。
単独脳内討論会はあまりにもむなしい。

283 :名無シネマ@上映中:2008/11/28(金) 08:02:19 ID:QK0dq3a3
北野武が監督してたら、この教師は金属バットか何かで、
生徒の前で、豚を叩き殺してみせるだろうな。


関連記事

  1. 2009/12/06(日) 01:01:44|
  2. は行映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<S.W.A.T. | ホーム | カーズ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eiga2chan.blog79.fc2.com/tb.php/1017-4ad0d85d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

広告/PR

プロフィール

江戸川長治

Author:江戸川長治
仕事が忙しすぎてブログが疎かです…(p_q*)

twitter

つ、つうぃつたぁー?なるもの、始めてみました…,。
https://twitter.com/#!/eiga2chan

2ちゃんねる映画ブログ内検索

アクセスランキング☆感謝感謝

アクセスランキング

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

作品リスト (1)
あ行映画 (283)
か行映画 (266)
さ行映画 (287)
た行映画 (233)
な行映画 (62)
は行映画 (309)
ま行映画 (112)
や行映画 (37)
ら行映画 (124)
わ行映画 (34)
映画ニュース (446)
映画一般 (94)
2ちゃんねる以外 (249)
公開直前映画の評判 (52)
国内興行成績 (70)
全米興行成績 (70)
2ちゃんが選ぶベストシネマ (3)
このブログについて (1)

最新コメント☆感謝です

最新トラックバック☆歓迎です

リンク(相互リンクのサイト様は後ろに☆)

このブログをリンクに追加する

映画ブログさん★五十音順

≪リンクを貼っていただいていることが確認出来たブログさん、何回かトラックバックしていただいたブログさん等を感謝の気持ちとともにご紹介。≫

嗚呼,魅惑の映画道+レンタルDVD
as soon as
いい加減社長の映画日記
映画、言いたい放題!
映画速報
映画 大好きだった^^
カゲヒナタのレビュー
京の昼寝~♪
- 今夜も酔いどれ映画感!
さくら日和
さも観たかのような映画レビュー
だらだら無気力ブログ
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ
泣ける映画と本のblog
日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~
破壊屋
Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
ひらりん的映画ブログ
ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
momoな毎日
You talkin' to me ? 2nd ~新たなる驚異を求めて~
RISING STEEL
龍の映画上映中?!

ブログ内タグリスト

現在~2009年8月11日までの間の記事に関してはタグの設定済みです。 FC2ブログの仕様上、タグはカウント順に並んでいるので、お目当てのタグの有無は、ブラウザの「編集」→「このページの検索」or「検索する文字列」(または Win「Ctrl+F」キー Mac「コマンド+F」キー)でご確認下さい。

アメリカ映画 日本映画 アニメ イギリス映画 ホラー フランス映画 大杉漣 柄本明 時代劇 香川照之 スティーヴン・スピルバーグ ドイツ映画 韓国映画 香港映画 ニコラス・ケイジ 竹中直人 高良健吾 谷村美月 ジョニー・デップ 西田敏行 妻夫木聡 ミュージカル 麻生久美子 サミュエル・L・ジャクソン ブルース・ウィリス 加瀬亮 ハリソン・フォード 松山ケンイチ 佐藤浩市 レオナルド・ディカプリオ ジャッキー・チェン リーアム・ニーソン 阿部寛 三浦友和 ARATA マット・デイモン 浅野忠信 スペイン映画 ドキュメンタリー 山田孝之 レイフ・ファインズ 小池栄子 役所広司 瑛太 岡田将生 ブラッド・ピット 小出恵介 宮藤官九郎 戸田恵梨香 中村獅童 ユアン・マクレガー スティーヴン・セガール 吉高由里子 蒼井優 宮崎あおい 藤原竜也 満島ひかり 小栗旬 玉山鉄二 アーノルド・シュワルツェネッガー 長澤まさみ スカーレット・ヨハンソン ゲイリー・オールドマン ユースケ・サンタマリア 堤真一 ジョージ・ルーカス 大沢たかお ロバート・ダウニーJr. 特撮 キャメロン・ディアス 成宮寛貴 ジョン・トラヴォルタ 谷原章介 樹木希林 ジェイソン・ステイサム 犬映画 西島秀俊 伊勢谷友介 渡辺謙 鈴木京香 トム・ハンクス 薬師丸ひろ子 田中麗奈 中国映画 エマ・ワトソン 佐々木蔵之介 トム・クルーズ カナダ映画 窪塚洋介 椎名桔平 モーガン・フリーマン 仲里依紗 井上真央 北乃きい オーストラリア映画 市原隼人 玉木宏 香取慎吾 ジョージ・クルーニー 中井貴一 香里奈 シガーニー・ウィーバー ヒュー・ジャックマン アンジェリーナ・ジョリー 中村ゆり 深田恭子 広末涼子 園子温 堺雅人 田辺誠一 宮崎駿 アンソニー・ホプキンス 柳葉敏郎 ガイ・ピアース 綾瀬はるか ミラ・ジョヴォヴィッチ 仲間由紀恵 木村佳乃 成海璃子 竹内結子 林遣都 フィリップ・シーモア・ホフマン ロバート・デ・ニーロ クリント・イーストウッド サンドラ・ブロック 木村多江 草なぎ剛 ジョディ・フォスター ウィル・スミス ダコタ・ファニング 阿部サダヲ ハル・ベリー 石原さとみ 伊藤英明 ラッセル・クロウ 大泉洋 ユマ・サーマン 佐藤隆太 豊川悦司 アン・ハサウェイ シルヴェスター・スタローン 松田龍平 イライジャ・ウッド 水川あさみ 仲村トオル クリスチャン・ベール ミッキー・ローク 上野樹里 トミー・リー・ジョーンズ 深津絵里 ニコール・キッドマン デンゼル・ワシントン キアヌ・リーブス ヴィン・ディーゼル ティム・バートン 栗山千明 哀川翔 江口洋介 ジュード・ロウ 黒木メイサ ベン・アフレック 岡田准一 小西真奈美 大竹しのぶ 松雪泰子 ケヴィン・スペイシー 小雪 ナタリー・ポートマン コリン・ファレル 堀北真希 リチャード・ギア 松本人志 ダスティン・ホフマン 森山未來 オーランド・ブルーム ケイト・ベッキンセイル ジュリア・ロバーツ マイケル・J・フォックス 柴咲コウ 松田翔太 スティーヴ・ブシェーミ 白石美帆 メリル・ストリープ ブラッドリー・クーパー 永山絢斗 吉瀬美智子 佐藤江梨子 アビゲイル・ブレスリン 多部未華子 グウィネス・パルトロウ イタリア映画 デニス・クエイド 松たか子 ロバート・ゼメキス ジャン・クロード・ヴァン・ダム 及川光博 中谷美紀 マイケル・ベイ 佐藤健 竹野内豊 宮迫博之 北野武 菊地凛子 ジェームズ・キャメロン 唐沢寿明 織田裕二 ショーン・ペン ヒース・レジャー 生田斗真 マイコ 寺島しのぶ 中村蒼 アレック・ボールドウィン ペネロペ・クルス ケヴィン・ベーコン 西部劇 ベニチオ・デル・トロ 香椎由宇 ベルギー映画 ザ・ロック クエンティン・タランティーノ リュック・べッソン キャシー・ベイツ 北川景子 芦田愛菜 イ・ビョンホン ポール・バーホーベン ジェフ・ブリッジズ ロバート・パティンソン 桐谷健太 ビル・マーレイ サラ・ジェシカ・パーカー ウィノナ・ライダー オーストリア映画 ダニエル・クレイグ 篠原涼子 向井理 ベン・スティラー 小林聡美 チャーリー・シーン 三浦春馬 真田広之 シャーリーズ・セロン 吉川晃司 ジム・キャリー ジョン・マルコヴィッチ 溝端淳平 常盤貴子 ケヴィン・コスナー ケイト・ウィンスレット 新垣結衣 ジャック・ブラック ウエンツ瑛士 ダニエル・ラドクリフ 猫映画 スーザン・サランドン イーサン・ホーク 小泉今日子 マイケル・ダグラス ピアース・ブロスナン クライヴ・オーウェン ジェラード・バトラー ジェット・リー オーウェン・ウィルソン 永作博美 エディ・マーフィ 市川由衣 ガイ・リッチー 上戸彩 岡村隆史 福田沙紀 原田知世 星野真里 木村拓哉 ヒュー・グラント 中村雅俊 三谷幸喜 笑福亭鶴瓶 稲垣吾郎 ダニエル・デイ・ルイス 小池徹平 ティム・ロビンス マーク・ウォールバーグ ジャック・ニコルソン アンドリュー・ガーフィールド クリス・パイン クリステン・スチュワート オダギリジョー 桜庭ななみ ジェームズ・マカヴォイ ジェシカ・アルバ ナオミ・ワッツ リバー・フェニックス 内田有紀 M・ナイト・シャマラン ロビン・ウィリアムズ 中居正広 榮倉奈々 リブ・タイラー シャイア・ラブーフ チェコ映画 水谷豊 エドワード・ノートン 夏帆 二宮和也  平野綾 メキシコ映画 アントニオ・バンデラス 山田洋次 キーファー・サザーランド デミ・ムーア マシュー・マコノヒー スティーブン・キング エイドリアン・ブロディ 前田敦子 キム・ベイシンガー マコーレー・カルキン ダニー・デヴィート ジョン・キューザック オードリー・ヘプバーン マーティン・スコセッシ メグ・ライアン 相武紗季 押井守 キーラ・ナイトレイ 庵野秀明 キャサリン・ゼタ・ジョーンズ ジョシュ・ハートネット 武井咲 ジェラルド・バトラー ジェイミー・フォックス 三浦翔平 反町隆史 ドリュー・バリモア 長谷川京子 ブレンダン・フレイザー ソン・ガンホ ショーン・コネリー メル・ギブソン 速水もこみち ジャン・レノ ホアキン・フェニックス ペ・ドゥナ ウィリアム・ハート ウーピー・ゴールドバーグ 福山雅治 オリヴァー・ストーン ハーレイ・ジョエル・オスメント ミシェル・ファイファー ポーランド映画 吉永小百合 井ノ原快彦 水嶋ヒロ シャロン・ストーン 松田優作 寺尾聰 アル・パチーノ 東山紀之 高倉健 アンディ・ガルシア エミリオ・エステベス マドンナ 安藤政信 沢尻エリカ チャン・ツィイー ルクセンブルク映画 ノルウェー映画 櫻井翔 金城武 渥美清 奥菜恵 中山美穂 タイ映画 リンジー・ローハン 藤木直人 ピーター・ウェラー マット・ディロン チョン・ウソン スウェーデン映画 米倉涼子 チャック・ノリス 中島哲也 カート・ラッセル 加藤あい 陣内孝則 チョン・ジヒョン アダム・サンドラー 松嶋菜々子 ウェズリー・スナイプス 市川海老蔵 大倉忠義 マイク・マイヤーズ 菅野美穂 ジェニファー・アニストン つるの剛士 吉岡秀隆 武田鉄矢 井筒和幸 ポール・ニューマン スティーヴ・マーティン オランダ映画 佐々木希 クリス・タッカー ウォンビン リーズ・ウィザースプーン 大島優子 木梨憲武 上地雄輔 トビー・マグワイア アシュトン・カッチャー 松下奈緒 ブルース・リー 松平健 松坂桃李 シガニー・ウィーバー イラン映画 本木雅弘 コロンビア映画 マイケル・ムーア フィンランド映画 高橋克典 ロバート・レッドフォード 錦戸亮 ドルフ・ラングレン 長瀬智也 村上信五 シェール 新海誠 スイス映画 キーラ・ナイトレイ 赤西仁 アルゼンチン映画 台湾映画 山下敦弘 照英 森且行 ハンガリー映画 スロバキア映画 キルスティン・ダンスト イスラエル映画 アシュレイ・ジャッド ブラジル映画 ホイットニー・ヒューストン 山下智久 スロベニア映画 松岡昌宏 丸山隆平 スイス映画 ソン・スンホン 伊東美咲 デンマーク映画 亀梨和也 ポール・ウォーカー 大野智 インド映画 

▼ブックマークお願いします


ソーシャルブックサイトのブックマーク追加ボタンを1つに統合したボタンです。(提供:Add Clips)

RSSリンクの表示

QRコード

QR